ひるおび 今日。 ひるおび今日ゲスト 関連動画

ひるおび今日ゲスト 関連動画

ひるおび 今日

概要 [ ] 高校時代はを志していたが、後に進路を文系へ変更。 へ入学した。 学生時代、でアルバイトしていたことをで打ち明けた。 法曹界・学界での活動 [ ] を一期生として卒業。 に慶應義塾大学を卒業後、に合格。 を45期生として修了した後に、に任官。 やへ勤務した。 裁判官を退官後は、にとして登録した。 からは、主にを学ぶ目的で、・()に留学。 同スクールの修士課程を修了後、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験に合格して、同州の弁護士資格を取得した。 その後は、日米両国での弁護士資格を有する国際弁護士として、の法律事務所に勤務。 日本オフィスの責任者を務めた後に独立して、に法律事務所を開設した。 専門分野は、、、国際契約法、訴訟、会社関係及び、など。 コンテンツビジネスに精通しているほか、登録弁護士や、の仲裁人でもある。 や交渉術に関する著書も多い(後述)。 度からは、で、「コンテンツビジネスのための著作権」の講義を担当。 のや、大学院の(3月まで)も務めた。 2009年4月には、での客員教授に就任している。 メディアでの活動 [ ] 「弁護士として著作権問題を扱う機会が多い以上、コンテンツ制作現場の実情を知っておきたい」というスタンスで、『』()を皮切りに、日本国内で放送されるテレビ・ラジオ番組へ多々登場。 コメンテーターやパーソナリティを務める。 また、やへの出演経験もある。 八代自身は、弁護士活動とメディア活動の両立について、「電話と書類とパソコンがあれば(国際弁護士としての実務が)可能なので、移動中でも仕事をしている」という。 『サンデージャポン』では、ニューヨークの法律事務所に在籍していた時代から、「サンジャポファミリー」として長らくで出演。 就任前のと共演した時期は、司会の()から、「青空有罪・無罪」というコンビ名を付けられていた(橋下が「有罪」、八代が「無罪」という設定)。 後に、『』()や『』()などの生放送番組にも、コメンテーターとして出演していた。 また、からの生放送番組『』へのレギュラー出演を始めたことを機に、かつて裁判官として赴任した大阪のテレビ番組(主に関西ローカル)にもゲストなどで登場。 2008年1月からは、大阪府知事に就任した橋下の後任扱いで、『』()にレギュラーコメンテーターとして出演していた。 さらに、から1年間、系列の生放送番組『』で月~木曜の初代パーソナリティを担当。 ニュース解説、内包コーナーの進行、(不定期で)リスナーからの法律相談や専門家への電話取材などをこなしたほか、(主に事前収録で)アーティスト・クリエイター・スポーツ関係者へのインタビュアーも務めた。 『クロノス』の出演期間中には、同番組を含めて、午前中に放送されるテレビ・ラジオ番組にほぼ毎日登場していた。 火曜日には、『クロノス』の放送終了後に、月2~3回のペースで来阪。 『ちちんぷいぷい』の生放送に最後まで出演してから、日帰りで東京に戻る生活を送っていた。 『クロノス』を卒業した現在でも、番組出演・講義・講演などで、東京と大阪を往復することがある。 からは、『ちちんぷいぷい』を降板する一方で、『』(TBSテレビ)月~木曜日にスペシャルコメンテーターとして出演。 一時は、『ひるおび! 』に加えて、『スッキリ!! 』(金曜日)『』(、土曜日)『サンデージャポン』と、2週間近くにわたって生放送番組への出演が続いた時期があった。 『ひるおび! 』と『スッキリ!! 』では、本来の総合司会者が休演する場合に、代理で総合司会を務めることもあった。 からは、『スッキリ!! 』を降板する一方で、金曜日にも『ひるおび! 』へ出演。 これを機に、『ひるおび! 』では月~金曜日を通じて、と共同で総合司会(兼コメンテーター)を務めるようになった。 以降の金曜日には、午前中に東京での生放送番組(『スッキリ!! 』)へ出演してから、大阪で夕方から生放送の『』(『ちちんぷいぷい』と放送時間の一部が重なるの報道・情報番組)にもコメンテーターでまで登場。 火曜日にも、隔週に同様のパターンで、『ひるおび! 』への出演後に夕方から名古屋で生放送の『』にまで登場していた。 以降は、生放送でのレギュラー出演番組を、事実上『ひるおび! 』にほぼ限定している。 人物・エピソード [ ]• マネージャーは、で知られた元俳優の。 『』などで共演したのから、「お顔テカリ虫」というニックネームを付けられている。 2008年からは、『クロノス』でのランニング企画をきっかけに、に挑戦。 の(マラソン男子の部)では、初出場で完走を果たした(公式記録は5時間45分01秒、順位は18,267位)。 愛読紙は。 現在の出演番組 [ ] テレビ• (、月 - 金曜 総合司会兼コメンテーター、2009年9月28日~)• 2013年3月までは、月 - 木曜日にスペシャルパーソナリティーとして出演。 総合司会の不在・休暇時は番組進行を担当する。 (BS-TBS、ナビゲーター、2015年8月15日~)• (、火曜レギュラーコメンテーター、2020年〜) 過去の出演番組 [ ] テレビ [ ] 全国ネット・一部地域ネット• (、金曜)• 生放送番組『ひるおび! 』への出演で、来阪が不可能になったためレギュラー出演を終了。 (、挑戦者の1人として出演)• ()4月7日放送分にゲスト出演• (毎日放送)2007年7月26日放送分にゲスト出演• (日本テレビ)2007年8月11日放送分• ついていったらこうなった (フジテレビ、特別番組)• (関西テレビ、1月~2009年3月)• (フジテレビ)2008年4月20日放送分• ()2008年7月5日放送分の編に出演• (テレビ朝日)2008年10月17日放送分にゲスト出演• (フジテレビ)• (毎日放送)7月29日放送分に出演• 第5話(TBS、5月16日)カフェ「黒茶屋」のマスター 役• 最終話(テレビ朝日、2010年6月17日)ニュースキャスター・広田一行 役• (フジテレビ)2010年9月2日放送分にゲスト出演• (、2010年9月23日)• (日本テレビ、1月1日)• 第1話(TBS、2011年10月27日)コメンテーター 役• (、1月29日)『スッキリ!! 』で共演していると対談• 第3話・最終話(TBS、2012年5月10日・6月28日)• (、解説役)• (、金曜コメンテーター、~2013年3月29日)• 基本として金曜に出演。 水曜・木曜に出演することもあった。 (TBS、2004年5月~2013年3月31日)• (、準レギュラー)• 第6話(TBS、2013年5月19日)陸上自衛隊広報室室長役• (TBS、2015年1月23日)• 第9話(TBS、2016年3月11日)古井 役• ()2008年2月7日放送分 関東ローカル• (日本テレビ・2008年4月~7月・木曜)• (テレビ朝日)• ()2010年9月17日放送分にと共にゲスト出演 東海ローカル• (、準レギュラー)• (関西テレビ、2008年3月まで、月曜または火曜不定期)• (関西テレビ・不定期)• (関西テレビ)2009年5月23日放送分にゲスト出演• (関西テレビ)2009年9月23日放送分にゲスト出演• (関西テレビ)2011年5月7日放送分にゲスト出演• レギュラーへ正式に起用される以前も、数回ゲストで出演していた。 『たかじんNOマネー BLACK』として放送する2014年7月5日以降は、・と共同でMCを担当。 (、金曜コメンテーター、2011年10月~2016年3月) ラジオ [ ]• (TOKYO FM、2008年4月~2009年3月、月~木曜パーソナリティ)• (TOKYO FM)• (TOKYO FM、2009年4月~2009年9月、日曜7:00-7:25)• (TOKYO FM、2010年10月3日)特集のを担当。 美魔女物語(金曜、パーソナリティー、)• (、土曜、準レギュラー、2013年4月6日~2017年9月30日)• 本来のパーソナリティであるが休演していた2013年4・5月放送分では、3回にわたってパーソナリティ代理を務めた。 CM [ ]• パナソニック「ラムダッシュ」(、2007年)• 北海道生搾り みがき麦(、2008年)と共演 監修 [ ]• 「」日本語版DVD(2011年、)字幕・法律監修を担当、とともにテレビCMにも出演。 PV [ ]• 『遺伝子特許戦略』(共著、 2003年)• 『日米比較でわかる米国ビジネス法実務ハンドブック』(中央経済社 2003年)• 『日米著作権ビジネス・ハンドブック』( 2004年)• 『コンテンツビジネス・マネジメント』( 2005年)• 『コンテンツビジネスによく効く、著作権のツボ』( 2006年)• 『「交渉の論理力! 」~どんな相手も説き伏せる切り返し術~』 ( 2007年)• 『八代英輝の会社で役立つ法律知識Q&A』」(、 2008年)• 『エフェクティブ・タイム・マネジメントー仕事を最大に効率化する 八代式15分間仕事術』(日本文芸社、2009年) 雑誌連載 [ ]• 「」() 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『クロノス』に出演しない金曜日に、東京で生放送(『スッキリ!! スクランブル』)に出演してから来阪。 関西テレビのスタジオで、当番組の収録に参加していた。 2009年3月30日まで、通算で210回の放送に出演(夏季休暇期間中を除き、年末年始の収録放送分を含む)。 基本として、5時台後半のインタビューコーナー(事前収録)と、5:55 - 8:20の生放送パートに登場した(放送分。 放送上の出演時間は、ネット局によって差があった)。 ただし、パートナーのスケジュールや特別企画などの関係で、本来の放送開始時間(5:00)からエンディング(8:20)まで生放送に出続けたこともある。 2008年12月2日の内包コーナー『』では、放送局の垣根を越える格好で、前週火曜日(11月25日)に八代が参加した『サンデージャポン』のロケでの収録音源を流した(『サンデージャポン』では同年11月30日に先行放送)。 八代は、収録日に『クロノス』へ出演後、内のロケ先へ移動。 「登山の達人」との触れ込みで、紅葉トレッキングに臨んだ。 ちなみに、火曜日は当時『ちちんぷいぷい』の出演日でもあったが、収録週には最初から出演の予定がなかった。 番組の初代パートナーで、国内外のフルマラソンへ何度も出場しているの勧めで実現。 番組が放送されない日曜日に、八代がリスナーと一緒に近辺を走ったこともある。 中田が番組を卒業した2008年10月以降は、『リポビタンD Sports Nonfiction』で、八代のフルマラソン初挑戦に向けた準備の模様を随時紹介していた。 同番組の放送時間が3時間(15:00 - 17:50)から4時間(14:00 - 17:50)に延長されたのを機に、「ぷいぷい顧問団」(コメンテーター陣)の1人として火曜日に出演。 当初は4時間通しての出演だったが、2006年10月から2008年9月までは、15時台から登場していた(14時台のみ出演のの交代要員扱い)。 2007年4月には、頸椎椎間板ヘルニアの手術で入院したの代役として、ニュースの解説も担当している。 2008年10月以降も、隔週火曜のペースで、ピーコと交互に全編へ出演。 2009年4月以降は、水曜または木曜の全編に登場した。 当時同番組にレギュラーで出演していた橋下と競い合う形で、大阪の麺グルメリポートに挑戦した。 地元出身者の代表としてゲスト出演。 毎年夏に河畔で実施される花火大会の思い出などを語った。 裁判官時代の裏話や、任官中に赴任した北海道の魅力を語った。 出典 [ ].

次の

ひるおび!

ひるおび 今日

tbs. その他• Official Program Data Mark(公式番組情報マーク)• このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である• 「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

ひるおびは、反日番組ですか。

ひるおび 今日

概要 [ ] 高校時代はを志していたが、後に進路を文系へ変更。 へ入学した。 学生時代、でアルバイトしていたことをで打ち明けた。 法曹界・学界での活動 [ ] を一期生として卒業。 に慶應義塾大学を卒業後、に合格。 を45期生として修了した後に、に任官。 やへ勤務した。 裁判官を退官後は、にとして登録した。 からは、主にを学ぶ目的で、・()に留学。 同スクールの修士課程を修了後、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験に合格して、同州の弁護士資格を取得した。 その後は、日米両国での弁護士資格を有する国際弁護士として、の法律事務所に勤務。 日本オフィスの責任者を務めた後に独立して、に法律事務所を開設した。 専門分野は、、、国際契約法、訴訟、会社関係及び、など。 コンテンツビジネスに精通しているほか、登録弁護士や、の仲裁人でもある。 や交渉術に関する著書も多い(後述)。 度からは、で、「コンテンツビジネスのための著作権」の講義を担当。 のや、大学院の(3月まで)も務めた。 2009年4月には、での客員教授に就任している。 メディアでの活動 [ ] 「弁護士として著作権問題を扱う機会が多い以上、コンテンツ制作現場の実情を知っておきたい」というスタンスで、『』()を皮切りに、日本国内で放送されるテレビ・ラジオ番組へ多々登場。 コメンテーターやパーソナリティを務める。 また、やへの出演経験もある。 八代自身は、弁護士活動とメディア活動の両立について、「電話と書類とパソコンがあれば(国際弁護士としての実務が)可能なので、移動中でも仕事をしている」という。 『サンデージャポン』では、ニューヨークの法律事務所に在籍していた時代から、「サンジャポファミリー」として長らくで出演。 就任前のと共演した時期は、司会の()から、「青空有罪・無罪」というコンビ名を付けられていた(橋下が「有罪」、八代が「無罪」という設定)。 後に、『』()や『』()などの生放送番組にも、コメンテーターとして出演していた。 また、からの生放送番組『』へのレギュラー出演を始めたことを機に、かつて裁判官として赴任した大阪のテレビ番組(主に関西ローカル)にもゲストなどで登場。 2008年1月からは、大阪府知事に就任した橋下の後任扱いで、『』()にレギュラーコメンテーターとして出演していた。 さらに、から1年間、系列の生放送番組『』で月~木曜の初代パーソナリティを担当。 ニュース解説、内包コーナーの進行、(不定期で)リスナーからの法律相談や専門家への電話取材などをこなしたほか、(主に事前収録で)アーティスト・クリエイター・スポーツ関係者へのインタビュアーも務めた。 『クロノス』の出演期間中には、同番組を含めて、午前中に放送されるテレビ・ラジオ番組にほぼ毎日登場していた。 火曜日には、『クロノス』の放送終了後に、月2~3回のペースで来阪。 『ちちんぷいぷい』の生放送に最後まで出演してから、日帰りで東京に戻る生活を送っていた。 『クロノス』を卒業した現在でも、番組出演・講義・講演などで、東京と大阪を往復することがある。 からは、『ちちんぷいぷい』を降板する一方で、『』(TBSテレビ)月~木曜日にスペシャルコメンテーターとして出演。 一時は、『ひるおび! 』に加えて、『スッキリ!! 』(金曜日)『』(、土曜日)『サンデージャポン』と、2週間近くにわたって生放送番組への出演が続いた時期があった。 『ひるおび! 』と『スッキリ!! 』では、本来の総合司会者が休演する場合に、代理で総合司会を務めることもあった。 からは、『スッキリ!! 』を降板する一方で、金曜日にも『ひるおび! 』へ出演。 これを機に、『ひるおび! 』では月~金曜日を通じて、と共同で総合司会(兼コメンテーター)を務めるようになった。 以降の金曜日には、午前中に東京での生放送番組(『スッキリ!! 』)へ出演してから、大阪で夕方から生放送の『』(『ちちんぷいぷい』と放送時間の一部が重なるの報道・情報番組)にもコメンテーターでまで登場。 火曜日にも、隔週に同様のパターンで、『ひるおび! 』への出演後に夕方から名古屋で生放送の『』にまで登場していた。 以降は、生放送でのレギュラー出演番組を、事実上『ひるおび! 』にほぼ限定している。 人物・エピソード [ ]• マネージャーは、で知られた元俳優の。 『』などで共演したのから、「お顔テカリ虫」というニックネームを付けられている。 2008年からは、『クロノス』でのランニング企画をきっかけに、に挑戦。 の(マラソン男子の部)では、初出場で完走を果たした(公式記録は5時間45分01秒、順位は18,267位)。 愛読紙は。 現在の出演番組 [ ] テレビ• (、月 - 金曜 総合司会兼コメンテーター、2009年9月28日~)• 2013年3月までは、月 - 木曜日にスペシャルパーソナリティーとして出演。 総合司会の不在・休暇時は番組進行を担当する。 (BS-TBS、ナビゲーター、2015年8月15日~)• (、火曜レギュラーコメンテーター、2020年〜) 過去の出演番組 [ ] テレビ [ ] 全国ネット・一部地域ネット• (、金曜)• 生放送番組『ひるおび! 』への出演で、来阪が不可能になったためレギュラー出演を終了。 (、挑戦者の1人として出演)• ()4月7日放送分にゲスト出演• (毎日放送)2007年7月26日放送分にゲスト出演• (日本テレビ)2007年8月11日放送分• ついていったらこうなった (フジテレビ、特別番組)• (関西テレビ、1月~2009年3月)• (フジテレビ)2008年4月20日放送分• ()2008年7月5日放送分の編に出演• (テレビ朝日)2008年10月17日放送分にゲスト出演• (フジテレビ)• (毎日放送)7月29日放送分に出演• 第5話(TBS、5月16日)カフェ「黒茶屋」のマスター 役• 最終話(テレビ朝日、2010年6月17日)ニュースキャスター・広田一行 役• (フジテレビ)2010年9月2日放送分にゲスト出演• (、2010年9月23日)• (日本テレビ、1月1日)• 第1話(TBS、2011年10月27日)コメンテーター 役• (、1月29日)『スッキリ!! 』で共演していると対談• 第3話・最終話(TBS、2012年5月10日・6月28日)• (、解説役)• (、金曜コメンテーター、~2013年3月29日)• 基本として金曜に出演。 水曜・木曜に出演することもあった。 (TBS、2004年5月~2013年3月31日)• (、準レギュラー)• 第6話(TBS、2013年5月19日)陸上自衛隊広報室室長役• (TBS、2015年1月23日)• 第9話(TBS、2016年3月11日)古井 役• ()2008年2月7日放送分 関東ローカル• (日本テレビ・2008年4月~7月・木曜)• (テレビ朝日)• ()2010年9月17日放送分にと共にゲスト出演 東海ローカル• (、準レギュラー)• (関西テレビ、2008年3月まで、月曜または火曜不定期)• (関西テレビ・不定期)• (関西テレビ)2009年5月23日放送分にゲスト出演• (関西テレビ)2009年9月23日放送分にゲスト出演• (関西テレビ)2011年5月7日放送分にゲスト出演• レギュラーへ正式に起用される以前も、数回ゲストで出演していた。 『たかじんNOマネー BLACK』として放送する2014年7月5日以降は、・と共同でMCを担当。 (、金曜コメンテーター、2011年10月~2016年3月) ラジオ [ ]• (TOKYO FM、2008年4月~2009年3月、月~木曜パーソナリティ)• (TOKYO FM)• (TOKYO FM、2009年4月~2009年9月、日曜7:00-7:25)• (TOKYO FM、2010年10月3日)特集のを担当。 美魔女物語(金曜、パーソナリティー、)• (、土曜、準レギュラー、2013年4月6日~2017年9月30日)• 本来のパーソナリティであるが休演していた2013年4・5月放送分では、3回にわたってパーソナリティ代理を務めた。 CM [ ]• パナソニック「ラムダッシュ」(、2007年)• 北海道生搾り みがき麦(、2008年)と共演 監修 [ ]• 「」日本語版DVD(2011年、)字幕・法律監修を担当、とともにテレビCMにも出演。 PV [ ]• 『遺伝子特許戦略』(共著、 2003年)• 『日米比較でわかる米国ビジネス法実務ハンドブック』(中央経済社 2003年)• 『日米著作権ビジネス・ハンドブック』( 2004年)• 『コンテンツビジネス・マネジメント』( 2005年)• 『コンテンツビジネスによく効く、著作権のツボ』( 2006年)• 『「交渉の論理力! 」~どんな相手も説き伏せる切り返し術~』 ( 2007年)• 『八代英輝の会社で役立つ法律知識Q&A』」(、 2008年)• 『エフェクティブ・タイム・マネジメントー仕事を最大に効率化する 八代式15分間仕事術』(日本文芸社、2009年) 雑誌連載 [ ]• 「」() 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『クロノス』に出演しない金曜日に、東京で生放送(『スッキリ!! スクランブル』)に出演してから来阪。 関西テレビのスタジオで、当番組の収録に参加していた。 2009年3月30日まで、通算で210回の放送に出演(夏季休暇期間中を除き、年末年始の収録放送分を含む)。 基本として、5時台後半のインタビューコーナー(事前収録)と、5:55 - 8:20の生放送パートに登場した(放送分。 放送上の出演時間は、ネット局によって差があった)。 ただし、パートナーのスケジュールや特別企画などの関係で、本来の放送開始時間(5:00)からエンディング(8:20)まで生放送に出続けたこともある。 2008年12月2日の内包コーナー『』では、放送局の垣根を越える格好で、前週火曜日(11月25日)に八代が参加した『サンデージャポン』のロケでの収録音源を流した(『サンデージャポン』では同年11月30日に先行放送)。 八代は、収録日に『クロノス』へ出演後、内のロケ先へ移動。 「登山の達人」との触れ込みで、紅葉トレッキングに臨んだ。 ちなみに、火曜日は当時『ちちんぷいぷい』の出演日でもあったが、収録週には最初から出演の予定がなかった。 番組の初代パートナーで、国内外のフルマラソンへ何度も出場しているの勧めで実現。 番組が放送されない日曜日に、八代がリスナーと一緒に近辺を走ったこともある。 中田が番組を卒業した2008年10月以降は、『リポビタンD Sports Nonfiction』で、八代のフルマラソン初挑戦に向けた準備の模様を随時紹介していた。 同番組の放送時間が3時間(15:00 - 17:50)から4時間(14:00 - 17:50)に延長されたのを機に、「ぷいぷい顧問団」(コメンテーター陣)の1人として火曜日に出演。 当初は4時間通しての出演だったが、2006年10月から2008年9月までは、15時台から登場していた(14時台のみ出演のの交代要員扱い)。 2007年4月には、頸椎椎間板ヘルニアの手術で入院したの代役として、ニュースの解説も担当している。 2008年10月以降も、隔週火曜のペースで、ピーコと交互に全編へ出演。 2009年4月以降は、水曜または木曜の全編に登場した。 当時同番組にレギュラーで出演していた橋下と競い合う形で、大阪の麺グルメリポートに挑戦した。 地元出身者の代表としてゲスト出演。 毎年夏に河畔で実施される花火大会の思い出などを語った。 裁判官時代の裏話や、任官中に赴任した北海道の魅力を語った。 出典 [ ].

次の