い はら あおい 事務 所。 宮崎あおいの「事務所」の噂検証

宮崎あおいの「事務所」の噂検証

い はら あおい 事務 所

家庭のトラブル対処表 【不倫・浮気調査/人探し/盗聴器発見/素行調査/信用調査/ストーカー対策】 年々増加している熟年離婚。 「夫がなかなか帰ってこない・・・」「妻がスマホばかり見ている・・・」なんて、怪しい動きをしていませんか?長年連れ添ったパートナーだから多少は我慢するけど。 どうしても気になる!不貞行為をしているんじゃないか?というお悩みで夜も眠れなかったり、仕事にも手が付かなくなってる。 もし、不倫が浮気や事実なら、慰謝料請求をしたい方や。 逆に、浮気の証拠を手に入れて、簡単には離婚できないようにしたい方。 そんな時は頼りになる探偵・調査会社に依頼して解決しましょう。 お客様満足度98. 法律専門家も起用しているため、慰謝料請求など有利する万全の体制が整っています。 相談・お見積りは何度でも無料。 1!ユーザーに見合った探偵社をご紹介します!出張費が掛からないので安く見積もることができます。 最初のお見積り料金より追加料金も発生しません。 調停や裁判に対するアドアイスや、機関の紹介など、アフターフォローもばっちり!全国出張対応可能。 【債務整理/借金返済/自己破産/過払い/任意売却】 事業の失敗で高額の借金を背負ってしまった、多重債務に陥ってしまった…どうしよう。 もう人生終わりかもしれない。 そんあ陰鬱とした気分になってよからぬことを考える前に。 日本には債務者を再生させる制度として「任意整理」「自己破産」「個人民事再生」「過払い請求」等があります。 督促状が来ても、すぐに問い合わせをすれば裁判も伸ばしてくれる法律事務所に相談しましょう。 弁護士・司法書士は、債権者の返済プランを親身に考え、金融会社への対応の窓口となってお助けしてくれます。 過払い金返金保証制度も。 費用が出せないという相談者の方でも、門前払いせず、初期費用は頂かず、一緒に問題を解決していくというスタンスを取っています。 解決後、費用が一括で払えないような場合についても分割払いも可能です。 また、完済後の過払い金請求の場合、戻って来た過払い金が着手金より少なかった場合、残りの差額は頂きません。 ですのでノーリスクでご請求頂けます。 ご相談者様の希望第一で、売却の前に家を残す手段がないか等のご要望についても、徹底的に考えます。 ご相談無料なのでお気軽にご相談ください。 【闇金/闇金対処/嫌がらせ撃退】 近年の不況も相まって、ヤミ金で一度お金を借りてしまい、返済するためにまた別のヤミ金業者に手を出してしまう相談者が後を絶ちません。 法律事務所に相談にいっても闇金業者だと嫌がられることもあります。 毎日電話が鳴り、家や会社にも電話が来る。 「ピザ100人前って何?」みたいな事態ありましたか?当然!高い利息に返済する必要はありません。 そんな状況を抜け出したい方は、闇金専門の弁護士・司法書士事務所に相談しましょう。 あなたの代わりに取り立て、嫌がらせをストップさせます。 初期費用、相談料0円で費用は分割可能。 家計の状況に合わせ、弁護士費用の支払いも柔軟に対応します。 職場やご家族に内緒で手続きも可能です。 ご相談は無料、365日24時間相談受付、全国対応、後払い分割払い可能、迅速にご対応。 年末近くに行う確定申告、遺贈や財産の金額から基礎控除を超えた場合に必要になる相続税についての相談、起業の際のパートナーなどなど。 税金に関する様々な問題や仕事への対処を、税理士の方がサポート・代行してくれます。 紹介に直接費用を頂くことはありませんので、お気軽にご相談ください。

次の

あおい法律事務所(茨城県水戸市) 弁護士飯島章弘・小林憲生

い はら あおい 事務 所

個別労働関係紛争が激増しています。 従来の労使紛争で労働者が労働基準監督署等へ駆け込んでも、労働法関係の違反がない場合には行政側は動きようがありませんでした。 警察と同じように民事不介入であったと言えます。 ところが近年、労使間の民事を含めたもめ事に救済の制度が法定されました(「個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律」平成13年法律112号)。 平成20年度の総合労働相談件数は107万件を超えております。 まさに他人事ではないことがうかがえるでしょう。 不当な解雇や賃下げ、間違った残業手当の計算等は労使紛争の火種です。 未然に防ぐ方法を一緒に考えましょう。 社会保険労務士は労働社会保険・人事労務の専門家(国家資格者)です。 会社運営上のさまざまな場面でよき相談相手になるものです。 報酬も思っているほど高くありませんので、一度お電話ください。 あなたの会社の 人事・労務担当 『あおい』でした。 あおい社労士事務所 社会保険労務士 萩 原 洋一•

次の

あおい洋一郎|ナレーター|ベルベットオフィス

い はら あおい 事務 所

労務管理に詳しい社労士事務所がアドバイス! あおい社会保険労務士法人は、労務管を専門に取り扱う社会保険労務士事務所です。 想定外コロナウイルスの影響といっても、労働関係の法律を押さえておくことが大切です。 中小企業の切実なご事情に合う方法をアドバイスしています! 新型コロナウイルス感染拡大による社会環境の変化 新型コロナウイルスの影響が広がり、従業員の解雇を考えざるを得ない会社が増えています。 会社の切実な状況もありますが、従業員の生活にも大きく影響を与える解雇については、トラブルを防ぐためにも慎重に行う必要があります。 会社も被害者だけど・・・ コロナの影響とはいっても、解雇だけの方法により経営を維持するわけにはいきません。 コロナの影響により事業が縮小し、それに対応するために従業員を解雇する前には、以下の4つの要素を確認し、検討したうえで、どうしても必要であれば行うようにしましょう。 2.解雇を避けるために努力をした 解雇以外の手段を使って経営努力したかどうかが問われます。 例えば、経費の削減、残業の規制、役員報酬の削減、不要資産の売却、一時帰休、 賞与カット、昇給停止、配置転換、希望退職の募集、新規採用の見送りなど。 特に、新型コロナウイルスの影響を受けた事業主に対し、雇用調整助成金や資金繰り制度等、国の支援策がありますので、これらの活用の有無についても考慮したうえで判断することが重要です。 3.人選に合理性がある 状況によりますが、選定基準には「客観性」「合理性」が必要です。 例 (1)勤続年数、実績などの貢献 (2)勤務成績や能力などの評価(遅刻や欠勤が多い、など) (3)雇用形態 (4)再就職のしやすさや家計への打撃、影響の大きさ 4.解雇手続きに妥当性がある 整理解雇の実施前に、労働組合や労働者に対して、整理解雇の必要性やその内容を十分に説明、協議等をし、解雇される可能性の高い従業員から意見を聴くなど、納得してもらう努力をしましょう。 コロナの影響による解雇で特に気を付けたいこと 今回の新型コロナウイルス感染症については、国が事業者に対し、様々な支援策を行っています。 その一つに、「雇用調整助成金」があります。 解雇を検討するうえでは、解雇の前に「雇用調整助成金」の申請を行うことや、活用を検討することは大切です。 「雇用調整助成金」を申請すれば受給できたのに、それを行わずに解雇を優先するようなことがあれば、経営努力が足りていないと判断されることもあり得ます。 一方で、「雇用調整助成金」は、事業が縮小し、そのことにより従業員を休業させ、休業させた従業員に休業手当を支払ったものに対する人件費の負担を国が肩代わりする制度です。 休業手当として支払う人件費を事前に会社に払ってくれる制度ではないので、ある程度資金に余裕がなければ、「雇用調整助成金」を活用することも難しいというケースも出ています。 あおい社会保険労務士法人では、 中小企業の方々のために、 切実なご事情を理解したうえで、事業継続のための方法の一つとして解雇をご判断いただく際のご相談として、解雇に関する労務相談を行っています。 1人で悩んでいないで、専門家にまずは話してみませんか! あおい社会保険労務士法人が提供できるサービス 私たちは企業の経営者、人事部門の担当の方と一緒に、 中小企業向けの解雇に関するご相談をお受けしています。 解雇に関してトラブルが発生しやすい点、経営者としてやっておかなければならない点、特に新型コロナウイルスの影響により解雇を考えるときに押さえておかなければならない点など、皆様の会社に状況に合う方法を一緒に考えます。 合わせて、賃金引き下げ、賞与の減額など、労働条件の見直しをお考えの場合は、一緒にご検討いたします。 労務管理を専門としており、中小企業の置かれている切実な状況も理解しています。 代表の平山久美子は、社内外の研修講師を多数務め、わかりやすいと好評をいただいています。 ご相談の費用 スポットでご相談いただけます。 その場合の費用は次の通りです。 30,000円/1.5時間 (税別) ご相談では、会社の置かれている状況をお伺いしながら、解雇にあたって検討すべき事項を確認していきます。 必要であれば、その後も一緒に検討を進めていきます(別途費用が発生します)。 ご依頼方法 まずは、お電話またはよりご連絡ください。 面談の日程を調整させていただきます。 お気軽にご連絡ください。 は、横浜市のオフィス街、馬車道・桜木町・関内駅からすぐの場所です。 ご相談事例 横浜市の製造業です。 新型コロナウイルスの影響により、受注が落ち込み、なんとか解雇をしないように頑張ってはいますが、今後の見通しとして、増産が見込まれないので、最悪のケースを想定した場合の解雇について、会社が事前に行わなければならないことや考え方を相談しました。

次の