ライブドアニュース。 ライブドア

ライブドアブログで、LINE砲やブログニュースに掲載される記事の傾向を分析してみた|No.2宣言の中の人|note

ライブドアニュース

概要 [ ] livedoorニュースは、、など「多くの情報提供元から配信される記事・写真を、まとめて閲覧できるサービス」である。 過去にはパブリック・ジャーナリスト()の記事も掲載していたが、現在は約400の配信元(2012年4月)からニュース提供を受け 、「BLOGOS」などので独自にコンテンツを収集し、を製作して掲載している。 ポータルサイトのトップページやlivedoorニュースに掲載するニュースは、一日に3000本を越えると言う。 この他に、やメールマガジンの「ドア日新聞」「ドアスポ」「ドアマガ」でも見出しを配信している。 ウェブサイトにはニュースのアクセスランキングや「ネットリサーチ」と呼ばれるアンケート作成機能 があり、記事によっては読者がコメントを書ける場合もある。 やと連携させる事も出来 、的なが組み込まれているようである。 一部のニュース記事にはのCC-BY-ND(表示-改変禁止)ライセンスが適用されている。 歴史 [ ] livedoorニュースは無料を運営するの頃から、存在したようである。 しかし本格的に始動したのは、二代目のライブドアになってからのようである。 2004年頃、率いるライブドアはメディア事業を中核に据える方針を打ち出して 、ポータルサイトの整備を進めた。 従来のlivedoorニュースは他社からニュース配信を受ける「二次プロバイダ」だったが、独自のニュースコンテンツの製作も行う「一次プロバイダ」 を目指すことにした。 ポータルサイト初の試みとして独自の報道部門を設立し、記者経験のあるデスクを7人、新人の記者を約30人、ウェブ管理者も含めて合計約40人を雇用した。 またの流れも取り入れて、有料研修を受けた「パブリック・ジャーナリスト」の記事を掲載することにした。 2005年、は「パブリックジャーナリスト宣言」を発表し、livedoorニュースへの配信を始めた。 2004年から2005年にかけてのライブドアはやを試み、「新規参入」や「想定外」でを受賞し、堀江がに出馬して注目を集めた。 当時のlivedoorニュースの報道内容は以下のようなものだった。 2005年の衆議院選挙では公職選挙法に抵触する報道を控えて、中立を宣言した。 2006年のでも「経営から、編集権の独立したニュース組織を持つメディアとして、今回の強制捜査についても、当社にとってのマイナス情報も含め、様々なニュースソースから、日々刻々と配信されてくる記事を掲載してまいります」と宣言した。 一方、PJニュースは堀江の単独インタビューを行い注目を集めた。 2006年頃のlivedoorニュースはトピックスに力を入れており、リアルタイムでページビュー測定して、見出しを書き換えたり、関連情報の追加に力を入れていた。 またファンキー通信やのような気軽な記事も製作していた。 2007年にlivedoorニュースは独自コンテンツの製作を終了し 、2011年にはPJニュースの配信も終了した。 一方でライブドアは2009年頃から複数のブログメディアを開設して独自にコンテンツを収集するようになり、やを傘下に持つのような「ブログ・パブリッシャー」を目指した。 オルタナティブなニュースサイトの試みも、で継続しているようである。 沿革 [ ]• 2004年6月 - livedoorニュースがトラックバックに対応• 2004年8月 - 報道部門を設立し、livedoorニュースの機能拡張と独自のコンテンツ製作を目指した• 2004年9月 - ライブドアがを試みた• 2004年11月 - パブリック・ジャーナリストを募集• 2005年2月 - 「パブリックジャーナリスト宣言」を発し、を創刊した。 同月、ライブドアがを試みた• 2005年9月 - 第44回衆議院議員総選挙に堀江が立候補したが、livedoorニュースは中立を宣言• 2006年1月 - が発生したが、livedoorニュースは中立を宣言• 2007年1月 - 独自のコンテンツ製作を終了• 2007年4月 - に社名変更• 2008年11月 - で配信を開始• 2009年10月 - 提言型ニュースサイト「BLOGOS」を開設• 2009年11月 - アプリを公開• 2010年1月 - 男性向けニュースサイト「livedoor HOMME」を開設• 2010年4月 - スマートフォン用のページを作り 、アプリを公開• 2010年5月 - ライブドアがに買収され、 オタク向けニュースサイト「Anigema」を開設• 2011年1月 - PJニュースの配信を停止• 2011年2月 - 映画総合情報サイト「」を開設• 2011年4月 - 女性向け総合ニュースサイト「Peachy」を開設• 2011年11月 - 写真ギャラリーをリニューアル。 「社会」「エンタメ」「映画」カテゴリを追加し、写真サイズを拡大。 大規模なスポーツ専門フォトライブラリ の「フォート・キシモト」と提携した• 2012年2月 - ニュースに配信を開始• 2012年6月 - 一部ニュース記事にクリエイティブ・コモンズのCC-BY-NDを適用。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• DoubleClick Ad Planner、Unique visitors users 、日本• 2012年7月14日閲覧。 CNET Japan. 2012年6月8日. 2012年6月9日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年5月2日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月21日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月21日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月21日閲覧。 2012年4月21日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月21日閲覧。 2012年4月21日閲覧。 外部リンク [ ]• livedoornews -• livedoornews -• - チャンネル.

次の

ライブドアブログで、LINE砲やブログニュースに掲載される記事の傾向を分析してみた|No.2宣言の中の人|note

ライブドアニュース

概要 [ ] livedoorニュースは、、など「多くの情報提供元から配信される記事・写真を、まとめて閲覧できるサービス」である。 過去にはパブリック・ジャーナリスト()の記事も掲載していたが、現在は約400の配信元(2012年4月)からニュース提供を受け 、「BLOGOS」などので独自にコンテンツを収集し、を製作して掲載している。 ポータルサイトのトップページやlivedoorニュースに掲載するニュースは、一日に3000本を越えると言う。 この他に、やメールマガジンの「ドア日新聞」「ドアスポ」「ドアマガ」でも見出しを配信している。 ウェブサイトにはニュースのアクセスランキングや「ネットリサーチ」と呼ばれるアンケート作成機能 があり、記事によっては読者がコメントを書ける場合もある。 やと連携させる事も出来 、的なが組み込まれているようである。 一部のニュース記事にはのCC-BY-ND(表示-改変禁止)ライセンスが適用されている。 歴史 [ ] livedoorニュースは無料を運営するの頃から、存在したようである。 しかし本格的に始動したのは、二代目のライブドアになってからのようである。 2004年頃、率いるライブドアはメディア事業を中核に据える方針を打ち出して 、ポータルサイトの整備を進めた。 従来のlivedoorニュースは他社からニュース配信を受ける「二次プロバイダ」だったが、独自のニュースコンテンツの製作も行う「一次プロバイダ」 を目指すことにした。 ポータルサイト初の試みとして独自の報道部門を設立し、記者経験のあるデスクを7人、新人の記者を約30人、ウェブ管理者も含めて合計約40人を雇用した。 またの流れも取り入れて、有料研修を受けた「パブリック・ジャーナリスト」の記事を掲載することにした。 2005年、は「パブリックジャーナリスト宣言」を発表し、livedoorニュースへの配信を始めた。 2004年から2005年にかけてのライブドアはやを試み、「新規参入」や「想定外」でを受賞し、堀江がに出馬して注目を集めた。 当時のlivedoorニュースの報道内容は以下のようなものだった。 2005年の衆議院選挙では公職選挙法に抵触する報道を控えて、中立を宣言した。 2006年のでも「経営から、編集権の独立したニュース組織を持つメディアとして、今回の強制捜査についても、当社にとってのマイナス情報も含め、様々なニュースソースから、日々刻々と配信されてくる記事を掲載してまいります」と宣言した。 一方、PJニュースは堀江の単独インタビューを行い注目を集めた。 2006年頃のlivedoorニュースはトピックスに力を入れており、リアルタイムでページビュー測定して、見出しを書き換えたり、関連情報の追加に力を入れていた。 またファンキー通信やのような気軽な記事も製作していた。 2007年にlivedoorニュースは独自コンテンツの製作を終了し 、2011年にはPJニュースの配信も終了した。 一方でライブドアは2009年頃から複数のブログメディアを開設して独自にコンテンツを収集するようになり、やを傘下に持つのような「ブログ・パブリッシャー」を目指した。 オルタナティブなニュースサイトの試みも、で継続しているようである。 沿革 [ ]• 2004年6月 - livedoorニュースがトラックバックに対応• 2004年8月 - 報道部門を設立し、livedoorニュースの機能拡張と独自のコンテンツ製作を目指した• 2004年9月 - ライブドアがを試みた• 2004年11月 - パブリック・ジャーナリストを募集• 2005年2月 - 「パブリックジャーナリスト宣言」を発し、を創刊した。 同月、ライブドアがを試みた• 2005年9月 - 第44回衆議院議員総選挙に堀江が立候補したが、livedoorニュースは中立を宣言• 2006年1月 - が発生したが、livedoorニュースは中立を宣言• 2007年1月 - 独自のコンテンツ製作を終了• 2007年4月 - に社名変更• 2008年11月 - で配信を開始• 2009年10月 - 提言型ニュースサイト「BLOGOS」を開設• 2009年11月 - アプリを公開• 2010年1月 - 男性向けニュースサイト「livedoor HOMME」を開設• 2010年4月 - スマートフォン用のページを作り 、アプリを公開• 2010年5月 - ライブドアがに買収され、 オタク向けニュースサイト「Anigema」を開設• 2011年1月 - PJニュースの配信を停止• 2011年2月 - 映画総合情報サイト「」を開設• 2011年4月 - 女性向け総合ニュースサイト「Peachy」を開設• 2011年11月 - 写真ギャラリーをリニューアル。 「社会」「エンタメ」「映画」カテゴリを追加し、写真サイズを拡大。 大規模なスポーツ専門フォトライブラリ の「フォート・キシモト」と提携した• 2012年2月 - ニュースに配信を開始• 2012年6月 - 一部ニュース記事にクリエイティブ・コモンズのCC-BY-NDを適用。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• DoubleClick Ad Planner、Unique visitors users 、日本• 2012年7月14日閲覧。 CNET Japan. 2012年6月8日. 2012年6月9日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年5月2日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月21日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月21日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月21日閲覧。 2012年4月21日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月19日閲覧。 2012年4月21日閲覧。 2012年4月21日閲覧。 外部リンク [ ]• livedoornews -• livedoornews -• - チャンネル.

次の

ライブドアブログで、LINE砲やブログニュースに掲載される記事の傾向を分析してみた|No.2宣言の中の人|note

ライブドアニュース

主要サービス [ ] 現・テコラスが提供するサービス [ ]• ネットワーク・ホスティング関連• データホテル、(光ファイバ)、、、、livedoor プロバイダなど 現・LINEが提供するサービス [ ]• 2013年4月末で終了)、 2013年4月末で終了)、(「ぽすれん」として別会社に)、(別会社に)など• 、、、、、、 など• 、livedoor ムービー、livedoor カーライフなど• livedoor デイリー4コマ内においてとの共同運営による4コマウェブコミック「」を配信。 現在更新されているのは同誌とY-1グランプリーのみ。 過去には自社による4コマ作品の配信、との共同運営による4コマウェブコミック「まんがタイムWAVE(ウェーブ)」と、同じくとの共同運営による4コマウェブコミック「日刊漫画サーチフィールド」なども存在した。 (平成22年)からウェブ検索・画像検索・動画検索はを使用している。 livedoor 地図情報、livedoor 辞書、livedoor 翻訳、livedoor 路線案内、など• 生活情報• livedoor グルメなど• 、livedoor アバター、livedoor ピクス、livedoor パブリッシング、など• 一部有償サービス• livedoor レンタル掲示板など• livedoor ポイント、、(2014年12月1日にに運営譲渡し「Live Dwango Reader」に改称)、Fastladder、など• 個人用ツール• livedoor カレンダー、livedoor アドレス帳、livedoor チェッカー、• その他• 、、(いずれもすでにサービスを終えている)• livedoor ラボ EDGE• スパムちゃんぷるー、Quill、オープンソース版Fastladder、fixdap フィックスダップ 、Sledge、livedoor ダイエットなど 終了したサービス [ ]• (平成18年)7月をもってサービス打ち切り。 :livedoor 掲示板• (平成18年)に終了。 livedoor ミュージック• livedoor ブリーフケース• livedoor ビューティーライフ• livedoor 動画• (平成20年)に社との業務提携、満了にともない。 (平成19年)にソフトウェア配布終了。 (平成20年)に終了。 ブログ:• (平成21年)に終了。 「」「」などの作品がAnigemaに移管され、現在リダイレクトされるようになっている。 (令和2年)5月18日に終了。 吸収分割されたサービス [ ]• :livedoor 接続サービス• (平成19年)7月31日をもって、株式会社ライブドアでのサービス提供は終了。 同年8月1日より、からの営業譲渡前より回線サービスなどの運営代行を行ってきた株式会社にて継続して提供中。 登録ユーザは、を継続して利用することができる。 livedoor プロバイダ 個人向け固定プロバイダサービス とは別のサービスである。 他社へ譲渡されたサービス [ ]• (平成25年)より、LINE株式会社から株式会社へサービス譲渡され名称も変更。 統合されたサービス [ ]• アンケート作成サイト:livedoor リスログ• PC版のみ(平成21年)にのとして統合。 モバイル版は従来通りlivedoor リスログの名称で運営している。 関連会社 [ ]• メディア事業• 株式会社(求人情報提供サービス等)• 株式会社(の情報提供・検索連動型広告サービス) かつて存在した関連会社 [ ]• コマース事業• 株式会社(インターネットショップの運営、他) 脚注 [ ] [].

次の