フローリング シミ 取り。 これはやっちゃう…間違った床のシミの落とし方。正しい方法はコレ

フローリングのシミ補修方法を解説!ペットのおしっこ対策グッズも紹介

フローリング シミ 取り

関連記事 1.無垢テーブルについたシミの取り方 キレイな無垢テーブルにシミがついたら、できるだけ早めに取りのぞかなければなりません。 シミを放置すればするほど落ちにくい汚れになるでしょう。 では、無垢テーブルについたシミの取り方について説明します。 無垢とは、けがれのない純粋な木材のことを指しています。 けがれがない木材だからこそ、間違った落とし方は逆効果になるでしょう。 キレイにシミを落とすためにも必ず下準備をしてください。 無垢テーブルのシミを取る下準備は台ふきんと240番のサンドペーパーでできます。 使用する台ふきんはできるだけキレイなものを使用してください。 まず、台ふきんで天板を丁寧にふきます。 そして、240番のサンドペーパーを6等分にして小さめのブロックにまきあげておきましょう。 もし、食器などでへこんだ部分があれば15分ほど水滴にひたしてください。 木材が膨張して傷が目立たなくなります。 お皿やコップの熱が木材に伝わってシミになることもあるでしょう。 ある程度のシミはサンドペーパーでキレイにできます。 小さいブロックにまきつけたサンドペーパーでやさしくけずってください。 木目に沿うようかけていくと上手にシミを取ることができますよ。 あくまで木目に沿うことが大切です。 木目とは反して左右にけずってしまえば、無垢テーブルに傷がついてしまいます。 やさしい力で前後に動かしていきましょう。 また、サンドペーパーをシミのある部分だけかけるのはNGです。 シミの部分だけではさらにへこんでしまいます。 へこまないようにサンドペーパーは幅広くかけてください。 シミから半径10cmが目安になるでしょう。 色がついているシミには「石けん水」が効果的です。 まず、シミがついている部分に適量の水をかけます。 水をかけた後、固形石けんを天板にこすりつけてください。 こすりつけることで石けん水ができあがります。 後はやわらかいスポンジなどでシミを落とすだけです。 残った石けん水はキレイなタオルでふき取りましょう。 ほとんどの色つきシミが石けん水で落ちます。 石けん水を利用しても汚れが残った場合は、240番のサンドペーパーで軽くけずってください。 サンドペーパーにもさまざまな種類はありますが、240番がちょうどいいですよ。 荒すぎるサンドペーパーは逆にテーブルを傷めてしまいます。 まず、天板を固くしぼった台ふきんでふきます。 次に、1,000番のサンドペーパーで木目に沿ってかけていきましょう。 サンドペーパーは数字が大きくなればなるほど目が細かくなります。 シミを取りのぞくときは240番ですが、お手入れの場合は1,000番が最適です。 1,000番のサンドペーパーをかけるときは弱い力でも十分にお手入れできます。 天板表面を全体的にサラッとかけるだけでOKです。 サンドペーパーを上手に使えるかどうかが大きなポイントになるでしょう。 サンドペーパーをかけた後はワックスをかけてください。 ワックスは木部仕上げ用を使うといいですよ。 小さいスプーン1杯ぶんのワックスを専用の布に塗りこみ、無垢テーブルをふいていきましょう。 力をいれることで摩擦によってワックスがなじみます。 たとえば、無垢テーブルでごはんを食べた後は食べかすや汚れがついているでしょう。 汚れは放置するほど落ちにくいシミに変化します。 使用するたびにキレイな台ふきんで掃除してください。 ただし、台ふきんでふきあげるほど無垢テーブルのオイルがなくなります。 薄くなったオイルの部分は2か月に1回のワックスでおぎなってあげてください。 ワックスをかける作業は10分~15分で完了します。 必要なものを用意すればすぐにできることです。 日々のお手入れはシミ対策にもつながりますよ。 お皿やコップを直接無垢テーブルに置くと汚れがすぐについてしまいます。 コップについた水滴はもちろん、油汚れが向くテーブルにしみこんでしまうでしょう。 できるだけシミがつかないよう、コップやグラスはコースターのうえに置いてください。 そして、お皿などの食器類はランチョンマットを使うといいでしょう。 ランチョンマットはかわいい柄からモノトーンまで種類が非常に豊富です。 ダイニング・リビングの雰囲気に合った種類を選んでください。 コースター・ランチョンマットを選ぶのも楽しみの1つになりますよ。 最近の人気は「ウォールナット」と言う無垢テーブルです。 ウォールナットは濃い茶褐色が特徴的で落ち着いた雰囲気になります。 基本的に、無垢テーブルは経年変化を楽しむものです。 ウォールナットは茶褐色から明るい色に変化していくでしょう。 無垢テーブルの経年変化を楽しみながらシミ対策をしてください。 たとえば、透明のマットをテーブルのうえにしく、オイルを塗って防水効果を高めるなどさまざまな方法があります。 オイルは専用のものを購入して自分たちで塗ることができるでしょう。 また、もとから防水加工をほどこしている無垢テーブルもあります。 購入前に防水加工をしているかどうか確認することも大切です。

次の

フローリングのカビは自分で取れる!超簡単な予防と対策| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

フローリング シミ 取り

フローリングが全体的に黒ずんで見える!とか部分的に黒いのは何だろう?と思ったことはありますか?せっかくのフローリングも黒ずんでいては台無しですよね。 掃除したら済むのでは?と考えがちですが、まず見極めなければいけないのは黒ずみの原因です。 その原因によって落とし方が違ってきますので、まずは原因をつきとめ、原因に沿った掃除方法でピカピカのフローリングを取り戻しましょう! フローリングの黒ずみの原因5つ 1. 足の裏の汚れ フローリングの黒ずみの主な原因は足の裏の皮脂汚れといわれています。 やはり素足で毎日動き回ると汚れてしまいますし、子供たちがおられる家庭やペットを飼っておられる家庭ではなおさら汚れやすいといえるでしょう。 カビ フローリングの上で万年床になっていませんか?フローリングの上に布団を敷きっぱなしにしてしまうと、寝ている間に布団は汗を吸い、布団の湿気が災いしてフローリングがカビてしまうことがあります。 また、カーペットなどをずっと敷きっぱなしでもフローリングがカビてしまうことは大いにありうることです。 また、室内の温度と外気の温度の差が大きいと窓の周辺に結露が生じます。 窓の近くのフローリングの黒ずみは、結露が原因のカビかもしれません。 ワックス フローリングは木でできているため傷つきやすく汚れやすいものです。 ワックスをかけることでフローリングの上に薄い膜を作ってくれるのでフローリングを保護でき、また光沢が出るため部屋が明るくなります。 しかしながらワックスは時間とともに劣化していきます。 特によく歩く場所は劣化しやすく、それによって黒ずんできます。 剥がれかけたワックスをそのままにしておくと、まだらに剥がれ続けて汚くなります。 雨水やジュースなどの液体 雨水がフローリングにかかった状態を放置したり、床に水やジュースをこぼしても拭かなかったりすると、フローリングが痛みます。 木が腐り黒く変色することもあります。 こうなっては掃除で黒ずみを落とすのは難しいでしょう。 キッチンのフローリングなら油汚れかも キッチンのフローリングの黒ずみは、油汚れであることが多いです。 どんなに注意しても料理の時に油が飛び散ります。 さらにそれを素足やスリッパなどで踏んでリビングのフローリングに持ち込んでしまうこともあります。 全体的に黒くなっているフローリングの掃除方法 使う掃除道具はこれ! フローリングワイパー、掃除機、アルコール除菌スプレー、いらない布、雑巾、住宅用アルカリ性洗剤などを使用してください。 フローリング用ワイパーでほこりや汚れを取る 掃除機の前にまずはこの方法でフローリングの掃除をスタートさせましょう。 ほこりが舞い上がりにくいためです。 できれば定期的にフローリングの上のカーペットやラグも外に陰干しし、カーペットなどを敷いていた部分も掃除するようにしましょう。 通気性よくすればカビの発生を抑えることもできますし、ほこりも取れます。 掃除機をかける フローリングワイパーで取り切れなかった溝のあたりのほこりやゴミを取るため、次に掃除機をかけます。 ゆっくりとかけ、端や溝は細いノズルに換えてゴミを吸います。 雑巾で水拭き 水2Lに対して台所用の中性洗剤を小さじ1杯くらい混ぜ、雑巾を固く絞ってフローリングを拭きます。 黒ずみがひどいところは念入りに拭きます。 子供さんが小さく這いずり回ることがあれば、水で雑巾を絞って二度拭きをし、中性洗剤が床に残らないようにしましょう。 重曹を使うと、重曹が研磨材となり、ワックスが剥げてしまったり、フローリングが傷んでしまう恐れがあるそうです。 それでも重曹で掃除したい!という方はかなり薄めの重曹液を作って掃除してくださいね。 スチームクリーナー 洗剤を使いたくない方や、雑巾がけは嫌、という方は高温スチームクリーナーという選択肢もあります。 洗剤を使わなくてもよいため、環境にやさしい掃除方法として注目を集めています。 まずフローリングワイパーをかけた後に使用します。 週に1,2度の使用で黒ずみを落としたり予防したりできます。 注意点ですが、床の素材を考慮に入れて購入、使用しましょう。 フローリングの種類によってはスチームクリーナーが使えないものもあるそうです。 また、フローリングは素材にもよりますが湿気を嫌います。 スチームクリーナーを毎日使うと汚れを取るだけでなくフローリングへダメージも与えてしまいますので、使用頻度も考えましょう。 ワックスを塗り直す ワックスは時間の経過とともに劣化します。 少なくとも半年に一回は上塗りする、五年に一回は剥離したのち塗り替えるといいでしょう。 ワックスの剥離や塗り替えはプロに頼むという手もあります。 ワックスの種類は油を主成分にしたワックス、ろうを主成分にしたワックス(滑りやすいのでお年寄りや子供がいる家庭には不向きです)、樹脂を主成分にしたワックスがあり丸。 そのなかでも樹脂を主成分にしたものが現在最も多く使われており、種類もたくさんあります。 木の性質に応じて選びましょう。 塗り直し方法は、まずワックス剥離剤でワックスを剥離するか、アルカリ性洗剤で表面のワックスを軽く剥がして汚れを取ったあと、ワックスを塗り直します。 ワックスを塗る前にフローリングワイパーなどでしっかりほこりや髪の毛を取り除き、丁寧に掃除機をかけ、固く絞った雑巾で拭き、しっかり乾燥させます。 液体タイプのワックスであれば毛羽立たないタオルをフローリングワイパーの先に装着させ、ワックスを1㎡当たり10mlくらいの量を目安に塗っていきます。 部屋の奥から入り口に向かって下がりながら木目に沿って塗ります。 しっかり乾かした後二度塗りしましょう。 今は色んなワックスが販売されていて、液体タイプだけでなく、フローリングワイパーにつけてワックスを塗ることができるシートタイプや、スプレーで吹き付けて塗るタイプもあります。 いずれも使用説明文をよく読んで使用しましょう。 6.フロアコーティングを業者に依頼 自分でワックスを塗るなんて自信がない、という方は、業者によるフロアコーティングを試す方法もありますよ。 フロアコーティングは、液体を表面に塗布してフローリングを保護し、光沢を保つ効果があります。 耐久性に優れているので一度フロアコーティングをすると長い間特別なメンテナンスをしなくてよい、というメリットがあります。 ところどころ黒くなっているフローリングの掃除方法 使う掃除道具はこれ! 住宅用アルカリ洗剤、アルコールスプレー、雑巾 1. 皮脂汚れは住宅用アルカリ性洗剤で リビング用中性洗剤で拭き掃除をした後、必要であればワックスを剥離して、ワックスを新たに塗り直しましょう。 ちなみに賃貸のお宅であれば、劣化によるワックス塗り替え費用は家主が負担すべきですので、参考にされてください。 故意や過失によって塗り替えざるをえない状況になったのなら借り主負担となります。 液体をこぼした黒ずみ 液体をこぼした時点ですぐに拭き取って予防するようにしましょう。 植物を床に置きたいときは、鉢をフローリングにじかに置かず、必ず深めの水受け皿を使用します。 キッチン油汚れには台所用アルカリ用洗剤 頑固な油汚れには台所用アルカリ性洗剤を雑巾につけ、油汚れだけこすってみます。 汚れが落ちたら水拭きで洗剤を拭きとってください。 もし油汚れが盛り上がっているならば、プラスチックカードでこすり落としてから洗剤で拭いてみてください。 引っかき傷やフローリングの溝が黒ずんでいる時の掃除方法 使う掃除道具はこれ! 歯ブラシ、爪楊枝、雑巾、中性洗剤、あればスチームクリーナー 1. 古い歯ブラシでブラッシング 中性洗剤を水で薄めて古い歯ブラシにつけ、フローリングの溝をブラッシングします。 掃除が終わったら水分はすぐに雑巾で拭き取ります。 爪楊枝で汚れをかき出す 爪楊枝で、やさしく、フローリングを痛めない程度に汚れをかき出してみましょう。 かき出した汚れは掃除機で吸い取るか、雑巾で取り除きます。 スチームクリーナーを使う スチームを当てるとフローリングの溝に入り込んだ汚れを溶かしだすことができます。 お風呂のタイルの目地に使う専用ブラシに付け替えて、スチームを目地に当てた後、雑巾で拭き取ります。 最後に いかがでしたか?フローリングは毎日歩いたり座ったり家族でくつろいだりと生活の中でも重要なところです。 それゆえに汚れやすく、定期的な掃除に加え、メンテナンスも欠かせません。 気になっていたフローリングの黒ずみ、解決できたらいいですね。

次の

フローリングの水滴のようなシミ(ワックス剥離)の改善法についてアドバイスいただけませんか

フローリング シミ 取り

床にできてしまうシミの原因は、水分や日焼け、化学薬品などの影響が考えられます。 シミを解消するためには、できるだけ早めに、原因に応じた対処をすることが大切です。 ここでは、それぞれの原因別のシミの対処法について見ていきましょう。 水分によるシミ フローリングのシミの原因は、多くが水分によるものといわれています。 飲み物や調味料などをこぼしてしまう以外にも、次のような水分が原因でシミとなり、ひどいとカビやへこみの原因にもなってしまいます。 ・サッシの結露 ・観葉植物の水 ・ペットのおしっこ また、洗濯機を置いている部分に広範囲にシミが広がっていたという、水漏れによる被害のケースもあります。 その場合は、水道修理業者に相談する必要があります。 水分によってできたシミを解消する方法としては、床の表面の塗装補修や、部分張り替えが挙げられます。 また、ペットのおしっこによるシミに効果的なクリーナーも販売されているため、水分の種類に応じて試してみると良いでしょう。 日焼けによるシミ 日光によってフローリングが日焼けすることで、シミのようになってしまうということもあります。 日のあたる窓際の床は特に日焼けしやすく、カーペットや家具を置いていたことで、床の色に大きく差ができてしまった、というケースもあります。 この場合は日光による自然劣化であるため、カビなどの心配はありませんが、 見た目が気になるようであれば、表面の塗装補修や張り替えを検討するといいでしょう。 化学薬品によるシミ ワックスや化学モップ、パーマ液などによってできてしまったタイプのシミです。 対処法としては、専用のクリーナーを使う、塗装補修をする、張り替えをするということが挙げられます。 また、 自分で化学薬品のシミ取りをする際は、「クリーナーは原液のまま使用しない」「シミはティッシュでこすらず、クリーナーを使ったあとに雑巾や専用のシートで拭き取る」といったことに注意しましょう。 シミを悪化させたり、フローリングを傷付けてしまったりするおそれがあります。 シミではなく、ワックスはがれの可能性も シミのように見えて、実はフローリングに塗られていたワックスが部分的にはがれてしまっていたというケースも考えられます。 ワックスは乾燥によって縮んでしまったり、水で溶けてしまったりすることもあるのです。 部屋全体のワックスをはがしてワックスをかけ直す、カラーワックスなどで部分補修を行う、といった対処方法があります。 シミを作らないための予防・お手入れ方法 フローリングは、できるだけシミを作らず、きれいな状態を長く保ちたいものです。 ここでは、フローリングのシミの予防法として、日頃からどんなお手入れをすべきなのかをご紹介します。 シミを作ったらなるべく早く対処する シミは、できてしまってから時間が経過すればするほど、完全な補修は難しくなってしまいます。 シミを作ってしまったらすぐに対処しなければ、その分補修に時間も費用もかかってしまうため、後回しにはしないように注意しましょう。 水分や薬品などを床にこぼしてしまったら、すぐにしっかり拭き取ることも大切です。 日焼け防止をする 自然劣化である日焼けをできるだけなくすために、床の日焼け防止も行いましょう。 日焼けによる床色の差を防ぐためには、窓際の床には家具をなるべく置かないようにする、マット類は全体に敷ける物以外は敷かないといった対策がおすすめです。 また、日当たりが強い時間帯には、カーテンで日光を遮るようにするということも大切です. 室内でタバコを吸わない(ヤニ防止) タバコのヤニは天井や壁、床など室内全体に悪影響を及ぼします。 黄ばみやシミだけでなく、タバコを落としてしまった場合は焦げ跡ができてしまうというリスクもあります。 室内ではできるだけ喫煙を避けるようにしましょう。 乾拭きで掃除する 普段の床掃除の際は、必ず乾いた雑巾やモップを使いましょう。 水拭きはフローリングのひび割れの原因にもなります。 汚れがひどくて、どうしても水拭きをしたい場合は、雑巾を固く絞って掃除をします。 また、薬品が染み込んでいる化学雑巾を使うときは、床の変色の原因となるため、絶対に長時間床に放置しないよう注意しましょう。 定期的にワックスがけをする 半年に1度程度の頻度でワックスがけを行うことで、きれいな床を保つことができます。 ワックスによるお手入れの効果には、次のようなものがあります。 ・フローリングの表面を保護する ・ツヤを出す しかし、フローリングの材質によっては、ワックス剤使用時に注意すべきことがあります。 メーカーの説明書等をよく確認しておきましょう。 シミの状態がひどかったらリフォームも検討しましょう ここまで、床のシミの原因・対処法と、予防方法についてご紹介してきました。 「シミの規模が大きすぎるため、自分で対処するには難しい」「お手入れにも限界がある、いっそのこと床全体をきれいにしたい」といった場合は、張り替えリフォームも検討してみることをおすすめします。 BXゆとりフォームのフローリング張り替えサービス BXゆとりフォームでは、フローリングの張り替えリフォームにも対応しています。 多くの施工実績があり、職人による美しい床の仕上がりが選ばれる理由にもなっています。 ワックスがけのお手入れ不要の「ワックスフリー」タイプのフローリングへの張り替えにも対応しているため、床のシミやお手入れに関する悩みや不明点があれば、まずはお気軽にご相談ください。

次の