スウィート17モンスター あらすじ。 スウィート17モンスターあらすじネタバレ!と登場人物解説

映画『スウィート17モンスター』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

スウィート17モンスター あらすじ

sponsored link スウィート17モンスター、あらすじ 女子高生 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は、学校で目立つ方ではなく、恋愛も未経験のこじらせ系女子。 自身の性格と正反対の人気者の兄、ダリアン(ブレイク・ジェナー)にコンプレックスを感じ、人気者グループ全体を横目に学園生活を送るも、優しい親友のクリスタ(ヘイリー・ルー・リチャードソン)が心の支え。 そんなある日、ダリアンと親友クリスタが恋愛関係になったことを知る。 状況を受け入れられないネイディーンは… スウィート17モンスターの登場人物 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド) 自分をうまく表現できず、人の輪に入るのが苦手。 外見も中身も完璧な兄にコンプレックスを抱いている。 異性に過度の幻想を抱くなど、暴走しがち。 クリスタ(ヘイリー・ルー・リチャードソン) こじらせ系女子のネイディーンに優しく寄り添う。 大人しめの女子。 ネイディーンと同じグループの人間だと、ネイディーンは思っていたが… ダリアン 筋肉ムキムキの体育会系。 学校でもいつも仲間に囲まれている人気者。 父親が亡くなってから、母親と妹を精神的に支えている。 スウィート17モンスターの感想 ネイディーンというキャラクター ネイディーンというキャラクターがリアルで面白いです。 以下、ネイディーンの特徴をピックアップしてみました。 思春期特有の症状が現れています… この映画ではネイディーンのダサいところも、ずるいところもしっかりと描かれています。 人間味溢れるネイディーンが魅力的でした。 親友クリスタとの関係 多分クリスタってすごく優しい子なんだろうなと思いました。 ネイディーンと仲良くしてくれてるわけでw もちろん、楽しいから一緒にいたんだろうけど。 でもクリスタが兄のダミアンを好きになって関係が変わっていきました。 恋愛が女子の友情に亀裂を入れるのは世界共通のようで。 クリスタが優しいからと言って、ナメてたネイディーン。 悔し紛れに「どうせ(兄貴に)捨てられるわよ!」 クリスタ「そんなことない!正式に付き合ってるわよ!」のやり取りが良かったです。 クリスタもそこだけは譲れない!って感じで 気持ちを言えたことで、ある意味友情が平等になった瞬間だったのかもしれない。 にしても、ストーリーの中では付き合ってもない段階で、クリスタがダミアンとベッドを共にしたような描写がされていたのが驚きでした。 まだ17歳なのに。 長年ネイディーンの家に出入りするうちにダミアンとは仲良くなってた、好意持ってたと脳内補完しておきましたw 映画全体を通じて、そういった行為に関しての捉え方のハードルがかなり低いと思いました。 これは日本の青春映画ではまず描けないだろうな、と。 ネイディーンの恋愛 隣の席のアジア系真面目君、アーウィンにアプローチされまんざらでもない様子のネイディーン。 だけど、ネイディーンが夢中なのはペットショップで働くニックです。 ロクに話したこともないニック相手に妄想が膨らんでいきます。 ニックってクール、なんてかっこいいの、とかw 青春時代にありがちな好きな相手をどんどん理想化していくネイディーンが危ういんだけど、かわいかったです。 この年代の頃はそういうことがあるな、と。 アーウィンはお金持ちで、真面目で頭もよさげで良いと思うのだけど、あの年頃だとちょっとワルなニックの方が魅力的なんでしょう。 高校生でそんな条件ばっかり見ている子も嫌ですしねw 話が進んで、車で人気のないところに二人で行った時はどうなることかと思いましたが、 大事にはならなくてよかったです。 というか、別にニックも悪人というわけでもないんですよね、 ペットランドで働いている以外何の情報もないし。 「私のアレをxxx」とかぶっ飛んだことをメールで送っといて、 二人で会うことになってもそのことには触れないネイディーンw 自分を受け入れてくれた!と思い、相当嬉しかったんでしょう。 結果、気まずい感じで終わってしまいましたけどね。。 映画にならって(下ネタ系の)大人びたことを言うけど、 本当は「話してお互いを知ってから、仲良くなりたい」というところが本音だったネイディーン。 相手に理想を抱きすぎて痛い目見てしまうのも青春の1ページなのかもしれません。 ヘイリー・スタインフェルドの体当たり演技 変顔はもちろん、ラブシーンに、下ネタに、水着にと結構体を張っていたヘイリー。 あまりヘイリーのことは知らなかったのだけど、(歌手やったり、テイラー・スウィフトのMVにゲスト出演しているというくらい)まだ若いからこういう青春系の映画ももっと出てほしいなと思いました。 歌手としても活動しているヘイリー。 歌手活動の時はセクシーな恰好で、マッチョのダンサーと絡むという、アメリカの女性歌手特有のセクシーさを前面に押し出した感じになってきていますが、今回の映画のような地味めでかわいいネイディーンの役もめっちゃ似合っていたのでこっちの路線も捨てないでほしいですね。 エンディング 最後には暴走した自分を振り返り、周りの人の気持ちを察するまでに至ったネイディーン。 兄とも仲直りし、良い感じになりました。 映画祭を見に行って、あそこでアーウィンが「too late」と言うかな~、言われてネイディーンが反省するという、そういう終わり方もありかな~と思っていたらひねりがあった会話のやり取りが素敵でした。 スウィート17モンスターの動画を見る方法 スウィート17モンスターは、で配信しています。 最新の配信状況は サイトにてご確認ください。 タグ:, は、 月額1,990円(税抜)で、スマホやパソコンで動画が見れる、 動画配信サービスです。 動画を見るにはサイトにアクセスするだけ! スマホを使って通勤途中や、外出先でも動画を見ることができますし、 家に帰ってパソコンでゆっくり見ることもできます! では、 120,000本以上もの動画を配信しており、 見放題作品は、 80,000本以上!! ラインナップも豪華で、 海外ドラマ、国内ドラマ、映画からアニメ、ディズニーまで、揃っています。 U-NEXTでは成人向けのアダルトコンテンツも見れるのですが、 アカウントごとに、 R指定作品の表示や非表示の設定ができるので お子様にも安心です! 動画を見る方法としては、 テレビ、スマホ、ゲーム機、パソコンで見れます。 親アカウントと子アカウントを使って、 複数のデバイスでの同時視聴も可能です! 更に、 毎月1200ポイントが付与されるので、 このポイントで 雑誌、マンガまで読むことができます! ぶっちゃけて言うと、 U-NEXTは現在、 初回31日間無料のトライアル期間キャンペーンを行っています。 ポイントも 600ポイントプレゼントしています。 レンタル作品はポイントが必要になるのですが、 この600ポイントを使ってみることができます。 見放題作品も豊富なので、 31日間、目一杯楽しむことができますよ! 以前はレンタルショップに良く通っていたのですが、 新作見たいのにすでに借りられていて在庫がなかったりして がっかりすることが多かったです。 毎月20作品ほどレンタルしていた私にとっては とてもお得なプランです。 まだ、試したことがない方はぜひ試してみてくださいね!•

次の

スウィート17モンスター あらすじ

スウィート17モンスター あらすじ

スウィート17モンスターの感想 若手女性脚本家のケリー・フレモン・クレイグによる初監督作品です。 劣等感や疎外感に悩まされ、素直に生きれない女子高生の複雑な感情を上手く表現していて、学生から大人まで楽しめる内容になっています。 脚本が素晴らしく、会話の中で小さな笑いがたくさん生まれていました。 ヒロインのネイディーンを演じたヘイリー・スタインフェルドの演技がそれをさらに面白くしていて、こじらせたティーネイジャー役がかなりはまっていました。 彼女の抜群のパフォーマンスと憎めないキャラのおかげで、楽しさが倍増していて、なんでアカデミー賞主演女優賞にノミネートされていないのか不思議です。 主人公のネイディーンは子供の頃に良き理解者であった最愛の父を亡くし、それ以降イケメンの兄や感情的な母親と衝突を繰り返す生活を送っていきます。 学校には幼馴染の友達が一人しかおらず、コミュニケーション能力のなさから担任の教師や他の生徒と話しても、いつも会話はちぐはぐに。 そんな中、親友のクリスタが兄と付き合いだしてしまい、ついにネイディーンは一人ぼっちになってしまいます。 寂しい気を紛らわせようとネイディーンはクラスメイトの韓国人とデートをしたり、憧れの先輩にアプローチしたりしますが、軽率な発言や自分勝手な行動のせいで周囲と自分を悲しませることになる、というストーリーになっています。 特に変わったエピソードがあるわけではないんですよね。 どちらかというと平凡な学園&家族ドラマです。 それでも思春期の主人公の行動にやけにリアリティーがあって、彼女に共感できる日本の女子高生や女子大生も多いんじゃないでしょうか。 ネイディーンは自己嫌悪が強く、異性に人気がないことを認識しているけれど、性格は引っ込み思案でもなく、シャイでもないんですよ。 コミュ症っぽいのにがんがん人には話しかけていくし、でも実は自尊心が低いみたいなややこしい乙女チックな性格の持ち主です。 ヒロインをはじめ、兄のダリアン、友達のクリスタ 学校の先生、お母さん、韓国人の男の子などみんな根はいい人ばかりでどこか可愛げがあるのがいいです。 気の毒だったのはネイディーンとやろうとして、やらせてもらえなかったから急に冷たくなった先輩のニックが悪い男みたいに映ってしまったことですね。 あれはスケベなメッセージを衝動的に送ってしまったネイディーンが悪いんであって、彼に責任はありません。 想像では憧れの男に抱かれるところをイメージしておきながら、実際にそのときになったら怖くなったり、嫌になったりして、セックスではなく純粋なロマンスを求めだす女心がまたやけにリアルで、逆に男の立場からしたら腹立たしいシーンでもありました。 つべこべ言わずとりあえず一回やっておけよって。 結局お前は何がしたいんだよと言いたく箇所は多々あるんですが、そもそも自分が何をしたいのかすらよく分かっていない年頃なわけで、色々と失敗しながらネイディーンが成長していく過程が見所なんですね。 最後に邦題について一言。 「スウィート17」まではまだいいとして「モンスター」ってなんだよ。 よくこれが採用されたな。

次の

映画『スウィート17モンスター』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

スウィート17モンスター あらすじ

2016年9月16日 2016-09-16• 2016年11月18日 2016-11-18• 2017年4月22日 2017-04-22• 上映時間 104分 製作国 言語 英語 製作費 900万ドル 興行収入 1,860万ドル 画像外部リンク? 劇場公開時のポスター(英語版) 『 スウィート17モンスター』(: The Edge of Seventeen)は、に公開されたの映画である。 作品は ()の初監督作品で 、、、、、らが出演した。 は2015年10月21日にで始まり、同年12月3日に終了した。 映画は2016年にで初公開され 、同年に ()配給で劇場公開された。 映画は概ね好評を得て、1,800万ドル余りのを得ているほか、主演のスタインフェルドはのノミネートも受けた。 日本ではに公開された。 あらすじ [ ] 高校2年生の ネイディーン・フランクリン(演:)は、自己嫌悪しがちで、妄想から来る喋りが止まらない「こじらせ女子」。 彼女は何事に付けても勝ち組で、母 モナ(演:)のお気に入りな兄 ダリアン(演:)を疎ましく思っている。 小学生の頃いじめられっ子だったネイディーンは、唯一の親友 クリスタ(演:)を心の支えに生きていたが、彼女が天敵の兄ダリアンと交際を始めたことで関係が破綻する。 味方だった父トムは4年前に他界しており、再びひとりぼっちに戻ったネイディーンは、彼女に気がある アーウィン(演:)と言葉を交わすが、喋りが空回りしてアーウィンの気持ちに気付かない。 代わりに彼女は、イケメン生徒 ニック・モスマン(演:)に気を惹かれる。 学校でクリスタに会ったネイディーンは、自分と兄のどちらかを選ぶよう迫るが、選択などできないと断るクリスタに絶交を言い渡す。 歴史教師の ブルーナー(演:)へ自殺の計画をぶちまけた後、ネイディーンは彼を頼るようになる。 兄とクリスタの仲に悩む彼女は、アーウィンと遊園地に向かったり彼の家を訪れたりするが、相変わらず彼の気持ちには全く気付かない。 ネイディーンは母親と喧嘩になり、気持ちを静めようとニックへの誘い文句を下書きするが、を匂わせるメールは誤送信されてしまう。 ブルーナーは落ち込む彼女に授業をさぼって落ち着くよう論し、ネイディーンはニックからデートの誘いを受ける。 ネイディーンは思わせぶりなメールを送り付けておきながら、セックスの前にやたらと互いを知りたがり、ニックはこれに失望する。 一方、彼女と喧嘩した母モナは、娘が逃げ出したのではと不安がり、ダリアンに当たりつける。 ネイディーンはこの緊急事態に、担任のブルーナーを呼び出し彼の家へ向かう。 ダリアンとクリスタはネイディーンを迎えに来るが、父の死以来荒んだ心を隠してきたダリアンは、彼女の態度に、惨めなのはネイディーンだけではないと怒って帰ってしまう。 ブルーナーに家まで送られた彼女はそのまま兄の部屋に向かう。 ネイディーンは今までの自分を反省して兄妹和解し、クリスタとの仲のことも受け入れる。 翌朝、ネイディーンはアーウィンと約束していた学校映画祭に向かう。 アーウィンの映画は彼女をモデルにしたもので、素直になった彼女はアーウィンの気持ちを受け入れる。 友だちなど出来ないと思っていたネイディーンだったが、アーウィンの映画を絶賛する輪の中に招かれた彼女は、自然と笑顔になっていた。 ネイディーン・フランクリン - (): 主人公、高校2年生• クリスタ - (): ネイディーンの親友• ダリアン - (): ネイディーンの兄• ブルーナー - (): ネイディーンの高校の教師• モナ - (): ダリアンとネイディーンの母親• アーウィン・キム - (): ネイディーンのクラスメイト• トム - (): ダリアンとネイディーンの父親• TCBYヨーグルト・ガール - ()• ジーニー - ()• ニック・モスマン - (): ネイディーンの思い人• グリア - (): ブルーナーの妻 製作 [ ] 脚本・監督を務めた ()は、映画製作を引き受けてくれることを期待し、プロデューサーのへ脚本のコピーを送った。 クレイグはこの時を回想して次のように語っている。 最初に彼をつかまえようと思ったなんて、狂った大博打!それに、[ ブルックスは]一緒に仕事をするだなんて考えもしなかった人だった。 それでも私は彼に脚本を送って、向こうは計画に取り掛かることにした」 — ケリー・フレモン・クレイグ、 Creative Screenwriting、2016年11月18日 作品はクレイグの監督デビュー作となり、彼女は映画の製作にも携わった。 2015年8月4日、が主役となることが発表され、同時にが映画の製作に加わることも明かされた。 同年9月24日には、、が、それぞれ高校教師と主人公の母親として出演すると報じられた。 また10月6日には、兄ダリアン役の、親友クリスタ役の、同級生であるアーウィン役のの出演も報じられた。 は2015年10月21日にで始まり、その後へ場所を移した。 他にもで撮影が行われたほか、のギルフォード・パーク中等学校 ()、 ()なども用いられた。 の市役所も、作中で映画祭が開かれる場所として使われている。 撮影は2015年12月3日に終了した。 封切り [ ] 配給は ()が担当し、当初は2016年9月30日に公開される予定だったが 、後に同年へ変更された。 アメリカ国外では、 ()やが配給を担当している国もある。 作品の評価 [ ] 興行収入 [ ] 映画は『』、『』、『』、『』などと同日に公開され、1,900館上映で800万ドルの興収を得ると予測されていた。 初日のは180万ドルで、公開週末の予測興行収入は400万ドルから500万ドルに引き下げられ、結局480万ドルの興行収入で7位につけた。 アメリカ国内での興行収入は1,440万ドル余りだった。 批評家の反応 [ ] 作品は広く賞賛され、スタインフェルドの演技も満場一致で絶賛された。 8点(10点満点)の「新鮮な」映画とされている。 では、38件のレビューに基づき77点が付けられており、「概ね好評」とされている。 のレビュワーであるアレックス・ウェルチは、映画に10点満点中8点を付け、「ケリー・フレモン・クレイグの『スウィート17モンスター』は青春時代、そして自分が何物か知る葛藤を描いた、音程が正確なポートレートだ。 この映画はきっと、時にはひとつのシーンで、観客を笑わせ泣かせることだろうし、偽りのない本物だという以外の感想は出ないだろう」と述べた。 受賞とノミネート [ ] 受賞とノミネート 映画賞 授賞式開催日 部門 対象 結果 出典 () 2016年12月28日 第一回作品賞 Best First Film 作品本編 ノミネート () 2016年12月15日 ブレイクスルー映画制作者賞 Most Promising Filmmaker () ノミネート 2016年12月11日 () ノミネート () ノミネート () ケリー・フレモン・クレイグ、作品本編 ノミネート 2016年12月19日 作品本編 ノミネート ブレイクスルー賞 ケリー・フレモン・クレイグ(監督・脚本) 受賞 () 2017年2月4日 長編映画部門初監督賞 () ケリー・フレモン・クレイグ ノミネート 2017年1月8日 ヘイリー・スタインフェルド ノミネート 2017年1月12日 ベスト・コメディ映画2016 作品本編 5位 () 2017年5月7日 今年の映画 映画本編 ノミネート 映画部門最優秀俳優賞 Best Actor in a Movie ヘイリー・スタインフェルド ノミネート 2016年12月1日 ケリー・フレモン・クレイグ 受賞 2016年12月11日 第一回作品賞 Best First Feature 作品本編 次点 () 2016年12月5日 () ヘイリー・スタインフェルド ノミネート () 2016年12月19日 若手女優賞 Best Young Actress ヘイリー・スタインフェルド 受賞 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Box Office Mojo. 2017年1月16日閲覧。 The Numbers. The Numbers. 2017年3月10日閲覧。 Hughes, Hilary 2016年9月17日. 2017年5月16日閲覧。 Portr, Ryan 2016年11月19日. 2017年5月16日閲覧。 D'Alessandro, Anthony 2016年8月10日. 2017年5月16日閲覧。 2016年12月13日. 2017年5月16日閲覧。 ファッション・プレス 2017年2月14日. 2017年5月16日閲覧。 2017年7月7日閲覧。 2015年12月31日閲覧。 Deadline. 2015年12月31日閲覧。 Lincoln, Ross 2015年10月6日. 2015年12月31日閲覧。 2015年12月31日閲覧。 Zacharias, Ramona 2016年11月18日. Creative Screenwriting. 2016年11月21日閲覧。 He was the crazy longshot I took in the beginning! And one I never thought would actually work. But I sent him the script and he ended up taking on the project. What's Filming?. 2015年10月21日. 2015年12月31日閲覧。 SSN Insider. 2015年10月23日. 2015年12月31日閲覧。 yvrshoots. com. 2015年10月24日. 2015年12月31日閲覧。 SSN Insider. 2015年12月4日. の2017年6月10日時点におけるアーカイブ。 2015年12月31日閲覧。 D'Alessandro, Anthony 2016年8月10日. 2016年11月24日閲覧。 2017年5月16日閲覧。 2017年5月16日閲覧。 2017年5月16日閲覧。 - (英語) - 2017年5月16日閲覧。 - (英語) - 2017年5月16日閲覧。 () on 2016年11月18日. 2017年4月10日閲覧。 Welch, Alex 2016年11月16日. 2016年11月17日閲覧。 Anderson, Erik 2016年12月15日. AwardsWatch. com. 2016年12月15日閲覧。 Miller, Neil 2016年12月15日. Medium. com. 2016年12月15日閲覧。 2016年12月11日. 2016年12月20日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年12月12日閲覧。 2016年12月1日. 2016年12月1日閲覧。 Graham, Adam 2016年12月14日. 2016年12月15日閲覧。 2017年1月11日閲覧。 2016年12月12日. 2016年12月12日閲覧。 2017年1月12日. 2017年5月16日閲覧。 2017年4月6日. 2017年4月8日閲覧。 2016年12月1日閲覧。 Vlessing, Etan 2016年12月12日. 2016年12月12日閲覧。 2016年12月3日. 2016年12月4日閲覧。 Women And Hollywood 2016年12月19日. 2016年12月15日閲覧。 参考文献 [ ]• 『『スウィート17モンスター』プログラム』我妻弘祟(編)、小坂朗(発行人)、山添創平(デザイン)、アジョンス・ドゥ・原生林、2017年4月22日。 2017年5月16日閲覧。 外部リンク [ ] 英語版ウィキクォートに本記事に関連した引用句集があります。

次の