ミニストップ アイ チューンズ カード。 コンビニで使える商品券・ギフトカードの一覧

コンビニで使える商品券・ギフトカードの一覧

ミニストップ アイ チューンズ カード

iPhoneでおサイフケータイ iD を使うには Last update 2017-03-18 18:58:32 iPhone 7が発売されてようやくiPhoneにもおサイフケータイが搭載されるようになりました。 今のところ、「 Suica スイカ 」と「 iD アイディー 」と「 QUICPay クイックペイ 」しか使えませんが、コンビニやスーパーでiPhoneをかざして代金を支払うことが出来るようになりました。 iPhoneのSuicaは、JR東日本だけでなく、日本全国使用できますし、関東の私鉄 PASMO などにも使用できます。 Sponsored Link iDとは? 日本で使用できる電子マネーは、「nanaco」や「WAON」などが有名ですが、docomoが提供する「iD」も、殆どのコンビニ、大手スーパーで使用できます。 アンドロイドのスマホと同じFalicaを使用するので、iPhone 7以降のiPhoneであれば、クレジットカードを登録すればすぐに「iD」を使うことが出来ます。 もちろん、会費や手数料も不要。 「Suica」よりポイントが貯まるお店も多く、ドコモユーザーやクレジットカードを持っている人であれば、iDを使えるようにしておくと、いざという時や買い物に大活躍するでしょう。 docomo以外のユーザー auやSoftbank でも使用することが出来ます。 アンドロイド版の「iD」と違い、指定できるクレジットカードも多く、「イオンカード」や「Softbankカード」や「au WALLET クレジットカード」などがあります。 iDが使えるコンビニは? iDが使えるコンビニは以下。 Apple Pay アップル・ペイ とは、 iPhoneを作成・販売しているAppleという会社の電子財布及び 非接触型決済 ひせっしょくがたけっさい サービスです。 基本は、 クレジットカード番号などをiPhoneに登録し、専用のリーダーにかざしてクレジットカードをいちいち出さなくても、iPhoneをかざすだけで決済が完了するシステムですが、日本のように現金やSuicaやnanacoのような電子マネーがメインの国では、普及しませんでした。 が、iPhone 7から日本で使われている電子マネーが採用している「 Felica フェリカ 」を搭載し、日本でもiPhoneで「Suica」と「iD」と「QUICPay」が使えるようになりました。 今後、nanacoやWAONも使えるようになるかは今のところ未定ですが、ほとんどのコンビニやスーパー、ファーストフードで採用されている「iD」が使えるので、iPhone 7を持っている人は是非、使用してみて下さい。 iPhoneでiDを使えるようにするには クレジットカードを登録する iPhone版のiDはアンドロイド版と違い、 iDで支払ったお金の支払はクレジットカードのみです アンドロイド版は、ドコモの料金と合算できる。 そのため、まずクレジットカードを登録します。 おすすめなのが、docomoのクレジットカードの「dカード」で、docomoの料金の支払いにも使え、溜まったポイントでドコモの携帯代に当てることも出来ます。 ここでは、「dカード」と「イオンカード」を登録してみます。 他のクレジットカードでもかまわないのですが、どうも「VISA」関係のクレジットカードの多くは、登録できないっぽい。 複数のクレカを登録した場合は、どのクレジットカードで支払うか選択することも可能です デフォルトでは一番最初に登録したクレジットカード。 はじめからインストールされている「 Wallet ウォーレット 」を立ち上げます。 右上のプラスのアイコンをタップします。 Apple Payについての説明が表示されるので、右上の「次へ」をタップします。 カメラが起動するので、登録するクレジットカードを枠内に映るようにします。 一瞬でクレジットカード番号と、氏名 ローマ字 が読み取られて白文字で表示されます。 「名義」と「カード番号」を確認し、右上の「次へ」をタップします。 カードの有効期限を入力します。 続いて3桁の「セキュリティコード」を入力します。 入力し終わったら、右上の「次へ」をタップ。 クレジットカード情報の確認中になるのでしばらく待ちます。 私が登録した「dカード」の「Apple Pay特約」が表示されるので、目を通したら右下の「同意する」をタップします。 「カードを追加中」の画面になるのでしばらく待ちます。 1~2分ぐらいでカードが追加されます。 iPhoneでiDが使えるようになりました。 カード認証を受け取る方法を選択します。 「 SMS ショートメール 」か「dカード」アプリの2つの中から選択します。 SMSは、dカードで登録した電話番号になります。 SMSでオッケーです。 セキュリティーコードが届きました。 アクティベート 認証 が完了しました。 完了をタップします。 「Wallet」に「dカード」が登録されました。 イオンカードの場合 イオンのクレジットカードを登録した場合も全く同じ。 ただ、「利用条件」がイオンカードのものになります。 右下の「同意する」をタップします。 認証コードが届きました。 記載されている6桁のコードをメモしておきます。 Walletの「認証コード」に届いた認証コードを入力します。 アクティベートが完了しました。 右上の「完了」をタップします。 イオンカードで「iD」が使えるようになりました。 このように複数のクレジットカードを登録することも出来ます。 アメリカではApple Payに対応した専用のリーダーが販売されていて、個人商店なんかでもApple Payで支払いができるようです 店側は手数料2. どうやって使うの? 登録できたけれど、どうやって使うんだろう?はじめての場合はわからないですよね。 というわけで、実際に使ってきてみました。 アンドロイドのスマホやカード型の電子マネーと同じで、すごく簡単です。 使い方はすごく簡単。 左のマークが貼ってあるコンビニに行きます 殆どのコンビニで使用可。 店員が買い物の合計金額を言ってきたら、「iDで」と告げます。 電子マネーは非常に沢山の種類があり、コンビニの場合はどの電子マネーを使うか、店員がレジのボタンで決定するので、必ず使用する電子マネーの名前を言います。 指紋認証はあっという間に完了します。 あるいはレジで店員がバーコードなどを読み取っている間に、iPhoneのホームボタンを2回素早く押しても今のような画面になるので、待っている間に指紋認証を済ませておいてもオッケーです。 この場合、リーダーにかざすまで画面は消さないで スリープにしない おいて下さい。 画面がこのようになったらリーダーから音が聞こえるまで 決済が完了するまで 待ちます。 反応が悪い? 私が不慣れだったからかもしれませんが、ファミマやスリーエフでSuicaやiDを使ったときは、読み込まれるまで10秒前後の時間がかかりました。 が、セブンイレブンではあっという間に 指紋認証が完了したとたん 完了しました。 コンビニやお店によって違うのかもしれません。 参照: チャージは? 「iD」は、後払い方式 ポストペイ の電子マネーなので、チャージは必要ありません。 使った分だけクレジットカードに請求され、自動的に口座から引き落とされます。 使用するカードを交換する 「Wallet」には、8枚までのカードを登録できます。 「Wallet」を立ち上げて一番上に表示されたカードが優先的に使われます。 「Suica」は指紋認証がないし、Suicaしか使えないお店などの場合に、「iD」から「Suica」に変更したい、なんてときは以下のように行います。 一番上に表示されているカードをタップします。 登録されたカードの一覧が表示されます。 あとは、使用したいカードをタップします。 dカードアプリ iDは、「」がなくても登録・使用することが出来ます。 が、「dカードアプリ」があると、明細などがアプリ上から確認できます。 docomo IDでログインすると、このように各月の請求額や、明細を見ることが出来ます。 Tカード ファミマのように「Tカード」が使えるお店では、200円毎に1ポイントがTカードにたまります。 ローソンの場合は、最大100円に付き5ポイント分が還元されるので、近所にローソンがある人は、iDを積極的に使ったほうがいいかも。 関連ページ• 最終更新日 2017-03-18 18:58:32 Sponsord Link.

次の

コンビニエンスストアのATMのご案内|クレジットカードの三井住友VISAカード

ミニストップ アイ チューンズ カード

コンビニでポイントが貯まるのも当たり前になってきましたよね。 今はクレジットカードでもクレジットカード機能の無いポイントカードでもほとんどのを受けられるようになりました。 一部電子マネーで無ければつかない場合もありますが、大体は下記のものになるでしょう(電子マネーでの支払い含む)• セブン-イレブンであれば、nanacoポイント• ローソンであれば、Pontaポイント• ファミリーマートであれば、T-ポイント• サークルKサンクスであれば、R(楽天)ポイント• ミニストップなら、WAONポイント だからと言って全部のカードを持つ事は逆に損になるでしょう。 そんなにコンビニばかり使う人もいませんからね。 普段一番利用するコンビニのポイントカードだけを使って、後は一番使うクレジットカードで支払うのがお得になると言えます。 ざっくり説明すると• ポイントは分散しないようにする 節約の本を買うと大抵書いてある事で、ポイントカードはお得かどうか?という事。 更に内容としては、ポイントカードを使う事でポイントを貯めないといけない、ポイントを使わないといけないと思ってしまい、逆に余分なモノを購入して損になるからポイントカードは作らない方がお金が貯まる!と書いてあることが非常に多いと言えます。 これはまさにその通りなのですが、そうで無い人も居るわけです。 それは 自制がきちんと出来る人。 お金を貯めるポイントは結局、必要なものと必要で無いものを明確にして必要ないものを買わないという自制が出来るかどうかにかかっています。 自制が出来るのであれば、ポイントカードはほとんどの場合お得になります。 しかし怖いのはポイントカードを持ちすぎてポイント分散してしまう事です。 ポイント分散してしまい、気づきたらポイントの失効期限間近。 慌てていろいろ買ってしまったら、意味が無いですよね。 コンビニで使うポイントカードは本当に一番使うコンビニ1箇所だけにして、他のコンビニで買う機会があれば、クレジットカードで購入してクレジットカードのポイントを貯めた方が結局は無駄にならないと言えます。 クレジットカードのポイントも分散しないようにする 同様にクレジットカードでもポイントは貯まりますし、使う場所によって貯まるポイントの還元率も異なるからといって、いろいろとクレジットカードを持ちすぎるとポイントが分散し過ぎて結局、ポイントの失効期限になってしまう場合もあります。 だからクレジットカードもポイントだけを見てお得だ!ということで沢山持ちすぎるとポイント分散して結局はお得にはならない結果になります。 一番使うコンビニのポイントだけを貯めるべし!後はクレジットカード支払いで あなたが一番行くコンビニはどこですか?セブン-イレブン?それともローソン?ファミリマート? ひょっとしてミニストップ?セイコーマート?ヤマザキデイリーストア? 別にどこのコンビニでもコンビニなんて近くにあって便利だから使うということがほとんどでしょう。 でも全部のコンビニでお得なポイントカードなんて無いので一番使うコンビニで一番お得にポイントが貯まるポイントカード(もしくは電子マネー)を使うようにすることをおすすめします。 それ以外のコンビニではポイントの貯まりやすいクレジットカードで支払いをすることで、クレジットカードのポイントが優先的に貯まるようにした方が最終的にはお得になることが多いですよ。 コンビニ別 お得なポイントカード・クレジットカードはこれ! ではあなたが使うコンビニ毎にお得なポイントカードやクレジットカード、電子マネーを紹介します。 セブン-イレブンでお得なカード セブン-イレブンで一番お得なのは電子マネー「nanaco」ですが、もっとお得なのは、セブンカードプラスです。 nanacoに現金でチャージしてセブン-イレブンで使ってもポイントは1%しか貯まりません。 しかしセブンカードプラスで支払うとポイントは1. 5%になります。 あたセブン-イレブンではnanacoやセブンカードプラスで支払うと商品によってはボーナスポイントが貯まります。 セブン-イレブンで使うのならクレジットカードのセブンカードプラスがもっともお得になります。 >> ローソンでお得なカード ローソンでお得なポイントと言えばやはりPontaポイントですよね。 1%のポイントが貯まるのですからお得です。 Pontaポイントと親和性が高いのがリクルートカードです。 リクルートカードで貯まるリクルートポイントはPontaポイントに等価交換出来ます。 リクルートカードはポイント還元率1. >> ファミリーマートでお得なカード ファミリーマートで貯まるポイントは共通ポイントとしては最も汎用性の高いTポイントですよね。 そこでお得なのがやっぱりファミマTカードです。 更にお得なのがファミマTカードでもクレジットカード機能付きです。 ファミマで貯まるTポイントは200円で1ポイントですから還元率は0. また火曜日・土曜日であれば更にお得にポイントが貯まります。 >> でも火曜日や土曜日ばかりでは無いし、他にもTポイントを集めているという方ならヤフーカードの方がお得かもしれません。 ヤフーカードは100円で1ポイントのTポイントが貯まります。 またファミマであれば店頭でのTポイント加算も200円で1ポイントですからわせて1. 5%の還元率でTポイントが貯まります! Tポイントが一番貯まるクレジットカードはヤフーカードですからファミマTカードが火曜日・土曜日になかなか使えない方はヤフーカードをおすすめします。 >> サークルKサンクスでお得なカード サークルKサンクスで貯まるポイントは楽天スーパーポイントです。 だから楽天スーパーポイントも貯まる楽天カードがもっともポイントが貯まりやすいカードになります。 >> ミニストップでお得なカード ミニストップはイオン系列のコンビニです。 だからWAONかイオンカードがお得だと思われがちですが、実はそうでもありません。 電子マネーWAONで支払っても通常は0. 5%しかポイント還元されませんし、イオンカードでも同様です。 イオンもよく使うのならイオンカードセレクトを作って、イオンカードセレクトでWAONにオートチャージをして使えば還元率は1%以上にはなりますが、たまに使うミニストップのためだけに銀行口座開設も必須のイオンカードセレクトはやや面倒臭いというのが本当のところ。 まあ1%の還元率ということであればイオンカードセレクトを作ってWAONが良いですよ。 WAONボーナスポイントが貯まる商品もありますから。 >> でも銀行口座開設まで必須のイオンカードセレクトが面倒だというのなら、元々ポイント還元率の高いリクルートカードがおすすめです ポイント還元率は常に1. 2%です。 イオンカードセレクトでWAONにチャージして使うよりも通常はお得になることが多いです。 >> まあ、ミニストップって何故か楽天Edyとタイアップキャンペーンとかしたりして迷走していることがあるので、イオンカードではなく素直に高還元率のクレジットカードが良いと思います。 まとめ的な あなた自身が一番使うコンビニで貯めるポイントはどれか、お得なクレジットカードは何か大体わかってもらえたかな?と思います。 よく行くコンビニがいろいろ変わるという場合でも一番利用頻度の高いコンビニで一番お得なポイントを貯めるようにして、それ以外のコンビニはクレジットカードでお得にポイントを貯めるようにしてくださいね。 この記事を読まれた方におすすめの記事• 最終更新日 2016年5月11日 suzukidesu23.

次の

コンビニでポイントを貯める場合、ポイントカードは1つだけに絞った方が最終的にはお得です。それ以外はクレジットカードで!

ミニストップ アイ チューンズ カード

以下この記事をざっくり説明すると• 水道は県か市区町村が管理 水道はほとんどが県か市区町村が管理しているところがほとんどです。 一部の市区町村で第三セクターの会社が管理しているところもありますが、ほぼ県か市区町村が管理しています。 そのため水道代の料金は市区町村で管理を行っていることが多くなっており市区町村の方針や財政状況により可能な支払い方法が変わってきます。 ただし東京都だけは東京都として水道を管理しています(離島を除く)。 水道代も口座振替で割引になる? 答えは東京都のみ 関東をまずは調べてみたのですが、関東で口座引落で割引になるところで発見出来たのは東京都だけでした。 他の県や市町村では口座引落で割引になるところは今のところ、発見出来ていません。 水道代の口座振替で割引になるのは東京都のみ(23区及び多摩地区) 東京都の場合請求金額から54円(税込)が割引されます。 市区町村の管理であれば、やはり割引で何万人という人の分を割り引くとそれなりにコストが合わないのかな?と思います。 それ以外にも集金を行っているところもあって、無駄ななコストを発生させている部分もあるのが水道なのかな?とも。 集金員を切れない理由も裏にはありそうなのですが。 クレジットカードで水道代は払える? 答えは一部市区町村で直接可能、また一部で間接的に可能 関東で少し調べてみたのですが、東京都(23区と多摩地区)は可能でした。 他の市区町村でクレジットカード払いが可能なのは下記のところです。 横浜市・尾瀬市・福岡市・尼崎市・水戸市・長崎市・札幌市・浜松市・神戸市・京都市・大阪市 上記の市ではクレジットカード払いによる支払いが可能です(窓口では不可・事前に申し込んだもののみ)。 しかし名古屋や仙台市、広島市といった大きな市でも対応していないところもあるのが驚きです。 でもなぜこれほど一般的な水道料金がクレジットカードで簡単に自動継続で支払いが出来ないのか?と言えば先に書いている通り、水道は市区町村で管理しているため。 この辺りはWikipediaで詳しく書かれているので参考にしてください。 >> では、上記の市区町村以外は絶対にクレジットカードで支払えないのか?と言えばそんなことはありません。 徐々に間接的にクレジットカードで自動継続で支払うことが可能になってきています。 さっき、クレジットカードの支払いを受け付けていないって書いてあったじゃん! と思った方、間接的にではなく直接的に支払うことが出来ないということです。 クレジットカードで 直接、毎月自動的に支払う=東京都と大阪市のみ• クレジットカードで 間接的に毎月自動的に支払う=いろいろな市区町村で可能 直接と間接ってどういうことと思うかもしれませんよね。 直接とはこの場合、東京都や大阪市と直接クレジットカードで支払うことを契約することが出来るという意味になります。 間接的というのは各市区町村と直接クレジットカードで支払いことを契約するのではなく、間に別の企業を挟んで支払うことが出来ることを意味します。 具体的にはどういうことかと言えばある企業が水道代を立て替える代わりに、立て替えた分の水道代をその企業にクレジットカードで支払うということです。 そんなことをしている企業があるの?と思うかもしれませんがあります。 それがYahoo! Yahoo!を知らない方はいないと思います。 Yahoo! の「Yahoo! JAPAN公金支払い」というサービスを使えばクレジットカードで水道代を支払うことが出来るんです。 ただしすべての市区町村が対応している訳ではなく、「Yahoo! JAPAN公金支払い」というサービスと契約をしている市区町村のみとなっています。 各道府県県ではどこの市区町村が対応しているか、下記のとおりです(2016年7月11日現在)• 北海道=旭川市• 岩手県=岩手中部水道企業団の区域• 山形県=山形市• 茨城県=土浦市・守谷市・つくばみらい市・湖北水道企業団区域・茨城県南水道企業団区域• 群馬県=前橋市・群馬東部水道企業団区域• 千葉県=野田市・佐倉市・流山市• 埼玉県=さいたま市・志木市・秩父広域市町村圏組合水道事業• 神奈川県=川崎市・座間市・湯河原市• 三重県=四日市市・伊勢市・松阪市・鈴鹿市・いなべ市• 大阪府=箕面市• 兵庫県=明石市・加古川市• 和歌山県=有田川町・串本町• 香川県=高松市・宇田津町• 長崎県=波佐見町 詳しくは下記Yahoo! JAPAN公金支払いをご覧ください。 >> でもほとんどのところではクレジットカード払いが出来ていないのが現状。 クレジットカードで支払えれば、クレジットカードのポイントが貯まるのでお得に支払いたいのに出来ないというのは勿体無いですね。 対応してくれる市区町村が増えれば良いのにと思います。 なお、Yahoo! でお得にポイントを貯めるのならYahoo! JAPANカードがおすすめです。 >> 東京都の人は1回の支払いが4500円以上ならクレジットカードの方がお得になる なお東京都の人は1回54円、口座振替にすればお得になるのですが、月々の水道料金とクレジットカードのポイント還元率によってはクレジットカード払いにした方がお得になります。 クレジットカードの ポイント還元率 クレカの方がお得になる 水道代目安(円) 0. 仮に1回の水道代が4500円を超えているのなら、リクルートカード等のポイント還元率が1. >> リクルートカードは年会費無料のクレジットカードで還元率が高いので非常にお得なクレジットカードです。 コンビニ支払いなら間接的にクレジットカードで水道代を支払える? 答えは間接的には可能 上記で紹介した市区町村以外ではクレジットカード払いによる支払いは絶対に出来ないのかと言えば、答えはNO!です。 間接的にですが可能です。 コンビニで水道料金を支払う場合クレジットカードは使えません。 しかし一部のコンビニで電子マネーでなら支払えます。 電子マネーには一部ですがクレジットカードでチャージすることも可能なものもあります。 電子マネーで水道代が支払えるのはセブンイレブンとミニストップです。 セブンイレブン・ミニストップは電子マネーで公共料金の支払いがOK セブンイレブンと言えば、最大規模のコンビニチェーン、ミニストップはイオンが展開しています。 この2つのコンビニはそれぞれ自社グループ内で管理している電子マネーがあります。 セブンイレブン=nanaco• ミニストップ=WAON そしてセブンイレブンならnanacoで水道代を支払うことが出来ます。 ミニストップならWAONで水道代を支払うことが出来ます。 そしてnanacoであればセブンカードプラスやリクルートカード等のクレジットカードでチャージをすればクレジットカードのポイントが貯まります。 WAONであればイオンカードセレクトでチャージをすればイオンカードのポイントが貯まります。 nanaco=セブンカードプラスやリクルートカード等のクレジットカードでのチャージでポイントが貯まる• WAON=イオンカードセレクトでチャージすることでポイントが貯まる つまりそれぞれの電子マネーにクレジットカードでのチャージでポイントが貯まるクレジットカードを使ってチャージして、電子マネーで水道代を支払えば間接的にですがクレジットカードで支払ったことになり、クレジットカードのポイントも貯まります。 上記の電子マネーにチャージをしてセブンイレブンやミニストップで水道代を支払うと年間で6万円の水道代を支払っていた場合、最低でも300円はお得になる計算です。 nanacoへのチャージにおすすめのクレジットカード nanacoへのチャージでもポイントでポイントが貯まるクレジットカードでおすすめは2つです。 リクルートカード リクルートカードなら年会費無料でnanacoへのチャージでポイントが1. 年会費無料でポイント還元率1. >> セブンカードプラス セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく使う方ならセブンイレブンやイトーヨーカードーでお得になるセブンカードプラスがおすすめです。 nanacoへのチャージは0. 5%ですが普通の食品や日用品での買い物で1. 5%のポイントが貯まります。 >> WAONへのチャージでポイントが貯まるのはイオンカードセレクトのみ WAONへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードはイオンカードセレクトのみです。 だからミニストップで支払おうと考えている場合はイオンカードセレクトを申し込むのがお得になります。 イオンカードセレクトは年会費無料のクレジットカードです。 >> 水道代を間接的にでもクレジットカードで支払えないのは沖縄県のみ 調べていくうちに分かったのが、唯一沖縄県のみ間接的にでもクレジットカードでは水道代は支払えないということ。 2016年7月11日現在、沖縄県は直接でも間接的でもクレジットカードによる支払いは受け付けていません。 またコンビニで電子マネーで支払おうと思ってもセブンイレブンもミニストップもありません。 沖縄県でお得に水道料金を支払う方法は無さそうです。 もし見つかったら更新していきますね。 以上、水道代はクレジットカードで支払えるか?というお話でした。 この記事を読まれた方におすすめの記事• suzukidesu23.

次の