お 付き合い ください。 孤独との付き合い方 : 孤独との付き合い方を教えてください。私は10代後半の

仕事で役立つ!人付き合いが苦手な人の特徴とおすすめの克服法まとめ

お 付き合い ください

4でコメントした者です。 4のコメントにはいくつかみっともないミスがあります。 リンク先を修正しました。 ご確認ください……と言いたいところですが、そんなに重要な点ではありません。 4のコメントに対するお礼を読みました。 かなりむずかしい問題なので、ノタノタと少しずつ進んでいきたいと思います。 「6通り」もありますかね。 そんなにないと思いますが。 1、「お」+動詞「付き合う」+「する」 〈動詞「付き合う」を「お~する」で挟んだ謙譲語の形〉です。 しかし、「〜して」をつけないと意味がかわります。 2、「お」+サ変動詞「付き合いする」+「する」 (サ変動詞「付き合いする」を「お~する」で挟んだ謙譲語の形) (「付き合いする」をサ変動詞と認めるかは辞書によって異なる) 「挟んだ」は少し違うと思います。 「付き合いする」(やはりヘン?)に「お」がつき、「する」は重複するので1つになるてことでしょう。 「ご」+「連絡する」で、謙譲語の「ご連絡する」になるのと同様では。 「付き合いをする」は相当ヘンですから。 4、名詞「お付き合い」(+「を」省略)+「する」 (「お付き合い」全体を独立した名詞とする、「を」の省略) これはアリでしょう。 しかもこの形なら「〜して」がついてもおかしくありません。 6、サ変動詞「お付き合いする」 (「お付き合いする」全体を独立したサ変動詞とする) (辞書には載っていない) ということは……。 「1、」は、No. 4の【1】の話。 「2、」(5、も)は、No. 4の【3】でふれた話。 「4、」は、No. 4の【4】でふれた省略の話。 「6、」は、No. 4の【3】でふれた話。 ですかね。 当方もよくわかってませんが、No. 4の追加質問に関しても書いておきます。 追加質問1 「「を」の省略」という考え方は、3(か4)の解釈で良いのでしょうか。 「3、」は無理がありそうなので「4、」でしょう。 追加質問2 3の考え方と5の考え方(4の考え方と6の考え方)は一緒でしょうか、別物でしょうか 「4、」(3、も)は助詞のヲの省略でしょう。 「2、」(5、も同様)は「付き合いする」という動詞を認める考え方。 「6、」は「お付き合いする」という動詞を認める考え方。 「付き合いする」(動詞)はどうにも異和感があります。 「お付き合いする」(動詞)はなぜか辞書が認めていません。 そうなると消去法で「お付き合いをしてください」のヲを省略したものと考えるのがよいのでは。 おそらくですけど、「お手伝い(する)」「話し合い(する)」「連絡(する)」あたりと比較すると何かがわかるかもしれません。 ほかにもいろりおありそうで……。 とりあえず結論を書くなら、敬語として問題はありません(たぶん)。 「お付き合いする」を「付き合う」の謙譲語の形と考えるとほぼ「間違い」になります。 「付き合う」という相手の行為を謙譲語にしているからです。 こういう場合、一般的には「して」を削除するのがいいとされます。 ただし、「お付き合いいただく」だと、意味がかわってしうのでは。 「お付き合いする」は、「お付き合い(を)する」の「を」を省略した形と考えることもできます。 こちらの考え方ならOKでしょう。 何より、「(私と)お付き合いしてください」という言い回しはフツーに使われています。 これでは敬度が不足気味(「下さい」は尊敬語ではあっても命令形なので)ということなら、下記あたりをおすすめします。 補助動詞の用法なので「ください」と書きます。 詳しくは下記をご参照ください。 【「お付き合いして下さい」 教えて!goo 辞書】 以下は一部の抜粋(重言)。 少し前に出た質問がとってもむずかしい。 いったいいくつの問題が絡み合っているのかわからない 泣。 【1】「お付き合いする」は謙譲語? 「お/ご~する」は謙譲語の基本形とも言える形。 「付き合う」をこの形にしたものが、「お付き合いする」だろう。 使用例は少ないだろうが、「どなたも時間がとれないのなら、私がお付き合い(いた)します」と言えなくはない。 この考え方をするなら、「お付き合いしてください」は一般に誤用とされる。 つまり、「お/ご~してくださる(ください)」は一般に誤りで、正しくは「して」を取り払って、ただ「お/ご~くださる(ください)」と言えばいいわけです。 95) 一般にはこれが正解。 ちなみに、「お/ご」をつけない「~してください」の話は出てこない。 やはり敬語でもなんでもないのだろうな。 「~くださいませ」にしてもダメなのかな……。 それはさておき一般に「正解」なのに例外を示しているのが下記のトピの話。 これはけっこうレアケースなんだろうな。 しかし、用法は限られる。 たとえば落語家が「まくら」(決して「さわり」ではない)で、講演者が冒頭で言う。 「つまらない話にお付き合いください」 これとは別に、ちょっとした用事に同行してほしいときに「私にお付き合いください」ならおかしくないだろう。 しかし、質問の趣旨は「交際の申し込み」。 そうなると「お付き合いください」はかなりヘン。 これがシンプルに「付き合ってください」(敬度は下がる)なら「交際の申し込み」になる。 なんでそうなるかは言葉の神様レベルだと思うが、地道に辞書をひいて考えてみる。 【3】「付き合う」「付き合い」「お付き合い」の関係(辞書の全文は末尾に) 辞書の記述について詳しく見ると泥沼決定なので、サラリと読み流す。 簡単にまとめると、「付き合う」には主として「行動をともにする」と「交際する」の2つの意味がある。 「付き合い」「お付き合い」にも主として2つの意味がある。 「付き合う」から派生した(ということにしておく)名詞が「付き合い」。 「付き合いする」と動詞で使えるのかは、2説に分かれる。 個人的には使わない。 「付き合い」に「お」をつけた「お付き合い」は「美化語」だろう。 『大辞林』はそんな言葉自体を認めていない。 「お付き合いする」はWeb辞書で見る限りはナシ。 あれほど許容範囲の広い『Weblio 辞書』ですらナシ。 個人的には「お付き合いする」はアリだと思う。 各辞書の責任者に集まっていただいて、ジックリ話をしてみたい。 【4】「お付き合い(を)してください」の「を」が省略できる理由 もっともらしい小見出しはつけたけれど、論理的な説明はむずかしそう。 おそらく、「お付き合い」の部分の独立性が高ければ省略できる。 たとえば、「お手伝い(を)してください」あたりも、「お手伝いしてください」にできなくはない。 でもフツーはしないだろう。 下記のどちらかになる。 1 お手伝い(になって)ください」(フツーは「になって」は省略する) 2 手伝ってください これが「お付き合いしてください」の場合は、 1 お付き合いください……「交際」以外の意味になる 2 付き合ってください……敬度が下がる ということで、「お付き合いしてください」が残るレアケースって気がする。 ここからあとは「余談」に近いか。 【5】「~ください」の正体 「~ください」は使用頻度が高い表現だが、正体は意外に知られていない気がする。 先にひいた『敬語再入門』をもう一度見る。 ===========引用開始 【引用部】 「くださる」は本来は恩恵を受ける場合の表現ですが、実際にはそうでない場合にも拡張して使われることがあります。 「ください」は文法的には「くださる」の命令形ですが、恩恵を得るという原義とは無関係に、たとえば道を尋ねられて「そこを右に曲がってください」というように(この場合、話手には何の恩恵もないわけですが)広く使われ、依頼、要求などの表現として定着しています。 57) この説明を見る限り、「~ください」は「尊敬語の命令形」で間違いないようだ。 「尊敬語の命令形」なんてアリなの? ===========引用終了 これについては少し考えたことがある。 【「ください」は命令口調なのか? 】 「~ください」ではあまりにも敬度が低いときには「~くださいませ」にする方法がある。 ちょっと女性的ないんしょうのせいか、「お付き合いしてくださいませ」は相当ヘン。 そうなると、 「(私と)お付き合いしてくださいませんか」 「(私と)お付き合いしていただけませんか」 そうなると「~くださる」「~いただく」の話になる。 フー、疲れた。 【「いただく」と「くださる」の違い】 (略) ご回答いただき、ありがとうございます。 すみません、少し混乱しています。 次の六通りを考えました。 1、「お」+動詞「付き合う」+「する」 (動詞「付き合う」を「お~する」で挟んだ謙譲語の形) 2、「お」+サ変動詞「付き合いする」+「する」 (サ変動詞「付き合いする」を「お~する」で挟んだ謙譲語の形) (「付き合いする」をサ変動詞と認めるかは辞書によって異なる) 3、「お」+名詞「付き合い」(+「を」省略)+「する」 (名詞「付き合い」に「お」を付けた形、「を」の省略) 4、名詞「お付き合い」(+「を」省略)+「する」 (「お付き合い」全体を独立した名詞とする、「を」の省略) 5、「お」+サ変動詞「付き合いする」 (サ変動詞「付き合いする」に「お」を付けた形) (「付き合いする」をサ変動詞と認めるかは辞書によって異なる) 6、サ変動詞「お付き合いする」 (「お付き合いする」全体を独立したサ変動詞とする) (辞書には載っていない) ご回答にある「「を」の省略」という考え方は、3(か4)の解釈で良いのでしょうか。 (それとも、5(か6)という意味でしょうか。 つまり、3の考え方と5の考え方(4の考え方と6の考え方)は一緒でしょうか、別物でしょうか) もし誤解をしていたら、すみません。 よろしければ、お願いします。 案内するのも届けるのも自分が主語なので、御案内する、お届けする、は御指摘の通り、謙譲語に分類されます。 さて質問文の『お付き合いして下さい』の主語は、自分なのか彼女なのかという事がキーポイントになりますが、『して下さい』と書いている以上は、彼女に何かして欲しいんだと思います。 『させて下さい』なら自分が何かしたいんです。 だから『して下さい』が丁寧語で『させて下さい』が謙譲語です。 『お付き合い』は No. 2 の方が書いているように名詞の丁寧語です。 名詞なら何でも良いわけです。 お付き合いして下さい、お付き合いさせて下さい。 運転して下さい、運転させて下さい。 ウンコして下さい、ウンコさせて下さい。 A ベストアンサー No. 7でコメントした者です。 当方の書き方が言葉足らずでしたね。 申し訳ない。 まず、〈メクジラを立てる〉は質問者とは無関係です。 近年、まともな根拠もあげずに「誤用だ」と騒ぎたてる人が多くて閉口しています。 それがもっともらしい意見だと、ウノミにした人が何も考えずに書き散らし、濡れ衣を着せられて使いにくくなった言葉がいくつもあります。 時節ネタで言うなら「新年あけましておめでとう」も誤用扱いされているようです。 まあ、厳密に考えれば重言っぽい気はします、自分では使いませんが……。 詳しくは下記あたりをご参照ください。 html >『大辞林』の〈〔自分のことについては用いず、偉人・貴人について用いる〕〉が間違っています も言葉が過ぎるかもしれません。 これだって専門家が検討した末の記述でしょうから。 「ちょっと疑問です」くらいにするべきでした。 自分のことで「幼少」という言葉を使うことに関しては、当方も異和感があります。 自分では使いませんが、ヒトサマが使うのをトヤカク言う気はない、くらいでしょうか。 この異和感にはいろいろなレベルがあるので、一概には言えないのですが。 それとは別に、当方の異和感は2段階ある気がしてきました。 まずちょっと堅苦しい(「古風」「書き言葉的」「丁寧」「偉そう」「由緒正しい」とも言えるかも)印象がある「幼少」という言葉に対する異和感。 もう1段階は「幼少の頃」(たぶん「幼少の時」も同様です)という言葉に対する異和感。 「〜の頃」はやわらかない印象があるような。 そのため、「幼少の頃」はチグハグな感じがあって、異和感が強くなるような。 「幼少期」「幼少時」だと異和感が薄れるのはそのせいでしょう。 たとえば、有名人の親御さんにインタビューをする場面を想起します。 7でコメントした者です。 当方の書き方が言葉足らずでしたね。 申し訳ない。 まず、〈メクジラを立てる〉は質問者とは無関係です。 近年、まともな根拠もあげずに「誤用だ」と騒ぎたてる人が多くて閉口しています。 それがもっともらしい意見だと、ウノミにした人が何も考えずに書き散らし、濡れ衣を着せられて使いにくくなった言葉がいくつもあります。 時節ネタで言うなら「新年あけましておめでとう」も誤用扱いされているようです。 まあ、厳密に考えれば重言っぽい気はします、自分では使いませんが... A ベストアンサー No. 9でコメントした者です。 連投の形になりますが、まったく別の考え方が浮かんだもので……。 詳しくは下記をご参照ください。 html ことば会議室の識者がやり取してもよくわからないのだから相当のな難物、と諦めかけていたのだが、妙なことを思いついてしまったんでメモを残す。 ツッコミはやさしくお願いします。 まず、品詞分け(めったにしないんだけど)から考えるべきなのでは。 「どこでも使える」の「どこでも」は、2種類ある。 ひとつは、「どこ+で+でも」の「で」が省略された形。 もうひとつの「どこでも」は「どこ+で+も」という考え方をするべきでは。 で、まず辞書で「でも」をひいておく。 説明の都合で「どこへでも行ける」「どこにでも貼れる」をあわせて考える。 「助詞の省略」だろう。 助詞を省略することで意味やニュアンスがどうかわるのかを考える気はない。 両方とも同じように使える、以上のことはお好きな人がどうぞ。 あえていえば、省略したほうがカジュアルでな感じで話し言葉っぽい。 それ以上はパス。 個人的には、フォーマルな感じで書き言葉っぽいほうがいいと思うが、それもケースバイケースだろう。 「どこへでもドア」だと相当おかしい 笑。 「助詞の省略」に関して詳しくは下記をご参照ください。 blog75. fc2. chiebukuro. yahoo. B店で(も)使える……どこで(で)も使える 5 北海道へ(も)行ける。 海外へ(も)行ける……どこへ(で)も行ける 6 金属に(も)貼れる。 (で)がなくても意味は通じるが、あるほうが語呂がいいかもしれない。 〈2 どこでも行ける〉と〈5 どこへも行ける〉を見比べれば、違いはすぐにわかる。 〈3 どこでも貼れる〉と〈5 どこにも貼れる〉を見比べれば、違いはすぐにわかる(当方の知識だと簡潔に説明するのはむずかしいが)。 ところが、〈1 どこでも使える〉と〈5 どこでも使える〉は形が同じなので見分けがつかない。 これが混乱のものだろう。 まあ、「どこででも/どこでも」の場合はどちらも同じように使えることにかわりはないけど 泣。 ちなみに、1 〜6 を見比べていると、もうひとつ妙なことに気づく。 下記のような使い方が自然なのでは。 どこへも行けない ……否定文 どこ(へ)でも行ける……肯定文 どこにも貼れない ……否定文 どこ(に)でも貼れる……肯定文 つまり、質問者が最初に考えた肯定/否定の考え方が復活している。 あれ? 肯定/否定の関係が逆になってる? いずれにしても、「どこでも/どこででも」の場合は「で」が重複しているので、語感が働きにくいのでは。 もうひとつちなみに、個人的な語感で書かせてもらうと……(たまにはいいよね)。 「どこ(で)でも使える」の否定は……。 全否定なら「どこでも使えない」になる。 個人的には、こうは言わない。 「このカードは使えるところがない」くらいじゃないだろうか。 部分否定なら「どこででも使えるわけではない」だろうか。 個人的には、こうも言わない。 「すべての店で使えるわけではない」「使えないところもある」くらいじゃないだろうか。 このあたりは個人的な語感の問題なので、強く主張する気はない。 9でコメントした者です。 連投の形になりますが、まったく別の考え方が浮かんだもので……。 詳しくは下記をご参照ください。 html ことば会議室の識者がやり取してもよくわからないのだから相当のな難物、と諦めかけていたのだが、妙なことを思いついてしまったんでメモを残す。 ツッコミはやさしくお願いします。 まず、品詞分け(めったにしないんだけど)から考えるべきなのでは。 「どこでも使える」の「... Q 以前下記のスレッドが立ちました。 goo. html 何がなんだかわからないうちに話が終わった気がします。 その後いろいろ調べて、わからないなりにいろいろ考えました。 現段階では、下記くらいに考えています。 html ==============引用開始 とりあえず、【ので】の制約は5つありそうだ。 詳しいことはわかりません(泣)。 何かわかりやすい解説をしている文献はないでしょうか。 辞書・サイト・論文など、教えてください。 ネット上で見られる論文などは、ほとんどがこういう考え方を否定しているように読めます。 下記のような考え方をしているサイト・論文などがあるのでしょうか。 goo. また、前件が理由となって後件のような結果の生じることが、だれの目から見ても当然と思われるような場 合に用いられるとされる。 「から」に比べるとあらたまった感じを伴うが、くだけた表現の場合、「あまり暑いんで閉口した」のように「んで」となることもあ る。 ==============引用終了 ==============引用開始 大辞林 第三版の解説 ので (中略) 〔理由・原因を表す接続助詞「から」との相違について。 「ので」は因果関係が客観的事実に基づいているような場合に用いられるのに対し,「から」は,推 量・禁止・命令・質問など,話し手の主観に基づくような場合に用いられる。 一般に,「ので」は,「から」に比べて,条件としての独立性が弱い場合に用いら れる〕 ==============引用終了 以前下記のスレッドが立ちました。 goo. html 何がなんだかわからないうちに話が終わった気がします。 その後いろいろ調べて、わからないなりにいろいろ考えました。 現段階では、下記くらいに考えています。 html ==============引用開始 とりあえず、【ので】の制約... A ベストアンサー 質問者の疑問は、「ので」・「から」の使い分けにあるのか、あるいは接続の方に問題を感じていらっしゃるのかが、はっきりしません。 あるいは、両面にわたっているのかも知れません。 取り敢えずは、「日本文法大辞典」の「ので」の項目にある説明を転載しておきます。 (長文) 「ので」は概していえば、事態の客観的な叙述、つまり、既定の事実として、因果関係などか事柄自体に内在するものと認めたうえで、それをそのままに表現するのに用いられる傾向がある。 したがって、同種の接続助詞「から」と比較した場合、話し手が主体的な立場である事柄を原因・理由に取り上げたうえで、それから順当な帰結として導かれる判断と結びつけようとする表現には「から」が用いられ、「ので」は用いられないのが普通だとされる。 たとえば、その判断が主観に属する面の強い、意志や推量を表わす表現、いい・悪い・好き・嫌いなどの個人的な感覚・感情に支配される表現や、また、正当な理由づけをもって相手に何らかの行為を要求する、命令・禁止・勧誘・依頓その他、それに類する表現などには、「から」がもっぱら用いられ、「ので」は一般には用いられないというわけである(永野賢「『から』と『ので』とはどう違うか」『国語と国文学』(昭和二七・二)。 しかし、上述のことは、その表現形態上の特徴をごく概括的にみていえることであって、平叙文などにおいては、個々の文脈から整然と「ので」と「から」を機能的に異質なものとしてとらえるのは困難であり、格助詞「へ」と「に」について、動詞「行く」「来る」などとの結びつきでは、その違いを明確に区別できないのと同様に、これもある面までは同義的に重なり合つているものとみるべきだろう。 ただ、「ので」が素材間自体に見られる因果関係の客観的な表現であり、「から」に比べて、その文の陳述とはかかわりあいが薄く、従属的であることは次の点から明らかである。 すなわち、「頭が痛いので委員会に欠席するから、よろしくお伝えください」のように、「から」に導がれる従属文中にさらに「原因」「埋由」などを述べる事柄がある場合には、それは「ので」によつて表わされるが、その逆はないということや、「から」のように、あとに「は」「も」「こそ」などの係助詞を伴う用法が「ので」にはないこと、あるいは、「から」には、「……からだ」のように、原因・埋由・根拠などだけをその結果と結びつけずに取り立てて述べる用法があるが、「ので」にはないことなどである。 ところが一方、「から」は、前件を主体的に取り立てて後件に結びつけるために、表現主体の立場が強く前面に出てきて、押しつけがましい印象を聞き手に与えると感じられるためか、一般には「ので」が用いられないとされる、依頼表現などにおいても、「試合終了後は大変混雑いたしますので、お帰りの切符は今のうちにお求めになっておいてください」「工事中何かとご不便をおかけすることと思いますので、何とぞ暫くの間御辛抱願い上けます」のように、表現を丁寧にしようとする場合にはしばしば用いられる。 また、男性に比じて、女性に好んで「ので」を多用する傾向がみられるのも、いかにもそうなる、あるいはそうするだけのやむをえない理由がそこにあるといつたニュアンスを「ので」が負っていることによるものとみられる。 すでに一語の接続詞と化している、「それで」と「だから」の間にも、この「ので」と「から」と同様の関 係がみられる。 つまり、「ので」に対応するのが「それで」であり、「から」に対応するのが「だから」である。 「いいつけを守らなかつたばかりに、こんなことになつてしまいました」に対し、「だから、あれほど注意しておいたのに」と応じるわけであつて、「それで」とは応じない。 また、「電車が事故を起こしました」に続けて、「それで、三十分遅刻しました」といったほうが、「だから、……」というよりも、いかにも自分の責任の及ばない問題であるといったニュアンスを帯び、弁解がましい点が少なくなるわけである。 (倉持保男) 質問者の疑問は、「ので」・「から」の使い分けにあるのか、あるいは接続の方に問題を感じていらっしゃるのかが、はっきりしません。 あるいは、両面にわたっているのかも知れません。 取り敢えずは、「日本文法大辞典」の「ので」の項目にある説明を転載しておきます。 (長文) 「ので」は概していえば、事態の客観的な叙述、つまり、既定の事実として、因果関係などか事柄自体に内在するものと認めたうえで、それをそのままに表現するのに用いられる傾向がある。 したがって、同種の接続助詞「から」と比較... Q 庵功雄著の新しい日本語学入門を読んでいましたら、気になるところがありました。 仮定条件の項目です。 その理由は。 その文が文法的にやや不自然である、そうです。 その理由は、その文が文法的に正しくないか、あるいは、その文接続が意味的まとまりをなさない、のだそうです。 個人的には「なら」はちょっと違うと考えているので外します。 総論的な話は下記をご参照ください。 upp. so-net. google. hqwy. blog75. fc2. 例文は「仮定条件」だと思います。 仮定条件は「と」が使えないことがあります。 ただし、「この薬を飲むと治ります」は少し不自然な感じではあっても「使えない」わけではないでしょう。 「この電車に乗ると間に合うだろう」は微妙で、恒常条件かもしれません。 恒常条件はたいていの場合「ば」「と」「たら」が使えます。 これも少し不自然な感じですが、「使えない」わけではないでしょう。 このあたりはかなり微妙なので、例外もいろいろあるかと思います。 一般には「ば」「と」「たら」「なら」を比較するようです。 個人的には「なら」はちょっと違うと考えているので外します。 総論的な話は下記をご参照ください。 upp. so-net. google. hqwy. Q 以前あった下記の質問がずっと気になっていました。 少しわかったようなつもりでいますが、勘違いしているかもしれません。 ご意見をお聞かせください。 goo. html 以下、ブログに書いたことから一部抜粋(重言)。 html いろいろ考えた結論。 「明るくした」って例文が「自動詞」と解釈できないので説明がしにくいのでは。 「(形容詞・形用動詞)~する」はいろいろあり、自他両用の形をとることがあるけど、自動詞になりにくいときもあるし、他動詞になりにくいときもある。 どういう法則性があるのか……いまは不明。 ちなみに『大辞泉』の記述では、下記の用法がわかりにくい。 その状態を出現させる。 「髪を長くする」 「これまでの経緯を明らかにする」 「静かにしなさい」 ==============引用終了 元の例文が下記だったら、すっきり説明できる。 以下、理由はよくわからないけど過去形(正確にはタ形)のほうがシックリくるので、過去形で書く。 ==============引用開始 「する」「させる」は、本来まったく意味が異なるはずなのに、なぜ、 ウ「先生の言葉が生徒を大人しくした」 エ「先生の言葉が生徒を大人しくさせた」 が、両方ともほぼ同じ内容をあらわすのでしょうか。 それとも、後者は間違いなのでしょうか。 ==============引用終了 ウの「~した」は他動詞用法。 エの「~させた」は自動詞用法の使役形。 使役形を外した形は「(先生の言葉で)生徒が大人しくした」 仮に他動詞の使役形と考えるなら、別の「ガ格」もしくは「ニ格」が必要になる。 「校長先生ガ(担任の)先生に(言葉で)生徒を大人しくさせた」 「先生がクラス委員ニ生徒を大人しくさせた」 「~した」が自他両方の形で使えるなら、形容動詞でも同様の考え方ができる。 「校長先生ガ(担任の)先生に(言葉で)生徒を静かにさせた」 「先生がクラス委員ニ生徒を静かにさせた」 このようにすっきり説明できるのは「~する」が自他両用の場合だけで、むしろレアケースなのかも。 「意識をはっきりした」の形にはしにくい。 自他両用のケースは……〈漢語+する〉ならいくつか浮かぶんだけど。 『大辞林』の例文で考える。 ・髪を長くする/髪を長くさせる ・これまでの経緯を明らかにする/これまでの経緯を明らかにさせる これは元々の質問の「明るくする」と同様。 「~が~なる」の形でも使わなければ自動詞にはしにくい。 「大人しくする」と「明るくする」でなぜそんな違いが出るのかは言葉の神様に訊いてください。 ただ、考え方としては同じだと思う。 (以下略) 以前あった下記の質問がずっと気になっていました。 少しわかったようなつもりでいますが、勘違いしているかもしれません。 ご意見をお聞かせください。 goo. html 以下、ブログに書いたことから一部抜粋(重言)。 html いろいろ考えた結論。 「明るくした」って例文が「自動詞」と解釈できないので説明がしにくいのでは。 「(形容詞・形用動詞)~する」はいろいろあり、自他両用の形をと... A ベストアンサー >自他両用のケースは…… 例: 風が吹く (自動詞) 笛を吹く (他動詞) ドアが閉じる (自動詞) ドアを閉じる (他動詞) ドアが開く (自動詞) ドアを開く (他動詞) 「吹く・閉じる・開く」は自他同形である。 日本語の自動詞・他動詞は、「上がる(自)・上げる(他)」「始まる(自)・始める(他)」などのように形が違うものが多く、自他同形の動詞が少ないと言える。 以上、「日本語教師のページ」の「自他同形」の説明より引用。 nihongokyoshi. php? 例えば「自爆する」だったら明らかに「自動詞」で、他動詞としては使わないですよね。 したがって、議論するなら「自他対応型」の動詞で議論すべきです。 質問文そのものが「明るく<する>」というサ変動詞ですから。 その「明るく」「大人しく」は形容詞の連用形、「静かに」は形容動詞の連用形でいずれも「する」(サ変動詞)を修飾している考えるべきでしょう。 (全てを複合動詞と考えるのはむりです) また、上記の「日本語教師のページ」には 『自動詞と他動詞の対応』という記事もあり、次のように書いています。 このような、形・意味に共通する部分を有する自動詞と他動詞の関係を両者が「対応している」、あるいは、「対(ペア)をなす」という。 i-next. このような回答を書くことを考えついたのは、なぜかというと、金田一春彦の『日本語新版(下)』を読んでいたところ、「格助詞」の「に」について書いてあったのは「先生<に>ほめられる」(受動態)及び「こども<に>行かせる」(使役態)の「に」は深層構造にある「ほめる」「行く」の主格を表すということでした。 「これは間違っていたのか。 それなら回答の取消をしなければ」と考えたのです。 質問文には「に」などと言う言葉は出ていなかったので、不思議だったこともあります。 ところが違っていました。 『使役文には 「子どもに 行かせる」をニ使役文、 「子どもを 行かせる」をヲ使役文と言う。 』とあって、「行く」のような自動詞の使役文には両方あり得る。 それに対して、「見る」という他動詞には二使役文しかない、というのです。 「見る」は他動詞ですが、「こども<に>見させる」しかない、ということです。 おかげで取り消さずに済みました。 それほど割り切れた説明ではありませんが、疑問に思われたらこのサイトの記事をお読みください。 >自他両用のケースは…… 例: 風が吹く (自動詞) 笛を吹く (他動詞) ドアが閉じる (自動詞) ドアを閉じる (他動詞) ドアが開く (自動詞) ドアを開く (他動詞) 「吹く・閉じる・開く」は自他同形である。 日本語の自動詞・他動詞は、「上がる(自)・上げる(他)」「始まる(自)・始める(他)」などのように形が違うものが多く、自他同形の動詞が少ないと言える。 以上、「日本語教師のページ」の「自他同形」の説明より引用。 Q 特に新聞や論文などの文章で、 例えば、 「10年続いており、毎回100人が参加している」 といった「~ており」と書かれる文章を見かけます。 「おり」を使っているのものの、同時に「いる」も使っていて、違和感を覚えます。 新聞などの文章では、表記の統一性が求められると思います。 辞書によると「おる」は 『「…ている」の古風な、または尊大な言い方。 』 とあります。 「10年続いていて、毎回100人が参加している」 「10年続いており、毎回100人が参加しておる」 両者を比較すると、「~ていて」のほうが、統一性があり現代風なように思います。 新旧混ざった言い方は様々な場面で見れますが、 新聞などが、古風でかつ、不統一な表記を使用しているのはどうかと思います。 (「~しております。 A ベストアンサー No. 9でふれた菊地康人氏の『敬語』の記述について。 詳しくは下記をご参照ください。 blog75. fc2. html 以下は一部の抜粋(重言)。 【引用部】 右のように、「おる」には、謙譲、丁重/丁寧、卑しめ、尊大、ニュートラルの各用法がある。 322) P. 318~のテーマは「おる」。 これがまた難物で、延々と続いた結びが上記。 当方の文章力ではとても要点をまとめきれない。 これが「おられる」の話になるとさらにメンドーで……。 話は前後するが、途中に興味深い記述がある。 【引用部】 5 [ニュートラルな用法] (a) 話手が一部の方言の話手である場合、ごく普通の表現として「おる」を使うのだが、ほかの人が訊くと、それに違和感を感じたり、方言的にあるいは古風に聞こえるという場合がある。 (b) 標準語の話手の場合でも、書き言葉で「(……て)いる」という内容をいわゆる連用中止法(「書いて」のかわりに「書き、」とする方法)で述べたいときには、「(……て)い、」とは言いにくいので「(……て)おり、」と言い換えることがあるが、これも、謙譲・丁重などの趣はとくに含まないニュートラルな使い方だと見られる。 また、「(……て)いず、」もそれほど熟さないので、同様に「(……て)おらず、」をニュートラルに使う人もいる。 ……六教科から出題することになっており、……〈朝日新聞 一九九三年三月一六日一面〉 ……昨年は二一・一%しかおらず、……〈産経新聞 一九九二年九月七日一面〉(P. 321~322) この連用中止形(でいいのか?)の問題も長年ひっかかっていた。 よく見聞するのはちょっと違うと思う。 「書いていて(、)」を「書いており、」とする人がけっこういる。 当時の当方が覚えた異和感の理由は、たぶん「古くささ」。 手元の本を調べまくった記憶がある。 「書いており、」を使わない人は「書いていて(、)」か「書いているので(、)」を使っていた。 後者はニュアンスがかわるので望ましくないのかもしれないが、そこまで厳密に考える人なら別の書き方をすればいい。 産経新聞の例なら、「しかおらず、」ではなく「しかいないので、」にすればいい。 とにかく「おり、」「おらず、」はジジムサいので自分では使わない。 ちなみに、(a)の文は「片たり」になっている。 ほかはかなり用心深く回避している様子だが、ここは……。 こういう上級者でも、一文が長くなるとこういうことになりがち。 【引用部】 以上のように「おられる」はすでに誤用とも言いにくいほどだが、本来は誤用であるとか、使わない人は使わないのだということも、知っておいてよいだろう。 333) 「おられる」に関して5ページにわたって解説した結びの一文。 辞書類が認めてしまっているので「誤用」と言うのは無理があるだろう。 この問題はネットの質問サイトでウンザリするほど取り上げられている。 この『敬語』か『敬語再入門』の記述を不用意に孫引きしたためにエラい勢いで噛み付かれているのを見た記憶がある。 当方の考え方は下記。 間違ってはいないよな。 ドキドキ。 blog75. fc2. ってことで、下記をどうぞ。 blog75. fc2. html 以下は一部の抜粋(重言)。 ================引用開始 本動詞の「おる」のほかに補助動詞の「~ておられる」もあるがほぼ同じだろう。 辞書の引用は末尾に。 『大辞泉』と『大辞林』の記述はほぼ同じだが、どちらの記述にも不満が残る。 『大辞林』には〈(イ)「おります」で丁寧な言い方、「おられる(おられます)」で尊敬の言い方として用いられる。 〉と明記されている。 この点に関しては『大辞泉』も同様。 これに従えば、「そういうかたもおられます」「……という先生がおられます」などの表現は「間違い」ではない。 ただし、この書き方では「尊敬の言い方」と「尊敬語」がどう違うのかは不明。 これが一応の結論。 以降はマニアックな部類に入る話。 辞書に逆らうのは気が進まないが、気になることが3点ある。 かなりメンドーな話なので、例によってクドい書き方をする。 【1】「おる」はそもそも謙譲語ではないのか? この点について『大辞林』には下記のようにある。 ================引用開始 自分の動作を卑下したり他人の言動をさげすんだりする気持ちの含まれることが多い。 時には尊大な物言いに用いられることもある。 ================引用終了 〈自分の動作を卑下したり〉は謙譲語のニュアンスが強いと思うが、謙譲語とは明記していない。 『大辞泉』にいたっては、そのテの記述がいっさいない。 もしかすると、辞書は「(~して)おる」に対して相当神経質になっているのでは。 そりゃ、「(~して)おる」を謙譲語としたら、「(~して)おられる」は謙譲語+尊敬語で意味合いは尊敬語という訳のわからんことになるからね(詳細は後述)。 最初この辞書の記述を見たとき、最近この形にしたのでは……と思った。 一般には、「(~して)おる」は「(~して)いる」の謙譲語なんだから。 ところが、〈1〉で見た6 によると、2006年12月には、ほぼ現状の記述になっている。 問題の根が深いorz。 【2】「おります」で丁寧な言い方? 『大辞林』の書き方は〈「おります」で丁寧な言い方〉。 『大辞泉』の書き方は〈(「おります」の形で、自分や自分の側の者についていう)「いる」の丁寧な言い方〉。 この2つの書き方の微妙な違いが理解できるだろうか。 〈1〉の1 で見た〈ここで問題となるのは、この場合の「おります」が丁寧語であるか、謙譲語であるかということです〉のような誤解と関係あるのかないのか。 まず、「丁寧語」と「丁寧な言い方」はちと違う。 「丁寧語」はだいたい「丁寧な言い方」だけどね。 たとえば、「よろしくお願い申し上げたい」は「丁寧な言い方」で謙譲語ではあるけど、丁寧語ではない(はず)。 「遠いところをわざわざどうもありがとう」は「丁寧な言い方」だけど、丁寧語ではない(はず)。 「確認願います」は「丁寧語」ではあるけれど、あまり「丁寧な言い方」とは言えない。 「ご確認(のほど)お願いいたします」なら「丁寧語」で「謙譲語」(I&II)で、「丁寧な言い方」。 ちなみに、丁寧語は、「5分類」法だと「丁寧語」と「美化語」に分かれる。 ここでは「美化語」のことは除外し、「5分類」法の「丁寧語」のことを書いている。 乱暴な書き方をすると、「丁寧語」か否かはデス・マス体か否かとほぼ同義。 極端なことを書くと「そんなことを抜かしているとぶっ殺しますよ」も「丁寧語」と言えなくはない(さすがに無理?)。 敬語の「5分類」法と「3分類」法の話を始めると長くなるので、下記の「日本語における敬語表現」の表を見てほしい。 wikipedia. で、辞書の記述に戻る。 それぞれの辞書の記述に細かいインネンをつける。 (略) ================引用終了 No. 9でふれた菊地康人氏の『敬語』の記述について。 詳しくは下記をご参照ください。 blog75. fc2. html 以下は一部の抜粋(重言)。 【引用部】 右のように、「おる」には、謙譲、丁重/丁寧、卑しめ、尊大、ニュートラルの各用法がある。 322) P. 318~のテーマは「おる」。 これがまた難物で、延々と続いた結びが上記。 当方の文章力ではとて... A ベストアンサー 非常におもしろい(むずかしい)質問ですね。 おそらく、「気勢をそがれる」が正統的な使い方です。 この点はNo. 2のかたの回答のとおりでしょう。 ただ、いろいろ例外もありそうで、正確なところはよくわかりません。 もう少し時間をください。 別の例文で考えてみます。 ここから先はうんと乱暴な考え方をします。 動詞や目的語によって、【1】【2】【3】に分かれる気がします。 「気勢{ガ/ヲ}そがれる」の場合は【3】でしょうね。 本来はヲだと思いますが、ガも使えなくはなさそうです。 【3】のように両方が使えるときに、ニュアンスがどう違うのかは関知したくありません。 このテの微妙なニュアンスを問う質問はこの質問サイトでも繰り返されていますが、そんなことにこだわってどんな意味があるのかわかりません(もちろん、明らかに違うこともあります)。 両方使えるなら、使いたいほうを使えばよいのでは。 ちなみに、当方はこの問題について考えていて、下記のやり取りを思い出しました。 goo. html このときの<自動詞の使役形は他動詞と同じ結果になる>という話でした。 ウ「先生の言葉が生徒を大人しくした」(他動詞用法) エ「先生の言葉が生徒を大人しくさせた」(自動詞用法の使役形) ウとエはほぼ同じ内容を表わします。 ニュアンスがどう違うのかは関知したくありません。 これにならって言うなら〈他動詞の受身形は、目的語をガで受けるときとヲで受けるときがある〉ですかね。 まったく違いますか 笑。 非常におもしろい(むずかしい)質問ですね。 おそらく、「気勢をそがれる」が正統的な使い方です。 この点はNo. 2のかたの回答のとおりでしょう。 ただ、いろいろ例外もありそうで、正確なところはよくわかりません。 もう少し時間をください。 別の例文で考えてみます。 A ベストアンサー 1. 「が」の基本的な用法は、次の2つ。 ・彼が一番強い。 ・りんごが食べたい。 (希望) ・ピーマンが嫌いだ。 (好悪) ・英語が話せる。 (能力) ・遭難者が無事見つかった。 (新事実の発見) また、「特定」とは「特に定める」という意味なので、主格や対象を強調的に明示したい場合に使われます。 「りんごが食べたい。 (希望)」は、「わたしが食べたいのは、りんごなのです!」というニュアンス。 「食べたいのは、りんご(だ)」と強調的に表現している。 2. 『〇〇が取れます。 』は、能力の対象の特定です。 たとえば、先生が非常に複雑な手順を解説した後でおこなわれる、次のような会話が想定できるでしょう。 先生:「このようにすれば、〇〇が取れます。 」 生徒:「おお!!!なるほど~。 この場合想定されるのは次のような会話。 はじめて囲碁をする生徒に、先生が石の基本形を教えている。 これは、囲碁のもっとも初歩的な決まりです。 」 生徒:「わかりました。 相手の石の周りをすべて囲むと、その石を取れるという規則なのですね。 3. ただ、「が」と「を」の使い分けは極めて微妙です。 なぜなら、まったく同じ場面であっても、強調的に表現したいか否かは、あくまで話し手の気持ち次第で決まるからです。 むろん、どちらを使っても良い場合も多くありますが、使い分けないと不自然になる場合もあります。 ご質問のケースでは、どちらを使っても問題はありません。 話者(筆者)の意図次第で違ってくるだけです。 ただ、「~天地左右を黒が囲えば、白石を取れます」という文のようなので、「が」の重複を避ける意味で「を」のほうが違和感の無い表現になるでしょう。 むろん、たとえ重複があっても「が」を使うほうが良い場合は多い。 この文の場合は、特に「が」を使う必然性が見当たらないので、重複を避けるという手法を適用できる、ということです。 1. 「が」の基本的な用法は、次の2つ。 ・彼が一番強い。 ・りんごが食べたい。 (希望) ・ピーマンが嫌いだ。 (好悪) ・英語が話せる。 (能力) ・遭難者が無事見つかった。 (新事実の発見) また、「特定」とは「特に定める」という意味なので、主格や対象を強調的に明示したい場合に使われます。 「りんごが食べたい。 (希望)」は、「わたしが食べたいのは、りんごなのです!」というニュアンス。 「食べたいのは、りんご(だ)」と強調... A ベストアンサー #6です。 誠に申し訳ありません。 辞書記述をすっかり読んでいなかったため、誤った回答をしてしまいました。 (大辞林でも、「歌わない です」の形を認めています) お詫び申し上げると共に、全面的に訂正させていただきます。 ただ、「です」が丁寧語であることから、「ません」よりも丁寧な表現になると思われ、特に若者の話し言葉として浸透していったとのこと。 2008年には、「ないです」の使用が「ません」の使用を約 3 倍も上回る結果が出たという研究結果もあります。 lang. nagoya-u. pdf 因みに、わたしは(若くはありませんが)書き言葉でも使っています。 とはいえ、子供の頃は使っていなかったように記憶している。 #6です。 誠に申し訳ありません。 辞書記述をすっかり読んでいなかったため、誤った回答をしてしまいました。 (大辞林でも、「歌わない です」の形を認めています) お詫び申し上げると共に、全面的に訂正させていただきます。

次の

少し長くなりますが、お付き合いください。かなり真面目な話です。(個人的に...

お 付き合い ください

付き合い始めは何かと不安なので、LINEやメールのメッセージに、つい「もしかして、私ウザい?」「仕事が忙しいって本当?」と、思わずネガティブなことを送ってしまいたくなるかもしれません。 だけど、彼女からネガティブなメッセージを貰うのは、彼氏にとっては大きな負担です。 あなたのことを大切に想っていますから、「彼女に寂しい思いをさせてはいけない」と、頑張り過ぎてしまい、彼氏を疲れさせてしまいます。 だから、付き合い始めのLINEやメールは、ポジティブな内容を心がけましょう。 文字や言葉には力があるので、前向きで元気の出るメッセージを送ると、彼氏は励まされてパワーが湧いてきます。 また、あなた自身も思考がポジティブになり、不安解消されます。 大好きな彼氏だからこそ、LINEやメールの返信が待ち遠しいですよね。 そして、待ち遠しいからこそ、返信が来ないと「何かあったのかな?」「もしかして、メッセージ送り過ぎて嫌がられてる?」と、不安な気持ちに襲われてしまいます。 だけど、頻繁にメッセージをやり取りする恋人同士だからこそ、返信がすぐに来ないことを過度に気にすると、常に大きなストレスを抱えてしまうことになります。 それだけではなく、つい彼氏に返信を催促してプレッシャーを与えてしまうことも…。 「トイレに行く時間があれば、スタンプの1つくらいは送信できはず!」という思いはあるかもしれませんが、男性は1つのことを同時進行するのが苦手です。 メールの返信がすぐに来ないのは、あなたのことを軽視しているわけではなく、仕事や勉学に没頭しているだけ。 深く考えず、大らかに構えましょう。 付き合い始めは、連絡の頻度はどれくらいが良いのかわからず戸惑いますよね。 そんな時は、直接彼氏に相談しましょう。 「LINE送り過ぎかな?」「毎日メール送ったら嬉しい?」といった感じで、ストレートに聞いてしまって大丈夫です。 あながた一生懸命自分のことを考えてくれているということが伝わり、彼氏は感動してくれますよ。 付き合い始めで大切なのは、2人で様々なことについて話したり相談したりすることです。 探り合うのは付き合う前までで、付き合ってからは2人でたくさん話して自分たちのルールを作っていきましょう。 LINEやメールの頻度もその中の1つです。 話し合って気持ちを確認し合うことで、不安解消になり、しっかりとした信頼関係を作り上げることができます。 今時の連絡方法と言えば、LINEやメールといった文字のやり取りですよね。 文字として残るので、デートの約束をする時などは、メモする手間が省けてとっても便利です。 だけど、恋人同士は電話も大切。 息遣いや声のトーンや間で、相手の気持ちが伝わってくる電話は、付き合い始めは特に大切なコミュニケーションです。 文字だけだと微妙なニュアンスが伝わらず、すれ違いの原因になりますが、電話ならば小さなことでも気づいてあげることができます。 また、電話ならではの楽しさもあります。 LINEやスカイプのテレビ電話機能をあえて使わず、部屋でリラックスした状態での電話は、面と向かって話す時とは違った楽しさがあるのです。 色々な方法で2人の時間を過ごせば、どんどん付き合いが楽しくなって、不安解消になります。 付き合い始めは、2人の関係を作り上げる大切な期間です。 デート場所は彼氏にお任せも、自分だけで決めるのもNGです。 どちらかが一方的にデートコースを決める関係は、負担と不満が溜まりやすく、長く快適に付き合うのが難しくなります。 恋人同士が末永く仲良くしていくためには、「一緒に決める」ということが大切です。 デート場所は2人で相談して決めましょう。 次のことに注意すると良いでしょう。 ・行きたい場所を順番に提案する ・苦手なことは無理強いしない ・スマホなどで一緒にデートコースを調べる 付き合い始めは、とにかく2人でたくさん話すことが大切です。 デート場所を決めるのも、恋人同士のコミュニケーションですので、楽しみながら相談してくださいね。 彼氏と仲良く付き合い続けるためには、距離感も大切です。 恋愛はどうしても追いかける方が、立場が弱くなってしまいますし、追いかけられる方は、恋人の存在を疎ましく感じやすくなってしまいます。 だから、どんなに好きでも追いかけ過ぎないように、絶妙な距離感をとりましょう。 理想は、彼氏があなたを少しだけ束縛してくれるような、ちょっとだけ追わせる距離感です。 絶妙な距離感をとるために、次のことを実践してみましょう。 ・LINEやメールは、彼氏の返信がくるまで次のメッセージを送らない ・彼氏のプライベートを聞き過ぎない ・自分の時間を充実させる ・時には彼氏以外との約束を優先させる 男性にとって、付き合いながらも開放感を持てる彼女は、最高の存在です。 「彼女は自分と一緒の時は最高に嬉しそう。 でも、自分がいない時もそれなりに楽しく過ごしてくれる」というのが、男性にとって負担を感じない快適な彼女なのです。 付き合い始めのスキンシップって、ドキドキするし、すごく嬉しいですよね。 晴れて恋人同士になり、キスやスキンシップをたっぷり味わいたいと、あなたも彼氏も考えていることでしょう。 だけど、場所を選ばずどこでもイチャイチャするのは大問題です。 男性は女性が思う以上にナイーブでシャイなので、人目がある場所では、心置きなくキスやスキンシップを楽しむことができません。 それどころか、「知り合いに見られたらヤバイ」と考えるので、彼女が場所を選ばずキスやスキンシップを求めてくると、イラっとしてしまうのです。 楽しい恋人関係を続ける為には、メリハリが大切です。 外にいる時はデートを思いっきり楽しんで、キスやスキンシップは2人きりになれる場所を選ぶようにしましょう。 付き合い始めは想像できないかもしれませんが、交際が長くなれば彼氏と喧嘩してしまうこともあります。 そして、喧嘩がきっかけですれ違い、別れてしまうカップルも少なくありません。 そうならないためにも、付き合い始めの内に「喧嘩したらどうするのか」というルールを決めておきましょう。 付き合い始めのフレッシュなカップルだからこそ、こういった話し合いを素直にすることができます。 ・喧嘩しても連絡を無視しない ・嫌なことは我慢せずにきちんと相手に伝える ・喧嘩しても〇日以内に仲直りする このような具体的なルールを決めておけば、いざ喧嘩してしまった時に、仲直りのきっかけになります。 更には、付き合い始めに2人で喧嘩のルールを決めたことを思い出し、その時の新鮮な気持ちを思い出すことができます。 「仕事と私、どっちが大事なの!?」女性ならば、彼氏に1度はそんな言葉を投げかけたくなるものですよね。 だけど、男性は女性と違い、仕事をしながら恋愛のことを考えられるほど器用ではありません。 仕事の時は、それに没頭し、その代わりにあなたと会っている時は、仕事のことを忘れて2人の時間を楽しむのです。 だから、彼氏の仕事が立て込んでいる時は、連絡やデートの頻度が減ってしまい、あなたは不安になるかもしれません。 でも、大好きな彼女とデートする余裕がない時、彼氏は仕事でいっぱいいっぱいの状況なのです。 そこへ「なぜ会えないの?」と責め立てると、彼氏を追い詰めてしまうことになります。 ですので、彼氏の仕事に理解を示すことはとても大切です。 「自分の仕事に理解があるか」というのは、男性が真剣な交際をして、その先に結婚を見越す重要な条件でもありますので、彼氏が多忙な時は、寛容な気持ちで待ってあげましょう。

次の

人付き合いが苦手な人の特徴と原因!疲れたときの対処法&苦手克服法

お 付き合い ください

付き合い始めは何かと不安なので、LINEやメールのメッセージに、つい「もしかして、私ウザい?」「仕事が忙しいって本当?」と、思わずネガティブなことを送ってしまいたくなるかもしれません。 だけど、彼女からネガティブなメッセージを貰うのは、彼氏にとっては大きな負担です。 あなたのことを大切に想っていますから、「彼女に寂しい思いをさせてはいけない」と、頑張り過ぎてしまい、彼氏を疲れさせてしまいます。 だから、付き合い始めのLINEやメールは、ポジティブな内容を心がけましょう。 文字や言葉には力があるので、前向きで元気の出るメッセージを送ると、彼氏は励まされてパワーが湧いてきます。 また、あなた自身も思考がポジティブになり、不安解消されます。 大好きな彼氏だからこそ、LINEやメールの返信が待ち遠しいですよね。 そして、待ち遠しいからこそ、返信が来ないと「何かあったのかな?」「もしかして、メッセージ送り過ぎて嫌がられてる?」と、不安な気持ちに襲われてしまいます。 だけど、頻繁にメッセージをやり取りする恋人同士だからこそ、返信がすぐに来ないことを過度に気にすると、常に大きなストレスを抱えてしまうことになります。 それだけではなく、つい彼氏に返信を催促してプレッシャーを与えてしまうことも…。 「トイレに行く時間があれば、スタンプの1つくらいは送信できはず!」という思いはあるかもしれませんが、男性は1つのことを同時進行するのが苦手です。 メールの返信がすぐに来ないのは、あなたのことを軽視しているわけではなく、仕事や勉学に没頭しているだけ。 深く考えず、大らかに構えましょう。 付き合い始めは、連絡の頻度はどれくらいが良いのかわからず戸惑いますよね。 そんな時は、直接彼氏に相談しましょう。 「LINE送り過ぎかな?」「毎日メール送ったら嬉しい?」といった感じで、ストレートに聞いてしまって大丈夫です。 あながた一生懸命自分のことを考えてくれているということが伝わり、彼氏は感動してくれますよ。 付き合い始めで大切なのは、2人で様々なことについて話したり相談したりすることです。 探り合うのは付き合う前までで、付き合ってからは2人でたくさん話して自分たちのルールを作っていきましょう。 LINEやメールの頻度もその中の1つです。 話し合って気持ちを確認し合うことで、不安解消になり、しっかりとした信頼関係を作り上げることができます。 今時の連絡方法と言えば、LINEやメールといった文字のやり取りですよね。 文字として残るので、デートの約束をする時などは、メモする手間が省けてとっても便利です。 だけど、恋人同士は電話も大切。 息遣いや声のトーンや間で、相手の気持ちが伝わってくる電話は、付き合い始めは特に大切なコミュニケーションです。 文字だけだと微妙なニュアンスが伝わらず、すれ違いの原因になりますが、電話ならば小さなことでも気づいてあげることができます。 また、電話ならではの楽しさもあります。 LINEやスカイプのテレビ電話機能をあえて使わず、部屋でリラックスした状態での電話は、面と向かって話す時とは違った楽しさがあるのです。 色々な方法で2人の時間を過ごせば、どんどん付き合いが楽しくなって、不安解消になります。 付き合い始めは、2人の関係を作り上げる大切な期間です。 デート場所は彼氏にお任せも、自分だけで決めるのもNGです。 どちらかが一方的にデートコースを決める関係は、負担と不満が溜まりやすく、長く快適に付き合うのが難しくなります。 恋人同士が末永く仲良くしていくためには、「一緒に決める」ということが大切です。 デート場所は2人で相談して決めましょう。 次のことに注意すると良いでしょう。 ・行きたい場所を順番に提案する ・苦手なことは無理強いしない ・スマホなどで一緒にデートコースを調べる 付き合い始めは、とにかく2人でたくさん話すことが大切です。 デート場所を決めるのも、恋人同士のコミュニケーションですので、楽しみながら相談してくださいね。 彼氏と仲良く付き合い続けるためには、距離感も大切です。 恋愛はどうしても追いかける方が、立場が弱くなってしまいますし、追いかけられる方は、恋人の存在を疎ましく感じやすくなってしまいます。 だから、どんなに好きでも追いかけ過ぎないように、絶妙な距離感をとりましょう。 理想は、彼氏があなたを少しだけ束縛してくれるような、ちょっとだけ追わせる距離感です。 絶妙な距離感をとるために、次のことを実践してみましょう。 ・LINEやメールは、彼氏の返信がくるまで次のメッセージを送らない ・彼氏のプライベートを聞き過ぎない ・自分の時間を充実させる ・時には彼氏以外との約束を優先させる 男性にとって、付き合いながらも開放感を持てる彼女は、最高の存在です。 「彼女は自分と一緒の時は最高に嬉しそう。 でも、自分がいない時もそれなりに楽しく過ごしてくれる」というのが、男性にとって負担を感じない快適な彼女なのです。 付き合い始めのスキンシップって、ドキドキするし、すごく嬉しいですよね。 晴れて恋人同士になり、キスやスキンシップをたっぷり味わいたいと、あなたも彼氏も考えていることでしょう。 だけど、場所を選ばずどこでもイチャイチャするのは大問題です。 男性は女性が思う以上にナイーブでシャイなので、人目がある場所では、心置きなくキスやスキンシップを楽しむことができません。 それどころか、「知り合いに見られたらヤバイ」と考えるので、彼女が場所を選ばずキスやスキンシップを求めてくると、イラっとしてしまうのです。 楽しい恋人関係を続ける為には、メリハリが大切です。 外にいる時はデートを思いっきり楽しんで、キスやスキンシップは2人きりになれる場所を選ぶようにしましょう。 付き合い始めは想像できないかもしれませんが、交際が長くなれば彼氏と喧嘩してしまうこともあります。 そして、喧嘩がきっかけですれ違い、別れてしまうカップルも少なくありません。 そうならないためにも、付き合い始めの内に「喧嘩したらどうするのか」というルールを決めておきましょう。 付き合い始めのフレッシュなカップルだからこそ、こういった話し合いを素直にすることができます。 ・喧嘩しても連絡を無視しない ・嫌なことは我慢せずにきちんと相手に伝える ・喧嘩しても〇日以内に仲直りする このような具体的なルールを決めておけば、いざ喧嘩してしまった時に、仲直りのきっかけになります。 更には、付き合い始めに2人で喧嘩のルールを決めたことを思い出し、その時の新鮮な気持ちを思い出すことができます。 「仕事と私、どっちが大事なの!?」女性ならば、彼氏に1度はそんな言葉を投げかけたくなるものですよね。 だけど、男性は女性と違い、仕事をしながら恋愛のことを考えられるほど器用ではありません。 仕事の時は、それに没頭し、その代わりにあなたと会っている時は、仕事のことを忘れて2人の時間を楽しむのです。 だから、彼氏の仕事が立て込んでいる時は、連絡やデートの頻度が減ってしまい、あなたは不安になるかもしれません。 でも、大好きな彼女とデートする余裕がない時、彼氏は仕事でいっぱいいっぱいの状況なのです。 そこへ「なぜ会えないの?」と責め立てると、彼氏を追い詰めてしまうことになります。 ですので、彼氏の仕事に理解を示すことはとても大切です。 「自分の仕事に理解があるか」というのは、男性が真剣な交際をして、その先に結婚を見越す重要な条件でもありますので、彼氏が多忙な時は、寛容な気持ちで待ってあげましょう。

次の