結露テープ。 【完全版】めんどうな結露の対策&予防方法!対策グッズもご紹介!

結露テープの剥がし方 テープの跡を綺麗に落とした掃除方法

結露テープ

エアコンは夏だけではなく冬や梅雨など季節を問わずに活用できるので人気の電化製品です。 そのため、部屋毎にエアコンを設置している家庭も少なくありません。 特に夏場はエアコンを1日中運転させている家庭も多いです。 そんな時に発生するのが結露です。 気がつくとエアコンからポタポタと水が落ち、床やカーペットが濡れてしまうことも多々あります。 このエアコンに発生する結露は何が原因なのでしょうか。 今回は、エアコンに発生してしまう結露の原因と結露の対策をご紹介します。 結露の原因は水蒸気 エアコンに起こる結露の大きな原因は、水蒸気だと考えられます。 水蒸気の量が多く温度が低い時に結露は発生します。 夏場や梅雨の時期は、水蒸気の量が多いのでエアコン部分で急激に冷やされることでエアコンが結露してしまいます。 結露は、夏場のエアコンだけではなく冬場の窓などでも起こります。 これもエアコンの結露と同じで水蒸気が原因です。 部屋は暖房器具を用いたことで水蒸気の量が多くなっていますが、窓は外の外気で冷やされて冷たくなっているので結露ができてしまいます。 水漏れ エアコンが結露することで水漏れする場合は多いですが、結露が原因で起こる水漏れの量は比較的少量なので安心です。 しかし、エアコンから大量に水漏れする場合は結露だけの原因ではない可能性があります。 エアコンが結露することで水漏れする場合は多いですが、結露が原因で起こる水漏れの量は比較的少量なので安心なのですが、エアコンから大量に水漏れする場合は結露だけが原因で起こっていない可能性が大きいです。 その場合に考えられる原因は、エアコンの受け皿やドレンホースに異常がある場合だと考えられます。 大量の水漏れがある場合は、電気店に相談するか専門の業者に訪問して調べてもらうようにしましょう。 エアコンの結露対策 エアコンの結露対策として多くの人が使用しているのが「結露防止テープ」です。 エアコンの吹き出し口などに結露防止テープを取り付けることで結露水が吸収され床に滴るのを防ぎます。 また、結露防止テープは、結露水を吸い取り自然蒸発してくれるので結露による二次被害も防げます。 天井のアエコン吹き出し口の金属部分が結露し、溜まった水滴が頻繁に床に落ちて困っていました。 窓ガラスの結露に使用する商品ですが、もしかすると天井にも使えるのでは?と半信半疑でこの商品を購入したのですが、使用してみると効果抜群! 全く結露水が床に落ちてきません。 防止運転 最新のエアコンの場合は、結露の防止やランドリー運転などハウスキープができる機能が付いているエアコンが多くなってきています。 結露防止運転は、室内に結露を発生しにくい環境にしてくれる運転です。 すでにある結露には対応していないエアコンなので、夏場にエアコンを使う時に定期的に運転すると結露対策になります。 部分別エアコンの結露の原因と対策 エアコンから結露が発生するケースは多くあり、結露が発生する部分は皆が同じ部分からではありません。 そのため原因も対策も違ってきます。 ここでは、エアコンの結露が発生した部分別の原因と対策をご紹介します。 冷房管・室内配管 エアコンを部屋に取り付けると室内にテープを巻いた配管があります。 その部分に結露が発生するケースがあります。 室内配管にテープを巻いているのは結露予防のためとも言えます。 その結露を防ぐために断熱材を配管に巻き、その上からテープを巻いて仕上げます。 通常の状態だと室内配管部分に結露が発生する心配はないのですが、断熱材がしっかり隙間なく巻けていなかったり、テープを強く巻きすぎて断熱材を潰してしまった場合は、結露が発生してしまいます。 結露が発生していたらテープを外し、断熱材に異常がないか確認します。 断熱材に異常があった場合は、新しい断熱材に取り換えてテープで仕上げてください。 ルーバー エアコンのルーバー部分に結露が発生してしまう場合があります。 この場合に考えられる原因が、上下風向きルーバーの方向を下向きで運転し続けているから結露が発生している可能性があります。 エアコンの冷気がルーバーに当たって結露が発生しています。 対策としては、風向を上向きにするか風向を自動で使用するようにしてください。 吹き出し エアコンの吹き出し口に結露が発生するケースも多くあります。 吹き出し口に発生する結露の原因は、主に熱交換器の汚れとエアフィルターの目詰まりが原因だと考えられます。 熱交換器の汚れやフィルターの汚れを放置してしまうと、エアコンが吸い込む空気の量が不足してしまい、設定の温度を超えて冷えすぎてしまうことで結露が発生してしまいます。 この場合の対策は、定期的に掃除をすることです。 熱交換器を清掃・洗浄し、エアコンのエアフィルターも水洗いをし綺麗にすることで結露も予防できます。 本体 エアコンの本体が結露している場合に考えられる原因の1つが、背面の断熱材の裂けです。 他にはドレンホースに不具合がある場合です。 ドレンホースが何らかの原因で詰まりを起こしてしまい、水が本体内に溜まり水滴として表面に現れてしまっている可能性も考えられます。 背面の断熱材が原因の場合は、一旦壁より取り外さなければいけないので、専門の業者に相談してください。 ドレーンホースが原因の場合は、コップに水を入れドレーンホースに水が流れ出ているか外で確認する必要があります。 季節別結露対策!.

次の

pix.crash.net: ニトムズ 強力 結露 吸水テ

結露テープ

100均で買った結露吸水テープが、 期待以上の吸水力だったので、 窓に貼り続けていたのですが・・・ ついに、限界が訪れました。 カビが生えてしまったのです。 閲覧注意! でも、75日間使い続けたことで、 改めて実力に驚かされてしまいました。 75日目。 結露吸水テープにカビ!? 昨年の11月27日から使っていた ダイソーの結露吸水テープ。 2月10日の朝、寝ぼけたまま いつものように結露を拭いていた時、 テープの端の変色に気付きました。 カビが生えていたのです。 全体的にカビが発生したわけではなく、 結露水が多く溜まりやすい角の部分だけ。 別の部屋の窓も見てみたら、 やっぱりありましたね、カビが。 ただ、両方とも結露がひどい部屋なので、 しょうがないかなとも思いましたが、 意外だったのは別の部屋の様子。 結露発生が少ない部屋でもテープが変色 日当たりが良く 結露が少ししか発生しない部屋の窓にも、 念のために吸水テープを貼っていました。 表面を触ってもサラサラしているくらい、 テープ自体は乾いていたのですが、 上の方だけ黄色く変色していました。 恐らくカビではなく日焼けでしょう。 使い始めてから75日目、 ついに限界が訪れたようです。 ただ、驚かされたのはこの後。 100均ダイソーの結露吸水テープ、 やっぱり実力が凄すぎました。 75日目。 結露吸水テープの吸水力を再検証 結露吸水テープを使い始めてから 3週間後に吸水力を検証した時には、 窓1枚に貼ったテープで、 約大さじ1強の結露水を 吸い取れていたんですよね。 でも、75日経った今は、 朝になると窓の下の方にまで 結露水が広がっている状況。 テープを途中で貼り換えることなく、 2ヶ月と2週間使い続けたので、 さすがに吸水力も限界なのでしょう。 いずれにせよカビも生えてしまったので、 一度、テープを剥がさないといけません。 ちょっと気になったので、 現段階でテープがどのくらい 結露水を吸っているのか、 再検証してみることにしました。 75日目でもテープは結露水を吸うのか? 剥がしたテープをきつく絞り、 どのくらい結露水を吸っているのか 計量してみましょう。 結果はこちら。 え!?大さじ1弱!? テープを貼ってから3週間後と75日後で、 吸水力はほんの少し落ちただけで、 ほとんど変わりませんでした。 テープを剥がした窓を見ても吸水力はわかる 吸水テープの右端だけを剥がすと、 窓に残ったテープの右側だけ、 乾いているのがわかりますよね。 2ヶ月ちょっと貼り続けていても、 テープの吸水力は、 しっかり発揮できていたわけです。 これには驚かされてしまいました。 結露がひどい家での限界は75日 吸水力は保っていても、 カビや変色が起きてしまえば、 使い続けるわけにはいかないので、 全部、剥がすことにしました。 ただ、我が家の結露事情は、 恐らく他の家庭よりも酷いはず。 毎日、朝と夜、結露を拭いても、 朝になると窓はこの状況。 一般的な家庭ではワンシーズン持つはず ここまで結露が酷い我が家でも、 75日間は吸水力を保ちつつ、 普通に使い続けられたと考えると、 一般的な家庭なら ワンシーズン持ちそうですよね。 テープを75日貼り続け、窓に跡は残る? 窓に結露吸水テープを ずっと貼り続けていたので、 剥がすと跡が残るかもしれないと、 心配でしたが・・・ 窓にテープ跡は全く残らず、 きれいなままでほっとしました。 テープが乾いた状態だと剥がしにくい ただ、結露が少ししか発生せず、 テープの表面が乾いた状態だと、 剥がしにくいですね。 無理に剥がすと跡が残りそうなので、 私は霧吹きでテープを濡らしてから、 剥がしてみましたよ。 スムーズに剥がれて、 跡も残らずに済みました。 100均の結露吸水テープの実力は侮れない つちださん()から 12月にコメントをいただいていて、 ワンシーズン持つか持たないか 微妙な所だと思っていましたが・・・ これが1シーズンもつのかどうか、3月あたりにでも再び結果を知りたいところですw ここまで結露が酷い家でも 75日は使い続けられるということが、 わかりましたよ。 つちださん、6月にオープンされる 「札幌鍼灸治療院くらさろ」の窓にも、 冬になる前に結露吸水テープを貼り、 結露対策してみてはいかがでしょうか。 yuki1995jp.

次の

結露テープ

結露テープ

なぜ保温材の表面が結露するの? 冷媒用被覆銅管から滲む水滴が天井面等を濡らしている現場を経験された方も少なからずいらっしゃると思います。 もちろん、漏水ではありませんが、対策を打たなければ運転するたびに滴下が発生する厄介な現象です。 保温材の能力不足が原因 しかし、なぜ保温材の表面が結露するのでしょうか?冷媒用被覆銅管は冷房運転時に低温の冷媒が流れるため、配管表面の温度が低下します。 一般的に冷媒管は厚さ8mmのポリエチレンフォーム等の保温材で被覆されていますが、高温多湿の環境下では保温材表面の温度も露点以下となってしまい表面結露が発生するのです。 7の防露性能グラフです。 35x保温材厚20mmであれば結露しないことが見て取れます。 保温材を厚くすれば解決する 表面結露している冷媒管の保温材厚みが8mmであれば、20mm厚の冷媒管に取替えてください。 例えば、が液側の保温材だけが20mm厚なのでコストパフォーマンスにも優れています・・・と言っても実際には冷媒管を取替えるというのは非常に困難です。 よって、結露が発生する現場はできるだけ長い範囲に断熱粘着テープを増し巻きしましょう。 その際、強く巻き付けると断熱材に含まれる空気が減少して熱伝導率が上がってしまうので、断熱材がつぶれない程度の強さで巻いていきます。 必要な増し巻き厚みは、冷媒管の技術資料の露点グラフで確認してください。 断熱粘着テープのラインナップ ここでご紹介する断熱粘着テープの断熱部は冷媒管の保温材と同様に30倍発泡ポリエチレンフォームからできている軽量・断熱・緩衝性に優れたテープです。

次の