香典 袋 お札 の 向き。 香典の包み方・入れ方・書き方を【写真付き】で解説|礼装のたしなみ

お葬式 香典】香典袋・書き方・お金の入れ方包み方・中袋・渡し方・お通夜

香典 袋 お札 の 向き

新札は避けてお札を用意しましょう まず、香典を準備する際は硬貨ではなくお札を準備しましょう。 会社の同僚などと複数名でお金を出し合い合同で香典をお渡しする場合でも、集めたお金をそのまま入れるのはよくありません。 必ずお札に両替をして香典袋に入れてお渡しするようにします。 また、お札の新しさにも気をつけましょう。 結婚式などの慶事ではご祝儀袋には新札を入れるのがマナーですが、香典には新札は使わないようにします。 これは、新札を準備しておくということは亡くなるのを待っていたとも受け取れるためです。 相手を不快にさせてしまうこともあるので気をつけましょう。 とはいうものの、香典としてお渡しするお札がかなり使い古しのものであったり、汚れているというのも良くありません。 そのため、なるべく綺麗なお札を準備するか新札に一度折り目を付けてから香典袋に入れるようにしましょう。 adobe. com 香典の金額 香典にいくら包めばよいのかは多くの人が悩むところです。 香典は故人との関係性や付き合いの深さによっておおよその相場がありますが、必ずその金額という決まりはなく相場を参考にしながらいくらにするかを決め構いません。 もし、いくらにすればよいのかを迷う場合には、自分と同じ立場の人に相談して同じ金額にするというのも良いのではないでしょうか。 お札の枚数 お札の枚数にも注意が必要です。 香典として入れるお札の枚数にもマナーがあり、一般的には1枚、3枚、10枚のいずれかの枚数にするのが良いとされています。 逆に「死」や「苦」を連想させ縁起が悪いと考えて嫌われる数字の4や9は避けるようにします。 ほかにも、偶数枚は故人とのつながりが切れると考えられ、特に高齢者ではこのようなことを気にする方もいます。 そのため、香典に入れるお札の枚数はこれらの数字にならないように気をつけましょう。 なお複数枚のお札を入れる時はお札を同じ向きに揃えるようにします。 お札の上下・裏表 香典袋にどのような向きでお札を入れるのが正しいのか迷う事があります。 お 札には表裏があり、肖像画の描いてある方が表面になり、人物の書かれていない面は裏面です。 また、お札には上下もあります。 肖像画のある表面には左右に金額が書かれていますが、左側の金額が書かれている方が上、肖像画の書かれている方が下です。 このようにお札には表裏や上下があるため、香典袋にお金を入れる前には向きを確認するようにしましょう。 中袋(封筒)へのお札の入れ方 香典袋の中にはお金を入れる白い無地の封筒がついていることがあり、これを中袋と言います。 中袋の表面には香典の金額を書き、裏面には自分の住所、氏名をフルネームで書くようにします。 この時の筆記用具は筆ペンまたは毛筆を使用しますが、中袋に書く時には必ずしも薄墨である必要はありません。 中袋の氏名や住所は遺族が誰から頂いた香典かをわかるようにしたり、香典返しを送ったりする際に必要になるため必ず記入する必要があります。 adobe. com お札の上下 中袋にお金を入れる際にはお札の上下をどのように入れるかに気をつけましょう。 お札の上下に関しては明確なルールが決められているわけではありませんが、一般的には肖像画の描かれている方を下にして中袋に入れるようにします。 香典では中袋の裏側がお札の肖像画の描かれている方になります。 したがって、中袋を裏返しにしてお札を入れると上下を間違えずに入れることができます。 お札を入れる向き お札を入れる向きも不祝儀袋と慶事で用いる祝儀袋では入れ方が異なるため注意が必要です。 香典を包む不祝儀袋では表面を上にした時に、お札の肖像画の書かれている方が裏向きになるようにして入れます。 慶事の場合にはこの逆にするのが一般的なルールになりますので覚えておくようにしましょう。 中包みへのお札の入れ方 中袋ではなく中包みを使う場合もあります。 金額や名前の書き方などは中袋と代わりませんが、封筒ではなく一枚の紙となっているため、中袋よりも入れ方がすこし複雑です。 adobe. com お札の向き 香典袋には中袋ではなく中包みになっているものもあります。 中包みとは中袋のように封筒条になっているのではなく、和紙にお札を包んで外袋に入れるようにするものです。 香典は中包を正面に向けた時にお札の裏側が前にくるようにお札を包まなければなりません。 そのため、最初にお札を置く位置と向きを間違えないように注意しましょう。 もし中包みがなければ奉書紙という和紙に包むようにします。 ただし、地域によっては二重に包むことで不幸が重なると連想されることを縁起が悪いと考えられ、外袋に直接香典を入れることもありあえて中包みのない香典袋が売られることも増えてきています。 中包みの包み方 香典を中包みに包むときの包み方は• 中包みの下方に肖像画が書かれている方が上にして右上がりになるようにお札を置く• 下、左、右の順番に香典袋よりひとまわり小さい大きさに折りたたむ• 左角に向かって2回折る• 右下に空きができていればよい 中包みの表面には香典の金額を書き、裏面には自分の住所と氏名を記載しておきます。 香典袋へのお札の入れ方 香典持参する時にお金を入れる袋のことを香典袋と言います。 香典袋には帯紐の水引が付いているものやあらかじめ水引が印刷してあるものなどさまざまな種類がありますが、中に入れる香典の金額に応じた香典袋を選ぶようにしましょう。 また、市販されている香典袋には中袋の付いているものと付いていないものがあります。 中袋の有無により、それぞれのお札の入れ方には違いがあることを知っておきましょう。 中袋・中包みありの場合 中袋のある香典袋では中袋の中にお札を入れます。 お札の裏表では中袋の表面を上にして、お札の肖像画の面が裏側になるようにします。 また、お札の上下は肖像画が下になるように入れるようにしましょう。 次に中袋の表面に香典の金額を漢数字を使って記入しておきます。 この漢数字は一から三までは正式の漢数字を用いるようにします。 なお、裏面の住所は香典返しを送られる際の手間を省くためにも、きちんと郵便番号から書くようにします。 中袋なし・中包みの場合 香典袋に中袋が付いていない場合には香典袋で直接お札を包むようにします。 この際には、中袋にお札を入れる時と同様に香典袋の表面を上にした場合に肖像画の書かれている方が裏側になるようにお札を包なまければなりません。 上下についてはお札の肖像画のある方を下にして包むようにしましょう。 また、香典袋を折り返す時には先に下側を折り返して、次に上側をかぶせるようにし水引をかけるようにするのがマナーです。 この場合には、香典袋の裏面に直接金額や住所を書く必要があり忘れないようにしましょう。 ふくさへの香典の入れ方 通夜や葬儀告別式に香典を持参するときは直接香典袋を差し出すのではなく、ふくさという四角い絹やちりめんの布に包みます。 ふくさに香典袋を包む事は相手に対する敬意と礼を重んじ心遣いをしているという気持ちをあらわすことになるのです。 この香典袋を包むふくさの色は決まっていて、グレーや紫色のものを使用するようにし、結婚式などの慶事で用いる暖色系のものは用いません。 ふくさへの香典袋の包み方として、祝儀袋を挟むタイプのものでは左開きになるようにして香典袋を入れておきます。 ふくさを広げて包むタイプのものでは、爪がある場合は爪のある方を左側にし菱形に広げ、ふくさの中心よりやや右に香典袋を置きます。 そして右、下、上の順に折り、最後に左の端を追って挟み込み、爪が付いている場合はそれを用いて留めましょう。 adobe. com 香典袋の上下 香典袋をふくさに包む時の上下は自分から見て文字が読める向きにしておきます。 そして受付等で香典袋をお渡しする際に香典袋をふくさから取り出し、相手に読める向きに香典袋を反時計回りに回転させるようにするのがマナーです。 香典お渡しする時には「この度はご愁傷様でございます」などのお悔やみの言葉を添えて差し出すようにしましょう。 香典袋を入れる向き 香典袋をふくさに包むときは香典袋の表面が上になるように包むようにします。 このように包んでおくとふくさを広げた時にも、香典袋の表面が上にくるため、そのままスムーズに相手にお渡しする事ができるのです。 この時ふくさを折りたたんだり、台付きのふくさの場合には台の上に乗せることでより丁寧な香典の渡し方となります。 まとめ 香典の包み方には絶対にこうしなければいけないという決まりはありませんが、一般的なマナーを守る事で相手を不快にする事がないように配慮する事になります。 香典を準備したり渡したりする機会はそれほど多いものではないため、いざという時に戸惑わないようにしっかりとマナーを身につけておきたいものです。

次の

五千円の香典の包み方は?|入れ方・向き・書き方・渡し方|終活ねっと

香典 袋 お札 の 向き

お札には表と裏が存在しますが、皆さんは香典を包む際にその向きに注意をしたことはありますか? 香典に関してはお札は裏向きに入れることがマナーとされており、 なぜ「裏」なのか疑問に思った方も多いのではないでしょうか。 この記事ではお札の入れ方や香典袋の書き方に加え、 お札の向きのなぜ?についてもご紹介してまいります。 香典袋のお札の入れ方 冒頭にも書きましたが、お札には表と裏があり 顔がある方が「表」となります。 香典の場合はお札を裏向きに入れるといわれておりますので お札の顔が袋の裏側 を向くようにして 顔が下 になるように入れます。 上記の画像では中包みを用いた例で紹介をしておりますが、中包みのついていない香典袋の場合でも入れ方は同じです。 お金を裏向きに入れるわけとは? お金の表には肖像が印刷されていますが、香典などを包む際に裏向きに入れることは「悲しみのあまり顔をあげれない」「不幸に顔を背ける」などの意味があります。 昨今ではお札の向きにこだわる必要はないという意見もあるようですが、お札の向きひとつにも哀悼の意を示しているのです。 またお札を裏向きにして入れることで、香典を管理する人がひと目で金額がわかるという利点もあるようです。 また、数枚のお札を包む場合は必ず向きを揃えて入れるようにしましょう。 金額の書き方 1 2 3 5 7 8 10 百 千 万 円 壱 弐 参 伍 七 八 拾 百 阡 千 萬 圓 円 金額を旧字体で書くのは、書き換えを防ぐためと言われており、香典管理の場で正確に金額を記録するためとされていますが、 「一」「二」「三」などの漢数字で書いてもかまいません。 例:五千円の場合 「伍阡圓」「五千円」 金五千円也なとど書きます。 例:一万円の場合 「壱万円」「壱萬圓」「一万円」 金壱萬円也などと書きます。 市販の香典袋の場合、書き方の説明がある場合は指示に従って記入しましょう。 香典袋の中身と記入した金額が合っていることが大事なので、くれぐれもお金の入れ忘れには注意をしましょう。 香典袋の書き方 香典袋には毛筆か筆ペンを用い、必ず「薄墨」で書きましょう。 49日の忌明けが済んでいたら薄墨でなくてもよいとする向きもあるようですが、「仏事=薄墨」という認識の方も多くいらっしゃいますし、昨今では薄墨タイプの筆ペンはコンビニや100均でも簡単に手に入るので薄墨で書いておくのが無難です。 文字は崩さずに丁寧に書き、ボールペンやマジックなどは使用しません。 仏教 「御霊前」「御仏前」「御香典」「御香料」など 神式 「御霊前」「御玉串料」「御榊料」など キリスト教 「御花料」「お花料」「御霊前」など 仏教の場合「御霊前」は49日までの表書きで忌明けが済んだら「御仏前」と書くと言われる方もいらっしゃいますが、同じ仏教でも浄土真宗の場合は異なります。 浄土真宗では人が亡くなるとすぐに浄土に召されて仏になると考えられていますので、霊という概念はなく「御霊前」という表現を使用することはありませんので忌明け前でもすべて「御仏前」と書きましょう。 蓮の絵柄がついているものは仏教用ですのでその他の宗教では使用しません。 神道では神前に捧げるもので「仏」ではありませんので「御仏前」は使用しません。 キリスト教ではカトリックとプロテスタントで表書きが異なります。 一般的には水引のない十字架や百合の花が描かれたキリスト教用の袋を使いますが、カトリックで「御霊前」を使用する場合は白無地で黒白または銀一色の水引の香典袋を使います。 プロテスタントでは御霊は異教の偶像崇拝とされているので「御霊前」は不適切な表書きで失礼に当たるので使用しません。 どちらも共通で使用できる「御花料」としておくのが無難でしょう。 教会名の前には宗派が付いていますので式が行われる教会を事前に確認しておいてもいいでしょう。 水引の下の部分には差出人の氏名を書きます。 名前は必ずフルネームで書きましょう。 中包みには表側に金額を書き、裏側に差出人の住所や氏名を明記します。 こちらも市販の香典袋には欄が設けられていることがほとんどですのでそれに沿って書きます。 中包みがついていない・中包みを使用しない場合 最初から中包みがついていない封筒タイプや、「不幸が重なる」という連想を避けるため、あえて中包みを使用しないという場合でも、住所や金額は包みの裏側、中央より下の左側に書きます。 横書きの場合は右側に寄せてもかまいません。 遺族の方や帳場での会計がしやすいように見やすく配慮して書きましょう。 お札は新札でもよい 一昔前なら「あらかじめ用意していたみたい」だとお香典での新札の利用は避けられていましたが、最近は「古いお札のほうが用意しづらい」「きれいなお札のほうがいい」など理由は様々ですが、新札でも構わないという風潮に変化してきています。 これは、昔はATMなどがなく不幸は突然の出来事で新札の用意自体が困難であったため、新札をすぐに用意することが難しかったことから香典では「不幸を待っていたようだ」という理由からも古いお札が良いとされていました。 またお札のデザインが変わったり、世間に出回るお札もきれいなものがほとんどのためくたびれた古いお札自体を目にすることも減りました。 他にも、新札は一枚一枚がくっついていて数えづらいという理由もあったようです。 でも、新札はやはり抵抗があるという方はお札を一度半分に折り、折り目を入れてから包むといいでしょう。 わざわざクシャクシャにする必要はありません。 gifcon2 日本には様々な行事があり、そのすべてに"マナー"が存在していることはお気づきでしょうか? 誰が決めたとも分からない、この暗黙のルールのようなマナーについて、2005年から約10年間ギフト業界で企画・販売などを経験し、現在はその知識を元に主に冠婚葬祭の贈答マナーについてアドバイザーとして活動しております。 当ブログでは、特に振る舞いなどに配慮が必要な「弔事」における今さら聞けない一般常識をケース別にご紹介しています。 決してマナーに囚われすぎるのではなく、突然の出来事にも臨機応変に「大人の対応」ができる常識人を一緒に目指していきましょう。 com.

次の

香典のお札の入れ方は?香典を持参する際の正しい作法

香典 袋 お札 の 向き

・キリスト教であれば「御花料」、神道であれば「御玉串料」と書きますが、 宗旨宗派を問わない「御香典」も安心です。 さらに表書きの下部分には、自分の名前をフルネームで記入してください。 夫婦など、連盟でお渡しする場合には、三名までなら表に書いても問題ありません。 法事のお香典、中袋の書き方 続いて中袋の表面には、 包んだ金額を中央上部に記入しますが、この金額は 「漢数字」で書かなければなりません。 漢数字は一~十までが、「 壱・弐・参・四・伍・六・七・八・九・拾」、百・千・万は、「 百・阡・萬」です。 また金額の上には「金」、下には「 圓也(えんなり)」を入れるので、例えば五千円を包むのなら、「金 伍阡圓也」となります。 …以上が基本的な中袋の書き方ですが、なかには 中袋がないタイプもあります。 しばしば、住所を省略して書く方がいるのですが、施主はお香典返しやお礼の手紙を送る時に使いますので、そこまで想定して、 郵便番号や都県まで、正確に書くと親切です。 お札を入れる 表書きまで終えると安心しがちですが、 お札の入れ方にもマナーがあります。 そして、そのマナーが結婚式のお祝儀とは反対な点も、間違えやすいところです。 (一方、お祝儀は華やかな色でも大丈夫です。 ) ・渡す時には袱紗(ふくさ)からお香典を取り出します。 受付では取り出して そのまま両手で渡すと丁寧です。 またご自宅へ弔問する時には、袱紗を座布団のように、 お香典の下に敷いて差し出してください。 いかがでしたでしょうか、今日は 法事でお香典を準備する時に、押さえておきたいマナーをお伝えしました。 また袋の包み方ですが、弔事では 「お辞儀をするように」下が先、上を先に折りたたんでください。 (祝儀では上が先です。 )このように冠婚葬祭では、あらゆる場面でお金を包みますが、その 内容によって細かなマナーに違いがあります。 複雑に感じることもありますが、一度 意味合いまで理解してしまえば、後々間違える心配もありません。 法事のお香典の、 立場や年齢で違う金額相場については別記事でもお伝えしていますので、ぜひ、こちらも参考にしてください。 ・ まとめ.

次の