カレイ 冷凍 保存。 カレイを冷凍した時の賞味期限はどれくらい?

煮付けが生臭い・・・

カレイ 冷凍 保存

1 鮮度のいい魚を選び、その日のうちに冷凍保存する 魚は傷みやすいため、家庭で安全に冷凍するためには、鮮度のいい魚を鮮度がいいうちに保存することが大切。 買ってきたその日のうちに早めに冷凍するのがおすすめです。 2 下処理し、水分を拭き取る 丸ごと1尾の魚の場合は内蔵から傷み始めるため、エラ、内蔵、ウロコは冷凍前に取り除きます。 切り身の場合も臭みの原因となるドリップを拭き取ります。 また、下処理は衛生的な環境で行うことも大切。 魚を触るときは、手をよく洗い、清潔な菜箸やまな板を使って作業します。 3 密閉保存袋できっちり密閉する 魚をラップに包んだだけ、ビニール袋に入れただけの状態で冷凍すると、魚が空気に触れて乾燥や酸化の原因に。 ほかの食品へのニオイ移りも気になるため、しっかり密閉できる冷凍用密閉保存袋を使い、空気を十分に抜いて密閉します。 4 急速冷凍を心がける 魚の美味しさをキープしたいなら、急速冷凍が鉄則。 魚に厚みがあると冷気が伝わりにくいため、保存袋に入れる際はできるだけ薄くすること。 冷凍庫に入れるときは、「急速冷凍室」へ。 急冷機能がない場合は、アルミやステンレス製のトレイの上にのせて冷凍庫に入れるといいでしょう。 金属は熱の伝導率が高いため、冷凍にかかる時間が短くなります。 【解凍のコツ】実践しやすいのは「流水解凍」 冷凍した魚の解凍方法はさまざまですが、美味しさをキープして失敗しにくく、家庭でも実践しやすいのは「流水解凍」です。 料理家がおすすめするのがこの方法。 調理しやすくドリップが出にくい半解凍状態にするのも、流水解凍なら失敗しにくいです。 その他の解凍方法についても解説します。 触ってみて、中心がまだかたい状態が半解凍状態の目安です。 完全に解凍したい場合は、触ってやわらかくなるまで水にあてましょう。 時間に余裕のあるときにはおすすめの方法。 魚の厚みや種類などによって差はありますが、使うタイミングの3~4時間くらい前に冷蔵庫に移して解凍すると半解凍状態に。 6時間以上おくと完全に解凍されます。 解凍後はできるだけ早めに使い切りましょう。 時間がかかりますが、鮮度がキープされやすいため、ドリップも出にくくなります。 慣れないうちは加熱ムラを起こしやすいので注意が必要です。 短めに電子レンジにかけて、こまめに状態をチェックしながら解凍しましょう。

次の

子持ちカレイを買ったのですが(切り身)生のまま冷凍保存出来ますか? ...

カレイ 冷凍 保存

1 鮮度のいい魚を選び、その日のうちに冷凍保存する 魚は傷みやすいため、家庭で安全に冷凍するためには、鮮度のいい魚を鮮度がいいうちに保存することが大切。 買ってきたその日のうちに早めに冷凍するのがおすすめです。 2 下処理し、水分を拭き取る 丸ごと1尾の魚の場合は内蔵から傷み始めるため、エラ、内蔵、ウロコは冷凍前に取り除きます。 切り身の場合も臭みの原因となるドリップを拭き取ります。 また、下処理は衛生的な環境で行うことも大切。 魚を触るときは、手をよく洗い、清潔な菜箸やまな板を使って作業します。 3 密閉保存袋できっちり密閉する 魚をラップに包んだだけ、ビニール袋に入れただけの状態で冷凍すると、魚が空気に触れて乾燥や酸化の原因に。 ほかの食品へのニオイ移りも気になるため、しっかり密閉できる冷凍用密閉保存袋を使い、空気を十分に抜いて密閉します。 4 急速冷凍を心がける 魚の美味しさをキープしたいなら、急速冷凍が鉄則。 魚に厚みがあると冷気が伝わりにくいため、保存袋に入れる際はできるだけ薄くすること。 冷凍庫に入れるときは、「急速冷凍室」へ。 急冷機能がない場合は、アルミやステンレス製のトレイの上にのせて冷凍庫に入れるといいでしょう。 金属は熱の伝導率が高いため、冷凍にかかる時間が短くなります。 【解凍のコツ】実践しやすいのは「流水解凍」 冷凍した魚の解凍方法はさまざまですが、美味しさをキープして失敗しにくく、家庭でも実践しやすいのは「流水解凍」です。 料理家がおすすめするのがこの方法。 調理しやすくドリップが出にくい半解凍状態にするのも、流水解凍なら失敗しにくいです。 その他の解凍方法についても解説します。 触ってみて、中心がまだかたい状態が半解凍状態の目安です。 完全に解凍したい場合は、触ってやわらかくなるまで水にあてましょう。 時間に余裕のあるときにはおすすめの方法。 魚の厚みや種類などによって差はありますが、使うタイミングの3~4時間くらい前に冷蔵庫に移して解凍すると半解凍状態に。 6時間以上おくと完全に解凍されます。 解凍後はできるだけ早めに使い切りましょう。 時間がかかりますが、鮮度がキープされやすいため、ドリップも出にくくなります。 慣れないうちは加熱ムラを起こしやすいので注意が必要です。 短めに電子レンジにかけて、こまめに状態をチェックしながら解凍しましょう。

次の

煮付けが生臭い・・・

カレイ 冷凍 保存

身は脂が適度に乗っており、甘みがあるひらめは、刺身や鮨ネタ、焼き物や煮付け、フライ、天ぷらとして楽しめます。 そんなひらめを、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。 ひらめの基本 ひらめは白身魚で、身は脂が適度に乗っており、甘みがあります。 かれいと見た目がよく似ていますが、両目が頭部の左側についているのがひらめ、右側に付いているのがかれいです。 俗に「左ヒラメに右カレイ」と言われます。 ひらめは、太平洋西部に広く分布しており、北海道から九州まで各地で漁獲されています。 養殖物では、鹿児島県、大分県が共に26%を生産しています(2015年現在)。 新鮮なものは、刺身や鮨ネタにされることが多いです。 ひれの付け根部分の「えんがわ」は食感が良く、特に人気があります。 そのほか、焼き物や煮付け、フライ、天ぷらなどさまざまな料理方法で楽しまれています。 ひらめの旬は、秋から冬にかけてです。 春から初夏にかけての産卵期に向けて、脂が乗ってきて身も締まる時期です。 養殖物は通年味が安定しており、旬を気にする必要がありません。 ひらめを使った食品の冷凍方法 ひらめを丸ごと 袋や容器にひらめを入れ、水を張って冷凍(氷漬け冷凍)。 冷凍する際に内臓を取り出すなど下処理はしない。 氷漬け冷凍が難しい場合は、ラップ等で隙間なく包むか、袋に入れて脱気して冷凍。 解凍する場合は、氷ごと水を張った容器に入れて解凍する(氷水解凍)。 ひらめのフィレ 袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎるとドリップが出るので注意)か、ラップ等で隙間なく包んで冷凍する。 冷凍してから脱気包装をしたり、ラップ等で包んだりしてもよい。 解凍する場合は、氷水解凍。 ひらめのフライ(加熱前) 衣をつけたひらめを冷凍し、ラップ等で隙間なく包んで冷凍する。 解凍する場合は、凍ったまま油で揚げて加熱調理する。 ひらめの焼き物、煮付け、フライ(加熱後)、天ぷら 煮付けは袋に入れて脱気包装を行う。 焼き物、フライ(加熱後)、天ぷらは焼成後の食感が失われる場合があるので、脱気包装はせずラップ等で隙間なく包んで冷凍する。 冷凍後に包装を行ってもよい。 解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。 魚の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには? 肉と比べると組織が弱く、冷凍に注意が必要な魚を、美味しく冷凍するポイントを紹介。 フィレやむき身、干物、下味がついたものなど、商品に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。 コンサルティング・商品開発のご相談は お気軽にこちらからどうぞ•

次の