医薬品個人輸入代行 比較。 AGA薬の個人輸入代行の危険性は「オオサカ堂」が証明している!

AGA薬の個人輸入代行の危険性は「オオサカ堂」が証明している!

医薬品個人輸入代行 比較

医薬品の個人輸入代行・オススメ業者BEST4 効果が高く評判になっている 海外の医薬品を、通販感覚で購入できるのが薬の個人輸入代行です。 海外の医薬品は、個人で購入して自分で使う範囲なら輸入が許可されています。 購入の際に、輸入に関する難しい手続きを代行してくれるのが 個人輸入代行業者の存在。 でも、海外の商品を購入するとなると「 ちゃんと商品が届くの?」 「メーカー正規品の本物が届くの?」といった不安を感じると思います。 そこで、トラブルが起きにくい 信頼できる業者を集めてみました。 まずは、今回リサーチしたなかでも 特に注目したい4サイトを選んで、ランキング形式で紹介します。 ぜひチェックしてみてください。 1位/T. P(トップ) 総合オススメ度 こんな薬を買いたい人にオススメ ・ダイエット薬 ・ホルモン剤 ・性感染症治療薬(抗生物質) ・ピル、避妊薬 ・抗不安薬 ・育毛、薄毛対策薬 サイトの特徴 ・正規品保証 ・送料無料 ・コンビニ後払いが可能 ・日本語電話サポートあり ・会員登録で500ポイントもらえる ・会員ランクシステムによるポイントサービス ・週末ポイントアップ、新商品割引セールなどを開催 ・安心梱包(郵便局留めも可能) ・荷物追跡ができる 薬の個人輸入のメリット 薬の個人輸入は非常に魅力的ではありますが、メリットとデメリットについてチェックしてみましょう。 まずはメリットについてご紹介します。 医師の診察を受けることなく薬が買える 一般的に病院で薬をもらおうと思った場合、医師に病状を診察してもらわなければなりません。 そのため、仕事が忙しくてなかなか時間の都合がつかない方などからすれば、病院に行くのを手間に感じてしまうこともあるでしょう。 しかし、個人輸入であればインターネットを通して自分で薬を注文することができます。 日本で取り扱っていない薬が手に入る 日本のドラッグストアや薬局で販売されている薬はたくさんありますが、薬の中にはまだ日本では発売されていないようなものもあります。 個人輸入であればそういった薬も手に入りやすいのが大きなメリットです。 薬の中には海外では高い評価がされているものの、日本では取り扱っていないものもありますよね。 そういったものも、いち早く手に入れられるので、自分や家族の病気に効果的とされている薬を個人輸入する方も多いです。 円高だと料金が安くなる 海外から商品を購入するということは、円高が狙い目ということでもあります。 円高の時にうまく目的の薬を購入できれば通常時期よりもかなり安くなるでしょう。 薬の個人輸入のデメリット 続いてデメリットについてご紹介します。 実際に個人輸入を検討している方は必ずこちらも確認しておきましょう。 飲み合わせに問題があっても気づきにくい そもそも、なぜ薬は医師の診察を受けてからでなければ処方してもらえないのかというと、適当に使用すると命の危険性が考えられる薬もあるからです。 例えば、飲み合わせの問題等もありますよね。 自分が飲んでいる薬、飲もうと思っている薬の中には組み合わせて飲んではいけないものもあるかもしれません。 医師の診察を受けて処方してもらえれば、こういった間違いをすることはほとんどありません。 しかし、個人輸入で薬の購入を行った場合、わかりにくいという点がデメリットです。 思わぬ副作用や効果が出ることがある そもそも海外で作られた薬というのは、海外に住んでいる方、暮らしている方を対象としている可能性が高いです。 その薬の効果や安全性についても現地の方で治験などを行い、研究しているものばかりです。 そういった薬の中には日本人の体質と相性が悪く、思わぬ副作用や効果が出るものもあります。 説明書がわかりにくい 英語などが得意な方であれば問題ないかもしれませんが、海外で作られた薬は日本語が掲載されていないため、自分で調べなければなりません。 いつどのタイミングでどれくらい飲むのかさえわからないということになると大変ですよね。 自己責任になる 病院で医師に処方してもらった薬とは違い、個人輸入した薬は全面的に自己責任で服用することになります。 何かトラブルが発生したときに誰かに責任を問えないので、このあたりはデメリットだといえるでしょう。 輸入に関するデメリットを抑えるためには? 完璧に個人輸入をするのではなく、輸入代行会社を通してやりとりするのがポイントです。 特に英語や外国語がわからない方の場合、すべて自分で行うのは非常に難しいことなので、信頼できる輸入代行業者を選択しましょう。 輸入代行業者を通して薬の購入を行えば何かトラブルがあった時にもサポートしてもらいやすいだけでなく、セールの情報などもチェックできます。 自分1人だけで個人輸入を行おうと思った場合、トラブルが起きた際に相談できる人が限られてきますよね。 下手をすると料金だけをだまし取られ、大損することになるかもしれません。 間に専門の業者に入ってもらえればこういったリスクも低くなります。 個人輸入代行をする時の注意点 個人輸入代行で購入する際にはいくつか気を付けておかなければならないことがあります。 これを理解しないままに適当に取引を開始すると思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあるので気をつけましょう。 安全性について 特に気を付けなければならないのが安全性に関する問題です。 輸入代行サイトの中には、商品の説明がかなり省略されているものも少なくありません。 中には考えられるデメリットやリスクについてあえて隠して商品情報を掲載するようなところもあるのです。 気になる商品があった場合、輸入代行サイトの説明のみを鵜呑みにしてしまうのではなく、自分自身でもその商品について調べるようにしましょう。 劣化品の可能性 気になる商品を見つけ、商品情報について十分に調べた。 これでもう間違いない!と思って購入したものの、届いた商品が劣化品だった…というケースもあります。 これは残念ながら実際に届いてみなければわからないポイントだともいえるでしょう。 重要なのは、信頼できるサイトから購入することです。 正規品だったとしても劣悪な環境で保管されていたり、製造されてから何年も経つようなアイテムはどうしても品質が悪化します。 これに気づかずに取り入れてしまうと思わぬ副作用につながる可能性もあるので十分に気を付けておきましょう。 個人輸入で購入できる個数は? 購入しようと思っている商品が医薬品、医薬部外品、化粧品だった場合、個人で使用する目的に限り輸入が可能です。 しかし、上限なくいくらでも輸入していいわけではないのです。 それぞれの輸入可能量については詳しく規定があります。 例えば、医薬品や医薬部外品の場合、毒薬、劇薬、処方せん薬に該当するものは基本的な用量で使った場合に1ヶ月以内で使いきれる量でなければ個人輸入はできません。 上記に該当しない医薬品又は医薬部外品と医療用具についてはこちらも基本的な用量で使った場合に2ヶ月以内で使いきれることが条件です。 例えば、サプリメント類や育毛剤、除毛剤、肌荒れの防止薬、使い捨てコンタクトレンズなどもこちらに該当します。 他にも外用薬であれば標準的なサイズで1品目24個以内と定められているのです。 もしもこれ以上の量を個人輸入しようと思った場合、税関で商品を没収される可能性もあります。 購入した医薬品の販売・譲渡はNG 個人輸入で購入する医薬品類はあくまで自分自身で使用する目的での購入に限って認められています。 「この医薬品はかなり効果が高いけれど日本では販売されていないらしいから転売すれば高く売れるはず…」と軽い気持ちで売ってしまったりすると違反行為になるのです。 これは友だちなどに譲渡した場合も同じことが言えるので注意してくださいね。 例えば、自分と同じ肌のトラブルを抱えている人に対し、個人輸入で購入して効果があった商品を「これ良かったら使ってみなよ」と安易に渡すようなことがないように気を付けなければなりません。 販売・譲渡がNGなのは友人に限った話ではありません。 本人以外はすべてNGとなるので、家族や親族に対して販売・譲渡することもできません。 ここで気を付けなければならないのが、使用する本人が購入者でなければならないということ。 例えば、インターネットの使い方がよくわからない知り合いから代わりに購入してくれと頼まれ、自分名義で購入したものが届いてから知り合いに渡したというものもNGです。 ここからもわかる通り、男性名義だと女性用ピルの購入はできませんし、女性名義ではED治療薬の購入ができません。 こういったことを行った場合、営利目的と判断されて没収の対象になります。 せっかく購入しても税関で没収されてしまうので気をつけましょう。

次の

お薬通販比較.com|みんなの口コミ・人気ランキング|医薬品個人輸入代行サイトのまとめ

医薬品個人輸入代行 比較

このランキングサイトは需要のある医薬品のカテゴリをメインに個人輸入代行サイトをランク付けしました。 そして今回の一番重要な判断基準は下記の項目です。 薬機法(旧薬事法)を守っているか?またはコンプライアンス精神があるか?• 適正価格か? 人によっては、配送やサポート、支払方法、ポイント等を重要な判断基準と考える方も居るかもしれませんが、医薬品は健康被害に直結する問題も秘めていることから一番重要視するファクターは上記の通りだと思ってます。 日本の薬機法(旧薬事法)68条では、未承認医薬品の広告を禁じています。 不特定多数の方に未承認薬の輸入の「希望を募る」行為は禁じられています。 「受動的な第三者」としての営業のみ可能です。 となっています。 つまり多数の医薬品をサイト上でオープンに見せることは薬機法に違反しています。 このことから、海外法人のサイトの多くは違反しており、販売色の強いショッピングサイト構成になっています。 これは、販売する事、金もうけする事に重点をおき、企業コンプライアンスが欠落しており、企業の精神、モラルを疑います。 その様なモラルの無い企業がサイトの表面上、お得なサービスや安心保障を謳っていても私達日本人には何の説得力も無く信憑性がありません。 恐らく本当にトラブルが起きた時には保証は勿論、誠意も無い対応をするのではないでしょうか? 今、国内ではレジットスクリプトというアメリカの検証及び監視機関が国内の薬機法を違反している海外法人サイトの取締を行っており、注意勧告を促しサイトの閉鎖に追い込む様に活動している様です。 これらのことから、個人輸入代行をお願いするサイトも安全で法を遵守するコンプライアンス精神のあるところに依頼をするべきではないでしょうか。

次の

【元薬剤師が語るお薬通販まとめ】ベストな個人輸入代行サイトはココだ!

医薬品個人輸入代行 比較

少し前に書きかけたままお蔵入りになっていた記事を見つけたので、せっかくだし公開します。 以前ウチのイシガメが肺炎にかかり動物病院に通院していた事がありました。 でもはっきり言って爬虫類を本当にきちんと治療できる病院なんてほんの一握りしか無くて、私の通っていたところはその一握りではありませんでした。 そこでひとつの治療法として、薬を入手して投与することを考えました。 現在ではインターネットの発達により、亀に限らず犬や猫など色々なペット用の薬を入手することができます。 今回はその際に利用することになる、 個人輸入代行業者を比較してみます。 紹介しておいてなんですが、やっぱり一番いいのは信頼できる獣医師を見つけることです。 しかし爬虫類に関しては、よほど権威のある先生でないと信頼出来ないとされているのが難しいところですね…。 この記事の目次• ペット医薬品購入までの経緯 ウチで飼っているカメが病気になってしまって以来、動物病院に何度も連れていったりとかなり手は尽くしたのですが、やはりカメのことをしっかりと治療してくれる獣医さんというのは少なく、あまり効果を実感できない日々が続いていました。 しかし処方してもらえる薬には信頼感があり、動物病院に行かずに薬だけもらえれば十分と考えるようになりました。 そう考えて色々と調べた結果、動物病院に行かなくても薬を入手できる方法を見つけたので紹介します。 あくまで最後の手段といった認識で、できる限り信頼できる獣医師を見つけ出して動物病院に行くことをお勧めします。 購入する薬を決める まずは何という薬を購入するか決めなければいけませんが、ここが一番難しいかもしれません。 薬には副作用もありますし、容量・用法を守って適切な投与を行う必要があります。 完全に自分で判断して薬を決めるのは大きなリスクを伴います。 私の場合はまず動物病院に行って薬をもらって上で、追加購入を通信販売で行ったという感じですし、獣医師の判断を仰ぐためにもまずは動物病院で適切な薬を処方してもらうのが最善かと思います。 亀くらいメジャーなペットになると、一応ネットで調べれば病気とその治療薬の情報はあります。 第一線で活躍しているようなブリーダーであれば獣医師よりもカメについての知識がある可能性もありますし、参考になるかもしれません。 以下のページではかなり詳細な情報が紹介されています。 メインはリクガメについて書いてありますが、水棲・半水棲のカメについても参考になる部分はかなり多くあります。 また、犬や猫などさらにメジャーなペットについては以下のサイトで病気とそれに対する薬、その効果・副作などについて説明されています。 今回購入する薬 今回私は アスゾール錠250mgという薬を購入したので、それを例に薬を購入する方法を紹介していきます。 この薬は幅広い動物の寄生虫の除去に主に使われていて、主成分はメトロニダゾール、フラジールもほぼ同じ薬です。 今回はカメの呼吸器感染症(肺炎)の治療に使います。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 薬の通信販売 薬の個人輸入 ここで紹介しているような薬は薬局などでは取り扱っておらず、普通は動物病院などを経由しなければ入手することはできません。 しかし、薬事法では個人が自分で使用する目的であれば、いくつか条件はあるものの医薬品の輸入が可能になっています。 これを利用し、海外から薬を 個人輸入することにより入手することができます。 一般の個人が自分で使用するために輸入 いわゆる個人輸入 する場合 海外から持ち帰る場合を含む。 には、原則として、地方厚生局 厚生労働省の地方支分部局 に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。 ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。 私が亀の肺炎用の薬を購入した時に利用した個人輸入代行業者です。 数ある個人輸入代行業者からここを選んだ理由は、 日本製の医薬品を一度海外へ輸出し、それを輸入しなおすということができるからです。 動物病院で処方された薬が日本製の場合には、他のサイトは海外製のものしか扱っていないので購入することができませんが、ここでなら購入できます。 薬でもやはり日本製は品質が高く安心できますし、選択肢にはなる業者だと思います。 ただし値段は高め、薬が届くのも遅めです。 病気・薬についての正しい知識が必要 ペットの医薬品の個人輸入代行業者を3つ紹介しましたが、どこの業者を利用するかよりも、ペットはどんな病気にかかっていてどんな薬をどの程度与えなければいけないのかを正しく把握することのほうがよっぽど重要です。 誤った知識によって間違った治療をすることは、百害あって一利なしです。 そして素人が正しい判断を下すのはとても難しいことです。 せめて1度は動物病院に行って、獣医師の話を聞いてみるのが良いと思います。 爬虫類など獣医師も頼りにならない時には、本などを使って病気について調べると何か有益な情報があるかもしれません。 亀ならば、カメの家庭医学という本がオススメです。 結構高い本なので私も書店でチラッと中を除いたことぐらいしかありませんが、亀の病気について多くの写真も交えながらとても詳しく説明してあります。 亀の病気について知りたいことがあればまずこの本を読むのが良いと思います。 和書ではこれが一番オススメですが、洋書にはもっと詳しい本もあるかもしれないので、必要に応じて洋書も探してみることをおすすめします。 ペット保険も選択肢に この記事の内容とは少し趣旨が異なりますが、ペットに万一の事が起こるのに備えて、ペット保険に加入しておくことも良いかもしれません。 備えがあるだけで、いざというときに慌てず落ち着いて行動できます。 犬や猫だけでなく亀、イグアナ、鳥など結構多くの生き物に対応したペット保険があるようです。 ペット保険に加入する際は、かかりつけの動物病院も決めておくのが良いかもしれません。

次の