アイコス マルチ リセット。 アイコス3とマルチはすぐ故障する?故障した時の対処法まとめ

【動画で解説】アイコス3マルチが充電できなくなった時の解決方法まとめ!

アイコス マルチ リセット

Contents• 外装はこんな箱 アイコス3 マルチの外装はゴールド色したキャップを外すとこのようにシンプルな箱になっています。 アイコス3とほぼ一緒ですね。 シンプルでありながら高級感をかんじさせるデザインになっています。 それでは中を見てみましょう。 箱を開けてみる 箱を開けるとアイコス3 マルチの本体が出てきました。 従来のアイコスであれば、チャージャーの中にホルダーが収納されていて、ホルダーを充電しながら吸うといった感じでしたが、アイコス3 マルチはチャージャーとホルダーが一体型になったと思って頂けると分かりやすいのではないかと思います。 写真に出ている本体にヒートスティックを差し込んで吸います。 そして、充電がなくなると直接本体を充電していきます。 gloを知っている方であれば、gloのアイコス版と思って頂ければ分かるかと思います。 もう一段開いてみる もう一段開いてみると、クリーナーと綿棒の掃除用品セットが入っています。 クリーナーは従来のアイコスですとブラシが付いていて掃除しても全然キレイにならないので、つまようじを使用して掃除をしていましたが、アイコス3 マルチのクリーナーはブレード状になっておりますので、焦げを掻き取ってくれます。 以前のアイコスクリーナーと比較すると断然進歩していることがわかります。 更に開けてみる クリーナーが入っているところを取り外し、更に下側には、ACアダプタとUSBケーブルが入っています。 これはアイコス3 マルチの本体を充電するための充電用ケーブルになります。 ACアダプタをコンセントに差し込み、反対側にはUSBポートがありますのでケーブルのUSBを差し込みます。 反対側はTYPE-Cのコネクタになっていますので、これを本体に差し込めば充電されます。 従来のアイコスですと、マイクロUSBになっていたため、差し込みの向きを気にしなければなりませんでしたが、TYPE-Cに変更されていますので、アダプターの向きを気にすることなく本体に差し込むことができるようになりました。 最近のアンドロイドスマホもTYPE-Cに切り替わってきてます。 スマホ以外にもUSBを使用するデバイスであれば最近のものはTYPE-Cに切り替わってきていますので、今後はどこでも充電ができそうですね。 アイコス3 マルチ本体• クリーナー• ACアダプタ• TYPE-C充電ケーブル• 取扱説明書 アイコス3 マルチ本体を見てみる アイコス3 マルチは今までのアイコスとは違い、チャージャーとホルダーが一体型の形状をしています。 今までアイコスを使用していた人であればホルダーが少し大きくなったという感じです。 おれでは本体がどのようになっているのかを見ていきましょう。 ヒートスティック差込部にカバー ヒートスティックの差し込み部分はスライド式のカバーが付いています。 このカバーをずらしてヒートスティックを差し込むようになっています。 カバーは写真のようにスライドして開くようになっています。 そして、ちょっとした衝撃で自然に戻る構造になっていますので気がついたら蓋がしまっています。 この中にヒーターが入っていて起動ボタンを押すことでヒートスティックに加熱していきます。 キャップを外してみる 本体のキャップを外すとこのようになっています。 アイコスと同様のブレードヒーターが内蔵されていてここで加熱されます。 蓋はどうゆう構造になっているのか分かりませんが半開きにしていると自然に戻っていきます。 バネが入っている形跡もありませんので、おそらく磁力で自然に戻るようになっているのではないでしょうか。 充電は底面から 底面はこのようになっていて、TYPE-C用のUSBポートがあります。 TYPE-Cのコネクタなので向きを気にすることなく差込が行えますので、従来のアイコスよりも使い勝手が良くなっています。 実際にUSBに差し込んで充電してみます。 上側にランプがついてますので、ランプが点灯しますので充電していることがひと目で分かるようになっています。 アイコス3 マルチのここが良い アイコス3 マルチはホルダーとチャージャーが一体化しています。 これにより多くのメリットがあります。 軽量でコンパクト• 連続で10本吸える• オシャレなデザイン これらが最大のポイントになります。 先ず、軽量という点では、本体が僅か50gしかありません。 持っていても重たいという感覚はありませんので連続吸いでも抵抗なく吸うことができます。 ポケットやカバンなどに収納も容易にできますので持っていても場所をとることはありません。 そして、最大のメリットは連続吸いができるという点です。 従来のアイコスですと1本吸うごとにホルダーの充電で3~4分の待ち時間がありましたが、アイコス3 マルチは吸い終わってからまた直ぐに吸うことができます。 ホルダーの充電にストレスを感じている人であれば、アイコス3 マルチが良いのではないでしょうか。 最後に、デザインがオシャレという点です。 スリムなボディにボタンが1つしか付いてませんのでとてもシンプルでスタイリッシュなデザインになっています。 持っているだけで注目を浴びてしまうデザインですね。 アイコス3 マルチまとめ アイコス3 マルチのレビューをしました。 アイコス3とアイコス3 マルチで購入を迷っている人もいるかと思います。 選ぶポイントとしては、ホルダーの充電時間が気になる人はアイコス3 マルチが断然おすすめです。 しかし、充電が切れるのも早いので外出が多い人には不向きかもしれません。 そんな場合は、モバイルバッテリーをセットで持ち歩くのが良いかもしれません。 参照 連続吸いを余り行わない人はアイコス3を購入するのがおすすめです。

次の

【悲報】新型アイコス IQOS 3 MULTI(マルチ)は故障しやすい!?

アイコス マルチ リセット

iQOS製品のリセット方法 iQOS:クリーニングボタンと電源ボタンを同時に約3秒押します。 iQOS2. 4:リセットボタンと電源ボタンの同時押しです。 この方法だけで使用時間が短いエラーが直ってしまう事もあるようですが、私の場合はエラー現象は直りませんでした。 空焚きしてみる 次に、 ヒートスティックを使わずに空焚きをしてみます。 これでもしも約6分もった場合には、 アイコスホルダーの異常ではなく別の原因で吸い時間が短くなっている事がわかります。 この時にタイマーを用意して空焚き実験を行ったのですが、本当に約6分間緑の点灯ができていたので、ホルダーの故障ではない可能性が大きくなりました。 もしもこの時に 6分もたなかった場合には故障や寿命が原因と考えられるのでコールセンターに連絡しましょう。 アイコスホルダーを掃除してみる 次にアイコスホルダーの掃除をしてみます。 まずはブレードについた汚れを落とします。 こちらもiQOSとiQOS2. 4で操作方法が若干違うので確認して下さい。 iQOS製品のブレードクリーニング方法 iQOS:クリーニングボタンの長押し iQOS2. 4:クリーニング機能なし iQOS2. 4のホルダーはクリーニング不要のコーティングがあるので、加熱クリーニングはそもそも存在しないようです。 今回検証のホルダーは旧型なので クリーニングを2回繰り返し行なって、残ったゴミを焼き切りました。 私は純正品の清掃具が手元になかったので、極細の綿棒を利用して細かい部分の掃除に利用しました。 アイコスキャップを掃除してみる 実はとても重要なのが アイコスキャップの掃除です。 アイコスは構造上、キャップの隙間から空気を取り入れていますが、汚れで目詰まりすると十分な空気が供給されません。 すると、高温エラーが原因になってしまうので「6分もたない」や「14回吸えない」という現象が起きてしまいます。 キャップ部分のみは水洗いできるので、チマチマ掃除をせずに思い切り洗ってしまいましょう。 ヒートスティックを深く挿しすぎている 次に、アイコスにヒートスティックを深く挿しすぎている場合も、キャップの理論と同じで空気の通りが制限される可能性があります。 特にヒートスティックは個体差が大きく、買う時期や店舗で タバコ葉の詰まり具合が変わる事もあります。 タバコ葉の密度が高いヒートスティックを深く挿してしまうとすぐに高温になってしまうので、高温エラーになりやすくなります。 私の場合はここまでの対処方法で正常動作させる事ができました! 吸い方を改善する 最後にカスタマーセンターから指摘されたのは、 アイコスの吸い方が強すぎる可能性があるという事です。 これは、急激な温度上昇になってしまうことで通常の吸引カウント前に終了してしまう事があるといった内容でした。 たしかにアイコスに慣れた頃から挿す時も深めで吸引も無意識に強くなってきていたと思うので、どうしても改善しない場合には 少しだけ意識してゆっくり吸ってみると良いかもしれません。 アイコスを長期的に使っていて気付いたのは、気候にも大きく左右される精密機械だという事です。 冬は寒さで異常終了する事もありますし、夏場では高温で異常終了する事もあります。 つまり、アイコスは温度に敏感だという事です。 ここまでやってもダメな場合 残念ですが、アイコスは消耗品なので、寿命の可能性が高いです。 自力で直す事はもう不可能なのでコールセンターに連絡しましょう。 アイコスの保証期間内ならば交換してもらえる可能性が高いので、アイコスホルダーに記載されている型番などの情報を用意してから連絡すると良いかもしれません。 アイコス故障修理中がきっかけで禁煙をする 私は禁煙に向けて先日からiQOSから ニコチンゼロ・タールゼロの禁煙具を併用しているのですが、アイコスの出番が減ったせいで 汚れが定着する速度が早まってしまったと考えています。 吸った直後の方が汚れは落ちやすいですので、放置期間が長くなるとアイコスホルダーのブレードにとってはダメージも大きいと思います。

次の

iQOS(アイコス)のリセットで故障が直る可能性について

アイコス マルチ リセット

左から「アイコス2. 4プラス」、「アイコス3」、「アイコス3マルチ」の画像 旧型アイコス、いわゆる「アイコス2. 4プラス」は故障しやすい機体でした。 例えば、充電ができなくなったりすることはままあって、爪折れのために蓋が閉められない・・なんてことも多発。 結構困った方多いと思います。 では、新型アイコスはどうなのか? ずばり、アイコス3もアイコス3マルチも故障、正確に言うと「吸えなくなる」ことがあります。 アイコス3・マルチの故障の原因4選 大きく原因として考えられる4つの原因を見ていきましょう。 【1】アイコスホルダーの加熱ブレード折れ 現在、もしかしたら一番多い、交換必須な故障かもしれません。 アイコス公式ホームページでもこの点については言及されており、新旧アイコスで発生している故障です。 アイコス3マルチの白点滅事例 アイコス3マルチは本体のステータスライトが、2回白く点滅したら温度が原因の故障です。 双方ともに、解決方法は後述しています。 【4】充電器が壊れて充電できない アイコス3とマルチあるあるが、「充電器が壊れてしまった!」というもの。 充電器が壊れるともれなく吸えなくなるわけですが、この問題、新型アイコスの方がシビアです。 新型アイコスは「アイコス3」も「アイコス3マルチ」も充電規格が変更されています。 もともとは「USBポート」でしたが、 「Type-Cポート」となりました。 MacbookやSwitchなども、このポート規格が利用されており、今後充電規格のスタンダードになる可能性のあるものです。 それは良いことなんですが、困ったことがあります。 それは、 他の電子機器と併用がしずらいということ。 例えば、スマホがAndroidの方は、これまでのアイコス2. 4プラスでは、スマホとアイコスを同じ充電器で充電していたかもしれません。 が、Type-C充電になっているスマホはまだ少ないです。 なので併用が難しいので、 もしアイコス3の充電器が壊れるとめちゃくちゃ困ることになる方が多いです。 アイコス3マルチのリセット(再起動)方法 マルチも同じく、充電ボタンを10秒程度長押しして再起動します。 ちなみに、このリセットはBluetooth接続の調子が悪い時にも使えたりする便利な機能です。 覚えておきましょう! 【2】アイコスを掃除する アイコスの掃除(クリーニング)を怠っていると、故障の原因になります。 例えば電源接触が悪くなったり、熱伝導がうまくいかなくなることも。 利用するならしっかり定期メンテナンスしましょう。 【3】アイコスを温める 例えば、 あまりに寒い時、アイコスを温めるとアイコスが使えるようになることがあります。 以外と冬の早朝は、朝暖房をつけて少し経ったら使えるようになった なんてことが結構あります。 【4】アイコスを冷やす 例えば、あまりに暑いとき、アイコスを冷やすと利用可能になることがあります。 真夏の炎天下にアイコスを置いておくとこの不具合になりがち。 車の中の冷房に当てると使えるようになる なんてこともあるので、やりすぎは注意ですがこういった方法もあります。 【5】時を待つ 3、4の方法に近しいのですが、温度の影響や他の充電影響でも、少し時間が経つのを待つと利用できるようになることがあります。 数時間待ってだめならどうしようもないのですが、焦らない気持ちも時には重要かもしれません。 アイコスサポートで新品と交換する 2018年以降購入したアイコスは、を行っていれば自動で「IQOS CARE PLUS」というものに加入されます。 このサポートプログラム、かなり手厚いもので例えば以下のような特典があります。 安心の1年間品質保証• 自損でも無償で交換• 24時間サポート• もしもの故障に最速対応• 24時間いつでも製品診断• 24時間以内の送料無料交換 仮に自損だったとして、新品のアイコスと無料で交換してもらえるんです。 けっこうすごい。 しかもたいていは24時間以内に対応してもらえるので、すぐに再利用が可能になります。 問い合わせ方法はチャットや電話など複数あり、以下から自身にあった方法で問い合わせてみましょう。 注意:本体は一度だけ交換可能 ただし、非常に良いサポートなのですが注意があります。 それは、 一度だけの無償交換しか対応していないということです。 でも以下のとおり説明されています。 4 PLUSホルダー・チャージャー各1回まで。 IQOS 3 MULTIは1回まで。

次の