オフィス カジュアル 髪型。 オフィスカジュアル・ビジネスカジュアルとクールビズの違いは?|就活における服装のアレコレ、徹底解説します。

オフィス向けの髪型・簡単ヘアアレンジ15選|きっちりしたまとめ髪は?

オフィス カジュアル 髪型

もくじ• オフィスカジュアル・ビジネスカジュアル・クールビズの違い どこまでがカジュアルで、どこまでがフォーマルかの判断基準は、企業によってさまざまです。 クールビズは、オフィスカジュアルと同様に、ジャケット不要、ネクタイも不要となっていますが、目的は 「気温に柔軟に対応すること」。 オフィスワークを快適な服装で過ごすためのオフィスカジュアルとは、目的が異なります。 そのため、たとえば官公庁などでは、夏場の官庁訪問の際の服装はクールビズで、「チノパンやポロシャツにてお越しください」と指定されていることがあります。 オフィスでの装いについては、統一されたガイドラインがあるわけではなく、就活の担当者も、ファッションのプロではないので、企業や官庁ごとにばらつきがあるのは仕方がないことです。 「〇〇カジュアル」と指示があった場合でも、服装に迷ったとき、分からないことがあるときには、担当者やOB・OGなどに相談するようにしましょう。 ファッションやデザインを扱う業種や、内勤が多い事務職などの部署では、流行をおさえた華やかな装いがよしとされている場合がありますが、来客対応のある業種は、カジュアルといってもネクタイが必須だったり、ジャケットを脱ぐことができなかったりすることも。 会社や部署の文化に応じた、「オフィスカジュアル」があるため、よく分からないうちは、 次に説明する「ビジネスカジュアル 」程度にかっちりした服装を揃えるといいでしょう。 メンズオフィスカジュアルの選び方 トップス ジャケットでもOKですが、よりカジュアルに過ごすときには、 カーディガンやベストがおすすめ。 コーディネートの差し色にも活用できます。 シャツ 襟付きで白や淡い色のシャツがおすすめです。 ワイシャツのようにつるつるした生地ではなく、 綿や麻などのナチュラルな素材を選ぶと、動きやすく快適に仕事が進みます。 ボトムス オフィスカジュアルの場合、 ボトムスはチノパンでOK。 チノパンは、綿でできたパンツのこと。 後ほど説明する「スラックス」よりも生地に厚みとハリがあり、 履くことでカジュアルな雰囲気になります。 靴 靴は 革靴やキャンパスシューズ、スリッポンなどを選びましょう。 オフィスカジュアルの場合、通勤やデスクワーク時の服装ということもあり、靴に対しては厳しく規定されているわけではありません。 例えば サンダルやブーツなどはNGです。 足元がしっかりと覆われていて清潔感があるものがいいでしょう。 バッグ バッグは ビジネストートバッグやビジネスリュックと呼ばれているものを選びましょう。 服装がしっかりと整っていても、持っているバッグがカジュアル過ぎてしまうと一気にだらしなく見えてしまいます。 機能性の高いものを選び、手入れをこまめに行いましょう。 レディースオフィスカジュアルの例 トップス 春夏といった暖かい季節は、 ハリ感のあるシャツや、涼しげなブラウス、カットソーがGOOD。 寒くなる秋冬は、 シンプルなニットやカーディガンが〇。 トップスは、 タックインしてすっきりと着こなすのがいいでしょう。 また、ジャケットもレディースオフィスカジュアルの定番。 テーラードジャケットやノーカラージャケットなどがいいでしょう。 フォーマルな場に参加するときなどは これ一枚は折るだけでかしこまった印象を与えることができます。 シャツ シャツは スキッパーシャツいいでしょう。 着回しが利いて、首元のボタンを開けるとクールに、閉めると落ち着いた雰囲気を演出してくれます。 サテン素材を選べば上品なイメージに仕上げてくれますよ。 ボトムス パンツの場合は、 タックやセンタープレス入りのものを選ぶと、上品さを演出できます。 おすすめは テーパードパンツ。 キレイめアイテムなだけでなく、スタイルをよく見せてくれる万能アイテム。 もしくは ワイドパンツもOK。 センタープレスが入っていればしっかりとした雰囲気になります。 丈は、上品なムードのミモレ丈がおすすめです。 女性らしさときちんと感のそなわったタイトスカートなら、短めの膝丈でも品よく着こなせますよ。 身体のラインが出てしまうほどタイトなものは、品がよく見えないため注意しましょう。 カジュアルめなフレアスカートは、上品であたたかいツイード生地がおすすめです。 靴 オフィス向けシューズの鉄板は パンプスです。 中でも、 3~8㎝程度の高さのヒールがGOOD。 飾りはワンポイントで目立たない程度であれば問題ありません。 歩きやすいものを選びましょう。 パンプスがない場合は ローファーでもOK。 クッション性のあるインソールを選ぶと疲れにくいのでおすすめです。 バッグ バッグは、 「A4サイズが入る」「ポケットが多い」など機能性を重視しましょう。 ノートPCや大量の資料を入れることもあるので、 軽い素材のものを選ぶといいでしょう。 社外の方やお客様と接する場面での服装でもあるため、「相手にどのような印象を与えるか」を特に考える必要があります。 メンズビジネスカジュアルの例 トップス もっともベーシックで、着る人を選ばないジャケットは、 柄は無地で色はネイビーのもの。 シャツの上に羽織るだけでかっちりとした印象を与えることができます。 シャツ 強い色や大きな柄を避け、 白や薄いパステルカラーなど、落ち着きや爽やかさのあるものを選びましょう。 勿論襟は必須ですが、襟の形はそこまで規定が厳しくないので、ある程度の好みが出せるポイントだと思います。 ボトムス ウール素材のスラックスがGOOD。 折り目がきちんとしており、カジュアルさの中にもきちんと感を演出できるのがスラックスのいいところ。 ネイビーのジャケットには、明るいグレーのスラックスが似合います。 ネクタイ ネクタイは無くてもいいことが多いですが、急に必要となった場合に備えて、ロッカーなどに用意しておくといいでしょう。 靴 足元は革靴がベター。 先が尖ったものを避け、フォーマルな場面でも使える「 ストレートチップ」のものがおすすめです。 ベルトと靴の色を合わせると、全身に統一感が出ます。 バッグ 布製のカバンはカジュアル感が強くなりすぎるため、 ナイロンや革製の落ち着いた色のバッグを。 用途に応じてサイズを選びましょう。 レディースビジネスカジュアルの例 女性の場合、 ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルとの間に明確な線引きはありません。 オフィスカジュアルの際の注意事項をしっかりと守っていれば特に問題はないでしょう。 あえて一つ違いを上げるとすれば、 「オフィスカジュアルは社内向け、ビジネスカジュアルは社外向け」という点です。 オフィスカジュアルの場合は会社や部署のルールに則っている服装であれば問題ありませんが、ビジネスカジュアルの場合社外の人間と接する機会があるので、その点に十分注意して選びましょう。 服装としては、一般的なスーツスタイルからネクタイとジャケットを省いたものになります。 女性の場合も同じで、ジャケットが不要になるものの基本的には秋冬と同じ格好をした方が無難です。 決してオフィスカジュアルやビジネスカジュアルのようなタイプの軽装ではなく、あくまでもフォーマルな格好であるということを覚えておいてください。 毎年、6月1日から9月30日の間は、暑さに対応できる服装とし、現在では、「ネクタイ不要」「ジャケット不要」を呼びかける企業が多くなっています。 Tシャツやジーンズ、スニーカーなどの着用をOKとする「スーパークールビズ」を採用している企業もあるのだとか。

次の

【オフィスカジュアルでの面接に適した服装】男女別にご紹介

オフィス カジュアル 髪型

オフィスカジュアルとはどういう服装なのか。 ある程度の自由というのがどこまでの自由を指すのか、ビジネスカジュアルとはどう違うのか。 社会人としてわきまえておきたい感覚ですが、はっきりとした定義がなく、なかなかピンとこないかもしれません。 会社によってはガイドラインをもうけているところもありますが、それも企業ごとに様々です。 オフィスカジュアルとは、社内で仕事をするために適した服装であり、来客を迎えても失礼にあたらないくらいの、適度にカジュアルでありながらきちんとした身だしなみができているというレベルを指します。 一方でビジネスカジュアルとは、カジュアルでありながら、他社を訪問できるくらいの服装をいいます。 こんなオフィスカジュアルはNG ・露出が多すぎる カジュアルが推奨されているとはいえ、ビジネスの場では過度な露出やボディラインが強調される服は好ましくありません。 キャミソールやタンクトップなど肌の露出が大きすぎるもの、下着のラインが出るほどの短すぎるパンツやスカート、襟ぐりや背中が大きく開いている服装などは避けるべきです。 ノースリーブを着用する場合でも、ジャケットを羽織るなどしてなるべく肌の露出をおさえる気遣いが必要です。 また、夏場などは上着を脱ぐ可能性もありますので、キャミソールなどを着用して下着が透けないようにする対策も必要です。 ・過度にカジュアルすぎる だらしない印象をあたえてしまう服装も避けるべきです。 シワが多かったりヨレヨレだったり、あるいはダメージ加工がされているものは避けるべきですし、デニム生地のパンツやスニーカーも必要以上にカジュアルな印象を与えてしまう恐れがあります。 また、職場はあくまで仕事をするための場所ですので、歩きまわるのに支障があるほどのハイヒールやピンヒールではなく、適度なヒールの高さのパンプスが望ましいでしょう。 ・奇抜すぎる 迷彩柄やアニマル柄は、強い印象を与えるため好ましくありません。 また、原色などの派手な色合いが全体の半分以上を占めてしまうようなコーディネートも避けたほうが無難でしょう。 ベーシックカラーでまとめた上で、ベルトなどの小物に原色を用いる程度であれば、固い印象を和らげるのに効果的な場合もあります。 ・派手すぎるメイクやヘアスタイル、小物など あまり華美なメイクやネイル、デザインや配色が派手で目立ちすぎるアクセサリーなども清潔感を損ねてしまうため、職場での身だしなみとしてふさわしいものではありません。 また、帽子はビジネスの場ではNGですし、大げさなヘアアクセサリーなども避けたほうが無難です。 おすすめのオフィスカジュアルコーディネート それぞれの季節ごとの気をつけるべきポイントとコーディネートの一例をご紹介します。 こんなオフィスカジュアルはNG オフィスカジュアルといってもビジネスの場にそぐわない服装は控えなければいけません。 会社によって異なりますが、次のようなものはNGとされる可能性があります。 ・カジュアルすぎる ジーンズはカジュアルな印象が強く、オフィスカジュアルには適さない場合が多いです。 ただし、会社・職場によってはダメージジーンズでなければOKとするところもあります。 ・清潔感がない 服装自体がオフィスカジュアルに適したものであっても、シワだらけであったりヨレていたり、または過度に着崩していたりすると、だらしなく、清潔感がないという印象をもたれてしまう可能性があります。 ・露出度が高い 男性も女性同様に、過度に肌を露出していると、相手に不快な感じにしてしまう恐れがあります。 ・派手すぎる 度を超したオシャレやアクセサリーなどは、ビジネスの場に求められる信頼感を損なう恐れがあります。 おすすめのオフィスカジュアルコーディネート それぞれの季節ごとの気をつけるべきポイントとコーディネートの一例をご紹介します。 コーディネート以外にもオフィスカジュアルで気をつけたいポイントがあります。 服装以外の部分で清潔感がなかったりだらしなさがあったりすると、オフィスカジュアルとして問題のないコーディネートでも不快感をもたれてしまう恐れがあります。 ・口臭 匂いの強いものは食べないようにしたほうが無難です。 食事後は歯磨きをするか、外回りなどで歯磨きが難しい場合は口臭予防のタブレットなどを使うといいかもしれません。 また、歯に食べかすなどがついていないかどうかも確認してください。 ・体臭 汗が気になる季節などは制汗スプレーを使用するとよいでしょう。 また、きちんとシャワーを浴びる、こまめに汗を拭くなどの配慮も必要です。 ・鼻毛 男性は女性に比べて鏡を見る機会が少なくなりがちですので朝のヒゲ剃りのときに確認する癖をつけるとよいでしょう。 ・唇のかさつき 男性でも身だしなみに気配りができていない印象をあたえてしまいます。 リップクリームを使用するなど対策してください。 ・顔のてかり 特に夏などは、男性であってもあぶらとり紙を使用するなど気を付けるとよいでしょう。 ・パーマ 男性のパーマは信頼感を損なってしまう恐れがあります。 女性であってもあまり強いパーマは避け、自然な感じにした方が無難です。 ・ピアス 男性のピアスはビジネスの場にはふさわしいものではありません。 女性もあまり目立ちすぎるものは避けてシンプルなものを選びましょう。 ・香水 匂いが強すぎるものは、本人がよい香りと感じていても他人からは不快と思われる場合があります。 またつける量にも気を付けましょう。 ・髪型 男性の場合は顔がはっきりと見える短めの髪型が無難です。 女性も顔が明るく見えるように長い髪は後ろで束ねるなどしてすっきり見えるようにしましょう。 ・ヒゲ ヒゲはビジネスの場では歓迎されない可能性が高いです。 毎朝きちんとそりましょう。 ・ツメ 長い爪は不快感を与えます。 男性は短く切り、女性もネイルはナチュラルさを意識しましょう。 オフィスカジュアルは明確な基準がなく、どこまではOKなのかの判断は難しいものです。 ここではNG例とコーディネート例をあげてひとつの基準をお示ししました。 会社によってもオフィスカジュアルの基準は違ってきますが、相手に不快感を与えてはいけないという点は一致しています。 オフィスカジュアルは注意するポイントに気を付ければ、スーツよりも動きやすく、温度調整も楽で、自分を表現する手段のひとつにもなります。 マンパワーグループではインスタグラムで好印象なオフィスカジュアルを紹介しているので、是非そちらも参考にしてみてください。 マンパワーグループにはオフィスカジュアルを良しとしている派遣先もたくさんあります。 まずは登録をしてご自身に合った仕事を探してみてはいかがでしょうか。

次の

就活でよく聞くオフィスカジュアルってなに?|インターンシップガイド

オフィス カジュアル 髪型

オフィスカジュアルでの面接は比較的多い 就職活動というと、リクルートスーツを思い浮かべる就活生も多いことでしょう。 しかしリクルートスーツでなく、オフィスカジュアルでの面接も意外と多いのです。 オフィスカジュアルで面接に臨む際、相応しい服装で臨まなければ、「社会人としてのマナーを理解できていないんだな」とマイナスの評価を受けてしまう恐れがあります。 そのようなことの無いよう、オフィスカジュアルについて理解しておく必要があるのです。 ここではオフィスカジュアルでの面接で選ぶべき服装について、印象の良いコーディネートを男女別に解説していきます。 ここでの内容をしっかりと理解し、採用担当者に好感を与えることの出来る服装で面接に臨むようにしましょう。 オフィスカジュアルとは 今日ではオフィスカジュアルで業務に従事することを認めている企業は多く存在します。 そもそもオフィスカジュアルとは何なのでしょうか。 オフィスカジュアルというと、「私服みたいなものでしょ?」と理解している就活生が一定数います。 オフィスカジュアルとは、スーツ以外の服装で、仕事をするに相応しい服装のことを表す言葉です。 「ビジネスシーンに相応しい私服」ということになるため、日常生活における私服とは大きく異なるものなのです。 オフィスカジュアルはあくまでもビジネスシーンに相応しい私服であり、カジュアル過ぎるものはオフィスカジュアルとして相応しくありません。 スーツではない分、より一層コーディネートに気を遣わなければならないものなのです。 【男性編】オフィスカジュアルな服装のポイント オフィスカジュアルを考えるにあたって、男性と女性で注意すべき点は変わってきます。 ここでは、男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントを4点挙げ、それぞれ解説していきます。 男性の場合、オフィスカジュアルに適した私服を持っていない人も多くいることでしょう。 オフィスカジュアルは就職活動に限らず、その後の社会人人生においても必要なものとなるため、持っていない人は以下を参考に一式揃えておくのもおすすめです。 ジャケットと襟付きシャツを着用する 男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントの1つ目は、「ジャケットと襟付きシャツを着用すること」です。 ジャケットを着ないのはビジネスマナーに反します。 スーツではないとはいえ、ジャケットはしっかりと着用することが必要なのです。 その際、色は落ち着いた印象を与える紺・グレー・ベージュが賢明です。 きっちり見えるサイズとデザインのものを選択するようにしましょう。 またシャツに関しては、襟付きシャツを選ぶのが無難です。 Tシャツ等は面接という場ではカジュアル過ぎる印象を与えてしまう恐れがあるのです。 誠実な印象を与える白色の襟付きシャツを選択し、併せて面接なのでネクタイも着用し、面接に臨むようにしましょう。 パンツはチノパンかスラックスを 男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントの2つ目は、「パンツはチノパンかスラックスを選択すること」です。 あくまでもオフィスカジュアルなので、カジュアル過ぎる印象を与えてしまうパンツはNGです。 穴の開いたジーンズやダボダボなパンツは避けたほうが賢明だと言えるでしょう。 誠実な印象を採用担当者に与えることが出来るよう、チノパン、スラックスを選択するのが基本なのです。 色に関しても、派手な色はNGです。 ベージュやブラウン、黒・ネイビーといった落ち着いた印象を相手に与える色を選ぶようにしましょう。 また、パンツには必ずベルトが必須アイテムになります。 ベルトに関しても派手な色、カジュアルなデザインのものは避け、黒系のシンプルなデザインのものを用いるようにしましょう。 靴や鞄はシンプルなデザインを選ぶ 男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントの3つ目は、「靴や鞄はシンプルにすること」です。 靴はレザーのシンプルなシューズがおすすめです 中には飾りがついたようなデザインのシューズもあります。 しかしそのようなものは避け、極力シンプルなものを選ぶようにしましょう。 色に関しても落ち着きのある印象を与える黒、紺、ベージュといった色のものをチョイスするのは賢明だと言えます。 鞄に関しては、スーツの時に使用しているビジネスバックを用いるのが無難です。 面接においては、持っている鞄も意外と採用担当者に見られています。 カジュアル過ぎる印象を与える鞄を持っていると、マイナスの評価に繋がってしまう恐れがあるのです。 ジーンズやスニーカーはNG 男性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントの4つ目は、「カジュアルな印象を与えるものは避ける」ことです。 私服で着る分には、カジュアルなものでも問題はありません。 しかし、面接という場においては、カジュアル過ぎる服装はビジネスマナーを疑われてしまうため、相応しくないのです。 ジーンズ、スウェット素材、帽子、リュック、スニーカーなどカジュアルな印象を与えるものは避けるようにしましょう。 また、リュックに関しては、ビジネス向きのデザインのものであっても避けたほうが無難だと言えます。 面接会場に向かうまでの間、リュックを背負うことでジャケット、シャツにシワが出来てしまう恐れがあります。 そのようなことで印象を損なうことの無いよう、リュックは避けておくべきなのです。 【女性編】オフィスカジュアルな服装のポイント 次に、女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントを解説していきます。 女性の場合、服装の選択肢も多く悩んでしまう就活生も多くいることでしょう。 基本的には男性と同様、「カジュアル過ぎない服装」を選択することが重要になります。 以下の内容を押さえて服装を選択することで、服装によってマイナスの評価を受けてしまうことは避けられます。 不要な減点を防ぐためにも、以下をしっかりと理解しておくようにしましょう。 ジャケットを着用する 女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートのポイントとして、ジャケットを着用することがまず挙げられます。 男性と同様、ジャケットの着用は面接においては必須になります。 自身に適したサイズのジャケットを選択し、ネイビー・ベージュ・グレーなど落ち着いた印象を与える色のものを着て行くようにしましょう。 「カーディガンではダメなの?」と考える就活生もいるでしょう。 カーディガンでもNGではないのですが、面接という場においては、カジュアル過ぎると考え人もいます。 そのようなことを考慮すると、カーディガンではなくジャケットを選択するのが賢明なのです。 インナーに関しては、白もしくは女性らしい柔らかい印象のカラーをチョイスするようにし、全体的に清潔感のある服装にまとめることがポイントになります。 ボトムスはシンプルなスカートやパンツ 女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートでは、「ボトムスはシンプルなスカートやパンツを選択すること」も重要なポイントになります。 スカートにしろ、パンツにしろ、派手な色は避け、ネイビー・ベージュ・グレー・ブラウン・ブラックなどを選択することが重要になります。 スカートの場合は丈の長さにも注意してください。 あまりにも丈が短いものはビジネスマナーに反してしまいます。 膝丈もしくは膝より少し上丈のスカートを選択します。 「ワンピースはダメなの?」という就活生もいるでしょうが、ワンピースでも問題はありません。 ワンピールの場合も色は上記のような落ち着いた印象を与えるものをチョイスし、丈に関しても、膝丈となるものを着るようにしましょう。 靴や鞄は華美でないものを選ぶ 靴や鞄は華美でないものを選択することも、女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートを考える上で大切なポイントになります。 カジュアルな装飾の施されている靴も多くありますが、そのような靴は避け、シンプルなデザインで、かつ色も落ち着いた印象を与えるものを中心に選ぶようにしましょう。 ヒールが高すぎる、逆にヒールがペタンコになっている、といったものはNGです。 3~5㎝のヒールのパンプスを選ぶようにしましょう。 鞄に関しても華美なブランドものは面接の場には相応しくないためNGです。 シンプルなデザインのものを選択し、色も黒系の選ぶことが無難です。 靴や鞄は見えづらいようで、意外と見られやすいポイントになるため、これらについてもしっかりと準備しておくことが重要になるのです。 オフショルダーやミニスカートはNG 最後に、女性におけるオフィスカジュアルなコーディネートを考える際、NGとなる服装を紹介していきます。 オフショルダー、ミニスカートなど露出の高いものは面接という場に相応しくないため、避けなければなりません。 肌の露出が高いと、だらしのない印象を採用担当者に与えてしまう恐れがあるのです。 肌の露出は最低限に抑え、誠実な印象を採用担当者にあたることが出来るようにしましょう。 またサンダル、ブーツ、ヒールの高い靴、デニムといったものはカジュアル過ぎる印象を与えてしまう恐れがあるためNGです。 その場に相応しい服装が出来ないような人材を採用したいと思う企業はどこにもありません。 ビジネスマナーを意識し、その場に相応しい服装を選択する必要があります。 面接力診断で、苦手な分野を見つけよう 今年の就活は、 web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。 そんな時は、を活用してみましょう。 面接力診断は、24の質問に答えるだけで、 自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。 web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。 面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。 オフィスカジュアルの基本を押さえて面接に臨もう ここまでオフィスカジュアルについて男女別にそれぞれポイントを解説してきました。 オフィスカジュアルは何も就職活動だけで必要となるものではありません。 社会人として働く中で、オフィスカジュアルが必要となる機会も多く存在しているのです。 そのような場で適切な服装を選択することが出来なければ、自身の評価を大きく落としてしまう可能性があります。 そのようなことの無いよう、オフィスカジュアルについて今のうちに学んでおくことが大切です。 スーツでない分、服装選びを難しく感じる就活生も多くいるでしょう。 しかしそのような中だからこそ、適切な服装を選択することで、採用担当者に自信をアピールすることも可能になるのです。 ここで述べた基本をしっかりと押さえ、適切な服装で面接に臨むようにしましょう。 39点以下は危険度MAX!本番前に面接力を診断しておこう だんだん近づいてくる、面接の本番。 自分が面接で振る舞えるかどうか、不安ではありませんか? そんな時は、面接力診断をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの面接の実力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 面接力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の