まこ なり 社長 おすすめ 本。 【時間の浪費】マコなり社長推薦|「無駄な時間」をゼロにする最強のアイテム 【実践編】

【ハーバード式】何度注意しても変わらない人を「紙一枚」で変える方法

まこ なり 社長 おすすめ 本

ちょいちょい仕事に行き詰ったり、「おおう、ちょっとタスクありすぎなんじゃない?」と思った時、僕は本を読みます。 サイバーエージェント藤田晋社長の『』『』あたりは、は何度も何度も読み直しています。 偉大な経営者の本を見ることで、「ああ、おれまだ全然頑張ってないや、もうちょいイケる」と思いなおしたりします。 どんだけ死ぬ気でやっても、死にはしないことを改めて心に刻むわけです。 そして一方で、心と身体に余裕が出来た場合は、自分への戒めとして怖い怖いお話を読むのです。 失敗から学ぶためのおすすめ本5つ 私、社長ではなくなりました。 なぜ会社を作ったのか、なぜこんなにもむちゃくちゃな経営をしたのか、そして、なぜ破綻させなくてはならなかったのか。 僕の中で、圧倒的に記憶に刻まれているのが、この本「私、社長ではなくなりました。 」です。 僕は新卒で、採用コンサル系のお仕事をやっていたのですが、その業界で圧倒的に成長していたのが、この本を執筆された元社長の安田佳生さん率いるワイキューブ。 その企業成長率は、ほんとにすごいものがありまして。 社内にワインセラーやバーがあったり、セレクトショップをつくったりと、とにかく派手だったのも話題になってました。 ダメ押しで、現役時代に安田さんが書いた「 」が大HIT。 まさに人材系ベンチャー企業の中心にいるような企業でしたが、その実態は売上高が20億円の時に、福利厚生と人件費だけで20億円、当然お金はないので、運用資金は、ずっと銀行からの借り入れで賄っていたと。 正直な口調で、ワイキューブの栄枯盛衰が書かれていて、引き込まれます。 笑っちゃうような章も多いですが、そもそも20年以上も経営を続けていた時点で、めっちゃ凄い会社だよな~とか思っている自分がいます。 むしろこれで成功してたら、みんなそのやり方を賞賛していたはず。 勝てば官軍負ければ賊軍、こわいこわい。 社長失格 大手証券会社や銀行などから融資の申し出が殺到し、米マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長までが面会を求めてきたという"栄光"から、わずか2年足らずの間での転落劇 恐らく、日本での失敗談シリーズで、最も有名かつ売れている本。 とにもかくにも生々しいお話がたくさんあって、読み物としても一級品です。 栄光への架け橋を一気に渡っていくようなストーリーなんですが、後半の加速して転落していく様子に、背筋がゾッとします。 特に、倒産の危機にある社内の混乱は、読み手まで息苦しくなるくらいです。 急成長している企業でかならず起きてしまうデメリットは、それまでの良さが弱まり、風土が悪くなっていくこと。 「メッセージが急速に薄まっている」ことを素直に認められるかどうかが大切!ということが、読んでいてよくわかりました。 そして、「今までの良かったことを、どうすれば伝わるかということを考える」.... というのは諦めた方が良い。 せっかく組織が大きくなっているのだから、前例にとらわれない文化を、なるべく早くに作らなければいけない。 組織規模や、会社の目指す方向に合わせて、何もかも変化させる必要がある。 大変だ! 30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由 パーティの音楽が、いつか止むことは分かっている。 そして止んだ瞬間に踊っている者に待ち受ける運命も。 しかし、音楽が鳴っている間は、我々はただ踊るしかないのだ。 うまくいっているときは、さんざん持ち上げられ、ひとたび事業が後退していくと、幹部や社員に次々と離脱され、周囲からは嘲笑とあざけりをうけ、個人的にもとんでもない借金を負う様子は、他人事とは思えません。 しかし、やっぱりこういう超成長企業で勤めていた方々は、四方八方で活躍をされているようで、• 株式会社S-fit『ヘヤギメ』を運営する、元専務取締役・紫原友規さんを筆頭に、• 株式会社ヴェリタス・インベストメント代表取締役 川田秀樹• 株式会社ファイブノット 代表取締役 湯藤善行• 株式会社メイクス代表取締役 仲村周作• 株式会社Progress management(プログレスマネジメント)代表取締役 照山公一• 株式会社トラストアドバイザーズ(仲介店舗 ZEAL五反田店、高田馬場店)取締役 宮村幸一• 株式会社ギブコム(仲介店舗 東京G-ROOM渋谷店) 代表取締役 窪島健悟 す、すごい。 杉本さん自身も、32歳の時に、再起動されてまして、社員数4名から5年で300名企業の会社にされたとのことで(アレ、どこかでの会社で聞いたやつや)、尊敬しまくりんぐ。 超一流の詐欺師集団の策謀や、その効果による社長と企業の追いこまれ方が、有名小説のように読む気を誘ってきます。 どんなに大丈夫だと思っていても、やっぱり一流の知能犯罪者には敵わないな、、、と思い知らされます。 あまりにも壮絶な大どんでん返しもあり、読み終わると空虚な気持ちになります。 用心せねば。 でも、機関銃でプレーヤーを殺すような相手もビジネスの世界ではピッチに立ってしまう こわっ。 本当なの?どうなの?と色々疑りたくなる本。 全部本当であれば、怖すぎる。 回線事業で名を馳せた元クレイフィッシュ社長の松島庸さんが、史上最年少で会社上場させ、「社内クーデターによって」社長の座を追われるまでの顛末と反省を書きつづったビジネス書。 「おいおい、そこはもっと調べとこうよ!」というツッコミがはいりそうな内容もありますが、まさに機関銃搭載プレーヤーが跋扈する業界の中で、いちいちチェックを行う行為はスピードを落とすことにつながり、それすなわち死に直結することだったんだろうとも思います。 裏切り、妬み、嫉み、人間とは業の深い生き物。 これら全ての本で共通しているのは、企業が成長していく中で、意図せずともプロセスが歪んでいくこと。 その辺はきっとどうしようもなく、状況に愚直に対応するしかないんだな~と感じています。 「騙されないように用心すること」「自力でキャッシュ稼ぐこと」「強い幹部メンバーを育てる事」この3つが、大切なポイントっぽい。

次の

【社長が話す本当にあった怖い話!】失敗から学ぶためのおすすめ本5つ

まこ なり 社長 おすすめ 本

楽天で購入 まこなり社長が伝える価値のある読書法とは? youtube. まこなり社長以外からのレビューも高く、とても役に立つであろう内容の本ばかりだと思います! しかし、肝心の読み方が十分でないともったいないですよね? まず結論は 本を読んだその日から行動が変わることが大事です! それは人間は忘れる生き物だからなのですね。 つまり、読んですぐ自分が取り組んで活かせそうな本を見つける行動が重要だと言えるでしょう! まずは読書をする習慣をつけることが大事です。 大事なことは読んでいて つまらない、 役に立たないと思ったら読むのを止めることです! 時間を有効活用するためにもそういう勇気は必要だと思います。 そもために最も重要なのは あなたが読みたいと思った本の要約考察動画をYouTubeで見ることです! 理由は文字よりも断然イメージとして頭に入ってきやすいからです! また、本の要約サービスとして 『flier フライヤー 』を勧めていました。 これは本の要点を簡単にわかりやすく紹介するサービスです。 どうせ全ては覚えられないのですから、この方が効率的ですよね! 特にアクションプランは必ず立てましょう! youtube. 数ある映画の中から、なぜこの5つが選ばれたのかについてもお伝えしていきますね。 それと個人的にこの全てを観たことはあるので、ネタバレはしないように注意します。 この映画は非常に長いですが、続きの展開が気になるのであまり長さを感じることはありませんでした。 video. dmkt-sp. 富豪のおじさんと貧困層の若者のダッグという内容的にまさに映画にありそうな設定ですが、なんと実話が元となって作られています! まこなり社長も言っていますが、本当の信頼関係とはこうやって作られていくのかと勉強になる作品だと思いますよ! amazon. 仕事一本に集中して他をないがしろにしてしまう気持ちは正直少しわかります。 確かにがんばる時期も必要ですが、この作品はがんばりすぎてしまっている方に一度観てほしい作品ですね。 を考えながらみると面白いかもしれません。 amazon. 両親も今の自分と同じような時期を経験してきた1人の若者だったことを認識する機会は、なかなかないと思います。 アニメだからこそできる演出で、そういう考えに至らしてくれるような貴重な作品です。 完全に大人向けだとしか思えない内容なので、まだ観てない方は観てみることをおすすめします! 最後までご覧いただき本当にありがとうございました!! 関連記事情報として まこなり社長の記事と、まこなり社長の会社の社員でありエンジニア向けの情報発信をしているYouTuber ねっちさんの記事をご紹介させていただきます! 【関連記事】 【関連記事】.

次の

【必読】マコなり社長おすすめのビジネス本7選!【2020年4月版】

まこ なり 社長 おすすめ 本

アメリカの実業家、マイクロソフト共同創業者であるビル・ゲイツ。 によると、彼の総資産額は世界第2位で900億ドル(約9兆6000億円)と推定されています。 ゲイツ氏は1週間に1冊、年間約50冊のペースで本を読むといいます。 読む本のジャンルはさまざまです。 愛読書として有名な小説「キャッチャー・イン・ザ・ライ(ライムギ畑でつかまえて)」やレオナルド・ダ・ヴィンチの伝記、ビッグヒストリー(ビッグバン~現在の歴史を研究する新しい学問)提唱者の講義をまとめた書籍など多岐に渡ります。 彼は自身の書評をブログ「」にもアップしています。 彼は読書の際に本の余白にメモ書きをすることで、内容を理解するだけでなく、自分の考えと繋げるようにしているのだそう。 また「Think Week」という期間を設け、この間は誰とも会わず読書をしたり、自身の思考を巡らせる時間に充てています。 ビル・ゲイツやダーウィン、スティーブ・ジョブスが成功を勝ち取った方法については、以下の記事でも紹介しています。 合わせて参考にしてください。 関連記事: ゲイツ氏の愛読書「キャッチャー・イン・ザ・ライ」は、後ほど詳しく紹介します。 マーク・ザッカーバーグ 世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)Facebookの創業者で、同社の会長兼CEOであるマーク・ザッカーバーグ。 によると、保有資産額は世界5位。 その額は710億ドル(約7兆5000億円)に上ると推定されています。 彼は2009年から毎年、その年の「個人目標」を掲げています。 その中で2015年には「毎週新しい本を読む」を目標に設定しました。 彼はこの目標を達成するため、Facebook上に「」というコミュニティを立ち上げました。 その中では自分が読んだ計23冊の本を紹介しています。 紹介された本はイスラムの歴史学者の書籍や、ピクサー・アニメーション・スタジオ現社長によるディズニー・アニメーション・スタジオ再建の物語など。 彼は読書の中で「異文化・信念・歴史・技術について学ぶ」ことを大切にしているといいます。 イーロン・マスク 電気自動車事業「テスラ・モーターズ」、民間宇宙開発事業「スペースX社」の共同設立者・CEOのイーロン・マスク。 1999年にオンライン決済システムを提供するPayPal社の前身となる、「X. com社」を創立した人物でもあります。 2016年にはフォーブスの「」の21位に選出されました。 彼は「人類を火星に移住させる」という壮大な野望を持っています。 そしてこのようなユニークな思考は、本を大量を読むことで得られているのだそう。 彼の弟も「兄は1日に2冊本を読んでいた」と語っています。 またマスク氏はスペースX創業のためロケットの知識をどのように得たかというと、「本をたくさん読んだ」のだそうです。 読む本のジャンルはSF小説や伝記などで、映画化されたファンタジーの名作「指輪物語」も含まれています。 孫正義 ソフトバンクグループ創業者で、同社の代表取締役会長兼社長である孫正義氏。 では第1位。 保有資産額は2兆2930億円に上ると推定されています。 彼は在日韓国人として生まれ、幼少期から「 」の差別を経験しました。 しかし15歳の頃に司馬遼太郎著の「竜馬がゆく(坂本龍馬の生涯を描いた長編小説)」に出会い衝撃を受けます。 それがきっかけでアメリカへ留学。 わずか3週間で3年分の教科書を読み高校を卒業しました。 またソフトバンクを設立して事業がうまくいきはじめた矢先、肝臓を患い入院。 医者から余命5年の宣告を受けます。 しかしここでも坂本龍馬の生涯に思いをはせ、彼の33歳で暗殺されるまでの活躍を考え奮い立ちます。 孫氏は3年半もの闘病の末、奇跡の回復を遂げました。 この闘病期間中に読んだ本の数は4,000冊を超えるといいます。 社長になりたい人が本を読む4つのメリット 社長や経営者になりたい人が本を読むメリットは、以下の4つが挙げられます。 起業や経営の具体的なイメージがしやすくなる 今回紹介する本の中には、経営の基本となる知識が学べたり、経営者自身が語るストーリーを知られるものがあります。 会社を経営してきた人物だからこそ語れる、経営を考えたらまずやるべきことや、サラリーマンをやめる前に準備しておくべきことなど、具体的なところまでインプットできるでしょう。 このような本からは、 「会社を経営するとはどういうことなのか」を体系的に学べます。 経営に必要な知識を効率よく得ることができる 今回紹介する書籍の中には、起業で失敗しないための方法を統計的に学べるものがあります。 数々の起業事例が科学的にまとめられているので、経営に必要な知識を効率的に得られるでしょう。 経営者の考え方に触れることができる 今回紹介する書籍の中には、企業が大きく成長するまでのストーリーが分かるものがあります。 偉大な成功を遂げた経営者も、成功するまでの道のりは平坦ではありません。 数々の困難をどう乗り越えてきたのかがリアルに語られる書籍からは、経営者のマインドを学べるでしょう。 モチベーションが上がる 今回紹介する書籍の中には、偉大な経営者の愛読書があります。 例えば孫正義氏は闘病中に「竜馬がゆく」を読み、自身を奮い立たせました。 読書をすることで、経営者ならではの孤独感や将来に対する不安を払拭させ、 モチベーションを上げるきっかけを与えてくれる1冊に出会えるでしょう。 は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。 テックキャンプは、 オンラインでプログラミング学習が可能。 「 徹底したサポート」と「 やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。 転職成功率は 99. 学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率 キャリアに悩んだら、テックキャンプの を受けてみませんか? あなただけのキャリアプランが作れます。 は簡単なので、ぜひご利用ください。 本の選定基準 今回紹介する13冊の本は、以下の3つの基準を元に選定しました。 社長(経営者)の自伝 社長(経営者)自身が執筆した書籍では、会社誕生までのストーリーや事業成長の過程がリアル感を持って描かれています。 外から見ると華やかな世界でも、書籍を読むとその陰に隠された苦労が分かるでしょう。 会社経営の厳しい現実を知り、「それでも起業したいのか?」と自分に問うきっかけにもなります。 社長(経営者)がすすめている・影響を受けた本 社長(経営者)がすすめている本の中には、経営者が影響を受け、会社経営のために役立った書籍があります。 例えばファーストリテイリング代表取締役会長兼社長・柳井正氏がすすめる書籍、「プロジェクトマネジャー」。 彼は本書について、「 」と語っています。 社長になるための具体的な方法が書いてある本 今回紹介する書籍の中には、会社を起業するためにまず持っておきたい知識を体系的に学べるものがあります。 例えば事業計画書の書き方や会社経営で必須となる経理、会社員をやめる前にやるべきことなどを、具体的に学べます。 中には漫画で事業計画書の作り方が学べるものもあります。 「会社を経営したい」という漠然とした考えから、具体的な方法に落とし込むのに役立つ書籍が見つかるでしょう。 実業家・サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋氏による自伝。 彼は26歳のとき当時最年少で東証マザーズ上場を果たしました。 高校生の頃に抱いた「21世紀を代表する会社を作りたい」という夢。 それをサイバーエージェント設立で叶えますが、その後ITバブルが崩壊し苦悩します。 さまざまな壁を乗り越えながら会社を成長させていく姿が分かる1冊です。 起業したいと少しでも思っているなら読むべき本と言えるでしょう。 事業のストーリーを知る本 ナイキやAirbnbといった世界を代表する会社も、初めから大きな成功を遂げていたわけではありません。 このような事業の誕生から成功に至るまでのストーリーを知られる本からは、「自分にも世界を変えるサービスを生み出せるかもしれない」という希望を得られます。 SHOE DOG(シュードッグ) ナイキ創業者フィル・ナイトによる書籍です。 タイトルの「SHOE DOG(シュードッグ)」とは、靴の商売に関わり、靴以外のことは考えられない人のこと。 1962年にナイト氏は単身日本に降り立ちます。 神戸のシューズメーカー「オニツカ(現アシックスの前身となる会社)」のランニングシューズ「タイガー」に惚れ込み、正規アメリカ代理店となるため同社と交渉。 交渉は晴れて成立し、アメリカで「オニツカタイガー」を普及させます。 その後のオニツカとの決別・訴訟問題、独自ブランド・ナイキの立ち上げ、資金不足、日商岩井との出会いなど、「世界最強ブランド」に至るまでのストーリーが語られています。 ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットも称賛する、ビジネスの教訓を学べる1冊です。 Airbnb Story 大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法 2008年に創業され、今や世界191か国・81,000都市に普及する民泊仲介サービスとなったAirbnb。 しかし「赤の他人を自宅に泊まらせるプラットフォームを作る」という奇抜なアイディアが実現し成功に至るまでには、数々の問題を解決する必要がありました。 本書はゼロからサービスを生み出し、時価総額3兆円企業となるまでを描いたAirbnbのノンフィクションです。 Airbnbはサービスの使いやすさにこだわり、ターゲットユーザーを明確にしたマーケティングによりファンを獲得していきました。 Airbnbのマーケティングについては以下の記事でも紹介しています。 合わせて参考にしてください。 関連記事: 次のページでは「起業の流れを掴む本」「経営者の愛読書」を紹介します。 起業の流れを掴む本 大きな成功を遂げた事業がある一方で、失敗に終わった事業も数えきれないほどあります。 起業を目指す誰もが前者を目指したいものでしょう。 そこで重要になるのが企業の流れを体系的に学ぶことです。 ここからは失敗しないためのステップを学べる本や、起業を考えたらやるべきことを解説した本を紹介します。 起業の科学 スタートアップサイエンス 事業計画の作り方をストーリー仕立てで学べる書籍です。 実家の造り酒屋を継ぐことになった主人公が、事業計画書についてゼロから学ぶ内容です。 7つのステップで計画書を練り、酒屋再興に奮闘します。 そもそも「なぜ事業計画書が必要なのか?」という内容から始まり、アイディアの膨らませ方、マーケティングプランの組み立て方、事業収支計画の立て方などが漫画で学べるようになっています。 物語形式で読みやすいので、「起業というものがどういうものなのか」を知る導入として読むといいでしょう。 経営者の愛読書 名だたる経営者の愛読書は、愛読書たる所以があるものでしょう。 ここからは孫正義氏、柳井正氏、そしてビル・ゲイツ氏の愛読書を紹介します。 竜馬がゆく 「キャッチャー・イン・ザ・ライ」はビルゲイツの10代のころからの愛読書です。 1951年出版のアメリカの作家J・D・サリンジャーによる長編小説で、物語の主人公は16歳の少年。 10代ならではの主観的で、かつ共感もできる主人公の苦悩や葛藤が描かれています。 2003年には作家・村上春樹による新訳版も出ています。 村上氏自身も本書の愛読者です。 さいごに 社長になりたい、起業をしたいと思っている人におすすめしたい、14冊の本を紹介しました。 著名な経営者の愛読書や経営に関する知識を学べる本など、さまざまなジャンルの本があったでしょう。 読書は単純に経営の知識を増やすだけでなく、経営者のマインドをインプットするきっかけも与えてくれるものです。 これから起業や会社経営を考える人は、ぜひ今回紹介した本の中から、自分に合った1冊を選んでみてください。 この記事をきっかけに、あなたが「会社を経営するとはどういうことなのか」を知る1冊に出会えたら幸いです。

次の