農協 口座。 JAバンク

JAバンク

農協 口座

できますよ。 通帳を使っての振込みであれば、JAが設置したATMでないとできませんが、キャッシュカードを使っての振込みであれば、どこの金融機関が設置したATMであってもJAのキャッシュカードが使えるATMならコンビニのATMでも振り込みできます。 ただし、振り込み手数料は必要です(窓口での振り込み手数料よりは安いですが)。 JAの貯金口座から他行の預金口座へ振り込む場合、JAの通帳かキャッシュカードのどちらかがあればできます。 ATMの画面の指示をきちんと読みながらやれば、初めてでも難しくはありません。 あと、1日の振込可能額が20万円か50万円(キャッシュカードでの引き出し可能額と同じ)に制限されていますから、それ以上の金額を振り込む場合は窓口での手続きが必要です。 A ベストアンサー おはようございます。 私の場合ですが、JAバンクは全国共通という触れ込みだったので、XというJAの本店で作ったキャッシュカードを持ってYというのJAの支店のATMへ行くと、出金専用で入金不可で入金は窓口への文字が…。 その足で窓口へ行くと「この支店のATMは出金専用なんですよ~」と。 ついでに振込みの事について尋ねると、どの金融機関へも窓口からは振込めますよ、と手数料も含めて丁寧に説明してくださいました。 なので、想像ですがJAはATMの機能については店舗によりすごく差がある、ということではないでしょうか? 試してはいませんが、違った店舗のATMは一般的な銀行の物とよく似ていて多機能でした。 以上、経験談でした。 A ベストアンサー 以前、当方も疑問に思い質問し、 お一人だけアドバイスを頂きましたが、 JAによって可・不可が分かれるそうです。 「教えて! goo. php3? php3? ただし、手数料は割高ですが・・・。 ------------------------------------------------- 趣旨違いですが・・・、 これからもネット通販などを利用するのならば、 ネット口座(イーバンク銀行や新生銀行など)を 開設すると簡便ですよ。 ebank. shinseibank. 「教えて! goo. php3? php3? ただし、手数料は割高ですが・・・。 ------------------------------------------------- 趣旨違いですが・・・、 これからもネット通販などを利用するのならば、 ネット口座(イーバンク銀... A ベストアンサー 第三者の銀行口座に振込みしたい、ということですか? 質問者さんは何処かの銀行口座(キャッシュカード)を持ってますか? それともカードを持っていないので、手持ちの現金を振り込むのか? 振込みの方法は、大別して2種類ほど有ります。 ・自分の銀行口座から、相手口座に振り込む(口座間振込) ・現金を、相手口座に振り込む(現金振込) 振込手数料は口座間振込の方が若干割安です。 窓口やATMでの手続きの違いでも振込手数料は違います。 下記は三重銀行のATM操作の説明ページです。 これを使って簡単な説明をしてみます。 miebank. html カードを持っている場合は、あらかじめカードを使って、 自分の口座に振込み用の現金を入金しておいてください。 4 振込先の支店名を選択。 5 振込先の口座科目・口座番号を入力。 6 時間外手続きや一部のネット銀行口座あての場合は、 振込先の口座名義をカナ入力する場合が有ります。 8)~9 依頼人(あなた)の氏名をカナ入力、電話番号の入力。 カード振込の場合は、カードとレシートを忘れずに。 現金振込の場合は、お釣りとレシートを忘れずに。 手順や表記は少し違うかもしれません。 現金振込の場合は、有人店舗に備え付けのATMに限ります。 無人ATMの場合は、現金振込が出来ない機種です。 また現金振込の受付は、平日の昼間に限られます。 土日祝の場合はカード振込のみの銀行ATMが多いです。 参考URLの画像と、当方の説明で判らなければ、 実際に銀行に出向いて行員に操作を教わった方が良いですね。 ちなみに、ゆうちょ銀行の場合は、システムや操作が違いますので、 このアドバイスは無効となります。 気をつけて。 第三者の銀行口座に振込みしたい、ということですか? 質問者さんは何処かの銀行口座(キャッシュカード)を持ってますか? それともカードを持っていないので、手持ちの現金を振り込むのか? 振込みの方法は、大別して2種類ほど有ります。 ・自分の銀行口座から、相手口座に振り込む(口座間振込) ・現金を、相手口座に振り込む(現金振込) 振込手数料は口座間振込の方が若干割安です。 窓口やATMでの手続きの違いでも振込手数料は違います。 下記は三重銀行のATM操作の説明ページです。 A ベストアンサー JA職員です。 実務的に言えば、通帳がなくても、通帳の番号が分かっていて、登録された印鑑があれば、カードは発行できます。 窓口でキャッシュカードの発行申込書を書いていただく事になります。 ただし、キャッシュカードの発行は、口座作成店舗でしか申し込めません。 また、カードの送付先は、登録住所のみです。 最後に、暗証番号は、生年月日、住所、電話番号の関係の一連の数字は利用できません。 というわけで、登録住所がご実家になっていたりすると、住所変更が必要になったり、ご実家にカードを送付する事になります。 住所変更には、免許証とか保険証などの、公的な身分証明書が必要になり、窓口での手続きが必要になります。 ただし、これはあくまでも実務的な事です。 そして、農協というのは、県単位、農協単位で、取り扱いが違ってきます。 なので、本人確認に通帳とか、身分証明書を要求されることもあるかもしれません。 こればかりは、口座作成店舗に確認してみて下さい。 申し込みしたら、届くのに1週間~10日はみてください。 以上、ご参考になりましたら幸いです。 JA職員です。 実務的に言えば、通帳がなくても、通帳の番号が分かっていて、登録された印鑑があれば、カードは発行できます。 窓口でキャッシュカードの発行申込書を書いていただく事になります。 ただし、キャッシュカードの発行は、口座作成店舗でしか申し込めません。 また、カードの送付先は、登録住所のみです。 最後に、暗証番号は、生年月日、住所、電話番号の関係の一連の数字は利用できません。 というわけで、登録住所がご実家になっていたりすると、住所変更が必要になったり、ご実家に... A ベストアンサー 手数料の低い順に手段を挙げますので、お好みの方法で… 1 あくまで手数料は0円で ・ やはり、地方銀行の窓口で通帳+印鑑で必要額全額を下ろして、ゆうちょ銀行まで持参し、ゆうちょ銀行の口座へ入金する。 リスク面は質問文にあるとおりですが、家族の付添いがあるだけでもリスクはかなり減らす事が出来ます。 地方銀行の支店からゆうちょ銀行の支店まで出来るだけ短距離になる様に組み合わせれば、よりリスクは減らせます。 ・ 数日掛かりますが、地方銀行のATMでキャッシュカードで50万円ずつ下ろして即ゆうちょ銀行のATMで口座へ入金する。 移したい金額にもよりますが、まずもって面倒くさい。 500万円で10日も掛かるし…1000万円なら……… 2 多少は手数料が掛かっても… ・ 回答者 1さんの案2に準じてゆうちょ銀行のATMで地方銀行のキャッシュカードで50万円ずつ下ろして、即ゆうちょ銀行のキャッシュカードで入金。 1日あたり50万円ずつしか移せないのがネックですし、50万円毎に105円掛かる手数料も500万円移動しようとすると1050円掛かります… 250万円以上預金を移動したい場合は、次の案をお勧めします。 ・ 地方銀行の窓口で、自己宛小切手 銀行渡り を振り出してもらう。 自己宛小切手とは、自己資金 この場合は、地方銀行に預けてある預金 を元に銀行が振り出す小切手で、持参人もしくは特定の者 この場合はあなた で無いと現金化出来ず、また、銀行渡りにすることにより金融機関の窓口でしか換金出来ません。 更に、紛失・盗難時に警察および振り出した金融機関 更に、裁判所に届け出ることにより、事故小切手となり、その情報が他の金融機関にも通知されて、その後の換金化が阻止されます。 手数料は、1通 525円程度ですので、250万円以上の預金移動の場合は、ATMで50万円ずつ移動する場合の他行引き出し手数料 525円 と同等もしくはそれ以下になります。 次に挙げる振込手数料 窓口他行宛 840円 と比べても手数料が安く済みます。 3 手数料に糸目は付けない場合… ・ やはり、振込みでしょう。 ATMの振込みは、1日あたり150万円までの制限が掛かると共に、他行3万円以上では、銀行にもよりますが、420円~630円程度の手数料が掛かります。 窓口なら、1度の振込みで移動したい預金全額が処理出来ますが、他行3万円以上では、銀行にもよりますが、630円~840円程度の手数料が掛かります。 手数料は、高額な資金の移動に伴う安心料と考えれば、決して高いとは言い切れません。 この場合私なら、自己宛小切手を振り出して、小切手の内容・発行番号・発行支店等をメモに記入してから、ゆうちょ銀行の窓口に駆け込んで入金します。 ueda. jikoatekogitte. ueda. ueda. リスク面は質問文にあるとおりですが、家族の付添いがあるだけでもリスクはかなり減らす事が出来ます。 地方銀行の支店からゆうちょ銀行の支店まで出来るだけ短距離になる様に組み合わせれば、よりリスクは減らせます。 ・ 数日掛かりますが、地方銀行のATMでキャッシュカードで50万円... Q 最近付き合ってる彼が、今年の夏まで付き合っていた元カノに通帳と印鑑を勝手に使い、お金をおろされた事を私に話てきました。 彼の話では、元カノが引き出した事について、なぜ本人確認をしなかったか銀行にクレームしたと言っていましたが、金額が40万で元カノだったので、警察とかには話してないみたいです… なぜそんな嘘を私につくかは分かりませんが… 彼はわたしに嘘をついているのでは?と思い、質問させていただきました。 現在、他人の通帳と印鑑を勝手に使いお金を引き出すことが可能な銀行は、日本全国であるのでしょうか? 彼の話しを信じたいですが、正直、信じる事ができなく、真実が知りたいので分かる方は、お答えいただけたら嬉しいです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー JAバンクは元々融通がきかないです。 金融業はそもそも専門分野じゃなくておまけみたいなものでしょう。 「バンク」なんて名前付けちゃっていますが、「=銀行」ではありません。 なので銀行のようなサービスは期待しちゃいけないです。 というのも私は地元の信連(地元JAバンクの上部組織)のATMで入金しに行ったのですが、ATMで通帳がはねられてしまったのです。 地元のJAバンクは通帳のみで入金もできるのですが、3度やっても通らなかったので仕方なくたまたま持っていたキャッシュカードで入金しました。 昼間だったので信連の窓口で通帳に磁気を入れてもらおうとお願いしたら「それはお近くのJAバンクへ行ってもらわないとできません」とにべも無く断られました。 上部組織なのにそんな事もできないのかと思い、腹が立ちましたが、次の入金の時に自宅近くのJAバンクのATMに通帳を通したら読み取れたのでそれから何もしていないです。 単に信連のATMではJAバンクの通帳を受け付けない仕様だったのかもしれません。 そしてこの前は印鑑破損の改印の為、通帳を開設した支所に「御所が自宅から遠いので最寄の支所で改印を届出できませんか?」と問い合わせたら「取り次ぐので手続完了まで日数がかかりますがそれでもかまわなければできます」と言われました。 私は自宅から遠い勤務先の最寄の支所で共済の契約と掛金の口座振替用のJAバンクの口座を開設してしまった為、開設支所が遠いのです。 その時はこんな取り次ぎならしてもらえるのかと不思議で驚きました。 (銀行では当たり前ですが) JA共済も掛金の口座振替は所定の日が休業日だったら普通は翌営業日に口座振替だと思うんですが、前営業日だし、掛金の割り戻し金もJAバンクの口座じゃなければ振込手数料を差し引くと言われ、そうじゃなければ遠くの開設支所まで現金を取りに行かないといけないので仕方なく共済関係だけJAバンクを利用しています。 ホントに融通がきかないので金融機関の中でATMは自宅から最寄にありますが、決してメインバンクにはしようとは思わないです。 とりあえずは残高0状態にして、もし平日に遠隔地に行けそうなタイミングがあれば開設支所で解約をするしかないでしょう。 それかもし聞いていなければの話ですが、電話で開設支所にご質問の事情を伝えれば何とか解約できる方法を教えてくれるかもしれないですよ。 JAバンクは元々融通がきかないです。 金融業はそもそも専門分野じゃなくておまけみたいなものでしょう。 「バンク」なんて名前付けちゃっていますが、「=銀行」ではありません。 なので銀行のようなサービスは期待しちゃいけないです。 というのも私は地元の信連(地元JAバンクの上部組織)のATMで入金しに行ったのですが、ATMで通帳がはねられてしまったのです。 地元のJAバンクは通帳のみで入金もできるのですが、3度やっても通らなかったので仕方なくたまたま持っていたキャッシュカードで入金しました。 昼間だ...

次の

JAバンクの口座を保険料振替口座に指定する場合、「預金口座振替依頼書」の金融機関名はどのように書けばよいですか?|よくあるご質問|オリックス生命保険株式会社

農協 口座

スポンサーリンク また、出資金の相続手続きについては、 普通貯金や定期貯金の相続手続きと、 同時にしないといけないことになっています。 つまり、出資金の相続手続きをしないで、 普通貯金と定期貯金の相続手続きだけを行う、 といったことはできないということです。 そのため、亡くなった人が農協(JA)に口座を持っていれば、 出資金を出しているのかどうかを調べる必要があります。 調べる方法としては、 亡くなった人の通帳を見ればわかることもあります。 もし、亡くなった人が出資金を出していれば、 毎年1回、7月頃に「出資配当金」という項目で、 普通貯金に記帳されるからです。 出資配当金については、 出資金の金額が高ければ高いほど、 配当金も高くなります。 たとえば、約50万円の出資金を出していれば、 現在ではだいたい1%くらいの利率ですので、 税引後、約3,000円くらいの配当金になります。 逆に、1,000円程度の出資金であれば、 数円の配当金になるわけです。 ただ、亡くなった人の通帳に、 「出資配当金」の記載が見当たらなくても、念のため、 農協(JA)の窓口に確認は必要になります。 なぜなら、通帳の新旧のタイミングや、 配当金の受け取り方によっては、 通帳に「出資配当金」の記載が載らないこともあるからです。 また、相続人同士の話し合いで、 出資金についてどう配分するのかについても、 相続手続きの前に、話し合っておく必要があります。 そして、遺産分割協議書を作る場合には、 このページの下記「」で、 解説している通りとなりますので注意が必要です。 なお、農協(JA)の出資金の相続方法については、 「」を参照ください。 また、農協(JA)の相続手続きや必要書類については、 「」や、「」で、 くわしく解説しています。 ただ、農協(JA)の相続手続きについては、 「」を先に確認しておくと、 スムーズに進めることができるようになります。 農協の出資金は遺産分割協議書に記載する? もし、遺産分割協議書を作成するのであれば、 農協(JA)の普通貯金や定期貯金の相続についてだけでなく、 出資金の相続についても記載しておく必要があります。 なぜなら、普通貯金や定期貯金と出資金というのは別物ですので、 遺産分割協議書には、それぞれ誰がどれ位相続するのかということを、 明確に記載しておかないと、相続手続きができないこともあるからです。 そのため、亡くなった人が農協(JA)に口座を持っていれば、 最初の段階で、出資金の有無や金額について、 正確に調べておく必要があるのです。 亡くなった人の農協(JA)にある出資金の有無や金額などの調査については、 「」 で解決することができます。

次の

銀行コード一覧・金融機関コード一覧(JA農協・パート1)

農協 口座

お持ちいただく書類 運転免許証、各種健康保険証、各種年金手帳、住民票(写)、印鑑証明書、外国人登録原票記載事項証明書、旅券(パスポート)等とお届印をご用意ください。 JAバンクの特定口座では、預け入れられた国債や投資信託の解約・償還による譲渡損益が計算されます。 「配当通算あり」においては、損益通算の結果、譲渡損が発生していれば、その損失の範囲内で、国債の利子や配当所得(収益分配金(普通分配金))との損益通算が更に行われます。 特定口座の「源泉徴収あり」「源泉徴収なし」の変更は、その年の最初の売却取引(解約・償還)まで可能です。 売却後は年内の変更はできません。 解約・償還益(譲渡益)については、確定申告が必要です。 特定口座を開設するにはどうすればいいの? 以下のものをご用意いただき、JAバンクの窓口でお申し込みください。 お届出印• 本人確認書類 運転免許証、各種健康保険証、各種年金手帳、住民票(写)、印鑑証明書、外国人登録原票記載事項証明書、旅券(パスポート)等• 複数の本支店で口座開設はできません。 特定口座にはどんなメリットがあるの? JAバンクがお客さまに代わって譲渡損益等を計算し、「年間取引報告書」を作成しますので、お客さまの確定申告が簡単になります。 「年間取引報告書」は年末基準で作成し、翌年の1月末までにお客さまのお届出住所に郵送されます。 お客さまに「年間取引報告書」をご利用いただくことで、煩雑な確定申告の準備(譲渡損益の計算等)にかかるお客さまの負担が軽減されます。 他の金融機関で取引している国内公募投資信託や上場株式および公社債等の譲渡損益と損益通算を行う場合にも、「年間取引報告書」をご利用いただくことで、確定申告の際にかかるお客さまの負担が軽減されます。 お客さまが「源泉徴収あり」の口座を選択された場合には、確定申告が不要になります。 「源泉徴収あり」の口座では、特定口座内での売却取引(解約・償還)の都度、年初からの譲渡損益を計算します。 (1)利益となっている場合はその中から源泉徴収を行います。 (2)損失となっている場合はすでに徴収している税額を限度に還付を行います。 「源泉徴収あり」の口座を選択後も、確定申告することで、一般口座や他の金融機関の特定口座との損益通算や損失の繰越控除を行うことが可能です。 徴収された税金は、JAバンクがその翌年にまとめて税務署に納付します。 特定口座の留意事項• 特定口座の開設は、1金融機関に1口座のみとなります。 特定口座の開設は、国内に居住する個人のお客さまのみとなります。 JAバンクの特定口座に預け入れできる金融商品は、原則としてJAバンクで購入された国債や投資信託のみです。 特定口座へ預け入れる投資信託の取得日は、原則として受渡日(継続・分配金再投資コースは直近の取得日)となります。 特定口座へ預け入れる国債の取得日は、原則として「発行日」となります。 特定口座での譲渡損益計算や税額計算の基準日は、受渡日や発行日となります(申込日ではありません)。 1年間の確定申告の対象となるお取引は、年初第1営業日から年末の最終営業日までとなります。 特定口座を開設する前に行われた投資信託の解約取引については、特定口座としての譲渡損益計算や税額計算の対象とすることはできません。

次の