トイレット ペーパー 騒動 デマ。 デマで買い占めに走る人が何とか拭いたい恐怖

トイレットペーパーデマ元を流した犯人特定!

トイレット ペーパー 騒動 デマ

2020年2月29日、東京都内某所のドラッグストアで見かけた光景。 新型コロナウイルス感染拡大のパニックにより、トイレットペーパーを求めて長蛇の列ができていた(東洋経済オンライン編集部撮影) ついに新型コロナウイルスの感染拡大に伴うデマがわたしたちの生活を直撃した。 「中国から原材料が輸入できなくなり、近いうちにトイレットペーパーがなくなる」 デマが急速に広がった。 まずインターネットや口コミで誤った情報をうのみにした多数の人々がトイレットペーパーの買いだめに走り、次にそれらの騒動がテレビなどによって盛んに報道されたことをきっかけに、今度はトイレットペーパーの不足が深刻化することを恐れた人々が殺到したのである。 デマとわかっていても血眼になって買い占め デマが原因と理解したうえ上で、デマに踊らされた人々から「自分の取り分」を守ろうと血眼になった。 虚偽の物資不足予測から現実の買い占めが誘発され、その買い占めに対抗する買い占めが誘発される不安の連鎖反応となった。 トイレットペーパーやティッシュペーパーだけでなく、地域によっては紙オムツやペットシーツまでもが売り切れ・品薄状態になっている。 また、カップラーメンやレトルト食品、お米などの食料品を買い占める現象までが起きており、新型コロナウイルスの流行に伴う社会不安がわかりやすい形で顕在化し始めたようだ。 「国民の劣化ぶり」や「情弱(情報弱者)ぶり」を嘆く声が聞かれるが、1973年に石油危機を背景にしたトイレットペーパーの買い占め騒動があり、近年も2011年の東日本大震災直後の放射能パニックや、2019年の台風19号の上陸前の被害予測を懸念した人々による物資の買いだめがあった。 筆者は、2月18日に東洋経済オンラインでという記事を執筆し、真偽不明の情報やデマの拡散について注意を促した。 しかし、いよいよ日常生活に支障を来すレベルに達したといえる。

次の

トイレットペーパー不足騒動のデマはなぜ起こった?原因はマスク?

トイレット ペーパー 騒動 デマ

そもそも石油ってどんなものなのでしょうか。 石油がエネルギー資源として活用され始めたのは150年ほど前のこと。 それまでエネルギー資源の中心は石炭でした。 石油の掘削法の発展にしたがい、石油はエネルギー資源の中心となり現在にいたるまでそれは続いています。 第一次世界大戦を契機に、船や飛行はもちろん自動車などの動力源として、さらにプラスチックや化学繊維の素材として、そして発電燃料として石油は欠かせない資源となったのです。 このように多くのエネルギー源をまかなっている石油はかつて大量に産出され価格も安価なものでした。 しかし石油の産出国は中東に集中しているのでその地域の経済情勢に価格が左右される一面があります。 昭和48年(1973年)にアラブ諸国とイスラエルの間に第4次中東戦争が勃発しました。 当時、石油の価格決定権を持っていたのはOPEC(石油輸出国機構)という石油産出国で作られた組織でした。 第4次中東戦争の影響でOPECによって原油価格が7割近く値上げされたり、敵国に味方する諸国への原油輸出が止められたりするという動きが起こり、石油不足と価格高騰が起こりました。 これが〈第1次石油危機〉です。 トイレットペーパー騒動が起きたのはこの時でした。 さらに昭和54年(1979年)には〈第2次石油危機〉がありました。 当時世界第2位の石油産出国だったイランで革命が起こり、原油産出の削減や輸出の調整を行ったため世界的な石油不足となったのです。 石油危機の歴史から学ぼう 〈第1次石油危機〉の時に起きたトイレットペーパー騒動は実際の紙不足によるものではありませんでした。 では、どうして日本中がパニックになるほどの騒動になってしまったのでしょうか。 騒動の最初は大阪での「トイレットペーパーがなくなる!」という噂からスーパーに大勢の人が押しかけたことによります。 さらにその様子がテレビなどで報道され日本中に買いだめ騒動があっという間に広がっていったのです。 平成23年(2011年)の東日本大震災の時にもトイレットペーパーや米、ミネラルウォーターなどの買いだめ騒動がありました。 われわれは生活に必要不可欠な物資が不足することに恐怖心を抱きます。 この恐怖心が買いだめ騒動を巻き起こす原因なのです。 昭和48年(1973年)のトイレットペーパー騒動は約2ヶ月で収束しました。 東日本大震災の際にも数ヶ月後には店に商品が並ぶようになり買いだめの動きも次第になくなっていきました。 こうした買いだめ騒動の歴史からわかるのは「火のない所にも煙は立つ」ということ。 噂に踊らされることなく情報を正確に取捨選択する必要があるのですね。 しかし「不足しているから物がない」のではなく「噂による買いだめのために物がない」という事態を起こしてしまったのは不正確な情報に踊らされてしまったからだということを忘れないでいたいものですね。 石油をめぐる今の状況を知っておけば、嘘の情報に惑わされることがなくなることでしょう。 2度の石油危機の打撃を受け日本の高度経済成長は終わりました。 そして日本だけでなく先進諸国は自国の経済があまりにも中東の石油資源に依存し過ぎていたことを痛感したのです。 自動車などの輸送機関や発電所、その他さまざまの産業が石油なしでは成り立たないのが現状です。 さらに問題として浮上してきたのが「石油はいつまで産出可能なのか」ということ。 「ピークオイル」という言葉をご存知でしょうか。 「ピークオイル」とは石油産出量が最大になる時点のこと。 「ピークオイル」を過ぎれば産出量は減ってゆくばかり、ということです。 石油は有限資源なのでいつかはなくなる日がくるというのは当然のことですね。 では石油はいつまで産出できるのでしょうか。 石油の可採年数という数値があります。 石油の採掘可能な年数を示すものですが日本の資源エネルギー庁によると「可採年数」はあと52. 5年とされています。 石油の可採年数は採掘技術の向上によって年々増加していく傾向があります。 しかし限りがあることには変わりないので、石油に頼っていたエネルギー源をほかのものに転換していくことが必要になってきています。 石油危機をきっかけに発電エネルギーも石油を使う火力だけでなく原子力や太陽光、風力を使うことが促進されてきています。 電気自動車はCO2を排出しないため地球温暖化にも効果があり、購入に際しては国や地方自治体から補助金が出されています。 まとめ.

次の

トイレットペーパーがないはデマ情報(フェイクニュース)?理由の発端は?

トイレット ペーパー 騒動 デマ

そんなデマを流した犯人は誰やねん!私達庶民をこんな混乱に巻き込んで。 花粉症の人は死にますよ!と叫びたいです。 ですが、こちらの発言についてはデマであるということが分かっているんですが。 コロナで品薄になる品予測を根拠付きでお伝えします。 次はトイレットペーパーとティッシュが品薄になります。 製造元が中国です。 生産元がティッシュペーパーやトイレットペーパーを生産をそもそもしていないのが根拠です。 品薄になる前に事前に購入しておいたほうが良いですね。 スポンサーリンク と投稿し、これを見た人たちが焦って購入を急ぎ品薄に至ったようです。 元々は熊本で発生していたようですが現在では全国各地で品薄が起こっています。 意味が分からない投稿をして現在はアカウントを消していますが犯人の顔が気になるところ。 しかし、ツイッター上での出来事でしたので顔写真の特定までは至りませんでした。 本日日本でトイレットペッパー 類が爆発的に売れましたので一時的に品切れになってますが普通に日本からトイレットペッパーがなくなる 事はないそうです。 デマを流してる方も悪いけど、 その情報をなんで鵜呑みにする人が多いの・・・ これでまた、増産したとしても転売屋が出てきての悪循環よ。 良かれと思って、中国生産だったら無くなるかもしれないね。 と軽く発言しただけなのか。

次の