条件 付き 書式 空白 以外。 条件付き書式を使って特定の文字が入っている行に色を付ける|クリエアナブキのちょこテク

空欄に条件付き書式が適用されないようにしたい

条件 付き 書式 空白 以外

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。 条件付き書式を使って、横方向に色を付ける方法です。 エクセルの表で、行に色を付けるのは、• タスクリストの完了したものをグレーアウト• QA票一覧の解決したものに色付け• 縦方向のスケジュールの土日に色付け• 金額や数字がある値より小さい行の色を変える こんな時かと思います。 私も以前はやり方がよく分からず、解説されている記事も説明がイマイチで困った経験がありました。 でも、分かってしまえばとてもシンプルで、ちょっと条件付き書式を設定をすれば出来ちゃいます。 今回も画像を使いながら説明していきたいと思います。 ちなみに条件付き書式で列全体に色を付ける方法は、こちらの記事をご覧ください。 スポンサーリンク 条件付き書式で、〇〇列の値を元に色を付ける方法 今回は、下図のようなToDoリストを例に説明します。 やりたいことは、条件付き書式を使ってD列が「完了」の場合にグレーアウトさせること。 まず、条件付き書式を適用させたい範囲を選択します。 次に、条件付き書式から、新しいルールを作ります。 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選んで、数式を設定します。 肝心の、数式の書き方を次に説明します。 ステータスのD列の値を元に、「完了」の場合色を付けたいので、数式は次のようになります。 もう「完了」の行に色が付きました!! やってみると、ホントに簡単なことが分かると思います。 今度は、「未着手」の行を「完了」に変更してみます。 変更したタイミングでグレーアウトしました。 条件付き書式を意図したとおり設定できていることを確認できました。 作った条件付き書式を修正する 作った書式を変更するなら、条件付き書式の中の「ルールの管理」から行います。 先ほど設定したルールが表示されました。 数式を編集したり、「書式」からセルの色を変えたり、やっぱり文字に色を付けるよう変更したりすることも出来ます。 行に色を付ける使用例 土日と祝日の行に色を付ける 先日の記事では、土日の列に色を付けました。 今回は、列ではなく行に色を付けます。 10月は祝日が含まれるので、祝日一覧を使って、「祝日の一覧に含まれる日付なら色を付ける」という設定をします。

次の

条件付き書式でテキストボックスの空白を返す式

条件 付き 書式 空白 以外

結論だけ欲しかった人はここまで読めば十分です。 数式の書き方について 文字列一致を調べる場合は、こんな感じで書いていく。 「C3」の部分は、設定範囲内の任意のセル1つのセル番号。 色付けしたい範囲を選択する マウスドラッグで選択。 条件付き書式を選択する ホームタブにある「条件付き書式」のボタンをクリックする。 プルダウンで色々出てくるが、その中から「新しいルール」を選択する。 すると、以下の様なウィンドウが開くので、「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択する。 テキストボックス内に以下を入力する。 「C3」の部分は、選択範囲内に含まれるセル番号をどれか1つ書けばいい。 あとはエクセル側がうまく処理してくれる。 範囲内で一番左上のやつを書いてあげるのが無難かもしれない。

次の

空白以外の条件付き書式を簡単に:Excel(エクセル)の使い方

条件 付き 書式 空白 以外

適応したいセル範囲を選択• 右クリックでメニューを開く > 「条件付き書式」を選択• この場合、表示形式のショートカットキーを使うと素早く操作可能です。 適応するセル範囲に応じて、参照セルは変更下さい。 文章だけだと分かりづらいかと思いますので、以下に図説します。 <図1> <図2> <図3> 条件付き書式の書式設定「空白ではないセル」を使用して空白以外のセルに背景色を設定する方法は、以上となります。 条件付き書式の書式設定「カスタム数式」を使用する方法 上述の通り、スプレッドシートではデフォルトで「空白ではないセル」という条件が用意されているため、わざわざカスタム数式を設定する必要はありません。 ただ、これも一つの方法ではあるので、一応、紹介します。 手順は以下となります。 適応したいセル範囲を選択• 右クリックでメニューを開く > 「条件付き書式」を選択• この場合、表示形式のショートカットキーを使うと素早く操作可能です。 適応するセル範囲に応じて、参照セルは変更下さい。 文章だけでは分かりづらいかと思いますので、以下に図説します。 <図1> <図2> <図3> <図4> 数式の解説ですが、次の通りです。 適応したいセル範囲である A1:A10 の最初のセルはA1セルです。 数式で指定しているのはA1セルだけですが、適応セル範囲は A1:A10 のため、A1〜A10 は相対参照として適応され、結果的にA1〜A10まで条件が適応されます。 <図5> 条件付き書式の書式設定「カスタム数式」を使用する方法は、以上となります。

次の