ストレンジャー nhk。 ストレンジャー〜上海の芥川龍之介〜

ストレンジャー 上海の芥川龍之介 12/30 感想まとめ

ストレンジャー nhk

NHK番組表・トップページ 東京の番組表 トップページ このサイトはラジオとテレビの1週間先までの番組表と、過去8日分の番組表をご覧になることができます。 このページでは、お知らせ情報、おすすめ情報、番組表を見るためのナビゲーション(チャンネルの選択、ジャンルの選択、地域の選択)を提供しています。 お知らせ: このインターネット番組表は各チャンネルの1週間先までの番組表がご覧になれます。 内容が表示されてないものは、まだ詳細が決定されていない番組です。 もう少しお待ちください。 NHK番組表の使い方については[]をご覧ください。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 総合と、Eテレで放送している番組の内容は、地域によって異なる場合があります。 このサイトで提供している機能、各ページの説明、ブックマークの付け方、以上3つについての説明が記載されています。 番組は緊急ニュースなどにより、放送時間や内容が変更になることがありますのでご注意ください。 この番組表の私的な利用以外は、NHKの許諾が必要です。

次の

ストレンジャー(NHKドラマ)再放送は?見逃し動画を無料フル視聴する方法!

ストレンジャー nhk

幼少期から古典文学を読んで憧れていた中国だったが、革命により清の皇帝政治が倒されて十年、近代化の波と外国による支配が社会を混乱させていた。 困惑しながらも、政治家や革命家にインタビューをして回る芥川。 ある日、裏路地に生きる妓楼の人々と知り合い、耳の聞こえない青年と交流するが、旅は思わぬ事態を迎えていく……。 日本人の大きな関心事のひとつといえる気がします。 いかに本を読まない人であっても、授業で教科書にのっているから彼の作品は読んだことがあるという人もいることでしょう。 だけどやはり選ばれた天才と言える人は、やはり変わってるところもあって常人には理解できないところがあったりもしそうですよね。 そして芥川龍之介といえば波瀾万丈、自殺でその短い人生を終わらせるんですよね。 この中国に行ったのが1921年、芥川龍之介の目他界は1927年。 亡くなる6年前。 特派員として中国に渡った芥川龍之介。 中国でストレンジャーが何を聞いて、どんなことを感じ取って帰るのでしょう。 芥川の目を通してみた100年近く前の中国というのが興味深いですよね。 混乱を極めていたその時の中国で、芥川の旅は政治家や革命家にインタビューするだけでは終わらなかったみたいです。 貧困の差も目にし、そんな路地裏で生活する人々との出会いも。 その中には耳の聞こえない青年も。 そして思わぬ事態を迎えていくことにもなるんですね。 果たしてその時芥川は何を思うのか。 芥川龍之介の上海游記にも描かれている実話に忠実なのか、ドラマ用に脚色されたのか不明ではあるが、戦前の様々な文化が好きなので大いに期待できます。 出演者が主演の松田龍平以外は、岡部たかし・中村ゆり・奈緒・金世佳など地味な中堅や無名女優を揃えているのでおそらく実力重視のかつてのNHKドラマらしい重厚かつ丹精な演技が見られるであろう点も期待できます。 父親松田優作譲りのクールで危険な雰囲気を受け継いだ松田龍平がどのように芥川龍之介を演じるのかが楽しみです。 中国の精神世界に触れたことは、芥川のその後の作風に与えた影響がかなり大きいと思われるので、その部分がどう描かれているか演出にも興味があります。 また、このドラマが視聴率的にも成功し、話題にもなれば、同じような大正・昭和初期時代の人物を題材としたドラマがシリーズとして製作されることが期待できるので、ぜひ成功してほしいです。 上海で現地ロケを敢行したようだが、十三人の刺客で日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞している北信康が撮影監督なので、100年前の上海の雰囲気がどこまで出せているのかとても興味があります。 また、ピアニストの稲本響が担当した劇中音楽がどのようにドラマを色付けるか大いに注目です。 その作品では松田龍平さんは主演ではありませんでしたが、とてもインパクトが強かったのです。 そういえば松田優作さんの息子がデビューしていた、と思い出し、納得したのを覚えています。 遺伝的な要素もあるかもしれませんが、やはりとても演技力のある俳優さんだと感じます。 様々な作品で多くの賞を受けていますが、それも当然でしょう。 お父様の影響もあるかもしれませんが彼自身がとても魅力的です。 どこか謎めいた雰囲気があるのも素敵です。 ときどき「ああ、やっぱり、松田優作さんに似ているな」と思うことがあります。 面影をこうしてしのぶことができるのも良いことですよね。 だからといって、お父様と比較することはありませんが、成長をこうして見ていけるのは、なぜか嬉しい気持ちになります。 きっと周囲の人たちにも恵まれていることでしょうし、まだまだ若いかたなので、これから多くの作品に出ることでしょう。 まだまだ強烈なインパクトのある良い役にもたくさんめぐりあえるに違いありません。 これからの活躍を、ますます期待しています。 このドラマでは、日本の芥川と中国の現実を交錯させながら描かれています。 芥川龍之介を演じるのは、俳優の松田龍平さんです。 物語は1921年、松田龍平さん演じる芥川龍之介が新聞社特派員として上海に渡るところからはじまります。 幼いころから古典文学を読み憧れていた中国でしたが、外国による支配もあって混乱した社会となっていました。 しかし困惑しながらも、政治家や革命家にインタビューをして回る芥川龍之介。 そんなある日、裏路地に生きる妓楼の人々などと知り合う龍之介の旅は思わぬ事態になっていくようです。 もうすでに小説の中にのめり込んでいく感じがして、ドラマが気になって仕方がありません。 松田龍平さんがどのように芥川龍之介を演じるのかも気になり、ほぼ全編を上海で撮影したというのでそこも見どころです。 1920年代の中国が8Kの圧倒的な映像美で鮮やかによみがえるとあるので、メチャクチャ楽しみでドラマをたっぷり堪能したいです。 出演は松田龍平さん、岡部たかしさん、中村ゆりさんに奈緒さんなどなどです。 映像美と共に芥川龍之介を演じる松田龍平さんをしっかり楽しみたいです。 まとめ 芥川龍之介という作家は日本では一番とも言えるほどに有名な作家ですが、平均的な日本人がどれだけ芥川龍之介のことを知っているだろうという部分に関しては疑問が残ります。 私は小説が好きでよく読むタイプであり芥川についても詳しい方だと思いますが、世間一般では「蜘蛛の糸」や「羅生門」の作家、というくらいのイメージなのではないでしょうか。 その為に、実際に芥川龍之介が上海を訪れたことがあるという情報自体もあまり知られていないことだと思います。 このドラマは上海へ行った芥川と中国現地での精神的交流を描いた作品のようですが、個人的な精神的交流の面よりは上海へ渡った経験がどのように小説に影響したのかの方が気になるポイントです。 実際に小説面に影響はあったのかなかったのか、どちらなのでしょうか。 確かに芥川は後期の方で作品の雰囲気が少し変わりますが、それは単純に芥川の体が弱ったせいだと思っていました。 もしも上海へ行ったことが芥川へ大きな影響を与えたのであれば、芥川の後期の作品の見方も少し変わるかもしれません。 松田龍平という俳優は少なくとも顔は芥川に似ていないと思いますが、どこまで芥川本人だと思わせてくれるような雰囲気を身に纏ってくれるかもこのドラマを楽しめるかどうかの大きな焦点になるでしょう。 総括 ストレンジャー~上海の芥川龍之介~は、芥川龍之介の小説の世界観と現実にあった中国の姿を描くということなので、どんなドラマになるんだろうかと楽しみに思いました。 また、松田龍平さんが芥川龍之介を演じるというのもとてもいいなと思いました。 芥川龍之介という人物はどこかミステリアスな部分があるので、松田龍平さんならピッタリです。 さらに、清の皇帝が倒された後、中国がどんな末路を歩んできたのかということも気になります。 ものすごく過酷な時代があったそうだけど、どんなものだったんだろうかと思いました。 上海を我が物顔で支配していた国に日本もあったということなので、日本がしてきたことについても考えながら見ないといけないなと思います。 民衆たちはとても貧困に苦しんでいたということなので、そんな民衆を見て、芥川龍之介はどんなことを考えるのだろうかと気になります。 目の見えない青年と出会うということだけど、この青年との出会いが、芥川龍之介にどんな影響を与えていくのかが楽しみです。 また、裏路地に生きる妓楼がいたというのも悲しいなと感じました。 生きるために身を売らなきゃいけないなんて、本当の極限状態だと思うけど、ここから芥川龍之介がどんな行動を起こすのか気になります。

次の

ストレンジャー上海の芥川龍之介NHK|再放送はいつ?見逃し動画の視聴方法も紹介

ストレンジャー nhk

ストレンジャー 〜上海の芥川龍之介〜 別名 A Stranger in Shanghai ジャンル 原案 『上海游記』ほか 作 演出 出演者 音楽 国・地域 言語 時代設定 (10年) 製作 制作統括 プロデューサー 撮影監督 編集 製作 A Stranger in Shanghai 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 土-日曜 8:10 - 8:50 ほか 各話の長さ 40分 回数 2 ストレンジャー 〜上海の芥川龍之介〜 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 放送時間 月曜 21:00 - 22:13 放送分 73分 回数 1 『 ストレンジャー〜上海の芥川龍之介〜』(ストレンジャー しゃんはいのあくたがわりゅうのすけ、英題: A Stranger in Shanghai)は、「スペシャルドラマ」として・・の3波同時放送での21時から22時13分に放送された。 全1回。 新聞社のとして・に派遣されたの視点を通じ、芥川の小説世界と派遣当時の中国の現実を織り交ぜつつ史中の日中の精神的交流を描く。 作、主演。 ので版がおよびに前後編にて先行放送された。 この作品記事はが望まれています。 ください。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 〈29〉 演 - 作家。 特派員として上海に渡航する。 村田孜郎(しろう) 演 - 大阪毎日新聞上海支局長。 秀しげ子 演 - 龍之介の愛人。 演 - 龍之介の妻。 上海・妓楼の人々 林黛玉 演 -。 玉蘭 演 - 妓女。 ルールー 演 -。 上海・知識人たち (へいりん) 演 - 革命家。 のかつての同志。 (こうしょ) 演 - の遺臣。 のちの総理。 李人傑 演 - のちの設立メンバー。 本名、李漢俊。 その他の人物 [ ] 芥川儔 演 - 愛春 演 - 時鴻 演 - 秦楼 演 - 緑牡丹 演 - 余社長 演 - 鄭垂 演 - 張帥 スタッフ [ ]• 作 -• 原案 - 『上海游記』ほか• 音楽 -• 制作統括 -• プロデューサー -• 演出 -• 撮影監督 -• 人物デザイン監修 -• 日中関係史考証 -• 制作・著作 - 製作 [ ].

次の