ラブラドール レトリバー。 ラブラドールレトリバーの飼い方!性格や特徴、しつけや寿命は?

ラブラドールレトリバーの飼い方!性格や特徴、しつけや寿命は?

ラブラドール レトリバー

ラブラドールレトリバーの寿命を延ばすための食事 愛犬に長生きしてもらうためには、食事が大切になります。 現在はいろいろな種類のドッグフードがあり、栄養バランスも整っている物がほとんどです。 ラブラドールレトリバーは食べることが大好きなので、与えたら与えただけ食べてしまいます。 食べ過ぎは肥満に繋がり、ラブラドールレトリバーは肥満になると寿命が短くなるといわれているので、一日に与える量を決めて、バランスの良い食事を心がけてください。 ラブラドールレトリバーの寿命を延ばすための基本の食事は「ドライフード」です。 たくさんの種類があって選ぶのが難しいかと思われますが、決め手はうんちです。 うんちが固すぎていたり、逆にやわらかすぎたりしていればドッグフードが合っていない可能性がありますので、チェックしてみてください。 また、添加物などが入っていない良質なものを選ぶのもラブラドールレトリバーの寿命に関わる大切なことです。 毎日同じ食事ばかりでは、犬も飽きてしまい余計に人が食べるものを欲しがるので、栄養のバランスを考えながら、ときどき缶詰フードや少量の鶏のささみ、脂分の少ない牛肉を茹でたものなどを、茹で汁と一緒にドライフードに混ぜるといいと思います。 犬が欲しがるからといって、人間の食べ物を与えてしまうと、カロリーや塩分がオーバーしたり、香辛料も犬の身体には負担になったりします。 また、ドッグフードを食べなくなったりもするので、人間の食べ物が犬の口に入ることのないように気をつけましょう。 おやつの注意点 しつけのご褒美としてビスケットなどのおやつをもらえることは、犬にとって最高の喜びであり、ストレス発散にもなります。 しかし、おやつも与えすぎれば肥満に繋がりますので、おやつをたくさんあげすぎないように1日にあげる量は決めましょう。 もちろんこのおやつのカロリーは1日の摂取カロリーの中に含めるようにしてください。 オススメのおやつは、歯固め用のガムです。 食べることが大好きなラブラドールレトリバーにとって、歯の健康を維持することも、寿命に関わる大切なことです。 定期的に歯固め用のガムを与えることで、歯茎のマッサージをしたり、噛むことで強い歯や顎をつくり、維持します。 ガムを与える際には誤飲などの事故防止のため、なるべく大型犬用のガムを選ぶようにしましょう。 ラブラドールレトリバーの寿命を延ばす運動方法 ラブラドールレトリバーは猟犬として活躍していただけあって、とても体力がある犬種です。 そのため、 かなりの運動量が必要だといえます。 普段の散歩はもちろんのこと、ドッグランや広い場所でのボール拾い、フリスビーなどを使って思いきり走る機会を作ってあげることも大切です。 そうすることで、体力作りだけではなくストレスも発散されるので、ラブラドールレトリバーの寿命を延ばすことに繋がってきます。 成犬(1歳頃)になったら、1回の散歩時間をできるだけ30分~1時間くらいにするのが理想的です。 それぞれの愛犬の様子をみながら疲れ過ぎないよう、ラブラドールレトリバーの寿命が少しでも延びるように、適度な運動を心がけてください。 ラブラドールレトリバーの寿命に関わる病気• 股関節形成不全• 進行性網膜萎縮• 悪性腫瘍(皮膚腫瘍・悪性リンパ腫)• 白内障• 眼瞼内反症• 甲状腺機能低下症• 心疾患 ラブラドールレトリバーがかかりやすいといわれている病気がいくつかあります。 まずは「股関節形成不全」です。 股関節の異常によって普通に歩けなくなったり、お座りができなくなったりします。 この病気の約70%くらいが遺伝といわれています。 遺伝以外で考えられるのは、身体が急速に成長する生後60日くらいの間に、何らかの形で余計な力が加わってしまったり、太り過ぎや運動のし過ぎになどによっても起こります。 散歩をしているときに、脚を引きずっていたり、跳ぶような仕草をしていたり、座るときに左右に倒れていたら要注意です。 それから、こちらもまた遺伝性の「進行性網膜萎縮」という病気で、網膜が薄くなって視力の低下を引き起こし、最終的には失明に至ります。 少しずつ進行するため、初期の段階では気づきにくいのですが、薄暗いところなどで頻繁に物にぶつかるときは、その病気を疑ったほうがいいと思います。 この二つの病気は、発見が遅れればラブラドールレトリバーの寿命にも関わってきます。 そしてもう一つ、ラブラドールレトリバーがかかりやすい病気は、「悪性腫瘍」です。 特に「悪性リンパ腫」や「皮膚腫瘍」は6歳以上のラブラドールレトリバーに多く発症します。 悪性リンパ腫は、嗜眠(高熱などで常に睡眠状態に陥っている状態)や体重の減少、食欲の低下などの症状から始まることが多く、それらの症状に加えて顎の下や膝の裏、わきの下などのリンパ節が膨らんだりします。 肝臓や脾臓に腫瘍がある場合には、肝臓や脾臓あたりの腹部が膨らむことがあります。 皮膚腫瘍の場合は、日頃から愛犬とたくさんスキンシップをとることによって、早期に発見をすることができるといわれています。 早期発見で、ラブラドールレトリバーの寿命が少しでも長くなるよう、愛犬とたくさん遊んで触れ合ってあげてください。 他にも、白内障や眼瞼内反症、甲状腺機能低下症、心疾患なども発症しやすく、注意しなければなりません。 犬は成長が早い分、病気の進行も早いといわれています。 ラブラドールレトリバーの寿命を延ばすために、病気を早期発見できるよう、定期的に健診を受けることが賢明です。 ラブラドールレトリバーは、看護学校で飼っていました。 その子は、七歳を越えていて、白内障でした。 ですが片目はうっすら見えていたみたいでちょこちょこ付いてきては鼻をクンクンして可愛いかったです。 鼻がまだまだきいていたので、元気でした。 運動は大好きで、ボールを転がすと足で止めようとしたりくわえたり、ボール遊びが大好きでした。 クリーム色のわんちゃんでした、当時の私には珍しくて貴重な存在でした。 賢くてよくなついてくれました。 緊張しましたが、白内障の手術の日もしっかりともちこたえてくれて、だいぶん、見えるようになり、元気も出てきて大好きなボール遊びも少しスムーズにできるようになりました。 ラブラドールレトリバーは人気の犬種でしたが、種類を越えた可愛さでした。

次の

ラブラドールレトリバーの寿命、病気、体重、健康のポイントは?

ラブラドール レトリバー

ブリーダーの子犬をお探しなら愛犬の友ブリーダーズサイト ブリーダーから子犬を直接購入できる専門サイトです。 全てのブリーダーの子犬に1ヵ月の健康保証が付いています。 ブリーダーの子犬は全頭純血種の子犬を紹介。 全国の優良ブリーダーが健康な子犬を販売しています。 お知らせ 新型コロナウイルス対策のため、運営事務局へのお問合せはメールのみとさせていただいております。 ご了承ください。 新規ご利用のお客様へ 当サイトは6月30日をもって閉鎖させていただくことになっております。 7月1日以降はログインできなくなり、サイトを通じてブリーダー様への連絡も行えなくなります。 誠に申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願いいたします。 愛犬の友ラブラドール・レトリバーブリーダーズサイトは全国の優良なブリーダーのラブラドール・レトリバーの子犬を紹介するサイトです。 全国の優良ブリーダーから直接ラブラドール・レトリバーの子犬が購入できます。 ラブラドール・レトリバーブリーダーズサイトでは子犬と飼い主が幸せな生活をおくることを目的におき、これから10年以上、家族同様に一緒に暮らしていく性格的にも肉体的にも健康なラブラドール・レトリバーの子犬を紹介することが必要と考えます。 生後、子犬の成長に重要な時期に母親や兄弟たちとよく接し、遊び方や社会性を学んでいなければ、遊び方や社会性を知らない子犬は成長とともに問題行動(無駄吠え・噛みグセ・他の犬と仲良くなれない)と言われる行動をとってしまう可能性が高くなります。 優良ブリーダーは、母親からの免疫が弱まるその子犬にとって適正な時期にワクチン接種をしています。 その一方、ブリーダーから直接購入しない場合では流通過程において、やもなく適正な時期に接種出来ていない子犬も存在します。 このような問題行動や病気などが原因で、子犬と飼い主の幸せな生活がおくることが出来ず、犬達との生活を諦める飼い主は少なくありません。 愛犬の友ラブラドール・レトリバーブリーダーズサイトでは全国の優良ブリーダーのラブラドール・レトリバーの子犬を紹介する事により、ブリーダーの元で母親や兄弟達とあたたかな時間を充分に過ごし、適正な時期にワクチン接種がされたラブラドール・レトリバーの子犬を紹介することで1頭でも多くのラブラドール・レトリバーの子犬達が幸せな生活を飼い主とおくれることを願い運営しています。 是非、愛犬の友ラブラドール・レトリバーブリーダーズサイトを通じて優良ブリーダーの子犬に出会われてください。 ラブラドール・レトリバーの魅力としつけやお手入れなどやブリーダーの犬舎でのラブラドール・レトリバーの子犬のチェックポイントなどを抜粋してご紹介します。 ラブラドール・レトリバーの子犬と幸せな素晴らしい生活をスタッフ一同、心より願います。 ラブラドール・レトリバーの魅力・解説 ラブラドール・レトリバーの性格は、他の犬にも人にも友好的であり、我慢強さと優しい気質も持ち合わせています。 元来、知性、学習能力も高いので、しつけもある程度しやすいタイプですが、若い時期はとてもエネルギッシュな犬種でもあるので、それなりのコントロールはできるようにしなければいけません。 ラブラドール・レトリバーは大型犬なので、そのパワーに振り回されないよう注意が必要です。 頭がよく、おとなしくて優しい気質と艶やかな毛並がラブラドール・レトリバーが人気犬種となる理由の一つといえます。 ラブラドール・レトリバーのトイレトレーニング トイレの場合、ラブラドール・レトリバーに限らず多くの子犬達は睡眠後、目が覚めたらすぐに尿意をもよおすと言われていますので、起きた時や食事の後などのタイミングで決められたトイレの場所に連れて行きます。 最初はなかなかしてくれませんが、繰返し行うことで尿意や便意をもよおすようになります。 ラブラドール・レトリバーの基本的なしつけの注意点 ラブラドール・レトリバーに限らず子犬のうちに基本的なしつけを覚えておけば、あとあとも役にたちます。 最初のしつけは言葉の意味を理解させることからスタートです。 「いけない(叱り言葉)」「よーしよし(褒め言葉)」「スワレ」「マテ」の4パターンを飼い主が決めた統一した言葉でしつけると効果的です。 色々な人から色々な言葉で話し掛けられると、子犬も理解できなくなり、結果しつけも思うようにいきません。 ラブラドール・レトリバーの効果的なしつけ ラブラドール・レトリバーの子犬のしつけの上手下手は、ほめ方によって決まると言われます。 ほめる時には名前を呼びながら愛情込めて撫でてあげてください。 ラブラドール・レトリバーの子犬がやすらぎ心地よいと感じることが大切です。 また、𠮟る時に大切なのはタイミングです。 ラブラドール・レトリバーに限らず子犬は善悪が判らないので𠮟る言葉で理解していきます。 タイミングがズレていると何が駄目なのかが判らないままになります。 ラブラドール・レトリバーのお手入れ ラブラドール・レトリバーというと、大型犬なので外飼いのイメージがどうしても強くなりますが、外飼いでも室内飼いのラブラドール・レトリバーでも汚れてきたら洗わなければ不健康になりますので正しいグルーミングは皮膚病などの病気の予防にも必要です。 ラブラドール・レトリバーが成犬になって嫌がらないように子犬の頃からよくスキンシップをとって毎日のお手入れをするようお勧めします。 またラブラドール・レトリバーの皮膚を清潔に保つ方法として入浴とブラッシングがありますが、とくに臭ったり、毛がべトついたりして汚れていなければ毎日のブラッシングで十分です。 ラブラドール・レトリバーをブラッシングするときには上毛と下毛の2枚のコートを持つ犬種ですので下毛にもしっかりブラシが届くようにおこなうことにより死毛(抜け落ちるべき毛)が取れ、これを取り除くことでコートが毛玉になることを防ぐのと同時に皮膚病予防にもなります。 被毛を守る意味においては、予めスプレーを掛けてからおこなうのも良いでしょう。 ラブラドール・レトリバーのトリミング ラブラドール・レトリバーは基本的には、トリミングを必要としない犬種です。 ブリーダーの犬舎でのラブラドール・レトリバーのチェックポイント ラブラドール・レトリバーの子犬の選択ポイントは健康面でのボディチェックも必要ですが、どのラブラドール・レトリバーの子犬も健康ならば次に重要なのは性格です。 容姿がいいと一目惚れをして「この子!」と決めがちですが、出来れば広い場所でラブラドール・レトリバーの子犬たちが自由に行動する様子を観察するのを勧めます。 他の子犬達とじゃれ合うラブラドール・レトリバーの子犬は、明るい性格の持ち主。 さらに「おいでおいで」と呼びかけると喜んで駆け寄ってくるような社交性のあるラブラドール・レトリバーの子犬が理想です。 逆に人の顔を見て、慌てて犬舎へ逃げ込むようなシャイなラブラドール・レトリバーの子は大きくなれば警戒心が強く無駄吠えや人に威嚇したりすることも充分に考えられしつけも手が掛りがちになるといわれます。 「目は心の窓」と言われますがラブラドール・レトリバーの子犬の場合も同じです。 とくにラブラドール・レトリバーの瞳は澄んだ眼差しの奥には知性が宿っています。 キラキラ輝いて好奇心一杯の目をしており、手をパンと叩いたときに身体全体を音の方向に向けてしっかりと見据える、そんなラブラドール・レトリバーの子犬が賢く、強い精神力を持った子犬と考えられます。 是非、愛犬の友ラブラドール・レトリバーブリーダーズサイトを通じて優良なブリーダーが育てたラブラドール・レトリバーの子犬と幸せな素晴らしい生活を送られてください。

次の

ラブラドール・レトリバーブリーダーズサイト・愛犬の友|ブリーダーの子犬を販売する純血種ブリーダー専門サイト

ラブラドール レトリバー

ゆったんについて 「ゆったん」はラブラドールの女の子で2016年11月23日生まれ、2017年3月にわが家の一員になりました。 このブログではゆったんの実際の体験を踏まえて記事を書いています。 こんにちは。 今回は 室内飼いのラブにケージやサークルは必要なのか、そしてケージやサークルにはどんな性能が必要なのかを調べてみました。 きっかけは、犬を飼っていない友人に 「室内で犬を飼うのに小屋(ケージやサークル)っていらないんじゃない?」 と言われたことです。 友人は「室内で犬を飼うなら家自体が小屋みたいなものだよね」という考えでした。 それを聞いて、 「 ケージやサークルを室内で使うメリットとデメリットってなんだろう」 と疑問に思いました。 せっかくなのでケージやサークルの必要な機能も考えてみることにしました。 ケージやサークルを使うメリットやデメリットを知りたい• ケージやサークルに必要な機能を知ってから購入したい• ケージやサークルの違いがわからない という人は最後まで記事を読んでみてださいね。 よくわからないままケージやサークルを買って結局買い直す羽目になったという危険を回避できるので効率的にケージやサークル選びができるようになると思いますよ。 ラブラドール ケージやサークルを使うメリットやデメリット 私がゆったんをケージの中に入れておく時、どうしても 「ゆったんを閉じ込めている」というネガティブな感情を持ってしまっていました。 ケージの中に閉じ込めておくのはかわいそうに思ったりもしました。 しかし、色々調べていくうちに 実は犬は元々は穴倉動物で穴を掘って小さな巣を作って住む動物だったということを知りました。 そして、その穴の中で休むということが習性だったので その穴の巣に代わる物を用意してあげることが必要なようです。 家の中で飼う場合は、その穴の巣に代わる物がケージやサークルになります。 ケージやサークルがあり囲まれていることで、自分のテリトリーが守られてリラックスして安心できる空間になるんですね。 外敵から身を守るための警戒心や防衛本能から解放されるようです。 「室内で外敵っている?」と思ったしまったんですがよく考えてみると• 苦手な来客• 雷の音や花火の音• 掃除機などの音の大きい家電製品 など、 「犬にとっての外敵」は室内にもたくさんあったんですよね。 そして驚いたのは、 リラックスして安心できる空間があることで犬の性格も落ち着いたものになりやすくなるということ。 ケージやサークルがないと常に警戒していないといけないから落ち着きがなくなってしまうそうなんです。 確かにゆったんも「怖い」と思うと必ず安心できる場所に行くんですよね。 それはケージだったり、机の下だったりと常に一緒ではないんですが リラックスして安心できる空間がちゃんとあるんです。 また、他のメリットはケージやサークルがあると「群れの中の順位付け」がうまくいくことが多いそうです。 ケージやサークルがないと犬はリーダーと同じ行動範囲で生活することになり、 自分が飼い主と同じ立場(ポジション)と思ってしまうことがあるそうです。 そうなると、 しつけがうまくいかなくなってしまう危険があるそうです。 子犬の頃からちゃんとケージやサークルを用意してあげて自分のテリトリーを作ってあげることが大切なんですね。 そして、 ケージやサークルを用意してあげることで犬を危険から守れることも大きなメリットです。 ゆったんは子犬の頃は家の中で色々なものを見つけては遊んだり、食べたりしてしまったので出かける時には子犬の頃はケージの中にほぼ入れるようにしていました。 少し大きくなったから室内で自由に動けるように、とケージに入れずにでかけた時には色々なものが破壊されて更には食べられたりしてしまってたんです。 その中で 一番怖かったのは、ゆったんが留守中にDVDのディスクをバキバキに割って食べてしまった時です。 割れた部分がかなり鋭利になっていたのでゆったんを救急病院に連れていき吐かせる処置をしたのですが、待っている間本当に生きた心地がしませんでした。 結局お腹の中に破片は見つからず何事もなく済んだのですが、 もし破片がお腹に刺さっていて開腹手術になっていたらと考えると恐ろしく、ケージやサークルに入れておく必要性を感じましたね。 それ以外にも、 病院の入院時や災害時などケージに入れる必要がある時にもケージに入る事に慣れていればストレスをそんなに感じずに済むということもメリットです。 反対にケージやサークルのデメリットとして考えられるのは、 ケージやサークルのを置くスペースを作る必要があるので部屋が狭くなってしまうということです。 また、 ケージやサークルは購入して実際に使うと本当に必要な大きさなどが想像とは違っていたりします。 わが家も実際に使用してみて大きさが足りなかったり、高さが高すぎたりして結局2度ケージを買い替えています。 そして、ケージやサークルがあれば掃除も必要になります。 ケージやサークル内でウンチをすると踏んだり食べてしまう危険もあります。 でも、これまでのメリットとデメリットを比べるとメリットのほうが大きい気がしますよね。 私はやっぱり犬のためにも危険を回避するという意味でもケージやサークルは必要だと思います。 ラブラドール ケージやサークルの正しい使い方と必要な機能 ただ、ケージやサークルの使い方を間違えるとケージやサークルに入ることを嫌がるようになってしまいます。 私も以前、知らずに間違った使い方をしてしまっていたんですよね。 悪いことをした時に罰としてケージにゆったんを入れてしまっていたんです。 それからしばらくゆったんは 「ケージに入れられる=罰」のように思ってしまったようでケージに入れるとずっと嫌がってクンクン泣いていました。 ケージが安心して落ち着ける場所になるためには罰として閉じ込めたりしてはダメだったんですね。 ケージやサークルの正しい使い方はケージやサークルの中は「楽しい」と思わせてあげてリビングなど家族が集まる場所で犬が1匹にならない所に置いてあげることです。 必要な機能は犬の性格によっても変わってくると思いますが、必要最低限なのは• トイレのスペース• 寝る(ベッドを置く)スペース• 水飲みを置けるスペースもしくは掛けられる所• 脱走しない高さもしくは屋根 だと思います。 そして、下に取り外し可能なトレーが付いているなどの 掃除しやすいもののほうが清潔さを保てるのですがプラスチック製のトレーはどうしても濡れると滑りやすくなってしまうんですね。 ゆったんもプラスチックのトレーを使っていた時は滑ってばかりいて心配になったので、わが家は トレーではなく濡れてすべりにくく汚れをすぐ拭き取ることができるペット用のフロアマットを代わりに敷いています。 そして、ケージやサークルを家の中で移動する事が多いならキャスターが付いていたら便利だと思いますし、それぞれの環境で必要な機能も変わりますよね。 環境に応じて必要な機能を考えてケージやサークルを決めてもらうのが一番失敗がないと思いますよ。 ラブラドール ケージとサークルの違い 実はケージやサークルには違いがあるんです。 私も初めてケージやサークルを探したときはどちらがどんなものかをよく知らずに探していたんですが、 ケージ:スチールや金網などでできた囲いで側面だけでなく床面と屋根がある サークル:側面のみの囲いで床面や天井がないもの という違いでケージかサークルかが変わってくるみたいです。 ただ、色々見ていくと ケージでも屋根が別売りでつけないまま使うこともあるしサークルでも別売りで屋根や床面を付けられるものもあります。 なので実際にはケージやサークルはそこまでの違いがないように思ってしまいます。 実際にamazonで 「大型犬 ケージ」と 「大型犬 サークル」で検索してみました。 こちらが 「大型犬 ケージ」で検索した時の検索結果です。 そして、こちらが 「大型犬 サークル」で検索した時です。 検索結果は微妙に違うものの、似ていますよね。 わが家はケージとサークル両方を買った経験がありますが、そんなに差を感じませんでした。 室内ケージやサークル選びをする時に重要なことは、 環境や犬の性格に応じて必要な機能を考えて選ぶことだと思います。 サークルやケージ選びで迷っているならわが家のケージとサークル選びの体験談を書いてみましたので読んでみてくださいね。

次の