すとぷり小説。 【小説】おすすめ軍事/ミリタリー小説5選②【戦争/特殊部隊/戦闘機/潜水艦】|かぷりころぐ

すとぷり、ななもりさんについてです

すとぷり小説

すとぷりすなーのルールについて話されていました。 るぅとくんところんくんの腐で小説や漫画を描いている方も多いので、2人の名前を出したんだと思います。 腐コメについて 言えんよ。 逆に言いたいけど、俺が女優さんの巨乳の子の絡みいいとか言ってたらキモくない?自分達だけの中で楽しんでたら許されたりするじゃない?モラルの範囲でやっていて欲しいね。 小説について これも言いたくない。 いいよ書いてもって。 照れくさいよ。 聞かずにひっそり書いてくれよ。 なーくんの小説書いてもいいのって照れくさいじゃん。 楽しんでくれる二次創作なら嬉しいからして欲しいね 夢絵 難しくて。 どういう範囲を表すのは人によって違うと思うんだよね。 凄く説明しづらい部分なんですよ。 nmmn そのルールって誰が作ったのって。 これも全部思いやり。 これがいいとか悪いとか言えない。 人によって違うから言えない。 皆で思いやって行きたいね。

次の

むちむちぷりりん

すとぷり小説

Contents• 第1作目は戦闘機での戦闘シーンが沢山出てくる、どちらかと言えばアクションメインなミリタリー小説でしたが、今回のミノタウロスは情報戦・頭脳戦・策謀メインのテクノスリラー作品に仕上がっています。 元アメリカ海軍のパイロットが描くテクノスリラー小説…これが非常に秀逸! アメリカ海軍の次期主力戦闘機導入計画の裏で暗躍する謎の人物「ミノタウロス」とは一体誰なのか…。 米ソ冷戦と絡めた緊張感のある展開は、手に汗握る面白さです。 第2作目以降はこちら。 東西冷戦時代を舞台にNATO軍とワルシャワ条約機構軍との全面戦争を描いていて、「ジャック ライアン」は出てきませんが、にも関わらず非常に面白い小説です。 戦闘描写・人物描写・政治背景…どれも練りに練られていて、全く隙がありません。 こんな面白い小説を書いてくれてありがとうと言いたいですね。 ちなみに、トム クランシーを語るにあたって絶対に忘れてはいけない人物が居まして、、それが「ラリー ボンド」。 この作品もそうなんですが、トム クランシーの初期作品はラリー ボンドとの共著が多く、彼の助けが無ければ、トム クランシーがここまで有名になる事も無かったかもしれません。 そのラリー ボンドが単体で書いている小説もこれまた面白いので、そちらもいずれ紹介したいと思います。

次の

【閲覧注意】アンチ大量!?すとぷりの「たぬき」での評判はどんな感じ?

すとぷり小説

Contents• この「スティーブン クーンツ」という作家、私は昔から大好きなんですけど、書評サイトを見渡しても、全然話題に上ってないんですよね…。 この人、航空小説を書かせたら世界でもトップクラスだと思いますよ? なにせ元アメリカ海軍のパイロットですから。 実際に「A-6 イントルーダー」を操縦してベトナム戦争に従軍していた経験を元に、戦争におけるパイロットの様子や苦悩を、リアルに描いています。 「ジェイク グラフトン」を主役とした作品はシリーズ化されていて、どれも面白いので、いずれ全て紹介予定です。 「神の拳」 フレデリック フォーサイス 緊迫感&臨場感ピカイチ 1990年8月2日に行われた、イラク軍によるクウェート侵攻。 ミサイルや砲弾が飛び交う衝撃的な映像を、皆さんもニュースなどで見たと思います。 その後事態は悪化の一途をたどり「湾岸戦争」へ突入していく訳ですが、、実はあの戦争の裏で密かに進んでいた「神の拳計画」とは何だったのか…その謎を解き明かしていく物語です。 ジョージ ブッシュ・マーガレット サッチャー・サダム フセインなどなど、実在の人物も多数描かれている、虚実織り交ぜたスリル満点の1冊! イギリス空軍・ロイター通信特派員などの経歴を持つ作家なだけに、緊迫感&臨場感の描写が非常に上手いです。 「虐殺器官」 伊藤 計劃 伊藤計劃の代表作 伊藤計劃は、デビュー2年で早逝してしまった非業の作家。 コアなファンが数多くいて、今なお人気があります。 そんな伊藤計劃の代表作とも言える作品がこちら。 舞台は、テロリズム抑制を理由とし、厳格な個人情報管理体制を構築した社会。 そんな高度な情報管理社会において暗躍する、アメリカ軍の特殊暗殺工作員の活躍と悲哀を描いた物語です。 「虐殺の器官」によって世界各地で大量虐殺を起こしているのは、一体誰なのか? ミリタリー小説でもあり、SF小説でもあり、犯人探しをするミステリー小説としても読むことができます。 「極大射程」 スティーヴン ハンター ONE SHOT ONE KILL 「一撃必殺」が超絶に似合う、元アメリカ海兵隊武装偵察部隊のスナイパーが主人公。 山奥で隠居していた凄腕スナイパーが、アメリカ大統領暗殺計画を阻止するために仕方なく下山したところ、自身が暗殺事件の犯人に仕立て上げられ…。 重傷を負いながらも徐々に真犯人に迫っていく、スリル溢れるエンターテイメント小説に仕上がっています。 この「ボブ リー スワガー」も人気のあるシリーズで、私も大好き。 非常に渋くてカッコいいんですよ。。 映画版も非常に面白いので、未見の方は是非観てください。 映画版の詳細を知りたい方は、下記記事が参考になります。 関連:• 30日間無料• Kindle読み放題 リンク先: 130万冊以上のラインナップ!小説・漫画・ビジネス・雑誌が読み放題! 130万冊以上の対象Kindleコンテンツ 小説・ビジネス・実用書・漫画・雑誌・洋書など が読み放題となる『』無料おすすめ本についてはこちら。 Amazonプライム無料動画のなかから厳選したおすすめ映画についてはこちら。 SF映画好きのあなたに、おすすめSF映画ランキングベスト50はこちら。 Amazonギフト券5,000円チャージで1,000円ゲットしたい方はこちら。 新感覚の読書!?Amazon Audible オーディブル 口コミはこちら。

次の