メルセデス ベンツ 最新 モデル。 2020年6月25日に日本発売予定 メルセデスベンツのコンパクト7人乗りSUV GLB 2019 写真・動画情報

新型メルセデス・ベンツ GLEクーペ上陸! AMGモデルとクリーンディーゼルをラインナップ

メルセデス ベンツ 最新 モデル

FFベースのコンパクトSUV「GLA」を一回り大きくして、ボクシーなデザインにした「GLB」が発表されました。 2018年にフルモデルチェンジ予定のAクラスのプラットフォーム「MFA2」を使用されます。 スクエアな形状で、 3列シートがオプションで選べます。 密かなブームとして3列シートSUVがあるので、メルセデスベンツもフォルクスワーゲンやプジョーの後発としてラインアップしてくるかもしれません。 発表は2019年4月16日からの上海モーターショーでコンセプトモデルが発表されました。 量販モデルの発表は2019年6月10日。 日本でも売れ筋になりそうですね。 価格は、GLAとGLCの間をとって500万円前後になると予想されます。 欧州でのデリバリーは2019年末の予定のようなので、 日本に入ってくるのは2020年6月25日の予定です。 メルセデスベンツ GLB 2019の最新情報を随時更新していきます。 【関連記事】 主なスペック メルセデスベンツ GLB 2019 情報更新日(2019年8月19日): サイズ 全長:4,634mm 全幅:1,834mm 全高:1,658mm ホイールベース:2,829mm 日本車で言うと、日産エクストレイルとか、三菱アウトランダーと同じようなサイズで、扱いやすそうです。 0 9. 10ユーロ(約466万円) 価格 4MATIC:4万1471ユーロ(約493万円) 【GLB 250 4MATIC】 2. 9秒とかなり俊足です エンジン:2. 【エンジン】 2. 0リッター 直4 ターボエンジン 最高出力:224hp 最大トルク:350Nm 【トランスミッション】 8速デュアルクラッチトランスミッション AWD コンセプトモデルの展示車両の動画 メルセデスベンツ GLB 2019 情報更新日(2019年4月22日):• Twitter でフォロー• カテゴリー• アーカイブ アーカイブ• 最近のコメント• に 管理人 より• に 管理人 より• に Schumacher より• に 匿名 より• に ともさん より• 関連サイト.

次の

【メルセデス新型GLEクーペ】「新世代!」フルモデルチェンジ2020年6月11日日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

メルセデス ベンツ 最新 モデル

【2018年3月マイナーチェンジ】メルセデス・ベンツ Cクラス メルセデス・ベンツ新型Cクラス メルセデス・ベンツ Cクラスのマイナーチェンジが2018年3月に発表されました。 すでに出回っている新型Cクラスのスパイショットから予想すると、外装のフェイスリフト、内装の変更などが行われる模様です。 現行の4代目Cクラスは2014年に登場しましたが、まだ1度もマイナーチェンジが行われていません。 最新「Cクラス」中古車情報 【2018年9月フルモデルチェンジ】メルセデス・ベンツ Gクラス メルセデス・ベンツ Gクラスが初めてフルモデルチェンジされます。 デトロイトモーターショー2018でワールドプレミアされ、年内に発売が開始される可能性が高く、日本導入は9月になるという予想が出ています。 Gクラスは、メルセデスベンツのの中で最上位に位置しており、多くの芸能人、有名人が愛用していることでも知られています。 発売から38年間、数々のマイナーチェンジは行われてきましたが、今回初のフルモデルチェンジということで注目を集めています。 新型Gクラスは、ボディを100mm拡幅、さらに約400kg軽量化し、新開発の3. 0L直列6気筒エンジンを搭載しています。 愛されてきた外観はなるべくそのままに、内装には先進的なデザインを採用しています。 最新「Gクラス」中古車情報 【2018年9月フルモデルチェンジ】メルセデス・ベンツ Bクラス Redesigned Mercedes-Benz B-Class Spied in Action: The design of the Mercedes-Benz B-Class is… — Autotestdrivers. com Autotestdrivers メルセデスベンツのコンパクト・Bクラスが、新型にフルモデルチェンジされるという情報があります。 新型Bクラスは、現行型同様にMFAが採用され、ボディの拡大化と軽量化が図られると予想されています。 また、1. 6Lの直列4気筒エンジン、新開発の2. 0L、さらにやモデルなど、多様なラインナップとなることが期待されています。 最新「Bクラス」中古車情報 【2018年10月国内フルモデルチェンジ】メルセデス・ベンツ Aクラス エントリーモデル・Aクラスが4年ぶりのフルモデルチェンジとなり、2018年2月2日にワールドプレミアされました。 欧州では2018年4月に発売が開始されていましたが日本では遅れること半年、10月18日に正式に発売がアナウンスされました。 先代よりも化されたエンジンを搭載していますがは先代以上、安全装備もSクラスと同等のものが選択可能というコンパクトながらメルセデスらしさが詰まった一台です。 この新型Aクラスから「(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」と呼ばれる新機能を搭載しています。 このMBUXは「Hey メルセデス」と呼びかけると起動するシステムで、ユーザーはクルマと自然な会話でナビやオーディオなどの様々な機能を使用することができるというものです。 (AI)がユーザーの嗜好や流行などを学習してより快適なドライブを実現します。 もともとは「GL」の名前で展開していたモデルですが、2015年のマイナーチェンジによって「GLS」へと改名。 日本では2016年の4月に発売されました。 新型GLSはすでにテスト車両の姿も撮影されており、ワールドプレミアは、2018年の秋と予想されています。 【2018年】メルセデス・ベンツ GLEクラス GLEクラスはメルセデス・ベンツのミドルサイズです。 現行型GLEクラスが発売されてから多くの時間は経っておらず、さらに8月にモデルのGLEが国内発売されたばかりですが、次期GLEがスクープされています。 現行モデルが2015年に発売されていることから、発売は2020年以降になるのでは、と言われています。 【2018年】メルセデス・ベンツ Vクラス Vクラスはメルセデス・ベンツ唯一のバン(商用バン)です。 現行モデルは3代目で、2014年に発表されました。 2018年内にVクラスがマイナーチェンジされる可能性が高いとみられており、スパイショットも目撃されています。 新たな運転支援システムの採用と大幅なフェイスリフト、さらにの採用などの改良が予想されます。 最新「Vクラス」中古車情報 2019年以降のメルセデス・ベンツ新型車情報! ここからは2019年以降に登場すると予想されているメルセデスベンツの新型車・モデルチェンジ情報をご紹介します。 新型車も数多くスクープされており、最新情報が入り次第更新してまいります。 BクラスのSUVモデルとなります。 BMWが現在開発していると噂のコンパクトSUV がライバルになると予想されます。 GLBに関しては、テスト車両がスクープされた以外のほとんどの情報が明らかにされていませんが、発売日は2019年以降になると言われています。 【2019年】メルセデス・ベンツ SLクラス 2016年6月にマイナーチェンジした2シーターオープンの最高峰モデルSLクラスですが、2019年の上半期にはフルモデルチェンジが行われると見られています。 発売日から計算すると2017年秋に開催される東京モーターショーで、プロトタイプがお披露目されるかもしれません。 また、上記画像は新型ベンツSLクラスのレンダリング予想画像です。 最新「SL」中古車情報 【2019年】メルセデス・ベンツ EQ メルセデス・ベンツが初の専門ブランド、EQを立ち上げました。 モジュラーブロックシステムにより、さまざまなボディタイプに対応したEV専用を開発しており、すでに2016年のパリモーターショーでのコンセプトモデル「コンセプトEQ」をお披露目しています。 500kmという驚きの航続距離を叩き出す大容量のリチウムイオンバッテリーのような、高級車メーカーだからこそ実現できる技術が期待されます。 2019年を目標に開発が進められています。 メルセデス・ベンツは続々と新型車を開発! メルセデス・ベンツの新型車・フルモデルチェンジ情報はいかがでしたでしょうか。 近年のブームもあり、多くのSUVモデルが改良されたり、新たなグレードが投入されたりしています。 他にも多くの新型モデルが開発中ですが、中でもAMG GT Rは非常に続報が気になります。 今後メルセデス・ベンツがどのような最新技術を投入し、また環境問題に取り組むのか注目です! ドイツ車に関するおすすめ記事! その他の自動車メーカーのモデルチェンジ情報! 2017年に行われた新型車・モデルチェンジ 2月 メルセデス マイバッハ S650 カブリオレ 2017年1月16日、メルセデス・ベンツ日本は「メルセデス S 650 カブリオレ」の受注を開始しました。 日本国内向けには4台の限定生産モデルで、価格は4420万円(税込)です。 ベースモデルはメルセデスAMG S65 カブリオレで、6. 0L V型12気筒ツインを搭載し、最高630psを発揮します。 2月 メルセデス マイバッハ G650 ランドーレット 2017年2月13日、メルセデス・ブランド史上初の「G650ランドーレット(ランドレー)」が発表されました。 実車は2017年3月開催予定のジュネーブモーターショーで世界初公開するものと思われます。 このG650 ランドーレット(ランドレー)はダイムラー社史上最高級のスペック、価格となるモデルです。 2月 メルセデス・ベンツ GLCクーペ 2016年8月にGLEが日本で発売されましたが、それに引き続いてGLCのクーペモデル、GLCクーペが開発されました。 BMWの人気クーペ X4をライバル視していると思われます。 2016年9月からイギリスで、2017年2月22日から日本で新型GLCクーペが発売されました。 日本での発売日や価格などの詳しい情報に関しては以下のページで詳しく解説します。 6月 メルセデス AMG GT R メルセデス・ベンツ AMG GTの高性能モデル「AMG GT R」が開発されました。 2016年6月24日、グッドウッドフェスティバルオブスピードにて正式発表されました。 0L V型8気筒ツインを搭載し、最高は600近くになると言われています。 日本では2017年6月27日より発売開始しました。 メルセデス・ベンツの数あるスポーツカーの中でも、最高峰のモデルになることは間違いありません。 2016年に行われた新型車・モデルチェンジ 1月 新型メルセデス・ベンツ Vクラス Vクラスはメルセデスベンツの中で唯一の乗用です。 欧州では2015年5月に登場していたVクラスですが、日本仕様車は2016年1月に発売が開始されました。 ボディサイズは3タイプに分かれており、最大サイズのV220dAVANGRADE Extra-longの全長は5,380mmと、国産車では匹敵するものはいない超大型になっています。 2月 新型メルセデス・ベンツ GLC メルセデス・ベンツGLCは2月9日に日本発売が開始されたです。 フルモデルチェンジにあたり、先代の「GLK」から名称を変更しました。 メルセデス・ベンツのSUVモデル「GL」と車格の「C」が組み合わさり、モデル名でメーカー内における立ち位置が分かりやすくなりました。 BMW やアウディ がライバルにあたります。 3月 新型メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ 2016年3月に発売されたCクラスは、名前の通りCクラスのクーペモデルです。 メルセデスのデザイン哲学「モダンラグジュアリー」を体現した流線型のデザインはSクラスクーペの流れを汲んでいます。 オープンモデルのCクラス カブリオレも海外では発表されており、日本発売が期待されています。 4月 新型メルセデス・ベンツ GLS 2016年4月27日、メルセデス・ベンツGLSクラスが日本で発表、発売されました。 前身モデル「GL」から、車格の「S」を付けくわえ名称が変更されました。 メルセデス・ベンツのモデルの最高級モデルです。 現在、アウディも新型フラッグシップSUVのを開発しているようで、ライバル関係になることが予想されます。 大人7人が余裕をもって乗車できるボディサイズに、オフロード走行もこなせる走行性能を備えています。 AMGモデルも用意され、価格は1070万~1900万円となります。 6月 新型メルセデス・ベンツ SL メルセデス・ベンツ新型SLは6月2日、日本発売が開始されました。 SLはメルセデス・ベンツの最高級2シーターオープンカーです。 0L V型6気筒または4. 7LV型8気筒の直噴ツインが搭載されており、価格は1,265万~3,383万円と、ベンツのシリーズの中でも高価格帯に位置します。 最高級グレードのAMG SL 65は6. 0LV型12気筒ツインエンジンを搭載したモンスターマシンです。 また、メルセデス・ベンツSLはスティーブ・ジョブズ氏がナンバープレートを装着せずに愛用していたことでも知られています。 メルセデス・ベンツ SLC 新型SLが発売されたと同時に、全天候型オープンカー、新型SLCも日本で発表されました。 SLCは「SLK」の後継モデルにあたり、今回もモデルチェンジで名称が変更されました。 メルセデスのオープンモデルに与えられる「SL」と車格の「C」が組み合わされ名づけられ、SLクラスの下位モデルにあたります。 価格も530万~970万円と、SLクラスよりもリーズナブルな価格帯になっています。 6月 メルセデス・ベンツ Sクラスカブリオレ 2016年6月2日、メルセデスのSクラスカブリオレが日本発売されました。 Sクラスはメルセデスベンツのフラッグシップモデルにあたり、発売以来世界中でステータス性を保ち続けています。 またSクラスのオープンモデルはおよそ44年ぶりの復活となり、話題を呼んでいます。 先程ご紹介したSLとほぼ同価格帯に位置し、コンバーチブルであることも共通していますが、こちらは4シーターとなっています。 CクラスとSクラスの中間に位置します。 最新の安全技術、運転支援システムが搭載されています。 その後Cクラスセダンに続き、欧州でEクラスが発売、順次日本での販売も開始しました。 はガソリンエンジンとに加え、2017年にEクラス初のプラグインモデルが追加されました。 価格は682万~1,076万円となっています。 さらに2016年から17年にかけてAMGモデルが追加されており、こちらの価格帯は1,139万~1,838万円です。 8月 新型メルセデス・ベンツ GLEクーペ 2016年8月より、GLEが日本発売されました。 メルセデス初のクーペモデルです。 BMWの人気SUVクーペ、X6を意識したデザイン、価格帯となっています。 全長4900mm、全幅2129mmと、ボディサイズはかなりの大型であり、日本の市街地を走行するには少し大きいかもしれません。 AMGモデルも当然用意されおり、価格は890万~1780万円とベンツの中でも高価格帯モデルです。 9月 新型メルセデス・ベンツ Cクラス カブリオレ 2016年9月、メルセデスベンツの中核を担うモデル「Cクラス」のオープンカーモデルが発売されました。 3月のCクラス より約半年遅れでの発売となります。 ルーフには高い遮音性と、耐候性を備えたソフトトップを採用し、クローズ状態ではクーペと変わらない静寂性を発揮します。 11月 新型メルセデス・ベンツ Eクラス ワゴン 2016年11月、新型メルセデスベンツEクラス が発売されました。 今回発売される新型Eクラス ステーションワゴンは6代目にあたります。 新型Eクラスでは、ガソリンエンジン、に加えプラグインモデルも用意され、価格は712〜1186万円となっています。 他車種の新型車情報はこちら 他メーカーの新型車情報をまとめてチェック•

次の

【メルセデス新型Cクラス】2020年10月フルモデルチェンジ発表!最新情報、AMG、オールテレイン、サイズ、燃費、価格や発売日は?

メルセデス ベンツ 最新 モデル

メルセデスベンツの最高級モデルが「Sクラス」。 マイバッハと呼ばれるさらに高級なモデルも用意され、2017年にはSクラスはビッグマイナーチェンジを施しました。 エンジンラインナップにV6エンジン、V8エンジンなどが新たに投入されるなど、商品力が充実。 そこで今回カーギークでは メルセデスベンツ新型Sクラス(W223)の最新フルモデルチェンジ情報をまとめたいと思います。 価格的に購入できる人も日本では少ないと思いますが、新型Sクラス(W223)はいつフルモデルチェンジするのか? 新型Sクラス(W223)の発売時期は2019年後半以降 まず最初は発売時期。 メルセデスベンツ新型Sクラス(W223)はいつフルモデルチェンジしてくれるのか? 結論から先に書いておくと、 メルセデスベンツ新型Sクラスの発売時期は2019年後半頃と予想されております。 2019年秋頃のフランクフルトモーターショーに出品するという情報があり、同年に2020年モデルとして発売される予定。 現行Sクラス(W222)は2013年にフルモデルチェンジしたため、約6年に次期モデルが投入されるカタチ。 これまでのSクラスのモデル周期から考えると、至って平均的な周期。 もちろん世界デビューと日本発売の時期が異なるのは一般的。 でも現行Sクラスの発売は遅れなかったを考えると、 次期モデルでも同じく日本国内での発売時期は世界デビューと大きくズレることはないはず。 そのため新型Sクラス(W223)は日本国内の発売時期は遅れても2020年代前半にフルモデルチェンジすると考えていいと思います。 新型Sクラスはフルモデルチェンジでデザインが一新される? 続いては「次期デザイン」に関する情報。 高級車は特にフルモデルチェンジしても見た目は刷新されず、いわゆるキープコンセプトが多い。 次期Sクラス(W223)も同様なのか? 結論から書くと、 新型Sクラス(W223)はフルモデルチェンジ後も大きく見た目は変わらなさそうです。 実際既に新型Sクラスのテストカーは走行しているものの、大きくフォルムは変更されていないためフルモデルチェンジ後も引き続き、現行Sクラスの雰囲気が踏襲される予定。 (メルセデスベンツ新型ベンツ) ただ2018年にフルモデルチェンジした新型Aクラスのフロントマスクは意外と変更点が多く、LEDヘッドライトが薄型なシンプルなものに変化してる。 フルモデルチェンジ後はさながらアウディ風? そのため新型Sクラス(W223)でも同様に、 ヘッドライトの形状はよりシンプルに設計される可能性が高い。 次期Sクラスのフロントグリルなども多少カジュアルなものに変わると指摘するのはフルモデルチェンジ情報に定評があるマガジンX。 そして、次期Sクラス(W223)の車体はかなり軽量化されそう。 具体的には、フルモデルチェンジ後の 車体には「カーボンファイバー素材(CFPR)」や「アルミニウム素材」を目に見えて多用するとのこと。 既にメルセデスベンツの中の人が公言しており、新型Sクラス(W223)は大幅な軽量化が予想されます。 現行Sクラスの車重は2トンを有に上回っているものの、おそらく 新型Sクラス(W223)の車重は2トンを下回ることはほぼ確実か。 特に海外では環境規制が強まる一方のため、様々な法規制をクリアする点でも既定路線。 ただし、新型Sクラス(W223)のプラットフォームそのものは現行モデルのものを踏襲されます。 フルモデルチェンジ後も電動化は既定路線だが… 続いては「エンジンラインナップ」の最新情報。 結論から書くと、新型Sクラス(W223)の パワーユニットは現行W222のものが基本的に流用されます。 マイルハイブリッドを組み合わせた直6ターボエンジンなど、基本的にフルモデルチェンジ後もグレード構成は大きくは変化しなさそう。 ただし、全エンジンで「48Vマイルドハイブリッド化」が施される見通し。 つまり、4気筒ディーゼルやV8ターボなど全車でハイブリッドシステムが組み合わされる。 現行Sクラスと同様に、ディーゼルHVが日本国内で設定されるかは不明。 またメルセデスベンツは、現在「EQ」と呼ばれるピュアEVを開発中で、今後はEQA、EQBといったモデルを投入される予定。 新型Sクラスに関しても、EQSと呼ばれるピュアEVがいずれ販売される。 前述の新型プラットフォームも「電動化」に合わせた開発が行われていた模様。 新型Sクラスの自動運転システムは「レベル3」に進化か?【フルモデルチェンジまとめ】 メルセデスベンツ新型Sクラスのフルモデルチェンジでは、とにかく先進装備の充実が強化されます。 例えば、ナビシステム。 最新のAI機能を搭載した音声入力システムが搭載されます。 また拡張現実(AR)などにも対応するなど、まさに先進感たっぷりのガジェット機能が追加。 スマホ連携との様々な展開が期待できます。 液晶ナビのディスプレイのサイズは「テレビ並みのサイズ」になるとか。 ちなみに既にいち早くフルモデルチェンジする新型Aクラスにも搭載されるということなので、新型Aクラスの方が非常にお買い得に見えてしまうのがやや難。 ただ新型Sクラスはもちろんそこでは留まりません。 今回のフルモデルチェンジで ベンツ新型Sクラスの自動運転システムは「レベル3」にいよいよ進化するらしい。 既にアウディ・A8などは世界トップクラスの自動運転システムを導入しておりますが、新型Sクラス(W223)も半自動運転と呼べる精度まで機能が高まる。 だから総括すると、メルセデスベンツ新型Sクラス(W223)の フルモデルチェンジの目玉は「軽量化」と「ハイテク化」とまとめることができそうです。

次の