街コン 1人 参加。 街コン攻略!この服装でドン引き。1人参加は?みんなの感想まとめ

一人参加可能の学生コンとは?

街コン 1人 参加

街コンにはどんな種類があるか分からない• 自分に合った街コンの形式が知りたい• 1店舗で開催される街コンもあるの?• 初心者におすすめの街コンはどれ?• 色んな飲食店を自由に回れる街コンもあれば、1店舗でじっくり話せる街コンもあります。 それぞれのイベントにはテーマが設定されていることもあり、「20代限定」「野球ファンのための」「謎解きを楽しみながら」なんてイベントも。 この記事ではそんな街コンの種類について、現役スタッフのぼくが徹底解説していきます。 イベントの種類ごとに• どんな人におすすめか も記載しているので、自分に合った街コンを見つけてみてください!• 会場は通常3店舗ほど• 最初のお店は指定されており、開始から30分〜1時間後に移動OK• 基本的に「2人1組」での参加がマスト どのお店でも、男性2人・女性2人の1テーブルで会話をするのが一般的。 お店に入るとスタッフが席まで案内してくれるので、自分から異性に話しかける必要はありません。 複数店舗形式のメリット、自由に動ける 複数店舗形式の特徴は「参加者が自由に動ける」こと。 最初のお店は指定されていますが、その後の移動は完全に自由です。 気に入った異性ペアがいればずっと話していてもいいし、「ちょっとイマイチだな…」と感じたときはすぐにお店を移動してもOK。 自分から積極的に行動できる人なら、たくさんの出会いが見つかるのが嬉しいポイントです。 複数店舗形式のデメリット、移動時間がもったいない 複数店舗を回る街コンは少し長めの時間設定ですが(3時間〜3時間半)、移動に時間がかかるため効率的とは言えません。 お店を移動していたら異性と話す時間が全然なくなってしまった…というように、時間を気にしながら行動しないと出会いの数が減ってしまいます。 次はどのお店に行くか• 今話している異性ペアといつまで一緒にいるか など、自分で決断して行動するのが複数店舗形式。 積極的に出会いを見つけられる人にぴったりの街コンです。 逆に言うと、あまり場慣れしていない街コン初心者には向いていません。 初めて街コンに行く人は、次に紹介する1店舗開催のイベントで様子を見るのがおすすめです。 1つの飲食店で開催• 完全に着席形式で、男性2名・女性2名で1テーブル• 20分〜30分ごとに席替えを繰り返す 1店舗&着席形式のメリット1、会場のほとんどの異性と話せる このタイプの街コンでは、受付をすると最初の席に案内され、その後は20〜30分ごとに席替えを繰り返します。 人数規模にもよりますが、40人前後の参加者なら全員の異性と話せるのが特徴。 自分から積極的にアプローチしなくても勝手に席替えがあるので、少し奥手な人にもおすすめです。 1店舗&着席形式のメリット2、移動時間がなくて効率的 複数店舗形式のように移動する必要がないため、ほとんどの時間を異性との会話に使えます。 色んなお店の料理を食べたい!という人でなければ、1店舗でじゅうぶん満足できるはず。 1店舗&着席形式のデメリット1、自分の狙った人とだけ話せない 席替えのある街コンなので、1人と話せるのはどれだけ長くても30分ほど。 逆に「この人は微妙だな…」という異性がいても、次の席替えまではその席を離れることができません。 タイプの異性と同じ席になった場合は、その時間を無駄にしないことが重要です。 1店舗&着席形式のデメリット2、一人参加では初対面の人がペアになる このタイプの街コンは男性2名・女性2名で1テーブルなので、一人参加では初対面の相手が同性ペアになります。 同性ペアの2人は固定のまま席替えを繰り返すので、相手によっては会話がちぐはぐになってしまう可能性も。 どうしても一人で参加したい!という場合は、次に紹介する「1店舗&立食形式」の街コンがおすすめです。 積極的に話しかけるのは苦手…という人も、まずはこのタイプの街コンがおすすめです。 1つの飲食店で開催• 立食形式で誰と話すかは完全に自由• 20分〜30分ごとに話す相手を変える「シャッフルタイム」があることも 1店舗&立食形式のメリット1、立食なので好きな人とだけ話せる これは言わずもがなですが。 立食形式なので、自分の気になる相手とだけ話すことができます。 もちろん可愛い人・イケメンには人気が集まるので、周りの参加者より積極的に行動することが大切ですね。 1店舗&立食形式のメリット2、一人で参加しやすい 着席形式の街コンでは同性が2人ペアになるため、一人参加では思うように会話が盛り上がらないことも。 でも立食形式なら完全に自由に行動できるので、ペアに気を遣うこともありません。 「一人参加限定」の街コンも多くあるので、ある程度トーク力に自信がある人にはかなりおすすめです。 1店舗&立食形式のデメリット、自分から話しかける必要がある 当然っちゃ当然ですが、立食形式なので自分から行動できない人には向いていません。 もちろんイベントが始まった直後は緊張しますが、積極的に異性に話しかけることが大事です。 気になった人にだけ声をかければいいので、着席形式のように、タイプじゃない人との会話に時間を割く必要はありません。 また、街コンに一人で参加したい人も立食形式がおすすめです。 初対面の人とペアを組むのが嫌だ!って人は「一人参加限定」のイベントを探してみましょう。

次の

【街コン攻略】街コンに20万円以上つぎ込んだ男が教える!1人で立食街コンに参加した時の立ち回り

街コン 1人 参加

周りに出会いはないし…友人にも相談しにくいし…。 試しに一人参加の街コンに行ってみようかな こんな女性が多いですね。 重い腰を上げるほど、出会いがなくて悩んでいます。 1対1の街コンは、出会いを求めている女性が集まりやすいですね! 静かで大人しめな女性が多い パーティー系や2対2と比べると、 1対1の街コンに参加している女性は大人しい女性が多い印象。 良い意味で自立した女性がたくさんいます。 一方で、ワイワイ好きなパリピはゼロです。 笑 可愛い子・美人の参加率は低い 個人的な主観で申し訳ないですが、 可愛い子・美人の参加率はめっちゃ低いです(悲) 年齢も若い人は少ない印象。 ちょっとでも魅力的な女性がいると、男性陣がチラチラ。 フリータイムにて、女性に群がる構図が出来上がります。 笑 可愛い子・美人は自然と出会いが生まれますから仕方ないですね…これが現実なんです。 なので、 可愛い子・美人を探すのに、1対1の街コンはオススメできません。 街コンの中で最も難易度が低い 1対1の街コンは初心者にも優しい街コンです。 司会者が進行してくれますし、 必ず1対1で話せる機会を作ってくれます。 なので、 初心者や女性慣れしていない方は、まず1対1の街コンに参加することをオススメします。 私は女性経験が浅かったので、最初は1対1の街コンに参加して経験を積みましたが、良い練習になりました! ただ1対1の街コンであっても、フリータイムは存在。 勇気を出して、声をかける必要があります。 好みの女性にアタックする心構えだけは忘れないように! スポンサードリンク 街コンパーティーならではの感想・レポート 友人と参加する女性が殆ど!ノリで来る人もたくさん 女性は約8~9割が友人と一緒に来ています。 2人組が約7割、3人組が約1~2割ですね。 また、ノリで参加する女性陣もたくさん。 友人と相談して、興味本位で街コンパーティーに来るようです。 逆に、真剣に出会いを求めている女性は少数派ですね。 「理想的な男性がいたらいいなぁ~」くらいの 軽い気持ちで参加していると女性が多いです。 可愛い子・美人は結構いる!熾烈な戦いを勝ち抜け 街コンパーティーには、目を引くような可愛い子や美人が、わりといます。 相方に誘われて参加するケースが多いです。 街コンパーティーに初めて参加したとき、女性のレベルの高さに驚きましたね。 当然ですが、 激戦が強いられます。 大多数の男性陣が目をギラギラさせながら、どのタイミングで話しかけるか、チャンスを伺っています。 自信のある男性には、最高の出会いの場になりますよ! パーティーの種類によって、参加層が全く違う 街コンパーティーは種類によって、参加する人の特徴が全く異なります。 アラサーは婚活ガチ勢。 目の色が違います 街コンパーティーには、アラサーも多く参加しています。 嬉しいことに、美人もチラホラ!ただ、 この層は婚活ガチ勢が多め。 出会いを真剣に求めている反面、 恋活目的の男性には興味ゼロ。 あと、 若い男性にも厳しいです。 わりと体力勝負。 疲れます…1時間もすると、体力がもっていかれます。 しかも、女性と話すとなると、集中したり気を遣ったりもするので、 精神的にも疲弊します。 荷物は少なめに、休憩を入れながら、自分のペースでやりましょう! 頑張りすぎると、顔が死んでいくので注意です(本人談) ハードルは高め。 特に、初対面の女性に声を掛けるのが大変!緊張してしまい、踏み止まりがち。 勇気が入りますね。 なので、ハードルは高め。 女性慣れやコミュ力が求められます! 街コンの中で、1番のポテンシャルを秘めている! 街コンパーティーは難易度が高いです。 そのかわり、 街コンの中で最も可能性が秘められています!• 女性と好きなように話し放題• 女性の参加人数が街コンで1番• 連絡先を大量にゲットできる可能性あり 街コンパーティーは難しい反面、 うまくいけば最高なんです。 一緒に参加できる友人がいる、もしくは女性慣れしている人は、是非とも街コンパーティーに参加して欲しいですね! 趣味コンならではの感想・レポート 一人参加が多い 趣味コンは1人参加の人が多いです。 特にアニメやマンガ、ボードゲームなどのインドア派が好むような趣味コンは、殆どが1人参加! オフ会のイメージに近いです!男女ともに仲良く和やかな雰囲気で行われます。 笑 可愛い子・美人は少ない 可愛い子や美人が参加する確率はレアです。 そして、 個性的な子が多い印象です。 可愛い子や美人が1人でもいると大変です。 大多数の男性の目が輝き出し、オタサーの姫みたいな現象がおこります。 笑 相性が良い女性と出会いやすい 同じ趣味を持つので当然ではありますが、相性の良い女性に出会いやすいです。 周りには 理解できない趣味であればあるほど、親近感もアップ!初対面とは思えないほど、会話も自然に盛り上がります。 趣味コンは友人探しにも使えるので、 軽いノリで参加しても楽しめるが良いです!普通の街コンであれば、友人はできません。 笑 会話に困らないから最強 趣味コンであれば、トークに困りません。 趣味トークで会話が弾み、あっという間に時間が経っていきます。 連絡先の交換も簡単!趣味トークを起点に「 また今度、話の続きしようよ!」と言うだけです。 街コンの中では、やりやすい部類と断言できます! 最後に 私が今まで参加した街コンを振り返り、感想・レポートを本気でまとめてみました。 結論、街コンは何だかんだ楽しいです。 タイプな女性がいない…話しかけられなかった…など、ツライこともありました。 でも、素敵な女性とたくさん話せて最高!と気持ちが舞い踊るときもあります。 そんな運要素も街コンには含まれています。 なので、 色々参加してみると、楽しくなってきますよ!(本人談) 楽しい街コンライフを過ごすキッカケになれば嬉しいです!.

次の

街コン『シャン・クレール』の評判・感想は?男が1人参加した体験談!最高すぎた

街コン 1人 参加

私って相手からどんなふうに見られているのかな... などついつい不安は気持ちになってしまうかもしれません。 そこで今回は、街コンに1人で参加するなら 絶対に押さえておきたい8つのポイント・メリットをご紹介します。 メリットを押さえておくだけで、あなたは自信を持って街コンに参加でき、良い出会いに恵まれる可能性がアップしますよ icon-hand-o-up まずは街コンの種類と特徴を確認しよう! 街コンと言えば、2人1組での参加をイメージされる方も多いかと思いますが、決してそうとは限りません。 大きく 「大型街コン」と 「プチ街コン」の2種類に分けることができるので、この2つについて簡単にご紹介していきますね。 大型街コンについて ・参加者数は 2、30人が一般的。 多い時で50人程度。 ・男性女性関係なく、 1人で参加することができる。 ・料金相場は、男性6000円~9000円、女性3000円~4000円前後 ・1人での参加者が半数以上、または街コンによっては、 全員が1人で参加している場合も。 ・1つのお店または少数のお店のみ指定されていて、その中で食べ飲み放題する ・少人数のため、 相手1人に対する会話量が多くなり、一緒にいられる時間が長い。 ・進行役やスタッフが常駐している。 など、 それぞれ特徴があります。 街コンと言っても、 色々なジャンルがあり、規模も大きいものから小さいものまで様々です! 一見、大型街コンの方が、参加者が多くてたくさん出会えるイメージがあるかもしれませんが、決してそうではありません。 参加者が多いので、1組ずつとの交流がどうしても短くなってしまうのです。 短いということは、それだけで出会えるチャンスを逃してしまう機会が減ってしまう。 また、ライバルが多くなってしまうことだってあるんです。 ですので、あなたが1人で街コンに参加しようと検討していることは、 チャンスが増える! 出会うための選択として正しいので、まず自信を持ってくださいね icon-hand-o-up 街コンに1人で参加するなら押さえておきたい8つのポイント 先ほどお伝えしましたが、1人で参加すること時点で、あなたは通常の街コンに参加するより、良い出会いをする可能性がアップしているので、自信を持ってください! そして 一人で参加するメリットをさらに活かすことで、 出会える可能性はグッと増します。 あなたが恋人がほしいという理由で参加するなら、 「プチ街コン」は最適です。 なぜかというと、プチ街コンの参加者は、 恋人がほしいという目的で参加されている人がほとんどだからです。 大型街コンでは、人数が多く、様々な目的の方がいるので、目的を探らなければなりません。 恋人が欲しいから参加しました! 両者の目的が違うので、もちろん今後の展開は期待しにくいですよね。 しかし、プチ街コンの場合、その必要がなく、 「恋人がほしい」という目的を持った人の集まり場ですので、 「相手の目的を知っておかないと!」という変な気遣いが必要ありません。 それを知っておくだけでも、気持ちは楽になりますね! 1人街コンは、相方がいないからこそ自由に動ける 2人1組だと、どうしても友達に気を遣ってしまって、聞きたいことが聞きにくかったり、自由に行動できなかったりしますよね。 しかし1人で参加する場合、 自由に行動でき、会話も自分のペースですることができます。 気になる相手がいれば、席を移動して アプローチしやすいですし、気になる相手じゃなかった場合も、あなたが席を外すことができます。 2人で参加すると、少なからず タイプの相手が被ってしまうことがあります。 友達と気になる人が被るって気まずいですよね!もめるのも嫌ですし、それは 避けたいところです。 そんな状況を作らないためにも、一人で参加した方が良いのです。 1人街コンは、相手へアプローチしやすい 2人で参加して、例えば相方から 「気になる人がいたらどんどん積極的にアプローチしていいよ!」と言われたとしても、意外とアプローチしにくかったり、できないなんてこともあります。 友達でも恋愛になると気を遣う人って結構いるんです。 「空気を壊さないようにしよう...」「友達にできるだけ合わせよう」「自分も盛り上げないと!」など。 大切な友達だからこそ、そう思うのは当然です。 しかし、恋活では 行動しないと良い出会いにはなかなか恵まれませんよね。 恋人がほしくて恋活しているのであれば、 やはり一人で参加し、 自分の気持ちに素直になりやすい環境にいた方が絶対にいいんです icon-hand-o-up そういう意味では、1人で参加したほうが、アプローチしやすい環境が整っていると言えます。 1人街コンは、自分の殻を破れる こちらは意外とポイント! 自分の性格やキャラって、友達によって変わるという方が結構いるんではないでしょうか? 友達と一緒に行くなら、その友達が頭に描いている、 あなたのイメージが必ずあると思います。 「 そのイメージを崩したらいけない」とか 「 今まで通りの自分でいよう」という気持ちになると、意外と会話できなかったり、行動できないなんてこともあります。 参加者が少ない街コンの方が、各料理にあてられる時間が多くなることは予想できますよね。 逆に参加者が多いと、お店側も早く回転させないといけないので、自然と料理の質は下がってしまいやすいです。 1人街コンは、2人で会話する機会が多い 2対2の状況より、1対1の状況の方が話しやすいですし、たくさん会話もできますよね! また街コンの企画内容によっては、ゲーム形式で一緒に楽しめたり、ひとりひとりと交流できる時間が設けられるので、 お互いのことをたくさん知るチャンスが多いです。 上記に7つポイントを書きましたが、それらのメリットがあってこその、連絡先交換に繋がるのです。 そして、それを知った上で しっかり行動することが大切! もちろん初対面の相手と会話することになるので、ちょっと不安に感じているかもしれません。 icon-hand-o-up 人気No. 1の企画「1人参加限定パーティー」がある!! ・一緒に行ける友人がいない... ・話しかけたい相手が複数名での参加だと、話しかけるタイミングや、話しかける第一歩を踏み出しづらい...。

次の