あの頃君を追いかけた 興行収入。 あの頃、君を追いかけた : 作品情報

齋藤飛鳥,乃木坂,山田裕貴,あの頃、君を追いかけた

あの頃君を追いかけた 興行収入

CONTENTS• なんとも 微笑ましくて可愛らしい瞬間ですね。 台湾の人気作家、ギデンズ・コーが自身の自伝的小説を自ら映画化し、台湾の青春映画として歴代1位の興行収入をおさめ、香港では『カンフー・ハッスル』 2004 の記録を塗り替えて歴代興収No. 1を記録しました。 日本でも2013年に公開され、単館上映ながらスマッシュヒットを記録しています。 主人公を、『となりの怪物くん』、『万引き家族』、『虹色DAYS』など2018年話題作への出演が続く山田裕貴が演じ、ヒロインを映画初出演となる乃木坂46の齋藤飛鳥が演じた。 水島浩介は、クラスメイトの仲間たちとつるんではバカなことばかりをしていました。 彼には、さしたる夢や目標も分からぬまま、お気楽な高校生活を送っていました。 しかし、ある日そんな日々を過ごしていた浩介ですが…。 教師の指示に驚きを隠せない浩介…。 真面目でお堅い真愛を疎ましく思う反面、なぜか浩介の胸がザワつき始めます。 ある日、教科書を忘れた真愛のピンチを、なんと浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていきますが…。

次の

山田裕貴&齋藤飛鳥共演で台湾の大ヒット作品をリメイク!『あの頃、君を追いかけた』の舞台裏

あの頃君を追いかけた 興行収入

()監督。 、主演。 では、2011年ので上映後、続けてのでも上映。 後に数々の国際映画祭で公開された。 2013年9月に日本公開。 日本では主演のリメイク版が、2018年10月5日に公開された。 ストーリー [ ] 台湾の人気作家ギデンズ・コーが、自伝的小説を自らのメガホンで映画化し、台湾・香港で記録的ヒットを叩きだした青春ラブストーリー。 1990年代、台湾中西部の町・彰化。 男子高校生コートンは、悪友たちとつるんでくだらないイタズラで授業を妨害しては担任を困らせていた。 そこで担任教師は、優等生の女子生徒チアイーを監視役としてコートンの後ろの席に座らせることに。 コートンは口うるさいチアイーをわずらわしく感じながらも、次第に彼女にひかれていく。 出演 [ ]• (柯震東) - 柯景騰(コー・チントン)/コートン• (陳妍希) - 沈佳宜(シェン・チアイー)• () - 謝明和(シエ・ミンハ)/阿和• () - 曹国勝(ツァオ・グオション)• () - 許博淳(シュー・ボーチュン)/勃起• () - 廖英宏(リャオ・インホン)/マタカキ• - 胡家瑋(フー・チアウェイ)• - 柯景騰のお父さん• - 柯景騰のお母さん• - 校長• - 家庭教師• - 英語教員• - 教官(少佐)• - 許可欣• - 建漢• - 義智• - 孝綸• - 建偉• - 建偉の女友• - 許博淳のお父さん• - 許博淳のお母さん• 受賞 [ ] 年 受賞 カテゴリ 結果 受賞者 2011 第13回 オーディエンス賞 受賞 『あの頃、君を追いかけた』 第48回 最優秀女優賞 ノミネート ミシェル・チェン 最優秀新俳優賞 受賞 クー・チェンドン 最優秀新監督賞 ノミネート ギデンズ・コー 最優秀歌曲賞 ノミネート 那些年 2012 第6回 最優秀女優賞 ノミネート ミシェル・チェン 最優秀新人賞 ノミネート クー・チェンドン 第31回 最優秀中国大陸・台湾映画作品賞 受賞 『あの頃、君を追いかけた』 日本版 [ ] あの頃、君を追いかけた 那些年,我們一起追的女孩 監督 脚本 飯田健三郎 谷間月栞 原作 九把刀「那些年,我們一起追的女孩」 出演者 () 遊佐亮介 音楽 主題歌 「」 撮影 編集 阿部瓦英 製作会社 「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ 配給 公開 上映時間 114分 製作国 言語 興行収入 2. 5億円 日本リメイク作品。 舞台を2000年代の日本にアレンジしている。 キャスト [ ]• 水島浩介:• 早瀬真愛:()• 小松原詩子:• 大野陽平:• 町田健人:• 秋山寿音:• 杉山一樹:遊佐亮介 スタッフ [ ]• 原作:九把刀「那些年,我們一起追的女孩」• 監督:• 脚本:飯田健三郎、谷間月栞• 音楽:• 主題歌:「」()• 撮影:• 照明:• 録音:• 美術:金田克美、中山慎• 編集:阿部瓦英• スーパーバイザー:• 特別協賛:、• 特別協力:• 配給:• 2011年12月20日閲覧。 2012年4月21日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2018年7月2日. 2018年7月3日閲覧。 mtime Movies 2011年7月1日. 2011年10月28日閲覧。 mtime Movies 2011年8月13日. 2011年10月28日閲覧。 2012年4月17日. 2012年4月17日閲覧。 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p. 音楽ナタリー. 2017年10月3日. 2017年10月4日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語)• - (英語)• MovieKimioi -• moviekimioi -• - この項目は、に関連した です。

次の

山田裕貴&齋藤飛鳥共演で台湾の大ヒット作品をリメイク!『あの頃、君を追いかけた』の舞台裏

あの頃君を追いかけた 興行収入

2013年09月12日(木) 2011年以降、中国語圏のメディアには「那些年(あの頃)~」で始まる言葉が溢れ、一躍流行語となった。 台湾映画『あの頃、君を追いかけた』(原題: 那些年,我們一起追的女孩)は、11年夏に台湾で公開されるや、社会現象になるほどの大ヒット。 香港でも大人気を博し、チャウ・シンチー監督の『カンフーハッスル』が2004年に打ち立てた記録を破り、香港で公開された中国語映画で歴代1位の興行収入を叩き出した。 正直、女性の筆者からすると、過去の思い出をずっと胸にしまっているところなどいかにも男の子目線だし、下品で、バカげた描写がテンコ盛りの「男子ってアホだなー」と思わず呆れる作品だったりする、最初は。 しかし話が進んでいくにつれ、物語のどこかに自分の視点が入り込み、いつしか熱いものが胸に広がっていくのである。 心のフックに引っかかる何かが必ずある。 それがこの映画が大ヒットした理由の一つではないだろうか。 本作の生みの親は、ライトノベルなどで人気の作家・九把刀(ギデンズ・コー)。 原作・監督・脚本を務めた彼は、映画制作については素人同然。 にもかかわらず、自身の青春時代を描いた自叙伝的小説を基に映画を撮り、大成功を収めた。 1978年生まれの35歳。 9月14日の日本公開を前に来日した九把刀監督は、映画の主人公同様、愛嬌があってどこか自信たっぷり(本人がモデルなので当たり前か)。 ここまで大成功すれば自信満々でも至極当然と思うのだが、高慢さは全く感じさせない不思議な魅力を持つクリエイターだ。 ご自身の実話ということで、自分の青春の出来事がこれほど多くの人に支持されているという今のお気持ちを教えてください。 すごくラッキーだし、不思議な感じです。 台湾での公開から2~3年経って、また日本まで宣伝に来るチャンスがあるなんてびっくり。 映画は観てるはずです。 彼女の感想?聞いていません。 いや、つまり、ちょっと状況が複雑で…メディアの方に彼女のことはあまりお話できないんです。 でも、この映画を作ったことを喜んでくれていました。 僕は当時と変わってないと言ってましたね。 あくまで彼女が言っていたのですが、実物より随分イケメンだけど僕の役に柯震東(クー・チェンドン)を選んだのは正解だって。 表情や話し方が昔の僕に似てるそうです。 彼女の方は、「(自分より)ずっと美人の陳妍希(ミシェル・チェン)を選ぶなんてどういうつもり?」って恥ずかしがっていました。 だって、彼は僕を演じるんだから。 当時の僕が考えていたことを表現してほしかった。 彼とは話し合って役を作るという感じではなく、僕らはどんな時に笑って、どんな時に怒ったのか、それを芝居してほしかったんです。 逆に、チアイーについては、ミシェルに自分で考えて演じてと言いました。 僕とチアイーとの間で当時あったことをミシェルに話すことはできるけど、チアイーの気持ちは想像するほかありませんから。 ミシェルには、演技を通してチアイーが一体何を思っていたのか、僕に教えてもらいたいと思っていました。 だから、2人への演技指導には随分違いがありましたね。 現場ではミシェルとおしゃべりするほうが好きでしたけど。 「ちゃんとご飯食べた?」とか、「楽しい?」とか、「いじめられてない?」とか、「待ちくたびれたね。 あとで何が飲みたい?」とか。 演出する上で、効果的に見せることができた秘訣は何かあるのでしょうか? カメラマンの力が大きかったですね。 彼にとっては初めての映画だったので、チャンスをものすごく大切にして、心を込めて撮っていました。 もう、それは嬉しそうにいっぱいライトをセットして。 普通、ライティングの調整に長い時間かけられると煩わしいものなのですが、僕はその間にミシェルとおしゃべりできるので、ゆっくりやってくれと思っていました。 それにライティングがきちんとしていれば、ミシェルをきれいに撮れますから。 初めて長編映画を撮るということで、いろいろ準備されたのでは? とてもラッキーなことに、この映画にはお金がありませんでした。 エグゼクティブ・ディレクターも、助監督も、カメラマンも映画は初めての新人ばかり。 制作会社だって映画は初めて。 だからお金は集まらない。 その間、どうやってこの映画を撮ったらいいか、時間をかけて研究することができました。 退屈になったら主演の2人を呼んで演技させてみたり。 役柄をどう演じるのかじっくり確認し合いましたね。 それほど暇だった。 他の出資者からあまり口出しされなかったのもよかったですね。 もしバジェットの大きい作品だったらいろいろありますから。 みんな映画は初めてだったので、ほんとに真剣に取り組みましたよ。 サボる方法が見つからないというべきかな。 新人ばかりで力を合わせて映画を作る、こんな経験は一生で二度とないですよね。 スタッフたちと一緒に何本も映画を観て、「学校はこんな雰囲気がいいよね」とか「色味はこれに近い感じかな」とか、これまた長い時間をかけて話し合いました。 だって、抑圧された作品が多いでしょう?『藍色夏恋』って観たことあります?あの青春の感じはいいと思うんですが、後半、転調しますよね。 そこからがあまり好きじゃない。 日本の青春映画は楽しいものが多いですね。 『ウォーターボーイズ』みたいに、若者たちがワイワイガヤガヤやりながら一つのことをやり遂げるような。 台湾の青春映画は悩ましいことが多くてうっとうしい。 性の悩みとか、政府への不満とか。 若者は政府に対する抗議活動において一番重要な層だから、よくデモのシーンが出てくるでしょ。 …僕の青春にはそういうことが無かったからなぁ…というか、実はほとんどの人に無いでしょう? 台湾の若い映画監督って、みな僕よりずっと優秀なんです。 これ、本当。 彼らは一日中悩んでるけど、僕はバカ。 これじゃ悩ましい映画なんて撮れないですよね。 悩んだ事といえば彼女を振り向かせられなかったことだけ。 小さい悩みですけどね(笑)。 9月14日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開.

次の