護衛艦 あさ ゆき。 あさぐも (護衛艦)

はつゆき型護衛艦

護衛艦 あさ ゆき

ゆきかぜ(: JDS Yukikaze, DD-102、 ASU-7003)は、の。 の2番艦。 の「」に続き日本の艦艇としては2代目。 ゆきかぜ 基本情報 建造所 運用者 艦種 級名 艦歴 計画 度計画 発注 起工 進水 就役 特務艦に種別変更 最期 実艦標的として海没処分 除籍 要目 1,700 2,430トン 106 最大幅 10. 5m 深さ 6. 4m 3. (昭和32年)、警備艦「」に代わり第2代兼旗艦となる。 (昭和34年)からまでで特別改修工事が行われ、後部の爆雷投射機4基、爆雷投射軌条1条を撤去し、Mk. 2短魚雷落射機を両舷に各1基装備。 5インチ砲用射撃指揮装置をMk. 51からMk. 57に換装した。 また、敵味方識別装置の新設、電子戦装置をOLR-3からOLR-4へ換装し、戦闘区画諸室への冷暖房通風設備の新設などの工事が実施された。 同年、自衛艦隊司令部は第1護衛隊群司令部との兼務を廃し、これに伴い「ゆきかぜ」は自衛艦隊直轄の旗艦となる。 (昭和35年)2月には洋上給油装置が装備された。 同年からまでの間、第4回に参加し、を歴訪。 (昭和36年)、自衛艦隊旗艦の任を護衛艦に譲り、第1護衛隊群に旗艦として編入。 (昭和38年)には翌年公開された映画『』の撮影ロケが行なわれ、先代の駆逐艦「雪風」として登場した。 (昭和39年)、に旗艦として編入され定係港がに転籍。 (昭和44年)3月、でソナーをSQS-29Jに換装する近代化改装を実施。 (昭和46年)、僚艦とともに第3護衛隊群隷下に新編された第12護衛隊に編入され、定係港もに転籍。 なお、両艦が護衛隊を編成するのはこれが初めてであった。 (昭和48年)、第12護衛隊が廃止となり、実用実験隊に編入。 定係港が再びに転籍。 (昭和49年)に発生したに対応するためされる事となり、に護衛艦「」、「」、「」とともに処分現場に派遣され、翌27日から28日にかけて海没処分するための射撃を実施した。 (昭和51年)1月には実用試験のための改装がで実施され、5インチ3番砲塔と爆雷投射機K砲や爆雷投下軌条が撤去され、艦尾にを装備した。 以後、曳航式パッシブ・ソナーの実用実験に従事した。 (昭和53年)、実用実験隊がに統合され本艦の所属も同群直轄艦となる。 (昭和56年)1月から3月まで2度目の実用試験のための改装工事が施され、両煙突間に甲板室が新設され汚物処理装置を搭載した。 また、5インチ2番砲塔、ヘッジホッグ2基、前部40mm機銃及び艦橋上のMk. 63射撃指揮装置が撤去された。 同年に特務艦に種別変更され、艦籍番号がASU-7003に変更される。 (昭和60年)、除籍。 総航程は442,979. 0浬(地球20. 5周)に及ぶ。 (昭和61年)8月、沖にて実艦標的として海没処分された。

次の

あさゆき (護衛艦)

護衛艦 あさ ゆき

にて 基本情報 建造所 追浜造船所浦賀工場 運用者 艦種 級名 艦歴 発注 起工 進水 就役 除籍 その後 9月、にて解体処分 要目 2,950 4,000 トン 130 最大幅 13. 6m 深さ 8. 5m 4. 15 mod. の7番艦。 艦名は「春に降る雪」即ち「春雪」に由来する。 なお、艦艇名としては通して初の命名である。 艦歴 [ ] 「はるゆき」は、中期業務見積もりに基づく昭和55年度計画2,900トン護衛艦2216号艦として、追浜造船所浦賀工場で1982年3月11日に起工され、1983年9月6日に進水、1985年3月14日に就役し、同日付で隷下に新編された第43護衛隊に「」とともに編入されに配備された。 及びに RIMPAC に参加。 、第43護衛隊が隷下に編成替え。 5月から平成2年度に参加し、5月20日には国際に参加した。 、第4護衛隊群司令部の移転にともない、定係港が呉に転籍。 、隊番号の改正により第43護衛隊が第4護衛隊に改称。 、第23護衛隊に編入され、定係港がに転籍。 、の大改編により、第23護衛隊が第13護衛隊に改称され隷下に編成替え。 3月13日、「」の就役にともない除籍。 最終所属は護衛艦隊第13護衛隊、定係港は佐世保。 前部甲板と76mm砲 歴代艦長 [ ] 歴代艦長(特記ない限り) 代 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考 1 高橋征寿 1985. 14- 1987. 15 5期 はるゆき艤装員長 学生隊長 兼第1学生隊長 2 畑田 隆 1987. 16 - 1988. 31 防大9期 海上幕僚監部調査部調査第2課 海上幕僚監部調査部調査第1課 3 池上光信 1988. 1 - 1989. 15 防大10期 調査部第2課別室 艦長 4 谷津憲治 1989. 16 - 1991. 21 ・ 22期幹候 第1海上訓練指導隊付 付 5 薮田 隆 1991. 22 - 1992. 19 防大16期 装備部武器課 6 1992. 20 - 1993. 19 防大18期 海上幕僚監部防衛部防衛課 東京業務隊付 1993. 1 1等海佐昇任 7 高橋英雄 1993. 20 - 1994. 10 防大17期 海上自衛隊第1術科学校教官 呉基地業務隊補充部付 8 阪上廣治 1994. 11 - 1996. 21 防大16期 海上自衛隊第1術科学校教官 運用開発隊運用開発第5科長 9 松浦正幸 1996. 22 - 1997. 17 防大21期 司令部幕僚 10 高塚裕幸 1997. 18 - 1999. 28 防大22期 艦長 1998. 1 1等海佐昇任 11 島村修司 1999. 29 - 2000. 2 防大25期 海上幕僚監部監理部総務課 海上自衛隊幹部学校付 12 堂下哲郎 2000. 3 - 2001. 31 防大26期 船務長兼副長 2001. 1 1等海佐昇任 13 宮﨑 守 2001. 1 - 2002. 19 海上幕僚監部人事教育部教育課 艦長 14 宅間秀記 2002. 20 - 2003. 11 防大30期 海上幕僚監部人事教育部補任課 15 吉岡時治 2003. 12 - 2004. 8 艦艇開発隊 就任時 16 日髙孝次 2004. 9 - 2005. 19 防大29期 船務長 しらせ航海長 17 淵崎直樹 2005. 20 - 2006. 31 防大30期 海上自衛隊幹部学校学校教官 艦艇開発隊 18 杉本雅春 2006. 1 - 2007. 29 防大34期 海上幕僚監部人事教育部 人事計画課 19 大鋸寿宣 2007. 30 - 2008. 27 防大33期 しらせ船務長 艤装員 20 渕 孔 2008. 28 - 2010. 21 艦艇開発隊 艦艇開発隊艦艇第2科長 21 石塚啓壯 2010. 22 - 2011. 4 海上幕僚監部人事教育部 人事計画課 主任教官 22 今野泰樹 2011. 5 - 2012. 22 防大38期 海上幕僚監部人事教育部教育課 海上幕僚監部人事教育部補任課 23 大森浩昭 2012. 23 - 2013. 21 防大35期 船務長 海上自衛隊幹部学校付 24 坂野祐輔 2013. 22 - 2014. 13 防大39期 海上幕僚監部防衛部防衛課 防衛計画部計画課 参考文献 [ ]• 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)• 『 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)• 『世界の艦船』第750号(海人社、2011年11月号) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

海上自衛隊護衛艦あさゆき 佐世保入港 / JMSDF DD

護衛艦 あさ ゆき

にて 基本情報 建造所 追浜造船所浦賀工場 運用者 艦種 級名 艦歴 発注 起工 進水 就役 除籍 その後 9月、にて解体処分 要目 2,950 4,000 トン 130 最大幅 13. 6m 深さ 8. 5m 4. 15 mod. の7番艦。 艦名は「春に降る雪」即ち「春雪」に由来する。 なお、艦艇名としては通して初の命名である。 艦歴 [ ] 「はるゆき」は、中期業務見積もりに基づく昭和55年度計画2,900トン護衛艦2216号艦として、追浜造船所浦賀工場で1982年3月11日に起工され、1983年9月6日に進水、1985年3月14日に就役し、同日付で隷下に新編された第43護衛隊に「」とともに編入されに配備された。 及びに RIMPAC に参加。 、第43護衛隊が隷下に編成替え。 5月から平成2年度に参加し、5月20日には国際に参加した。 、第4護衛隊群司令部の移転にともない、定係港が呉に転籍。 、隊番号の改正により第43護衛隊が第4護衛隊に改称。 、第23護衛隊に編入され、定係港がに転籍。 、の大改編により、第23護衛隊が第13護衛隊に改称され隷下に編成替え。 3月13日、「」の就役にともない除籍。 最終所属は護衛艦隊第13護衛隊、定係港は佐世保。 前部甲板と76mm砲 歴代艦長 [ ] 歴代艦長(特記ない限り) 代 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考 1 高橋征寿 1985. 14- 1987. 15 5期 はるゆき艤装員長 学生隊長 兼第1学生隊長 2 畑田 隆 1987. 16 - 1988. 31 防大9期 海上幕僚監部調査部調査第2課 海上幕僚監部調査部調査第1課 3 池上光信 1988. 1 - 1989. 15 防大10期 調査部第2課別室 艦長 4 谷津憲治 1989. 16 - 1991. 21 ・ 22期幹候 第1海上訓練指導隊付 付 5 薮田 隆 1991. 22 - 1992. 19 防大16期 装備部武器課 6 1992. 20 - 1993. 19 防大18期 海上幕僚監部防衛部防衛課 東京業務隊付 1993. 1 1等海佐昇任 7 高橋英雄 1993. 20 - 1994. 10 防大17期 海上自衛隊第1術科学校教官 呉基地業務隊補充部付 8 阪上廣治 1994. 11 - 1996. 21 防大16期 海上自衛隊第1術科学校教官 運用開発隊運用開発第5科長 9 松浦正幸 1996. 22 - 1997. 17 防大21期 司令部幕僚 10 高塚裕幸 1997. 18 - 1999. 28 防大22期 艦長 1998. 1 1等海佐昇任 11 島村修司 1999. 29 - 2000. 2 防大25期 海上幕僚監部監理部総務課 海上自衛隊幹部学校付 12 堂下哲郎 2000. 3 - 2001. 31 防大26期 船務長兼副長 2001. 1 1等海佐昇任 13 宮﨑 守 2001. 1 - 2002. 19 海上幕僚監部人事教育部教育課 艦長 14 宅間秀記 2002. 20 - 2003. 11 防大30期 海上幕僚監部人事教育部補任課 15 吉岡時治 2003. 12 - 2004. 8 艦艇開発隊 就任時 16 日髙孝次 2004. 9 - 2005. 19 防大29期 船務長 しらせ航海長 17 淵崎直樹 2005. 20 - 2006. 31 防大30期 海上自衛隊幹部学校学校教官 艦艇開発隊 18 杉本雅春 2006. 1 - 2007. 29 防大34期 海上幕僚監部人事教育部 人事計画課 19 大鋸寿宣 2007. 30 - 2008. 27 防大33期 しらせ船務長 艤装員 20 渕 孔 2008. 28 - 2010. 21 艦艇開発隊 艦艇開発隊艦艇第2科長 21 石塚啓壯 2010. 22 - 2011. 4 海上幕僚監部人事教育部 人事計画課 主任教官 22 今野泰樹 2011. 5 - 2012. 22 防大38期 海上幕僚監部人事教育部教育課 海上幕僚監部人事教育部補任課 23 大森浩昭 2012. 23 - 2013. 21 防大35期 船務長 海上自衛隊幹部学校付 24 坂野祐輔 2013. 22 - 2014. 13 防大39期 海上幕僚監部防衛部防衛課 防衛計画部計画課 参考文献 [ ]• 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)• 『 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)• 『世界の艦船』第750号(海人社、2011年11月号) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の