設楽 と しき。 「設楽」さんの名字の由来、語源、分布。

設楽中学校

設楽 と しき

概要 設楽郷(現・)が発祥とされる。 『後三年合戦記』に出てくる子孫の一族である。 初期に原型が成立したとされる『』には、「三河国には志多良〔設楽〕、」とあり 、また一族が「大屋介」「幡豆介」「参河大介」「八名郡司」「設楽郡司」「幡豆郡司」と称していることから三河国の在庁官人として勢力を伸ばし、この地に古くより土着していたと思われる。 の根本であり 、足利将軍側近のであった。 の初期以降、としてに勤仕し、のもとでそのを勤めた。 には、、、にあって、の家臣として存続した。 本家は、代々を領したが、川路城主の設楽清広(1507年 - 1570年)の嫡子である清政(能久)は、姉婿のとの抗争で出奔し、(現・東京都)へ。 その子孫はのやとなる(八王子設楽家)。 の長男貞清は、の関東移封に従い、(現・埼玉県)へ(加須設楽家)、の次男貞信は、慶長6年(1601年)に分家して旧設楽領の(現・愛知県)に戻り(新城設楽家)、それぞれとなる。 三男貞慶はに仕え 、四男貞則の子孫はに仕えた。 人物 平安時代・鎌倉時代 伴助高 三河半国総兼・の領主。 伴六介と号す。 宇利富永の地を領し、「設楽伴別当」と号す。 設楽資兼。 伴助高の子。 「設楽大夫」と号す。 設楽資時 設楽四郎。 三州設楽の祖。 文治5年()がにおいてを討伐のとき、栗原合戦に進み、面を切られ敵を打つ。 よって勲賞に預かる。 設楽太郎兵衛入道 のとして年間(1293年 - 1298年)頃の『足利氏所領奉行番文』に記されている(『倉持文書』『栃木県史史料編』 )。 設楽五郎左衛門尉 『』巻第九「六波羅攻事」に、3年()斎藤玄基翁との馬上組討をしたことが記されている。 室町時代 設楽五郎兵衛尉助定、設楽六郎助兼、設楽二郎 5年()8月、の供養の参列者(帯刀)(『結城文書』天龍寺供養日記 )。 設楽五郎兵衛尉、同六郎 5年()8月、邸へ参じる(『』巻第二十四 )、『』 、『丹後旧事記』 )。 設楽兵藤左衛門(建武3年・1336年) がに拠る方を攻撃した軍勢に「大野次郎兵衛尉忠直(設楽兵藤左衛門尉正義若党)右足射疵」とある(『改姓築山 河野家之譜』 『萩藩譜録・五九四』 )。 役人設楽 期の鎌倉府の年中行事を記録したものとされる『鎌倉年中行事』 の「公方様御発向ノ事」 に、がにから出発するとき、御幡を仕立てる役人として、旗竿の蝉口(綱を取り付けるところ)に「御桟」を取り付ける役をするとある。 設楽新左衛門入道 4年()12月21日設楽新左衛門入道等着到状(『尾張佐野文書』 )。 設楽三郎 『御評定着座次第』8年()1月13日条、2年()1月8日条に見える。 設楽伊賀太郎、設楽越中三郎 『御評定着座次第』永和4年()1月11日条に見える。 設楽越中三郎、設楽伊賀四郎 『』康暦元年()の記述に名前が見える。 設楽のゑんちう三郎 元年()3月のの室町第行幸に関する記録『さかゆく花上』にある名前。 設楽六郎助僉 『御的日記』から、3年()にの正月恒例の行事である的始の射手であることがわかる。 設楽又次郎 康永4年()、室町幕府的始の射手(『御的日記』 )。 設楽越中三郎 2年()、至徳3年()、至徳4年()、2年()、室町幕府的始の射手(『御的日記』 )。 設楽伊賀四郎 至徳3年(1386年)、室町幕府的始の射手(『御的日記』 )。 設楽新左衛門 3年()、室町幕府的始の射手(『御的日記』 )。 設楽三郎貞助 『御産所日記』に、6年()、誕生時のの鳴弦役をつとめたことが記されている。 設楽兼平(? - ) 遠江守。 でのに従って討死した(『相州兵乱記』 )。 設楽兵庫助 御二番 『永享以来御番帳』。 設楽兵庫助 年間の人。 奉公衆御番衆二番の桃井民部大輔の配下 『文安年中御番帳』。 設楽平左衛門、設楽次郎左衛門 年間の人。 奉公衆御番衆二番の桃井民部大輔の配下 『文安年中御番帳』。 設楽越中守 2年()の内裏造営のために諸国に課した段銭と国役の記録に三河国下郷河路村段銭三百五十貫文を納めたことが記されている(『康正二年造内裏段銭并国役引付』 )。 戦国時代・安土桃山時代 設楽三郎貞清 年間の頃の『』に見られる。 設楽助太郎 14年()の鐘名に「下総州勝鹿郡風早庄平賀長谷山/本土寺推鐘 右 高祖/以来相當第十番師/日瑞得求之 奉施入/檀那設楽助太郎大伴継長」とある。 設楽出雲守行暹、設楽左衛門尉、設楽出雲蓮行位 『』に見られる人物。 設楽三郎 元年()、『長享元年九月十二日常徳院殿様江州御動座当時在陣衆着到』に見られる。 設楽貞重 設楽城主。 2年()、にの、西郷城の、の戸田宣光、・のらとともに降伏する(『』 )。 陸奥守内設楽越前父子 12年()、の配下(『』 )。 設楽新八郎 11年()、の家来としてに籠城した(『新田老談記』 )。 設楽新三郎 年間の頃、の家来(『新田老談記』 )。 設楽貞光 12年()、の下市場城の大手 攻め方 『小牧陣始末記』 )。 設楽左衛門尉 13年(1585年)『』』。 設楽左ヱ門大夫長隆 天正年間の頃、で活躍し、で武田方のとして、上樋越(現樋越)に落ちのびた。 百足丸刀の所有者。 設楽金太夫 の家臣。 設楽氏館(埼玉県金沢)を築く(年間の頃)。 設楽本家 設楽本家は、代々を領したが、 天文3年・1534年 - 慶長元年・1596年)の代にによって采地を両国に移される。 の子達は、の関東移封に従い、に知行地を賜り、長男貞清は所領を二男貞信に700石、三男貞慶に500石、四男貞則に300石に分け与えた。 八王子設楽家 設楽能久(よしひさ)を祖とする。 設楽能久(清政、貞光、神三郎)は、代々を領した設楽本家の子孫である。 川路城主の設楽清広(1507 - 1570)の嫡子であったが、姉婿のとの抗争で、設楽家伝来の系図、その他重器を持って出奔。 その後、に仕え、武州を守ったが、北条家没落後は武州多摩郡椚田村に土着する。 『』に、三河国設楽郡の設楽神三郎某の子孫が後北条氏に仕えて、のちに武蔵国多摩郡下恩方村(現・東京都八王子市)に住み着いたことが記されている。 墓所は心源院(下恩方町1970)。 能久の子である能業は、幕府に召されて八王子のとなる。 『信濃史料』に「寛永六 幕府代官設楽能業等、筑摩郡殿野入村等を検地す、清左衛門竿請帳」 、「寛永一七 徳川家光、幕府代官岡上景親・設楽能業等の、下野日光祭礼下向の公家衆の木曽路往還に際し、之を路次に接待せし辛労を犒ふ」 、「寛永一八 幕府代官設楽能業、佐久郡本間川村等に、本年年貢を割付く」 などとある。 西沢淳『幕領陣屋と代官支配』データベースによると、この家系で計9人が代官となっている。 長兵衛能業(?-1647年)• 源右衛門能政(1631-1678年)• 権兵衛能真(?-1667年)• 太郎兵衛某(1678-1692年)• 孫兵衛能武(1667-1700年)• 喜兵衛正秀(1690-1700年)• 勘左衛門能久(1688-1700年)• 長兵衛能該(1742-1753年)• 八三郎能潜(1843-1855年):。 弘化元年(1844年)江口(大阪市東淀川区)代官。 安政2年(1855年)岩鼻陣屋(群馬県高崎市)代官。 一族は、代官の他、(能利、能乗、正勝)、具足奉行(能賢)、(茂雅)、(正篤)、(正凝)を務めた。 岩次郎能棟(備中守)はの。 八王子千人同心には、清忠 以外にも設楽姓がある。 興福寺(八王子市東浅川町754)には、一族の墓石()15基が残され、勘左衛門能久の屋敷の勝手口にあった門が興福寺山門として移築されている。 (の江戸城下への移住後) 設楽杢左衛門:万治年間に八王子市高尾町の南浅川を自費で約7年かけて改修し、この功により幕府から永免田畑高9斗を受けた。 同氏の墓が能久と同じ心源院(下恩方町1970)にあることから、八王子設楽家の子孫とされる。 加須設楽家 の嫡男である貞清(さだきよ)を祖とする。 貞清は、の家臣として、天正10年(1582年)に従い、天正12年(1584年)で戦功を挙げ、天正18年(1590年)の陣に供奉している。 の関東移封に従い、(現・)に采地を賜う。 妻はの娘。 娘はの妻。 開基した永喜山香積寺(加須市馬内684)には、一族の墓石(宝篋印塔6基、笠塔婆6基)がある。 また、寺院の金蓮院(加須市礼羽397-1)を開基した。 貞清の子である貞代は、に仕え、慶長19年(1614年)のでは、の隊に列した。 元和元年(1615年)のでは、のを勤めた。 寛永9年(1632年)郡内の、同11年(1634年)の、同13年(1636年)のとなる。 (現・)の1500石に新墾田650石を加え、2150石。 妻はの娘。 また、の七夜の祝儀に参上した(『』 )。 一族は、として、鎗奉行(貞辰)、(貞成、貞好(家老)、貞則、貞廣、貞正)、(貞英、貞周、貞時、貞利)を勤めた。 貞成は三宮寺(加須市馬内500-1)を開基した。 新城設楽家 の二男である貞信(さだのぶ)を祖とする。 貞信は、の家臣として、天正12年(1584年)、天正18年(1590年)の陣に供奉し、慶長19年(1614年)のでは、の隊に列し、元和元年(1615年)のでは、のを勤めた。 父の旧領であるに700石の采地を賜う。 諸道具奉行。 貞信の嫡男である貞政(さだまさ)は、寛永15年(1838年)、同18年(1841年)に。 寛文12年(1672年)にを着することを許される。 延宝2年(1674年)、のの国政を監す。 延宝7年(1679年)となり、、に1500石を加賜され、に叙任せられる。 妻はの娘。 貞政の嫡男の貞興(さだおき)は、番士。 の采地をに移され千四百石を知行する。 7代の貞喬(さだたか)は、(子孫)の二男。 寛政元年(1789年)、采地の竹広に陣屋を構える。 貞喬の嫡男である貞丈(さだとも)は、「蒲桃図説」を著す。 妻はの娘。 貞丈の三男は、。 貞丈の四男である貞晋(さだてる)は、のにより、に移住した。 一族は、として、(貞高、貞猶)、(貞根)を勤める。 2759. 2760. , p. 221-222. , p. 129. 921. 895. 六波羅攻事. , p. 285. 天竜寺供養事付大仏供養事. , p. , 0472. 大野氏の系譜. 220. , 公方様御発向ノ事. , p. 289. , p. 342. , p. 330. 御評定着座次第. 御評定着座次第. , p. , p. 216. , p. , p. 394. , p. 345. , p. 346. , pp. 354-355. , p. 355. , p. 356. , p. 5コマ, 12コマ. , p. 372. , p. 21コマ. , p. 161. , p. 219. , p. 65コマ. , p. 永享以来御番帳. 82コマ. 文安年中御番帳. , p. 40丁オ(43コマ). , p. 56コマ. 2762. , p. 109コマ. , p. , p. 32コマ. , p. 298. , 御母公の決意. , p. 103. , 長尾顕長公家来. , p. 35コマ. , 百足丸(むかでまる)由来伝説. , pp. 54-56. , pp. 264. , pp. 14-15. 927. , p. 223. , p. 628. , p. 207. , p. 928-932. , p. , p. , p. , pp. 3-5. , pp. 209. , pp. 15-16. , p. 116. , p. 922-925. , p. 623. 925. , p. 925-926. , p. , p. 926-927. , p. , ゆかりの人物. , p. 920. , p. 2761. 836. , p. , p.

次の

結婚式・披露宴での司会の台本と基本マナー

設楽 と しき

ノンストップ! NON STOP! 『 ノンストップ! 』( NON STOP! )は、(一部系列局を除く)でから毎週(から)のにされているである。 より毎週月曜日から金曜日 9:50 - 11:25()に放送されている。 概要 [ ] 同枠で2012年3月30日まで放送されていた『』がフジテレビのの復活により14:00からの放送になったのに合わせ、午前中の新たなとしてスタートした。 第1回放送の出演者はの(バナナマン)、()のほか、、、、(フジテレビアナウンサー)、(フジテレビアナウンサー)が出演していた。 第4回放送からとしてがレギュラー出演開始した。 その後名称が変わり、タブロイドハンターとして出演。 ) のは情報系番組のに初挑戦となった。 これについてフジテレビプロデューサーのは「設楽さんが司会をする情報番組を見てみたいという気持ちで今回オファーさせていただきました」と話している。 番組中にはFAX・メール・ でテーマに沿ったメッセージや質問を募集し、随時画面下に表示していく。 2013年4月1日より『』の開始に伴い、フジテレビでの放送時間が5分繰り上がり、9:50 - 11:25に放送に変更された。 これに伴いフジテレビ以外のネット局における飛び降りポイントは5分繰り上げの11:20となった。 これに伴い、前座番組『』は9:50までの放送となる。 一方で、視聴者から『とくダネ! 』を9:55までの放送に戻してほしいとの声も寄せられている。 放送分よりを開始、2015年10月12日よりでも放送が開始された。 には放送1000回を迎えた。 それを記念して本番組をネットしている放送局が厳選した名産品をプレゼントする企画が行われた。 には放送1500回を迎えた。 当日の出演者、、、、(フジテレビアナウンサー)と共にを割り祝った。 コーナー「タブロイド」の中では「きょうで放送1500回! 感謝を込めて名!? 場面集」と題し、第1回からの名場面集を放送した。 その一方で、番組開始からMCを務めてきた山崎が同年4月より『とくダネ! 』のMCに異動するため、同年3月30日をもって卒業。 同年4月からは、山崎の後輩アナウンサーで、当番組のコーナーを担当しているがMCに就任した。 2018年4月2日放送で、タブロイドコーナーでは特別企画「春の芸能告白SP」と題し、ムード歌謡アイドルグループ「」がを歌唱後、メンバーのが番組月曜レギュラーでタレントのと2017年12月入籍結婚した事を2人で発表した。 また、馴れ初めは2017年1月18日放送の番組初取材がきっかけであった事を告白。 は、全編事前収録のロケ企画「ノンストップ! 特別編 新春ミステリーSPナゾの家を訪ねました」を放送した。 また当日は新春特番扱いで通常時非ネットのも臨時でネット受けした。 視聴率 [ ] 時間帯1位となることが多かった。 2014年においては、初めて民放同時間帯横並びで年間トップになった。 2018年10月現在は『』に次いで民放2位になることが多い。 出演者 [ ] 現在 [ ]• ノンストップ! 「おじゃ街ます」(月曜日) - (タレント) ナレーター [ ]• (・)• 過去の出演者 [ ] 期間 MC プレゼンター コーナー進行 ESSE 男性 女性 月・火 水 木・金 月 火 水 木 金 月・火 水 木 金 月 火 水 木 金 2012. 2 2012. 27 生田竜聖 若林三弥子 2012. 30 2012. 5 2012. 8 2012. 28 2013. 7 2013. 29 (廃枠) 期間 プレゼンター コーナー進行 ESSE 月・火 水 木 金 月 - 金 月 火 水 木 金 月 火 水 木 金 2013. 1 2015. 27 佐野瑞樹 杉山ハリー 谷岡慎一 倉田大誠 谷岡慎一 (不在) 谷岡慎一 小島弘章 坂本昌行 2015. 30 2015. 31 中村仁美 2015. 3 2016. 30 2016. 3 2017. 7 渡辺和洋 生田竜聖 谷岡慎一 中村仁美 2017. 10 2018. 30 三上真奈 松村未央 三上真奈 2018. 2 2018. 21 三上真奈 (廃枠) (廃枠) 2018. 24 2018. 28 宮澤智 2018. 1 2019. 29 渡辺和洋 谷岡慎一 渡辺和洋 生田竜聖 中村光宏 2019. 1 現在 久代萌美 その他の過去の出演者 [ ] レギュラーゲスト [ ]• (故人、流通ジャーナリスト)• ()(2020年3月17日)• ()(2020年3月25日) 「いいものプレミアム」出演者 [ ]• (「いいものプレミアム」)• (同上)• (同上)• (同上)• (同上)• (同上)• (同上) タイムテーブル [ ] 2019年7月1日より [ ] 時間 月曜日 - 木曜日 金曜日 09:50. 00 オープニング 09:52頃 NONSTOP! タブロイド NONSTOP! サミット 10:20頃 月:噂の大人磨き研究所 火:行きつけ教えます! 水: ミニバスで行く! ちょこっと東京旅 木:ワリカツ生活! 〜お得な割引生活〜 10:50頃 月・木:せきららスタジオ 火・水:NONSTOP! ESSE NONSTOP! ESSE 11:00頃 11:18. 30頃 せきららボイス(投稿テーマに対する投稿)の紹介 11:19. 00 飛び降り(フジテレビ・さくらんぼテレビ 不定期 ・テレビ長崎以外のネット局) 11:21 関東地方の天気 11:23 エンディング・せきららボイスの紹介 11:24. 00 番組終了 ネット局 [ ]• 〇…同時ネット(11:19飛び降り)• (uhb) 〇• 2014年3月31日からネット開始(『』終了以来24年ぶりに本枠のネット再開)。 2014年3月28日までは、同時間帯は自社制作番組『』を放送し、「いいものプレミアム」のみネットしていた。 (mit) (OX) (SAY)• 2020年3月30日から全曜日で〇に変更。 (NST) (NBS) (SUT) (BBT) ・ (TSK) (OHK)• 2013年1月7日からネット開始。 それまでは同時間帯に自社制作番組『』を放送し、「いいものプレミアム」のみを先行放送していた。 (EBC) (KSS) (KTS)• 2013年4月1日から全曜日で〇に変更。 2019年9月27日までは全曜日〇。 2018年3月30日までは全曜日〇。 過去のネット局 [ ]• : STS• 2015年10月12日からネット開始したが(『』終了以来3年半ぶりに本枠のネット再開)、2019年4月2日から同時間帯を自主編成枠への切り替えに伴い、同年3月29日の放送を最後にネット打ち切り。 2020年5月1日時点 [ ]• TD/SW:村川正晃、伊藤義明• カメラ:磯前裕之、八柄哲、伴野匡、丸山敬紀• 音声:村脇昭一、和田啓之、藤橋浩司郎、久馬邦一• VE:磯沼亮太、中島武士、富田祐介、吉田崇、鈴木翔、松吉英明• 照明:(2013年7月1日から、2012年6月28日まで)• 音響効果:星川秀一(fro-less)、無盡弘昭・斉藤宏之・手塚正志・村上嘉康(以上)• 技術協力:、インターナショナルクリエイティブ、デジデリック• 美術P:古江学• デザイン:邨山直也• 大道具:浅見大• アクリル:犬塚健• 電飾:後藤佑介• 電子タイトル:タイトルアート• CGデザイン:三谷晋平• イラスト:サダタロー(金)• CG:本橋伶奈(以前は4曜日)、佐藤悠乃(毎日)• 校正:尾下滋夫、後藤正道、和気亜希子• コーナー協力:• NON STOP ESSE:吾妻聖子(以前は毎日)、永井洋之、齋藤思優• いいものプレミアム:上野和彦(毎日)、杉山武士、三浦貴央、大石興士郎、三澤真、児玉智彦・岸幸希・神保美喜代・森本紗梨・池田大貴・久保田淳志・高橋圭佑・寺沢薫・齋藤仁美(以上)• 協力:、LLPプラモ、共同テレビ、、、(木)/MEYER(マイヤージャパン)、geo product(宮崎製作所)、洒落Sharaku、(ル・クルーゼジャポン)• 企画コーナー構成(水):西秀進• TK:中里優子、草野麻里、荒井順子、水野久美、船木玉緒• デスク:田中万貴• 水曜日:中川美希、岸本祐佳、小金沢峻弥、蓑野由季• 金曜日:早川もも、王祐莉、兼武友理亜• ディレクター• 毎日:赤池新吾• 月曜日:栗坪隆平(以前は火曜日D)• 木曜日:薮田望(以前は木曜日D)• 金曜日:荒木千尋(以前は金曜日P)• チーフプロデューサー:(2019年1月4日 -、以前は毎日P)• 制作協力:• 制作:フジテレビ ニュース総局 情報制作局 情報制作センター• 制作著作: 過去のスタッフ [ ]• 月曜日:須平敦宣、星野さやか、大賀広道• 木曜日:山田美保子• 金曜日:須平敦宣、星野さやか、下田雄大• カメラ:石井友幸、村野哲也• VE:神宮みほ、高垣俊宏、佐藤光、原田昌宏、岡部菜穂子、野瀬かおり• 技術協力:• 美術P:小林剛浩• 美術進行:藤城悠香、荻原美樹雄、石田博己、西村貴則• ロゴデザイン:レザイ美樹• 校正:今村俊徳、小峰理絵、戸田真理子、本田辰也、原逸郎• コーナー協力:• 編成:大辻健一郎、小室俊一、藤井修、村上正成• 広報:齋藤淳• 水曜日:遠藤駿、佐々木博喜、藤谷太紀、田中喬陽、上野竜文、新田祐史、八谷留衣、上岡瑞季、岡山将大、磯貝愛実、内田淳• 木曜日:葛原義徳、藤倉沙弥佳、佐藤康弘、杉本千紘、石川優樹、栗原悠太郎、遠藤優• ディレクター• チーフディレクター:高橋龍平(以前は、総合演出・木曜はPD兼務)• ESSE)、高宮一徳(いいものプレミアム)• チーフプロデューサー:、宮下佐紀子、大林潤• 協力: 歴代テーマ曲 [ ] 期間 オープニング エンディング 備考 2012年4月2日 - 2013年3月29日 「Heavenly Star」 「Smile」 2013年4月1日 - 2013年11月1日 Ulrik Munther 「Tell The World I'm Here」 2013年11月4日 - 2016年9月30日 「」 () CDのジャケットには司会の設楽が参加している。 2016年10月3日 - 現在 「Non Stop」 () 星野とバナナマンはプライベートでも交流があり、星野は毎年TBSラジオ金曜JUNKバナナムーンGOlD にて日村に対しバースデーソングを披露しているが、当楽曲は日村44歳のバースデーソングが基となっている。 問題視された放送内容 [ ] 「ガリガリ君 火星ヤシ味」 [ ] 2017年6月6日、の品切れが続出している人気商品として「 火星ヤシ味 」を紹介したが、インターネット上の合成画像を鵜呑みにしたものであり、実在しない商品であったため、7日に謝罪に追い込まれた。 2017年9月8日、(BPO)放送倫理検証委員会は当件とでに関する委員長談話を発表。 フジテレビに制作体制の見直しを呼びかけた。 委員長談話の発表を受け、2017年9月15日放送回の中で山崎が談話を重く受け止め、それをスタッフ全員で共有し再発防止に務めるという内容のコメントを読み上げ謝罪した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 時除く。 2017年度までは金曜日のみ実施(NONSTOP! サミット投票企画)。 2018年4月2日の放送からは投票企画の有無関係なく全日帯で実施(視聴し続けるとポイントが貯まる仕組み)。 2013年9月30日まではフジテレビのミニブログサービス「」で募集が行われた。 番組開始時から『』レギュラーに出演。 2012年4月より2013年6月まで金曜レギュラー、2013年7月より2014年3月まで火曜レギュラーと兼務。 2018年4月2日 - 、2代目女性MCを担当。 MC就任前は、「行列シェフのまかない家ごはん」、「笠原将弘のおかず道場」、「検索! きょうのおしゃレシピ」など各コーナー進行を担当。 前番組『』から続投(形式上では異動)• ヒデのみ全曜日担当。 金曜日のみ討論テーマに合わせてゲストや曜日レギュラーが出演。 金曜日にも不定期で出演している。 同時間帯のにはのの日替わりパーソナリティを務めている。 番組開始から2018年9月25日まではの火曜レギュラーと兼務していた。 2016年12月27日火曜日には小藪がで出演しなかったため、代役でこの日にも出演した。 火曜日にもレギュラーで出演している。 第1期では平日11:25 - 11:30を、第2期では11:20 - 11:25をそれぞれ各局自主編成枠に充てている。 主に6月~9月の台風シーズンには、本番組放送時間帯にネット局のエリアに台風が接近・上陸する恐れがある場合にローカルの台風情報に差し替えるケースがある。 後者の場合番組冒頭部分のみMC2人が挨拶しその後報道スタジオから伝えるという形になる。 2019年9月までは新潟総合テレビ。 通常時、同時間帯は自社制作番組『』を放送している。 2013年度は土曜 11:15 - 11:30、2016年5月 - 9月は土曜 18:15 - 18:30、2016年10月 - 2017年3月、2017年10月 - 2018年3月は日曜 8:40 - 8:55にレギュラー放送していた。 同時間帯は自社制作番組『』を放送しており、「いいものプレミアム」を同番組に内包した上で同時または先行ネットしている。 2015年3月24日までは火曜 11:25 - 11:42に、2015年3月31日から9月までは火曜10:55 - 11:12または10:50 - 11:07にレギュラー放送していた。 火星ヤシはテレビアニメ『』に登場する架空の果実。 パッケージイラストも作中で「ガリガリ」と呼ばれることのあったをガリガリ君調にしたものである。 出典 [ ]• 2012年2月8日. 2012年12月9日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ) 2018年2月16日. 2018年2月6日閲覧。 スポーツ報知 2018年2月19日. 2018年2月19日閲覧。 NEWSポストセブン• ,サイゾーウーマン,2016年12月10日• 『週刊文春』2018年2月22日号,34頁。 ,exciteニュース,2018年10月14日• フジテレビジュツのヒミツ• ねとらぼ 2017年6月7日• 産経新聞 2017年6月7日• 放送倫理・番組向上機構 放送倫理検証委員会 2017年9月8日• Sponichi Annex 2017年9月15日 外部リンク [ ]• - フジテレビによる番組公式サイト• - 同上• - 前番組 番組名 次番組.

次の

探シタラTV|テレビ朝日

設楽 と しき

はじめに 地形・地質は、動物、植物、大気、水などとともに生態系を構成する重要な要素です。 そして、地形・地質は、一度変えてしまうと復元することがとても難しいため、自然環境の保全を進めていく上で、考慮していくことが大切です。 新城設楽地域には特徴的な地形・地質がたくさん見られます。 その中から、このサイトでは54か所を取り上げました。 このサイトを参考に身近な新城設楽地域の地形や地質を観察してみましょう。 なお、掲載した箇所には石や木の枝が落下するような危険な場所もあります。 観察する場合は安全には自ら十分注意し、ルールやマナーを守りましょう。 冊子版 掲載している地形や地質のうち34か所を取り上げててA5版でまとめました。 こちらもぜひご活用ください。 池田芳雄 編 1990 「親と子の地球タイムトラベル 東海号」風媒社• 久城育夫 荒牧重雄 編 1978 「岩波講座 地球科学 3 地球の物質科学 II-火成岩とその成因-」岩波書店• 久城育夫 荒牧重雄 青木謙一郎 編 1989 「日本の火成岩」岩波書店• 国際年代層序委員会 2015 「国際年代層序表」• 設楽の自然調査会 1996 「設楽町誌自然編 本文編」北設楽郡設楽町• 庄子士郎 編 1978 「愛知県 地学のガイド」コロナ社• 鳳来寺山自然科学博物館 2015 「新城市の自然誌 地学編」• 鳳来寺山自然科学博物館 2015 「新城市のジオサイト 地質百選」• 地学団体研究会新版地学事典編集委員会編 1996 「新版地学事典」平凡社• 鳥居孝 2008 「わたしたちの新城自然編」新城市教育委員会• 日本の地質「中部地方II」編集委員会 1988 「中部地方II」共立出版• 橋本光男 1987 「日本の変成岩」岩波書店• 東三河ジオパーク構想推進準備会 2016 「奥三河の大地をめぐるジオツアー【茶臼山~面の木コース】パンフレット」• 鳳来寺山自然科学博物館 2003 「奥三河の鉱物採集 学習会資料」• 鳳来寺山自然科学博物館 2004 「鳳来の自然 観察ガイドブック」• 鳳来寺山自然科学博物館 2016 「ジオツアー 豊川の段丘地形と戦跡めぐり II」• 星博幸 伊東宣貴 本山功 2000 「愛知県設楽地域に分布する北設亜層群の地質、放散虫化石、および地質年代」地質学雑誌 第106巻 第10号• 星博幸 岩野秀樹 檀原徹 2006 「設楽地域、津具火山岩類のフィッショク・トラック年代測定」愛知教育大学研究報告 55 自然科学編• 松岡敬二 2014 「東三河のジオサイト探訪」中部地質調査業協会機関誌「土と石」No. 松岡敬二 2015 「東三河のジオツアー物語」豊橋市自然史博物館研報 No. 宮本正太郎 中沢圭二 山元龍三郎 1973 「解明地学 I」文英堂• 横山良哲 1995 「奥三河の滝 増補改訂版」風媒社• 横山良哲 1996 「美しき大渓谷1億年の旅」風媒社• 横山良哲 2002 「奥三河自然賛歌」風媒社• 横山良哲 2004 「新きらめき鉱物・化石ガイド」風媒社• 横山良哲 2007 「愛知県の中央構造線」風媒社• 国立研究開発法人産業技術総合研究所 地質調査総合センター「岩石や地層 地質を学ぶ、地球を知る」• 国立研究開発法人産業技術総合研究所産総研地質調査総合センター「日本シームレス地質図」• 愛知県「文化財ナビ愛知」• 新城市「四谷の千枚田」• 新城市「阿寺の七滝」• 日本国際湿地保全連合「湿地とは? 」 謝辞 このサイトを作るにあたり、所有者の方及び各関係機関にご協力をいただきました。 また、鳳来寺山自然科学博物館の加藤貞亨館長はじめ学芸員の方々に多大なるご協力をいただきました。 この場を借りてお礼を申し上げます。

次の