バリスタ 値段。 ネスレ HPM9634

マックカフェ

バリスタ 値段

ネスカフェバリスタの種類による違いとは? 基本性能は同じ ネスカフェバリスタはいくつか種類がありますが、基本的な性能や機能はほぼ共通しています。 どのマシンでも全種類のコーヒーカートリッジが使えますし、コーヒーの抽出温度や味わいそのもの(濃さを除く)に関しても同じです。 ドルチェグストのように手動停止タイプのマシンはなく、バリスタ全種類のマシンは抽出が規定量に達すればオートストップできます。 ネスカフェアプリ対応 ネスカフェバリスタの各機種において最も違う部分は、「ネスカフェアプリ」に対応しているかどうかです。 ネスカフェアプリとはバリスタ本体とスマホをBluetoothで接続して動作させることができるアプリです。 簡単な操作でコーヒーメニューのカスタマイズができるほか、コーヒーを淹れるとポイントが貯まったり、登録したフレンドとつながったりできます。 特にコーヒーメニューをカスタマイズできる機能の需要が大きいでしょう。 アプリを使えば「湯量」「コーヒーパウダー量」「泡立ち量(ミルク)」を変更してお好みの濃さにすることができます。 マシン本体の操作でもカスタマイズは行うことができますが、基本的には「湯量」のみになります。 使いやすさに大きな違い ネスカフェアプリに対応しているかどうかが最も大きな違いですが、それ以外にも「コーヒーメニュー数」「操作方法」「お手入れのしやすさ」「マシン本体でのコーヒーの濃さの調節方法」などに差があります。 これらはマシンの種類によってはかなり大きな違いになりますので注意が必要です。 詳しくは下記でマシンごとに解説しますので参考にしてください。 マシンの各機能とスペック ネスカフェバリスタの各機能や基本スペックについて解説します。 下記の機能表の項目と対応してますので知っておくとマシンを選ぶ際に役立ちます。 基本スペック 基本スペックはすべてのマシンでほぼ共通してます。 使用環境やカップの温度に影響されるので、温度に幅があります。 予熱時間 電源ボタンをオンにしてから約30秒ほどで抽出準備が完了します。 ポンプ気圧 最大15気圧です。 動作音 ポンプの動作音がしますのでドリップ式コーヒーマシンと違ってそれなりにうるさいです。 動作音はマシンによって大きくは違わないと思います。 消費電力 家庭用コンセントだと1箇所につき1500Wまでですのでかなり電力を消費します。 抽出は短い時間なので電気代を気にする必要はありませんが、タコ足配線には要注意です。 機能 ネスカフェアプリ対応 最近のマシン(バリスタアイ以降)はどれもネスカフェアプリに対応しています。 ネスカフェアプリを使ってコーヒーメニューのカスタマイズができるので便利です。 マシン本体による設定では湯量しか調節できませんでしたが、アプリでは湯量だけでなくコーヒーパウダー量やミルク泡立ち量も調節できます。 SNS的な機能もあり、友人や両親などを友達リストに登録しておけば、いつコーヒーを飲んだのかわかるので、簡易な安否確認に使うこともできます。 スマホとの相性でバリスタとペアリングできない可能性がありますが、最近はだいぶ安定してきたようです。 コーヒーメニュー数 マシン本体に搭載されているコーヒーメニューは以下の5種類が基本です。 エスプレッソタイプ• ブラックコーヒー• ブラックコーヒー(マグサイズ)• カフェラテ• カプチーノ ただし、バリスタマシンの種類によってメニュー数に差があります。 また、ネスカフェアプリの場合、これに「アイスコーヒー」が加わります。 操作方法 電源ボタンやクリーニングボタンを除き、抽出する際の操作方法には「ボタン」「タッチパネル」「レバー」の3種類があります。 濃さの調節方法 コーヒーの濃さを調節する方法には以下の4種類があります。 ネスカフェアプリ• 湯量設定変更(コーヒー系メニューのみ)• 抽出中停止(全コーヒーメニュー)• 裏技的方法(カフェラテ、カプチーノのみ) ネスカフェアプリ以外はマシン本体を設定、操作して行います。 バリスタ全種類ですべての方法ができるわけでなく、マシンによって対応は異なります。 具体的な方法については以下の記事でまとめてありますのでご参考までに。 クリーニングボタン お湯だけだしてコーヒー液で汚れる内部パーツ(攪拌部パーツ)を洗浄する機能です。 部品 給水タンク 給水タンクはバリスタ全種類を通じて取り外しできます。 手を入れて洗えないものがほとんど。 満水容量は800~1000mlです。 コーヒータンク コーヒーパウダーを格納する部品がコーヒータンクです。 設置方法やタンク形状により残量確認のしやすさが異なります。 カップトレイ カップトレイの高さ調節はできないマシンが多いです。 ネスカフェバリスタ全種類 バリスタ全種類を新しい順に並べました。 バリスタ デュオ ワンタッチで8種類のメニューに対応した充実機能の最新モデル「バリスタ デュオ」が11月1日に発売されます。 新しいのはワンタッチでラテメニューを楽しむことができる点です。 コーヒータンクとミルククリーマータンクの両方を内蔵できるため、手軽にラテメニューを抽出できます。 また、泡立てのためのジェットボタンもありますので好きなクリーマーや牛乳を使うこともできます。 抽出メニューは全8種類。 従来の5種類に加え、アイスメニューも搭載していますので、アプリを使わなくても全てのメニューを本体操作だけで実現できます。 機能表 製品情報 ステータス 発売中 発売日 19年11月 本体サイズ 幅18. バリスタシンプル レバー操作が新しいバリスタ「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ シンプル」が発売されました。 マシン本体ではレバー操作で簡単抽出できるほか、Bluetoothe接続で専用アプリからの抽出も可能です。 専用アプリのネスカフェアプリではコーヒーメニューのカスタマイズもできます。 ただし、マシン本体に搭載されたコーヒーメニューは「ブラックコーヒー」「カフェラテ」の2種類のみ。 マシン本体操作によるコーヒーの濃さの変更は抽出中停止による方法のみ。 抽出途中で適当な濃さのときにレバーを引いて止めて、薄くしたいときはクリーニングボタンでお湯だけ出します。 ネスカフェアプリ経由のコーヒーメニューでも「ブラックコーヒー(マグサイズ)」「カプチーノ」はありません。 さらに、アプリによるカスタマイズでもコーヒーパウダー量は変更できません。 アプリを使う場合でも手動でレバーを引いてコーヒーパウダーを落とす仕組みなのでパウダー量は2g固定になってます。 コーヒーメニュー数が少なかったりカスタマイズではかなり不便ですが、お手入れが必要になるパーツが少なくなりシンプルになりました。 洗浄後の組み立ても簡単です。 欠点としてはコーヒータンクは水洗いはできなくなってしまいました。 そのほか従来より新しい点として、タンク内のコーヒー残量を感知してネスカフェアプリに通知する「残量通知機能」が付いてます。 「レバー操作で簡単抽出」「お手入れパーツが少ない」というメリットと引き換えに機能を絞り込んだという感じのマシンです。 どちらかというとターゲットはシニア層になっているようです。 機能表 製品情報 ステータス 発売中 発売日 18年9月 本体サイズ 幅15. バリスタ50(フィフティ) バリスタ50(フィフティ)はネスレのゴールドブレンドの50周年記念モデルとして発売されたモデルです。 バリスタアイと同様にネスカフェアプリを使った抽出が可能です。 もちろんアプリを使えばコーヒーメニューのカスタマイズにも対応しています。 マシン本体によるコーヒーの濃さ調節方法は下記のバリスタアイと同じです。 湯量設定(ブラック系メニューのみ)や抽出中停止で濃さを変更できますが、裏技的方法は不可になってます。 前モデルより新しい点としては、洗浄が簡単になる「すすぎボタン」の追加とカプチーノメニューのレシピの改良です。 カプチーノはコーヒーパウダー量が2gから3gに変更になり、そのぶん湯量も多少増えました。 また、メニューボタンが大きくなり、タッチパネルからボタン式になったことで視認性や操作性が向上しました一方、エスプレッソメニューはなくなってしまいました。 ネスカフェアプリを使えば全メニューに対応していますのでエスプレッソタイプも抽出できますが、マシン本体の操作による抽出はできません。 機能表 製品情報 ステータス 発売中 発売日 17年9月 本体サイズ 幅15. バリスタ i(アイ) スマホアプリと連携してコーヒーの抽出や濃さのカスタマイズができるようになったバリスタ初のマシン。 アプリではSNS機能やポイントを貯めたりできます。 発売当初はネスカフェアプリが使えない人も結構いてアプリのレビューは評価が低かったです。 実際私もスマホでは使えませんでした(なぜかタブレットでは使えた)。 スマホ対応機種はネスレのの「アプリに対応するOSのバージョンは?」の項目に対応スマートフォンの一例として掲載されています。 アプリを使わなくてもバリスタ本体からの抽出はもちろん可能です。 上記の新しいマシンはネスカフェアプリに対応しているためか、マシン本体のコーヒーメニューが減少傾向にありますが、このバリスタ アイは5種類のコーヒーメニューをマシン本体から抽出することができます。 万一アプリが使えないというときに、マシン搭載のメニューが豊富なのはメリットといえます。 ただし、マシン本体によるコーヒーの濃さの調節方法でラテ系メニューを濃くする裏技的方法は使えなくなりました。 そのほか、コーヒータンクや給水タンク、お手入れの手間などほぼTAMAと同じデザインなのでマシンの使いやすさも変わりません。 ちなみに、バリスタ アイはネスレのの対象マシンです。 カートリッジを格安で定期購入できる「カートリッジ定期便」を条件に無料でマシンを使えるほか、レンタルしている間ずっと無料で修理してくれます。 機能表 製品情報 ステータス 発売中 発売日 16年10月 本体サイズ 幅17. ネスカフェ バリスタ TAMA(廃番モデル) タッチパネルによる操作方式になったバリスタ初のモデルです。 現在はバリスタアイの登場で販売終了になりました。 この機種から、タッチパネルになっただけでなく、コーヒータンクのキャップの位置が改良されました。 おかげで、タンクカバーを開けなくても天窓からコーヒーパウダーの残量を確認できます。 マシン本体の湯量設定ではラテ系メニューは対応していないのはTAMAでも同じなのですが、TAMAの場合は裏技的方法を使ってカプチーノの濃さを変更することができます。 方法としてはミルク泡立て直後にエスプレッソメニューに切り替えることで可能です。 ただし、タイミングがシビアかつタッチパネルなので押した感触がなくやりづらい。 残念ながらこの裏技的方法はカフェラテではこの方法は使えません。 下記のPM9631は古いマシンながらこの方法が使えて非常にやりやすいです。 そのほかには、TAMAから給水タンクに取っ手ついて持ち運びしやすくなりました。 しかし、給水口が狭くなり手を入れて洗えなくなってしましました。 機能表 製品情報 ステータス 販売終了 発売日 14年10月 本体サイズ 幅17. 現在も販売されているモデルでバリスタの廉価版という位置づけ。 もちろんネスカフェアプリには非対応。 PM9630にあったスタートボタンがなくなり、電源ボタンを押して予熱準備が終了すれば、各コーヒーメニューを押すだけですぐ抽出できるようになりました。 給水タンクには取っ手がないので取り回しは不便ですが、手を入れて洗えるのはメリット。 コーヒータンク内の残量はタンクカバーをいちいち開けないと確認できません。 コーヒーの濃さの調節では裏技的方法を使えばラテ系メニューも濃くできます。 高圧ジェットノズルのミルク泡立てを止めて、コーヒーが濃いエスプレッソメニューで抽出するだけの方法です。 TAMAだとミルク泡立てを止めるタイミングがシビアなのですが、このPM9631では高圧ジェットノズル噴射中にいつでも止めることができます。 カフェラテ、カプチーノどちらでもできます。 廉価モデルなので使い勝手がよくない部分もありますが、ラテメニューの濃さの調節がしやすかったり、給水タンクが洗いやすかったりで、むしろ優位な点もあります。 機能表 製品情報 ステータス 発売中 発売日 13年9月 本体サイズ 幅17. ネスカフェ バリスタ PM9630(廃番モデル) 2009年に発売された最初期のバリスタですでに販売終了しています。 電源ボタンが本体横にあり、コーヒーメニュー選択後にスタートボタンを押して抽出するという、最近のマシンよりひと手間多い操作方法。 この頃のバリスタはすすぎしてもプラスチック臭が強いという評価が多かったように思います。 マシンを乗り換えたユーザーによれば動作音も大きいようです。 コーヒーの濃さを調節する方法は湯量設定を変更する方法で可能です。 このモデルの使用経験がないため、抽出中停止や裏技的方法が使えるかどうかは不明です。 たまにホームセンターでこのモデルが置いてあったりしますが、古いマシンですし特に使うメリットもないので、中古で格安で手に入ってもあまりオススメはしません。 機能表 製品情報 ステータス 販売終了 発売日 09年4月 本体サイズ 幅17. 9cm 型番 PM9630 機能 ネスカフェアプリ対応 なし コーヒーメニュー数 5種類 操作方法 ボタン 濃さの調節方法 湯量設定変更、抽出中停止 クリーニングボタン なし 部品 給水タンク 800ml コーヒータンク タンクカバーを開けて残量確認 カップトレイ 2段階調節 まとめ ネスカフェアプリ対応のスマホ機種を使っているならアプリ連携ができるバリスタが最もオススメです。 アプリが使えない場合でカプチーノを濃くしたいならPM9631も悪くありません。 好みの泡立ち具合で高圧ジェットノズルの噴射を停止でき、エスプレッソメニューに変更することで濃いカプチーノにすることができます。 また、あらかじめエスプレッソメニューを本体の湯量設定機能で少なめにしておけば、前述の方法でエスプレッソメニューに変更したときも適用されます。

次の

バリスタの資格について詳しく解説!

バリスタ 値段

まだ使用はしておりませんが、以前使っていたものよりスマートになり場所も取らず、部屋の色合いにもバッチリ合っていてまるでインテリアのようで気に入りました。 シンプルと50、迷いましたがこちらにして良かったです。 商品はパッキン、またはエアパッキンで梱包されて送られてくるものだと思っていたのですが、実際はバリスタの箱にぺたりとわれもの注意シールが貼ってあるだけでした。 確かにそのシールがあれば雑に扱われることはありませんし、届いたあとにゴミはほぼ出ませんが、せめてエアパッキン1枚巻いていただければ良かったかなと思います。 購入から2日で届いたことよりも、裸のまま送られてきたことに驚きました。 獲得にはTポイント、PayPayボーナス(譲渡不可)、PayPayボーナスライト(譲渡不可・期間制限あり)のいずれかが含まれます。 いずれを獲得できるかは「内訳を見る」から各キャンペーンページをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額には、ヤフーカード決済限定またはPayPay残高決済限定のものが含まれている場合があります。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 各キャンペーンには「一定期間中の付与上限」があります。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 獲得率の条件や付与上限の詳細は、「内訳を見る」から、各キャンペーンページにてご確認ください。 Yahoo! ショッピングの各種ポイントキャンペーンは対象外です.

次の

ネスレ HPM9634

バリスタ 値段

5MPa) 15気圧(1. 5MPa) 重量 約3. 4kg 約2. 7kg タンク容量 1. 0L 1. 0L 本体寸法 幅17. 9cm 幅16. 7cm 電源コード 約1. 2m 約85cm 本体の大きさはバリスタよりドルチェグストのほうが少し小さいです。 消費電力やタンク容量は同じです。 電源コードはバリスタのほうが長いです。 置けるカップの高さは、ドルチェグストだと最大15cmまでです。 ドリップトレイを取り外すと約17. 5cmまで置けます。 バリスタは最大10cmまでの高さのあるマグカップが置けます。 ドリップトレイを取り外すと約13cmの高さまで置けます。 バリスタとドルチェグストとも一般的なマグカップの大きさなら大型サイズでも問題なく置けます。 マイボトルにコーヒーを淹れて持ち歩くことを考えているなら置けるカップの高さよりも少し小さいサイズを目安にしてください。 操作方法の違い バリスタの操作方法 バリスタは本体全面にあるタッチパネルを操作してコーヒーを作ります。 コーヒーを作るときは各メニューのボタンを押すだけであとは自動で作ってくれます。 ただ、カプチーノとカフェラテを作るときは事前にネスレ ブライトまたは牛乳をマグカップに入れておく必要があります。 コーヒーを作るときは各メニューによって味の濃さがあらかじめ決まっていますが、調節することもできます。 味の調節方法は二通りあります。 一つはバリスタのタッチパネルで調節する方法です。 バリスタで飲みたいメニューを長押しすると電源ボタンが黄色点灯になり、指を離すとコーヒーの抽出が始まります。 あとは自分の好きな抽出量になったらさきほど押したメニューを再度押すと止まります。 コーヒーの濃さを調整したら次回からは自動で同じ湯量でコーヒーを作ってくれるようになります。 もう一つは、スマホのネスカフェアプリを使ってコーヒーの量とお湯の量を調節する方法です。 ネスカフェアプリはコーヒーの量が1グラム単位で、お湯の量は10ml単位で調節ができます。 味の濃さを調節するときに本体操作で行う場合はあらかじめ湯量の目星をつけて目視で調節しますが、ネスカフェアプリは単位で調節できるので微調整がしやすいです。 ドルチェグストの操作方法 ドルチェグストは、最初にカプセル表面に書かれた目盛りの数を確認しておきます。 次に本体上部の全面にあるロックを上げて、カプセルホルダーを手前に引っ張り出し、中にカプセルをセットします。 セットしたらカプセルホルダーを元に戻して、ロックを下げます。 そして本体上部にある銀色のレバーを上に動かしてカプセルに推奨されている目盛り(緑色のランプ)の数に合わせます。 あとは、銀色のレバーを赤丸(熱湯)が書いてあるほうに倒して抽出を開始すれば抽出量に合わせて目盛り点灯が消えていき、最後には自動で止まってコーヒーが出来上がります。 ある程度、作り慣れてきたらカプセルの推奨目盛りではなく、目盛りの数を増やすなり、減らすなりして抽出量を変えて自分好みの味に調節するといいです。 コーヒーの種類 ブラックコーヒーの種類はバリスタが8種類でドルチェグストが9種類になります。 ただし、ドルチェグストはブラックコーヒー以外にも宇治抹茶ラテ、チョコチーノ、ラテマキアートなどのカフェバラエティシリーズがあるので単純に飲み物の種類に関してはドルチェグストのほうが圧倒的に多いです。 ちなみにドルチェグストは苦みの特徴があるコーヒーの種類が多く、バリスタは酸味と苦みのバランスが取れているコーヒーの種類が多いです。 あくまでも傾向なのでそれしかないわけではありません。 バリスタの全種類• オリジナルブレンド(苦みと酸味)()• モカブレンド(酸味)()• リッチブレンド(苦み)()• レギュラーブレンド(苦みと酸味)()• レギュラーブレンド カフェインレス(苦みと酸味)()• ロースト ブレンド(苦み)()• エスプレッソ(酸味)()• エスプレッソ インテンソ(苦み)()• アイスコーヒー ブレンド(苦み)()• カフェオレ()• カフェオレ カフェインレス()• カフェオレ インテンソ()• 宇治抹茶()• 濃い抹茶()• 宇治抹茶ラテ()• カプチーノ()• アイスカプチーノ()• ラテ マキアート()• チョコチーノ()• ティーラテ()• ドルチェグストで使うカプセルの賞味期限は「」などの抹茶を使ったものを除くと製造から13カ月です。 ドルチェグストはカプセル式で一杯につき一個のカプセルを使います。 コーヒーを飲むときは一個のカプセルをドルチェグストにセットして、ロックを下ろすとともに針も降りる仕組みで使う分だけがその都度開封されるようになっているので賞味期限の通りに長期保存できます。 ちなみにカプセルは中のコーヒー豆が酸化しないように密封5層構造でコーヒー豆の酸化の原因である酸素・湿度・紫外線・温度のうち温度以外をすべて遮断できるようになっています。 従ってカプセルの保存場所が高温にならにように気を付けていれば賞味期限まで酸化しないコーヒーが飲めます。 なお、小数点以下は切り捨てています。 カプセルの値段はブラックコーヒーとカフェバラエティシリーズともに同じに設定されており、一箱882円(税込)になります。 ただし、「」などのごく少数のカプセルは値段が少し違います。 カプセルの一箱には全部で16個のカプセルが入っており、ブラックコーヒーは一個のカプセルで一杯を抽出することができます。 カフェバラエティシリーズは2個のカプセルで一杯を抽出することができます。 一箱の値段が同じで使用するカプセル量も決まっているのでどのカプセルでも一杯あたりの値段がだいたい同じになります。 そのためドルチェグストのコーヒー一杯分の値段を計算するのは簡単です。 ブラックコーヒーは一杯あたり55. 1円で、カフェバラエティシリーズは一杯あたり110. 2円になります。 一方、ドルチェグストのカプセルにはコーヒー豆しか入っていないのでレギュラーコーヒーになります。 なので早い話、インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの味の違いと思って頂ければいいと思います。 バリスタのほうは旨味が弱いというか薄っぺらい味わいで鼻に抜ける香りが弱く、風味の余韻が少ないです。 ドルチェグストは反対に、味わいに奥行きがあり、香りの余韻が長く感じられます。 単純なコーヒーの美味しさで言えばドルチェグストのほうが圧勝です。 ただし、今までインスタントコーヒーを好んで飲んでいた人はバリスタのほうがあっさりしていて味の濃さが合うと思います。 カプチーノ 味の違い バリスタとドルチェグストのカプチーノはミルクの割合が違うので別物と思ったほうがいいです。 ドルチェグストのカプチーノはレギュラーコーヒーを使うのでミルクの割合が多くてもコーヒー感が出せるためミルクの割合が多く本格的ですが、バリスタはインスタントコーヒーを使うのでコーヒー感を出すのが難しくミルクの割合が低めになっています。 カプチーノはドルチェグストのほうがおいしいと思います。 カプチーノに使われるミルクカプセルは全乳粉(牛乳から水分を取り除いて乾燥させたもの)だから牛乳の風味がそのまま出てクリーミー感がバリスタよりも勝っています。 バリスタはネスレ ブライトを使うと植物油脂だから味の差は歴然。 ネスレ ブライトにも脱脂粉乳を使ったクリーミーラテ用があるけど、クリーミーラテ用を使ってもドルチェグストのほうがおいしいかな。 やっぱりミルクの差がでちゃう。 バリスタのカプチーノに自分の好きな牛乳を使うとドルチェグストのカプチーノに善戦するかなという印象。 使用する粉はインスタントコーヒーなのでお湯で溶かしてしまえばコーヒー豆のカスなどもでないため淹れた後の後片付けはありません。 コーヒーを淹れたらそのまま何もしなくていいです。 一方、ドルチェグストは一杯ごとにカプセルを本体にセットして抽出します。 メリットとして一杯ごとにカプセルを変えるため使わない分のコーヒー豆が酸化しないことが挙げられますが、コーヒーを淹れるたびにカプセルを捨てる必要があります。 このカプセルはコーヒー豆のカスが露出していないので使用後でも嫌なニオイがしないし、捨てるだけで簡単なのですが、以外とカプセル自体が大きくて何杯も飲むとかさばるし、使用後はカプセルの中にコーヒー液が少量ほど残っているので付属品の使用済みカプセル入れに入れておくか、台所の流しに置いて自然とでてくるのを待つか、カプセルを押して中のコーヒー液を抜く必要があります。 定期的のお手入れのしやすさ 定期的に行うお手入れはドルチェグストのほうが圧倒的に楽です。 お手入れする部品の数が違いすぎるし、一つの部品にかけるお手入れ時間も短いです。 これは誰に聞いても同じ答えが返ってくると思います。 バリスタは、抽出口カバーや撹拌部カバーといった跳ね返り汚れを防ぐカバー類があるので洗う頻度がどうしても高くなってしまいます。 また、バリスタのコーヒータンクはコーヒーパウダーの計量器を担う部分と組み合わせて使うようになっていて、計量する際にコーヒーパウダーが擦り切れて粉状になってしまい湿気を含むと溶けて固まります。 (特に夏や梅雨の時期) 計量器の汚れはコーヒーパウダーが溶けて固まったことによる汚れなので軽く洗っても取れません。 つけおきする必要があります。 つけおきして汚れを取り除いた後はしっかり乾かさないと新たにコーヒーパウダーを補充したときに水気で湿気ってしまいコーヒータンクの中のコーヒーパウダーまで溶けて固まってしまいます。 日本の湿度(高湿)的にバリスタのコーヒータンクと計量器は向いていない構造だと思います。 あと、忘れてはならないのが撹拌部です。 撹拌部はコーヒーパウダーとお湯をかき混ぜるところでお湯が通る目には見えない小さな穴と、コーヒーが抽出される大きめの穴が2つ付いています。 これらの穴は汚れによって詰まるとコーヒーの味が薄くなったり、お湯の量が少なくなったりと不具合がでるのでお手入れの手抜きが許されません。 バリスタのお手入れをもっと詳しく 一方、ドルチェグストは3つの部品(給水タンク、ドリップトレイ、カプセルホルダー)だけしかお手入れするところがないので楽です。 しかもこれらは水洗いで十分なのでお手入れが簡単にできます。 ドルチェグストのお手入れをもっと詳しく 定期的のお手入れと淹れた後の片付けをマシンごとに要約すると、バリスタはお手入れが面倒だけど、コーヒーを作るたびに何もしなくていい。 反対にドルチェグストはお手入れの手間がかからないけど、コーヒーを淹れるたびにカプセルを取り出したりしないといけない。 一短一長かなと思います。 定期お届け便は 専用マシンの「ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム」が無料でレンタルできます。 しかも本体保証は解約するまで続きます。 カプセルは全部で20種類以上あります。 私はレギュラーブレンドとラテマキアートがおすすめです。 用事で定期お届け便が受け取れないときはお届け日を変更したり、カプセルが飲みきれずに余ったときはお届けを1回お休みすることもできます。 只今、定期お届け便の利用者すべての方にバラエティカプセルセット(11種類17杯分)がお試しでもらえます。 (お試し内容が変更される場合があります).

次の