りあらちゃん。 日渡駿(ひわたししゅん)の顔画像特定!鹿児島大塚璃愛來(りあら)ちゃん虐待暴行水死で逮捕!

おこさまぷれ〜と。 公式ブログ

りあらちゃん

Contents• 動画発覚の詳細 実の娘にどうしてこんな無残で悲惨なことができるのか、理解に苦しみます。 千葉県野田市で小学4年生の女の子が死亡し両親が逮捕された事件で、父親が虐待の様子を写した動画データを所持していたことが分かりました。 この事件は、栗原心愛さん(10)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかり、父親の勇一郎容疑者(41)と母親のなぎさ容疑者(31)が、傷害の疑いで逮捕されたものです。 これだけでも許せない行為なのですが、さらに その後の捜査関係者への取材で、押収した勇一郎容疑者の所持品のなかにあった記録媒体に、心愛さんが勇一郎容疑者とみられる人物から暴行を受ける様子や、 ぐったりした心愛さんを写した動画のデータが保存されていたことが分かりました。 今年1月にスマートフォンで撮影された可能性が高いということです。 信じられない事実です。 また、心愛さんが死亡しているのが見つかった日の様子について、なぎさ容疑者が「 ひどくおびえた娘が部屋から逃げだそうとしたが夫に見つかって浴室に連れ込まれた」と供述していることが新たに分かりました。 母親も母親です。 なぎさ容疑者は別の報道に、次のようにも供述しています。 「娘が叱られていれば、自分が夫に何か言われたりせずに済むと思った。 止めたくとも止められなかった」 心愛ちゃんは、なぎさ容疑者の犠牲になっていたのです。 さらに、遺体の肺に水がたまっていたことも分かりました。 勇一郎容疑者は浴室で心愛さんに冷水のシャワーをかけるなどしていて、警察は、何らかの方法で無理矢理水を飲ませた可能性もあるとみて調べています。 いくら激怒したからといって、そこまでやるか! 同じことを勇一朗容疑者もされてみるといいかも? ネット上では心愛ちゃんが同級生に送ったマフラーが話題となっています。 撮影者は母親だった! さらに信じられない事実が! 心愛ちゃんが、勇一郎容疑者とみられる人物から暴行を受ける様子や、ぐったりする様子などが映っていたとされる動画は誰が撮影した? 警察は、勇一郎容疑者か母親のなぎさ容疑者が撮影したとみていますが、動画には勇一朗容疑者も写っているもよう… ということは、間違いなく勇一朗容疑者に指示され なぎさ容疑者が撮影したと思われます。 なぎさ容疑者は、目の前でわが子が水をかけられ悲鳴を上げ、ぐったりとしている姿をどんな気持ちで撮影していたのか? 栗原勇一朗・なぎさ容疑者、この夫婦のあり方事態に問題ありです。 勇一朗容疑者の恐ろしい人間性 勇一朗容疑者にはDV癖があり、なぎさ容疑者も恐れていました。 そもそも心愛ちゃんが死亡した日、勇一朗容疑者の激怒のきっかけは、おびえた心愛ちゃんが部屋から逃げだそうとしたことでした。 心愛ちゃんからすれば、当たり前の行動です。 なぎさ容疑者の供述から、 「廊下に立たされていた娘が無断で部屋に入ったことに腹を立て、再び廊下に連れ出し、浴室に連れて行った」 「再び廊下に連れ出し、浴室に…」ということは、 前から心愛ちゃんに対してDVは繰り返されていたようですが、勇一朗容疑者とは短気で自己主義な人間性と思われます。 家庭の中では自分が一番偉く、すべてを回している!的な。 またなぎさ容疑者がこのようにも話しています。 夫婦の力関係について「 自分は支配下にあった」と供述 どうしてこんな家庭ができてしまったのでしょう? 近所ではよい父親で評判の勇一朗容疑者、家庭ではDV夫であり、DV父親。 勇一朗容疑者の育った環境、心の中までちゃんと調べる必要があると思います。 なぎさ容疑者の性格は心愛ちゃんの同級生の母親が話すには、物静かでおとなしい性格の人間だったようです。 また心愛ちゃんとは仲が良く、心愛ちゃんはなぎさ容疑者にくっついて行動をしていたよう。 しかしなぎさ容疑者も家では心愛ちゃんを裏切っていたのです。 どうしようもない両親です。 虐待のマンションは? このような事件さえなければ環境の良い住宅地です。 この両親では…。 今回もタイトルしか見てないけど、見聞きする度に、心が壊れそう。 Twitterでは、 親じゃないし、もはや人じゃないよ。 鬼畜や。 こんな凄惨な事件二度と繰り返したらアカンよ。 国がちゃんと対処しないと。 虐待の様子撮影した動画発見 心愛さん死亡 両親逮捕 — ミテウ ミシク ZnR59QaMHIpHsDO 虐待の様子撮影した動画発見 心愛さん死亡 両親逮捕 — FNNプライムオンライン 信じられない。 近所には評判のいい父親。 その隠れた顔はわが子を虐待し母親に動画を撮らせる異常さ。 学校や警察、 の対応だけでは解決しない究明すべき問題がある。 — 真山勇一 参議院議員 MayamaMia ネット上では怒りの声が多発!しています。 ネット上では心愛ちゃんが同級生に送ったマフラーが話題となっています。 なんのために心愛ちゃんは、この世に生まれてきたのか! 幸せだと思ったことはあったのか? 誰を頼ったらいいのか、信じたらいいのか? 心愛ちゃんの見方はいないのです。 切なく、悲しくなります。 逆に、 本当に腹が煮え切るくらい勇一朗容疑者・なぎさ容疑者は許せません。 あなたたちが心愛ちゃんを作らなければ、こんなことは起きなかったのに! 次女の行く末が心配です。 栗原心愛ちゃんのご冥福をお祈りいたします。 スポンサーリンク.

次の

おこさまぷれ〜と。 公式ブログ

りあらちゃん

Contents• 大塚璃愛來(りあら)ちゃん殺害事件 まずは、大塚璃愛來(りあら)ちゃんが母親の交際相手によって殺害された事件を振り返ってみたいと思います。 同居する交際相手の長女の4歳女児に暴行したとして、鹿児島県警は31日、同県出水市明神町、建設作業員の男(21)を暴行容疑で逮捕した。 女児は「風呂場で溺れた」として連れてこられた病院で死亡が確認された。 死因は水死だった。 県警が詳しい経緯を調べている。 発表によると、男は8月27日午後7時半~同8時頃、自宅で大塚璃愛来(りあら)ちゃん(4)の頭を手で殴った疑い。 「殴ったことは間違いない」と容疑を認めているという。 璃愛来ちゃんは28日夜、男に同市内の病院に連れてこられたが、死亡が確認された。 病院から29日午前0時過ぎ、「風呂場で溺れたという女児が死亡した」と県警に通報があり、司法解剖の結果、死因は水死で、暴行を受けたような痕が複数あった。 県警によると今年3月18日、璃愛来ちゃんが当時住んでいた同県薩摩川内市から「虐待されているような女児の動画がネットに投稿されている」と通報があった。 同日と19日、薩摩川内署員らが自宅を訪問したが、体の傷は確認できなかった。 3月下旬~4月上旬には同市で「夜間に児童が1人で外にいる」との通報が4回あった。 いずれも璃愛来ちゃんで、警察が保護して20歳代の母親に引き渡し、このうち2回はネグレクト(育児放棄)の疑いで児童相談所に通告した。 脚に薄いあざがあったが虐待とは認められなかったという。 大塚璃愛來(りあら)ちゃんを暴行したのは、母親の交際相手の日渡駿ですが、母親に関しては報道されていません。 しかし、ネットでは特定されていて、名前は大塚ひかるで顔画像なども特定されています。 しかしながら、児童相談所が機能していなかったために大塚璃愛來(りあら)ちゃんの命が失われてしまったともいえるでしょう。 大塚璃愛來(りあら)ちゃんを巡って児童相談所とのやり取り時系列まとめ 3月16日匿名の通報 まず、一番初めに大塚璃愛來(りあら)ちゃんの虐待をほのめかす様な通報が匿名からされたのが3月16日でした。 この時通報を受けた児童相談所ですが、母親の大塚ひかるが住んでいた薩摩川市には児童相談所がなく、鹿児島県には3つの児童相談所があります。 児童相談所は,18歳未満の子どもの健やかな成長を図るため,様々な相談に対応する機関であり,鹿児島市には中央児童相談所,大隅地区には大隅児童相談所、大島地区には大島児童相談所があります。 【平成30年度業務概要】(PDF:1,248KB) 中央児童相談所・大隅児童相談所・大島児童相談所の所在地・連絡先 住所 電話番号 メールアドレス 中央児童相談所 〒891-0175 鹿児島市桜ヶ丘6-12 099 264-3003 大隅児童相談所 〒893-0011 鹿屋市打馬2-16-6 0994 43-7011 大島児童相談所 〒894-0012 奄美市名瀬小俣町20-2 0997 53-6070 匿名での相談がどこの児童相談所にあったかは不明ですが、通報内容は「大塚璃愛來ちゃんが男から顔にシャワーを浴びせられる動画がネットに投稿されている」と言った内容のものでした。 そこで、3月18日、璃愛來ちゃん親子が当時住んでいた薩摩川内市の担当者と児童相談所、警察は安否確認のため自宅を訪問しました。 しかし、この時虐待は確認できず、虐待の動画も見当たらなかったとの事です。 警察が4回大塚璃愛來(りあら)ちゃんを保護 しかしその後、3月21日、28日、29日、4月2日の4回にわたって警察が大塚璃愛來(りあら)ちゃんを保護しています。 その理由は夜間に一人で出歩いていたからと言うもので、夜間に出歩く大塚璃愛來(りあら)ちゃんをを見かけた住民が通報して保護されると言った流れでした。 3月と言えばまだ寒いでしょう。 それを夜中に裸でいたこともあったという事です。 明らかに異常な事態ですね。 さらに、大塚璃愛來(りあら)ちゃんの体にあざなどがあった事から、警察は虐待を疑い、児童相談所に対し「一時保護」するよう通告しています。 それはそうでしょう。 一回ならまだしも、立て続けに4回も同じことがあったのですから。 「一時保護」とは親子を強制的に引き離す処置の事です。 4月3日児童相談所と市が親子と面談 警察の「一時保護」通告を受け、児童相談所と市が親子と面談を行っています。 しかし、あろうことかこの時、「傷やあざはなく毎回母親がすぐ引き取りにきたので親子関係も良好」と判断し、「一時保護」がなされませんでした。 警察の通告どおり、児童相談所と市が一時保護を行っていれば、今頃元気な姿の大塚璃愛來(りあら)ちゃんが見れていたかもしれません。 3月21日から4月2日に渡って10日ばかりの間に4回も大塚璃愛來(りあら)ちゃんは警察に保護されていたのです。 さらに、警察は大塚璃愛來(りあら)ちゃんの体にあざを確認していますが、この時はあざなどを確認できなかったとしています。 そんなに早くあざが治るとは考えにくいです。 一体どこを調べたのでしょうか? 4月9日、児童相談所、市、警察が一時保護を共有 4月9日、児童相談所、市、警察が会議を開き、「次に事案が発生したら一時保護する」という事で事案が共有されたそうです。 そして翌日の4月10日、児童相談所が育児放棄=ネグレクトにあたる「虐待」と認定したそうです。 しかしながら、市の見守りが出来ているとして、児童相談所がその後面談することは無かったと言います。 その後面談しないのであれば、育児放棄=ネグレクトにあたる「虐待」と認定したのは何だったのでしょうか? 薩摩川内市から出水市に転居 その後、大塚璃愛來(りあら)ちゃん家族は、薩摩川内市から出水市に転居しています。 中央児童相談所の佐多士郎所長は、情報をしっかり引き継ぎ、適切な対応をしたとしています。 どこが適切なんでしょうか? 7月22日大塚璃愛來(りあら)ちゃんが緊急外来を受信 7月22日大塚璃愛來(りあら)ちゃんはテーブルの角に頭をぶつけて嘔吐したとして、緊急外来を受信しています。 その際、病院が頬や腕に数か所の青あざを確認し、虐待を疑ったのでしょう。 出水市に連絡します。 しかしながら、出水市はこの事実を警察や児童相談所に報告しませんでした。 その理由としましては、「面談し直接確認してから報告するつもりだった」との事です。 そして、璃愛來ちゃんが死亡する2日前に出水市は母親と面談しました。 そこでの見解は驚くべき、「虐待は確認されなかった」との事です。 過去にあれだけの虐待を匂わせる出来事があり、今回もあざが多数確認できているのに、虐待が確認できなかったとは。 これを虐待と言わずに何を虐待と言うのでしょうか。 8月28日、大塚璃愛來(りあら)ちゃんが虐待により亡くなる 2日前に母親の大塚ひかると面談していたにも関わらず、みすみす大塚璃愛來(りあら)ちゃんは虐待されてなくなる羽目となってしましました。 これはもう半分は市と児童相談所が殺したようなものですね。 鹿児島市中央児童相談所の所長は佐多士郎! まず、大塚璃愛來(りあら)ちゃんが出水市に転居する前から一貫して担当していた児童相談所は中央児童相談所と考えられます。 中央児童相談所は警察から「一時保護」通告を受けているにもかかわらずそれを無視するなどのとんでもない無能っぷりで今まで何度も保護するチャンスがありながら見殺しにしました。 所長の名前は佐多士郎ですが、顔画像などは今のところ判明していません。 出水市こども課課長は田口保 出水市は病院から虐待の連絡を受け、大塚璃愛來(りあら)ちゃんが無くなる2日前に母親と面談していたにもかかわらず、警察や児童相談所に通告することなく、大塚璃愛來(りあら)ちゃんを見殺しにしています。 取材を受けていたこども課課長の名前は田口保です。 薩摩川市内市民福祉課の上大迫修はパチンコ中毒で台を叩く!? 薩摩川市内市民福祉課の上大迫修に関しては地元民から、パチンコ中毒で良く台を叩くとして指摘されています。 掲示板での指摘ですので、本人かどうかの確証はありませんが内容をまとめると以下になります。 「あいつ、知っている!」「 パチンコ台を殴るやつ」と話題になっています。 「薩摩川内市の会見してた男てジャグラーばかりしてるパチンカス職員だよ 土日連休は必ず赤玉中郷で打ってる台パンしてる」• 「見た見た あいつ役所の人間なんだね」• 「 スロットでかからないと、台をぶん殴るような人間に虐待相談の対応なんて出来るのか」 「ソースは?」と疑う声に対して・・• 「複数の目撃情報、NHKのニュースで会見してたから、顔認証出来てるんじゃない?」• 「ヌシくらいの長年の常連客や。 あれでパチ屋なんか行った事ないと言ったら、常連客らしい連中に顔写真でも見せて回れや 9割は知ってるはずや 伸び悪いと拳で台パン 人がかかれば真横で台をパーンの常連客の印象しかないがな• 「真冬はいつも黒ダウン」• 「ライトダウン?夏はその辺りのオッサン あの癖毛白髪交じりと独特なしかめ面で知らない人は無し」• 「ジャグラーしか打たないから同じジャグラーシリーズ打ちならだれもが知ってるわなとにかくあちこち台を移動する習性がある」 まとめ 今回は、「 大塚璃愛來(りあら)ちゃん見殺しの児童相談所はどこで責任者と担当職員の名前や顔画像は?」という事で書いていきました。 最後までお読みくださりありがとうございました。

次の

大塚璃愛來(りあら)ちゃん見殺しの児童相談所はどこで責任者と担当職員の名前や顔画像は?

りあらちゃん

Contents• 事件の概要 日渡容疑者、交際相手の母親、璃愛來ちゃんは近所の人から見ればボール遊びなどして仲は良かったようです。 それが… 鹿児島・出水市 いずみし で、4歳の女の子が溺死したとみられ、その前日にこの女の子を殴ったとして、同居する21歳の男が逮捕された事件。 警察は、1日に男の自宅を家宅捜索し、虐待があったかどうかなどを調べている。 逮捕された男と交際していた女性、そして4歳の女の子が住んでいたアパートで行われた警察の家宅捜索。 8月28日の夜、「風呂場で溺れた」として病院に連れてこられた4歳の女の子、大塚璃愛來 りあら ちゃんは、その後死亡した。 死因は溺死とみられている。 死因は水死とみられていたのですが、 体に殴られたような傷が複数あり、警察は死亡と暴行の因果関係を調べていたといいます。 そして、 警察は8月31日夜、同居している母親の交際相手で、建設作業員の日渡駿容疑者 21 を、前日に璃愛來ちゃんの頭を殴った暴行の疑いで逮捕した。 日渡容疑者は、容疑を認めている。 日渡容疑者が容疑を認めているということは、日ごろから璃愛來ちゃんの虐待があった可能性がありますね。 ネット上では璃愛來ちゃんの母親は誰なのか?SNSはあるのかが話題となっています。 その前は、鹿児島県 薩摩川内市に3人で住んでいたということです。 現段階でわかっている日渡容疑者の情報です。 新しい情報が入り次第、追記していきます。 スポンサーリンク 日渡容疑者の顔画像やSNSは? 日渡容疑者の顔画像はメディアで公開されました。 わかりにくいですがイケメンかも? それがこちらです。 やはり21歳、まだ若い!という感じです。 日渡駿でSNSのアカウントを調査したところ、同姓同名の方はいましたが特定はできませんでした。 でも、かな?という方がいます。 気になる方はこちらからどうぞ。 新しい情報が追記していきます。 薩摩川内市在住の時に虐待通報が 3人が薩摩川内市内に住んでいた時には、璃愛來ちゃんが夜に一人で歩いているのを目撃されています。 日渡容疑者らがこのアパートに越してきたのは、2019年7月。 以前は、鹿児島県の薩摩川内市で暮らしていた。 1日、薩摩川内市の福祉事務所が記者会見し、2019年3月、虐待を疑う通報があったことを明らかにした。 薩摩川内市福祉事務所・上大迫修所長は、「匿名による通報があり、薩摩川内署・市で再度訪問し、女児の体の状況等を確認したが、異常は確認されなかった」と話した。 その際、璃愛來ちゃんの体に、あざなどは確認できなかったという。 しかし、この時期、璃愛來ちゃんが夜遅く1人で屋外にいたことから、通報を受けた警察が4回保護したという。 どうして事前に虐待の可能性という情報があるにもかかわらず、阻止できないのでしょうか? そして 上大迫所長は会見でこう話します。 「ほかの自治体に転出した部分についても、状況を確認したうえで適切に申し送っていて、 対応については問題なかった」 だいたいの福祉事務所や児童相談所側は、「対応については問題なかった」といいますよね。 ではどうして 璃愛來ちゃんは死んでしまったのでしょうか? 母親はどうしていたのでしょうか? 日渡容疑者に璃愛來ちゃんが虐待されているのを黙って見ていたのでしょうか? 心が痛みます。 スポンサーリンク 犯行現場 7月に3人が新居として引っ越してきたのは、南九州西回り自動車道のインターチェンジに近い場所でした。 新築に近い住宅です。 ネットの反応 ネット上では様々な意見がでています。 自分の女としての幸せよりまずは子供が幸せに毎日過ごせることが何よりだと思う。 21歳の男にうつつを抜かしてる場合じゃない。 うち2回は児童相談所に通告したが、児相は保護していなかったとのこと。 全てのことには、何かしらの兆候がある。 このケースは、兆候どころのレベルではない。 それでも、何ら対応せず黙殺する児相。 多くの人にとっては激高の難易度。 連れ子とかでも色々と問題が噴出しているのも根本はここじゃないか? 因みに野生動物の世界では、自らの子供を産ませるために今いるメスの子供を殺してしまうことが多種で見受けられる。 野生のネコもこれに該当している。 Twitterでは、 鹿児島県で4歳女児が母親の交際相手に虐待を受け殺されてしまう事件が発生している。 何度も類似事件が報じられているのにまた同じような虐待及び殺人事件が起きるということも何度も呟いている。 建設作業員・日渡駿容疑者21歳。 今時、交際相手の小さな子供を受け入れられる男なんて滅多にいないよ。 涙出る。 — kim ziFZKc0fhyHDfjv またか、、、女の連れ子を虐待してころす。 大塚璃愛來ちゃんは、裸で外に出されてた事もあると言う。。 殺したのは日渡駿。。 まあ、こんな男を連れ込んだ母親も同罪。。。 もう、アホは子供を作るなよ。。 ゴムしろ!何度も言うが、犬や猫でも愛しんで子供を育てる。。 4歳の子供が可哀想でならない。 — 私は知っている。。。 人はみんな弱いもの。。 ネット上では璃愛來ちゃんの母親は誰なのか?SNSはあるのかが話題となっています。 それで満足感を味わっていたとしたら、やっている大人の方が人生においての弱者であり敗北者でしょう。 また虐待をしている容疑者のパートナーは、どうして子供を守らないのでしょうか? 容疑者に洗脳されているから? 切なくなる問題です。 虐待され亡くなられた璃愛來ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

次の