葉酸 英語。 葉酸

化學療法

葉酸 英語

このため、通常の食品を摂取している人で過剰摂取による健康障害が発現したという報告はありません。 しかし、サプリメントに含まれるプテロイルモノグルタミン酸型の葉酸では過剰摂取により神経障害などの健康障害が見られること報告されています。 プテロイルモノグルタミン酸とは葉酸の1種で、他にプテロイルポリグルタミン酸などもあります。 食品などに含まれる葉酸の多くはこのプテロイルポリグルタミン酸(天然葉酸)です。 プテロイルポリグルタミン酸は小腸でプテロイルモノグルタミン酸に変換されて吸収されます。 サプリメントに含まれる葉酸は主にプテロイルモノグルタミン酸(合成葉酸)です。 症状としては、発熱、蕁麻疹、紅斑、かゆみ、呼吸障害などです。 参考 過剰症はビタミンB12の欠乏を隠すため、悪性貧血が潜在化し、ビタミンB12欠乏症の診断を困難にする可能性がります。 アメリカにおいて、プテロイルモノグルタミン酸強化食品を摂取している人の血清葉酸値が高いことに起因する悪性貧血のマスキング、神経障害など健康障害が報告されています。 過剰摂取されたプテロイルモノグルタミン酸によって生じる健康障害として、悪性貧血のマスキングが挙げられます。 これはビタミンB12が不足している人に大量のプテロイルモノグルタミン酸を摂取させると、大赤血球性貧血の発生をマスクし、より一層重篤な疾病である後外側脊髄変性を進行させるというものです。 このマスキングの機序として以下ががあります。 プテロイルモノグルタミン酸から生成するジヒドロプテロイルモノグルタミン酸によるチミジレートシンターゼ活性の阻害(この酵素活性の阻害はdTMPの生成量の低下を引き起こし、結果としてDNA合成を阻害する)• ホスホリボシルアミノイミダゾールカルボキサミドトランスホルミラーゼ活性の阻害(プリン塩基のde novo生合成経路の酵素の一つであるため、この酵素活性の低下はプリン塩基量の低下をもたらし、結果的にDNA合成を阻害する)• また、ガン治療に用いられる抗葉酸剤に対して過剰な葉酸は薬効を低減させる可能性があります。 その他、葉酸は亜鉛と複合体を形成して小腸からの亜鉛の吸収を抑制する可能性があります。 関連記事.

次の

葉酸って英語でなんて言うの?

葉酸 英語

〈成分〉 4粒当たり• ビタミンB 1 1. 3mg• ビタミンB 2 1. 5mg• ビタミンB 6 1. 4mg• ビタミンB 12 2. ビタミンC 50mg• ナイアシン 12mg• パントテン酸 5mg• ビタミンD 3. カルシウム 100mg• マグネシウム 50mg• 鉄 10mg• 乳酸菌 10億個 メーカー希望小売価格:3,241円(税別) 内容量:120粒(30日分) お求めは、お近くの医療機関・調剤薬局・助産院にお問い合わせください。 〈発売元〉一般社団法人日本家族計画協会/〈企画・開発〉サプリードジャパン株式会社.

次の

葉酸

葉酸 英語

葉酸代謝拮抗薬は抗ガン剤 葉酸の働きを阻害し、正常な細胞分裂を行わせなくする薬である「葉酸代謝拮抗薬」。 なぜそんな薬があるの?と思う人もいるでしょう。 葉酸代謝拮抗薬は、主に抗ガン剤のことをいいます。 ガン細胞は、絶えずDNA合成をし、増殖していきます。 そのスピードは人それぞれと言われていますが、ガン細胞は正常な細胞をどんどんむしばんで増殖を繰り返していくのです。 そんなガン細胞ですが、ガン細胞のみで増えていくわけではありません。 ガン細胞が増えるためにもDNAが必要なのです。 ガン細胞もDNA合成をし、増えていきます。 つまり、DNA合成ができなければガン細胞の増殖を防げるということです。 葉酸代謝拮抗薬は• 核酸と似た物質によって、ガン細胞に間違って取り込ませる• 葉酸の合成を阻害する この2つの働きによって、DNA合成を阻害していきます。 葉酸のDNA合成の流れをもう少し詳しく見ていきましょう。 葉酸代謝拮抗薬、ここで紹介するのは「ジヒドロ葉酸レダクターゼ阻害薬」です。 葉酸は腸で吸収され、核酸の合成に使用するために代謝されます。 葉酸に「葉酸レダクターゼ」という成分が作用し、葉酸は「ジヒドロ葉酸」になります。 「ジヒドロ葉酸」に「ジヒドロ葉酸レダクターゼ」が作用し、葉酸は「テトラヒドロ葉酸」になります。 本来なら、テトラヒドロ葉酸が核酸の合成に使われるわけですが、「ジヒドロ葉酸レダクターゼ阻害薬」は、ジヒドロ葉酸がテトラヒドロ葉酸になるために必要な「ジヒドロ葉酸レダクターゼ」を阻害するのです。 ジヒドロ葉酸レダクターゼが阻害されると、当然核酸を合成することはできません。 ジヒドロ葉酸レダクターゼ阻害薬として知られているのは、メトトレキサートという抗ガン剤です。 メトトレキサートは抗ガン剤ですが、リウマチの治療薬として用いられることもあります。 葉酸代謝拮抗薬の副作用を軽減するためには 葉酸代謝拮抗薬は、先ほど説明したとおり「葉酸がDNA合成をする」という一連の流れを断ち切ることで、ガン細胞の増殖を止めることのできる薬です。 しかし、葉酸のDNA合成は「ガン細胞のみ」に働くものではありません。 わたしたちの体は多くの細胞から作られており、その細胞のほとんどは日々細胞分裂を繰り返しているのです。 つまり、わたしたちが健康に過ごすためにも葉酸の働きは欠かせないわけです。 しかし葉酸代謝拮抗薬を服用している人は、葉酸の働きが阻害されるわけですから、当然正常な健康な細胞の細胞分裂も行えなくなってしまうのです。 そのため、葉酸代謝拮抗薬を服用していると「葉酸欠乏症」と同じような症状が出ることがあります。 これは、葉酸代謝拮抗薬の副作用ということになります。 ガン細胞の増殖を食い止めるためには仕方がないことではありますが、強い副作用が出るのは本当に辛いことです。 これは、どうすることもできないのでしょうか。 メトトレキサートのような葉酸代謝拮抗薬を服用している人には、その辛い副作用を少しでも軽減するため、ホリナートという薬が投与されます。 ホリナートは還元型の葉酸のことです。 ホリナートを投与することで、ガン細胞ではない正常な細胞を救援することができるので、葉酸代謝拮抗薬による辛い副作用を抑えることができるのです。 どのくらいの症状がどんな形で現れるのかは、正直薬を投与してみたいと分からないところも多いです。 葉酸代謝遺伝子多形とは? 葉酸代謝拮抗薬は、薬を使って半ば強引に葉酸の代謝を阻害しています。 しかし中には、葉酸代謝拮抗薬など使わなくても葉酸が代謝されない人もいます。 正確には、 葉酸の代謝がされにくい人ですね。 アルコールに強い人と弱い人がいるように、葉酸の代謝に関しても正常な人とそうでない人がいます。 両親からもらう遺伝子のうち、どちらかが正常ならば問題はありませんが、両方に異常がある場合、正常な葉酸代謝が行われなくなります。 だいたい、日本人の6人に1人は葉酸代謝遺伝子多形に該当するそうです。 葉酸代謝遺伝子多形の人は葉酸の代謝がうまく行われず、体内で使える葉酸の量が少ないということです。 このような人が妊娠をすると、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などにかかるリスクが高まることが分かっています。 しかし、安心してください。 葉酸代謝遺伝子多形の人も、サプリメントなどで葉酸を摂ることで妊娠中のリスクなどを低下することができますよ。 遺伝子キットなどを使えば、自分の葉酸代謝が正常なのかどうかを調べることもできます。 気になる人、不安な人は1度調べてみるといいですね。 まとめ 葉酸代謝拮抗薬と、葉酸代謝遺伝子多形についてお話ししました。 葉酸にはDNAを合成するという重要な働きがあります。 葉酸代謝拮抗薬を服用していない人は、積極的に葉酸を摂って健康な細胞分裂を促していきましょう。

次の