帝国 ホテル カレー。 老舗の帝国ホテルカレー

【楽天市場】帝国ホテル カレーセット (HCS

帝国 ホテル カレー

帝国ホテルのカレーは粒々の食感を楽しんでいただくために、 みじん切りの野菜をソースに残しているのが特徴です。 手間を惜しまずじっくり煮込んだブイヨンで味わい深く仕上げた本格的なカレーです。 帝国ホテルの本格的な料理をご家庭でも手軽にあ楽しみいただけるよう心をこめて作りました。 ビーフ・シュリンプ えび 2種類の味をお楽しみいただけます。 手間を惜しまずじっくり煮込んだブイヨンで味わい深く仕上げたカレーに、柔らかく煮込んだ牛肉がたっぷり入ったビーフカレーです。 なお、カレーソースの中の黒い粒はカキャラウェイシードという香辛料ですのでご安心してお召し上がりください。 手間を惜しまずじっくり煮込んだブイヨンで味わい深く仕上げたカレーに、プリプリのエビがたっぷり入ったシュリンプカレーです。 カレーソースの中の黒い粒はカキャラウェイシードという香辛料ですのでご安心してお召し上がりください。 あらかじめご了承くださいませ。 あらかじめご了承くださいませ。 商品番号 2200110 【発送に関しまして】 通常はお届けまでに5〜7日前後頂戴しております。 【発送完了ご報告メールについて】 お申込みの集中や出荷元の稼働日などにより「発送完了ご報告メール」の配信が、出荷日以降やお届け完了後となってしまう場合がございます。 予めご了承ください。 【お届けの地域について】 下記地域のお届けに関しては品質を保持できないため、ご注文を承ることができません。 予めご了承ください。 クレジットカード• 銀行振込• 後払い決済• コンビニ• ゆうちょPay-easy(ペイジー) ・代金引換は手数料330円を頂戴しております。 ・銀行振込、ゆうちょ銀行振替、コンビニ、ペイジーお支払いは、ご入金確認後の発送とさせていただいております。 ご注文30,000円以上は弊社手数料負担額として330円をご注文代金よりお引きいたします。 通常、13時まで 日曜・祝日も13時まで のご注文お申込みで、お振込のお支払い方法を除き、当日発送を努めます。 13時以降のご注文につきましても翌日に発送を努めます。 あらかじめご了承くださいませ。 なお、『お支払い方法』がクレジットカード、代金引換のみとさせていただおてり、ご注文内容に確認事項がござます際は、確認でき次第の最短のお届けとさせていただいております。 また楽天が定めます免責に従います。 お客様にて配送会社のご指定は承っておりません。 あらかじめご了承くださいませ。 ぜひご参考になさってくださいませ。 単品で送料無料商品以外の商品をご注文につきまして ・1お届け先につき、税込の商品代金合計3,980円以上の場合:送料無料 ・1お届け先につき、税込の商品代金合計3,980円未満の場合:税込495円 一部商品715円 沖縄や一部離島などへのお届けにつきましては、送料無料商品につきましても差額の送料を頂戴しております。 (但し、同梱可能な場合は無料となります。 別途送料が掛かります場合は、弊社よりご連絡をさせて頂いております。 ご注文完了時には別途送料は加算されておりません。 あらかじめご了承下さいませ。 rakuten. jp よりご案内させていただいております。 携帯電話などのアドレスへのご案内をご希望の際は、大変恐れ入りますが、こちらからのメールを受信できますよう、セーフリストなどに入れていただくか、フィルターの解除の設定をお願いいたします。 お客様のメール設定によっては、弊社のメールが受信できない場合がございます。 またお電話へのショートメッセージサービス SMS 等にてご連絡させていただく場合がございます。 ご了承の程、お願い申し上げます。

次の

【楽天市場】帝国ホテル カレーセット (HCS

帝国 ホテル カレー

カレーフェアには定番カレーとして、国産牛を使用した帝国ホテル定番の「ビーフカレー」 2100円 や、9種の野菜が乗った「彩り野菜カレー」 2100円 、肉厚でボリューム満点の「ポークフィレカツカレー」 2300円 が登場。 そのほか7・8月の限定カレーとして、昨年の大好評だった「オマール海老のグリルカレー」 4500円 、3種の薬味で味の変化が楽しめる「ラム肉のキーマカレー 3種のコンディメント」 2300円 がラインナップする。 絶対食べておきたい! 月限定の絶品カレーは計4種 【7月限定カレー】 「牛リブロースのグリルカレー」 3800円 は、牛リブロース肉を香ばしくグリルしたステーキカレー。 夏バテを解消するスタミナ抜群の一皿だ。 「夏野菜とチキンコンフィのココナッツカレー」 2400円 は、スパイスとココナッツミルクをベースにした、まろやかでコクのあるカレー。 オリーブ油で火入れした骨付きモモ肉のスパイシーな旨味で、暑い夏を吹き飛ばそう! 食べ応え抜群のボリューム感!「牛リブロースのグリルカレー」 3800円 まろやかさとスパイシーさが病みつきになる「夏野菜とチキンコンフィのココナッツカレー」 2400円 【8月限定カレー】 「国産牛フィレカツカレー」 4200円 はカツレツが柔らかく、旨味たっぷりの肉と旬の野菜を楽しめる贅沢仕様。 さらに、天使の海老・帆立貝・ムール貝など海の幸をぜいたくに盛り込んだスペシャルカレー「夏野菜とシーフードのココナッツカレー」 2600円 も注目だ! 柔らかく、ジューシーな「国産牛フィレカツカレー」 4200円 海の幸が贅沢に乗った「夏野菜とシーフードのココナッツカレー」 2600円 月替わりでテイストが異なるカレーパンも期間限定で販売 さらに、同期間にはホテル1階のブフェ&ラウンジ「ザ パーク」テイクアウトコーナーにてカレーパンも期間限定で販売する。 7月はチーズの風味が豊かな「チーズカレーパン」 310円 、8月はトマトジュースを練り込んだトマト風味の生地が特徴の「トマトカレーパン」 310円 がそれぞれ登場する。 昨年よりさらにバージョンアップして帰ってきた、帝国ホテル 大阪のカレーフェア。 伝統の味から、スペシャルな一皿まで多彩なカレーを存分に味わい尽くそう! 村井 貴臣.

次の

ホテルクオリティの絶品カレーに舌鼓!帝国ホテル大阪「カレーフェア」がアツい|ウォーカープラス

帝国 ホテル カレー

上高地帝国ホテルは、上高地バスターミナルから大正池方向に15分ほど歩いたところにある、知名度もお値段も上高地でトップクラスの宿泊施設です。 日本の代表的な山岳リゾートホテルの一つと数えていいのではないでしょうか。 宿泊予約は、じゃらんや楽天などの予約サイトでは受け付けておらず、公式サイトからか、もしくはJTB系列の予約サイトから予約できるようです。 調べると、ツインルームを2人で利用した場合、平日泊朝食付きで1人2万円強ぐらいが相場のようでした。 夕食を付けなければ「まったく手が出ない!」というわけではないかもしれないけど、どうせ泊まるなら夕食付きで泊まってみたい!けど、2食付きのプランだと一気に4万円。。。 というわけで、結局なかなか宿泊とまではいかない上高地帝国ホテルですが、ランチやカフェならばまあ、比較的気軽に利用できます。 今回、上高地帝国ホテル併設の、洋食レストランアルペンローゼでランチをいただいてきましたので、レポートしたいと思います。 バスターミナルから徒歩で上高地帝国ホテルに向かう 上高地バスターミナルから平湯温泉や沢渡行きのバスに乗って最初の停留所が「帝国ホテル前」となり、文字通り上高地帝国ホテルの目の前でバスが停車します。 ですが、バスターミナルからは歩いても10分少々というところなので、緑の小道を歩いて行くのが気持ちいいです。 真新しい木道ができていました。 帝国ホテルの看板の前を通り過ぎ…… 着きました!スイスの山小屋風の建築だそう。 実は、最初にこの建物を見たときは「案外こぢんまりしたホテルなんだな」と思ってしまった私です。 なんとなくやのような高原のリゾートホテルをイメージしていたのかもしれません。 赤倉観光ホテルには、昨年妙高山を登山した際、展望ラウンジでお茶をするために立ち寄りました。 赤倉観光ホテルは、山の中のホテルとは思えないほど、洗練されたリゾートホテルだったんですよね。 でも、山小屋の雰囲気を残した上高地帝国ホテルも素敵だと思います。 今回の目的はランチ!ということで、レストランはどこだろう……、ととりあえず正面のエントランスらしきところへ行ってみます。 と、レストランの案内書きがありました。 ランチを提供しているのは、洋食メニューの「アルペンローゼ」と和食の「あずさ庵」、そしてロビーラウンジのカフェグリンデルワルトの3店です。 実は、ロビーラウンジには以前、お茶をしに来たことがあったので、洋食か和食かにしようと思っていました。 ロビーラウンジは8時から22時まで通し営業をしていますが、和食は11時30分~14時、洋食は11時~14時30分がランチタイムで、その後いったん閉店してしまうので(宿泊者向けのディナー営業はあり)ランチタイムに来れたならレストランに行ってみたほうが良い気がしますね。 せっかくですから。。。 こちらが和食レストラン。 「白エビのかき揚げ丼」と、「信州地鶏と地卵の親子丼」がおすすめのようです。 こちらは洋食レストランのご紹介。 「山賊焼きと特製山菜ピラフ」と「ビーフハンバーガーアルペンローゼ風」がおすすめのようですね。 さて、どちらにしましょうか……と考えてみたものの、実はこのとき、時刻がまだ11時を回ったばかりでした。 以前12時台に来てみたら、レストランの外に行列ができていたことがあったので、混雑を避けて早めの時間に来たんですよね。 早すぎて和食のほうはまだ営業開始していないのか。。。 というわけで洋食レストランへ。 正面のエントランスから向かって左側に、洋食レストランアルペンローゼの入り口があります。 こちら。 椅子が並んでいるのが見えますね。 あちらはウェイティングスペースです。 以前、お昼過ぎに来たときは、あの椅子があるスペースを超えて行列ができていました……が、今日は誰もいません!よかった! ちなみに、レストランアルペンローゼでは席の予約はできず、着いた順の案内となるそうです。 上高地帝国ホテルのランチにドレスコードはあるのか 山のホテルとは言え「帝国ホテル」です。 登山の格好で行っていいのかしら?と思われる方も多いのではないでしょうか。 私も最初は少し心配していたのですが、結論から言うと登山靴にリュック、登山の服装でまったく問題ありません。 公式サイトにも「」と書いてありましたし、多くの方が登山の服装でした。 テント泊用のザックを担いで行ったりしたらさすがに驚かれるかもしれませんが、おそらく入店をお断りされたりはしないのでは?という気がします。 レストランアルペンローゼのランチメニュー 11時開店で、私が着いたのは11時15分ぐらいでしたが、席は8割ほど埋まっていました。 ウェイターの方が丁寧な接客で2人がけの席まで案内してくれました。 ちなみにこのときは1人で行ったんですが、私以外には1人客はいませんでしたね。 やっぱりこういう、ちょっとお高めのところには1人ではあまり行かないものなのかしら。。。 こちらが、レストランアルペンローゼのメニューです。 山菜ピラフにハンバーガー、オムライスにカレー、パスタなど。 おすすめメニューの多くは、スモールサラダが付いて2000円台後半のお値段です。 その他に5500円のシェフおすすめランチコース。 こちらもスモールサラダが付くメインディッシュ。 別料金でパンかライスも付けられます。 ハンバーグやステーキ、海老フライや雪鱒のグリエが3000円台前半のお値段で。 飲み物はビールにワイン、シャンパーニュ。 「白桃スカッシュ」なんかも気になりますね~。 しかし、生ビールよりも上に「クラフトビール」と書いてあるんですね。 これは気になる……何の銘柄なんだろう。 と思ったら、松本ブルワリーでした! 4種類もあるんですね。 グラスワインもあるけれど……ここはやっぱりクラフトビールでしょう! 食事は、迷ったすえ「伝統のビーフカレー」2600円を注文することにしました。 カレー以外だと「ハンバーガー」もかなり気になっていたんですけど、ちょっと食べにくそうだったので、まずはカレーかなと。 松本ブルワリーの地ビールと伝統のビーフカレーをいただく まず、クラフトビールがきました。 スマートウィートエールです。 グラスに注いでいただきます。 そしてセットのサラダと、カレーの付け合わせが来ました。 セットのサラダは野菜もみずみずしく、ドレッシングもシンプルだけどとてもおいしかったです。 大根の薄切りがアクセントになっていてよかったですね。 付け合わせは「福神漬け」「らっきょう」「野沢菜漬け」の3種。 野沢菜がついてくるところが信州らしくてよいですね。 サラダを食べ終わるタイミングで、カレーがきました!! ちょっとずつルーをかけるのは面倒くさいので、どーんとかけます! いわゆる欧風カレーで辛味はそれほど強くありませんが、コクもスパイシーさもあり、そして何よりも、ビーフシチューさながらにビーフの塊がごろごろしています。 そして肉はとろける柔らかさ! とてもおいしいカレーで、あっという間にたいらげてしまいましたよ。 ご飯が余ってしまうようなこともなく、むしろルーの量と比較して、ご飯が少し足りないぐらいでした。 私はちょうどよかったけど、男性なら「もっとご飯食べたい」と思ってしまうかもしれません。 特に、大盛りについての記載はメニューになかったのですが、男性の方は「ご飯多め」リクエストをしてみても良いのではないかと思いました。 店内の雰囲気はこんな感じで、それほど広い店内ではないのですが、席と席の間の空間は十分にあり、リラックスして食事をすることができます。 食べ終わった後、テーブルに置かれているクロス替わりの紙を見てみたら、上高地帝国ホテル周辺の地図でした。 帝国ホテルの屋根だけが赤く塗られているのがなんだかいいですね。 満足してランチを終えました。 ごちそうさまでした! ロビーラウンジ グリンデルワルトでティータイム 帰りに、ロビーラウンジの前を通ったらメニューが出ていたので、ちょっと撮影させてもらいました。 ケーキは5種類あり、単品で950円。 ケーキセットが1600円です。 アフタヌーンティーセット3800円もあるんですね。 サンドイッチのセットは3000円強でした。 ラウンジでもクラフトビールが飲めるんですね!グリューワインも……ということは、ホットワインなのかな。 ちなみに、参考までにこちらは2011年の9月に、同じラウンジに立ち寄った際に撮影したメニューです。 内容が変わったのかな。 ちなみに、2011年に立ち寄った際の写真がこちら。 窓際の席でのんびりできました。 レストランは混んでいたけれど、ラウンジは席に余裕があったんですよね。 カマンベールチーズケーキと紅茶のセットをいただきました! ケーキはかなり濃厚な味わいで、おいしかったです。 赤い屋根が日の光に輝く上高地帝国ホテル、今回もおいしく幸せな時間をありがとうございました。 緑の小道を通って、梓川沿いまで戻ります。 メニューを決める際、ハンバーガーとビーフカレーで最後まで迷ったのですが、隣の席の方がハンバーガーを注文されていて、チラ見したところそちらもとてもおいしそうでした。 ハンバーグの上に、山盛りのグリュイエールチーズが載っていまして、食べるの大変そうでしたけど、いつか食べてみたいなーと思いました。 また、接客も「山の中のホテルなのに!?」と思わず思ってしまうほどすばらしく、居心地の良い空間を作り出してくれていたように思います。 安くはないのでそうちょくちょくは行けませんが、またそのうち行って、次は別のメニューを食べてみたいお店です。 さて、次は梓川の向こうに見えるホテルで温泉に入りますよ! happydust.

次の