シークエンス は や とも インスタ。 シークエンスはやとも(霊感芸人)の話は本物?怖い話や事故物件,wiki情報をリサーチ

シークエンスはやとも殺人事件きっかけで霊感強くなった?は本当?

シークエンス は や とも インスタ

『シークエンスはやとも』という霊感芸人に以前実際に霊視してもらいました。 最愛の夫の喪失から、どうにか本当の霊能力者に会ってみたいと思い色々と調べた結果、本当に霊が見えているのかもしれない・・・と唯一感じた芸能人です。 霊が見えているのかなと思う理由は、以前にご紹介しました『過去に強い霊能力があったミサさん』と、霊にまつわる共通したことを多々話していることが、そう考えるきっかけとなりました。 今回はそんなシークエンスはやともさんについて、そもそもシークエンスはやともってどんな人なのか、どのような方法で霊視鑑定をしているのか、順を追ってご紹介していきたい思います。 (ちなみに、この記事はかなり前に作成し始めていたのですが、最近なにかと更新出来ずにここまで延びてしまいました・・。 現在新しい仕事が始まり心機一転、今後もまたちょくちょく更新出来たらと思います!) 目次• シークエンスはやともってどんな人? 出典: シークエンスはやともさんは1991年7月8日生まれのA型で、東京都出身のよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のピン芸人さんです。 強い霊能力を幼少時期から持っており、普段から簡単に見えてしまう方で、特に調子のいいときはガンガン見えてくると語っています。 また、犬が大好きだそうで、犬を見たら駆け寄ってしまう性分なんだとか。 犬好きにまつわる霊体験エピソードが1つあり、過去にフレンチブルドッグの幽霊犬「ラガー」を買っていたそうですが、両親と住んでいた自宅が火事にあった際に、亡くしてしまった経験があるそうです。 まだラガーは7歳半でした。 そんなラガーが、ある日突然、新居に現れたそうで、それ以来、今でも一緒に暮らしているそうです。 そんな、幽霊犬をも買っているシークエンスはやともさんは、『ポップな心霊論』という連載コラムを時々更新しています。 このコラムもとても人気なようで、そこで様々な霊体験エピソードを語っているのですが、そのエピソードはとても具体的で興味深い内容になっています。 当時住んでいたのは、東京郊外の3階建てアパートの3階。 ある日、ベランダに出て外を眺めていると、向かいの高層マンションから2人のおじさんが出てきました。 2人は何やら争っている様子でもみ合いになり、僕がいたベランダの真下あたりにやってくると、1人があおむけに倒され、もう1人がそこに覆いかぶさって刃物でメッタ刺しにしたのです。 あまりの出来ごとに、ただただ上から見ていたら、あおむけになって刺されているおじさんと、しっかり目が合ってしまいました。 あれはたぶん、亡くなる最期の瞬間だったんだと思います。 翌朝、目が覚めてふと横を見たら顔がありました。 きのう殺されたおじさんが僕の隣にいたのです。 さすがに「あ、これは霊だ」と思うしかありませんでした。 引用元: 生きていれば信じられないような出来事を体験することがあります。 もともと霊感が強い方は、何かしらの霊体験を実際に体験して、その後の霊能力の開花につながっているような気がします。 シークエンスはやともさんの霊視方法とは? 霊視が出来る霊能者の方曰く、霊視方法は人それぞれだと言い、多くの場合は目を瞑るか半眼になるなどして、まぶたの裏に映像や画像を映し出すのが一般的だと語っています。 人によっては目を閉じなくても霊視ができる人もいて、普段から生きている人と同じように、霊がその辺をうろうろとしているのを目撃する方もいます。 そのほかにも、霊能力者自身が「現場」へと意識を飛ばし、事柄を見るといった方法もあります。 私が以前ご紹介した方 「ローラリンジャクソン」という方は、ウィンドブリッジ・ヒューマンポテンシャル応用研究所、およびフォーエバー・ファミリー会から霊能力の正式認定を受けている、アメリカで唯一公式に認められている霊能者のお一人です。 ローラさんは、自身の霊視方法について、 『私の場合、対象者の頭の上に黒板、もしくはスクリーンみたいなものが見えて、そこに霊からのメッセージがイメージとなって現れるのだ』と語っています。 そのようにさまざまな方法がある霊視ですが、シークエンスはやともさんはというと、今までのコラムを見る限り、 生きている人と同じように死んだ人が見えている為、付いている霊を見てアドバイスをしているようです。 面白いのが、悪いものが憑いている人には、『笑福亭鶴瓶に会う』ようにアドバイスをしているという自説。 なんでも、笑福亭鶴瓶さんにはたくさんの良い霊が憑いているそうで、近付いたりするだけで、悪い霊を振り払うことができるという最強のパワースポット説を語っていました。 シークエンスはやともさんの実際の霊視談 あるヤバメの心霊相談をしに来た知り合いの女性の霊視をした際、以前付き合っていた亡くなった彼氏さんが、連れて行こうとしていることがすぐにわかったのだとか。 悪気があるわけではなくて、彼女を想う気持ちが強すぎて無意識にそうなってしまったらしいのです。 そこで、彼女を傷つけないよう彼氏のことは伏せ、悪いものを落とすために、 自分が元気になれるルーティンを決めて、毎日実行してくださいと助言したところ、それまで災難続きだった彼女から、病気も治り、元気になったという報告をもらえたそうです。 この例のように、シークエンスはやともさんは、 実際にその人を見るだけで憑いている霊が見えますが、その能力は対面だけではなく、写真でも可能だといいます。 悪いものが憑いている人を写真で見た場合、背面が真っ黒に見えるのだといい、異様な雰囲気や嫌な感じを受けるのだそうです。 次に、私が個人的に感じる、シークエンスはやともさんが本当に霊が見えていると感じる理由5つをご紹介します。 そして、その霊を迎えるために「迎え火」をするらしいのですが、以前住んでた家が火事になるまで毎年やっていたそうです。 迎え火を実際に行うと、本当にご先祖様が帰ってきて、中2のときに亡くなったおばあちゃんが来ていたんだとか。 おばあちゃんは、この世に帰ってくると必ず、寝たきりになってたおじいちゃんのそばにいました。 ある年のお盆も、いつものようにおばあちゃんを迎えたのですが、いつもとちょっと様子が違い、おじいちゃんしかいないはずの部屋から楽しそうな話し声が聞こえてきたんだそう。 実は、おじいちゃんは亡くなったおばあちゃんと話ができるようになっていたのです。 そんな年のお盆の終わり、「送り火」でおばあちゃんを見送った後、それから半年ほどで、今度はおじいちゃんが亡くなりました。 その後、おばあちゃんもおじいちゃんも全く帰って来なくなったんだそうです。 ちなみに、知り合いのミサさんも、同じ事を言っていました。 普段から生きている人と同じように霊が当たり前のように見えていた時、 偶然会った霊のおじさんが、今この世に帰ってきてるんだあと話したそうです。 自分は霊が見える、とはっきりと自覚する事件が起こったのですが、その事件こそが先程ご紹介した殺人事件だということでした。 しかし、改めて幼少期の頃を思い返してみると、そこら辺にいる霊を、普通の人間と区別がつかずに見ていたのかもしれないと語っています。 それ程までに、例の姿形は普通の人と同じように見えているらしいのです。 (引用元:) 同じようなことを、知り合いの霊が見えていたミサさんも言っていました。 稀に事故などで負傷し、傷を負った人もいたそうなので、そのような霊の場合は、子供ながらに怖く思い、すかさず見えていないふりをしていたそうです。 見えるようになったきっかけとしては、自然に見えるようになった訳ではなく、ある霊との接触がその能力を開花させてしまったようです。 たまたま部屋で見たある女性がお父さんの身体をふっとすり抜けていってしまったそうです。 その時、この女性は霊だとわかったそうです。 (引用元:) 霊が見えていたミサさんにも、見えるようになったと思われる霊体験を幼少期に体験しています。 もともと霊感が強かったからこそ、知らぬ間に引き寄せてしまい、このような霊現象に合うのかもしれません。 そんな間違いをしてしまうほど、亡くなった人は、私たちのような生きている人と同じような姿形でこの世を彷徨っているのですね。 ミサさんも全く同じようなことを話しており、特に霊感が強かった小学生の頃は、生きている人と死んでいる人との違いがはっきりわからないことが度々あったそうです。 周りに変人だと思われたくない想いから、普段から口数を減らしていたときもあったそうで、一時は人間不信のようは状態に陥ってしまったと語っていました。 本物の霊能力者の方の一部は、そのような類いのものが実際に見えているのかもしれませんが、私は正直オーラや守護霊がなんちゃら〜という話はイメージが全くわきません。 ただ、「死んだ人がこの世に未だ存在している場合がある」という説は、夫の死後、実際に死んだ夫の気配や夢の中のぬくもりを感じたことから、事実だとして判断しました。 以上、5つの共通点を挙げましたが、やはり私の中では『お盆に霊が帰ってくる』いうお二人の一致する件と、それぞれお二人とも霊にまつわる具体的なエピソードを多く語ることが出来る点に、強い信頼感を感じました。 もし興味のある方はがいましたら、ぜひシークエンスはやともさんの『ポップな心霊論』を見ることをお勧めします。

次の

霊感芸人シークエンスはやともが本物の霊能力者だと感じる理由5選

シークエンス は や とも インスタ

ピッ子 シークエンスはやともは霊視や除霊ができる? シークエンスはやともさんが霊感に目覚めたきっかけは当時住んでいたアパートの3階ベランダに出て外を眺めていた時です。 向かいの高層マンションから2人のおじさんが出てきて、争いか?もみ合い始め1人が仰向けに倒された時、もう1人がそこに覆いかぶさり刃物でめった刺ししたのです。 ベランダからその出来事をただ眺めていたシークエンスさんは仰向けに倒されめった刺しのおじさんと目が合いました。 その時にこれは亡くなる最後の瞬間を霊になったおじさんに見せられたと悟ったそうです。 翌朝目を覚ますと枕元にそのおじさんの顔があったんだとか。 この時に自分が霊が見えることをはっきりと意識されたみたいです。 それにしても怖いエピソードですよね。 現在は霊視ができることで仲間から霊視の依頼をよく受けるそうで楽屋に行列ができたり、また人の心を読める力もあるので先輩から合コンに誘われまくっているそうです。 シークエンスさんの父親も霊能者でさらに霊感が強いそうです。 霊感は遺伝なのかもしれませんね。 霊視はできるんですが、除霊はできないそうです。 あくまで見えるだけみたいです。 また自身に強力な霊がついているそうで、心霊番組で共演する除霊しさんにお祓いをしてもらうこともあるようですが、強力すぎて歯がたたないそうです。 面白いエピソードが多いのでこれからバラエティにも引っ張りだこになりそうですね。 シークエンスはやともの嘘つき疑惑は? 検索欄に嘘つきというワードがありました。 霊感があるや霊が見えるということを疑われてのことだと思います。 ただシークエンスさんは数多くの霊エピソードを持っているので嘘ということは無さそうな気がします。 どんなに心霊ファンで心霊系の話に強くてもいつかボロが出てしまいます。 ましてや心霊のコラムを連載してるとなる霊が見えてないとすぐにネタが尽きてしまいそうですよね。 確かに自分のことはわからないのよ — よーよー豆腐 Yoyodofu シークエンスはやとも…見てもらいたい — ちや 看護師 Bv7sOy ; ほんまでっかTVの録画みてる!おもろい!好き!シークエンスはやとも、もっとテレビでてほしいなー。 もっとこの人の話聞きたい。 — おかき masyu007 ゴールデン番組に出演して反響がすごくありました。 確実にこれからTV出演の機会が増えること間違いなしですね。 シークエンスはやとものまとめ 今回は『シークエンスはやともは霊視や除霊ができる?年齢&経歴や嘘つき疑惑まで調査』と題して調べていきました。 霊視ができたり、人の心が読めたりと能力をフルに生かし活動されていましたね。 連載コラムにはたくさんの霊とのエピソードがあり、読み応えがありました。 今後シークエンスはやともさんをTVで観る機会が増えると思うので今のうちに押さえておきたいですね! 最後まで読んでくれてありがとうございます。

次の

シークエンスはやともの田園調布話は嘘?トンネルや事故物件も調べてみた!

シークエンス は や とも インスタ

シークエンスはやとも体験談 【家族で事故物件の内見に出かけたときのことです】 新しい家を探しに初期費用を抑える為、事故物件くらいしか選択肢なく物件探しをしていた時の話です。 まあでも、僕も親父も霊は見慣れているので、とくに気にすることもなく内見に出かけました。 物件に到着すると、不動産屋さんの女性が車を止めに行くと言うので、僕と父と母の3人で、先に部屋を見に行ったんです。 部屋に入って見ると、事故物件とはいえ、間取りも申し分ないし、日当たりもよくて。 いい部屋だなーと思っていたら、背後から「ここ、いい部屋じゃないですか?」と不動産屋さんの声がしました。 「たしかにいい感じですね」「とても住みやすいですよ」なんてやりとりをしているうちに、僕はすっかり住む気になってしまって。 親父に「ここいいんじゃない?」と声をかけたんです。 でも親父は「うーん……」となぜかぜんぜん乗り気じゃない。 不思議に思っていると、「ここにしましょう」と、不動産屋さんが手をぎゅっと握ってきたんです。 僕に気があるのかも、なんてドキッとしたのもつかの間、急に手を握る力が強くなって「ねえ、ここで一緒に住みましょうよ」と。 その瞬間、ガチャっと玄関のドアが開く音がして「お待たせしました!」と本物の不動産屋さんが入ってきました。 僕が話していたのは、その部屋に住んでいる霊だったんです。 親父にはすぐ正体がわかったみたいですが、それなら早く教えてくれって感じですよね。 女性自身より まあでも、僕も親父も霊は見慣れているので、とくに気にすることもなく内見に出かけました。 家系に霊感の強い人がいれば、霊感も遺伝するものなのかもしれないです。 私個人の過去の体験で、身近に霊感の強い人がいると、自分も影響されて幽霊が見えるようになる といった経験の過去にしているので、 私の場合は、小学生の時、一緒につるんでいた友人が霊感 の強いタイプで、一緒にいるうちに、電柱にスゥーっと人が抜けていくのを見えてしまうのが、1番 最初にみた女の幽霊で、電柱を抜けるまでは、本物の人と見分けがつかなかったです。 この私の体験から、身近となる人が家族であれば、もっと影響しやすいのかもしれないと思い、 シークエンスはやともの霊感は本物ではないのかと思っています。 『親父にはすぐ正体がわかったみたいですが、それなら早く教えてくれって感じですよね。 親子揃って、番組で出演される機会がある事を期待したいです。 何故、お父さんの霊感が強くなったのか?お父さんの家系にも強い人がいたのか? など疑問が出てきました。 すると、もう一つのエピソードから、お父さんが霊感が強くなったきかけが分かるものを見つけ ました。 では、シークエンスはやともの父体験談1へいってみましょう。 シークエンスはやとも父の体験談 【親父の霊感を目覚めさせた体験】 僕よりも断然強い霊感を持つうちの親父ですが、その能力が目覚めたのは30歳を過ぎてからと、結構遅咲きだったといいます。 きっかけになったのは、昔お袋と一緒に住んでいた激安物件でのある怖い体験。 引っ越し初日の夜。 部屋で寝ていた親父は、外の廊下から聞こえてくるガチャッという音で目を覚ましました。 そのときアパートには親父とお袋しか住人がいなかったので、もしや不審者でも入ってきたんじゃないかと思ったそうです。 耳をすましてみると、ドアを開ける音の後に「彼の家じゃない……」という女の人の声が聞こえてきます。 しかもドアを開ける音とその声は、徐々にこちらへ近付いてくるんです。 そしてついに親父たちの部屋のドアがガチャッと開きました。 やっぱり不審者だったのかと思った親父は「出ていってもらえませんか?」と声をかけるも、まったく反応がありません。 どうしようかと焦っていると、その女の人が親父のほうに向かってどんどん近付いてきました。 何が何だかわからず、身動きが取れない親父。 「ぶつかる!」と思った瞬間、 女の人は親父の体をふっとすり抜けていってしまったそうです。 その体験をきっかけに親父の霊能力は開花し、幽霊が見えるようになってしまったとか。 やっぱり 幽霊が体の中を通ったのが原因なんでしょうかね。 女性自身より この話を知った時、私は正直ドキッとしました。 先ほどのシークエンスはやとも体験談で、私の小学生の頃のエピソードについてざっくりと 語りましたが、 小学生の時、一緒につるんでいた友人が霊感の強いタイプで、一緒にいるうちに、電柱にスゥーっと人が抜けていくのを見えてしまうのが、1番最初にみた女の幽霊で、電柱を抜けるまでは、本物の人と見分けがつかなかった この出来事は、小学校2年生の時の学校の帰りに、向かい側から50代位の女性の方が歩いて来て、 このままだと電柱にぶつかるぞと思っていたら、電柱の中をすり抜けていったという話なんです。 もしこの時に、その女性の方が私の体をすり抜けていたら、私もお父さんように霊感に目覚めて いたのかもしれませんね。 シークエンスはやとも体験談は嘘?本当?についてのまとめ 私自身の体験から考察すると、シークエンスはやとも体験談は信憑性が高く、本物であると思い ます。 私は小学校2年が終わる頃クラス替えをきっかけに、霊感の強い友人とは疎遠になり、 今となっては全く何も見えたり、聞こえたりすることはなくなってしまいました。 シークエンスはやともの今後の活躍に期待したいですね。

次の