桃太郎 電鉄 16。 『桃太郎電鉄16 北海道大移動の巻!』のイベント・攻略・ゲストボンビーまとめ

完全!ゲーム攻略ガイド「桃太郎電鉄16北海道大移動の巻」

桃太郎 電鉄 16

良 PCE FC版ベースの移植作。 良 PCE 桃太郎伝説II 『桃伝ターボ』の続編。 主役級以外の人気キャラのほとんどはここで初登場した。 SFC 『桃伝』の続編で、『桃伝II』とはパラレルの関係にある。 旧作から打って変わったシリアスなシナリオとカルラの吐き気を催すほどの悪役っぷりが特徴。 カップリング GBC 『桃伝ターボ』と『桃伝II』のカップリング移植。 劣化 桃太郎電鉄シリーズ 機種 タイトル 概要 判定 FC 当初は『桃伝』のセルフパロディだった。 初代ゆえのシステムも多い。 まだ貧乏神は居なかった。 シリーズの基盤を整備した。 SFC スーパー桃太郎電鉄DX まさにデラックスと呼ぶべき豪華な出来。 桃太郎電鉄HAPPY 桃鉄の集大成の一つ。 ボンビラス星・運賃改正初登場。 さくま氏のホームページによると、当時シリーズは本作で「ハッピーエンド」として終わる予定だった。 PS 桃太郎電鉄7 ギーガボンビー誕生の巻。 時事ネタが増えた。 GB 桃太郎電鉄jr. ~全国ラーメンめぐりの巻~ 『桃鉄7』がベース。 専用目的地を巡るバラエティゲームのルールが初登場。 ラーメンにちなんだ駅を旅しよう。 PS ハルマゲド~ン襲来の巻。 据え置き最後の2Dマップ。 バラエティゲームも多数収録。 また、本編で「桃太郎ランド」を購入すると、桃太郎ランドで色々なミニゲームを遊べるモードが出現。 良 PS2 Xの読みは「ばってん」。 いつもの全国編マップのほか、九州編マップも同時収録。 新要素「デボンドビス」が難点。 良 全国編のほか、西日本のみが舞台の、西日本編モードを収録。 ハリケーンボンビー、ボンビー・モンキーが初登場。 良 PS2 桃太郎電鉄USA 北アメリカが舞台の桃鉄。 スペースボンビーのほか、さまざまな新要素も搭載。 GBA 桃太郎電鉄G ゴールド・デッキを作れ! 『桃鉄12』がベースの携帯機版。 手持ちのカードをデッキとして登録できる。 ピヨピーが初登場。 PS2 桃太郎電鉄15 五大ボンビー登場! の巻 キング・ハリケーン・ギーガ・ブラック・ミサイルの五大ボンビーが登場。 日本のマップが大きく変わる大型イベントも搭載された。 Wii版、Xbox360版はWi-Fiで全国順位を競えるがオンライン対戦は不可。 良 360 DS 携帯アプリの桃鉄の移殖作品。 さくまあきら氏の態度がファンの反感を買った。 シリ不 DS版の桃鉄オリジナル作品。 織田信長を初めとした歴史ヒーローが登場。 ネット対戦にも対応。 賛否 Wii 桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合! の巻 マップが従来のおよそ1. 5倍の広さにスケールアップ。 しかしそのためバランスも不安定に。 PSP 桃太郎電鉄タッグマッチ 友情・努力・勝利の巻! 『2010』ベースの移植作。 チームを組んでプレイするタッグマッチモードが追加。 DS 桃太郎電鉄WORLD 世界を舞台にした桃鉄。 ネット対戦に対応。 ハドソンによって開発・販売された最後の作品。 携帯アプリに『桃鉄WORLD』があるが、全くの別作品。 3DS 桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!! 発売元を任天堂に移したシリーズ復活作。 開発はヴァルハラゲームスタジオが担当。 震災駅や復興イベントなど東日本大震災に焦点を当てた新システムを搭載。 広すぎるマップとより大雑把になったバランスに賛否両論。 その他 機種 タイトル 概要 判定 PCE 桃太郎活劇 桃太郎伝説の設定を基にした、アクションゲーム。 GB 桃太郎電劇 桃を投げつけるアクションゲーム。 桃太郎電劇2 さらに進化した電劇。 SS 桃太郎道中記 江戸時代の日本を舞台とした桃鉄。 『スーパー桃鉄DX』がベース。 さくまあきらが関わっていない故にシリーズとして認められていない。 RPG要素を含んだ、バラエティゲーム集。 PS 桃太郎まつり 石川六右衛門の巻 上記GBA版のマイナーチェンジ版で、桃伝シリーズの実質的な最終作。 その他カップリング GB 桃太郎コレクション ハドソンゲーム缶vol. 『スーパー桃鉄II』と『電劇』のカップリング。 桃太郎コレクション2 ハドソンゲーム缶vol. 『桃伝外伝』と『電劇2』のカップリング。 関連作品 機種 タイトル 概要 判定 FC 忍者らホイ! 痛快うんがちょこ忍法伝!! さくまあきら氏を始めとした『桃太郎伝説』スタッフが制作。 一部システムなどが流用されている。 GB ジャングルウォーズ 「キム皇」こと木村初氏がシナリオ・ゲームデザインを担当。 またさくまあきら氏が監修として参加している。 敵を懲らしめるという表現など、『桃太郎伝説』の影響を受けている部分は多く、ある意味「従兄弟作」と言える。 PS さくま式人生ゲーム キャラクターデザインふくめて、さくまあきら氏が監修。 なし PS2 キングボンビーがゲスト出演。 ク 桃太郎電鉄シリーズ概要 ハドソン発売のボードゲームシリーズ。 プロデューサーは『桃太郎伝説』のさくまあきら、キャラクターデザインは土居孝幸。 同氏が過去に手掛けたヒット作のパロディタイトルだが、結果的には本家よりも多くの作品が発表される有名シリーズとなった。 シリーズ一作目は、1988年発売のFC『』。 二作目はPCE『スーパー桃太郎電鉄』で、前作から多くのルールを見直してシリーズとしての基礎を確立している。 プレイヤーは鉄道会社の社長となり、手番順にサイコロを振って、出た目の数だけ日本地図を模したマップを自由に進む。 物件を購入できる駅や資金の増減するマス、目的地 主要都市にあたる駅。 一番乗りボーナスがあり、達成するとまた別の場所が再設定される などを巡って、一定期間内に所持金と不動産資産を合わせた総資産の向上を目指す 二作目以降準拠。 初代は勝利条件を始めに異なる点が多い。 1ターンは1ヶ月間にあたり、毎年決まった時期には決算として大きな収入がある。 他にも、ターンの前後にイベントが発生する事もある。 各駅で購入できる物件は、実際の観光地や名物・特産品を反映させたものが多く、日本の地域色豊かな作りをしている。 季節に応じて発生するイベント、桃伝ゆずりのユーモアや発売年に合わせた時事ネタ、それらを面白おかしくコミカルに描いたイラストCGなども、ボードゲームとしてのシステム以外の部分に込められた本シリーズ独自の魅力である。 また本家直輸入の「貧乏神」は、場を引っ掻き回す恒例のお荷物キャラとして、「スリの銀次」はその年に流行した時事ネタ絡みの人物やアイテム等への変装と、一瞬で多額の所持金を容赦なく奪い去っていくさまで対戦模様に華を添えた。 据置機、携帯機、携帯端末にアナログボードゲームなど、様々な形態で1~数年ごとに新作をリリースしていたが、ハドソンがコナミに吸収された後は、制作側とコナミ社内の確執もあり(Twitterなどでその内情が語られている)、2012年1月配信の携帯電話版東海編を最後に「シリーズを終了する」とさくまあきらによって断言された。 そのため続編のリリースは一時期絶望的とも思われていたが、任天堂へのライセンスアウトという形式で2016年12月22日にニンテンドー3DS向けに『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!! 』が発売され、シリーズが復活した 権利表記上はコナミの名義も含まれている。 その後コナミ側が開発環境を整備するという約束の下、総監督さくまあきら、開発元コナミの体制で2020年冬 予定 にシリーズ最新作となる『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~』を発売することが発表されている。 なお、伝説シリーズの新作・移植・リメイク及び電鉄シリーズの過去作のリメイクの要望については、「ハドソン側で保存されていたはずの伝説シリーズのプログラムが紛失してしまった上、電鉄シリーズもハドソンが『11』以前の作品のプログラム・ソースコードを全て廃棄してしまったため残念ながら不可能である」との旨を、ファンからのメールに対して個人サイト上で明言している。

次の

桃太郎電鉄

桃太郎 電鉄 16

評価の高いタイトルには、プラチナ・ゴールド・シルバー・ブロンズとスコアに応じて4種類の「おすすめランク」がついてきます。 これまでに100万票を超える評価が寄せられており、1000本以上のWiiタイトル(Wiiウェア、バーチャルコンソールなどを含む)の中で 「おすすめランク」がついたタイトルは75本になっています。 (2010年1月13日現在) お客様の評価によって厳選された75タイトルの中から9タイトル(新・2タイトル)をセレクトしてご提供するのが「みんなのおすすめセレクション」です。 色々なタイトルの映像を見たり、お手持ちのDSシリーズ本体に体験版などをダウンロードしてお楽しみいただけます。 子どもの為に購入 soraotomaria 評価 5. 00 投稿日:2019年04月26日 従兄弟の影響で、テレビゲームに興味が強くなってきた幼稚園児の息子。 自宅にはニンテンドースイッチは無く、あるのはWiiのみ。 最近人生ゲームにも熱中しているので、同じようなすごろくのゲームなら…ということで探していたらあるではありませんか、桃鉄が。 これなら地理や特産品も自然と覚えられるし、いいのでは?と思い購入。 ゲーム内の吹き出し 文章 の漢字にルビは振ってありませんが、繰り返しやるうちに決まった漢字は読めるように。 子どもの順応力はすごいですね。 初めてプレイする子どもには「貧乏神なしモード」がすごく良かったです。 こちらのモードでルールと楽しみ方を会得し、ちょうど慣れてきた頃に通常モードに移行しました。 片手で操作出来るのは魅力的ですが、ボタンの押し間違えを頻発してしまいます 私が慣れてないだけですが… 個人的にはコントローラーを横持ちにしても操作出来たら良かったです。 グラフィックは、販売年を考えれば妥当です。 読み込み速度も気になりません。 家族で週末のみ、時間を決めてプレイしているので未だにこのゲームのメインであろう「北海道大移動」イベントまで到達出来ておりませんが、それも楽しみに、長くプレイ出来そうです。 1人が参考になったと回答.

次の

桃太郎電鉄シリーズ

桃太郎 電鉄 16

良 PCE FC版ベースの移植作。 良 PCE 桃太郎伝説II 『桃伝ターボ』の続編。 主役級以外の人気キャラのほとんどはここで初登場した。 SFC 『桃伝』の続編で、『桃伝II』とはパラレルの関係にある。 旧作から打って変わったシリアスなシナリオとカルラの吐き気を催すほどの悪役っぷりが特徴。 カップリング GBC 『桃伝ターボ』と『桃伝II』のカップリング移植。 劣化 桃太郎電鉄シリーズ 機種 タイトル 概要 判定 FC 当初は『桃伝』のセルフパロディだった。 初代ゆえのシステムも多い。 まだ貧乏神は居なかった。 シリーズの基盤を整備した。 SFC スーパー桃太郎電鉄DX まさにデラックスと呼ぶべき豪華な出来。 桃太郎電鉄HAPPY 桃鉄の集大成の一つ。 ボンビラス星・運賃改正初登場。 さくま氏のホームページによると、当時シリーズは本作で「ハッピーエンド」として終わる予定だった。 PS 桃太郎電鉄7 ギーガボンビー誕生の巻。 時事ネタが増えた。 GB 桃太郎電鉄jr. ~全国ラーメンめぐりの巻~ 『桃鉄7』がベース。 専用目的地を巡るバラエティゲームのルールが初登場。 ラーメンにちなんだ駅を旅しよう。 PS ハルマゲド~ン襲来の巻。 据え置き最後の2Dマップ。 バラエティゲームも多数収録。 また、本編で「桃太郎ランド」を購入すると、桃太郎ランドで色々なミニゲームを遊べるモードが出現。 良 PS2 Xの読みは「ばってん」。 いつもの全国編マップのほか、九州編マップも同時収録。 新要素「デボンドビス」が難点。 良 全国編のほか、西日本のみが舞台の、西日本編モードを収録。 ハリケーンボンビー、ボンビー・モンキーが初登場。 良 PS2 桃太郎電鉄USA 北アメリカが舞台の桃鉄。 スペースボンビーのほか、さまざまな新要素も搭載。 GBA 桃太郎電鉄G ゴールド・デッキを作れ! 『桃鉄12』がベースの携帯機版。 手持ちのカードをデッキとして登録できる。 ピヨピーが初登場。 PS2 桃太郎電鉄15 五大ボンビー登場! の巻 キング・ハリケーン・ギーガ・ブラック・ミサイルの五大ボンビーが登場。 日本のマップが大きく変わる大型イベントも搭載された。 Wii版、Xbox360版はWi-Fiで全国順位を競えるがオンライン対戦は不可。 良 360 DS 携帯アプリの桃鉄の移殖作品。 さくまあきら氏の態度がファンの反感を買った。 シリ不 DS版の桃鉄オリジナル作品。 織田信長を初めとした歴史ヒーローが登場。 ネット対戦にも対応。 賛否 Wii 桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合! の巻 マップが従来のおよそ1. 5倍の広さにスケールアップ。 しかしそのためバランスも不安定に。 PSP 桃太郎電鉄タッグマッチ 友情・努力・勝利の巻! 『2010』ベースの移植作。 チームを組んでプレイするタッグマッチモードが追加。 DS 桃太郎電鉄WORLD 世界を舞台にした桃鉄。 ネット対戦に対応。 ハドソンによって開発・販売された最後の作品。 携帯アプリに『桃鉄WORLD』があるが、全くの別作品。 3DS 桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!! 発売元を任天堂に移したシリーズ復活作。 開発はヴァルハラゲームスタジオが担当。 震災駅や復興イベントなど東日本大震災に焦点を当てた新システムを搭載。 広すぎるマップとより大雑把になったバランスに賛否両論。 その他 機種 タイトル 概要 判定 PCE 桃太郎活劇 桃太郎伝説の設定を基にした、アクションゲーム。 GB 桃太郎電劇 桃を投げつけるアクションゲーム。 桃太郎電劇2 さらに進化した電劇。 SS 桃太郎道中記 江戸時代の日本を舞台とした桃鉄。 『スーパー桃鉄DX』がベース。 さくまあきらが関わっていない故にシリーズとして認められていない。 RPG要素を含んだ、バラエティゲーム集。 PS 桃太郎まつり 石川六右衛門の巻 上記GBA版のマイナーチェンジ版で、桃伝シリーズの実質的な最終作。 その他カップリング GB 桃太郎コレクション ハドソンゲーム缶vol. 『スーパー桃鉄II』と『電劇』のカップリング。 桃太郎コレクション2 ハドソンゲーム缶vol. 『桃伝外伝』と『電劇2』のカップリング。 関連作品 機種 タイトル 概要 判定 FC 忍者らホイ! 痛快うんがちょこ忍法伝!! さくまあきら氏を始めとした『桃太郎伝説』スタッフが制作。 一部システムなどが流用されている。 GB ジャングルウォーズ 「キム皇」こと木村初氏がシナリオ・ゲームデザインを担当。 またさくまあきら氏が監修として参加している。 敵を懲らしめるという表現など、『桃太郎伝説』の影響を受けている部分は多く、ある意味「従兄弟作」と言える。 PS さくま式人生ゲーム キャラクターデザインふくめて、さくまあきら氏が監修。 なし PS2 キングボンビーがゲスト出演。 ク 桃太郎電鉄シリーズ概要 ハドソン発売のボードゲームシリーズ。 プロデューサーは『桃太郎伝説』のさくまあきら、キャラクターデザインは土居孝幸。 同氏が過去に手掛けたヒット作のパロディタイトルだが、結果的には本家よりも多くの作品が発表される有名シリーズとなった。 シリーズ一作目は、1988年発売のFC『』。 二作目はPCE『スーパー桃太郎電鉄』で、前作から多くのルールを見直してシリーズとしての基礎を確立している。 プレイヤーは鉄道会社の社長となり、手番順にサイコロを振って、出た目の数だけ日本地図を模したマップを自由に進む。 物件を購入できる駅や資金の増減するマス、目的地 主要都市にあたる駅。 一番乗りボーナスがあり、達成するとまた別の場所が再設定される などを巡って、一定期間内に所持金と不動産資産を合わせた総資産の向上を目指す 二作目以降準拠。 初代は勝利条件を始めに異なる点が多い。 1ターンは1ヶ月間にあたり、毎年決まった時期には決算として大きな収入がある。 他にも、ターンの前後にイベントが発生する事もある。 各駅で購入できる物件は、実際の観光地や名物・特産品を反映させたものが多く、日本の地域色豊かな作りをしている。 季節に応じて発生するイベント、桃伝ゆずりのユーモアや発売年に合わせた時事ネタ、それらを面白おかしくコミカルに描いたイラストCGなども、ボードゲームとしてのシステム以外の部分に込められた本シリーズ独自の魅力である。 また本家直輸入の「貧乏神」は、場を引っ掻き回す恒例のお荷物キャラとして、「スリの銀次」はその年に流行した時事ネタ絡みの人物やアイテム等への変装と、一瞬で多額の所持金を容赦なく奪い去っていくさまで対戦模様に華を添えた。 据置機、携帯機、携帯端末にアナログボードゲームなど、様々な形態で1~数年ごとに新作をリリースしていたが、ハドソンがコナミに吸収された後は、制作側とコナミ社内の確執もあり(Twitterなどでその内情が語られている)、2012年1月配信の携帯電話版東海編を最後に「シリーズを終了する」とさくまあきらによって断言された。 そのため続編のリリースは一時期絶望的とも思われていたが、任天堂へのライセンスアウトという形式で2016年12月22日にニンテンドー3DS向けに『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!! 』が発売され、シリーズが復活した 権利表記上はコナミの名義も含まれている。 その後コナミ側が開発環境を整備するという約束の下、総監督さくまあきら、開発元コナミの体制で2020年冬 予定 にシリーズ最新作となる『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~』を発売することが発表されている。 なお、伝説シリーズの新作・移植・リメイク及び電鉄シリーズの過去作のリメイクの要望については、「ハドソン側で保存されていたはずの伝説シリーズのプログラムが紛失してしまった上、電鉄シリーズもハドソンが『11』以前の作品のプログラム・ソースコードを全て廃棄してしまったため残念ながら不可能である」との旨を、ファンからのメールに対して個人サイト上で明言している。

次の