グースネック アイアン。 アイアンのグースネックは必要?ひっかけを出さない打ち方

【ゴルフ】ウェッジはグースネックとストレートネック(出っ歯型)のどっちを選んだらいいか?

グースネック アイアン

ゴルフの楽しさ伝道師、オグさんです。 今回は、アイアン打ち比べ・キャビティバック編。 とも大きく関係しますよ。 おさらいすると、現代のアイアンは大きく3つの系統に分けられます。 、打点のミスに強く飛距離も追求した「バランス系」、そして飛距離よりもボールをコントロールすることを重視した「アスリート系」です。 今回は「アスリート系」の中から、「キャビティバック」と呼ばれるモデル(2018年5月現在売られているもの)をいくつか打ち比べてみました。 マッスルバックを削って作られた キャビティバックアイアンとは、マッスルバックアイアンのバックフェースを削り、削った分の重量をヘッドの外周やソール部分に配置することでヘッドの慣性モーメントを高めたり、重心を低くしたりするよう設計されたモデルを指します。 マッスルバックと比較すると芯を外したときのミスの幅が少なくなり、ボールが上がりやすくなります。 それとのトレードオフでヘッドの操作性が下がるので、ボールを意図して曲げる、高さを抑えるといったことがマッスルバックアイアンと比べてやりづらくなっています。 ・えぐれを浅くしマッスルバックのよさである操作性をある程度残しながら、ミスへの許容度を持たせるハーフキャビティ ・えぐれを深くして操作性よりもミスへの許容度を高めたフルキャビティ ・えぐれを深く取ってなおかつフェース裏下部をもソールギリギリまで削り、ミスへの許容度を最大限に高めたポケットキャビティ 大きく分ければ上記3種類ですが、それぞれの中間に位置するような特性のモデルもあります。 ジャンルに当てはめると「飛び系アイアン」はポケットキャビティが多く、「バランス系」はポケットキャビティやフルキャビティを採用しているモデルがほとんどです。 今回紹介するアスリート系には、ハーフキャビティが多いですね。 以下、本稿ではアスリート系キャビティバックアイアンを「CBアイアン」と記すことにします。 マッスルバックの中にもミスに強いものもあれば操作性に振ったものもあり、CBアイアンも同様です。 ただ、CBアイアンは低重心設計で作られており、マッスルバックに比べてボールが上がりやすく、かつミスに強くなっています。 しかし、ミスしたらそのフィードバックがあり、想定より飛びすぎるということもありません。 ボールが上がればスピンがそれほどかからなくてもグリーン上で止まりやすくなり、そういった球が打ちやすいのもCBアイアンのメリットです。 同メーカーのマッスルバックとCBアイアンの比較です。 キャビティは比較的深くえぐられています ミスに強く必要十分な操作性を持つ 見た目と性能が一致した作りで、適度な大きさのヘッドに厚めのトップブレードや軽めのグースネックが特徴的、軽いドローで安定した弾道が打ちやすかったです。 操作性は抜群というわけではありませんが、右に逃がすフェード系も打てましたし、必要十分。 芯を外すとやや距離は落ちますが、むしろそれがミスの幅を減らしてくれ、大きく曲がることもないので打っていてすごい安心感があるアイアンです。 中上級者が安定したプレーをするのに適した仕上がりだと思います。 CBアイアンの中ではミスへの許容度が高い印象を受けました。 つかまりはニュートラルで、打点のミスにとても強い仕上がり。 クセがないのでスイングの傾向がボールに出やすいモデルです 長く使えて上達できるCBアイアン フェースがやや長めで操作性が穏やかですが、つかまり具合はニュートラルなので、スイング傾向がそのままボールに反映されやすい印象です。 セミグースでやや厚めのトップブレードと安心感を与える要素を持ちつつ、打ってみると上級者も満足できる気持ちのよい打感(グッと押してくれるような感触)と適度な操作性で、バランスがよい仕上がり。 腕を磨きながらできるだけ長く使いたいと考えるゴルファーには、強くおすすめできるモデルです。 フェースに弾きのいい素材を使い、直進性と飛距離性能にすぐれています 直進性が高く飛距離性能にすぐれるモデル もうほとんどバランス系に近いアスリートモデルです。 弾道の直進性が高く、ほかのCBアイアンと比べて1番手ぐらい飛距離が出ます。 ソール幅も広いのでダフりのミスにも強い。 ではこれをなぜアスリートモデルとして紹介したかというと、「打点のミスへの許容性が高い割には操作性がある」から。 打感はやや硬めですが飛距離が出しやすくてミスにも強い。 それでいて操作も最低限できるという欲張りなアイアンです。 アイアンも飛ばしたいけど、操作できないのはちょっと…という方には魅力的なモデルです。 実際にフェース長も短めで、操作性が高く仕上がっています 操作性とやさしさをうまくバランス 一見するとえぐれが割と深めですが、構えてみると小ぶりでシャープな形状をしていて、操作性も高いアスリートアイアンです。 バックフェースのえぐれが深いだけあり、左右のミスに強い印象がありますね。 距離は決して出るほうではありませんが、必要十分で、高さもしっかりと出ます。 個人的に打感は少し硬めに感じましたが、はじく感じを好む方にはいい打感だと思います。 上級者が好む要素をしっかり押さえながら、やさしさを加味したバランスのいい仕上がりのアイアンです。 フェース面を黒く仕上げることで目標に構えやすくなっています 調子が悪くてもそれなりのスコアを作れそう これぞアスリートのためのキャビティといったモデル。 ミスはミスとしっかりフィードバックしてくれますが、そのミスを適度にカバーしてくれる寛容性があります。 左にミスしても飛びすぎることなく、コースで使うと調子が悪くてもそれなりにスコアを作れそうですね。 自分の想像以上の球が出ないので、安心して狙っていけそう。 余計なことをしないのがすごく気に入りました。 ほんの少しだけグースネックにしてボールのつかまりを演出し、キャビティ部分は広めながら芯付近に厚みを残すことで、打点のミスと打感を両立。 上下左右どこに芯を外しても飛距離の落ち幅が少ないです。 飛びすぎるわけでもないのでミスしても計算がしやすく、上級者も使いやすいモデル。 打感は柔らかい中にも芯があり、フィーリングも出しやすかったですね。 小ぶりなサイズながら安心感のある形状、過度なプレッシャーを与えない絶妙さがあります アスリートが好む、見た目どおりの操作性 かなり小ぶりなサイズですが、打ってみるとそれほどシビアなアイアンではありません。 小さいなりに芯を外しても距離はそれほど極端に落ちませんし、意図せぬ曲がりも大きくはありません。 打感は決して柔らかくはありませんが不快な感触はなく、ミスしたときのフィードバックもしっかりあります。 操作性などアスリートが好む部分は見た目どおりで、ミスなどの補正機能を見た目より持っているクラブです。 このP750はCBアイアンの中ではかなり小ぶりなサイズで、フェース長も短く操作性を重視しています。 それだけに操作性はまさに抜群、ほぼマッスルバックのような扱いやすさを見せました。 ミスへの許容性はさすがに大きくはありませんが、それでもマッスルバックよりはやさしめ。 操作性を第一にしたいけれどマッスルバックは気後れするといった方には最高のアイアンでしょう。 このシリーズは数字が大きくなるにつれて操作性よりも直進性や飛距離を重視するようになっていきます。 このP770はロフトがやや立った設計で、P750より飛距離性能を高めた仕様。 トップブレードの厚さや長くなったフェース長などを見ても、操作性よりも直進性を求めた特性です。 打ってみるとロフトは立っていますがしっかりボールが上がり、それほどパワーがなくても安定した距離が出せます。 打点が上下にズレても安定した距離が打てました。 コースをシンプルに、直線的な弾道で攻めていきたい方におすすめのアイアンですね。 Pシリーズの中では一番フェース長が長く、直進性を最重視したモデルです 中級者にはやさしく感じられそう 中が空洞の中空キャビティ構造のアイアンです。 空洞部には充填剤が入れられており、打感や打音を工夫してあります。 難しそうな見た目ですが、性能は見た目と全然違います。 直進性が非常に高く、言い方を変えれば、球を曲げようと思っても曲がりません。 打点のミスに強く、少々芯を外しても狙った方向に飛んでいきます。 距離もそれほど落ちませんので、中級者にはやさしいと感じるモデルではありますが、上級者からするとちょっと扱いにくいと感じるかもしれませんね。 しかし実際に発売されているモデルの性格は多様で、操作性を重視したもの、ミスへの許容度を重視したもの、はたまた直進性を重視したものと、これまた試打してとても楽しかったです。 個人的によかったモデルを3つ挙げるとすれば…下記のようになりました。 ・P750アイアン(テーラーメイド) ・TOUR B X-CB(ブリヂストン) ・Z765(スリクソン) あくまで個人的な意見ですが、これら3モデルには、つかまり具合がニュートラルで操作性が高いという共通点を感じました。 ミスの強さはそれぞれですが、どれもクラブとしてのバランスがよいので、しっかりシャフトを合わせれば長く付き合えそうなアイアンに仕上がりそうです。 写真:野村知也.

次の

【ウェッジ】ストレートとグースネックで性能どう変わる?

グースネック アイアン

スイングはもちろん、ギア・ゴルフルール・マナーにまで精通している今野一哉プロ。 蝶ネクタイのプロゴルファーと覚えてください。 [目次] ・ ・ ・ ・ ウェッジのネック形状「ストレートネック」「グースネック」の違いについて ストレートネックと呼ばれるウェッジは構えてみた時にシャフトの中心軸よりもリーディングエッジが左に出ているもののことです。 もともとはアメリカツアーの選手たちが好んで使っていたウェッジですが、日本のプロも使うようになり、数年前まではどこのメーカーもほぼこのストレートネックのウェッジだけを販売しているような状態でした。 グースネックのウェッジはシャフトの中心軸よりもリーディングエッジが右側にあるか中心軸の延長線上にリーディングエッジがあるもののことを言います。 日本ではジャンボ尾崎プロが好んで使っていたこともあり、十数年前はプロもアマチュアもグースネックタイプのウェッジを使っていたのですが、ストレートネックウェッジのブームにより一時期は姿を消していました。 しかしここ数年またその良さが見直され、クラブメーカーもウェッジのラインナップの中にグースネックを入れるようになっています。 左がストレートネックで右がグースネック。 シャフト中心軸に対してリーディングエッジの位置が違うことがよく分かる。 ストレートネックとグースネックのウェッジ、機能の違いは? ストレートネックのウェッジはリーディングエッジが出っ張っているためにボールにフェースが早く当たり、ボールを拾いやすいという利点があります。 多少芝に沈んでいても拾ってくれるので、ボールが沈みやすい洋芝でその機能を発揮します。 またフェースを開いて使うということもやりやすいので、ボールを上げる、スピンをかけるなど色々なテクニックが使いやすいモデルと言えます。 ボールを拾ってくれる分どちらかというと柔らかい球が簡単に打ちやすいモデルと言えますね。 グースネックのウェッジはリーディングエッジが右にあるためにインパクトのタイミングが少し遅れ、ボールが捕まりやすくなります。 インなパクトの時にロフトが立つので少し低めにボールが飛び出しやすく、低く出てスピンのかかるボールが打ちやすくなっています。 フェースを開いて使うというよりは目標方向にスクエアにフェースを構えてオートマチックにアプローチをする使い方に向いていますね。 シンプルにアプローチが出来るのがグースネックと言っても良いかもしれませんね。 写真右上のストレートネックのほうがフェースを開いても違和感なく構えやすい ストレートネックとグースネックのウェッジ、打ち方の違いは? ストレートネックはフェースを開いたり閉じたりのようなテクニックを使いやすいモデルなので、いろいろな打ち方に対応するウェッジと言えますが、基本的には軽くハンドファーストに構えてシャローな軌道でボールを払うように打つのが向いています。 リーディングウェッジが出ている分、上から打ち込むと芝に刺さりやすくなるので注意が必要です。 グースネックはリーディングエッジがシャフト軸よりも後ろにあるために自然とハンドファーストに構えたくなります。 ボールをアドレスのセンターよりも少し右に置いて、ボールを上から潰すようなイメージで打ち込んでいくのが向いています。 ネック形状により球の打ち出し高さが変わる。 左のストレートネックのほうが打ち出しが高く柔らかい球になりやすく、右のグースネックは低めの打ち出しでスピンが効くイメージ。 ストレートネックとグースネックの違いを理解して自分にあったタイプのウェッジを選ぼう! このようにストレートネックのウェッジとグースネックのウェッジでは打ち方や球筋が違ってきます。 自分が構えてみて、球を打ってみてイメージが出るウェッジを使うと良いのではないでしょうか。 また自分のアプローチの打ち方に合わせてネック形状を選ぶというのもいいと思います。 今使っているウェッジがいまいちしっくり来ない人は思い切って一度ネック形状の違うものに変えてみると、同じ打ち方であっても打ちやすくなることもあります。 ぜひ一度試してみてください。 今野一哉プロにネック形状の違いを説明してもらいながら、実際にアプローチをしてもらった動画です。

次の

アイアンはグースネックの打ち方を知れば格段に上達する

グースネック アイアン

スイングはもちろん、ギア・ゴルフルール・マナーにまで精通している今野一哉プロ。 蝶ネクタイのプロゴルファーと覚えてください。 [目次] ・ ・ ・ ・ ウェッジのネック形状「ストレートネック」「グースネック」の違いについて ストレートネックと呼ばれるウェッジは構えてみた時にシャフトの中心軸よりもリーディングエッジが左に出ているもののことです。 もともとはアメリカツアーの選手たちが好んで使っていたウェッジですが、日本のプロも使うようになり、数年前まではどこのメーカーもほぼこのストレートネックのウェッジだけを販売しているような状態でした。 グースネックのウェッジはシャフトの中心軸よりもリーディングエッジが右側にあるか中心軸の延長線上にリーディングエッジがあるもののことを言います。 日本ではジャンボ尾崎プロが好んで使っていたこともあり、十数年前はプロもアマチュアもグースネックタイプのウェッジを使っていたのですが、ストレートネックウェッジのブームにより一時期は姿を消していました。 しかしここ数年またその良さが見直され、クラブメーカーもウェッジのラインナップの中にグースネックを入れるようになっています。 左がストレートネックで右がグースネック。 シャフト中心軸に対してリーディングエッジの位置が違うことがよく分かる。 ストレートネックとグースネックのウェッジ、機能の違いは? ストレートネックのウェッジはリーディングエッジが出っ張っているためにボールにフェースが早く当たり、ボールを拾いやすいという利点があります。 多少芝に沈んでいても拾ってくれるので、ボールが沈みやすい洋芝でその機能を発揮します。 またフェースを開いて使うということもやりやすいので、ボールを上げる、スピンをかけるなど色々なテクニックが使いやすいモデルと言えます。 ボールを拾ってくれる分どちらかというと柔らかい球が簡単に打ちやすいモデルと言えますね。 グースネックのウェッジはリーディングエッジが右にあるためにインパクトのタイミングが少し遅れ、ボールが捕まりやすくなります。 インなパクトの時にロフトが立つので少し低めにボールが飛び出しやすく、低く出てスピンのかかるボールが打ちやすくなっています。 フェースを開いて使うというよりは目標方向にスクエアにフェースを構えてオートマチックにアプローチをする使い方に向いていますね。 シンプルにアプローチが出来るのがグースネックと言っても良いかもしれませんね。 写真右上のストレートネックのほうがフェースを開いても違和感なく構えやすい ストレートネックとグースネックのウェッジ、打ち方の違いは? ストレートネックはフェースを開いたり閉じたりのようなテクニックを使いやすいモデルなので、いろいろな打ち方に対応するウェッジと言えますが、基本的には軽くハンドファーストに構えてシャローな軌道でボールを払うように打つのが向いています。 リーディングウェッジが出ている分、上から打ち込むと芝に刺さりやすくなるので注意が必要です。 グースネックはリーディングエッジがシャフト軸よりも後ろにあるために自然とハンドファーストに構えたくなります。 ボールをアドレスのセンターよりも少し右に置いて、ボールを上から潰すようなイメージで打ち込んでいくのが向いています。 ネック形状により球の打ち出し高さが変わる。 左のストレートネックのほうが打ち出しが高く柔らかい球になりやすく、右のグースネックは低めの打ち出しでスピンが効くイメージ。 ストレートネックとグースネックの違いを理解して自分にあったタイプのウェッジを選ぼう! このようにストレートネックのウェッジとグースネックのウェッジでは打ち方や球筋が違ってきます。 自分が構えてみて、球を打ってみてイメージが出るウェッジを使うと良いのではないでしょうか。 また自分のアプローチの打ち方に合わせてネック形状を選ぶというのもいいと思います。 今使っているウェッジがいまいちしっくり来ない人は思い切って一度ネック形状の違うものに変えてみると、同じ打ち方であっても打ちやすくなることもあります。 ぜひ一度試してみてください。 今野一哉プロにネック形状の違いを説明してもらいながら、実際にアプローチをしてもらった動画です。

次の