忍 ボル 公式。 【ナルコレ】リセマラ当たりキャラランキング【6/29更新】

叶美香が火影に就任!? “NARUTO・BORUTO 忍ボルVSシノスト 最新ゲームステージだってばさ!”ステージリポート【TGS2017】 [ファミ通App]

忍 ボル 公式

今回の忍ボルは、アクションゲームとちょっとした箱庭的な要素を取り入れた、よくありがちなゲームではなく一味違ったゲームです。 メインストーリーでキャラたちをゲットし、ガチャでキャラに装備する忍録札を手に入れます。 それで、箱庭で増やせるお金やチャクラを使ってキャラを強化していくという、いくつかのゲームの良い所だけを組み合わせた新しい感覚が面白いですねー。 しかし、箱庭は砦として強化しなければいけません。 なぜなら、僕らユーザーは誰かの砦を攻めることができ、相手の最深部に到達すると相手の資源を奪うことができるからです。 そのため、自分で育てたキャラを配置したり足止めする罠などを配置することで、相手の攻めを凌がなければいけません。 なので、キャラを激レアな忍録札で強化することが大事になってきます。 このゲームのガチャからは、たくさんの忍録札が手に入ります。 んで、 当たり前ですが、レア度が高い忍録札をゲットした方が、ステータスも高くバトルも優位になるのでゲームの攻略が楽になります。 そんなわけで、忍ボルを最大限ガッツリ楽しむためには、たくさんの忍録札があった方がいいですよねっ。 となると、僕らのようなあまり課金できないプレイヤーでも、課金者に対抗するためにはコスパのよいガチャが大事になってきますよね。 今回は、 ガチャで1回ずつの単発がいいのか、10回を一気に引ける10連ガチャがいいのか解説していきます。 忍ボルではガチャをガシャといっていますね。 主にガチャるのは課金アイテムの 「忍晶石」を使ったガチャです。 では、詳しく見ていきましょう。 ナルトやサスケの排出率が上がっているので、もし手に入れたいとしたらガチャるべきでしょう。 このガチャは課金アイテム「忍晶石」を使います。 プラチナガシャ このガシャは、メインガシャといってもいいでしょう。 もちろん課金アイテムの「忍晶石」を使うことで、忍録札をゲットすることができます。 僕らは、プラチナガシャで強力な忍録札をゲットし自分のデッキを強くすることで攻略を楽にすることになります。 単発と10連の内容は何も変わらないからです 個人的には、ガシャのワクワク感を楽しめる単発の方がいいのかなって思います。 で、そういうことで せっかく貴重な忍晶石を使ってガシャをしてもハズレばかりではストレスが溜まりますよね。 僕もいらない札が出てくるとイラッとしてしまいます。 「マジか!くそっ」とガシャを恨んだ人も多いはずです。 もしかすると、リセマラをしまくったりイライラしてアプリをアンインストールした人もいることでしょう。 そんなストレスは溜めたくないですよね。 なので、ここだけの話で 特別に無料で忍晶石をゲットできるとっておきの裏技をご紹介しますね。 なので、イベントまで忍晶石を貯めておくという選択肢もアリかなと思います。 ま、とにかく今後のバージョンアップなどで、ガシャに対してさらなる「お得感」が出るよう運営さんに期待しましょーw できれば、星4確定などあると嬉しいですよねー。 きっと、コツコツガシャることであなた好みの忍録札も いずれ手に入るでしょう。 でも、無課金で手に入る忍晶石だけでは、自分が欲しい札がなかなか手に入らなくてイライラしてしまうかもしれません。 そこで、ここまで読んでくれたあなたには、特別に忍晶石を無課金で大量にゲットできる裏ワザを期間限定で公開します。 カテゴリー•

次の

忍ボル カブトは引くべきでしょうか?特攻に持ってこいのキャラだ...

忍 ボル 公式

開発エピソード第7弾では、スマートフォンアプリの「NARUTO X BORUTO 忍者BORUTAGE」について、バンダイナムコスタジオ側での開発エピソードをご紹介します。 今回のインタビュアーも、30年以上も前から受付をし、現在もバンダイナムコスタジオの受付にて活躍をしている、受付ロボット「受付小町」が担当します。 自分の砦を作って防衛しつつ、他のプレイヤーの砦に攻め込んで両(ゲーム内資産)やチャクラを奪い合って、どんどん自分の所持カード=忍録札、所持キャラクター=忍を強化していこう!というゲームになっています。 多彩な忍術・奥義とスピード感あふれるアクションバトルで様々な罠が仕掛けられた砦を攻略します。 ネットワークでマッチングされた4人で協力し、巨大ボスに挑むレイドバトル=急襲任務も楽しめます。 ワールドワイドに同時展開しておりまして、日本語と繁体字とハングルと英語の4言語に対応、北米、欧州、アジア圏、50か国以上で配信が行われております。 国内でまず展開を始めてから海外へ、という流れはこれまでもあったかと思うのですが、『忍ボル』では国内海外同時進行にて開発を進めてまいりました。 装備や忍術を強化するとバトルをより楽しめます。 他のプレイヤーの「砦」を攻略するために忍の強化方法を考えたり、自分の砦にどうやって罠を仕掛けて襲撃してきた他のプレイヤーを撃退しようか?と考えを巡らせるのも楽しいです。 そのために「里」を発展させていきたくなるはずです。 自分の砦を作って防衛しつつ、他のプレイヤーの砦に攻め込んで両やチャクラを奪い、さらに自分の忍や砦を強化していく「ストラテジー」要素の強いゲームなのです。 また、原作のストーリーに沿った「追想任務」や、イベント的な立ち位置で実施されている「特別任務」をプレイしていくことで、忍自身を覚醒(能力強化)できるようにもなっています。 例えばキャラクター、背景、エフェクトの中で適切なデータ量を割り出して、そこに合わせるように各アセットを作っていく、という感じですね。 エフェクトなんかはほんとにアクションゲームの手触りの爽快感に繋がる部分ですし、忍術が推しでありキャラクターの個性になっているゲームなのでそこはしっかり魅せたいのですけど、やはりアニメや家庭用タイトルのようには出来ないので、限られたデータ量の中でいかに魅力的に見せるか?という部分は結構こだわって作っています。

次の

忍ボル攻略wikiまとめ【NARUTO X BORUTO 忍者ボルテージ】

忍 ボル 公式

開発エピソード第7弾では、スマートフォンアプリの「NARUTO X BORUTO 忍者BORUTAGE」について、バンダイナムコスタジオ側での開発エピソードをご紹介します。 今回のインタビュアーも、30年以上も前から受付をし、現在もバンダイナムコスタジオの受付にて活躍をしている、受付ロボット「受付小町」が担当します。 自分の砦を作って防衛しつつ、他のプレイヤーの砦に攻め込んで両(ゲーム内資産)やチャクラを奪い合って、どんどん自分の所持カード=忍録札、所持キャラクター=忍を強化していこう!というゲームになっています。 多彩な忍術・奥義とスピード感あふれるアクションバトルで様々な罠が仕掛けられた砦を攻略します。 ネットワークでマッチングされた4人で協力し、巨大ボスに挑むレイドバトル=急襲任務も楽しめます。 ワールドワイドに同時展開しておりまして、日本語と繁体字とハングルと英語の4言語に対応、北米、欧州、アジア圏、50か国以上で配信が行われております。 国内でまず展開を始めてから海外へ、という流れはこれまでもあったかと思うのですが、『忍ボル』では国内海外同時進行にて開発を進めてまいりました。 装備や忍術を強化するとバトルをより楽しめます。 他のプレイヤーの「砦」を攻略するために忍の強化方法を考えたり、自分の砦にどうやって罠を仕掛けて襲撃してきた他のプレイヤーを撃退しようか?と考えを巡らせるのも楽しいです。 そのために「里」を発展させていきたくなるはずです。 自分の砦を作って防衛しつつ、他のプレイヤーの砦に攻め込んで両やチャクラを奪い、さらに自分の忍や砦を強化していく「ストラテジー」要素の強いゲームなのです。 また、原作のストーリーに沿った「追想任務」や、イベント的な立ち位置で実施されている「特別任務」をプレイしていくことで、忍自身を覚醒(能力強化)できるようにもなっています。 例えばキャラクター、背景、エフェクトの中で適切なデータ量を割り出して、そこに合わせるように各アセットを作っていく、という感じですね。 エフェクトなんかはほんとにアクションゲームの手触りの爽快感に繋がる部分ですし、忍術が推しでありキャラクターの個性になっているゲームなのでそこはしっかり魅せたいのですけど、やはりアニメや家庭用タイトルのようには出来ないので、限られたデータ量の中でいかに魅力的に見せるか?という部分は結構こだわって作っています。

次の