アロン アロン オーキッド ガーデン。 一度も言葉を交わしたことのない息子へ コチョウランに託した想い

停電の千葉、障害者が育てる胡蝶蘭5千株「全滅」・再生へ動き出す(なかのかおり)

アロン アロン オーキッド ガーデン

富津市西大和田(ちょうど富津市役所の裏にあたります)に新しく胡蝶蘭栽培を行う障害者の就労継続支援B型事業所が開所されるということで取材に行ってまいりました。 手作りという看板がいい味をだしています。 写真に見えている赤い建物が事務所で、その隣にビニールハウスが立っています。 見学会はこの温室の中で行われました。 温室は広々としており、想像と違ってヒンヤリとしており空調が効いていました。 胡蝶蘭の栽培には温めるより温度を低く保つ設備が重要だといいます。 スライド式の棚に自動開閉のカーテンやクラウドコントロールの環境制御システム、雨水タンクなど最新のシステムが導入されているとのことでした。 実際に商品として並ぶ予定の胡蝶蘭は非常に立派です。 1株1万円、3株の鉢で3万円で販売されるそうです。 AlonAlonの就労支援施設は今回が初めてで、今までは特例子会社の障害者が栽培した胡蝶蘭の販路拡大をしていました。 今度は個人の方にも買っていただける新たな仕組みとして、例えば、1万円で10本の苗を購入した場合、1本は栽培後にオーナーへ1万円相当のアレンジメントフラワーにしてお届け、残りの9本は企業向けに販売し、知的障害者のメンバーの収入とする日本初のビジネスモデルに挑戦するそうです。 そのビジネスモデルは日本財団「はたらくNIPPON! 計画」との協働プロジェクトとして、助成金が交付させることにもなりました。 障害のある方、胡蝶蘭の苗のオーナー、胡蝶蘭の購入者という関わる人全てがハッピーになることを目指すこのプロジェクトが富津で立ち上がったことが何より嬉しいですね。 インタビュー動画.

次の

AlonAlonオーキッドガーデン

アロン アロン オーキッド ガーデン

師匠の「石毛洋蘭園」の石毛社長(左)と「アロンアロン」最若手の大澤さん(右)(『Alon Alon』Facebookより) ベンチャー企業を立ち上げた那部さんは、身を粉にして働きました。 その結果、会社は従業員100人の企業へと成長。 「みんなに羨ましがられるような生活をすれば、この苦しみから救われる…とそう思ってきたんですが、心の暗い穴は埋まらなかったんですよねぇ」 当時を振り返る那部智史さん。 「違う、何かが間違っていた! 目的は金持ちになることじゃない!」そう気づいた那部さんは、せっかく育て上げたベンチャー企業を売り払ってしまいます。 息子さんが将来、家賃収入だけで食べていければ…という思いでした。 それでも埋まらなかった心の穴。 那部智史さん・・・40歳のときでした。 コチョウランの苗のオーナー募集し、9月22日にプロジェクトが成立しました! - クラウドファンディング Readyfor(レディーフォー)HPより 那部さんの「アロンアロン」は、 インターネットで苗のオーナーを募集。 9月22日に、238人から420万5千円の栽培資金が集まり、プロジェクトが成立しました。 この温室で働く知的障がいをもつ人は、20人の予定。 11月から公募するそうです。 「月額の賃金を、10万円にまでするのが目標なんです」と、那部さんの声が弾みます。 そして、こんなふうに続けてくれました。 「生まれてから一度も言葉を交わしたことのない息子ですが、その存在を、意味のあるものにしたいんです。 その命に、理由を持たせてやりたかったんです」.

次の

花貢献

アロン アロン オーキッド ガーデン

Alon Alon Orchid Garden お花販売プロジェクト Alon Alon Orchid Gardenで栽培したお花を購入することで働く障がい者は収入を得ることができ社会貢献 CSR になります。 栽培されているお花の品質は高い評価を得ており既に900社を超える企業の慶弔花として採用されております。 また、個人のお客様には特別な記念日やお誕生日に使われ、大変喜ばれております。 せっかく栽培したお花もお贈り先に届かなければ何にもなりません。 Alon Alon Orchid Gardenで栽培したお花は各物流センターより全国に配送されます。 東京23区、横浜市内、名古屋市内、大阪市内、福岡市内であれば午前中ご注文を頂ければ最短でその日の夕方までにはお届けいたします。 慶弔を問わない贈答花の定番。 清々しい白、鮮やかなピンク、お慶びの紅白の赤リップ、3種類から お選びいただけます。 Alon Alon Orchid Gardenとは 平成27年度の厚生労働省の調査では、 就労可能な障がい者の平均月収は15,033円、時給に換算するとわずか193円でした。 障がい者年金の約90,000円を加えても月収は105,033円にしかならず、日本国憲法第25条にあるような「健康で文化的な最低限の生活を営む」ことは非常に難しいと思われます。 かつて日本の障がい者雇用の大きな担い手は、町工場や商店などの中小零細企業でした。 町内コミュニティーのなかで自然と障がい者雇用は進められてきたのです。 しかし、中小零細企業を取り巻く経営環境は年々厳しくなり、次第に大企業による義務雇用の割合が多くなってきました。 これにより、統計上の障がい者雇用は大きく伸びましたが、知的障がい者と精神障がい者の雇用環境は依然として厳しい状況が続いています。 この現状を打破するためにアロンアロンオーキッドガーデンは、知的障がい者の自立を目的に設立した就労持続支援B型事業所です。 定員20名の障がい者のみなさんは、経済的自立を果たしながら、社会に立派に通用する胡蝶蘭を栽培しております。 Alon Alon Orchid Gardenの最新の活動 障害のある人との協働から生れた魅力的なしごと・はたらき方を全国から募集する「Good Job! Award」に AlonAlonオーキッドガーデンが行っている「胡蝶蘭の苗のオーナー」が入選。 渋谷ヒカリエにて事業のプレゼンテーションを行いました。 苗のオーナー制の仕組みと共に、障がい者(利用者)への月額工賃10万円を実現している点を評価されました。 2018年4月2日 月 のお届け指定分につきまして 毎年のことながら4月の第一営業日(4月2日)お届け指定のご注文が既に沢山頂いております。 その為、大変恐縮ではございますが3月20日(火)を目処に4月2日(月)のお届け指定分につきましては受付終了とさせていただきます。 4月3日(火)お届け指定のご注文に関しましても随時ご確認頂きますようお願い申し上げます。 また下記サービスにつきまして一時停止期間を設けさせて頂きます。 即日配送及び即日宅配出荷サービスの停止:3月26日(月)~4月4日(水) 皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご協力いただけますようお願い申し上げます。 商品発送前に撮影した写真を商品の発送後にご注文者様のメールアドレスへお送りいたします。 確認する場合、お花1つにつきオプション金額350円 税別 が掛かります。 例)先方様の開店に合わせてお花を贈るので電話番号がまだわかりません。 無事お花が届くか気になっています。 必須その他連絡事項 運営団体 Alon Alonオーキッドガーデン(NPO法人Alon Alon) 名称 Alon Alonオーキッドガーデン 理事長 那部 智史 特別顧問 櫻井 文武 施設長 渡邊 美雪 所在地 千葉県富津市西大和田1234-2 お問い合わせ先 お花の販売についてのお問い合わせ TEL:/FAX:03-6823-5873 (受付時間 平日 9:00~17:30、土日祝日 9:00~17:00 年末年始以外は無休) 施設利用、ボランティア募集に関するお問い合わせ TEL: 大阪配送センター 大阪府大阪市福島区吉野5-11-31ナガイビル1階 名古屋配送センター 愛知県名古屋市中川区西日置2-6-5今川ビル1階 福岡配送センター 福岡県福岡市博多区対馬小路2ー16.

次の