ウェザー ニュース 番組 表。 コミチャン番組表

ニュース・報道番組

ウェザー ニュース 番組 表

概要 [ ] 当番組はと同様に通常時(M1)はキャスターは出演せず、ウェザーリポートの紹介やをスクロール表示で随時伝えられる。 異常気象や地震発生時(WNI分析で推定最大震度が3以上、もしくは不明の場合)は番組を中断し、幕張テクノガーデンB館23階にあるウェザーニューズ・グローバル予報センター(通称:予報センター)から最新情報を伝える。 23:00~24:00の間は、「」と称してが担当している。 通常は番組スタッフが動作モデルと機械音声の打ち込みを担当しているが、木曜のみが動作モデルと声を担当している。 よりSOLiVE24からへのリニューアルに伴い、9:00~10:00、16:00~17:00、23:00~24:00(ただし前述のとおり23:00~24:00の時間帯はWEATHEROID Type A Airiが担当)を当番組の時間帯とし、番組を開始。 2018年から16:00~17:00の時間帯をとが担当となった。 2018年の番組改編に伴い、9:00~10:00および16:00~17:00の時間帯は終了。 ただし23:00~24:00の「ウェザーロイドの時間」は継続。 2019年の番組改編に伴い、キャスターのクロストークの再放送に変更。 23:00~24:00の「ウェザーロイドの時間」は毎週木曜22:00~23:00の放送に移行。 2019年7月8日からの改編の影響で木曜日はウェザーロイドの時間もあるため木曜日は22:00から24:00までの放送となる。 放送時間の変遷 [ ]• 2018年4月16日 - 2018年11月30日 月曜 - 日曜 9:00 - 10:00 16:00 - 17:00 23:00 - 24:00• 2018年12月1日 - 2019年7月7日 月曜 - 日曜 23:00 - 24:00• 2019年7月8日 - 月曜 - 水曜、金曜 - 日曜 23:00 - 24:00 木曜22:00 - 24:00 コーナー [ ]• 本日の振り返りと感謝。 ウェザーニュースLiVEの各番組のキャスターのクロストークの再放送とウェザーリポートの紹介。 過去のコーナー [ ]• お天気川柳 脚注 [ ] [].

次の

檜山沙耶

ウェザー ニュース 番組 表

概要 [ ] 当番組はと同様に通常時(M1)はキャスターは出演せず、ウェザーリポートの紹介やをスクロール表示で随時伝えられる。 異常気象や地震発生時(WNI分析で推定最大震度が3以上、もしくは不明の場合)は番組を中断し、幕張テクノガーデンB館23階にあるウェザーニューズ・グローバル予報センター(通称:予報センター)から最新情報を伝える。 23:00~24:00の間は、「」と称してが担当している。 通常は番組スタッフが動作モデルと機械音声の打ち込みを担当しているが、木曜のみが動作モデルと声を担当している。 よりSOLiVE24からへのリニューアルに伴い、9:00~10:00、16:00~17:00、23:00~24:00(ただし前述のとおり23:00~24:00の時間帯はWEATHEROID Type A Airiが担当)を当番組の時間帯とし、番組を開始。 2018年から16:00~17:00の時間帯をとが担当となった。 2018年の番組改編に伴い、9:00~10:00および16:00~17:00の時間帯は終了。 ただし23:00~24:00の「ウェザーロイドの時間」は継続。 2019年の番組改編に伴い、キャスターのクロストークの再放送に変更。 23:00~24:00の「ウェザーロイドの時間」は毎週木曜22:00~23:00の放送に移行。 2019年7月8日からの改編の影響で木曜日はウェザーロイドの時間もあるため木曜日は22:00から24:00までの放送となる。 放送時間の変遷 [ ]• 2018年4月16日 - 2018年11月30日 月曜 - 日曜 9:00 - 10:00 16:00 - 17:00 23:00 - 24:00• 2018年12月1日 - 2019年7月7日 月曜 - 日曜 23:00 - 24:00• 2019年7月8日 - 月曜 - 水曜、金曜 - 日曜 23:00 - 24:00 木曜22:00 - 24:00 コーナー [ ]• 本日の振り返りと感謝。 ウェザーニュースLiVEの各番組のキャスターのクロストークの再放送とウェザーリポートの紹介。 過去のコーナー [ ]• お天気川柳 脚注 [ ] [].

次の

コミチャン番組表

ウェザー ニュース 番組 表

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、 24時間生放送の気象情報専門チャンネル「ウェザーニュース LiVE」のスタジオをリニューアルし、 7月 8日より、新スタジオからの放送を開始しました。 今回のリニューアルでは、スタジオ面積を 3倍に拡張し、計 3つのスタジオセットを、シーンに合わせて使い分けて放送ができるようになったほか、スタジオ全面に取り付けた LEDライトによる自由自在なライティングで、季節や時間帯に合わせた照明演出が可能になりました。 番組では、スタジオに併設する予報センターからの最新の気象・防災情報をリアルタイムでお伝えし、今回新たに設置した大型モニターを用いた、さらに詳しいライブ解説を配信します。 地震や災害発生などの緊急時には、詳細情報をどこよりも速く正確にお伝えするとともに、専門家の生の声で、詳しい解説や防災上の注意点をいち早くお伝えします。 また、番組内容もリニューアルし、現代の課題にゲストとともに向き合う特集企画がスタートします。 ウェザーニューズは、「ウェザーニュース LiVE」を通じて、最新の気象・防災情報を、迅速かつ的確にお伝えするとともに、気象専門会社ならではの、天気に関連する幅広い情報を発信していきます。 今後も更なるバージョンアップを進め、視聴者にとってよりわかりやすく、親しみやすい番組作りを目指します。 世界各国、計 44市場に展開する気象情報会社ならではの専門的な気象解説や、天気に関連した幅広い情報、緊急時の防災情報などを、迅速かつ的確にお伝えするため、予報センター併設の生放送スタジオをリニューアルし、本日 7月 8日より、新スタジオからの放送をスタートしました。 <スタジオを 3倍に拡張、 3つのスタジオセットをシーンに合わせて使い分け> 今回のリニューアルでは、スタジオの面積を 3倍に拡張し、それぞれ、メインテーブル、大型モニター、 2面モニターを備えた計 3つのスタジオセットを開設しました。 気象予報士による天気予報の解説や、スマホアプリ「ウェザーニュース」を通して全国から寄せられる天気報告の紹介、視聴者とのチャットを通したコミュニケーション、ゲストを招いたトークなど、シーンに合わせてスタジオセットを使い分け、よりわかりやすく情報をお伝えします。 また、スタジオセット全面には 7色に変わる LEDライトが取り付けられ、自由自在なライティングが可能になりました。 季節や時間帯に合わせた照明演出で、視聴者の皆さまのライフスタイルに寄り添う、より親しみやすい番組作りを目指します。 <予報センター併設のスタジオから最新情報を発信、地震発生など緊急時も専門家がいち早く解説> 新スタジオには、ウェザーニューズの予報センターが併設し、番組では、最新の気象・防災情報をリアルタイムで配信します。 予報センターに設置された特設カメラからは、現場の担当気象予報士が最新の天気予報を解説し、スタジオ内では、大型モニターを用いたさらに詳しいライブ解説を行います。 地震や災害発生などの緊急時には、詳細情報をどこよりも速く正確にお伝えするとともに、専門家の生の声で、詳しい解説や防災上の注意点などをいち早くお伝えし、詳しい情報の把握や防災・減災のための行動にお役立ていただけます。 番組内の解説動画はニュースとしても配信され、各ニュースプラットフォームでご覧いただけます。 さらに、番組に寄せられる全国からの天気報告は、予報センターへその場でフィードバックし、天気予報の精度向上へ繋げています。 放送時間帯に合わせた天気情報やトピックス、季節情報など、おなじみのコーナーがバージョンアップするほか、気候変動や環境問題、ライフスタイルの変化などの現代の課題にゲストとともに向き合う特集企画がスタートします。 特集企画では、様々な分野の専門家をスタジオに招き、いま私たちが抱える課題についてお話いただきます。 番組の中で様々な角度から現状を知り、課題への向き合い方を考え、ゲストの方とともにヒントを見つけていきます。 特集企画は月~金曜日、 22:00~ 23:00に放送予定です。 ウェザーニューズ本社、予報センター内の特設スタジオから、 24時間 365日、生放送で最新の気象・防災情報をお届けしており、「 YouTube」や「 LINE動画」「ニコニコ動画」「 FRESH」など各動画プラットフォームから、全国の皆さまにご視聴・ご参加いただけます。

次の