ネスカフェ バリスタ 説明 書。 ネスカフェバリスタで濃さや湯量を調整するには?自分好みのコーヒーを淹れるコツ

ネスカフェ バリスタの使い方とお手入れ掃除方法(説明書)

ネスカフェ バリスタ 説明 書

バリスタ本体無料のお得な公式定期便サービスはの記事を参照してください。 新モデルはこちらを参照してください• はこちら。 ネスカフェ バリスタで作れるコーヒーの種類 ネスカフェ バリスタで作れるコーヒーの種類は全部で5種類です。 作り方はとても簡単! それぞれ作りたいメニューのボタンを押すだけです。 ぬるいと感じたら冬に便利なカップ温めモード さらに美味しく飲むために、冬に便利なカップ温めモードも付いています。 バリスタはコーヒーがいちばん美味しく飲める温度で抽出されるように設計されていますが、コーヒーやカフェラテの温度がぬるいと感じたらこのモードを使ってください。 あわせて読みたい ホットだけでなくアイスも作れます ホットだけでなくアイスのコーヒーも作る事ができます。 の記事を参考にしてください。 ネスカフェバリスタのコーヒー詰め替え 説明書には専用のカートリッジ、詰め替え用「エコ&システムパック」以外の粉は使用できないと表記されていますが、実は他のメーカーのインスタントコーヒーも使うことが可能です。 ただし、必ず「フリーズドライ」のコーヒーを使用してください! 他社コーヒーの詰め替え方法詳細は過去の記事を参照してください。 個人的には通常のの味が好きなので、ゴールドブレンドを使うことが多いです。 「ネスカフェゴールドブレンド コク深め」はカフェラテで飲むのが好きです。 ネスカフェ バリスタのお手入れ方法 毎日利用しているのであれば、1~2ヶ月に一度くらいはお手入れした方がいいです。 お湯の出が悪くなったり、お湯の温度が低くなったなどの症状が出たら湯垢洗浄を行う必要があります。 1日に2~3杯くらい飲む方はだいたい1年に1回くらい湯垢洗浄を行なう事をおすすめします。 詳細はの記事で詳しく説明しています。 2Lタンクキット 大人数でネスカフェバリスタを使っていると頻繁に水を補充しなければなりません。 そんな大人数のオフィスにぴったりの2Lの給水タンクの付属品も売っています。 で1,944円 税込 で購入することができます。 ちなみに個人の自宅で利用するのであれば2Lタンクは要らないと思います。 何日も前の水で淹れたコーヒーを飲むのではなく、新鮮な水で淹れたコーヒーの方がおいしいと思います。 故障の可能性や困った時の対処方法はこちらの記事を参照してください。 個人の自宅でバリスタ本体が無料で使える最新サービス。 マシンの修理は何度でも無料です。 自宅でネスカフェドルチェグストが本体無料で使えるサービスの紹介です。

次の

ネスカフェ「バリスタ」の蓋が閉まらない時の対処法!

ネスカフェ バリスタ 説明 書

バリスタ本体無料のお得な公式定期便サービスはの記事を参照してください。 新モデルはこちらを参照してください• はこちら。 ネスカフェ バリスタで作れるコーヒーの種類 ネスカフェ バリスタで作れるコーヒーの種類は全部で5種類です。 作り方はとても簡単! それぞれ作りたいメニューのボタンを押すだけです。 ぬるいと感じたら冬に便利なカップ温めモード さらに美味しく飲むために、冬に便利なカップ温めモードも付いています。 バリスタはコーヒーがいちばん美味しく飲める温度で抽出されるように設計されていますが、コーヒーやカフェラテの温度がぬるいと感じたらこのモードを使ってください。 あわせて読みたい ホットだけでなくアイスも作れます ホットだけでなくアイスのコーヒーも作る事ができます。 の記事を参考にしてください。 ネスカフェバリスタのコーヒー詰め替え 説明書には専用のカートリッジ、詰め替え用「エコ&システムパック」以外の粉は使用できないと表記されていますが、実は他のメーカーのインスタントコーヒーも使うことが可能です。 ただし、必ず「フリーズドライ」のコーヒーを使用してください! 他社コーヒーの詰め替え方法詳細は過去の記事を参照してください。 個人的には通常のの味が好きなので、ゴールドブレンドを使うことが多いです。 「ネスカフェゴールドブレンド コク深め」はカフェラテで飲むのが好きです。 ネスカフェ バリスタのお手入れ方法 毎日利用しているのであれば、1~2ヶ月に一度くらいはお手入れした方がいいです。 お湯の出が悪くなったり、お湯の温度が低くなったなどの症状が出たら湯垢洗浄を行う必要があります。 1日に2~3杯くらい飲む方はだいたい1年に1回くらい湯垢洗浄を行なう事をおすすめします。 詳細はの記事で詳しく説明しています。 2Lタンクキット 大人数でネスカフェバリスタを使っていると頻繁に水を補充しなければなりません。 そんな大人数のオフィスにぴったりの2Lの給水タンクの付属品も売っています。 で1,944円 税込 で購入することができます。 ちなみに個人の自宅で利用するのであれば2Lタンクは要らないと思います。 何日も前の水で淹れたコーヒーを飲むのではなく、新鮮な水で淹れたコーヒーの方がおいしいと思います。 故障の可能性や困った時の対処方法はこちらの記事を参照してください。 個人の自宅でバリスタ本体が無料で使える最新サービス。 マシンの修理は何度でも無料です。 自宅でネスカフェドルチェグストが本体無料で使えるサービスの紹介です。

次の

ネスカフェドルチェグストの使い方とお手入れ掃除方法と湯垢洗浄のやり方(説明書)

ネスカフェ バリスタ 説明 書

まずはドルチェグストでコーヒーを淹れる方法をご紹介します。 コンパクトなフォルムとレバーを倒すことで湯量の調節から抽出までをこなせる、シンプルな操作性が魅力です。 はじめは赤色の点滅が続きますが、準備ができたら色が緑に変わります。 このとき内部についている針によって、カプセルに穴が空いてドリンクが抽出できるようになっています。 基本的な後片付けの方法と、毎日のお手入れの仕方をご説明しますね。 このときコーヒーを淹れてすぐだと中からお湯がこぼれることがあり、やけどをする恐れがあるのでカプセル部分ではなくホルダーの部分を指で持ちましょう。 たったこれだけですぐに次のコーヒーを淹れられます!ちなみに私は面倒なのもあって、特に汚れておらず続けて同じ種類を作るのなら、カプセルホルダーをそのまま使っています。 毎日行いたいお手入れ方法 ドルチェグストは1日の終わりに、汚れた部分をきれいに掃除しておきましょう。 コーヒーなどの汚れを放置しておくと、カビなどの雑菌が繁殖する原因になります。 と言っても方法はとても簡単で、私はいつもお皿洗いをするついでにドルチェグストをお手入れしているので、そこまで手間ではないですよ。 洗う必要があるのは次の4点です。 カプセルホルダー• 抽出トレイ• 抽出グリッド• 給水タンク 方法はすすぎ洗いで問題ないとされていますが、給水タンク以外の3つは水だけで汚れが落ちない場合はお皿を洗う要領で洗剤をつけたスポンジでそれぞれ洗っています。 1つずつ洗っている様子を簡単にご紹介しますね。 給水タンクの水を捨てて乾燥させる 給水タンクは放置しておくと中の水に雑菌が繁殖してしまうので、毎日タンクの水を交換しましょう。 残った水を捨てたら軽くすすいで、写真のように逆さまにしてできるだけ水を切ります。 ドルチェグストは水を注ぐ部分が小さく、どうしても手を入れてスポンジで洗えないのでしっかりと布巾の上などに逆さまにして水切りをする方法がおすすめですよ。 抽出トレイとグリッド部分を洗う 抽出トレイの部分もコーヒーの残りが溜まっているので、必ずきれいにしておきましょう。 抽出トレイとグリッドは簡単に外れますので、それぞれを水洗い、もしくはお皿を洗う時と同じくスポンジで洗ってください。 カプセルホルダーを洗う 最後にカプセルホルダーの部分も裏表それぞれをていねいに洗いましょう。 こちらも水洗いでも十分ですが、洗剤を使って洗っても問題ありません。 ちなみに私はコーヒーを淹れたあとにカプセルホルダーを洗うことも多いので、その場合は抽出トレイとグリッド、タンクだけを洗って済ませています。 毎日のお手入れは、タンクと抽出トレイ、そしてカプセルホルダーの3点だけ!通常のコーヒーマシンの場合はコーヒーを淹れた豆の残りなど内部まで洗う必要がありますが、ドルチェグストは内部のお手入れは週一ですので、日々の管理がとても楽ですよ! ドルチェグストは定期的な掃除が必要! ドルチェグストは毎日外側のパーツの掃除をするだけでなく、1週間に1回のペースで内部洗浄をすることがおすすめされています。 やり方は画像のとおり、カプセルを入れないでお湯と水を出して内部を洗うというものです。 内部を掃除しないとコーヒーやミルクの残りが溜まってしまいとても不衛生です! また、汚れが原因でコーヒーの抽出の流れが悪くなったり、味が薄くなったりする恐れも。 つい掃除を忘れてしまいがちですが、ドルチェグストを安全に、長く使うために忘れないでお手入れしたいですね。 具体的な方法は次のとおりです。 すすいだお湯を捨てたら内部洗浄が完了です! 手順としてはタンクに水を入れて、すすぎ用ツールをセット、その後水とお湯でそれぞれ洗浄するだけ。 時間としては5分もかかりませんので、たとえば週末など曜日や時間帯を決めておくと忘れづらいですよ。 ちなみに私は毎週土曜日、朝コーヒーを淹れたあとに続けて内部洗浄を行っています。 ドルチェグストを使ったあとのついでに洗っているので時間の負担も少ないです。 ドルチェグストの湯垢洗浄のタイミングはいつ? ドルチェグストは週1回の内部洗浄以外に、定期的に専用の湯垢洗浄剤を使っての湯垢洗浄がおすすめされています。 取扱説明書によると、湯垢洗浄のタイミングは次のとおりです。 硬水 300ppm…450杯• やや硬水 180ppm…900杯• やや軟水 80ppm…1350杯• きわめて軟水 0ppm…1600杯 日本の水道の硬度は平均80ppのやや軟水ですので1,350杯ごとが目安。 1日3杯飲んだら約450日の計算になりますね。 ただし、基本的には1日1杯程度しか飲まなくても1年に1回大掃除といっしょに、ドルチェグストも湯垢洗浄をすることをおすすめします。 あくまでもこの使用回数は目安ですので、ほかにも次のような状態が見られたら回数に関係なく湯垢洗浄をしましょう。 抽出の流れが悪い• 振動が気になる• コーヒーを抽出する時の音がうるさくなった 内部に溜まった湯垢などの汚れをきれいにすることで、上記のような症状が改善することがありますよ。 ドルチェグストの湯垢洗浄剤を使ってみました 実際にドルチェグストの湯垢洗浄剤を使ってお手入れをしました!湯垢洗浄剤はネスレ公式通販サイトなどネットで販売されています。 価格は1,200円前後でしたが、1年に1回程度の頻度だと思うとそこまで高額ではありませんよね。 水500ml• 湯垢洗浄剤1箱• すすぎ用ツール(なくても可能)• 電源ボタンを押し続けているとマークが緑色に点滅して、抽出量がXLになります。 この状態で抽出を行うと通常のコーヒーの抽出と違って、定期的にお湯が止まったり出たりを繰り返します。 合計45秒以上となっていますが、自動でレバーが戻りますので戻るまで放置すればOKです。 今度は湯垢洗浄剤が入っていない水を使って内部をすすぎます。 これで湯垢洗浄は完了です! 基本的には週1回のお手入れ方法とほとんど同じです。 湯垢洗浄剤がしっかり溶けない・ダマになる まずはタンクに入れる前にボウルなどの容器で、しっかりとかき混ぜて湯垢洗浄剤を溶かしましょう。 水で溶けにくい場合はぬるま湯を足すと粉が溶けやすくなりますよ。 ちなみに熱湯で抽出するのは危険ですので、必ずある程度冷ましてからドルチェグストの抽出をスタートしてください。 給水タンクの水垢もきれいにしたい 給水タンク部分についた水垢をきれいにしたいなら、湯垢洗浄剤を溶いた水をそのままタンクに入れて放置しましょう。 だいたい10~20分程度放置することで、湯垢洗浄剤によって汚れが落ちやすくなっています。 その後ドルチェグストで抽出をしたら、湯垢洗浄剤が残らないようしっかりタンクを流水ですすぎましょう。 また、日頃から水垢などの汚れを溜めないよう、毎日タンクをすすぎ洗いしたら逆さまにして水切りをすることも大切です。 汚れが気になる際は届くところまでスポンジを入れて洗っても、けっこう汚れがキレイに落ちました! 本体の水垢や汚れが気になる 本体部分の水垢汚れは、濡れた布巾を使ってふき取ることである程度きれいに落とせます!また濡れた布巾で拭いたあとは必ず乾いた布巾で乾拭きをしましょう! 特にコーヒーを抽出した後はこのように、汚れがつきやすいのでこまめにふき取ることも、水垢や汚れを溜めないポイントです。 電源スイッチが赤く点滅している 電源を入れた後は抽出前の加熱待機状態です。 30秒くらい待つと緑色に点灯して抽出が可能になります。 その為カップが冷たいとさらに温度が下がっていまいます。 冬場などはあらかじめカップを温めておくことをおすすめします。 カプセルに記載されている目盛り通りに抽出しなくてもいい? カプセルに記載されている目盛りはネスレがおすすめしている水の量です。 濃くしたければ目盛りを減らす、薄くしたければ目盛りを増やす等、自分好みに抽出することが出来ます。 抽出途中に給水タンクの水がなくなって止まってしまった 電源スイッチが赤と緑の点滅を繰り返しているかと思います。 一度使ったカプセルは再利用できますか? 一度使ったカプセルは再度使うことはできません。 1杯ごとにカプセルをセットしてください。 給水する水は何を使えばいい? 水道水または軟水のミネラルウォーターを使ってください。 お茶やコーヒーはミネラル分の多い硬水ではなく、軟水を使用する方がおいしいので、おすすめは軟水のミネラルウォーターです。 まとめ ドルチェグストはとても手軽で便利ですが、あまりにお手入れを怠ってしまうと、汚れが原因で雑菌が繁殖したり故障したりする原因に! そのため、ぜひ毎日カプセルホルダーやトレイを洗ってお手入れしておきましょう。 内部も1週間に1度程度ですので、慣れると5分もかからずに掃除できますよ! 湯垢洗浄も基本的な方法は内部洗浄と同じですので、いざやってみると意外とスムーズにできました。 コーヒーなどの飲み物は口に入れるものだからこそ、ぜひ忘れずに外側も内部も定期的にお掃除していきましょう。 関連おすすめ記事.

次の