角栓 除去。 角栓の除去はダメ!?鼻の毛穴に詰まる原因と正しいエイジングケア

「鼻角栓を引き抜く動画」気持ち悪いのに何故か癒されるのでハマってしまった

角栓 除去

角栓を除去できる毛抜きのおすすめな選び方3つ 元々毛を抜くための『毛抜き』を角栓除去に使うのですから、それ相応のものを選ばなくてはいけません。 角栓除去に適した毛抜きを選ぶためには、以下の3つのポイントに注意して選んでください。 肌を傷つけたくない!毛抜きの先端の形状をチェック まずチェックすべきが『毛抜きの先端の形状』です。 これは角栓除去用の毛抜きを選ぶときに最も重要なチェックポイントです。 毛抜きの形状には主に以下の4種類あり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。 平先タイプ 最もスタンダードな毛抜きです。 先が広いので角栓をしっかりつかみ抜きやすいのがメリットです。 反面細かい箇所への使用に向かず、肌を傷つけやすいデメリットがあります。 先丸タイプ その名の通り先が丸くなっているタイプの毛抜きです。 角がないため肌を傷つけにくく、デリケートな箇所にも使いやすいです。 しかし『点』ではなく『面』でつかむため、角栓が抜きにくく、また細かいところの使用には向きません。 先細タイプ 先が細く、細かい角栓も抜きやすい毛抜きです。 丁寧に角栓を除去できる反面、手先が器用でない人には難しく、また先が鋭利なので肌を傷つけやすいのが難点です。 ハサミタイプ ハサミ型の毛抜きになります。 力加減がしやすく細かい作業に向いているので毛抜きが苦手な人でも使いやすいです。 しかし商品によって使いやすさにブレがあり、また取扱店舗が少ないのがデメリットでしょう。 しっかりつまんで離さない!精巧な先端の毛抜きをチェック 続いてチェックしてほしいポイントが、先端の『精巧さ』です。 毛抜きを使用したことのある人ならば分かるでしょうが、作りの安易な毛抜きは毛を抜こうとしても『空振り』してしまうことがあります。 この『空振り』が多ければ多いほど何度も毛抜きを肌に当てなければならず、それだけ肌に負担をかけてしまう場合があります。 できるだけ1発で抜ける『精度の高い』毛抜きを選ぶことをおすすめします。 価格相場と買うべき値段をチェック 最後にチェックすべきは『価格相場』です。 たかが毛抜き、とあなどりがちですが、価格は毛抜きを購入するうえで非常に重要な要素です。 あまりにも安いと上記したような『精度が低い』商品である場合も多いので、ある程度の価格帯のものを選ぶとよいでしょう。 最安値価格帯 売れ筋価格帯 高級価格帯 価格 95円~数百円 980円~6,000円以上 数千円~1万円以上 特徴 金属を折り曲げただけのシンプルな作りのものが多い 精度が高く、デザイン性があるものが多い 有名作家や刀工などが作成したこだわりのある品が多い 角栓を除去できる毛抜きのおすすめメーカー・ブランド 選び方のポイントの紹介の次は、おすすめの『ブランド・メーカー』について紹介していきます。 毛抜きはパッと見では使い勝手のよしあしが分かりにくいので、以下で取り上げるような評判の良いブランドから選ぶのもひとつの手です。 AMTOK アマゾンをはじめとする通販サイトで有名なメーカーで、角栓・コメドを取り除く専用の器具を扱っていることで知られています。 詳しい会社情報のようなものはあまり露出していませんが、商品そのものへの評判は非常に高い人気の毛抜きブランドです。 GREEN BELL(グリーンベル) 大阪に拠点を置く、刃物・化粧用小物を中心に取り扱う企業です。 元々はハサミやニッパーなどの刃物類を中心に取り扱っていましたが、近年では爪切りや毛抜き、カーラーなどの化粧用小物も取り扱っており、デザイン・性能共に評判の良いメーカーです。 ドイツ ゾーリンゲン Niegloh(ニゲロ) 1936年にドイツの職人兄弟によって設立されたメーカーで、はじめはハサミ工場として立ち上げられました。 現在でも職人がひとつひとつ丁寧に作っている毛抜きは、精度が非常に高く、高級毛抜きとして有名です。 今回の商品の選定ポイント 今回商品を選定するにあたって、以下の4点を重視しておすすめの毛抜きを選びました。 いずれの項目も、毛抜きを選ぶうえで確認しておきたい重要なポイントです。 自分でもチェックしておくようにすると、よりよい商品を選べるでしょう。 製造国• 先端の形状• セットの本数 今、編集部がおすすめする角栓を除去できる毛抜きセットはコレ! 上記の『おすすめの選び方』の項目と『選定ポイント』の両方の視点から、最も毛抜きとしての性能・使い勝手さが高く、なおかつ口コミや体験者の評判も高い商品はBESTOPEの『毛穴ケア専用キット』でした。 BESTOPE『毛穴ケア専用キット』• 材質/抗菌ステンレス• 先端の形状/先細タイプ• セットの本数/6本 まるで本格的な医療器具のようなハイクオリティ この商品を最もおすすめに選んだ理由は、『清潔』で『ハイクオリティ』な本格的な角栓除去器具であることと、幅広い個所や種類の角栓に対応できる『豊富な種類』があることの2つが挙げられます。 ただの毛抜き、と呼ぶにはあまりにも精巧でハイクオリティな作りは、一目見るだけで『絶対角栓がよく取れる!』と期待するには十分すぎる貫録を持っています。 実際に見ためだけではなく、角栓を除去する機能性はお墨付きです。 肌を傷つけることなく角栓を取り出すことに特化した『圧出スプーン』に大小の『コメドプレッシャー』、肌表面の皮膚を最小限の傷で破る『ニキビ針』や角栓を直接つまみ出す『ピンセット』など、合計6種類もの器具がセットになっています。 これだけあればしつこい角栓や取り除きにくい箇所でも対応しやすいです。 また使いにくいものが1つ2つあったとしても、別の器具がいくつもあるので『使いにくくて自分には合わなかった』ということが少ないのが魅力です。 まさしく『角栓除去に最適な毛抜きセット』のナンバー1と呼べるだけの機能性と評価、クオリティを兼ね備えた一品と言えるでしょう。 角栓もムダ毛も処理したい!おすすめの角栓を除去できる毛抜き(ピンセット)6選 ここからは目的別におすすめの毛抜きを紹介していきましょう。 まず最初は『角栓もムダ毛も処理できる』毛抜きについてです。 元々毛抜きは『ムダ毛を処理するためのもの』ですので、そちらの機能もしっかりしているものを選んだほうが良いことは言うまでもありません。 以下の6つの商品などは、『角栓とムダ毛』の両方の除去能力に優れているのでおすすめです。 Befive『先曲がりピンセット』• 材質/ステンレス• 先端の形状/先曲がりタイプ• セットの本数/1本 カギ爪のような先端で、角栓を逃がさずキャッチ! この毛抜きの特徴は、フック船長の腕のような先曲がりの先端の形状と、それによる肌への負担が少ない角栓除去が出来る点にあります。 円を描く先端は角がないため、肌に押し当てても傷が付きにくく、また鋭利な部分は太い角栓を引き抜く、薄皮を破るといった使い方ができます。 もちろん通常のムダ毛用の毛抜きとしても使えるので、1本持っておくと非常に便利です。 口コミでの評判も中々高く、『もっと早く買っておけばよかった』『特に小鼻の黒ずみがよく取れた』と、嬉しそうに語るレビューをいくつも見かけました。 これらのことからも、かなりの満足感を得られる商品だと察せられます。 グリーンベル『驚きの毛抜き 先丸タイプ ブラック 』 889円 税込• 材質/13クロームステンレス• 製造国/日本• 先端の形状/先丸タイプ• セットの本数/1本 肌を傷つける心配を最小限減らしたい人へ この毛抜きの良さは、『先端が丸い形状』と『毛抜きの精度が高い』に尽きるでしょう。 上述したように、先端が丸い形状の毛抜きは肌に引っかかる心配がなく、使用時に皮膚を傷つける心配がほとんどありません。 手先の器用さに自信がない人でも、『ついうっかり』がないのは嬉しいところでしょう。 また毛抜きの精度そのものが高いのも注目してほしいポイントです。 先が丸い毛抜きは、どうしても先端に力が集中しにくいところがあります。 そのため商品によっては精度が低いものも多く、せっかく角栓の先をつかんでも『スカ』してしまうこともあります。 『肌を傷つける心配』が少なく、角栓やムダ毛を『しっかりつかんで離さない』この毛抜きは、地味だけど大切なポイントを抑えた堅実な商品と言えます。 バイソン『毛穴匠 角栓抜き』• 製造国/日本• 先端の形状/先丸タイプ• セットの本数/1本 金物職人の魂が込められた作品 この毛抜きの特徴は『角栓抜き』専用に作られた商品であるということと、『先を丸めた刃物』のような独特の形状にあります。 通常の『先丸タイプ』の毛抜きは先端が半円形なため、先端に伝わる力が分散しやすく精度が低くなりがちです。 しかしこの商品は先端が『刃物のような』なぎなた型なため、先端へ力が集中しやすく、また肌に斜めに入るためフィットしやすいのがうれしいところでしょう。 口コミでの評判は良いものと悪いものとが両極端でした。 しかし使い心地はかなりよいようで『肌に負担なくすんなり抜けた』『私は好きだなぁ』と、合う人にはとても合うようです。 1度試してみる価値はあるでしょう。 材質/ステンレス• 製造国/ドイツ• 先端の形状/先平タイプ• セットの本数/1本 堅実な国ドイツが誇る高精度ピンセット式の毛抜き この毛抜きの最たる魅力は、なによりもその『高精度さ』にあります。 元々は精細な部品などを扱うために作られたピンセットなので、非常に高精度で細かい作業も軽々行えます。 口コミを見てみると、電化製品の修理用から角栓除去、ムダ毛処理にいたるまで、かなり広い範囲で用いられているようでした。 中には『耳掻き』として使っている人もさえいたほどです。 繊細な耳の中を掃除するのにも使えるなんて、それだけでもこの商品の高精度差が伺えます。 しかもそういった使い方をしている人たちの評価は軒並み高く、総合評価にいたっては5段階のうち『4. 5』という高評価を獲得していました。 『幅広い範囲で使える』高精度さに加え『総合評価も高い』、まさに買って損なしの商品です。 ゾーリンゲンNigeloh ニゲロ社 『ツイザー』 1,009円 税込• 材質/ステンレススチール• 製造国/ドイツ• 先端の形状/先平タイプ• セットの本数/1本 毛抜き界知名度ナンバー1の商品! ある程度美容に詳しい人であれば、この商品の名前を聞いたことはあるでしょう。 この『ツイザー』は、多く存在する『毛抜き』でも最高峰に位置する商品のうちのひとつです。 使っている人の感想を聞くと、さすが人気商品だけあって評価はかなり高かったです。 とくに『短い毛』や細い角栓に対して効果を発揮するようで、角栓除去はもとより男性のヒゲなどにも使いやすいようです。 反面『先が斜めで鋭利なのでうっかり肌を傷つけやすい』『作りがしっかりしているので開閉に力がいる』という意見も存在しました。 いくら良い商品でも『全員が全員良いと思う商品』がないのは当然ですが、力が弱い人や手先の器用さに自信がない人には向かないようです。 上述のことからも、この商品はどちらかといえば『男性向き』なのかもしれません。 REGINE『コスメティックツィーザー』• 材質/ステンレス• 製造国/スイス• 先端の形状/先平タイプ• セットの本数/1本 『狙った獲物は逃さない』プロのスナイパーのような毛抜き この商品を一言で表すのであれば『完璧な毛抜き』といえるでしょう。 デザイン性の高さ、精度の高さ、使いやすさ、使用範囲の高さ、どれをとっても一級品です。 1mmのうぶ毛さえ逃さず除去する精度の高さは、さながら『医療機器』や『精密機械』といっても過言ではないでしょう。 口コミでもその性能の高さは絶賛されていて、『空振りが全くなくて気持ちいい!』『もうこれ以外使えない』『5年以上リピートしています!』という声が多く存在し、相当に評価が高いことが伺えます。 またこの商品は機能性だけでなく、デザイン性にも優れています。 マッド感あふれるブラックのボディは、一目見ただけで『カッコいい』と思わせるだけの魅力があり、ただの毛抜きとは比べ物にならないほどスタイリッシュでカッコいい仕様になっています。 『見た目』も『中身』も完璧の、超ハイクオリティな毛抜きです。 一式揃って扱いやすい!おすすめの角栓を除去できる毛抜きキット5選 続いては『一式セット』の毛抜きのおすすめを紹介していきましょう。 通常、毛抜きといえば『1本のみ』の場合が多いですが、こういった角栓除去を目的としたした場合だと、セットになっているほうがあらゆる個所の角栓に対応できて便利です。 以下に紹介する毛抜きセットなどは、数ある商品の中でも特におすすめです。 AMTOK『毛穴ケア専用キット』 情報が取得できなかったよ・・・• 材質/ステンレス• 製造国/中国• 先端の形状/先細タイプ• セットの本数/5本 コメドプッシャーの代名詞的存在 角栓に悩んでいる人であれば、一度くらい耳にしたことがあるであろう有名な商品です。 この商品の良いところは、『様々な個所の角栓』に対応できるセット数の豊富さと、1つ1つの器具の性能の高さにあります。 3種類の圧出ツールと2種類のピンセット型毛抜きを、目的に合わせて使い分けることが出来ます。 そのため細かい個所に出来た角栓でも除去しやすく、幅広い肌質に対応できる点は嬉しいところです。 口コミでの評判も高く、思春期の男性から脂性肌の女性に至るまで、多くの人が使用してその効果に満足しているようでした。 大手通販サイトAmazonでも、毛抜き部門でベストセラー1位に輝くなど、控えめに言っても高機能でおすすめな毛抜きセットと言えます。 Anbber『角栓 ピンセット 毛穴ケア専用キット』• 材質/ステンレス• 先端の形状/先細タイプ• セットの本数/6本 使い勝手の良さに定評あり! このセットの特徴は、『ダブルヘッドデザイン』の圧出ツールが4本もついていることによる『汎用性の高さ』でしょう。 通常はこういったセットであっても、角栓を直接上から押し出す『圧出カップ』は1種類だけの場合が多いです。 しかしこのセットは大小2つのカップが付いているので、小さめな黒ニキビでも押し出しやすくなっています。 上述のAMTOKと機能面において大きな違いはないようですが、口コミを見る限りだと、こちらのほうが本数も多いためか『使いやすい』と言っている人が多くみられました。 初めてこういった器具を使う人や気難しい肌質の人は、こちらを選んだほうが良いかもしれません。 Anjou『角栓とり 毛穴ケア専用キット』• 材質/ステンレス• 先端の形状/先細タイプ• セットの本数/6本 痒い所に手が届く、よく『気が利く』毛抜きセット このセットの良いところは、器具の使いやすさや機能性もそうですが、なによりも『よく気が利く』サブ機能的な面にあります。 毛抜きそのもののとしては、上記した商品と比べて大きな特徴や違いはありません。 しかしこのセットは『収納ケースの内部に鏡』が付いていたり、器具ひとつひとつをしっかりまとめられる『バンド』が付いていたりと、何かと気が付くところが魅力です。 出先で鏡がないときにもサッと使えて、収納ケースの中でぶつかり合って刃先が欠けたり傷がつく心配がないのは、地味ですが非常に便利で嬉しいポイントでしょう。 使っている人の話では、持ち運びに便利で痒い所に手が届く仕様が嬉しいと絶賛する声が多くありました。 New Sogood『毛穴ケア専用キット』 情報が取得できなかったよ・・・• 材質/ステンレス• 先端の形状/先細タイプ• セットの本数/5本 外科用抗菌ステンレスの本格仕様 この商品の特筆すべきポイントは、何においても『外科用ステンレス』を使っているところにあります。 外科用ステンレスは、通常のステンレスに比べて熱や酸化、腐食に強いのが特徴で、また金属イオンが溶け出さないので、金属アレルギーを起こしにくいといわれています。 硬度も非常に高く、強い力を加えると折れてしまう危険性のあるコメドプッシャーには最適な素材と言えます。 アレルギーが起こりにくいのはもちろんですが、酸化しにくいのは肌のことを考えたら嬉しいポイントでしょう。 口コミでの評判も良く、総合評価は5段階中4. 6と、相当高いことが分かります。 純粋にコメドプッシャーとしての機能は上記した商品とあまり違いはありませんが、その分素材にこだわっているので、肌が弱い人にはおすすめの商品です。 Breett「美容ツール専用キット」• 材質/ステンレス• 先端の形状/先細タイプ• セットの本数/6本 これひとつで身だしなみはバッチリのフルセット このセットは、どちらかといえば『角栓除去能力の高さ』よりも『汎用性の高さ』と『便利さ』に重点が置かれた商品です。 角栓を除去するためのツールは2種類で、残りは『先平タイプ』の毛抜きが2種類と、ハサミと針が入っているセットです。 上記のセットに比べると、純粋なタイプの毛抜きが2つ付いているのでムダ毛の手入れもしやすく、また眉毛や鼻毛を切るためのハサミもあるので、これひとつで全体の手入れが出来る点が嬉しいところでしょう。 今までの商品のように『角栓除去』をメインにしているわけではないですが、その分使える範囲が非常に広いので、総合的なケアができるセットが欲しい人や初めてこういったケア商品を買う人にはおすすめです。 角栓を除去できる毛抜きを購入時の気になる疑問・質問 以下では毛抜きを購入する前に、知っておくと便利な角栓を抜くときの注意事項や疑問点を質問形式で紹介していきます。 Q1:毛抜きで角栓を引っこ抜くのは大丈夫? 肌に負担をかけなければ有効です。 毛抜きで角栓を抜く方法は、純粋に『角栓のみ』をつかんで引き抜きます。 そのため爪などで肌を傷つける心配が少なく、気を付けてさえいれば指で押し出すよりはよほど有効と言えるでしょう。 毛抜きで角栓を抜くときには、なによりも『肌を傷つけない』ことと『清潔な器具を使うこと』と『適切なアフターケア』を行うことが大切です。 Q2:角栓の正しい抜き方が知りたい。 毛穴から角栓が少し出ているものだけを狙い、肌に毛抜きが触れないように抜きます。 上記したように、角栓を抜くことそのものはそれほど悪いことではありません。 あくまでも『肌を傷つけない』ことを念頭に置いて、角栓の飛び出た部分だけをつまむようにして抜いてください。 圧出カップなどを使うときは、入浴中などの毛穴が開くときに使うようにすると効果的です。 また角栓が出ないからと言って力を入れ過ぎると、肌を痛める原因になるので注意してください。 Q3:角栓を抜いた後にどうすれば毛穴が小さくなりますか? 有効だとされるのは『冷やす』ことです。 他にもホットタオルなどで『温めてから氷水などで冷やす』を繰り返す方法や、収れん効果のある化粧水を散布する、保湿を行う、なども有効な手段です。 また、人によっては『保冷材』や『氷』を直接肌に乗せて『くるくるとマッサージ』する人もいるようでした。 まとめ 以上、角栓除去に有効な毛抜きについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 『毛抜きで角栓を抜くなんて肌に悪そう』と思った人も多いのではないでしょうか。 しかし毛抜きを用いる方法は、『指で押し出す』『毛穴パックを使う』といった方法に比べると、肌そのものへの負担がないため、実は有効だったりします。 しつこいようですが、毛抜きで角栓を抜くときは『肌を傷つけない』ことと『清潔な器具』を使うことが大前提です。 ここで取り上げた商品は、機能性や評判はもちろんですが、なによりもこの2つのポイントを重視して選ばれたものです。 自分の肌を、優しく労わりながら角栓を取り去っていきましょう。

次の

鼻の黒ずみ除去法!角栓や黒ずみを解消する正しいケア法

角栓 除去

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 小鼻の角栓除去に効果的な洗顔 【1】ルシェリ【酵素洗顔パウダー】 鼻の角栓、毛穴のがんこな汚れ、黒ずみまですっきりクリアにしてくれる酵素洗顔パウダーです。 パウダーに配合されている洗浄成分タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)、皮脂クリア成分が古い角質を分解してくれるので、洗顔後にはお肌がツルツルに。 【2】プレディア【プティメール ファンゴ バブル ウォッシュ】 皮脂吸着成分が配合されたムース状洗顔料。 もっちり濃密なムースが、小鼻の角栓・黒ずみをすっきりと洗いながし、透明感のあるつるんとした肌に導いてくれる。 【3】teatea【洗顔フォーム】 美容泥くちゃとパパイン酵素のWのチカラで、お肌の表面の汚れだけでなく、小鼻や毛穴の汚れまでしっかり吸着。 弾力ある泡で、しっとりなめらかで毛穴の目立たない透明感のあるお肌に。 【4】サンソリット【スキンピールバー AHA】 速やかに肌に浸透する働きを持つグリコール酸を配合し、毎日の洗顔で古い角質を少しずつ除去するソープ。 角栓がたまりにくい肌に変化。 多くの皮膚科でも取り扱っている、信頼度の高い洗顔料。 化粧水でふき取って小鼻の角栓除去 【1】KOSE【肌極】 皮脂と古くなった角質が毛穴にたまることで生じる角栓には、タンパク質を分解する働きのある酵素洗顔が有効的。 酵素洗顔後はしっかりと化粧水で毛穴を引き締め、お肌の保湿を忘れずに。 【2】teatea【ふきとり化粧水】 化粧水で、洗顔では落とし切れなかったお肌の老化角質をやさしくふきとって、角栓の元をシャットアウト。 ふきとり後は、お肌の明るさもワントーンアップ。 オイルマッサージで小鼻の角栓除去 【1】プロティア・ジャパン【エンビロン クリアスキンオイル】 洗顔前に使用するプレクレンザー。 肌になじませ3〜5分マッサージした後洗顔することで、気になる毛穴の皮脂汚れをしっかり落とす。 BHA配合で、角質をなめらかにし毛穴のつまりを予防するクレンジングオイルです。 小鼻の角栓除去に効果的なスクラブ・ピーリングジェル 【1】LUSH【「ヴィーナス誕生SP」フェイス&ボディスクラブ】 お肌の角質を取り除くミネラル豊富なシーソルト、ウォッカに漬けこんだライム、グレープフルーツが配合されているスクラブ洗顔料。 お肌のザラつきやくすみをとって、角栓の元を除去。 【2】クレア【サンタマルシェ クリアピーリング】 洗顔後の肌にマッサージするようになじませ、すすいで使うピーリングジェル。 「AHA」・「蒟蒻スクラブ」に加え、天然研磨成分「重曹」を配合。 くすみの原因の古い角質や余分な皮脂、毛穴の黒ずみ・角栓を素早く浮き上がらせ、しっかりと落としツルすべ肌に。 【3】ポアクリア【角栓クリーナージェル】 オレンジオイルや、大小2種の炭スクラブに加え、「ガッスール」が配合されており、毛穴の汚れを溶かしながら除去するといううれしいアイテム。 オレンジオイルの爽やかな香りがとても心地よいです。 【4】エトヴォス【セラミ ドスキンケア スキンピールジェル】 洗顔後の肌になじませてから、数分で洗い流すジェルタイプのピーリングアイテム。 ドライの状態で顔のマッサージや古い角質をはらったり、濡らしてせっけんを泡立てて洗顔ブラシとして大活躍。 角質・角栓を取ってすっきり肌に。

次の

専門医に聞く!鼻の角栓を取る正しい方法とNGな方法

角栓 除去

毛穴の詰まった角栓は綿棒とオイルでケアできます お肌の悩みは女性にとって尽きないものですが、その中でもとくに毛穴トラブルに悩む人は多いものです。 多くの女性を悩ませている毛穴トラブルに「角栓」と言われているものがあります。 鼻の頭や小鼻の周りにポツポツと黒く目立つ角栓のつまりです。 顔の中心にある鼻にできるので目立ちやすく、治りにくいので切実な問題となります。 メイクでカバーしようとしても、余計にポツポツと毛穴が浮いてしまったり、時間が経つと崩れてきたりとうまくいきません。 スキンケアで重点的に鼻の周囲を洗顔してみたりしても、なかなか改善が見られないものです。 スキンケアのやり過ぎは注意が必要です。 古くなってはがれ落ちた角質や皮脂が、毛穴の中で混ざって固まったものです。 ですので皮脂の分泌が多い小鼻の周りに多く見られます。 毛穴の中の角栓は時間が経つにつれて黒く酸化します。 皮脂にアクネ菌が繫殖してニキビが発生したり、他の肌トラブルを招いたりするので、できるだけ早く取り除きたいものです。 しかし早く取り除きたいからといって無茶なケアをしてしまうと、肌が乾燥し、皮脂の分泌が過剰になってさらに角栓が増えてしまう、という悪循環におちいります。 またひとたび解消できたとしても、正しいケアを続けていかなければ、またすぐに角栓ができてしまいます。 そこで綿棒を使って、優しいオイルで肌を守りながら毛穴をキレイにするケアをおすすめします。 この方法であれば、だれでも簡単に、肌への負担が少ないケアすることができます。 綿棒を使ったお手入れ方法 角栓を直接ケアする方法として、美容オイルを染み込ませた綿棒を使ったものがあります。 必ず洗顔した後の肌が清潔な状態で行ってください。 綿棒にたっぷりと美容オイルを染み込ませます。 次に綿棒で優しくなでるようにして、肌にオイルをなじませます。 この際に力を入れて綿棒を肌に押しつけたり、強くこすったりしないようにしてください。 綿棒のすべりが悪くなったらオイルを足してください。 または鼻に直接オイルを塗るのでもよいでしょう。 オイルが肌に浸透することによって、古くなった角質や皮脂汚れが毛穴の外に溶け出してきます。 しばらく全体になじませたら、コットンで優しく拭き取ります。 角栓を取り終わったら、洗顔料を使って洗顔をしてオイルを洗い流します。 その後は、通常のお手入れと同じで、しっかり保湿をして下さい。 こんなお悩みありませんか? 角栓を繰り返さないための日常のポイント 綿棒とオイルを使った方法で、角栓をきれいに取り除く方法がわかりましたが、角栓が再び出来てしまうのは避けなければなりません。 一時的な効果で安心してしまわないように、引き続き肌を健やかに保つようにしましょう。 そのためにはアフターケアが大切です。 角栓ができてしまう大きな原因は、「乾燥」「皮脂の過剰分泌」「ターンオーバーの低下」この他にも、「ストレス」「睡眠不足」「過剰なスキンケア」などが関係しています。 これらが複合的に重なるとさらに悪化してしまいます。 ですからまずは今までの毎日の生活を見直してみましょう。 バランスがよい食生活を送っていますか? 十分な睡眠を取ることができていますか? 休日には趣味時間を持つ、軽いスポーツなどで体を動かすなど気分転換も必要です。 心身ともに、健康な状態を心掛けましょう。 スキンケアに関しては、綿棒とオイルのケアで角が上手に取れるからといって、くれぐれもやり過ぎには注意してください。 肌に優しいとはいえ、少なからず肌に負担がかかります。 頻繁に角栓を除去するのは避け、週に1〜2回ほどにとどめましょう。 (まとめ)角栓を除去するには綿棒を使ったケアがおすすめです.

次の