軽減 税率 デリバリー。 ケータリング・出前などの食事提供は軽減税率の対象になる?

軽減税率で宅配サービスが変わる|軽減税率かんたんガイド|電子レジスター|カシオ計算機株式会社

軽減 税率 デリバリー

みなさまこんにちは。 節約アドバイザーの丸山晴美です。 お金にはトレンドがあって、その情報をキャッチできるか否かで、得する人と損する人に分かれます。 でも経済に関するお金の情報は、ちょっと難しいですよね。 今回のテーマは「デリバリー」! 食料品の消費税は軽減税率で10%と8%の2種類になる 19年10月から消費税が10%に上がりますが、一部商品は例外的に消費税8%のまま据え置かれる、というのをご存じですか? これは軽減税率といって、今回の消費税率改正の最大のポイントです。 低所得者の負担が重くなりすぎないように、飲食料品を中心とした「生活に最低限必要なものの税率は8%のまま据え置く」という考えなのです。 軽減税率の対象となるのは、「酒類・外食を除く飲食料品」と「週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)」です。 ここで注意したいのが「外食」の位置づけ。 外食は消費税10%になりますが、テイクアウトや「デリバリー」は税率8%のままです。 料理を運んで配膳まで行うケータリングは、外食に含まれるので消費税10%。 線引きが少々わかりにくいので物議を呼びそうですね。 ハンバーガーショップや牛丼チェーンなどは、店の中で食べること(イートイン)も、商品をテイクアウトすることもできますよね。 外食とは「飲食の設備を設置した場所で行う食事の提供」のことなので、イートインは外食として扱われて消費税率10%に。 でも、テイクアウトをすれば8%ですむんです。 テイクアウトかイートインかを選べるような店舗では、少々混乱が起こるかもしれません。 軽減税率は例外(経過措置)という位置づけなので、いずれ10%に上がる可能性があります。 しかし現在のところ、期限などについて正式な発表はありません。 <今のところ、税率は以下の予定> ・外食…10% ・テイクアウト…8% ・「デリバリー」…8% ・ケータリング…10% ・イートイン…10% 軽減税率の影響で「デリバリー」がさらに拡大!? 「デリバリー」はここ1〜2年人気が高まっていますが、軽減税率で消費税8%のままになる影響から、今後さらに利用者が増えるだろうといわれています。 それを見越してか、さまざまな企業が「デリバリー」に乗り出しています。 なかでもアメリカから来た「Uber Eats」のように、アプリやWebサイトから手軽に注文・決済ができるサービスが急速に広がりを見せていますね。 「Uber Eats」とは、米国の配車サービス大手「Uber Technologies,Inc. (ウーバー・テクノロジーズ)」が運営するデリバリーサービス。 「Uber Eats」に登録しているレストランの料理を専用アプリや公式Webサイトで注文すると、配達員が利用者の指定した場所に届けてくれます。 配達も、登録している一般人が自分の自転車やバイクなどで行っているのが特徴です。 スタートした16年当初は東京都内のみが対象でしたが、現在では名古屋、大阪、京都、神戸、福岡などの一部地域にも広がっています。 以前は配送手数料が一律380円だったんですが、現在は距離や時間によって値段が変動するシステムに変わりました。 場合によっては配送手数料が1,000円近くになる場合も出てきそうなので、よく確認することが必要です。 ほかにも、NTTドコモが運営する「dデリバリー」、1万7,000店以上の提携店舗数を持つ「出前館」、楽天が提供している「楽天デリバリー」、LINEアプリから注文ができる「LINE デリマ」など、アプリやWebサイトを使った「デリバリー」の動きが活発です。 通常は「デリバリー」をしていないレストランの本格料理をデリバリーする「fineDine(ファインダイン)」(対象は東京都内)というサービスも、利用者が増えているようです。 また、「セブン-イレブン」がお店の人気商品や食材などを配送(出前)する「セブンミール」というサービスを行ったり、テイクアウトできるファミリーレストランがあったり、さまざまな業種、ショップにも動きが広がっています。 こうなるともう、外食との違いは「お店の中で食べるか、家で食べるか」だけという感じですよね。 「デリバリー」には時間と手間が浮く利点も 消費増税後も食料品は8%のままですから、節約という点において、これからはますます自炊の重要性が高まっていくと思われます。 でも、共働きで子育てをしているなどのいそがしい主婦が、365日朝昼晩と自炊するのはとっても大変ですよね。 家族の楽しみとして「外食」をしたいときもあるでしょう。 そんなとき、「デリバリー」という選択肢もあることを頭に入れておきましょう。 外食は消費税10%になり、高級レストランなどの場合はさらにサービス料10%もプラスされます。 一方、「デリバリー」は消費税8%ですから、使い方によってはお得に便利に楽しめるということなんです。 ママ友との集まりや子どものイベントなどでも「デリバリー」は活躍しそうです。 ただし10%と8%の差は、1万円の場合では200円です。 大きいような小さいような、微妙なところですよね。 配送料が高い「デリバリー」では、外食よりマイナスになる場合もあるでしょう。 そう思うと単純に「外食はNGだけどデリバリーならOK」とはいえません。 でも「デリバリー」は金銭面以外にも、配達してもらう間の時間が空いて有効に使える、自分がいる場所と違う場所に食事を届けることができるなどの利点があります。 そういう面も含めて活用法を考えると上手に使えるでしょう。 上手に頼ることが、自分と家族のゆとりと節約につながる 「デリバリー」は今後ますます利用しやすくなると思われますが、大切なのはやはり使い方です。 たとえば、週に1回金曜日の夜は家族で「デリバリー」するとか、残業で遅くなるときや自分の体調が悪いときなど条件を決めて活用するなど、各家庭なりの活用の仕方を考えておきましょう。 そして、ムダ使いしないためにも夫婦や家族で使い方ルールをしっかり話し合っておくことが大切です。 現代は仕事に家事に育児にと、女性の役割や負担がとても大きい時代です。 共働き家庭もこれからさらに増えていくでしょう。 そのなかで多くの主婦が時間もお金も努力してうまくやりくりしようと、がんばっていると思います。 でも、全員が完璧にできるわけではありません。 いそがしいなかで心身を元気に保ちつつ、うまく回していくためには、もちろん夫や子どもの協力が必要ですが、まわりのいろいろなものに頼っていくことも必要です。 お掃除ロボットや食器洗い機などの便利家電を導入するのもいいでしょう。 何かに頼ることは、決して悪いことではないんですから。 「デリバリー」もその1つなんです。 上手に頼ってお金と時間を確保することが、ひいては自分と家族のゆとりにつながる時代なのだと思います。 教えてくれたのは・・・ 取材・文/かきの木のりみ.

次の

消費税の軽減税率制度って何? 8%と10%を見分ける基準は?

軽減 税率 デリバリー

ただし、飲食料品の中でも• 外食・出張料理• は軽減税率の適用対象外となります。 デリバリー(宅配、出前)は軽減税率8%の対象 デリバリー(宅配、出前)は軽減税率8%が適用されます。 なぜなら、デリバリー(宅配、出前)は、 顧客の指定した場所に届けるだけであり「外食」「出張料理」には該当しないからです。 外食と出張料理の定義 外食 レストランや飲食店が食事のために設置した設備(テーブルや椅子など)で飲食をすること 出張料理 (ケータリング) 顧客の指定した場所(自宅など)で調理を行って料理を提供すること。 スタッフが常駐して食事を加熱・配膳・後片付けすることも含みます。 国税庁のホームページでも記載があります。 Q、そばの出前、宅配ピザの配達は、軽減税率の適用対象となりますか。 (注) 顧客の指定した場所まで単に飲食料品を届けることは、「食事の提供」には該当せず、また、いわゆる「ケータリング、出張料理」にも該当しません。 出典:国税庁 デリバリー(宅配、出前)の例 デリバリー(宅配、出前)には、• うどん・そば、寿司、うなぎ、カレー、ハンバーガーの出前• 宅配ピザ、宅配弁当• 牛乳配達• コープ・生協、ネットスーパーの宅配 などが該当します。 キャッシュレス決済でポイント還元を受けよう 消費税増税により家計の負担が増えることは必須です。 しかし、政府では、消費税増税の消費の冷え込みを見越して、キャッシュバックキャンペーンを実施します。 上手く活用すれば、消費税増税による負担を和らげることが可能です。 政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」で最大5%還元 政府は、2019年10月の消費税増税による消費の冷え込み対策としてキャッシュレス・消費者還元事業を実施します。 ただし、店舗ごとに還元率が違ってくるので注意が必要です。 店舗ごとのポイント還元率 対象店舗 ポイント還元率 中小企業、個人経営の小売、飲食店、宿泊など 5% コンビニ、外食、ガソリンスタンドなどの大手系列チェーン店 2% 大手スーパー、百貨店など 0% 例えば、小売店については、• 資本金または出資の総額が5,000万円以下• 常時使用する従業員の数が50人以下 の条件を満たしている会社および個人事業主が運営する店舗が還元率5%となります。 例えば、個人店で10万円の買い物をすれば、5,000円分のポイント還元を受けることができます。 なぜなら、• 還元率が高い• 個人店の導入が多い からです。 還元率が高い PayPayは、 通常の還元率が1. それだけでなく、政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」に合わせて、 まちかどペイペイキャンペーンを実施します。 これは、PayPay決済を「キャッシュレス・ポイント還元」の5%還元対象店舗で行うことにより、PayPayボーナスが5%上乗せされるお得なキャンペーンです。 これにより• まちかどペイペイ:最大5%• キャッシュレス・ポイント還元:最大5% により合計で 最大10%の還元を受けることが可能です。

次の

【軽減税率】デリバリーや持ち帰りの基準は?飲食業で軽減税率の対象となる場合をわかりやすく解説

軽減 税率 デリバリー

「イタリアン フェリチータ」でデリバリー用の弁当をつくる従業員ら=東京都板橋区で2019年9月17日午後2時21分、川上珠実撮影 消費税増税の導入を前に、飲食店のデリバリーに注目が集まっている。 「ぜいたく品」とみなされる外食は増税対象となるが、デリバリーは食品の購入の位置づけで軽減税率が適用され、8%に据え置かれるためだ。 新たにデリバリーに参入する飲食店からは「増税による売り上げ減を抑えたい」と切実な声が上がる。 「増税で客数が減るのは目に見えている。 デリバリーは狙い目」。 東京都板橋区で「イタリアン フェリチータ」を経営する西澤隆さん(44)は昨夏、消費増税と軽減税率導入について解説するニュースを見て、デリバリーを始めることを決めた。 政府は出前や宅配について「顧客の指定した場所まで単に飲食料品を届けるもので、『外食』にはあたらず、軽減税率の適用対象となる」としている。 西澤さんは、デリバリーサイト「ごちクル」を運営するスターフェスティバル(東京都渋谷区)の参入店支援サービス「スタートデリバリー」を利用。 価格帯などのアドバイスを受け、ごちクルを含む六つのサイトに出店している。 牛ホオ肉の赤ワイン煮といった本格的な味を職場や家庭で楽しめるのが人気で、注文は1日200~300食に上る。 10月以降はさらにデリバリーを充実させる予定だ。

次の