関東連合 芸能人枕。 関東連合と芸能人の相関図&現在の最強の男ランキング30選【最新版】

プラチナムプロダクションの黒い噂(闇)がヤバい!枕営業や関東連合(半グレ)と関係あり!

関東連合 芸能人枕

上原美優はルックスも可愛いくかなり人気のあるタレントだったね。 上原美優のファンはメモを解読しようと躍起になっていたよ。 多くの人が解読しようとしたメモですが、解読できた人はいません。 ただ、メモの文末に「ホントーにアリガトウ」という文章が書かれていることだけは解読出来ていました。 上原美優の遺書は赤星たみこの父親のモノだった なぜ今頃?という質問が多いのですが、知ったのがつい最近だったからです。 RT [父の遺書と上原美優さん] 父が亡くなる直前に書いたメモが上原美優さんが書いたものとして出回っていますが、それはでっち上げのウソ記事です — 赤星たみこ tamikong 上原美優の遺書とされたメモは実は上原美優のものではありませんでした。 2014年11月8日に漫画家の赤星たみこがメモは父親の遺したメモであることを明かしています。 上原美優さん亡くなってもう6年で今生きてたら30歳だと思うとしんどすぎる。 あと、いまさらだけど上原美優のメモってデマだったんだね……。 — いっちゃんとか、ヒロとか、ロボとか ichgw 赤星たみこは父親の遺したメモが解読出来なかったため、自身のブログを介してネットユーザーに解読できる人がいないか画像を公開していました。 上原美優の彼氏は石本太一 関東連合元リーダー石元太一 詐欺容疑で逮捕 — 不動 明 maki1975 石本太一は半グレ集団の関東連合の元リーダーだった人物です。 石本太一は2012年9月に起きた「六本木クラブ襲撃事件」に関与した疑いで逮捕され、懲役15年の実刑判決を受け、現在東京拘置所に収監中です。 週刊誌によると、上原美優は石本太一と交際していたようです。 しかし、上原美優は当時売れっ子だったこともあり、当時悪名高い自分が交際すると芸能活動に差し障る可能性があると考えて、石元太一は身を引いたと言われています。 昔関東連合に、追い込まれ自殺した上原美麗大家族を、養う為に精一杯頑張ってただげに、どんなに悔しかっただろうどんなに辛かっただろう、やりきれない、極悪非道な関東連合は、一人残らず仏罰を、受ければいい、仏様は、みてるぞ — 08051511521 8vekutolee 上原美優の彼氏はアパレル店員 — 2016年 6月月8日午前3時53分PDT 発見者は交際相手(アパレル関係)なんだけど。 その発見者の証言によると「午前0時まで一緒にいた。 1人になりたいと言われ、家を出たが携帯に連絡しても繋がらないので心配になり戻った」 ちなみに、遺体はすでに親に引き渡し済み。 他殺の可能性があれば、検死があるので、これほど早く引き渡されることはない。 上原美優はなくなる前にはブランドショップの店員と交際しており、度々、彼氏が上原美優の部屋に泊まりに来ていました。 彼氏は翌朝出社する際に上原美優がふさぎ込みが地だったことが気がかりだったので、昼休みを利用して、自宅に戻りそのまま会社を休んだようです。 上原美優は徐々に元気を取り戻し、午後11時頃には笑顔でよくしゃべるようになり、彼氏は安心したようです。 上原美優は「今日は感じたことを書いておきたいから2時間くらい外に出ててくれる?」と言ったそうです。 彼氏は不審に思いながらも、近くのネットカフェで時間をつぶしていたところで、電話であと1時間頂戴と言われ、部屋に戻ったようです。 しかし、彼氏が戻ってきたときに上原美優は自室のドアにベルトスカーフを使って、首つりをして、すでに帰らぬ人になっていました。 上原美優は2011年5月12日午前3時37分に搬送先の病院でしぼうが確認されています。

次の

プラチナムプロダクションの黒い噂(闇)がヤバい!枕営業や関東連合(半グレ)と関係あり!

関東連合 芸能人枕

この記事の目次• ブラックエンペラーとは おそらく日本で最も有名な暴走族であろう「ブラックエンペラー(BLACK卍EMPEROR)」は、1960年代末ごろ(1968年か)に、東京都国立市の不良少年達が中心になって結成されたと言われています。 当初は暴走族というよりは、バイク好きの集まりだったようですが、1970年代頃から人数が増えて規模が巨大化し、他のチームといざこざを起こすようになって今でいう暴走族化していったとされていますが、このあたりの経緯ははっきりしません。 1973年、千葉県茂原市の有力暴走族「赫夜姫」と合併し勢力を拡大し、1975年頃には武闘派の暴走族集団として近隣チームに恐れられたと言われています。 ブラックエンペラーの名前が全国的に有名になったのは1976年に公開されたブラックエンペラーに焦点を当てたドキュメンタリー映画「ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR」がきっかけでした。 この「ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR」は、のちに社会派の映画監督として世界的に有名になる柳町光男監督の第1作目として知られています。 この作品は芥川賞作家の中上健次氏も高評価しています。 この「ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR」は最初は小規模劇場で始まりましたが、次第に評判を呼び、全国東映系の劇場で大規模公開されるに至りました。 これによってブラックエンペラーの知名度は爆発的に上昇し、東京都内だけでなく、千葉県、神奈川県、茨城県などの関東一円、さらには、静岡や愛知県にまで勢力を拡大し、全国的にブラックエンペラー支部が乱立する状況を生みます。 「関東連合」を結成 1973年、ブラックエンペラーは、関東一円の有力暴走族チーム「マッドスペシャル」「上町小次郎」「鬼面党」などと連合を結成「関東連合」を名乗ります。 これが後に半グレ集団として恐れられる「関東連合」の母体ですが、この頃は純粋に暴走族の連合体として存在していました。 そして、1970年代末頃にブラックエンペラーは全盛期を迎え、メンバー数は2000名を数える大規模暴走族へと成長。 この頃に総本部が国立市から新宿区へと移されています。 (ブラックエンペラーの本部は、基本的に総長の住んでいる所だった) ブラックエンペラーが勢力を拡大するにつれて、警察も彼らへの警戒を強め、規制を強化するようになります。 1977年11月、ブラックエンペラーに所属する500名が指定団体として取り締まりの対象となり、内23名が、「凶器準備集合・暴力行為」の容疑で検挙されています。 1978年8月26日の夜から翌朝にかけて、世田谷区でブラックエンペラーに所属する58名が「道路交通法・道路運送車両法」違反によって検挙。 翌1979年5月27日未明にも、東京杉並区で「公務執行妨害」および「道路交通法」に関わる事件を起こし、その後ブラックエンペラーに所属する43名が摘発されました。 こうした警察による規制の強化はブラックエンペラーをはじめとする暴走族集団のさらなる凶暴化へとつながりますが、警察との激しい攻防の末に次第に衰退化し、1992年、25代目総長の代についに総本部の解散が表明されています。 なお、1982年には「ブラックエンペラー赫夜姫」に焦点を当てたドキュメンタリー映画「俺たちの生きた時間」が公開されヒットしています。 この「ブラックエンペラー赫夜姫」は新宿のブラックエンペラー総本部が解散した後も独自に活動を続けており、1998年の七夕集会での約90人の一斉摘発、翌1999年、初日の出集会での摘発によって現役世代全員が逮捕されるに至り活動停止となりました。 元々のブラックエンペラーに深く関係する暴走族集団はこれによって壊滅したと言われています。 ブラックエンペラーと半グレ集団「関東連合」との関係 こうして、解散に至った元々のブラックエンペラーでしたが、1990年代の終わり頃、見立真一、松嶋クロスら後に関東で名を馳せる事になる不良少年らが集まり、「第22代永福町ブラックエンペラー」を勝手に再結成します。 「第22代永福町ブラックエンペラー」は、もはや元々の暴走族「ブラックエンペラー」としての面影はなく、周囲の暴走族やチーマーグループ、有名な不良などを潰して回る暴力集団として暴れまわり、関東の不良達を恐怖で支配するようになり、その過程で「トーヨーボール殺人事件」などの殺人事件まで起こす凶悪集団へと変貌していきます。 そして、彼らは後に「市川海老蔵暴行事件」「六本木クラブ襲撃事件」などを起こして世間を騒がせ、半グレ集団「関東連合OB」と呼ばれるようになるのですが、それは暴走族としての「ブラックエンペラー」とはほとんど関係がありません。 「関東連合」は、暴走族の集合体として半グレ集団化する前から存在していた事は既に触れましたが、1990年代、チーマーグループが勢力を強めている事に危機感を抱いた暴走族チーム「上町小次郎」がこの「関東連合」の復活を呼びかけ、その動きに呼応する形で見立らが創設したのが「第22代永福町ブラックエンペラー」だとする見方もあります。 その後、見立らを中心とする「関東連合」メンバーがチーマーグループと壮絶な抗争を繰り広げる事を考えると、これがより真実に近いと言えそうです。 この谷田部氏については謎が多く、1940年代の終わりから1950年始め頃の生まれだとされ、ハーフだったという説なども出ています。 当時のブラックエンペラー関係者の間では現在でもこの谷田部氏が初代会長として伝説的に語られていますが、どういった人物だったのかについてはほとんど情報がなく、その実体は謎に包まれています。 創始者谷田部氏とともにブラックエンペラーを立ち上げたと言われています。 この泉輝雄さんは2014年頃、心筋梗塞で65歳の若さで亡くなったとの情報もネット掲示板に書き込まれていますが、あくまで匿名掲示板の情報であり信ぴょう性については微妙なところです。 ブラックエンペラー公式サイトでも泉輝雄さんが死去された事が告知されていますが、このサイトをどなたが運営されているのか不明である以上は完全に信用する事はできません。 ブラックエンペラーでの活動を卒業した後は右翼団体に所属して政治活動を行なっていたようですが、その活動についてもほとんど情報がありません。 上の画像は、ブラックエンペラー公式ウェブサイトで公開されている泉輝雄さんの画像です。 ブラックエンペラーでの現役時代ではなく右翼活動家時代の写真のようですね。 ただし、関係者の間では、ブラックエンペラー新宿支部(当時)の3代目会長として認識されています。 この遠藤吉寿さんは、後に両親が離婚して瓜田吉寿と名前を改めるのですが、その息子こそが現在は作家、最近はYouTuberとしても人気を得ているアウトローのカリスマ・瓜田純士さんです。 この遠藤吉寿さんも往年のブラックエンペラーOB達からは半ば伝説として語られる存在です。 1975年には二見書房から手記「俺たちには土曜しかない 暴走族の手記」を発表しています。 こちらは1979年には第10版が刷られており、手記としてはかなり売れています。 暴走族引退後は、暴力団に所属してアンダーグラウンドなビジネスを手がけていた事が、息子の瓜田純士さんの著作の中で明かされています。 本間優二さんは、高校中退後に暴走族になってブラックエンペラーに加入。 新宿支部長を経て、3代目名誉総長を務めました。 上でも紹介したブラックエンペラーのドキュメンタリー映画「ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR」に現役暴走族として出演したのをきっかけに、監督の柳町光男に気に入られ、1979年公開の映画「十九歳の地図」の主役に抜擢されて俳優デビューしています。 本間優二さんは演技の才能を示し、1980年2月の「第1回ヨコハマ映画祭」で「十九歳の地図」にて最優秀新人賞を受賞しています。 以降も俳優業を続け、1981年公開映画「狂った果実」、同年公開映画「とりたての輝き」でそれぞれ主演。 それ以外にも数々のドラマ、映画に出演して人気を博し、1983年公開の映画「戦場のメリークリスマス」、1985年公開の「ビー・バップ・ハイスクール」などの話題作にも出演し話題になっています。 しかし、本人は元々俳優志望でなかった事から、1989年公開の「極道の妻たち 三代目姐」を最後に芸能界を引退されています。 阿部氏は横浜鶴見区の不良で、最初ブラックエンペラー横浜支部の立ち上げに尽力し、その後、前述の2代目会長・泉輝雄氏と3代目会長の遠藤吉寿氏の推薦で4代目会長に就任し、その後2年の間会長を務めました。 ちょうど全盛期のブラックエンペラーを率いていたのがこの阿部氏だとも言われています。 阿部氏は、2003年の「実話ナックルズ」12月号で、「4代目ブラックエンペラー会長A氏」としてインタビューに応じています。 1974年から約3年間、ブラックエンペラー会長を務め、暴走族引退後の1977年からアメリカへと渡り、ニューヨークを拠点にロサンゼルス、ハワイ、インドネシア、グアムなどを渡り歩き国際人脈を構築。 それを活かして、22歳の頃、日本の出版社を相手に、取材・撮影のコーディネート業を営み成功を収めます。 日本に帰国後は、横浜FMの看板番組「MARUI 24 CLUB」を手がけるなどメディアの世界でも存在感を示し、1988年には「イカンガー岩崎」のペンネームで自伝小説「 塀の中の懲りない少年たち」を刊行。 この作品は後に「クレージーボーイズ」の題名で映画化もされ、主演に加藤雅也さん、脇を固める俳優陣も、坂上忍さん、竹中直人さん、石橋蓮司さんら錚々たるメンバーが出演しヒットを記録しています。 岩崎隆史さんは、ライターとしても活躍し、「プレイボーイ」「スコラ」「ホットドッグプレス」など、数々の有名誌で執筆、人気を集めました。 現在は作家業をはじめ、店舗やイベントの企画など、様々な分野で活躍、実業家として成功を収めています。 歴代のブラックエンペラー総長の中でも特に硬派な人物で、彼が率いていた頃のブラックエンペラーがもっとも統制が取れていたとも言われます。 暴走族引退後は、極真空手の師範代となり、芸能プロデューサーとしても活躍し「実録 暴走族 ブラックエンペラー」、「実録 最後のギャング関東連合ブラックエンペラー五代目」、「喧嘩高校軍団 國士義塾(こくしぎじゅく)VS朝高(あさこう)」、「BLUE BERRY 僕の詩・母の歌」などの硬派作品を数々手がけています。 また、元東京都知事の石原慎太郎氏のボディーガードを務めた経歴も持ちます。 そんな蛯澤賢治さんは愛国心が強く、尖閣諸島問題などにも言及されており、1978年には領有権主張のために魚釣島への上陸も敢行されています。 続く我が国領海に対する中国の侵犯! 尖閣周辺における中国の度重なる日本に対する領土侵犯と挑発行為をこのままほっておく事がどんな結果をまねくかよく考えてもらいたい。 弱腰すぎる政府の対応になんとかして欲しいと思う人は多々いるはずです。 実際に魚釣島に上陸してしまうところなど、歴代のブラックエンペラー総長の中でも特に気合の入った人物です。 上陸した1978年の頃、蛯澤賢治さんは未だ20代前半のはずですが、この行動力はさすが数千人もの不良少年らを束ねていた存在だと感じます。 宇梶剛士さんは少年時代から野球に打ち込み、拓殖大学第一高等学校の野球部時代には複数のプロ野球球団のスカウトが練習を見に来るほど、将来を嘱望されていました。 しかし高校時代に暴力事件を起こして逮捕され、少年鑑別所へ、これが原因で高校を中退する事になり、野球の道も絶たれてしまいます。 それから道を外れた宇梶剛士さんは暴走族の道へ、やがてブラックエンペラー三多摩総本部(当時)の頭(かしら)となります。 プロ野球選手への夢を絶たれた鬱憤を晴らす気持ちもあってか、当時の宇梶剛士さんはわざと敵対するチームの縄張りを歩いて挑発し、日々喧嘩に明け暮れていたそうです。 その後、宇梶剛士さんはブラックエンペラー総長の座を狙い、6代目会長の蛯澤賢治さんの本部へ単身殴り込みをかけますが、その時は蛯澤賢治さんになだめられて矛を収めました。 その後、蛯澤賢治さんが暴走族を引退して会長の座を退く際に、幹部の満場一致で宇梶剛士さんが7代目会長に就任しています。 ブラックエンペラーの総長になってからの宇梶剛士さんはさらに喧嘩に明け暮れ、敵対する1000人以上の暴走族チームに単身乗り込み、幹部ら20人を瞬く間に倒して戦意を喪失させて追い散らしてしまったという信じられないエピソードも伝説的に語られています。 そんな壮絶な過去をもつ宇梶剛士さんでしたが、2003年11月に自叙伝「不良品-オレは既製品じゃない! 」を発表して、不良だった過去を初めて明かし話題になりました。 少年院で改心し俳優を志す ブラックエンペラーの歴代総長の中でも最強の武闘派と言われた宇梶剛士さんは喧嘩に明け暮れますが、そんな日々の中で暴力沙汰で検挙され、少年院送りになります。 その少年院での生活中、宇梶剛士さんは母親が差し入れたチャップリンの自伝を読んで涙を流すほどの衝撃を受けたそうです。 彼は貧しくても役者を目指して努力を続けて、チャンスが巡ってきたときに、その才能を開花させた。 『自分は、憧れのプロ野球のスカウトを受けるところまでいったのに、そこから落ちるとこまで落ちて、鉄格子の中で何をしているんだ』と。 それが無性に悔しくて、涙をボロボロ流したら、悔しさと恥ずかしさで耳が真っ赤になってね。 そのときに、『もう不良はおしまい』だって思った。 そして、宇梶剛士さんは新たな夢として俳優を目指し始めます。 少年院から出た宇梶さんはまず、歌手の錦野旦さんの付き人になります。 その頃に俳優の菅原文太さんの目にとまり「お前何者だ?」と尋ねられ、宇梶剛士さんは「俳優になりたいんですが、どうやってなったらいいのかわからないので、錦野旦さんの手伝いをしています」というと、菅原さんはその場で錦野旦さんの事務所に電話し「お前のところの若いのをくれ」と言ってすぐに話をつけ、宇梶さんは付き人として拾われ、これをきっかけにして俳優デビューを果たす事になります。 現在も宇梶剛士さんは、コミカルな役からシリアスな役まで幅広くこなせる存在感のある俳優として絶大な人気を誇り、第一線での活躍を続けられています。 ブラックエンペラーのレディース初代総長・山田加奈(KANA) あまり知られていませんが、ブラックエンペラーにはレディースも存在しました。 そのブラックエンペラーレディースの初代総長が、女番長のカリスマこと山田加奈さんです。 山田加奈さんはマハラジャ六本木にて、ディスコイベント「ディスコパーティー ザ・オールドファッション」をKANAの名前で毎年主催されています。 箱乗りするブラックエンペラーレディース総長・山田加奈さんです。 かなりイケイケな感じですね。 上の2枚は、ブラックエンペラーレディースの貴重な写真です。 山田加奈さんの姿も見えます。 ブラックエンペラー出身の芸能人や有名人は? ブラックエンペラーの歴代総長には、宇梶剛士さんや本間優二さんら、芸能界で成功した人物もいました。 ここでは、ここまで紹介していないブラックエンペラー出身の芸能人や有名人について見ていきます。 ヤンキー弁護士・金崎浩之 弁護士の金﨑浩之さんは少年時代はブラックエンペラーに所属し、東京都小平地区の幹部でした。 これは本人が公表しており「ヤンキー弁護士」を自称されています。 金﨑浩之さんは少年時代は非行に明け暮れて何度も補導され、高校2年生の時に他校の番長と喧嘩して停学処分になり、そのまま中退してしまいます。 しかしその後、一念発起して東京都立武蔵高等学校定時制へと通ってもう勉強し、京都外国語大学の外国語学部英米語学科に合格。 その後も勉強に明け暮れて法律学に目覚め、大学卒業後はアルバイトで生活費を稼ぎながらもう勉強して司法試験に合格し弁護士として活動を開始。 過去の経験を生かし、少年事件にも熱心に取り組まれています。 松嶋クロス 1990年代の終わり頃、「第22代永福町ブラックエンペラー」を見立真一らと共に(勝手に)設立した松嶋クロスさんは、後にAV監督としてデビューし、数々の衝撃作をリリースしてAV業界の風雲児として成功を収めています。 また、2011年に元アイドルタレントの小向美奈子さんのAV女優デビューを成功させ話題を集めました。 そのほか、松嶋クロスさんは音楽プロデューサーとしても活躍し、ムーディー歌手「鼠先輩」をプロデュースして「六本木~GIROPPON~」を大ヒットさせます。 しかし2018年から2019年にかけて、松嶋クロスさんは、恐喝や暴力団事務所の違法開設などで立て続けに逮捕され、現在は芸能の世界からは消えてしまいました。 石元太一 半グレ集団としての「関東連合」の悪名を轟かせた「トーヨーボール殺人事件」「市川海老蔵暴行事件」「六本木クラブ襲撃事件」の3つの凶悪事件のいずれにも関わっているとされるのがこの石元太一さんです。 石元太一さんは、「千歳台ブラックエンペラー」の総長を務め、10代のほとんどを少年院で過ごした札付きのワルでしたが、暴走族引退後には、自叙伝「不良録」を発表して話題になり、その後は、俳優、タレントとしてのデビューの道も開けていました。 しかし、それからすぐ後、詐欺事件や「六本木クラブ襲撃事件」の主犯格として立て続けに逮捕されてタレントや俳優デビューの道は閉ざされ「六本木クラブ襲撃事件」の裁判では懲役15年の実刑判決が確定。 現在(2020年時点)も服役中です。 ブラックエンペラーの現在 暴走族「ブラックエンペラー」は1992年に一度解散し、1990年代の終わりころに、見立真一、松嶋クロスらが「第22代永福町ブラックエンペラー」を(勝手に)立ち上げた事で復活を遂げますが、これも既に解散しており、現在「ブラックエンペラー」を名乗る集団は存在しません。 現在のブラックエンペラーの活動といえるものとしては、今回も度々触れていますが、おそらく当時をよく知る人物らによってブラックエンペラー公式ウェブサイトが運営されており、オンラインショップなども展開されています。 インターネット上では、こうしたウェブサイトをはじめとして度々ブラックエンペラーについての話題が盛り上がっており、人々の記憶の中には未だ「ブラックエンペラー」は存在し続けているようです。 まとめ 今回は、日本で最も有名な暴走族の一つ「ブラックエンペラー(BLACK卍EMPEROR)」についてまとめてみました。 ブラックエンペラーは、1960年代の終わり頃、谷田部という人物と2代目会長泉輝雄さんによって設立されたと伝わっています。 その後は、アウトローのカリスマ・瓜田純士さんの父親である遠藤吉寿さん、俳優デビューを果たす本間優二さん、実業家として成功を収める岩崎隆史さん、歴代総長の中で最も硬派な男として知られる蛯澤賢治さん、現在も大人気俳優として活動を続ける宇梶剛士さんらが総長を務めた時代を経て、1992年にその歴史の幕を閉じました。 その後、1990年代末頃に、見立真一、松嶋クロスらによって「第22代永福町ブラックエンペラー」が(勝手に)設立された事でブラックエンペラーは復活しますが、見立、松嶋らが無茶苦茶な犯罪行為を繰り返したせいでこれも既に解散しています。 したがって、現在「ブラックエンペラー」は存在しません、ただ、ブラックエンペラー公式ウェブサイトをはじめ、ネット上では度々ブラックエンペラーが話題に上っており、現在も人々の心の中では存在し続けています。

次の

今、関東連合って、何であんなに無茶できるのですか?日本には、ヤクザの組が...

関東連合 芸能人枕

芸能界と深く繋がっていると言われている 『関東連合』その 元リーダーの石元太一被告と仲良しな芸能人がすごいと話題になっています。 一体誰なのでしょうか? 石元太一と仲良し芸能人トップ3 関東連合との繋がりで、まず名前があがるのは 伊藤英明でしょう。 『海猿』で有名になった、本格派のイケメン俳優ですが、それは表向きの顔のようです。 結婚も偽装だと言われていますし、 薬物をしている芸能人としても名前が上がっています。 まだ、30代のイケメン俳優Hとなっていますが、もし逮捕でもされたら、日本に衝撃が走るかもしれないですね。 お次は、石元太一の元カノという噂の絶えない 藤井リナ。 モデルで事務所経営も大成功したと言われている彼女ですが、 石元太一が逮捕されたのは藤井リナの部屋だったようです。 彼女は『vivi』の超人気モデルで台湾など海外でもファンが多かったです。 順当に行けばモデルから女優への転身もありえたでしょう。 しかし、関東連合との繋がりや自身の奔放すぎる性格のため、その可能性はなくなってしまいました。 一般人と結婚したそうですが、その情報もなく、石元太一の逮捕後は姿をみることはなくなってしまいましたね。 最後は元KAT-TUNの 赤西仁です。 石元太一とは 家族ぐるみの付き合いだったといいます。 それは赤西の母が経営する「オレンジワンダーマーケット」の商品を盛んに紹介していることからわかるでしょう。 赤西自身、数々の夜遊びを繰り返し、ジャニーズ事務所の警告を無視し続け解雇扱いでしたが、実は薬物逮捕寸前までいったこともあったそうです。 今は結婚して海外に行っているので、どうなっているのかわかりませんけど…。 この3人以外にも、石元太一のブログにでてくる芸能人はいるので、関わりある方はまだまだいるでしょうね。 そんな元リーダーの石元太一ですが、2012年に逮捕されています。 石元太一が逮捕された事件とは? 2012年9月に起きた「六本木クラブ襲撃事件」 その事件に関与し、傷害致死などの罪に問われていた暴走族グループ「関東連合」(解散)の元リーダー・石元太一被告。 懲役15年という判決を受けています。 事件が起きたのは、2012年9月2日夜のことです。 東京・六本木のクラブ「フラワー」に金属バットを持った男たちが乱入し、VIPルームにいた藤本亮介さんを殺害しました。 人違いで殺されるとか酷すぎますよね…。 石元被告は暴行には参加しておらず、実行犯で関東連合OBの男性に電話しただけと主張しました。 しかし、河合健司裁判長は「襲撃は計画的かつ迅速に行われ、石元被告人も十分予測していた」として15年という重い罰を与えたのです。 この判断は正しいでしょうね。 一審では、被告の証言通り、偶然であるように判断していました。 その判断どおりにしていたら、裁判所も関東連合との癒着があると考えられていたと思います。 そうなていたら、大騒ぎだったでしょう。 誰も関東連合の人を裁けないのですから…。 石元太一とは… そんな石元太一は、関東連合の元リーダーと言われていますが、リーダーは複数人いるので正確にはリーダーの1人のようです。 関東連合の下っ端だったようですが、幹部が次々に逮捕や海外逃亡したので、 幹部っぽくなったそうですよ。 実は 1度俳優として仕事したこともあり、背景は真っ黒なのに堂々としたものでした。 それも関東連合メンバーが芸能界に浸透しているからこそできた、と言われています。 また暴力団を破門された元暴力団ですが、更新なんてしておらず、むしろ凶暴になっていったように思えますね。 逮捕されたことで、安心した人も少なくないかもしれません。 赤らみにでていない悪事も、腐るほどあることでしょう。 AKBも仲良し? そんな危険しか感じられない関東連合ですが、なんと AKBのメンバーともつながりが深いようですね。 AKBの枕営業は有名ですが、 芸能界の枕営業の噂には関東連合がかんでいることは間違いないと言われているのです。 元AKBの大島優子は、関東連合OB古山義邦の会員制のBARに普通に通っていたらしく、「ふるちゃん」と呼ぶほど親しかったようですね。 関東連合ビルでの小嶋陽菜の目撃も多いので、関わりがあると言われています。 関東連合と芸能界の癒着はきってもきれないもののようですね。 そう考えると、芸能界も怖すぎです…。

次の