うさぎ うんち しない。 うさぎがペレットを食べないときにするべき3つのこと

うさぎがうんちを全くしなくなりご飯も全く食べなくました。うん...

うさぎ うんち しない

うさぎは猫や犬などの動物とは違って、飲み込んだものを吐き出すことができません。 そのため、うさぎにとって「うんちがでない」ということは致命的な状況になる可能性があります。 なのでその際はすぐに病院へ行くことをオススメします。 ではその原因について見ていきましょう。 毛球症 もうきゅうしょう になってしまっている うさぎはとてもキレイ好きで、自分の毛づくろいを頻繁に行いますが、抜け毛が多いと毛を飲み込んでしまいます。 飲み込んでしまった毛は吐き出すことができない為、胃の中で固まり、それがつまってしまうことが原因でうんちが出なくなってしまうことがあります。 この原因からくる病気を毛球症 もうきゅうしょう と言います。 毛球症は健康管理を徹底することにより、防ぐことが可能です。 まずは基本であるうさぎのブラッシングをしっかりと行うことです。 普段は週1回のペースで行うことが良いのですが、季節の変わり目などは大量の毛が抜けますので、ブラッシングの回数を増やすなどして、十分に気を付けることが大切です。 また、干し草をメインとした繊維質の多い食事を与えることや、普段から適度な運動を行うなどを心がけることも予防の1つです。 毛球症を発病した場合は早めに病院へ行くことをオススメします。 毛球症の前兆としては、うんちとうんちが繋がっていたり、毛の多いうんちを出している事です。 季節の変わり目などは十分注意して、うんちも健康管理の一つとしてチェックすると良いでしょう。 胃腸内容うっ帯が原因 胃腸内容うっ帯とは、様々な原因が引き起こす病気で、うさぎはお腹が張って苦しい痛みを感じます。 原因として考えられるのはいくつかあり、その中でもストレスや水分不足、繊維質の少ない食事などが考えられます。 胃腸内容うっ帯の症状として、 ・水の飲む量がいつもより少ない、全く飲んでいない ・ケージの中でじっとして動かない ・いつもよりうんちの大きさが小さい、もしくはうんちも尿もほとんど出ていない ・牧草、おやつ、ペレットなどを全く口にしない などの症状があります。 これらの予防としてまずできることはうざきの健康チェックをしっかりとすることです。 個体差はありますが、うさぎはストレスにもとても弱い動物で、ストレスが原因として胃腸内容うっ帯を引き起こしている場合も多く見られます。 季節の変わり目の温度差や、騒音、新しい環境への移動、過度の接触、ケージ内の不清潔など、どんなに小さなことでも、うさぎにとってはストレスになります。 そしてそれらのストレスが原因で胃腸の働きが悪くなったりして、胃腸内容うっ帯に繋がることがあるので、十分に気を付けましょう。 また、飼い主の行動が原因で胃腸内容うっ帯にかかってしまう場合もあるため、過度の接触などはしないようにしましょう。 これらの病気は早期発見・早期治療がとても大切なので、うさぎの少しの変化も見逃さないようしっかりと気にかけることが第一です。 うさぎが異物を食べてしまった うさぎは習性として「かじる」ということをよく行います。 かじることについては、習性なので注意やしつけをしてもどうにもなりません。 なので、飼い主が十分に気を付けることが大切です。 うさぎは危険なものや中毒を起こしてしまうもの、病気の原因になるものに対しても好奇心旺盛にかじってしまうことがあります。 新聞紙やティッシュなどの紙類はもちろん、観葉植物やビニール、ゴム製品にプラスチックまで様々なものをかじります。 そういった習性が原因で紙類、ゴム製品などを口にした場合、お腹の中で固まったりつまったりしてしまいます。 それが原因となり胃腸内で消化されず、異物がつまり、うんちが出ない原因に繋がります。 うさぎを適度に運動させることはとても大切ですが、部屋の放し飼いはうさぎにとって危険なものも多いため、避けることをオススメします。 運動させる場合はサークル内で運動させ、かじってしまう恐れのある異物は近くに置かないようにしましょう。 万が一、これらの異物をかじって飲み込んでしまい、うんちが出ていなかったりなどの症状が出た場合は、開腹手術などを行うほどの大事にも繋がります。 一刻も早く病院へ行くことをオススメします。 うさぎの便秘を解消しよう うさぎにも様々な病気が存在します。 ですがこれらの病気は飼い主がうさぎの健康管理を徹底することによって防げるものもたくさんあります。 まずは日々の食事、ブラッシングなどのケア、身の回りの健康チェックなどをしっかりと行うことが重要です。 また、うさぎは体調が悪くても隠す習性があります。 そのため普段からうさぎの様子を見ることが大切になってきます。 ・歯は伸びすぎていないか ・うんちや尿はしっかりと出ているか ・食事は食べているか など、少しの変化も見逃さないようにしっかりと健康管理を行いましょう。 異常があった場合は早期治療を行うよう心がけ、重大な病気に繋がらないようにしましょう。

次の

[mixi]日中うんちをしない…

うさぎ うんち しない

飼っているうさぎ(メス・3才)が、一昨日の午後から元気がなくなり食べが悪くなりました。 その日は水分をたっぷり与えてみました。 翌朝になっても食欲が改善しなかったので、動物病院で診てもらいました。 レントゲンでは胃の中には少しの草が残っていましたが、前日ほとんど食べなかったせいか腸内には何も入っていないとのことで、子宮その他にも異常はなかったようです。 先生は「毛球症ではないが、胃腸の働きを良くするお薬を入れてみて様子を見ましょう」と 飲み薬と出してくれ、栄養注射を打ってくれました。 帰宅後、最初は元気がなかったのですが、自力でいつも食べている野草(タンポポの葉っぱ30枚程度、クローバーの葉っぱ50本分程度、など)とほんの少しの牧草、生野菜(小松菜の葉っぱの部分を5~6枚程度)を食べました。 量的には普段の3分の一です。 おしっこは、ちゃんと出たのですが、糞がなかなか出ず、出てもいつもより小さく少ないものでした。 夜は、病院からもらった水薬とリンゴの絞り汁少々を強制給餌し、腹部をマッサージしました。 今朝は昨日より元気になり、少ないながらもいつもの大きさの糞がしてありました。 食事にはバナナ(3cmくらい)、小松菜(葉っぱの部分だけ2枚)、野草(クローバー、ヨモギの葉っぱ)乾燥パパイヤ、ペレットを10粒、牧草少々を与えてみました。 その場では夢中で食べてくれるのですが、すぐ座り込んでしまいます(いつもは、飛び回って見せたりするのに、そういったしぐさを見せてくれません) そして普段なら、もうかなりしているはずの糞ですが、午後1時現在になっても出ていません。 インターネットで調べてみたところ、「元気がない。 食欲がない。 糞が出ない。 歯ぎしりする」などの症状から 「胃腸内容うっ滞」ではないかと思い始めました(歯ぎしりは昨日はしていましたが、今日はしていません) 先生にもう一度、この病名の可能性ではないかと聞いてみたほうがいいでしょうか? お腹のマッサージ、水薬(胃腸の働きをよくする)の投与で、しばらく経過を見てみてもよいでしょうか? (山間部に住んでおり、動物病院は何軒かありますが、どこの病院の先生が「うさぎ」に精通して おられるのかわかりません) よろしくお願いします。 yahooの方でも書きましたが、 書き込まれている内容を見る限り、胃腸内容うっ滞の可能性はあると思います。 ただ、獣医さんの処置もそれに対した物と取れなくはありません。 胃腸内容うっ滞とは腸の蠕動が止まった、若しくは鈍い症状その物をを示すものです。 「胃腸内容うっ滞ではないでか?」と聞いても、「そうです。 」と答えられると思います。 原因の特定はナカナカ難しいですが、投薬とマッサージは有効です。 体力の少ない草食動物ですから、食事を取らないのは不安でしょうが、野草はともかく、小松菜、バナナ、乾燥パパイヤは、 現段階では悪化させる原因になりかねないと思います。 繊維質は胃腸を刺激し蠕動を促しますので、イネ科の牧草を中心にして下さい。 ペレットを食べていれば栄養は足ります。 ただ、2日経っても改善しないのであれば、インターネット等で検索する等して、 近くのウサギに精通した獣医師に行くべきだと思います。 もちろん現在通っている獣医師がウサギに精通していたならば、「改善しないのですが」と訊ねてみると良いでしょう。 僕も、近所の獣医師に見せて様子を見る事になったのですが、異常なスピードでガスが溜まりその日に亡くなってしまいました。 あの時どうして遠かったとはいえ、ウサギに精通していたかかりつけの病院に行かなかったのかと、今でも後悔しています。 ウサギさんが元気になる事を祈っています。 回答ありがとうございました。 アドバイスいただいた後、不安になり獣医さんに電話で状態を伝えました。 獣医さんからの返答は「胃腸の働きをよくする水薬を与えてからまだ二日だからでしょう。 食べられるものは与えて、様子を見てください」と というものだったので、水薬と果汁とそれからパパイヤ酵素のタブレットを砕いて水に溶かしたものを与えてみました。 すると夕方には、食欲が出てきて、かなりの量を食べてくれました。 糞もいつもの大きさのものが少ないながらも出たので、安心しました。 そして今朝は食欲旺盛になり、糞も尿もいつもどおりになり、気分の良い時にするしぐさ(飛び回ったり、伸びをしてあくびをしてみせたり)してくれました。 まだ注意深く観察していますが、峠を越した様子なので安心しています。 一番近い獣医さんでも車で30分、もう少し遠くなると1時間半かかるので、うさぎの精通した動物病院を見つけておかなければと反省しました。 ありがとうございました! A ベストアンサー 驚かせるようで申し訳ないのですが、 ウサギの便が出ないというのは緊急事態です。 できるだけ早く病院に連れて行ってください。 便が出なくなってから、食欲が落ちて来ていませんか? 水分はとっていますか? 牧草は食べてますか? 胃腸の動きが鈍くなっている、もしくは最悪の場合止まっている(胃腸内容うっ帯) 毛玉がつまっている(毛球症) のどちらかの可能性があります。 どちらも、最終的には食欲をなくし、衰弱していきます。 うっ帯の場合は、腹部のマッサージなどの方法がありますが、これは素人には難しく、 ウサギさんが痛がるようならば中止しなければなりません。 ウサギ(草食動物)に詳しい獣医さんに診てもらい、マッサージや薬の処方をしてもらう事が最善です。 毛球予防の場合には、予防としてブラッシング、パイナップルの絞り汁やパパイヤ酵素などが効果的ですが、毛球症の症状(便の異常)が出始めてからは、どれも効果が望めません。 いったん毛球症になってしまった場合は、一度、獣医さんにお薬を処方してもらい、お腹の中の繊維を溶かす必要があります。 毛球症の場合、糞が出なくなる前に数珠のように糞が繋がったり細くなったりの症状が先に出る場合がほとんどです。 放っておくと、腸閉塞などになってしまいます。 とにかくできるだけ早く、獣医さんに相談してください。 お大事に。 驚かせるようで申し訳ないのですが、 ウサギの便が出ないというのは緊急事態です。 できるだけ早く病院に連れて行ってください。 便が出なくなってから、食欲が落ちて来ていませんか? 水分はとっていますか? 牧草は食べてますか? 胃腸の動きが鈍くなっている、もしくは最悪の場合止まっている(胃腸内容うっ帯) 毛玉がつまっている(毛球症) のどちらかの可能性があります。 どちらも、最終的には食欲をなくし、衰弱していきます。 うっ帯の場合は、腹部のマッサージなどの方法がありますが、これは素人に... A ベストアンサー 1年前にウサギを肺がんで亡くしました。 ウサギは食べなくなったらおしまいです。 と獣医の先生に言われたことがあります。 私の場合連れて行ったときはもう手遅れでした・・・。 何かの病気か 歯が伸びていて痛くて食べれない可能性もありますので、 直ちに病院に行くことをオススメします。 後で後悔しても遅いです。 この1年私はそれだけを思い続けてきました。 大事な家族の一員だと思います。 ウサギは鳴くことも出来ないので、人間が細心の気配りを持たないといけません。 ここで回答を待つより1分でも早く連れて行ってあげてください。 Q 飼って一週間も満たない生後2ヶ月の子うさぎが、突然 ひきつけを起こし、死んでしまいました。 食欲も旺盛で、便や尿にも以上がなく、元気にすくすくと成長していくだろうと思っていた矢先です。 眠っているだろうとふとケージに目をやると、手足が硬直して倒れ、もちあげると首がだらんと後ろに倒れ、目も白目をむきそうになっていました。 すぐに近くの動物病院に持っていきましたが、手当をするひまもなく、15分ほどで息をひきとってしまいました。 病院の先生は、「ひどく痩せている。 毛が多いから見ためにはわからないけど、骨と皮だけです。 栄養失調による低血糖症で、ショック症状がでたのでしょう。 」といいました。 しかし、一日5回は牧草をあげ、ペレットや野菜、水も充分にあげていたことを話すと、「店頭にいたときから、もしくはその前から飢餓状態だったのかも・・・」と言われました。 ペットショップにわけを話すと、「うちは獣医から指導を受けて一日2回たっぷりと餌をやっていたのだからそんなはずはない」ととりあってくれませんでした。 こんな形でペットがいなくなるとは思ってもみませんでした。 これはうさぎに限った症状なのでしょうか?こんなふうにショック死でペットをなくした方はいらっしゃいますか? また、どんな餌の与え方をしておけば良かったのでしょうか。 痩せているうさぎ、健康なうさぎの見分けかた、など初心者の私にどなたかアドバイスをお願いします。 もう二度とうさぎに辛い思いをさせたくないし、こんな悲しい思いはしたくありません。。 飼って一週間も満たない生後2ヶ月の子うさぎが、突然 ひきつけを起こし、死んでしまいました。 食欲も旺盛で、便や尿にも以上がなく、元気にすくすくと成長していくだろうと思っていた矢先です。 眠っているだろうとふとケージに目をやると、手足が硬直して倒れ、もちあげると首がだらんと後ろに倒れ、目も白目をむきそうになっていました。 すぐに近くの動物病院に持っていきましたが、手当をするひまもなく、15分ほどで息をひきとってしまいました。 病院の先生は、「ひどく痩せている。 毛が多いから見ため... A ベストアンサー うさぎを飼っています。 可能性としては3つあると思います。 1つは、本当は餌が不足していた可能性です。 1日5回は牧草をあげていたとのことですが、牧草やペレットは「そのとき食べる分」をあげていたのでしょうか? それとも「次の食事までに食べ終える量」をあげていたのでしょうか。 参考までにいいますと、この掲示板で解答するときは「牧草食べ放題、ペレットはおやつ程度」とおすすめしています。 (逆の人もいますが、どちらでも構いません) うさぎは常に食べ続けていないと腸が働かず、詰まって食欲を失い、最悪死亡してしまうからです。 もう1つは、引越しによって機能不全を起こした可能性です。 うさぎにとって、「移動する」という状況は、人間には想像もつかない激しいストレスを受けるものです。 「一緒に旅行に連れていってあげたかっただけなのに、到着した途端に原因不明の理由で死んだ」という事故もあります。 移動によるストレスで臓器不全を起こしたためです。 お店に「納入」されてすぐまた飼い主に買われて移動し、そのような状態で「かまわれすぎ」によってストレスを受けると、何の理由もなく身体が弱ってしまいます。 また、「食欲も旺盛」とありますが、どの程度食べていたのでしょうか。 通常は、「少し食べては休み、少し食べては休みを延々繰り返す。 気分がよくなったら寝る」くらいがちょうどいいので、何分間も休みなく食べ続けたり、逆に少し食べたが最後何分間も次の一口に手をつけない状況では、食欲が正常とはいえないように思います。 それから最後の1つは、これが可能性として一番ありえるかと思いますが、実は初乳をもらっていない弱いうさぎだった可能性です。 母親から初乳をもらっていないうさぎは、かなり高い確率で早死にしますが、いかなブリーダーといえど、24時間片時も目を離さずうさぎを監視しているわけにはいかないため、実際には「その子が初乳を飲んだかどうか」が世界中の誰にも分からないこともあるのです。 そのような子は、免疫不全で長くて数ヶ月で亡くなることも多いです。 この可能性が正解だった場合、その子の死亡は誰のせいでもありません。 酷な言い方ですが、人間側の無知でもらえなかった場合を除き、運命だったとしかいえないからです。 それとこれは俺の偏見ですが、もし次もうさぎを飼うおつもりであれば、お店を変えた方がいいかもしれません。 俺としては「獣医から指導を受けなければ餌もやれない」ようなお店は、大変申し訳ないですが個人的に信用できません。 その程度の知識で、(売るためとはいえ)うさぎなどという弱い生き物は飼えません。 yabako さんみたく必死になって調べるくらいでちょうどいいんです。 健康なうさぎの見分け方としては、「ちょこまかとよく動き、人間がそばにいない状態ではビクビクしていない」子がいいのかなと思います。 でも慣れない人にはなかなか分からないので、店先に何日か、散歩がてら通ってみるのもいいかもしれません。 うさぎを飼っています。 可能性としては3つあると思います。 1つは、本当は餌が不足していた可能性です。 1日5回は牧草をあげていたとのことですが、牧草やペレットは「そのとき食べる分」をあげていたのでしょうか? それとも「次の食事までに食べ終える量」をあげていたのでしょうか。 参考までにいいますと、この掲示板で解答するときは「牧草食べ放題、ペレットはおやつ程度」とおすすめしています。 (逆の人もいますが、どちらでも構いません) うさぎは常に食べ続けていないと腸が... Q うちの愛うさぎが、1週間位前に、毛玉症になりました。 4日注射と点滴で、すぐ、出なくなってたふんが出るようになり、食欲も出て、安心したのもつかの間、 元気になったんで、大好きなタンポポをあげたところ、一気にぐさぐさ大量に食べたのが悪かったのか、おしりが汚すぎるんで、洗ったのがいけないのか、又、元に戻り、ふんもしないし、食欲もなくなりました。 すぐ又、病院へ行き、注射と点滴の毎日なんですが・・・・今回はなぜか、まったく効き目がなく、まったくふんがもう2日間出ません。 食欲もありません。 どうしたら、ふんが出るようになるんでしょうか????このままでは、危ない思うので、至急なんでもお知恵があれば教えてください。 お願いします。 もちろん病院も続けますが、点滴しても出ない状況が続いてるんで心配です。 A ベストアンサー No. なんとお声かけしたらよいのか・・・。 うさぎさんの容態が心配で、追加回答させて頂いた後も、毎日のように、この質問ページを確認しておりました。 お力添えになれず、申し訳ありません。 我が家のうさぎは、実は昨年の11月に他界しています。 いったん発病すると完治の見込みがないとされる感染症が原因でした。 私が勤務先で仕事をしている間に、息を引き取りましたので、私は、うさぎの最期を看取ることも叶いませんでした。 獣医からは、いつ容態が急変してもおかしくないと告知されていたので、それなりに覚悟はしておりましたが、ショックでした。 質問者様のご心痛、察するに余ります。 うさぎを何匹も飼った経験のある知人の経験談によると、うさぎは臨終を迎える直前に、あたかも最後の力をふりしぼるかのように、突如、跳び跳ねたり走り出すといった、奇妙な現象を見せるという点で、いずれのうさぎも共通していたとのことでした。 実際、我が家のうさぎと、質問者様のうさぎさんの最期も、不思議なほど似通っていることに、私は驚いています。 我が家のうさぎも、持病の治療は続けていたものの、徐々に投薬の効果は衰え、次第に飲食や排泄をしなくなり、ぐったりとした状態が幾日か続いていました。 それが、ある日の朝、好物だった白菜や大根葉を少し口にし、部屋の中をちょこちょこ歩き回るまでの回復を見せたのです。 そんなうさぎの様子に安堵した私は仕事に出かけ、家にいた家族がゲージの傍らでうたた寝をしていたとき、ゲージの中で横たわっていたうさぎが、突如、狂ったようにドタバタと跳び跳ね始めたそうです。 我が家のうさぎは三半規管を患っていたため、あっけなく転倒し、それでもなお走り出すかのように脚をジタバタさせ、懸命にもがいていたそうです。 物音に気づいた家族が飛び起き、うさぎを抱き上げて名前を呼んだところ、返答するかのように、かすかに鼻で息をし、その後、呼吸をしなくなったとのことでした。 そんな最期でしたから、私も家族も、うさぎの想像を絶する苦痛を想い、自責の念に駆られたものです。 しかし、前述した知人から、「それはうさぎの臨終の際に多く見られる共通の症状。 ペットが傷病にかかるとあっけなく見捨てる飼い主も少なくない中、できる限りの看病をしたのだから、自分を責める必要はない。 ペットの分まで天寿を全うすることが、最大の供養になる」と慰められ、少し、気が楽になったものです。 何をする気にもなれない質問者様のお気持ちは充分解りますが、冬の寒さはこれからが本番です。 どうか、ご自愛下さい。 うさぎさんはもう、好物を食べたくても食べることができません。 でも、質問者様は、食べることができるのです。 「食欲がない」などという贅沢な悩みに嘆いていたら、うさぎさんに蹴飛ばされますよ。 うさぎさんは、生きることを最後まで諦めず頑張ったのに、飼い主である質問者様が生きることに投げやりになっちゃダメですよ。 うさぎさんの代わりに、美味しいものをしっかり味わって、あの世でうさぎさんに再会したとき、土産話をたくさんできるように、頑張りましょうよ。 質問者様が哀しんでいたら、うさぎさんも哀しむと思います。 うさぎさんのためにも、どうか元気出して下さい。 なんとお声かけしたらよいのか・・・。 うさぎさんの容態が心配で、追加回答させて頂いた後も、毎日のように、この質問ページを確認しておりました。 お力添えになれず、申し訳ありません。 我が家のうさぎは、実は昨年の11月に他界しています。 いったん発病すると完治の見込みがないとされる感染症が原因でした。 私が勤務先で仕事をしている間に、息を引き取りましたので、私は、うさぎの最期を看取ることも叶いませんでした。 獣医からは、いつ容態が急変してもおかしくないと告知... A ベストアンサー 電灯はあっても無くても、どちらでも良いです。 明るさというよりは、体内時計で活動していますからね。 特に生後6ヶ月未満は、ケージの中でダシュを繰りかえします ので夜中はうるさいですね。 あと寝る前にウサギをケージから出して、ちょっと運動っていうか 遊んであげるといいです。 そのほうが、ケージに戻したあとに静になる傾向があります。 しかし、毎日のようにケージから出してあそんでいる場合 どきどき出さない日があると、逆にケージのなかで暴れます。 「はやく出して 遊ばせろーっ」ってね。 あとは高さがある木製の巣箱をケージに入れると、巣箱の 上に乗っかっています。 そのほうが静にしているのでいいのですが、ケージが狭くなります。 あとはケージの上に、ケージと同じサイズに切ったベニア板や ダンボールを置きその上に本や、軽量ブロックを2個位置いてケージを 上から押さえつけます。 私はケージを3段積んでいますけど、下のケージは上からの 重みで抑えられているので、あまり音は出ないです。 さらにケージの下にはじゅうたんが必要です。 横方向は囲わないほうがいいです。 電灯はあっても無くても、どちらでも良いです。 明るさというよりは、体内時計で活動していますからね。 特に生後6ヶ月未満は、ケージの中でダシュを繰りかえします ので夜中はうるさいですね。 あと寝る前にウサギをケージから出して、ちょっと運動っていうか 遊んであげるといいです。 そのほうが、ケージに戻したあとに静になる傾向があります。 しかし、毎日のようにケージから出してあそんでいる場合 どきどき出さない日があると、逆にケージのなかで暴れます。 「はやく出して 遊ばせろーっ」... Q 5歳位のネザーランドうさぎです。 二週間前から餌などを食べなくなって、フンもいつもより断然ちいさくなったので、先週に動物病院へ連れて行きました。 レントケンを取って色々診査してもらった結果、毛球症の可能性が高いと言われました。 薬をもらって一週間位あげてるのですが、あまり回復傾向は見られません。 また、餌以外はちんげんさいやパインナプルなどの生のものも色々試してみたのですが、全く食べませんでした。 乾燥したリンゴのおやつならほんの少し位は食べます。 フンはやはり食べてないからあまり出ないです。 出たとしてもかなり小さく形も良くないものです。 うさぎは常に食べてる状態でないとまずいと言われてますが、うちのうさぎは大丈夫でしょうか。 毛球症以外の病気の可能性はありますか?どうしてあげれば良いか本当に分かりませんので、どなた詳しい方是非教えてください。 宜しくお願いします。 付属説明: ケージ:かなり大きめ(長年使ってます) 遊び道具:あり ヒーター:あり トイレの掃除:毎日 餌:いつもの通り(長年かわりありません) 爪:長め 見た目:いつものように健康そう 食欲:食べ物は欲しがるように見えますがあげると食べない 5歳位のネザーランドうさぎです。 二週間前から餌などを食べなくなって、フンもいつもより断然ちいさくなったので、先週に動物病院へ連れて行きました。 レントケンを取って色々診査してもらった結果、毛球症の可能性が高いと言われました。 薬をもらって一週間位あげてるのですが、あまり回復傾向は見られません。 また、餌以外はちんげんさいやパインナプルなどの生のものも色々試してみたのですが、全く食べませんでした。 乾燥したリンゴのおやつならほんの少し位は食べます。 フンはやはり食べてないからあまり出... A ベストアンサー #2です。 少し食べてくれてよかったですね。 水分は強制すると気管などに入ってしまうこともあるので気を付けてくださいね。 脱水症状が起きていないか飼い主さんが判断されるとき 首や背中の皮膚をつまんだときに皮膚が戻るのが遅い時は脱水している可能性があります。 rabbittail. asp? A ベストアンサー No1です。 少し気になりましたので、再び失礼致します。 ウサギさんは「同じ物」に安心する生き物です。 その性質から、これまでと違う餌に慣らそうと食べなくても数日口をつけず、飼い主さんが根負けをしてもとの餌に戻すという話はよくあります。 それだけウサギさんの偏食ぶりはひじょうに頑固です。 なので、これまで食べていたペレットを食べなくなった=飽きたという理由で片付けるのは危険です。 もっと初期であれば助かったケースは沢山あるようです。 また、No1でも書きましたが、夏のペレットの品質悪化により食べない場合もあります。 先に書きましたように「同じもの」に安心するウサギさんとしては、湿気などで変化したペレットを食べなくなります。 ですので…様子を見るとの事ですが、買い替えたペレットを食べるか…までの様子見とし、 もし、それで食べない場合は獣医さんに相談する事をおすすめします。 返信を見せていただくと歯の伸び過ぎが気になるようですし、伸び始めた歯(不正咬合)は、伸び続け、ウサギさんが物を食べなくなります。 食べやすいものを食べている点から、そのせいである可能性も高いです。 もしこの理由が合っているとなると、牧草などを食べている点から前歯だけの軽症である可能性が高いです。 その場合、ニッパーみたいな物で簡単に切るだけですみますので、治療費もそんなに高くはありません(病院にも寄るので問い合わせるといいかもしれません) 獣医さんにかかる飼い主さんの心構えに関しては、No. 2さんが書かれている事がひじょうに参考になるかと思います。 獣医さんに治療の内容の詳細を聞きながら、納得のいく治療を受けてください。 早く安心できるように応援しています。 No1です。 少し気になりましたので、再び失礼致します。 ウサギさんは「同じ物」に安心する生き物です。 その性質から、これまでと違う餌に慣らそうと食べなくても数日口をつけず、飼い主さんが根負けをしてもとの餌に戻すという話はよくあります。 それだけウサギさんの偏食ぶりはひじょうに頑固です。 なので、これまで食べていたペレットを食べなくなった=飽きたという理由で片付けるのは危険です。 うさぎさんを慌てて獣医さんに連れいったあと、亡くなってしまった後に、獣医さんが飼い主さんにそれまでの... Q うちで9年飼っていたうさぎが死んでしまいました・・・ もう年だからしかたないとは思っていてもやはり悲しいです。 年ではあったけれどもけっこう元気で食欲もあったんですが、1日くらいの間で急に食欲が落ち、じっとしている様子。 連休のために獣医も休みでどうにもできず、好物を与えてみたりもしたものの、食べ物自体に興味を示さず、口に入れてもそのまま垂れ流してしまう弱りようで、どうにもできないまま死んでしまいました。 私はうさぎの死をみたのは初めてだったのですが、ぐったりしていたのが急に立ち上がったと思ったらゲージの中を思い切りダッシュして何度か回ったかと思うと、そのままバタリと倒れて虫の息になりそのまま死んでいきました。 イメージ的にはじっとしたまま息絶えるのかと思いましたが、突然動き出してばたっと死ぬという行動はうさぎ特有のものなのでしょうか。 それともよほど苦しくてのたうちまわったということなんでしょうか・・・ A ベストアンサー 私は前の子を8歳で腫瘍で亡くしてますが、やはり死ぬ前にいきなり部屋中を走り回ってから倒れ、痙攣して亡くなりました。 朝の3時頃でワラにもすがる思いで先生に電話をしても出なくて、体をさすり見守るしかできなかった…。 これほど自分の無力を痛感したことはありませんでした。 その後、次の子が手術をした時も落ち着かないしぐさで部屋の中を走り回っていたので、前の子も痛かったのだと思ってます。 うさぎは強い痛みで心臓麻痺を起こしやすいので、走り回った後で倒れ、死ぬというのはたぶんこれでしょう。 私としては心臓麻痺はむしろありがたいと思いました。 だって、病院が開くまで何時間も苦しめたくないですから。 Q こんにちは、以前も質問させていただきました。 その時も適切なアドバイス、ありがとうございました。 今回もうちのうさちゃんについて質問させてください。 約生後半年、飼って5ヶ月のロップイヤーの女の子なのですが、だっこが大嫌いなんです。 持ち上げてケージに戻そうとしたりする時も凄く暴れて降ろす前に落としてしまうんです。 落とさないために離さないよう頑張るのですが、酷い暴れようでひっかかれて離してしまうんです。 うさぎの本を読んだのですが、すぐはなさないようにする、とか色々書いてあったのですが、やってみても駄目です。 あと、うちの子はたまに酷くふるえているんですが、これは普通なのでしょうか?部屋が寒いわけでもないので凄く心配しています。 どなたかわかる方、教えてください!お願いします。 A ベストアンサー こんばんは。 抱っこはうちも小さい頃は大好きだったのに、 今はウサパンチ・ウサキックですごいです…(汗) でも、ケージに戻したり様々な場面で抱っこは必要に なってくるので、しっかりお尻と胸を支えてあげてください。 ちなみに、胸はすぐ苦しくなってパニックを起こすことが 多いそうなので、きつくならないように、そっと支えて あげてください。 今の時期は飼い主様が半袖を着ている 場合が多いと思いますが、抱っこ嫌いな子なら特に 腕などをガードしておかないと大変なことになります… ひっかかれたりして痛いのはもちろんですが、そこは 絶対に落とさないという覚悟のもと抱っこしてください。 ちょっと高い所から落ちただけで、骨折しますし、 斜頚という大変な病気になることがあります。 そうなってしまったら、本当に大変でウサちゃんが かわいそうです。 一瞬のスキがウサちゃんの一生に かかわりますので、そのことを忘れずに。 後悔しても 遅いですから。 人間は多少噛まれたって引っかかれたって 死にやしないですし、一生には関わりませんから。 ところが、ウサちゃんはそうはいきません。 背骨は 骨折しやすく、治りにくいそうです。 下半身不随に なったり、排尿困難等様々な問題が出てきます。 そうなったら、あなたが責任もってウサちゃんと 一日中過ごし、介護する生活になります。 なので、本当に本当に気をつけてあげてくださいね。 あと、震えるということですが、うちも昔は よくありました。 今でもたまーにありますが、 もしかしたらやはり脳に問題があって、癲癇を 引き起こしているかもしれないそうです。 ただ、 検査にはかなりの費用と、ウサちゃんへのストレス・ 危険が伴うそうで、検査設備のある病院がまずないので、 うちも検査は保留にしています。 子供の頃、頻繁に そのようなことがあっても、脳に異常がないのであれば、 成長するにつれ、そのようなことは減ったりなくなったり することが多いそうです。 なので、よほどひどいわけでは ないなら、少し様子を見てあげてください。 もちろん、他に 気になる症状があれば、すぐにお医者さんに相談して いただいたほうがいいと思います。 こんばんは。 抱っこはうちも小さい頃は大好きだったのに、 今はウサパンチ・ウサキックですごいです…(汗) でも、ケージに戻したり様々な場面で抱っこは必要に なってくるので、しっかりお尻と胸を支えてあげてください。 ちなみに、胸はすぐ苦しくなってパニックを起こすことが 多いそうなので、きつくならないように、そっと支えて あげてください。 今の時期は飼い主様が半袖を着ている 場合が多いと思いますが、抱っこ嫌いな子なら特に 腕などをガードしておかないと大変なことになります… ひっか...

次の

糞が出ない

うさぎ うんち しない

うさぎは猫や犬などの動物とは違って、飲み込んだものを吐き出すことができません。 そのため、うさぎにとって「うんちがでない」ということは致命的な状況になる可能性があります。 なのでその際はすぐに病院へ行くことをオススメします。 ではその原因について見ていきましょう。 毛球症 もうきゅうしょう になってしまっている うさぎはとてもキレイ好きで、自分の毛づくろいを頻繁に行いますが、抜け毛が多いと毛を飲み込んでしまいます。 飲み込んでしまった毛は吐き出すことができない為、胃の中で固まり、それがつまってしまうことが原因でうんちが出なくなってしまうことがあります。 この原因からくる病気を毛球症 もうきゅうしょう と言います。 毛球症は健康管理を徹底することにより、防ぐことが可能です。 まずは基本であるうさぎのブラッシングをしっかりと行うことです。 普段は週1回のペースで行うことが良いのですが、季節の変わり目などは大量の毛が抜けますので、ブラッシングの回数を増やすなどして、十分に気を付けることが大切です。 また、干し草をメインとした繊維質の多い食事を与えることや、普段から適度な運動を行うなどを心がけることも予防の1つです。 毛球症を発病した場合は早めに病院へ行くことをオススメします。 毛球症の前兆としては、うんちとうんちが繋がっていたり、毛の多いうんちを出している事です。 季節の変わり目などは十分注意して、うんちも健康管理の一つとしてチェックすると良いでしょう。 胃腸内容うっ帯が原因 胃腸内容うっ帯とは、様々な原因が引き起こす病気で、うさぎはお腹が張って苦しい痛みを感じます。 原因として考えられるのはいくつかあり、その中でもストレスや水分不足、繊維質の少ない食事などが考えられます。 胃腸内容うっ帯の症状として、 ・水の飲む量がいつもより少ない、全く飲んでいない ・ケージの中でじっとして動かない ・いつもよりうんちの大きさが小さい、もしくはうんちも尿もほとんど出ていない ・牧草、おやつ、ペレットなどを全く口にしない などの症状があります。 これらの予防としてまずできることはうざきの健康チェックをしっかりとすることです。 個体差はありますが、うさぎはストレスにもとても弱い動物で、ストレスが原因として胃腸内容うっ帯を引き起こしている場合も多く見られます。 季節の変わり目の温度差や、騒音、新しい環境への移動、過度の接触、ケージ内の不清潔など、どんなに小さなことでも、うさぎにとってはストレスになります。 そしてそれらのストレスが原因で胃腸の働きが悪くなったりして、胃腸内容うっ帯に繋がることがあるので、十分に気を付けましょう。 また、飼い主の行動が原因で胃腸内容うっ帯にかかってしまう場合もあるため、過度の接触などはしないようにしましょう。 これらの病気は早期発見・早期治療がとても大切なので、うさぎの少しの変化も見逃さないようしっかりと気にかけることが第一です。 うさぎが異物を食べてしまった うさぎは習性として「かじる」ということをよく行います。 かじることについては、習性なので注意やしつけをしてもどうにもなりません。 なので、飼い主が十分に気を付けることが大切です。 うさぎは危険なものや中毒を起こしてしまうもの、病気の原因になるものに対しても好奇心旺盛にかじってしまうことがあります。 新聞紙やティッシュなどの紙類はもちろん、観葉植物やビニール、ゴム製品にプラスチックまで様々なものをかじります。 そういった習性が原因で紙類、ゴム製品などを口にした場合、お腹の中で固まったりつまったりしてしまいます。 それが原因となり胃腸内で消化されず、異物がつまり、うんちが出ない原因に繋がります。 うさぎを適度に運動させることはとても大切ですが、部屋の放し飼いはうさぎにとって危険なものも多いため、避けることをオススメします。 運動させる場合はサークル内で運動させ、かじってしまう恐れのある異物は近くに置かないようにしましょう。 万が一、これらの異物をかじって飲み込んでしまい、うんちが出ていなかったりなどの症状が出た場合は、開腹手術などを行うほどの大事にも繋がります。 一刻も早く病院へ行くことをオススメします。 うさぎの便秘を解消しよう うさぎにも様々な病気が存在します。 ですがこれらの病気は飼い主がうさぎの健康管理を徹底することによって防げるものもたくさんあります。 まずは日々の食事、ブラッシングなどのケア、身の回りの健康チェックなどをしっかりと行うことが重要です。 また、うさぎは体調が悪くても隠す習性があります。 そのため普段からうさぎの様子を見ることが大切になってきます。 ・歯は伸びすぎていないか ・うんちや尿はしっかりと出ているか ・食事は食べているか など、少しの変化も見逃さないようにしっかりと健康管理を行いましょう。 異常があった場合は早期治療を行うよう心がけ、重大な病気に繋がらないようにしましょう。

次の