ビットコイン取引所 比較。 ビットコイン取引所・販売所の最小(最低)取引単位を比較

仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめランキング【2020年7月最新比較】

ビットコイン取引所 比較

ビットコイン 口座開設におすすめの取引所 大手会社を徹底比較!に関する記事です。 新時代の概念として注目されている 仮想通貨(暗号資産) 仮想通貨で、もっとも活発に取引が行われているのが ビットコイン です。 ビットコインは仮想通貨(暗号資産)の基本中の基本なので、以下記事で詳しく書いています。 ビットコインを購入する際には取引所に口座を作って利用するのが一般的ですが どの取引所を利用するのがいいの? と迷ってしまいます。 今回は、ビットコインを取り扱っている取引所の中で、きちんと 金融庁から仮想通貨交換業の許可をとっている 日本語対応されている大手取引所9社 について徹底的に比較していきます。 また取引所の中から、利用用途に合わせた 「口座開設におすすめの取引所」を紹介していきます。 2017年4月追記) 「みんなのビットコイン」の取引所情報を追加しました。 2017年9月追記 「GMOコイン」の取引所情報を追加しました。 2018年1月追記 「DMMBitcoin」の取引所情報を追加しました。 2018年9月追記 2018年9月現在、zaifはハッキング問題などがあり新規登録者の受付を中止しています。 記事内目次• ビットコインの取引所を選ぶ上で重要なポイント ビットコインの取引所において、最も重要となるポイントは以下5つです。 どういった取引手法が提供されているか• レバレッジは何倍までかけられるか• 取引手数料は安いか• 保有口座 ウォレット のセキュリティは大丈夫か• 会社の安全性は大丈夫か(破産したりしないか) 以下、上記5点の観点から、取引所を比較していきます。 ビットコイン 取引所 比較一覧 取引手法とレバレッジでの比較 ビットコインを購入、売却する会社は「販売所取引」「取引所取引」「信用取引」「先物取引」のどれかを提供しています。 以下、ビットコイン取引所の12社がどの取引を提供しているかの一覧表です。 販売所とは 販売所は、会社自体がビットコインを保有しておりそのビットコインを売買しています。 販売所のビットコインの値段は相場に応じて販売所側が決めています。 販売所が販売を停止しないかぎりはすぐにビットコインを入手できるので、とにかく今すぐビットコインが必要というときには便利です。 ただ、販売所形式の場合、会社が手数料を上乗せしているので、その分次に紹介する 「取引所取引」より手数料が高い傾向があります。 取引所とは 取引所では、ビットコインを売りたい人と買いたい人が相対取引をする場を提供しています。 (取引板というユーザーが見る掲示板を提供) ユーザーが買いたい、または売りたいという値段と数量を提示して、それに応じる人がいると売買が成立します。 取引所取引では、売買してくれるユーザーが見つからない場合は売買が成立しないことがあります。 (最近のビットコインはかなり流通しているので、成り行き取引をすれば大抵売買が成立しますが) 取引所はユーザー同士の個人での売買であり、会社は場を提供するための手数料をとるだけなので、手数料は販売所よりも安くなります。 信用取引・先物取引・FX取引とは 取引所口座(ウォレット)に保有している金額以上の金額を売買に使える取引です。 自分の保有資産以上のお金を取引することは 「レバレッジをかける」と呼ばれています。 短期トレード、特に1日以内で何回も取引を行うようなトレーダーの場合、自分の資産以上のお金をやり取りすることで、トレード毎の収益も大きくなる可能性があるため、保有資産の何倍までトレードできるか(レバレッジが何倍までかけられるか)が取引所を選ぶポイントになります。 信用取引、先物取引、FX取引はどれもレバレッジをかけられるものです。 ただ、取引の手法としては若干違います。 それぞれの簡単な説明を以下に書いておきますが、本記事では「レバレッジをかけられる取引」として同じ枠にしています。 取引時には、取引手数料の他に、借り入れするための借り入れ手数料がかかります。 ビットコインを売買の対象として、買い付けをした時点では買い付け代金を支払わずに、将来の決められた期日まで買い付け代金の支払いが伸ばされている取引です。 信用取引のように、取引所口座(ウォレット)に保有している金額以上に取引することが可能ですが、信用取引のように融資という形はとりません。 取引所取引、信用取引は現在のビットコインの相場価格が適用されて値段が決定しますが、先物取引は先物取引独自の値段相場によって動きます。 FX取引の場合は「その取引所で買ったものはその取引所で売る」ことしかできないようになっています。 (他の取引所に通貨を移動ができない) 手数料での比較 ビットコインの取引所において、発生する手数料には以下のようなものがあります。 口座入金・出金手数料• 取引手数料• スプレッド• 借入手数料(信用・先物取引時のみ) これらの手数料が安い取引所を選ぶほうが取引にてお得に取引ができます。 以下、ビットコイン取引所の手数料を比較した一覧表です。 取引所 入金手数料 出金手数料 取引手数料 借入・証拠金取引手数料 (信用・先物時) 自己負担 324円(税込) 無料 0. 20% ー 自己負担 50万円未満 350円 50万円以上 756円 無料 ー 自己負担 無料 無料 0. 取引手数料は多くの取引所が無料、または少額になっています。 逆に、Maker手数料であればマイナス(売買金額より手数料分安くなる)のところもあります。 入金手数料はほとんどの取引所が自己負担になっています。 なので、入金にかかる費用はご自身の銀行口座と取引所の入金用の銀行口座との兼ね合いで値段が異なります。 入金手数料をできるかぎり安くしたいという場合には、自身の銀行口座を住信SBIネット銀行にするのがオススメです。 住信SBIネット銀行はcoincheck、bitFlyer、BITPOINTなどの多くの取引所が振込先として用意しているため、入金手数料が掛からないことが多いです。 また、他銀行への振込に関して、最大で月15回まで無料になるケースもあるので、入金手数料を極力おさえることができます。 以下、用語等の補足説明です。 (取引所の隠れた手数料になっています。 ) スプレッドに関しては明確に提示している取引所はなく、相場の状況によっても変わるためここでは表示しておりません。 (損失が出た場合は、発生しません)。 Maker手数料とは、注文板(マーケット)に指値注文で板に値段を提示するユーザーへの売買手数料のことです。 多くの取引所では、注文板に多くの注文が提示され、ビットコインの流動性を確保したいという狙いからMaker手数料を安くする傾向があります。 (成り行き注文より、指値注文のほうが得になる) セキュリティでの比較 ビットコインでは、インターネット上での取引、口座 ウォレット の管理を行うので、ウォレット内の通貨を他人に盗まれないような強固なセキュリティになっているかどうかは重要です。 以下、それぞれの取引所のセキュリティ面での対応に対しての一覧表です。 コールドウォレット保管や2段階認証はセキュリティの基本となります。 少し前であればまだ対応できてない取引所も多くありましたが、現在は基本すべての取引所が対応しています。 (そうしないと金融庁から許可がおりないので) マルチシグネチャウォレットはより強固なセキュリティ対策を実施している取引所では対応しています。 以下、用語等の補足説明です。 コールドウォレットとは コールドウォレットとは、ネットワークから切り離されたオフラインの状態で安全に保管されているウォレットのことです。 取引所でやりとりされているビットコインの何%をコールドウォレットで保管することで、ハッキングなどにあった場合でも、すべてのビットコインが抜き取られてしまうという事態をふせぐことができます。 マルチシグネチャウォレットとは マルチシグネチャウォレットとは、一つのアドレスに対して複数の秘密鍵が割り当てられているウォレットのことです。 ビットコインの移動時に、パスワードが複数になるので、より強固なセキュリティになるといわれています。 最近のビットコインのウォレットでは、かなり普及が進んでおり、日本の取引所でも導入されています。 2段階認証ログインとは 2段階認証ログインとは、各取引所サイトにログインする際に、二段階以上の認証を必要としている状態のことです。 (仮想通貨特有のセキュリティではなく、あくまでWEBサイトのセキュリティです) ログイン時にID,パスワードで認証した後、携帯電話のSMSに届いた暗証番号の入力が必要だったり、スマートフォンのアプリでワンタイムパスワードが発行され、そのパスワードを入力するといったひと手間が必要になります。 現在の世界の取引所では常識的な方法となっています。 会社の安全性での比較 現状ビットコインの取引所は、大小様々な取引所が存在しています。 そのため懸念されるのが、 取引所が破産するというリスクです。 取引所が破産すると、取引所に預けていたビットコインなどの資産がなくなってしまう可能性があります。 日本ではマウントゴックスの事件が発生して以来、取引所の破綻問題に関しては特に気を付けている投資家が多いです。 現状、取引所の安全性を考慮する指標としては、• 資本金• どの大手会社が出資 株保有等 しているか という部分になります。 (はっきり言って上記だけでは安全性を考える上では全然たりませんが、現状ではこの程度しか安全性を図る指標がないです) (補足) 従来の証券会社やFX会社の取引所の場合、「 自己資本規制比率」という指標が、会社の安全性を判断する材料になるのですが、現状のビットコインの取引所では、自己資本規制比率を提示する義務がないため、どの取引所でも明らかになっていません。 おそらくですが、今後、仮想通貨の法律が整備されていくうえで、取引所に自己資本規制比率の提示が義務付けられるかと思いますので、その際には本記事に追記していきます。 以下、それぞれの取引所の資本金と出資会社の一覧表です。 (分かる範囲で記載しております) 取引所 資本金 出資会社 株主 など 2億9700万円 資本準備金含 不明 170,000千円 株式会社リミックスポイント 不明 不明 1億6000万 FXTF ASSET INVESTMENTS PTE LTD…75% 株式会社FXトレード・フィナンシャル…25% 5,250万円 株式会社フィスコ SEQUEDGE INTERNATIONAL LIMITED 株式会社SJI 12億9000万 不明 不明 不明 8億3,013万円 資本準備金含む 不明 17. 58億円 GMOインターネット株式会社 GMOクリックホールディングス株式会社 GMOグローバルサイン株式会社 現状、ビットコインに参入している取引所はまだ無名の会社が多いです。 (追記) 最近では「GMOコイン」「bit trade」などのFX会社として実績がある会社の参入が増えてきました。 取引所に関する国の法律が施行されたので、今後もビットコイン取引所を始める大手FX会社がどんどん出てくると予想されています。 東証一部上場会社のGMOグループやDMM. comで有名なDMMグループはやはり資本金としては潤沢にあるイメージです。 各ビットコイン取引所の特徴 上記が取引所を比較するうえで重要になってくるポイントですが、それ以外にも取引所には、独自の特徴をもっているものがあります。 以下、各取引所の特徴に関して私が把握している範囲で書いています。 bitbank こちらの取引所ではレバレッジをかけるような取引はできませんが、ビットコイン以外のリップルやモナコインなどの仮想通貨も扱っています。 手数料が少ないことが有名なので、別の仮想通貨を購入する際にはbitbank. ccを使うのも良いかと思います。 bitpoint bitpointはビットコイン取引にて、現状日本で一番高いレバレッジ 25倍 で取引ができる取引所です。 一番の特徴は、 「MT4」という取引ツールが使えることです。 MT4は、通常のFXで最も使用されている取引ツールです。 元々FXをしている人にとってはなじみのあるツールですし、チャート解析などが非常にやりやすいです。 なので、bitpointはMT4好きのトレーダーに好まれています。 ビットコイン黎明期の取引所はかなりサーバーダウンが多かったようで、サーバーダウンを毛嫌いしている人に好まれています。 (現状の取引所はそこまでサーバーダウンしないですが) また、純日本産の取引所としてはめずらしく、ライトコイン、ドージコインの取引なども可能です。 (追記) BTCBoxでドージコインの取引は2017年2月28日をもって終了となりました。 (現在は既存保有者が送付に使えるだけで新規購入はできない模様) Bit Trade Bit Tradeは元々FX会社であるFXTF(FXトレードフィナンシャル が作った子会社です。 FXTFは、有名なトレーダーなどがセミナーや情報提供をしているのが特徴のFX会社なので、Bit Tradeにおいても、有名なトレーダーが色々な情報提供をおこなってくれることが期待されます。 Fisco Cryptocurrency Exchange Fisco Cryptocurrency Exchangeは、株式会社フィスコが運営している取引所です。 フィスコは、株や先物などの投資家に向けた金融情報の配信会社なので、豊富な投資情報が手に入ることがが期待されています。 (現状は出来たての会社なので、まだ情報は少なめですが) DMMBitcoin DMMBitcoinはビットコインだけでなく、他の暗号資産(アルトコイン)にてレバレッジ取引を行うことができるという特徴があります。 またDMMグループはFX会社の超大手ですし、DMM自体はかなり前からビットコイン決済を導入しており、暗号資産には前向きな姿勢なので、今後の展開にも期待が持てます。 QUOINEX QUOINEXの特徴は世界最高速の取引エンジンを使用している点、日本円・米ドル・ユーロ・香港ドル・シンガポールドル・豪ドル・などの様々な法定通貨で取引できる点です。 また、様々な分析が使えるチャートにも力を入れています。 QUOINEXのサイトでは「デモ画面」というところから、実際の取引に使うチャート機能を見ることができるので、一度使い心地を確かめるのもよいかと思います。 Zaif zaifの特徴としては、ビットコインの積み立て投資ができる点です。 自動引き落としは国内で初) また、取り扱っている仮想通貨も一風変わったものが色々あります。 (日本で知名度が高いモナーコインやNEM、またbitcystalやsatoj coinなどの日本で取り扱いが少ない仮想通貨があったりします) さらに、zaifではかなり奇抜なプロジェクトが多数行われています。 テレビ番組と連動して、仮想通貨でアイドルを応援する「bitgirls」や、独自の仮想通貨「zaif」など、仮想通貨の可能性を感じさせる取り組みがなされています。 また、zaifを運営している「テックビューロ」という会社は、プライベートブロックチェーンプラットフォーム「mijin」などを開発しており、日本初のブロックチェーン開発に定評があります。 GMOコイン GMOコインの特徴としてはまずは何と言っても FX超大手のGMOグループということですね。 FX取引高で世界有数のGMOクリック証券を運営しているグループなので、ビットコイン取引所としても今後色々な施策をうってくるのではないかと期待できます。 以下、これまでの比較を考慮して、私なりにおすすめの取引所を挙げていきます。 初心者におすすめのビットコイン取引所 2018年現在、 「ビットコインを扱うのが初めて」という人におすすめの取引所は「GMOコイン」です。 東証一部上場のGMOグループということで、会社としての安定感があることと、FX会社としての実績もあり、初心者が使いやすいようになっています。 また、手軽にビットコインを買えることを売りにしているので、 最低価格1000円から、非常に簡単に購入手続きができる取引所になっています。 GMOコインには「取引所」形式の売買と「販売所」形式の売買があります。 「取引所」形式では、取引板という掲示板を使っての売買になるのですが、初心者には売買方法がわかりにくいという人も多いです。 逆に「販売所」形式での売買はかなりわかりやすいので、初心者で最初にビットコインを購入するには良いかと思います。 (販売所形式はわかりやすい分、少し手数料が高くなることが懸念されるので、手数料が嫌な場合は取引所形式での売買にチャレンジしてみるとよいかと思います) 他の暗号資産(仮想通貨)も購入したい人におすすめのビットコイン取引所 現在、暗号資産(仮想通貨)と呼ばれる通貨はビットコインのほかにも多数存在します。 ただ、様々な種類が存在する暗号資産(仮想通貨)ですが、取引所ごとに 取り扱っている通貨の種類も数も異なっています。 お目当ての暗号資産(仮想通貨)がある場合には、その通貨を取り扱っている取引所の中から良さそうな取引所を選べばよいですが、できれば色々な通貨に投資できる取引所が便利かと思います。 他の暗号資産(仮想通貨)に投資しやすい取引所としては「DMMBitcoin」がオススメです。 DMMBitcoinでは、イーサリアム、リップル、ネム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシックなど、日本で人気が高い主要な暗号資産(仮想通貨)を扱っています。 かなり個人的な意見になりますが、私としては「イーサリアム」、「リップル」、「ネム」の3つの通貨を応援しているので、この3つを扱っている取引所がよいと考えています。 取扱い通貨多さでいうのであれば「Zaif」もおすすめです。 zaifではリップルやライトコインは扱っていませんが、モナコインやカウンターパーティーなどなどマイナーな通貨を多数扱っています。 【zaifで扱っている比較的メジャーな通貨】 【zaifで扱っているマイナーな通貨】 私もよくわかっていない通貨も多いですが、調べてみて、用途に期待がもてるのなら注目してみてもよいかと思います。 (補足) 本気でもっと様々な種類の仮想通貨に投資したいという場合には日本語に対応していない海外の仮想通貨取引所を利用するほうがよいです。 取り扱っている仮想通貨の種類が多い海外取引所としては「Binance」が有名どころです。 ただ、海外の取引所は使い方がわかりづらかったり、いきなり利用停止になるなど不安定なものが多いので注意が必要です。 (日本からの取引は本来、海外の取引所であっても日本の金融庁の許可が必要。 そのためBinanceも許可をとるために動いているとのことですが、現状はまだ許可がとれていません) (私自身も海外取引所はほとんど使わないのでわからないことが多いです) 短期トレーダーにおすすめのビットコイン取引所 短期トレードをする場合に良い取引所というのは、レバレッジや取引手数料、チャートの使いやすさなどの様々な要素が関わってきます。 なので、何を重視するかでランキングが異なってしまうとは思いますが、個人的に自分が重視するのは「安全性」なので、そういう面でオススメなのは「Bitbank Trade」です。 追証とは「追加証拠金」の略で、信用取引をしている際に、自分が保有している資産以上の損失を出してしまった場合に追加で支払わなければならないお金のことです。 レバレッジをかけたトレードをしている場合、一番怖いのが 自分の想定以上の損失を出して借金してしまう ということです。 特にビットコインは値動きが激しいので、いつの間にか想定以上の値動きが発生することがあります。 他の取引所でも、強制ロスカットの制度を設けていますが、異常な荒れ相場の場合はロスカットが間に合わず追証が発生することがあります。 bitbank tradeでは「追証なし」ということを掲げているので、 入金した金額以上の損失は発生しない という安心感があります。 私の場合はビットコインの短期トレードをする場合でも、1日~数日は保有するスタイルなので、目を離したスキに荒れ相場になった場合でも最低限の安心感を確保するためにこの取引所を選んでいます。 また、今までに外国為替FXなどの経験があり、 「MT4」というツールを使ったことがある方なら「bitpoint」もおすすめです。 bitpointで提供されているMT4を使えば、以前からあるFX取引とほぼ同じ画面、操作方法でビットコインの取引が可能です。 また、MT4が使用できれば、技術がある方なら、自動アラートを作れたり、自動売買機能も実装できたりするのでビットコインでのトレードの幅が広がるかと思います。 (私も現在MT4によるビットコインの自動売買を計画中です^^) まとめ 昔はビットコインの取引所といえば海外の取引所ばかりで、口座を開設したり、購入するのもすべて英語のサイトを使用していましたが、現在では日本の取引所も多く、日本人が気軽にビットコインを購入できるようになっています。 取引所がそれぞれ特徴的なサービスを打ち出してきているので、どの取引所がよいかはなかなか判断はつきづらいです。 本サイトでもビットコインの取引所の情報は逐一追いかけて記事を更新していきたいと思います。 以上、ビットコイン 口座開設におすすめの取引所 大手会社を徹底比較!に関しての記事でした。

次の

ビットコインFX取引所/業者を比較!レバレッジ最大4倍で暗号資産(仮想通貨)を取引できる

ビットコイン取引所 比較

入金については、振込手数料が必要です。 なお、「クイック入金(即時入金)」を使うと、振込手続きをした瞬間に取引口座に振込額が反映されます。 口座開設後すぐに取引したい場合に便利なシステムです。 入出金手数料比較表 取引所・販売所 クイック入金 出金 無料 無料 無料 無料 無料 無料 770円 407円 入出金は頻繁に繰り返すものではありません。 そこで、あまり重視する必要はないでしょう。 しかし、できることならコストを支払いたくありません。 この点で見ると、ディーカレット、GMOコインそしてDMM Bitcoinが有利だといえます。 GMOコインなど複数の取引所でクイック入金ができますから、今すぐ取引したいと思い立ったら即座に入金して取引できます。 しかも、 手数料無料です。 ビットコインの預入と払出(重要度:低) ビットコイン取引に特徴的なのは、ビットコインそのものを預け入れたり払い出したりできることです。 そこで、ビットコインを出し入れするときの手数料を比較しましょう。 預入・払出手数料比較表 取引所・販売所 預入 払出 無料 0. 0004BTC 無料 無料 無料 無料 無料 0. 001BTC ビットコインの出し入れにかかる費用も、あまり考える必要はないかもしれません。 少額です。 しかし、 GMOコインとDMM Bitcoinの手数料が無料となっているのが注目できます。 GMOコインとDMM Bitcoinは、円の入出金も手数料無料ですからお得です。 ちなみに、ディーカレットの払出手数料は、ディーカレットの収入になるのではなく、マイナーと呼ばれる人々に支払う送金手数料になります。 ビットコインの現物取引(重要度:高) さて、ビットコインの現物取引手数料を比較しましょう。 現物取引とは、株式の現物取引と同じ意味です。 株式を100株買いたかったら、100株相当のお金を支払って、株式をもらいます。 ビットコインも同様です。 欲しい量のビットコインの金額を支払えば、そのビットコインは自分のものになります。 逆に、自分のビットコインを売って、お金を手に入れることもできます。 そこで、GMOコインとコインチェックの比較となります。 コインチェックが、Maker(メーカー)とTaker(テイカー)ともに手数料無料です。 素晴らしいです。 手数料無料のコインチェックよりも目立つのが、GMOコインです。 何と、 Maker手数料がマイナスになっています。 すなわち、取引すると手数料を「もらえます」。 今すぐに売買したいという場合は、コインチェックの手数料無料が魅力的です。 一方、指値で発注しておいて、注文が成立するのを待ってもいいよという場合は、GMOコインが有利です。 取引すれば、通常は手数料を支払うべきなのに、逆にもらえてしまうからです。 例えば、ビットコインを100万円で買って、100万円で売る…この取引でも資産が増えます。 1円も高く売っていないのに、です。 GMOコインとコインチェックの口座を作って、相場状況に応じて使い分ける戦略が考えられます。 GMOコイン公式サイト:• コインチェック公式サイト: ビットコイン現物取引手数料比較表(販売所の場合) 販売所 ビットコイン アルトコイン 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 販売所の場合、販売手数料はどこでも無料です。 ただし、買値と売値の差(スプレッド)は大きい傾向があります。 スプレッドが小さい取引を希望する場合は、取引所で売買しましょう。 なお、販売所の場合、まとまった数量でも提示された価格で売買できるというメリットがあります。 比較的大きな数量を売買したい場合は、販売所も選択肢に入れましょう。 スプレッドの具体例をご案内します。 買い:1,140,000円 売り:1,110,000円 この場合、ビットコインを買って即座に売ると、損してしまいます。 この損失額に相当するのが、スプレッドになります。 この差額は、販売所の収益源になります。 私たちとしては、 スプレッドは狭い方が有利です。 ビットコイン現物取引に最適な取引所 以上の考察から、ビットコインを現物で買うならば、以下の2取引所が有利だという結果になります。 GMOコイン公式サイト:• コインチェック公式サイト: FX取引等(レバレッジ取引)(重要度:高) さて、次にレバレッジを利かせた取引の手数料について比較しましょう。 現物取引は、ビットコインを買うのに必要な資金全額の準備が必要でした。 しかし、レバレッジを利かせた取引では、少額で大きな額の取引ができるのが特徴です。 なお、レバレッジを利かせた取引は一般にFXと言われることが多いと思います。 しかし、外国為替証拠金取引のFXとは少し性質が異なります。 ここではその説明は省略しまして、手数料を確認しましょう。 レバレッジを利かせた取引が可能な取引所・販売所では、いずれも売買手数料は無料となっています。 よって、 どこで取引しても、手数料の面で有利・不利はありません。 特徴的なのは、GMOコインです。 取引所でも販売所でもレバレッジを利かせた取引ができます。 GMOコインでは、レバレッジを利かせた取引を以下のように呼んでいます。 取引所の場合:レバレッジ取引 販売所の場合:仮想通貨FX 取引所と販売所の違いは何か?をおさらいしますと、「誰と取引するか?」です。 他の顧客と取引するか(取引所)、それともGMOコインと取引するか(販売所)です。 基本的な部分のルールはほぼ同じですので、お好みで取引場所を選べます。 GMOコインの取引所・販売所の具体的な考察は、別記事「」でご確認いただけます。 レバレッジ手数料比較 レバレッジを利かせた取引をする場合、定期的に手数料の支払が必要になります。 これを一般的に「レバレッジ手数料」と呼びます。 必要な手数料の大きさを比較しましょう。 1日当たりの大きさです。 取引所・販売所 買い 売り 0. ビットコインを長期間保有したい場合は、現物を買うほうがお得です。 現物を買うと、日々の費用は必要ありません。 レバレッジ取引をする理由 上の表の通り、レバレッジ取引では、現物取引とは異なる手数料が必要です。 では、なぜレバレッジ取引をするのでしょうか。 理由は2点でしょう。 自己資金よりも大きな金額で取引できる• 仮想通貨を持っていなくても、売りから取引できる 2番目の、売りから取引できるというメリットが大きいです。 というのは、現物の場合、価格の上昇で収益を狙います。 下落では収益になりません。 ところが、 レバレッジ取引なら、下落相場でも収益を狙えます(売りから始めて、価格が下落したところで買い戻し)。 この差はとても大きいです。 だから、レバレッジ取引をします。 レバレッジ手数料を支払わずに取引する方法 レバレッジ手数料を無料にする方法がありますので、ご案内します。 上の各社では、レバレッジ手数料が発生する時刻が決まっています。 ディーカレット:23時55分 GMOコイン:6時00分 DMM Bitcoin:7時00分 例えば、ディーカレットで取引しているとします。 午前8時にレバレッジ取引でビットコインを買いました。 その後、午後23時30分に売って取引を終了しました。 この場合、レバレッジ手数料は不要です。 午後23時55分時点で取引していないからです。 一方、午後23時50分に買って、翌日午前0時00分に売ったとしましょう。 この場合、わずか10分間の取引なのに、レバレッジ手数料が必要になってしまいます。 レバレッジ手数料はコストそのものです。 できることなら、支払いたくありません。 よって、 レバレッジ手数料が発生する時刻が重要になります。 上の表を見ますと、ディーカレットだけ時間が大きく異なることが分かります。 よって、 以下の組み合わせで口座を持つと、レバレッジ手数料を支払わずに短期売買を繰り返せます。

次の

暗号資産(仮想通貨)取引所おすすめ総合ランキング|みんなの仮想通貨

ビットコイン取引所 比較

「がよくわからない」という人は実は少なくない。 本記事では、金融庁からリリースされている「」を踏まえた上で、手数料/スプレッドのみならず、取扱仮想通貨や取引サービス、さらにはセキュリティー対策まで含め、様々な切り口で調査を実施している。 必要に応じて、ご自身の状況にあった仮想通貨取引所選びに活用して頂きたい。 また、万が一、仮想通貨(暗号資産)に関する何らかの詐欺・トラブル等に巻き込まれた場合に備え、金融庁から公表されているこちらのドキュメント「」や独立行政法人国民生活センターの公式HP内のこちらのページ「」に事前に目を通しておくことを推奨する。 際は、仮想通貨の仕組みや特徴について理解を深めた上で、下記の記載内容を判断材料の一つとして、自身にとって最適な取引所を決定することを推奨する(上記の5つの評価軸については、2019年1月に『』内で実施した仮想通貨投資家向けアンケート調査/2020年3月にCoinDesk Japanが独自に実施したオンライン調査の結果、導き出されたものである)。 参考:を利用すれば、価格下落局面においても、収益化の機会を得ることができるが、リスク管理の観点から、初心者の段階では、現物取引のみを行うことをおすすめする。 bitFlyer (ビットフライヤー) は、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られている。 CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されており、国内の仮想通貨取引所の中では、ナンバーワンの月間取引高を誇る。 スマホアプリが使いやすく、アプリ経由でFX取引を行うことも可能である。 創業者の加納裕三氏は、の代表理事を務めており、 グループ子会社のでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。 取扱通貨の種類 9種類 手数料 取引所:0. 01〜0. 001BTC/販売所:0. 00000001BTC スマホ対応 スマホアプリでビットコインFXも取引可能 セキュリティ を他社に先駆けて導入 coincheck (コインチェック) を運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。 2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:)に見舞われたが、東証一部上場のの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。 サービスの使いやすさに定評があり、2019年12月時点で、スマホアプリの累計ダウンロード数は270万を記録している。 取引手数料は無料。 国内では最多となる12通貨に対応しており、国内ではでしか取り扱っていないアルトコインも少なくない。 代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、の理事(非常勤)を務めている。 com証券を傘下に抱える合同会社DMM. comのグループ会社。 売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。 DMM. com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。 現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。 取扱仮想通貨 9種類 手数料 販売所:スプレッド 最低取引数量 0. 001BTC スマホ対応 注文・分析に優れたスマホアプリ セキュリティ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 GMOコイン を運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。 GMOコインでは、取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料となっており、売買コストの低さには定評がある、また、仮想通貨FXアプリ「」の使いやすさで初心者にも人気がある。 6年連続でFX取引高世界ナンバーワンを記録しているを通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。 取扱仮想通貨 7種類 手数料 取引所:-0. 0001BTC スマホ対応 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ セキュリティ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 TAOTAO(タオタオ) を運営するTaoTao株式会社は、国内を代表するIT企業の一角を占めるのグループ会社。 2020年2月29日時点で、口座管理料、取引手数料、入出金手数料、入出庫手数料がすべて無料となっている。 また、スプレッドが狭いことでも知られており、トレーダーを中心に人気の仮想通貨取引所である。 現物の取り扱いは、ビットコイン、イーサリアムのみとなっている点については、注意されたい。 0001BTC スマホ対応 現物とレバレッジ取引が可能 セキュリティ WAF(Web Application Firewall)を導入。 24時間365日のシステム監視体制 5ハッキング時の補償 5つ目のポイントは、「ハッキング時の補償」である。 仮想通貨取引所の中には、取引所がハッキングされた場合に、補償制度が設けられている取引所もある。 ただし、補償対象となるには、二段階認証が必須である等、いくつか注意すべきポイントがある。 0001BTC 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 3 8種類 取引所:0. 01〜0. 001BTC 販売所:0. 001BTC 注文・分析に優れたスマホアプリ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 3 9種類 取引所:0. 01〜0. 001BTC 販売所:0. 00000001BTC スマホアプリでビットコインFXも取引可能 マルチシグを他社に先駆けて導入 詳細については、こちらの記事「」を参照のこと。 0001BTC 現物とレバレッジ取引が可能 WAF(Web Application Firewall)を導入。 24時間365日のシステム監視体制 2 7種類 取引所:-0. 0001BTC 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 3 6種類 現物取引 0. 0001BTC 専用のスマホアプリが用意されている。 マルチシグ(複数人署名)によるコールドウォレットと、物理的・仮想的に分散された鍵管理システムによるホットウォレット管理体制を構築 詳細については、こちらの記事「」「」を参照のこと。 順位 取引所名 取扱通貨の種類 手数料 最低取引数量 スマホ対応 セキュリティ 1 7種類 取引所:-0. 0001BTC 現物とレバレッジ取引が可能 WAF(Web Application Firewall)を導入。 24時間365日のシステム監視体制 3 9種類 販売所:スプレッド 0. 001BTC 注文・分析に優れたスマホアプリ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 詳細については、こちらの記事「」を参照のこと。 順位 取引所名 取扱通貨の種類 手数料 最低取引数量 スマホ対応 セキュリティ 1 9種類 取引所:0. 01〜0. 001BTC 販売所:0. 0001BTC 現物とレバレッジ取引が可能 WAF(Web Application Firewall)を導入。 2020年1月29日現在において、取扱通貨の種類は5種類。 トレーディング上級者向けのツール「MT4」を搭載していることに特徴がある。 登録年月日: 平成29年9月29日 法人番号: 6011001109930 本店所在地: 東京都港区六本木3-2-1 代表電話番号: 03-6303-0314 取扱仮想通貨: BTC/BCH/ETH/XRP/LTC 取引所URL: 取引量で見たおすすめの仮想通貨取引所ランキング 取引量の切り口で見た仮想通貨取引所ランキングは下記の通り。 国内取引所ランキング 国内の仮想通貨取引所の取引高ランキングについては、こちらのページ「」を参照のこと。 ちなみに、2020年4月10日時点においては、国内では、bitFlyer(ビットフライヤー)、Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)、GMOコインがランキング上位を占めている。 海外取引所ランキング 海外の仮想通貨取引所の取引高ランキングについては、こちらのページ「」を参照のこと。 また、国内における直近の仮想通貨取引量については、のドキュメント「」必要に応じて、参照することを推奨する。 海外の仮想通貨取引所ランキング は、164の取引所を調査対象として、海外の仮想通貨取引所ランキングを作成している。 調査項目としては、法律面、情報提供、セキュリティ、チーム、投資監視、ネガティブレポート、市場の質などが挙げられている。 セキュリティとともに新たに追加されたネガティブレポートは、フラッシュクラッシュや異常な清算イベントなどの有無が対象となる。 ランキング:1-10位 順位 取引所名(前回順位)グレード 1位 Gemini(9位)AA 2位 itBit(6位)AA 3位 Coinbase(1位)AA 4位 Kraken(6位)A 5位 Bitstamp(3位)A 6位 Liquid(5位)A 7位 OKEx(14位)A 8位 Poloniex(2位)A 9位 bitFlyer(4位)A 10位 Luno(24位)A ランキング:11-20位 順位 取引所名(前回順位)グレード 11位 Bitfinex(15位)A 12位 Binance(8位)A 13位 coinfield(13位)B 14位 OKCoin(11位)B 15位 bitFleryEU(15位)B 16位 Cexio(23位)B 17位 ind. Reserve(20位)B 18位 HuobiGlobal(17位)B 19位 BitTrex(22位)B 20位 gopax(20位)B ランキング:21-30位 順位 取引所名(前回順位)グレード 21位 Bitso(34位)B 22位 HitBTC(60位)B 23位 CoinJar(32位)B 24位 Coincheck(18位)B 25位 BTCTurk(88位)B 26位 Coinone(27位)B 27位 Korbit(15位)B 28位 BTCMarkets(30位)B 29位 bitFlyerUS(29位)B 30位 ACX(35位)B アルトコイン取引所ランキング アルトコイン取引所ランキングについては、下記の通り。 リップル(XRP)取引所 リップル(XRP)を購入する上で、おすすめの取引所については、「」を参照のこと。 【参考】金融庁登録済:仮想通貨交換業者一覧 仮想通貨交換業者として金融庁から認可された取引所一覧を以下に記載する。 DMM Bitcoinは、アルトコインのレバレッジ取引を行うことができる点に特徴がある。 2020年1月26日時点において、レバレッジ取引に対応している仮想通貨は9種類である。 また、取引所毎に手数料/スプレッドや取扱通貨の種類も異なるため、いくつかの仮想通貨取引所の口座開設を行った上で、自分の投資スタイルに合う取引所を選ぶことをおすすめする。 各仮想通貨取引所の具体的な入金方法については、下記の通りである。 ビットフライヤー(bitFlyer)で入金する方法 ビットフライヤー(bitFlyer)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 コインチェック(Coincheck)で入金する方法 コインチェック(Coincheck)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)で入金する方法 DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 GMOコインで入金する方法 GMOコインで入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 仮想通貨投資で利益を得た場合にかかる税金 仮想通貨で利益を得た場合、税金を支払うことが義務付けられている。 ここでは、仮想通貨の税務上の取り扱いについて記載する。 仮想通貨と所得税 所得税の取り扱いについては、国税庁からのやによって、以前から税務上の取り扱いが公表されていたが、平成31年度税制改正を踏まえ、「所得区分は原則として雑所得であること」「取得価額の計算方法については、移動平均法または総平均法とすること」が明らかにされている。 また、所得の計算方法については、平成29年12月に国税庁から公表された「」において、詳細に記載されている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と法人税 法人税の取り扱いについては、により、法人税法上の取り扱いが明確化されており、これに従い、課税所得を算出し、実際の税額を計算することとなる。 具体的には、「法人が期末に保有する仮想通貨の評価方法については、活発な市場が存在する仮想通貨については、時価評価により評価損益を計上すること」「法人が仮想通貨の譲渡を行った場合の譲渡損益については、その譲渡に係る契約をした日の事業年度に計上すること」「仮想通貨の一単位当たり譲渡原価の算出方法については、移動平均法又は総平均法とすること」「法人が事業年度末に有する未決済の仮想通貨の信用取引等については、事業年度末に決済したものとみなして計算した損益相当額を計上すること」が明らかにされている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と消費税 消費税の取り扱いについては、によって、資金決済法上の仮想通貨の譲渡が行われた場合、支払い手段の譲渡として、2017年7月1日以後、非課税取引に該当することが明らかにされた。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と相続税 相続税・贈与税の取り扱いについては、2018年11月に国税庁より公表された「」の中で取り扱いが明確化されている。 具体的には、仮想通貨を相続や贈与により取得した場合には、相続税又は贈与税が課税されることが定められている。 また、評価方法については、活発な市場が存在する場合には、相続人等の納税義務者が取引を行っている仮想通貨交換業者が公表する課税時期における取引価格によって評価することが定められている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 一方、販売所では、運営会社がビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)を一般ユーザーに対して販売する。 取引所では、ユーザー間で売買できるため、仮想通貨をより安く購入できる場合が多い。 ただし、欲しい金額で売買できるとは限らない。 販売所では、運営会社が手数料を上乗せしているため、取引所よりも購入価格が割高になっている場合が多い。 しかし、販売所の場合、価格水準がわかりやすく、より確実に購入できるといったメリットがある。 初心者にとっては、仮想通貨販売所の方が手軽に取引を開始できる可能性がある。 取引所の破綻にはどのように備えるべきか? 仮想通貨交換業者は、システムのセキュリティを強化するために、2段階認証や仮想通貨(暗号資産)の送付アドレスに複数の暗号鍵を必要とするマルチ・シグネチャなどを採用している。 また、2017年4月に仮想通貨(暗号資産)の利用者保護を目的として、仮想通貨交換業者は金融庁への登録が義務付けられるようになっており、仮想通貨取引所のセキュリティ体制はより一層強化されつつある。 ただし、仮想通貨に限らず、現代社会においては、ハッキングの可能性をゼロとすることは基本的には不可能である。 仮想通貨を保管する場合は、取引所内のウォレットに保管するのではなく、コールドウォレットを用意し、オフラインで保管することを推奨する。 海外の仮想通貨取引所は利用可能なのか? 仮想通貨(暗号資産)の取引によって利益を得た場合、納税の義務が発生する。 課税所得の区分は「雑所得」となり、課税方式は、「総合課税(累進課税)」となる。 仮想通貨(暗号資産)の取引で得た利益を含む「雑所得」が20万円以上である場合、確定申告が必要となる。 仮想通貨(暗号資産)による売買益の課税の仕組みや納税方法については、以下の記事を参照のこと。 ここでは、仮想通貨取引所選びを行う上で、特に有益と思われるアンケート結果を一部抜粋してお伝えする。 ・対象:30,979人の中から仮想通貨を認知している方を抽出 ・実施時期:2019年1月 ・調査手法:インターネット上におけるアンケート調査 ・有効回答数:2,166人 知っている仮想通貨 「仮想通貨の中で知っている銘柄は何ですか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「ビットコイン」と回答した割合が95. 仮想通貨を保有しようと思った理由 「仮想通貨を保有しようと思った理由は何ですか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「投機目的」と回答した割合が60. 知っている仮想通貨取引所 「知っている仮想通貨取引所の名前を具体的に教えてください」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「コインチェック」と回答した割合が50. 利用している仮想通貨取引所 「具体的にどの仮想通貨取引所に口座を開設していますか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「bitFlyer」と回答した割合が45. 仮想通貨取引所を選ぶ際に重視する基準 「仮想通貨取引所を選ぶ際に重視する基準は何ですか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「サービスの使いやすさ」と回答した割合が47. 【参考】仮想通貨を購入した後は、自身で用意したウォレットで保管 した後は、ハッキングリスクを抑えるために、自身のウォレット内で仮想通貨を保管することを推奨する。 ウォレットの種類としては、ウェブウォレット、モバイルウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットなどが存在するが、利便性とセキュリティの高さの観点から、ハードウェアウォレットで保管することを心掛けたい。 主なウォレットの種類については、下記の通り。 ウェブウォレット ウェブウォレットとは、サービス提供者のサーバー内で仮想通貨を管理するタイプのウォレットのことを指す。 利便性の高さが特徴であり、インターネットがつながる環境下であれば、いつでもアクセスすることができる。 その一方で、セキュリティ面については、サービス提供者に依存することになる点には注意が必要である。 モバイルウォレット モバイルウォレットとは、iPhoneやAndroid上のアプリとして動作するタイプのウォレットのことを指す。 QRコードが利用できる点や持ち運びができる点が特徴であり、実際の店舗で利用する場合は、最も利便性が高いウォレットの一つであると言える。 一般的には、ウェブウォレットよりも安全性が高いと言われている。 デスクトップウォレット デスクトップウォレットとは、自身のPC上にインストールし、ローカル環境で管理するタイプのウォレットのことを指す。 ウェブウォレットよりもセキュリティ面で優れていることが利点として挙げられる。 ハードウェアウォレット ハードウェアウォレットとは、専用のハードウェア端末に仮想通貨を保管するタイプのウォレットのことを指す。 オフライン環境下で保存することは可能であり、セキュリティ面で優れていることが利点として挙げられる。 ただし、ハードウェアウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。 ペーパーウォレット パーパーウォレットとは、秘密鍵や秘密鍵を復元するためのパスワードを紙などの物理媒体に転記し、保存するタイプのウォレットのことを指す。 ハードウェアウォレットと同様、オフライン環境下で保存することが可能であり、非常に高いセキュリティ性能を誇る。 ただし、ペーパーウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。 仮想通貨/暗号資産は、日本円や米ドル等のように、国家がその価値を保証している「法定通貨」ではなく、インターネット上でやりとりされる「財産的価値」として、以下の性質を持つものと定義されている。 (1)不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米ドル等)と相互に交換できる (2)電子的に記録され、移転することができる (3)法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない• 仮想通貨/暗号資産は、価格の変動性が高く、価格が急落することで、保有者が損失を被る可能性がある• 仮想通貨取引所(交換業者)は、金融庁・財務局への登録が必要であり、利用する際は、登録を受けた事業者であるか否かを金融庁・財務局のホームページで確認することを推奨する• 仮想通貨/暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか否かを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク/サイバーセキュリティリスク等)について、サービス事業者から説明を受け、十分に理解した上で取引を行うことを推奨する• CoinDesk Japanが、これらの仮想通貨/暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではない。 また、仮想通貨/暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではない。 仮想通貨/暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点に留意することを推奨する。

次の