高知県 コロナ 宴会。 高知県で初のコロナ感染者となった中内整形外科クリニックの看護士は、症状があ...

【高知】マスク外した知事らが大宴会 高知県民に「手本」示す [爆笑ゴリラ★]

高知県 コロナ 宴会

ニュースによると、大阪のライブハウスで感染した可能性が高いと言われていますが、体調不良であるにもかかわらず、この時期に密閉した空間である高速バスに乗り、わざわざ高知から大阪まで行くという行為が解せません。 誰しもがそうでしょうが、「自分は大丈夫、体調不良でもまさかコロナなわけがない」と思っています。 この女性もそうだったでしょう。 ただ、看護士が普通の素人と同じ行動をとることが情けないです。 「どうしても見に行きたいライブだから、無理を押してでも行く」という考えで大阪に行く行為は、「危険かもしれないが、春節で中国人が多く来るので入国規制をかけない」という利益重視の日本政府と同じ考えです。 おっしゃるように、医療に携わる者としてありえない行動です。 常識のある大人ならこの時期にライブなど行かないでしょう。 もし感染した場合、家族や職場の人にうつして迷惑をかけることは想像できます。 スーパーとか日常生活に必要な所で感染したならまだしも、ライブなんて行かなくていい所で感染したら周りに白い目で見られますよ。 うちの職場なら上司にどれほど怒られるか... 仕事休んでライブか?それで感染か?って半殺しですね。 私も行く予定でしたがやめましたよ。 親も大反対でした。 楽しみにしてたから後悔はあります、行っても感染しなかったかもしれない。 でもこの時期に行かなくてもまた来年行けばいい。 看護師と聞いて呆れました。 素人でも躊躇するのに。 感染するリスクがある所へ行くのが間違いだと思います。 もちろん全員が感染するわけではありませんが、万が一を考えると行くのはやめますね。

次の

「マスクせず100人が盛大に宴会」は「新しい生活様式」? 高知県が懇談会

高知県 コロナ 宴会

予約や見込みを含めた8月末までの売り上げは、5月下旬時点で前年比約64億円減となる見込み。 組合加盟の57施設から回答を得た。 今回調査(6月5日集計)は5月20日時点の回答で、21日以降については予約や見込みの数字を答えてもらい、前年の19年の実績と比較した。 宿泊と宴会の合計人数は3月が約7万9千人で前年比6割減。 組合によると、若い世代を中心に一定の需要を取り込んだ一方、歓送迎会や謝恩会などの宴会のキャンセルが響いた。 組合によるとスポーツの中四国大会、よさこい祭りの中止に加え、全国高校総合文化祭がインターネット開催に変更された影響が大きい。 7月は合宿などの予約が入っているがキャンセルが懸念されるという。 売り上げは5月が前年比約13億円減、4月が同比約11億円減などで他の月も8億円以上減っている。 3~8月の計6カ月では約64億5千万円減る見通しだ。 西谷進事務局長は「高知は元々1、2月の観光客が少なく、増えると思った3月に出ばなをくじかれた。 よさこいと総文祭のダブルパンチで組合員は耐え忍んでいる」と語る。 回答施設の6割近くを高知市内の施設が占めることもあり、組合と市旅館ホテル協同組合の役員が4日に岡崎誠也市長と面会し、固定資産税や事業所税の減免や自粛休業に対する支援給付金などの対策を要望した。 両組合から、「従業員の雇用を守らないといけないので来春の新卒は採用できない」「資金繰りが苦しい」など苦境を訴える声が出された。 対象は県民限定で、コロナ禍によるストレスを高知市内への小旅行で発散してもらうことなどが狙いという。 5千円割り引くクーポンを6千枚発行し、抽選でプレゼントする。 参加施設として登録したホテルや旅館を利用する際、県民なら1人1枚使える。 7月1日から8月31日(同日チェックイン)まで利用可能だ。 県による越県の往来自粛要請は5月末で終了している。 だが市観光協会の担当者は「県をまたいでの移動に抵抗感を持つ人はまだいると思う。 地元高知の良さを改めて知ってもらいたい」と説明する。 経済的な打撃を受けている市内の宿泊施設を救済する狙いもある。 財源には市の補助金を充てる。 参加する施設や応募方法は6月17日に市観光協会(088・823・4016)のホームページで公開し、同日から25日まで応募を受け付ける。 宴会が再開されることを想定し、県旅館ホテル生活衛生同業組合と高知市旅館ホテル協同組合が共同で、宿泊施設における新型コロナへの対応マニュアルを作った。 マニュアルは全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会などが作ったガイドラインを参考にした。 皿鉢(さわち)料理の提供など高知の事情も加味したのが特徴だ。 個人や10人未満のグループは提供可能とした。 ツアー旅行でも、友人・知人など参加グループ単位の場合は提供可能とする。 一方、歓送迎会などの宴会で不特定多数の場合は、感染を避けるため従業員が大皿から取り分けて提供したり、懐石料理に変更したりする選択肢を示した。 客の送迎や入館、館内と客室の案内など各シーンごとに清掃や消毒、従業員の説明や手続きの注意点も具体的に示した。 対面会話を減らす一案として宿泊者名簿の見直しを推奨し、健康状態の自己申告を依頼する場合のセルフチェックシートの書面案も示している。 (清野貴幸).

次の

大好きな「返杯」禁じられた高知人、外出自粛で生み出した奇策

高知県 コロナ 宴会

予約や見込みを含めた8月末までの売り上げは、5月下旬時点で前年比約64億円減となる見込み。 組合加盟の57施設から回答を得た。 今回調査(6月5日集計)は5月20日時点の回答で、21日以降については予約や見込みの数字を答えてもらい、前年の19年の実績と比較した。 宿泊と宴会の合計人数は3月が約7万9千人で前年比6割減。 組合によると、若い世代を中心に一定の需要を取り込んだ一方、歓送迎会や謝恩会などの宴会のキャンセルが響いた。 組合によるとスポーツの中四国大会、よさこい祭りの中止に加え、全国高校総合文化祭がインターネット開催に変更された影響が大きい。 7月は合宿などの予約が入っているがキャンセルが懸念されるという。 売り上げは5月が前年比約13億円減、4月が同比約11億円減などで他の月も8億円以上減っている。 3~8月の計6カ月では約64億5千万円減る見通しだ。 西谷進事務局長は「高知は元々1、2月の観光客が少なく、増えると思った3月に出ばなをくじかれた。 よさこいと総文祭のダブルパンチで組合員は耐え忍んでいる」と語る。 回答施設の6割近くを高知市内の施設が占めることもあり、組合と市旅館ホテル協同組合の役員が4日に岡崎誠也市長と面会し、固定資産税や事業所税の減免や自粛休業に対する支援給付金などの対策を要望した。 両組合から、「従業員の雇用を守らないといけないので来春の新卒は採用できない」「資金繰りが苦しい」など苦境を訴える声が出された。 対象は県民限定で、コロナ禍によるストレスを高知市内への小旅行で発散してもらうことなどが狙いという。 5千円割り引くクーポンを6千枚発行し、抽選でプレゼントする。 参加施設として登録したホテルや旅館を利用する際、県民なら1人1枚使える。 7月1日から8月31日(同日チェックイン)まで利用可能だ。 県による越県の往来自粛要請は5月末で終了している。 だが市観光協会の担当者は「県をまたいでの移動に抵抗感を持つ人はまだいると思う。 地元高知の良さを改めて知ってもらいたい」と説明する。 経済的な打撃を受けている市内の宿泊施設を救済する狙いもある。 財源には市の補助金を充てる。 参加する施設や応募方法は6月17日に市観光協会(088・823・4016)のホームページで公開し、同日から25日まで応募を受け付ける。 宴会が再開されることを想定し、県旅館ホテル生活衛生同業組合と高知市旅館ホテル協同組合が共同で、宿泊施設における新型コロナへの対応マニュアルを作った。 マニュアルは全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会などが作ったガイドラインを参考にした。 皿鉢(さわち)料理の提供など高知の事情も加味したのが特徴だ。 個人や10人未満のグループは提供可能とした。 ツアー旅行でも、友人・知人など参加グループ単位の場合は提供可能とする。 一方、歓送迎会などの宴会で不特定多数の場合は、感染を避けるため従業員が大皿から取り分けて提供したり、懐石料理に変更したりする選択肢を示した。 客の送迎や入館、館内と客室の案内など各シーンごとに清掃や消毒、従業員の説明や手続きの注意点も具体的に示した。 対面会話を減らす一案として宿泊者名簿の見直しを推奨し、健康状態の自己申告を依頼する場合のセルフチェックシートの書面案も示している。 (清野貴幸).

次の