ライブ ダンジョン な ろう。 ライブダンジョン!

ライブダンジョン!とは (ライブダンジョンとは) [単語記事]

ライブ ダンジョン な ろう

三年半ものご愛読ありがとうございました。 ここまでの長編を最後まで書き上げられたのは初めてのことなので、とても嬉しく思っています そしてここまで漕ぎ付けられたのは読者の方や、SNSなどで応援してくれた方々のおかげでもありました。 正直なところ、ブックマークが一万を越えてミルルで感想荒れだした辺りからはプレッシャーで死にかけていましたが、その圧力があったからこそ飽き性の自分がここまで書き上げられたのだと思います。 自分一人だけの力では、恐らく火竜戦を書き上げてから突然学園編にでも入ってトーナメントでも開いていたと思います 一先ずなろうの方ではこれで完結とさせて頂くので、恐らく更新するにしても後日談をいくつか投稿するくらいできっちり終わると思います。 話的にはこれで一旦区切りはつきましたので 問題はその後のことなのですが、正直なところ『ライブダンジョン!』についてはまだ書ける余力があるんですよね。 三年後に『ライブダンジョン!』の世界に再び帰ってきた努はどうやって最前線に追いついたり、無限の輪を立て直すのか……的な感じで ですがなろうの方に完結をつけておいてここで長く引き延ばしたら感想欄でボコボコにされるでしょうし、作者的にも三巻打ち切りになった作品に熱量を割く金銭的なメリットはないです。 それよりかはある程度『ライブダンジョン!』からの流入がある今のうちに新作へ目を向けて、再び書籍化を目指すのがいいと思います ですが現状、新作の方も書けていません。 一話だけでブクマしてくれた読者にはマジで申し訳ないです。 作者のインプットが『ライブダンジョン!』に吸われて枯渇したのが原因だと思うので、新作をやるにしてもまずはある程度書き溜められるようになってから再開しようと考えています 新作も書けない、だけど『ライブダンジョン!』更新するだけじゃ貯金を食いつぶして暮らすだけ。 我儘言ってないで再就職すれば死にはしないですが、またマンション管理とは名ばかりの清掃業に戻りたくもないなということで、何とか現状で日銭を稼ぐ方法はないものかと考えたところ、一先ず小説と創作ネタを主にしたブログをやってみることにしました なので『ライブダンジョン!』の第二章的なものは、こちらのブログにて順次更新していこうと思います。 小説ブロガーに俺はなる! でも周りの船みんなとうの昔にいなくなってる! 別にプログラミング書けるわけでもない! このブログも依頼して他の人に作ってもらっただけだし! 助けて! というわけでもしTwitterやこのブログの更新が遅れ気味になった時は、dy冷凍はマンション管理業に戻ったんだなと思って下さい。 しかしそれでも死なない限りは小説家になろうとこのブログは続けようと思いますので、これからも暇な時に見て頂ければ幸いです!.

次の

ライブダンジョン!とは (ライブダンジョンとは) [単語記事]

ライブ ダンジョン な ろう

三年半ものご愛読ありがとうございました。 ここまでの長編を最後まで書き上げられたのは初めてのことなので、とても嬉しく思っています そしてここまで漕ぎ付けられたのは読者の方や、SNSなどで応援してくれた方々のおかげでもありました。 正直なところ、ブックマークが一万を越えてミルルで感想荒れだした辺りからはプレッシャーで死にかけていましたが、その圧力があったからこそ飽き性の自分がここまで書き上げられたのだと思います。 自分一人だけの力では、恐らく火竜戦を書き上げてから突然学園編にでも入ってトーナメントでも開いていたと思います 一先ずなろうの方ではこれで完結とさせて頂くので、恐らく更新するにしても後日談をいくつか投稿するくらいできっちり終わると思います。 話的にはこれで一旦区切りはつきましたので 問題はその後のことなのですが、正直なところ『ライブダンジョン!』についてはまだ書ける余力があるんですよね。 三年後に『ライブダンジョン!』の世界に再び帰ってきた努はどうやって最前線に追いついたり、無限の輪を立て直すのか……的な感じで ですがなろうの方に完結をつけておいてここで長く引き延ばしたら感想欄でボコボコにされるでしょうし、作者的にも三巻打ち切りになった作品に熱量を割く金銭的なメリットはないです。 それよりかはある程度『ライブダンジョン!』からの流入がある今のうちに新作へ目を向けて、再び書籍化を目指すのがいいと思います ですが現状、新作の方も書けていません。 一話だけでブクマしてくれた読者にはマジで申し訳ないです。 作者のインプットが『ライブダンジョン!』に吸われて枯渇したのが原因だと思うので、新作をやるにしてもまずはある程度書き溜められるようになってから再開しようと考えています 新作も書けない、だけど『ライブダンジョン!』更新するだけじゃ貯金を食いつぶして暮らすだけ。 我儘言ってないで再就職すれば死にはしないですが、またマンション管理とは名ばかりの清掃業に戻りたくもないなということで、何とか現状で日銭を稼ぐ方法はないものかと考えたところ、一先ず小説と創作ネタを主にしたブログをやってみることにしました なので『ライブダンジョン!』の第二章的なものは、こちらのブログにて順次更新していこうと思います。 小説ブロガーに俺はなる! でも周りの船みんなとうの昔にいなくなってる! 別にプログラミング書けるわけでもない! このブログも依頼して他の人に作ってもらっただけだし! 助けて! というわけでもしTwitterやこのブログの更新が遅れ気味になった時は、dy冷凍はマンション管理業に戻ったんだなと思って下さい。 しかしそれでも死なない限りは小説家になろうとこのブログは続けようと思いますので、これからも暇な時に見て頂ければ幸いです!.

次の

ライブダンジョン!とは (ライブダンジョンとは) [単語記事]

ライブ ダンジョン な ろう

ライブダンジョン! とは、dy冷凍によるである。 とのにおいて連載している。 よりの『』より書籍化された。 書籍化の際のは Pzoが担当している。 既刊3巻。 概要 ににより書籍版が3巻以降の出版される見込みがないことが告知された。 () しかしに、様々な要因とによりが開始されることが告知され、より/ジ()においてが連載されている。 はが担当している。 に版1巻が刊行され、には2巻、には第3巻が発売され、には第4巻が初ビアされた。。 版にはがついていないが、書籍版では1巻では「回復のススメ」、2巻では「人の長」、3巻では「と」のが付属している。 全体的に書籍版では稿・が行われているが、第3巻においては、大規模に稿がなされており、書籍版と版とは別で的の展開に進行している。 なお、での連載はとして後の後日談を掲載した後に終了し、の上で後日談が連載されている。 あらすじ 『ライブダンジョン!』のがが終了することになり、重度のライブダンジョン!のでありこのをこよなくていた努はづくりもあり、を利用して5を一人で操作して『ライブダンジョン!』をすることを思いつき、見行してした。 した際にのにより、ライブダンジョン! と似たに落とされる。 そしていきなり階層にいる「爛れ古」に殺され、以外の装備は落とされてに転移してしまう。 そこに現れたの職員によりリとされつつも、「の」の説明を受けに登録、一のであるを売却し当面の資を得る決断をした。 「の」では致命傷を受けても死はく、追い出されるだけで済む。 そのため治療の存在もあってヒーが軽視されており、(努から見れば)非効率な戦いをしていた。 「ライブダンジョン! 」で得た知識を元にヒーの役割を広めつつ、当面の活動を得るためにを設立し、このの「の」の階層をして元のを戻ることをすことになる。 登場人物 主要人物 ツ/努(きょうたに ) 4年生の歳。 『ライブダンジョン!』をこよなくていた重度のでにのヒーとして活動していた。 最後のに一人で5を操作ししたところでのにより、ライブダンジョン!と似たに落とされ、ライブダンジョン! の階層にいる爛れ古に殺されて、のに漂着した。 以降はのをすることで元のに戻るため、探索者となる。 漂着後も一手元に残っていた、内で数年間強化していた「」を売り払い当面の資を得るものの、その出処を秘匿したことで「運だけで大を手に入れた新人」としてされ、騒動に巻き込まれてしまう。 でもは。 ム 職員では。 約20歳。 適性はタンクだが、アタッとして活動していた時期がある。 にはと呼ばれていたほど活躍していた。 孤児院出身で孤児院に多額の寄付を行っている。 努がライブダンジョン!のに落ちてきた際に護衛を依頼され快諾する。 職員では士。。 アタッとして活動していたが、のこともありは職員として活動している。 では鑑定士のを活かして鑑定のをしていたが、ツが持っていた「」を鑑定した際にその価値を表してしまい、ツがにされる原因となってしまう。 その代償として、ツの名誉回復までの間を組むことになった。 ので追い出されたことにになっており、れ合いに関して敏感となっている面もある。 の的存在であり、も存在しているが、それが原因でさらなる騒動が……。 クラン 黒魔団(Web版:紅魔団) 少数精鋭ながら一の大手。 最初にの討伐に成功した。 マ アタッ。 ツが売り払った「」を使うことでと並ぶほど活躍することになった。 に話を降るも視されるか、反応が薄かったことや「」のあまりの威によりに取り憑かれ「」にしてしまい態度がおかしくなってしまい努にも迷惑を掛けてしまう。 「不死の魂」(効果;諦めない限り致死性の攻撃を受けても精を代償に再生する、全てのに炎が付く)を持っているアタッ。 はウエ使い。 ムとは旧知の仲で会えば自身のに勧誘する。 数々のを制覇してきたの探索者の一人。 ただしム以外は寡黙であり、その事がにをもたらしてしまう。 マがおかしくなった際、にクビ覚悟で直訴するが、逆にが自身の悩みをに告げられる。 その後を支えてが正常化する流れを作った功労者の一人。 団(団)は三種の役割を取り入れていないが、一軍に定着しておりヒーとして努の技術を取り入れるために台に通っている努。 アルドレッドクロウ 大手。 持ちはいないものの、調員を配置し研究熱心で、ツたちの活躍を見て速3種の役割を取り入れた。 約20軍までを擁しているほか設備・裏方の人材も充実している。 は召喚士でアタッを務める。 種族はなため27歳でも若く観られる。。 パッとしなかったが努に導されメキメキとヒーの知識を吸収し、それまで倒せなかったを倒すことに成功する。 その後努からヒーの南書を渡された事で努がいる場所が自身よりか高みにあることを痛感し努に励み、ドの一軍に定着することになる。 ソーヴァ とはのアタッ。 に憧れておりもウエ使いとと同じ。 当初は努が提唱した三種の役割を否定していたが、戦の事もあり後にめることになる。 マン の探索者。 であったがあり軍人のような貌をしている。 ムも一を置いていた。 タンクを担当している。 ク ではバッーの役割を持つ付与術士のをもつ。 一時期付与術士の需要がかったために帰り、の傍ら付与術を駆使して絵を描いていたが、で三種の役割が浸透しが変わったことによりドより請われた事で探索者に復帰した。 性格はかつ自信でなので反感を持たれやすい。 金色の調べ 中規模。 を中心としたので所属のたちがの妻となっている。 アタッであるを全でするものの、状況が悪化しを守るために身代わりになったり、が死ぬとが瓦解してするなどよくも悪くも中心の。 で種族はが危惧されている人で、種族の再のために多くのと関係を結んでいる。 敏捷性が著しく高くを持つ。 ユニス 色の調べのヒー。 数年にわたりのを潜っている。 自信過剰でありツに対して強く当たっている。 ツの実をの当たりにして評価をめるが態度は変えなかった。 ツの技術を見て独自の技術を開発した。 では揮や戦術・戦略を担当している。 書籍版ではの実のとしての扱いされ、中心の一軍が瓦解しないための重要な楔となっている。 シルバービースト。 書籍版ではされているが多い。 孤児を助けるために設立されたで系の種族が多い。 ミーシル(版ではミシル) の中年の。 は冒険者。 努に悪評が回っていた際に努を邪険にせずに対応したことで評が誤解だと気づきそこから努と交流が深まった。 努からは好意的に思われている。 ロレーナ のヒー。 ユニスやと違い、もしながらのヒーとしての役割をこなす。 飛ばすが苦手なため置くを鍛え重視している。 迷宮制覇隊 大手。 のには潜らず、外部のや定期的に発生するスタンピードの対処を行っている。 ただしの恩恵を得るためにある程度まではを上げるためにのには潜っている。 ヒーを担当している。 性格は寡黙でを見せない。 時折会話中に腕で口を押さえる癖がある。 年齢は数歳以上での里で護衛をしていたが、ある出来事によりに出た事から追放されている。 講習会を経てスタンピードでの活躍からツにを持つ。 はだが、の種族の特長である固有の系の作製がない代償としての身体の高さから術も得意である。 副 制覇隊の副。 三種の役割と放つについて教える講習会で努に異議を唱えた。。 無限の輪 ツが設立した。 書籍版ではツ、、ムの3人で設立したが、版では当初はツ、ダ、アー、ディニ、ナの5人。 コリナ は祈祷師で探索者になる前はをしていた。 ヒーを担当する。 限の輪の所属前はヒーランである「撃の」に所属していたが解散してしまいで活動していた。 をしていた経験から死ぬ予兆を予見できる「の」を持っているためヒーとしてもよく活躍していた。 食いしんぼうでので食べながら観戦する事もにしていた。 24歳。 ダ は重。 ムの子で小さい頃から面倒を見ていたが、ツがを設立するとムが聞きめて鍛え直した。 タンクを担当する。。 アー の。 限の輪に加入する前にはあるのだったが、あまりの独りよがりな振る舞いにより瓦解し、の懇願もあって限の輪に加入した。 と同じ人で「化」のを持つ。。 はでタンクを担当する。 妻帯者でには寝泊まりせず自宅から通っている。 王都出身で首席で学業・ともしたもののに住み着いていた。 自信で発言もで暑苦しいものが多いが、雰囲気を読んで配慮を見せることもある。 では妻とともにのについてのとしても活動していた。 リー 人のアタッでは術師。 大手・ドの第にいたが、ある理由により限の輪の募集に応募し移籍。 は王都にあり、の系であるとのこと。。 ディニ のでは術士。 役割としてはアタッを担う。 年齢は歳以上。 ・色の調べに所属していたが、ある出来事と親友であるの勧めもありツにを持ち加入した。 術士でもの中でも屈の実を持つ。 性格は怠け者(適度に手を)で自分の時間を大事にする。 その性格で故郷のの里から追い出されたがある。 ナ タンクでをもつ。 は拳闘士。 元々はドにおいて、アタッで活躍していたが、ムに憧れを持ちタンクに転向して以降は全く活躍することが出来ず「羽タンク」と呼ばれ、失意により故郷に帰っていた。 ツがこういうが欲しいと他に打診していたこともあり、諸々の経緯からを募集した際に加入した。 のようなを着ており、胸が大きい。 性格は構われたがりな面を持ちお者かつ頑固、そしておな面をもつ。 ただし直感的なは優れている。。 オーリ 限の輪のの使用人である代の。 ルクの使用人だったがスタンピード後にされ、スタンピード後設立された「限の輪」の使用人として収まった。 不足というわけではなく意味もわからずされたため戻りたい気持ちもありつつ戸惑っていたが自分の居場所を見つけることになる。 やがてやのと交流して等のを収集するようになりの役割を担うようになった。 ギルドの人々 ソ・ の長。 で種族は人。 で夫から託されたを大切に思っており、が一人いる。 にはアタッとして活躍しており、のでは階層まで到達していたが。 ソリット社の記事によってがソリット社に殴り込みを掛けたことにより、ツの名誉回復のためにを組むが果たせなくなったため代役としてに加入し、一時的にの職務を副長に委任した。 として「化」を持ち、効果としては全は上がるものの、意識は本を持って動くため制御できないというがある。 自信で世話好きな歳。 好きだが酔いやすいためすぐ酔いつぶれる。 副長 の右腕として活躍する壮年の。 は術師。 記事を書いたソリット社への交渉などを担っていたが状況の悪化と、長業務の経験を積むために一時的に長を委任された。 委任されている間は多忙によりどんどんやせ細っていった。 迷宮都市の人々 の屋のお 屋を経営している老。 からは技術をさせの立場を向上させたためのと言われている。 巷に売っている(治療)より割高だが効きも味や味も良く、努も利用している。 努がソリット社の記事で評が地に落ちた際にも努を信じていた。 少なくとも年以上は生きておりに冒険者として活動していた時期もある。 努がに来てしばらくして子()を取った。 の受付嬢 はであるでの同僚。 たいていの受付は混んでいるようで努は寄り付かないが不満を持っている。 の警備団のを務める。 を強化できるを持っている。 にでしていたを討伐し警備団の創設を含んで取り立てられたがある。。 を治める領・『ルク』の私兵団の。 初老(以上)の。 は拳闘士であるが、魔石の魔を全身に巡らせ一点に集中し敵に当て撃破する「魔流の拳」という技術を持っており強い。 スタンピード中に出会うものの、その後もある理由から一時限の輪のに参加しに潜る事になった。 換所の で。 努がに潜り始めた際にはよく利用していたが、努がの換所を利用するようになり機会が減っていた。 幸運者・記事騒動の際には努を冷ややかなで観ていた。 ドーののドーの孫でもある。 ドー ドーので限の輪にとってはムやダの防具に世話になっている。 また限の輪のの一つ。 で老齢のである。 ルク の領である。 を持っており障を使う事ができる。 障は身体の感覚と直結しており、攻撃を受けたり、壊された際には身体にフィードが来る。 思想としては徐々にのが弱くなり探索者のが強くなることを時代の変化として受けている節がある。 ・ルク を治めるルクの。 をから引き継いで所持している。 の面やである持を重視している面がある。 後にに言い渡されの! に潜ることになる。 スオウ・ルク ルクの長女。 やと同じくの障を所持している。 頭首であるに言い渡されとともにのに潜るようになる。 容姿はかつ長のでダが見惚れるほど。 性格は礼儀正しく、努に別け隔てなく教えを請うていた。 ル のの新聞社であるソリット社の。 種族は人。 でが大きい。 を崇拝しており、自身のからがを受けていると勘違いして、ツの評判を落す記事を書き、を駆使してまでも編集長へ記事掲載の同意を勝ち取る。 結果ツの評判は地に落ちてしまいがソリット社に殴り込みを掛ける原因となる。 が記事の訂正を要しても自身の説を曲げようとせず盲信していた。 の冒険者(達) 実もなく、向上心もない、新人をしている最の冒険者でチンピラ。 ツにを付けて評判を落とそうと試みていた。 物語の全体展開 章 話数 備考 第1章 第1話-第話 「幸運者」払拭・ 階層「」討伐 階層「」討伐 第2章 第話-第話 3種の役割・ヒー導 スタンピード戦 第3章 第話-第話 「限の輪」設立 階層「・」の討伐 第4章 第1話-第話 階層「」討伐 第5章 第話-第話 王都周辺・スタンピード戦 第6章 第話-第話 81~階層「成れの果て」挑戦 第7章 第話-第話 ~階層「爛れ古」挑戦 第8章 第話-第1話 古挑戦~~後日談(6) 後日談 第話-連載中 後日談(7)~(15) 収録内容 書籍版対応表 書籍版 巻数 版 章 版 収録対応話数 備考 1巻 第1章 第1話-第15話 多数 2巻 第1章 第16話-第43話 多数 ただし関連の展開は 3巻 第1章 第2章 第43話-第話 第話-第話 第二章部分を中心に版より大規模稿 導・20軍導関連も等変更 書籍版店舗特典ショートストーリー(3巻はなし) 巻数 店舗別 備考 1巻 の巡り と ムと屋 2巻 の習慣 漫画 /ジにおいて連載中。 内容は書籍版を元にしている。 は、が担当している。 関連商品 漫画版 関連項目• ヒー 外部リンク•

次の