1903 の 機能 更新 プログラム。 Windows 10 Version 1903 の新機能

「Windows10 1903」へアップデートできない不具合について解説!

1903 の 機能 更新 プログラム

わたしの環境( Ver. 1903 )でも同じです。 今月の Windows Update が行われ再起動した後に 消 え た ようです。 再起動、完全シャットダウン、更新プログラムのチェック(下図)も行ってみましたが表示されないままです。 どうしても更新したいということであれば手動で更新する方法もありますが、未だオプションだったので自動更新されるまで放置することにしていましたし、 Ver. 1903 は 2020 年 12 月 8 日までサポートされますのでしばらく様子見をしていこうと思っています。 原因は分かりませんが、何かのきっかけで表示されなくなる例があるようです。 例: 追加:類似の質問がほかにも投稿されていました。 確かに気になります・・・ 情報を探してみても確かなものは見つかりませんが、日本だけの問題ではなさそうです。 マイクロソフト側の問題がありバグではないかという意見もありますが、今のところマイクロソフトからの情報がないので詳細不明です。 コミュニティの投稿もありましたが、明確な根拠や解決策は示されていません。 前の返信で追加してリンクしたスレッドでも進展がありません。 Win10x64 ・・ v. 1909 Not Showing Update History PC が Windows 10 に対応していない場合は表示されないということがあるようですが、 Ver. 1909 は Ver. 1903 からの大きな機能変更はないようですし、 Ver. 1909 がリリースされて最近までオプション更新として表示されていたものが、ハードウェアを変えるとかアプリをインストールしたこともないのに表示されなくなった(私の場合は今月の更新が契機?)ことから、機器などが対応していないということが原因とは考えづらいと判断しています。 何か情報が出るまで気長に待つしかありませんし、 Ver. 1903 のサポートは未だ1年はあるので急ぐ必要もないと思います。 また、 Ver. 1909 に更新しようと思えば、いつでも下のサイトから更新【今すぐアップデート】が可能です(前の返信のリンクのとおり)。 Windows 10 に対応できないものがあるとすれば、面倒でも ク リ ー ン インストールを行って、アプリ等を後からインストールし直すことも試せます(面倒そうだけど・・・)。 情報ありがとうございます。 昨日まではダメだったのですが、いま行ってみたらオプションとして表示されました。 いったい何だったのでしょうか。 多くの人に同じ現象が起きていたと思うのですが、海外サイトも含めてネット上の情報は少なく解決法の投稿もありましたが、どれも的外れなものばかりでした。 自動更新に任せていて更新の確認を行う人は少ない?こと、更新の確認を行っているような人は既に 1909 に更新している人が多い?ので、気づいた人が少なく情報があまり出なかったということでしょうか。 また、 1909 に重大な不具合があって停めていたのかもしれませんが、ダウンロードサイトはそのまま使えているので違うように思いますし、 1909 の更新ファイルは 1903 とは違うものなのに何故か同じ KB 番号になっているので、 1903 の1月更新を行ったことで 1909 の更新が行われたと誤って判断されてしまったなど Windows Update サイト側の問題でもあったのでしょうか。 何れにしてもマイクロソフトからの情報提供がなければ、謎のままで終わってしまいそうです。 参考:内容を読んでもよく分かりませんが・・・ KB4528760 OS ビルド 18362. 592 および 18363. 592.

次の

Windows 10 Version 1903 の新機能

1903 の 機能 更新 プログラム

秋のリリースで回す予定の企業も、1つ前の春のリリースから着手できるように? Microsoftの以下の発表によると、Windows 10の2019年秋の「機能更新プログラム」(通称:19H2)は、2019年春のバージョン1903(通称:19H1)に対する小規模なアップデートになる模様です。 以下の発表は19H2についての説明であり、2020年以降の話ではありません。 [英語](Windows Experience Blog) Windows 10は「半期チャネル(Semi-Annual Channel)」に基づいて、春と秋の年に2回、新バージョン(機能更新)がリリースされます。 これまでは毎回「大型アップデート」とも呼ばれる、事実上のアップグレード(OSの入れ替えと設定やアプリ、データの移行)でした。 詳細についてはまだ不明な点はありますが、19H2はバージョン1903(19H1)に対する小規模なアップデートとなり、毎月の累積更新プログラムと同じ技術とエクスペリエンスで、短時間で完了するそうです。 一方、バージョン1809以前のPCに対しては、従来と同じ機能更新プログラム、つまり大型アップデートとして提供されます。 このスタイルが2020年以降も踏襲されるとしたら、サポート期間が30カ月のEnterpriseエディションを使用していて、秋のリリース(例えば、2年後の秋のリリース)をターゲットに少ない頻度でアップグレードしようと考えている企業は、秋のリリースを待たずに、1つ前の春のリリースからテストと導入を始められるでしょう。 春のリリースでテストを進めても、そのまま秋のリリースにスムーズに移行できることが期待できるからです。 WSUSによるWindows 10 バージョン1903の配布 本連載第32回、第33回では、Windows 10 バージョン1607のEnterprise/Education向けに延長提供されていたサポートが2019年4月に終了する前に、バージョン1607に対して「Windows Server Update Services(WSUS)」を使用してバージョン1803の機能更新プログラムを配布する手順を紹介しました。 (本連載 第32回)• (本連載 第33回) 企業のクライアントとして19H2を次に予定していた場合でも、19H2がバージョン1903(19H1)に対する小規模なアップデートであるなら、19H2のリリースを待たずに、既に利用可能なバージョン1903(19H1)を使用してテストと導入を開始することができます。 バージョン1903(19H1)で運用環境への展開を始めたとしても、品質更新プログラムの間隔で19H2に移行できるからです。 そこで今回は、第32回、第33回でバージョン1803にアップグレードしたWindows 10に、WSUSでバージョン1903(19H1)を配布し、アップグレードしてみます。 その前に1つ注意点があります。 Windows 10 バージョン1809(ただし、ビルド17763. 529以降)およびバージョン1903からは、Windows Updateから「自動更新」または「手動更新」(「更新プログラムのチェック」ボタンのクリック)で機能更新プログラムを受け取る場合、機能更新プログラムの存在を通知し、「今すぐダウンロードしてインストールする」オプションが提供されるようになりました。 これにより、意図しないタイミングで機能更新プログラムのダウンロードとインストールが始まることはなくなりました。 ただし、機能更新プログラムの延期設定をしている場合は、その設定に従います。 また、現在のシステム構成(ハードウェアなど)に何らかの既知の問題がある場合は、その旨を通知して機能更新プログラムの提供をストップしてくれます( 画面1)。 画面1 Windows Updateを利用している場合、機械学習に基づいた機能更新プログラムのロールアウトと「今すぐダウンロードしてインストールする」オプションにより、勝手にアップグレードが始まることはなくなった。 ただし、WSUSクライアントに対してこれらの機能は働かない WSUSを利用している場合、WSUSクライアントにはこれらの機能は提供されず、「管理者の承認」に基づいてダウンロードとインストールが始まります。 そのため、事前にバージョン1903をテストした上で、運用環境に機能更新プログラムを展開することが重要です。 もちろん、テスト目的で限定した範囲への展開のために、WSUSを利用することができます。 WSUSによる展開を行う前に、OSディスク(C:ドライブ)に3GB以上の空き領域があるのを確認することも忘れないでください(その方法としては自作スクリプトからインベントリ収集ツールなどさまざまあるので今回は説明しません)。 機能更新プログラムの同期と承認 Windows 10 バージョン1903(19H1)は、一般向けリリースと同時にWSUSに対しても提供されました。 Windows 10 バージョン1903用の新しい「製品」が追加されているので、WSUSの「製品と分類」オプションを開いて、バージョン1903関連の新しい「製品」を追加し、Microsoft Updateと再同期します( 画面2)。 関連記事• 2019年春にリリースされるWindows 10の新バージョンから、ブランチ準備レベル「半期チャネル(対象指定)」が廃止されることが発表されました。 これにより、どのような影響があるでしょうか。 Windows Update for Business(WUfB)を利用していない限り、何の影響もないでしょう。 WUfBを利用しているなら、更新後に設定を確認しておきましょう。 間もなくリリースされるWindows 10の新しい機能アップデート「19H1」。 それに実装される新機能をまとめてみた。 また、同時に変更となるライフサイクルなどについても解説する。 Windows 10では従来のWindows OSと異なり、年2回、大型アップデートの提供が行われるようになった。 それに伴い、サポート期間もバージョンごとに設定されるなどの変更が行われており、かなり複雑なものとなっている。 本稿では、アップデートの提供タイミングならびにそのサポート期間などを整理する。 Windows 10の登場ですっかり変わってしまったWindows Update。 IT管理者の多くが戸惑っているに違いありません。 「Windows 10 バージョン1511 ビルド10586」に合わせ、「Windows Update for Business」が利用可能になりました。 しかし、筆者を含む多くの人が想像していたのとは違い、SaaSタイプのサービスではありませんでした。 Windows Updateによるアップデートの適用は、場合によっては不具合を起こす可能性もある。 アップデートによって不具合が発生しないことを確認してから適用するとよい。 そのためのWindows Updateによる適用を延期する方法を紹介しよう。

次の

Windows 10 Proでアップデートの延期ができない? バージョン1903の問題(更新)

1903 の 機能 更新 プログラム

複数のプロセスファイルがCPUやディスク使用量を圧迫しています svchost. exe(Windows Update)を始め、以下のアプリケーションタスク達が入れ替わりCPUやディスク使用量を圧迫しています。 svchost. exe サービス ホスト: Windows Update 「svchost. exe サービス ホスト: Windows Update」はWindowsアップデート時にメインで動いているWindowsサービスのホストプロセス。 setuphost. exe Modern Setup Host 「setuphost. exe Modern Setup Host」はWindows10の更新プログラムです。 DismHost. exe Dism Host Servicing Process 「wimserv. exe Wimfltr v2 extractor」はWindows R イメージを使えるようにしたり操作するためのプログラムファイルです。 DPS Diagnostic Policy Service 「DPS Diagnostic Policy Service」は「dps. dllをsvchost. exe経由で動かすWindowsサービスのホストプロセスです。 他にも「mighost. exe Migration Plugins host program」や「wimserv. exe Wimfltr v2 extractor」、「ntoskrnl. exe System」「svchost. exe サービス ホスト: DCOM Server Process Launcher」などのプロセスのCPU使用率やDISC使用量が頻繁に高くなっています。 1時間後のインストール状態 更新プログラムの最終チェックから1時間後のインストール状態です。 遅いだけで進んではいるようですので、完了まで待機しようと思います。 幸い、CPU使用率・DISC使用量ともに100%とかにはならなさそうなので、キャパ超えで重くなっている訳ではなさそう。 バージョン1903の機能更新プログラムインストール完了 その後、まもなくして「Windows 10、バージョン 1903 の機能更新プログラム」のインストールが完了しました。 PCを使っている最中に処理の重いインストールが始まって、少し困りましたが無事完了したようです。 Windows 10は最近のアップデートで、Windowsアップデートの部分を大きく変更されたとありましたので、どこが違うのかはっきりしませんが、その影響で違和感を感じてしまったのかもしれませんね。

次の