病院 マスク 不足。 病院のマスク不足に救いの手 「商社以外」のルートで入手、高騰分を補填する支援も(AERA dot.)

マスク不足の現状、現場ではどうしてますか?:ナースの休憩室(雑談掲示板)

病院 マスク 不足

長野県安曇野市の県立こども病院は4月25日、地域紙の「市民タイムス」を通じて、個人宅や企業にN95タイプのマスクがあれば提供してほしいと呼び掛けた。 工事現場や農家で使う防塵仕様のマスクでも可とする切羽詰まったSOSだった。 備蓄が1千枚程度になり、1カ月ほどで使い切ってしまう可能性があったものの、購入のメドが立たなかったという。 同病院の担当者は言う。 「感染症の指定病院ではないので、ディーラーを通じて年に何回か仕入れる程度で済んでいたのですが、今回は注文が集中したのか買うことができませんでした。 新聞のおかげで皆さまから約2千枚の提供を受けることができて、当座の危機は脱しました。 しかし、今後のことも考えると不安は残りますね」 沖縄県では医療従事者が異業種の勉強会のメンバーと協力して「ゆいマスクプロジェクト」を立ち上げた。 「普通なら1日何度も交換する使い捨てマスクを、3日間使い回している」という医療現場の声がきっかけだった。 このプロジェクトの特徴は、現物を無償提供するのではなく、まとめて大量に仕入れたマスクや防護ガウンなどの医療資材を、仕入れ値や、急激に高騰した場合は相場観に応じた額で医療機関に買い取ってもらうことだ。 高騰分を補填したり、通常と異なる仕入れルートによるリスクを軽減したりすることが、医療機関への支援になる。 同プロジェクトの発起人で理学療法士の玉城潤さんは言う。 「高機能マスクで言えば、単価100円ちょっとだったものが800円台になったり、千円近くになったりします。 通常、マスクやガウンなどの医療用資材は専門商社が工場から仕入れ、全国各地の仲卸を通じて医療機関が買い付けるルートでした。 ところがこの枠組みが崩れてルートが複雑化し、場合によっては半日で相場が変わってしまうので、病院が個別に対応できなくなっているのです」 同プロジェクトでは、日本の商社が通常仕入れないルートに着目し、現場のドクターと連携しながら品質検査をして確保した資材を順次医療現場に届けている。 1千万円を調達し、マスク2万5千枚とガウン3万枚の支援を行うことを目標にクラウドファンディングを呼びかけたところ、15日までに6割近くが集まった。 5月下旬に締め切り、集まった資金は医療資材に姿を変える。

次の

病院でもマスク不足!

病院 マスク 不足

当然、ウイルスも通します。 医療知識のない方、特に高齢者の方は 首相がガーゼマスク配布=安心 になり兼ねます。 コロナ感染予防にガーゼマスクはあり得ないです。 マスク不足の今、ナースが必ずしているウィルス感染の予防方法とは? どの医療現場でもマスク不足の中、 医療従事者はどうやって勤務しているのか? と思っている方も多いと思います。 今までは、当たり前の様に使っていた 使い捨てマスク(サージカルマスク) 別名不織布マスクとも言います。 仕方ないので、 自分を守るため、患者さんを守るために やっている事は、 マスクの下に一般のガーゼでは無く。 マスクの下に不織布ガーゼを入れています。 ナースがしているマスクの中に入れる専用フィルターの変わりって何? ガーゼマスクはウイルスを通すことを書いたと思います。 病院では普通のガーゼと不織布ガーゼを使い分けしています。 サージカルマスクの下に 普通のガーゼでは無く 不織布ガーゼを入れてます。 不織布ガーゼは 滅菌されていないものを使います。 一般の方は購入できないと思っていますが、 これは、普通にネットで購入できます。 もちろん、 不織布ガーゼは医療機関で仕入れる方が安いですが、 専用フィルターを買うよりずっと安いです。 どれが、安心して使えるかをお伝えします。 病院で使用している不織布ガーゼとは? 医療機関で購入している不織布ガーゼは、 病院によって異なりますが、 美奈子が今まで取り扱いってた製品は 川本産業の製品が多いです。 他のメーカーもありますが 医療機関で使われているガーゼが最も安心して使えます。 商品名はネオガーゼやハイゼガーゼが有名です。 ビタミンCのローションなどを 浸して顔にパックします。 5倍の吸収率なので 染み込みも良く、乾きにくい、伸びも良く顔にフィット、 毛羽立ちも無いので美容業界では、 必ず仕入れています。 今回マスクの中に使用する目的なので、 ネットで一番安いもの見つけるのが良いと思います。 探すときは、 医療機関で使われている有名メーカーが良いです。 マスクの下にどうやって入れている? 普通にマスクの下に入れるとガーゼが折れたり ズレたりすることがあります。 サージカルマスクの中に4つ折り不織布ガーゼ入れる前に 鼻に当たる部分、 不織布ガーゼの輪の部分2cm程折り 鼻のあたる部分を分厚目にします。 マスクと不織布ガーゼがズレないように両面テープで貼ります。 両面テープが無い場合 ビニールテープでもOK どんなテープでもOK 粘着力があれば良いです。 テープを輪にして両面テープの様にしてから貼ります。 必ずテープが顔に触れないようにつける事。 顔にテープが付くと剥がすときに、皮膚が傷つきます。 ガーゼの付けるポイントは マスクは顔の隙間が空かないよう(ウィルスが侵入を防ぐ)に 鼻とアゴがしっかりうように密着。 今まで花粉対策出来ている名の知れた会社の マスクを選ぶことがまだ信用できます。 ガーゼマスクは花粉を通します。 4位:手作りマスク 色々な方が布を使ったガーゼの作り方を紹介していますが、 そのままでは何の効果も無いです。 サージカルマスクが手に入らない時 2位~4位は必ず専用フィルターか不織布ガーゼを 入れるようにして下さい。 予防策としては少しでもマシです。 感染予防には手洗いが一番効果が高いです。 手に付着したウイルスが顔や目、鼻、口を、 知らず知らずに触っている事があります。 まずは、 石鹸で手洗いをすることがウイルス感染を防ぎます。 ナースは常に患者さんにかかわる仕事なので 1人の患者さんに接するだけで 当然、 かかわる前に殺菌効果のある石鹸で手洗いをしてから さらに手を消毒します。 かかわった後も殺菌効果のある石鹸で手洗いしたあと 手指消毒をします。 今回、医療従事者の方はマスクの下に 不織布ガーゼは当たり前の様にしてますが、 一般の方は知らない事が多いです。 医療用ガーゼ(不織布ガーゼ)は 専用フィルタより安く購入出来て、 マスク不足の中の感染対策としては、 良いのですが病気の人の家庭で 不織布ガーゼが必要な方が沢山います。 マスクやトイレットペーパーの時みたいに、 買いだめ行為になり、 品薄、高値販売だけは避けたかったのですが、 美奈子のブログを読んでいる方も少ないので、 少しでも安く、早めに仕入れて頂き、 仕事の時、買い物の時など外出が必要なときは 防御道具の一つにして、 自分や家族、周りの方の予防に役立てて下さい。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

マスク不足の今、医療現場でナースが必ずしているウイルス感染の予防方法!

病院 マスク 不足

医療従事者ではないのに、世界的に不足しているN95マスクを利用する医療ジャーナリスト 以前から医療従事者、特に医師から批判を受けている医療ジャーナリストさんがいます。 最近では古市憲寿氏と「とくダネ!」で激しい口論になったこともありました。 その医療ジャーナリスト(医療ジャーナリストは資格が必要ではなく、自分で医療ジャーナリストと名乗れば医療ジャーナリストです)は先日、このようなツイートをしています。 本来ならばスクショは使用するべきでは無いことは承知しています。 私はこの医療ジャーナリストにブロックされているため、ツイートはスクショで失礼します。 墨東病院でのマスク不足であることを私が最初に目にしたのは2020年3月13日付けの現代ビジネスのこの記事です。 ismedia. なぜなら、直接医療に携わる業務ではないのに、地下鉄にのったときにN95マスクを使用しているのです。 N95マスクの件、著作にも書かれていますね。 アマゾンで1210円、自腹切りました(印税は当然伊藤さんへ)。 N95マスク、医療機関では必要とされているのに不足していることを知りながら・・・ 普通、医師などが使用しているマスクはサージカルマスクと呼ばれるものです。 今回のような厄介なウイルスに対して、自分自身を感染から守るためにはサージカルマスクでは十分な防御機能が期待できいないために、高性能のN95を使用することが必要です。 2020年2月には医療機関でさえ、マスクが手に入りにくい状況になっていました。 常識のある医療機関では本当はN95マスクが欲しくても、本当に必要としている医療機関にN95マスクが届くようにサージカルマスクをオーダーするにとどめていたはずです(少なくとも当院ではそのようにしていました)。 また私は医師会からN95マスクの供給があったのですが、絶対的に必要としている医療機関に優先的に配られるように、そのときは辞退しました(聖人君子じゃないし、たたけばホコリの1つや2つはゆうに出るけど、非常時だからね)。 ところがこの医療ジャーナリストは3月の中頃にこのようなツイートをしています。 これまたスクショで失礼します。 久しぶりに丸の内線に乗る。 N95マスクと手袋。 相変わらず混んでいるので何台かやり過ごすが窓を何で開けないのか?開かないのか? とツイートしています。 地下鉄の窓の問題というか換気の問題には触れません(専門家会議では電車は3密にはならない、と考えられていますけどね)。 医療ジャーナリストは間違いなくN95マスクを使用しています。 彼がこのツイートをした時点ではN95マスクが不足して、感染症と闘っている医療関係者であっても手に入りにくい状況でえした。 医療ジャーナリストを名乗るくらいですから、医療機関でN95マスクがこの時点で不足していたことを知らなかったはずはないと思います。 患者さんの診療にあたるはずのない、医療ジャーナリストという仕事でありながら、ご自分の身を市中の感染か守るために貴重なN95マスクを使用するとは・・・。 でも、この医療ジャーナリストは先程のツイートでこのように述べていますよね。 墨東病院からマスク不足告発が出ていることは小生が報じましたが、遂に今夜恐れていた院内感染が起き会見。 墨東病院が医療従事者が必要としているN95マスクが不足していることを知りながら(何で報じたのかは不明)、ちゃっかり自分はN95マスクを使用しているのです。 このツイートの日付は2020年4月14日。 最初にこの医療ジャーナリスト以外の方が現代ビジネスで墨東病院のマスク不足を報じたのが2020年3月13日。 この医療ジャーナリストがご自分がN95マスクをしている姿をツイートしたものを私がスクショしたのが2020年3月17日です。 正確な日付に若干の違いがあったとしても、2020年3月にはマスク不足は世の中の話題になっていました。 医療機関で医療従事者が身を守る為に必要としているN95マスクが医療とは全く関係のない、ただご自身で医療ジャーナリストと名乗っている方が使用することによって、少なくともN95マスクが一枚無駄になったのは事実です。 先日、発熱を主訴とする患者さんが当院にいらした時、帰国者・接触者相談センターと相談しながら私が診察をすることになりました。 私のような呼吸器感染を専門としない医師であっても、町医者をやっていれば新型コロナウイルス感染疑いの患者さんを診察することもあるのです。 医師には応召義務という、来院した患者さんを拒否することはできない法律があります。 幸いにして、新型コロナウイルス感染は否定的だったので、自宅で様子をみながら体調に変化があったら帰国者・接触者相談センターに再度連絡することになりました。 しかし、当院ではN95マスクは2枚しか在庫がないために、この患者さんの診察に関しては通常のサージカルマスクで対応しざるえませんでした。 そんな貴重なN95マスクを感染している患者さん、あるいは感染疑いの患者さんを診察することのない医療ジャーナリストが通勤の地下鉄で使用するなんて。 やっぱり、少なくともN95マスク1枚が無駄に使用されてしまったのは間違いないです。 古市憲寿氏と医療ジャーナリストが口論になったの理由 冒頭で述べましたが、この医療ジャーナリストは古市憲寿氏と「とくダネ!」で生口論をした時の争点はインフルエンザワクチンに関してです。 『とくダネ!』古市憲寿vs. html)より 医療ジャーナリストはここで古市氏にインフルエンザワクチンに反対していたことを指摘されています。 しかし、医療ジャーナリストはTwitterで反対はしていない、と返答しているようです。 上記のようにツイートしています(より)。 さらにこの医療ジャーナリストはこのようにもツイートしています。 どなたでもご存知のようにインフルエンザワクチンを接種してもその効果は直後にはでません。 一般的にインフルエンザワクチンを接種の際に「効果が発揮されるには2週間程度は必要」と医師は説明しますよね。 この医療ジャーナリストはインフルエンザワクチン接種して直後に効果が出ると考えていたようです。 さらに古市憲寿氏の「効果がないって言ってましたよね?」に対して「効果がないとは言ってないです」と答えているのですが、これは何でしょうか? 「インフルエンザワクチン効果なし」!!?? これって「効果がないとは言っていないですよ」とは言えないですよね(苦笑)。 なぜ私はこの医療ジャーナリストの発言が気になるのか? 以前ある方が、この医療ジャーナリストとツイッター上で議論をしたときに、私のブログを提示したそうです。 そのときに医療ジャーナリストは私のことを「アホだから」とツイートしたのです(この議論をした方はいまはアカウントを削除しています)。 普段は温厚であるとの評判の私もさすがにカチーンときました(実はしょっちゅうカチーンと来ているかも笑)。 提示されたブログは確か、ホメオパシーを否定するブログだったと記憶しています。 医療ジャーナリストは医学統計も理解されていません。 著作でSSRI Selective Serotonin Reuptake Inhibitors,選択的セロトニン再取り込み阻害薬 が発売された時期から自殺者が急増したと書かれています。 しかし、SSRIが発売されたことと自殺者が急増したことは全く関連性がありません。 その理由はこちらをお読みください。 医療機関でのN95マスク不足は深刻です。 NHKでもこのように報道されています。 nhk. html)より さらにこの医療ジャーナリストは病理学者の峰宗太郎先生を「デマを振りまく専門家」と評しています。 伊藤隼也は相変わらずすげーな ブロックされているので見られない 自分は匿名の自称医師だからどうでもいいが、実名顔出しで活動している専門家の峰先生をデマ屋扱い。 その時に話題になっている医学系の話にもっともらしい解説をされるのは、今後はご遠慮願いたいと思います。

次の