ヴィクトリア 本店。 セールを狙え!

「Victoria Golf Premium(ヴィクトリアゴルフプレミアム)日本橋三越店」日本橋三越本店 本館4Fにグランドオープン|ゼビオグループのプレスリリース

ヴィクトリア 本店

1995年9月上場 本社所在地 〒963-8024 朝日三丁目7-35 東京オフィス 3-20 錦町トラッドスクエア 設立 (48年) (株式会社サンスーツ) 事業内容 グループ会社株式保有によるグループ経営企画・管理、グループ共用資産管理等 代表者 諸橋友良(代表取締役社長) 資本金 159億35百万円 (2017年3月31日現在) 発行済株式総数 4,791万1,000株 (2017年3月31日現在) 売上高 単体:111億43百万円 連結:2,233億53百万円 (2017年3月31日現在) 営業利益 単体:57億50百万円 連結:74億28百万円 (2017年3月31日現在) 純利益 単体:18億40百万円 連結:29億91百万円 (2017年3月期) 純資産 単体:1,045億52百万円 連結:1,167億79百万円 (2017年3月31日現在) 総資産 単体:1,063億53百万円 連結:1,887億44百万円 (2017年3月31日現在) 従業員数 単体:11名 連結:2,231名 (2017年3月31日現在) 決算期 3月末 主要株主 サンビック 17. , LTD. , Ltd. )は、に本社を置くゼビオグループの純粋である。 概要 [ ] 企業スローガンは「こころ動かすスポーツ。 創業者であるがに創業した紳士服店を淵源とする。 業務改編を図りながら、郊外立地型のスポーツ用品店として成長。 2000年代に入り同業他社を積極的にしている。 にゼビオ株式会社から体制へ移行し、商号を「ゼビオホールディングス株式会社」に変更した。 スポーツ用品等小売事業は新会社のゼビオ株式会社が吸収分割により承継している。 沿革 [ ]• 出典 有価証券報告書• (37年)8月 - 出身のがいわき市で店を創業。 (昭和48年) - 株式会社サンスーツ設立。 (昭和54年)8月 - 本社を郡山市に移転し、社名を株式会社サンスーツから 株式会社サンキョウに変更。 (昭和54年)11月 - 福島市の旧長崎屋ビルにファッション&スポーツをテーマとした当社初の大型店を出店。 (昭和55年)3月 - 株式会社岩手サンキョウ、第一繊維株式会社(郡山市)、第一繊維株式会社(新潟市)の3社を吸収合併。 (昭和61年)8月 - 株式会社サンキョウ(郡山市)が、株式会社サンキョウ(いわき市。 旧法人)を吸収合併。 (昭和62年) - 社名を ゼビオ株式会社に変更。 それまで個別展開していた店舗を、紳士服店(サンキョウ)は「ゼビオメンズ」、スポーツ店(トップスポーツ)は「ゼビオスポーツ」、カジュアル衣料店(エブリディ・メンズキャパ)を「ゼビー」のブランドに統一する。 (昭和63年)4月 - にて株式を店頭公開。 社団法人日本証券業協会東京地区協会に店頭登録。 福島県郡山市朝日三丁目7番35号に新本社屋を竣工。 (2年)5月 - 東京証券取引所第2部上場。 福島県郡山市朝日三丁目7番35号に新本社屋を竣工し、同所に本店を移転。 (2年)7月 - 当社初の郊外型ゴルフ専門店「ゼビオスポーツ勝田店」を茨城県勝田市(現・ひたちなか市)に出店。 (平成3年)4月 - 株式会社磐梯リゾートホテル(現・清稜山株式会社)の株式を100%取得、子会社化。 (平成4年)12月 - 郊外型大型スポーツ店「スーパースポーツゼビオ」の1号店として仙台泉中央店を開店。 (平成7年)9月 - 東京証券取引所第1部上場。 (平成14年)3月 - 「ゼビー」ブランドを「ゼビオスポーツ」ブランドに統合。 (平成17年)• 4月 - スポーツ用品店「ヴィクトリア」などを展開する株式会社ヴィクトリアの全株式を取得し、完全子会社化。 9月 - 紳士服部門およびメディア事業を、株式会社アオキインターナショナル(現:)とその子会社・株式会社へ、それぞれ。 (平成20年)9月 - ゴルフ用品店「」を展開する株式会社ゴルフパートナーの子会社化を目指してTOBを実施。 10月に成立し、株式95. (平成21年)4月 - 株式会社ゴルフパートナーをにより完全子会社化。 (平成22年)10月 - ・と複数年の包括メインスポンサー契約の締結を発表。 11月からはユニホームの胸スポンサーとなった。 (平成24年)• 4月 - とのエグゼクティブパートナー契約を締結。 6月 - 海外1号店「スーパースポーツゼビオ上海浦東店」をにオープン。 (平成25年)• 3月 - 海外2号店「スーパースポーツゼビオ乙支路店」をにオープン。 12月 - ゼビオが新たに設立した株式会社ネクサスがの全事業を取得。 後に、ネクサスの株式はすべて株式会社ヴィクトリアに譲渡。 (平成27年)• 4月 - ・と包括的協賛「エグゼクティブパートナー契約」を締結。 これによりFリーグのタイトル協賛に就任し、 「SuperSports XEBIO Fリーグ」の名称を採用する。 10月 - ゼビオ株式会社が、商号を ゼビオホールディングス株式会社に変更し、持株会社へ移行。 スポーツ用品等小売事業は新会社の ゼビオ株式会社へ吸収分割により承継。 (平成29年)• 5月1日 - ゼビオホールディングスが、から株式をすべて取得した上で [ ]を吸収合併。 ただし、ネクサスの店舗運営事業は、ヴィクトリアがにより承継し、ヴィクトリアのとして設置された、ネクサスカンパニーの事業とした。 (平成30年)• 4月 - 民事再生手続中の雑貨店チェーンを運営する株式会社の民事再生スポンサーとなる。 春 - 子会社のクロススポーツマーケティングによるアイスリンクをメインにした「八戸多目的アリーナ」(仮称)が西口に開業予定。 店舗 [ ] スーパースポーツゼビオ [ ] ヴィクトリア御茶ノ水本店(、ヴィクトリア本店時代) 大型総合スポーツ専門店。 1,000坪クラスの店舗を中心に北海道から沖縄まで全国に約130店舗を展開。 ゼビオスポーツエクスプレス [ ] や駅周辺を中心に展開する中小型スポーツ用品専門店。 約300坪程度の小型店舗で郊外型店舗にはない利便性を活かした商品を、中心に扱う。 ヴィクトリア [ ] 元々は、現在の親会社ゼビオスポーツと同様に全国へ店舗展開をしていた同業の競合企業であったが、2005年に買収され完全子会社化された。 子会社後は、東京神田神保町を始めとした高層ビルディング等の都市型スポーツ専門店に特化し、全国展開は、ヴィクトリアゴルフのみに縮小された。 ヴィクトリアゴルフ [ ] 子会社である株式会社ヴィクトリアが展開するゴルフ用品専門店。 ネクサス [ ] 地域密着型中小型スポーツ専門店。 2014年4月、東北地区の「ゼビオスポーツ」業態の6店舗を、株式会社ヴィクトリアの子会社である株式会社ネクサスへ事業譲渡し「NEXAS by Takeda Sports」として新たに展開。 2017年5月以降は、吸収分割により、ヴィクトリアのである、ネクサスカンパニーの運営に変更。 同時に、株式会社ネクサスは、ゼビオホールディングスが吸収合併(先立って、ヴィクトリアが保有する株式をゼビオホールディングスがすべて取得)し、消滅。 タケダスポーツ [ ] ヴィクトリア子会社(設立当時の親会社であった旧ゼビオから株式を譲受)であった株式会社ネクサスが、旧の事業を取得し、東北4県を中心に展開していたスポーツ用品専門店。 ネクサスの店舗と同様、2017年5月以降は、吸収分割により、ヴィクトリアの社内カンパニーである、ネクサスカンパニーの運営に変更。 エルブレス [ ] 子会社である株式会社ヴィクトリアが展開するアウトドア用品専門店。 ゴルフパートナー [ ] 子会社である株式会社が展開するゴルフ総合ショップ。 中古ゴルフクラブの販売で業界最大手。 next [ ] 世界38ヵ国724店舗を展開するイギリス最大級のSPAブランドである社と提携し、全国に13店舗を展開。 ブランド [ ] プライベートブランド [ ]• XERES - スポーツ用品全般に渡って展開。 でいうに相当する。 CSB- スノーボード(廉価版)• HEAT-X(ヒートクロス) - ゼビオ独自に開発した吸湿発熱素材。 (ネクスト)- イギリスのファッションブランド 輸入独占販売ブランド [ ]• - 老舗ブランド。 日本ではゼビオが独占販売権を持つ。 グループ会社 [ ] 太字は中核子会社。 スポーツリテール部門 [ ]• ゼビオ株式会社• ゼビオナビゲーターズネットワーク株式会社• 株式会社ヴィクトリア• 株式会社ネクサス - 及びその後開始したネクサスの店舗を運営。 2017年5月にゼビオホールディングスに吸収合併され解散。 事業は、吸収分割により、ヴィクトリアが承継し、消滅(同社ネクサスカンパニーの事業とした)。 マーケティング部門 [ ]• クロススポーツマーケティング株式会社• クロスプラネット株式会社• ゼビオカード株式会社• クロステックスポーツ株式会社 コーポレート部門 [ ]• ゼビオコーポレート株式会社• ゼビオインシュアランスサービス株式会社 海外子会社 [ ]• 賽標 成都 体育用品有限公司• 賽標 中国 体育用品有限公司• 株式会社ゼビオコリア• Leonian Singapore PTE. LTD. その他 [ ]• 国土観光株式会社(清稜山倶楽部等の運営)• 株式会社(バラエティショップ「パステル」等の運営) 売却した事業 [ ]• IT事業子会社であったプラスタス(現・SBIシステムズ)は5月に売却。 創業以来手がけてきた紳士服量販店業態「ゼビオメンズ」とメディア事業(など)を、9月1日をもってアオキインターナショナル(現:)に売却した。 ゼビオアリーナ仙台 [ ] 詳細は「」を参照 は、の再開発地区「」に整備された同社が運営する大型複合スポーツ施設である。 (平成24年)10月5日に開業し、プロバスケットボール・のホームゲームを始めとした各種イベントで使用される。 提供番組 [ ]• -2020年4月4日からBSフジで放送が開始された同社一社提供番組。 - かつて、ヴィクトリアがスポンサーだったラジオ番組。 - で放送される同社一社提供番組。 - で放送される同社一社提供番組。 関連項目 [ ]• - 諸橋廷蔵の美術品コレクションをもとに開設。 美術館を運営するはゼビオ株を9. - 地震の被災者向けに防寒具などを提供。 脚注 [ ] [] 出典 [ ].

次の

マリン,ウィンタースポーツ用品(スキー・スノーボード)の購入ならヴィクトリア

ヴィクトリア 本店

千代田区神田小川町にあります。 スキー・スノボー用品が売っています。 近年はスキーブームが去っていってしまったため、 地元のスポーツ店ではスキー用品を扱わなくなってしまいました。 神田にはこちらの他にも何店舗かスキー用品を扱うお店があるので、 いろいろ回って見るのもいいと思います。 こちらの店舗はスキーのブーツが幅広く取り揃えていました。 試しばきもOKです。 スキーの板も多数売っています。 スキー3点セット(スキー板、ブーツ、ストック)もあります。 また雪遊びグッズが売っていました。 ミニスコップ、雪玉を作る型・・・・・・・などなど なかなか面白いです。 スキー用品を見ているとワクワクしてきます。 ヴィクトリアはここ本店の他、アスリート館、ゴルフ館などがあります。 株式会社ヴィクトリア 本店関連キーワード:スポーツショップ・ゴルフショップby.

次の

「Victoria Golf Premium(ヴィクトリアゴルフプレミアム)日本橋三越店」日本橋三越本店 本館4Fにグランドオープン|ゼビオグループのプレスリリース

ヴィクトリア 本店

ウィンターアイテムを全館で展開し、約9万点の豊富な品揃えと、幅広いサービスでお客様のウィンタースポーツライフをサポートいたします。 サロモンやバートンなどの人気ブランドから、オガサカやアイスピークといったコアブランドまで取り扱っており、初心者からシリアス層まで満足いただける品揃えとなっております。 特に7階のジュニア売り場は国内最大級の売り場面積と品揃えを誇り、ギアから今話題の安全対策アクセサリーまで展開しています。 また、8階には「ヴィクトリアトラベル」と「テクニカルセンター」を設置しており、ウィンタースポーツに行く際のパッケージツアーのご提案から、行った後のグッズのアフターケアまでお客様のウィンタースポーツライフをトータルサポートいたします。 ウエアは90~170cmと幅広いサイズ展開で通常取り扱いの少ないキッズサイズも豊富な品揃えです。 また、近年欧米での着用率が高いことで注目の集まるヘルメットのコーナーも設けておりウィンタースポーツにおける安全対策も万全です。 もちろんスキースノーボードの板やブーツなどのギアも国内最大級の品揃えです。 専門性の高いアルペンスノーボードアイテムも日本最大級の品揃えです。 さらに、店頭では専門知識を持った契約ライダーが道具選びをサポートいたします。 スキーやスノーボードはもちろんオーロラツアーなどこの時期にぴったりのツアーが盛りだくさん。 ウィンタースポーツの計画はヴィクトリアトラベルにお任せください。 古いパーツも保持し様々な加工修理が可能な都内では有数の工房です。 ギアだけでなくウエアの補修もできますので、ウィンタースポーツ用品でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。 チューンナップも承っておりますので、お客様の大切なギアをメンテナンスすることで快適なウィンタースポーツライフをサポートを致します。 【ヴィクトリア】 都圏のビル型店や駅隣接店を拠点とする都市型スポーツ専門店です。 新宿、池袋、神田、町田などの基幹店を中心に一都三県に展開しています。 ウィンタースポーツ用品に特化した店舗や、アスリート向けの本格的な商品を取り扱うなど、立地やお客様の需要に対応しております。

次の