分かっ た。 マスク着用でCAに求められる「目の表情で伝える・感じ取る力」。JALの羽田~福岡線に乗って分かったコロナ後の新基準

コロナ「第2波」に備える これまでに分かったことは?|医療ニュース トピックス|時事メディカル

分かっ た

なぜ気持ちを分かってほしいだけなのにすれ違いが起こるのか? 悲しい、腹が立つといった「傷ついた気持ち」を分かってほしくて言っただけなのに、求めていない答えが返ってくること。 よくありますよね。 恋愛コラムなどでよくいわれる「多くの女性はアドバイスがほしいのではなく共感がほしいだけ」という情報もこれに当てはまりますが、それ以外の場面でも傷ついた気持ちを踏みにじられている女性はかなり多いです。 「ただ気持ちを理解してほしいだけ」といういたってシンプルな構造なのにもかかわらず、それでも理解できない人が多いのはなぜなのか? その答えは、 相手の捉え方の「解釈」が違うんですよ。 下記図を見てください。 こちらはただ気持ちが分かってほしいだけなのに、相手の捉え方が 「主観」「理論」「感情」「消失」になってしまうと、たちまち噛み合わなくなってしまうんですよ。 このすれ違いが起こっている限り、気持ちを理解してもらうことはできません。 分かりやすく言うと、こっちは東京に行きたいと言ってるのに、相手はなんとかして大阪に行こうとする感じです。 つまり、 「私は東京に行きたいって話しをしてるから、まずその話しをちゃんと聞いて理解して」ということを分かってもらわないと、相手は話しの意図を理解しようとせず大阪に行こうとするのをやめないわけですね。 では、すれ違いが起こる原因の「主観」「理論」「感情」「消失」とは一体なんなのか? 下記にまとめてみました。 【気持ちを分かってもらえない理由】 「全否定」「呆れ」「逃げ」 これもまたパートナーの気持ちを分かろうとしない人間の言う台詞ですね。 なかったことにするだけではなく、大事な話しができないという特徴もあります。 面倒くさい話しを避けて楽しいことだけしていたい。 相手の気持ちにちゃんと向き合えない人と一緒になっても、パートナーシップを築くことができません。 以上になりますが、ここまで読み進められた方はすでに分かっていらっしゃるかもしれませんね。 人の気持ちが分からない人って「自分が基準」なんですよ。 だから、その基準に反する人のことの意味が分からないんですよね。 とくに、 こちらの気持ちを無視して「なかったことにする」人間においては、生き方自体が不義理と不誠実の連続だったりするので、こういう相手に自分の気持ちを分かってもらおうとするのは、時間の無駄だと思ったほうがいいでしょう。 「人は話せば分かってくれるはず」と思っている人が多いですが、これは幻想でしかありません。 じゃあ相手の気持ちを分かるように、どう対応したらいいのか? いたってシンプルなんです。 相手が傷ついたという事実に目を向けて、私情をはさまず「この人は傷ついているんだな」という気持ちに目を向けるだけなんですよ。 海外ドラマでこういったシーンをよく見かけます。 そこにどんな事情や背景があったとしても、傷ついている相手の気持ちに目を向けて寄り添う。 自分は傷ついていなかったとしても、相手はきっちりと傷ついているということなんです。 そして傷つけたのが自分なんだったら、相手に対してちゃんと謝る。 相手に悪いことをしたら「ごめんなさい」と言うのは当たり前のことだけど、不義理したことに謝ることはできても、傷つけたことに対して謝れる人って少ないように思います。 たとえば、待ち合わせ場所に遅刻してきて「ごめん、待ったよね?」と言える人でも、仕事でドタキャンになって悲しい思いをしている彼女に対して「仕事とはいえ、さみしい思いをさせてごめんね」とは言えないんです。 とくに僕たちが住んでいるこの日本は、先進国なのに幸福度が低い国。 幸福度が低いということは、それだけ生きづらさを抱えている上に「分かってほしいのに分かってくれる人がいない」と思っている人たちが多いということなんですよ。 だから先に「自分の気持ちを分かってもらおう」とする人が多くなるんですね。 先ほど解説した人の気持ちが分からない人の台詞例もそうです。 そういった人の多くが、「自分の言いたいことや思っていることを分かってほしい」からこちらの気持ちを無視した物言いになるわけじゃないですか。 この根本をたどると、 「自分のことを先に分かってほしい」という気持ちがかならずあるんですよ。 でも、分かってくれる人が周りにいないし、「主観」「理論」「感情」「消失」を交えた言い方になってしまうというわけです。 今このブログを読んでいる方の中には、人の気持ちを考えるという意味が分からなくて、ついこの4つが混ざった言い方を誰かにしていたという人もいらっしゃるかもしれません。 どうか、先に相手の気持ちを考えてあげられるよう、接し方を今日から変えてみてください。 自分のことを分かってほしければ、まず相手のことを分かってあげる。 つまり、相手に心を開いてほしければ、先に自分から心を開くということなんです。 人の気持ちを考えられない人の多くは、先に自分のことを分かってほしいあまり、自己開示をしているようで感情や価値観の押し付けを相手に行っていることがよくあります。 相手の気持ちを分かろうとするのって、心をオープンにしていないとできないことなんですよね。 じゃないとバリアを張ってしまい、相手に対してフィルタ(偏見)をかけて見てしまいますから。 そのフィルタをかけた結果の物言いが、「主観」「理論」「感情」「消失」になってしまうわけです。 言いたいことや思っていることがあるなら、先に相手の気持ちを汲み取ってから、ワンクッションを置いて伝えてみるといいのではないでしょうか。 たとえばこういう風に。 女性 「今日仕事で上司にすごい怒られて・・・。 仕事に関係ないことまで持ち出されて、めちゃめちゃ酷いこと言われたんだ。 」 男性 「どんなこと言われたの?」 女性 「仕事のミスしたのは私が悪いんだけど、「夜遅くまで遊び歩いてるからたるみが出るんだ」とか「どうせ家に帰っても何もしてないんだろう?」とか。 酷くない?ほんとすごく傷ついた。 」 男性 「それは酷いね。 仕事のミスと関係ないし立派なパワハラだよそれ。 大丈夫?」 女性 「うん、だいぶ落ち着いたけど、怒られてるとき本当に泣きそうだった。 」 男性 「よく耐えたね。 とくに世の中がこういった危機的状況だからこそ、いつも以上に人の気持ちを考える必要があるのではないでしょうか。 先に気持ちを理解してあげるだけで救われる人は多いはずですよ。 【withonlineコラム】.

次の

「分かる」「解る」「判る」

分かっ た

13 J1第19節 横浜FM3-1浦和 日産ス] 待望の今季初ゴールに「チームメートのおかげ」と何度も繰り返したFWだったが、とりわけ支えになったのはMFの存在だったという。 「あの人は心の底から自分のことを分かってくれている」 遠藤。 それを本人に伝えると、「特に何かしたわけじゃない」とやや照れ笑いを浮かべながら後輩への思いを語ってくれた。 「渓太ね、渓太……」。 そう感慨深そうに発したキャプテンの喜田だが、続いた言葉は力強かった。 「彼自身も思うところはあっただろうし、苦しい思い、悔しい思いはあったと思う。 前線の選手で一人だけ取っていなかったというのは、彼が一番思っていたと思うので」。 「でも、僕らチームメートは点こそ取っていなくても、渓太の走りで取れた点もあれば、アシストももちろんあったし、そういったところを見逃していない。 点はなくてもチームへの貢献度、ハードワーク、スペースを空ける走りは、見えづらいことかもしれないけど、彼の働きを僕らは分かっていた」。 喜田にとって、同じ横浜FMアカデミーで育った遠藤は3学年下。 自身はプロ入りして3年間、リーグ戦でほとんど出番を得られなかった一方で、1年目から安定した出番を得てきた遠藤に「リスペクトがある」のだという。 「僕なんかより全然すごいと思う。 素直に1年目からこういう舞台で試合に絡むのは僕にはない経験だし、それは彼が掴んだもの。 僕は年下であってもリスペクトするところはあると思っているし、それは他のチームメートも同じ。 尊重してピッチに立っているので、渓太で言えばゴールを取っていないからダメだとか、信頼しないということはしない」。 だからこそ「こうやって結果が出ることで彼の思い切りが増せばいいし、チームに対する忠誠心や貢献が報われて素晴らしいゴールが入ったと思っている。 チームのためにハードワークを続けることはピッチに立つ以上は必要だし、なおかつゴールを求めていくと思う。 それをサポートできれば」と述べ、今後も変わらぬプレーを期待しているようだ。

次の

悩める遠藤を支えた横浜FM喜田「彼の働きを僕らは分かっていた」

分かっ た

マスク姿で東京・歌舞伎町を歩く人々【時事】 今冬にも日本が第2波に襲われる懸念が消えない状況を踏まえて、日本感染症学会理事長の舘田一博東邦大学教授は「水際対策」に加え、予防法や治療などこれまでに蓄積した経験や知識を生かして感染拡大に備えるよう訴えている。 南米や南アジア、中東、アフリカで患者が急増。 一度は流行を押さえ込んだとされる中国の北京でもクラスター(感染者集団)が発生している。 そうした状況の中、日本感染症学会と日本環境感染学会は共同で声明を出し、「世界的な感染の広がりはまだ続いています。 またいつ、大規模な流行が見られるようになるのか、(中略)特別な注意を払いながら生活を続けていかなければなりません」と警戒を呼び掛けた。 フェースシールドを着けて教習を行う指導員(右)=東京都武蔵野市【時事】 現在、ほとんどの国との間で人の交流が途絶えており、海外から患者が流入する可能性は低い。 しかし、舘田教授は「ビジネス客などから少しずつ外国人の受け入れを始めなければならなくなる。 その意味で今後も空港などでの水際対策の強化と徹底は重要になる」と強調している。 ウイルスの活動性が高まれば、感染が再び増える可能性もある。 舘田教授は「この冬以降に流行の第2波が起きるか、どの程度になるかは分からない」と話す。 第2波の発生を念頭に舘田教授は「今年国内で流行が始まった段階に比べれば、このウイルスや感染により起きる病態の知識は飛躍的に増え、蓄積された。 たとえ特効薬やワクチンが間に合わなかったとしても、予防法や診察、治療についてどうすればいいのか、ある程度分かってきている」と言い、蓄積した知識や経験を活用すれば、感染の拡大や重症化をある程度防げるとした。

次の