ノン アルコール ワイン。 NON ALCOHOLIC WINE & WINE

ノンアルコールシャンパン(スパークリングワイン)のおすすめランキング

ノン アルコール ワイン

ノンアルコールビール、ノンアルコールカクテルなど、いまや運転する人やお酒を飲めない人にも大人気の「ノンアルコール飲料」。 中でも注目したいのは「ノンアルコールワイン」です。 これはアルコールを除去する方法と、そもそもアルコールを生成させない方法で作られたワインのこと。 口当たりも良く、されています。 アルコールの除去により作られたワインとは!? ノンアルコールワイン、それってただのぶどうジュースじゃない!?いいえ、そんなことはありません。 ワインを作る工程で、まずは脱アルコール製法で作られたものと、はじめからアルコールの生成をおさえて後に本物のワインに似た風味をつける工程があります。 まずアルコールを除去する方法のワインは、大きく分けて三つの工程があります。 「蒸留法」、「逆浸透法」、「揮発性物質回収法」と呼ばれる方法です。 いずれもアルコール分と水分を分離する緻密な作業ですが、ヨーロッパでは約20年前から低温下で選択的にアルコールを除去する「蒸留法」が用いられ、ワインらしい味と香りから人気を博しています。 アルコールを生成しない方法のワインとは!? 一方「アルコールをはじめから作らないよう」発酵させてノンアルコールワインを作る方法もあります。 ぶどうの糖分を減らす、発酵を途中で止める、酵母を変えて発酵を促すなど、ノンアルコールビールを作るときの手法に似ています。 こちらの手法は日本国内でも製造されることが多く、シャトー勝沼の「カツヌマグレープ」などがあります。 この手法でできたワインは、アルコールを除去した方法で作られたワインよりも果汁成分を強く感じることが多いようです。 それでもぶどうジュースとは違い、ワインテイストをしっかり感じる商品が多く、濃密なぶどうの味わいとワイン特有の酸味やコクを味わえると人気があります。 たまには「ノンアルコールワイン」を楽しんでは? ノンアルコールワインが人気なのは、妊婦さんやお酒が飲めない人でも楽しめるほか、「健康に良い」と評されることが多いからです。 ノンアルコールワインも通常のワイン用のぶどうから作られていることが多いので、レスベラトールなどのポリフェノールは豊富に含まれています。 そのうえカロリーは普通のワインに比べて約半分ほど。 通常ワインに合う食事と言えばチーズや牛肉などのステーキ、毎日食事と一緒にワインを楽しむ方はどうしてもカロリーオーバーになりかねません。 その点ノンアルコールワインに変えれば、アルコール摂取量を気にすることなく、美しく健康的に食事もワインも楽しむことができるのです。 MELLOWは本格ワインのノンアルコールワインをオススメします!.

次の

VENDOME CLASSIC

ノン アルコール ワイン

【1100~1400円】 ボンヌーベルは、 フランスで初めてノンアルコールワインを造ったメーカーです。 フランス国立農業研究所と共同で開発した方法で、 本物のワインからアルコールを除去しています。 厳密には 0. 2%程度のアルコールが含まれていますが、フランスの法律では0. 5%未満はノンアルコールと見なされます(日本の法律では1%未満)。 ちなみに「 サンズアルコール」とは耳慣れない言葉かもしれませんが、「サンズ sans)」は英語で言う「without」で、「~なしで」という意味。 つまり「サンズアルコール」は「 ノンアルコール」のことなのです。 ボンヌーベルでおすすめは、 単一品種の スティルワイン(赤: メルロー、白: シャルドネ、ロゼ: シラー)ですが、日本では流通が少ないのが残念。 スパークリングでは、酸がしっかり立っている本格的な味わいの 白がおすすめです(ロゼはやや人工的な風味が目立ちます)。 【800~1500円】 スタッセンは ベルギーの老舗飲料メーカーで、シードルの甘口を得意としています。 ノンアルコールワインに関しては、前述のボンヌーベル同様、 本物のワインからアルコールを除去しており、こちらは嬉しい、度数 0. 0パーセント。 おすすめは、 スパークリングの「 デュク・ドゥ・モンターニュ」ですが、「 やや甘口」なのでご注意ください。 とは言え、シャンパーニュの「セック sec 」に相当する程度の軽やかな甘さで、ノンアルコールなのに舌の上で アルコールと錯覚するようなボリューム感はお見事。 ちょっとだけ甘いことさえ目をつぶれば、本物のスパークリングワイン近い 本格的な味わいです。 スティルワインなら、白の シャルドネがおすすめ。 シャルドネの 柑橘の香りを上手く引き出した「 やや辛口」です。 【4000~4600円程度】1688年のフランスで、カトリック教会の司教が「 女性が永遠の愛に満たされる妙薬」を信者に託したという 伝説があったそうです。 この「妙薬」の レシピが1988年に発見され、これを復元したのが、 メゾン・オノレ・ドゥ・フォーブール(MHdF)社。 2011年に ロゼ泡が、2014年に 白泡がリリースされました。 その「レシピ」の詳細は非公開ですが、ロゼに関してはどうやら赤・白のぶどう濃縮ジュース(果汁100%)をブレンドし、マスカットとアールグレイのアロマを微量加えている模様。 さすがに味わいの「ワイン感」は薄く、個人的にはこれを「ノンアルコールワイン」と呼ぶのは気がひけますし、 コスパも今ひとつです。 とは言え、 香りの複雑さは面白く、完成度の高い「 大人のぶどうジュース」といった趣があります。 また、 高級感のあるボトルは文句無しに格好いいので、甘口ノンアル派の方への ギフトにいかがでしょうか。 【1400~1500円】 ル・ポルミエは フランス・ノルマンディー地方の生産者で、ノルマンディーと言えばリンゴのスパークリングワイン、シードルの銘産地。 こちらの造る ノンアルコールシードルの ロゼは 世界初です。 ラインナップには ロゼの「 ペピネル」と、 白の「 ポミヨン」があり、いずれもリンゴ果汁に炭酸を加える製法で、ロゼにはエルダーフラワーやハイビスカス、ベリーなどを配合、白にはバニラエキスを微量加えています。 いずれも「 やや甘口」ではありますが、リンゴ本来の 酸味を生かしており、 後味は爽やか。 味わいに 上品さがあります。 ちなみに醸造責任者のブノワ・シモテル氏は、シャンパーニュの名門 ヴーヴ・クリコでプロダクト・マネージャーを務めた人物。 その技術は、このシードルにもしっかり生かされています。 トンボ飲料は現存する最古の ラムネメーカーで、子供向け擬似シャンパン「 シャンメリー」を造っているメーカーでもあります。 通常ノンアルコールワインを造るには、いったん普通のワインを造ってから何らかの方法でアルコールを除去するのが一般的ですが、こちらの「セレブレ」では、詳細は非公開ながら「 アルコールを生成しない」ように 通常のワイン同様の発酵過程を経ることによって、アルコール 0. 0%を実現しつつ、一般的なアルコール除去では抜けがちな ワインのコクをキープするとのこと。 たしかに、ブドウ果汁を発酵しないと得られない ワインらしさは感じられますが、 甘味はやや目立つので、日頃から甘口ワインがお好きな方におすすめです。 【3000~3300円】 マノワール・デ・サクレは ベルギーのメーカー。 創業者のジェニー・クゴート・ルラン氏は、UAEの王族の結婚式で、イスラムの人々がドロリとしたフルーツジュースをフルートグラスで飲んでいるのを見て、「もっとエレガントなノンアルコールドリンクを造らなければ」と感じて、この商品を開発したそうです。 イスラムの人々も飲めるように、アルコールはもちろん 0. 低温加熱殺菌によってアルコール発酵を止めるという方法を採用しています。 ブドウはフランス産のガメイ、プールサール、シャルドネ、ミュスカを使用し、若干口当たりの甘い「 やや辛口」ながら、 香り豊かで酸味もしっかりしており、 味わいは本格的です。 カタール航空のファーストクラスや世界の一流ホテルやレストランにオンリストしており、 高級感あるボトルも好印象。 価格がちょっとお高めですが、今回ご紹介している中では 最も本物のワインに近い、かなりおすすめのノンアルコールワインです。

次の

ノンアルコールシャンパン(スパークリングワイン)のおすすめランキング

ノン アルコール ワイン

・ワイン• ・スパークリングワイン• ・酒精強化ワイン• ・ウイスキー• ・ブランデー• ・リキュール• ・日本酒• ・焼酎• ・ビール• ・ソフトドリンク• ・食品・食材• ・ギフトにお勧め• ・愛媛産• ・愛媛のお酒• 店頭販売と在庫を共有しているため、在庫切れの場合は入荷次第のお届けとなります。 (当店からの注文受付メールでお届け予定日をお知らせします) 赤字 の日はお休みです。 お問い合わせへのご回答、 商品の発送等は お休みさせていただいております。

次の