菅田 将 暉 紅白 曲。 菅田将暉、主演作の劇中グループでCDデビュー GReeeeNの楽曲をカバー

菅田将暉、友人の誕生日会でイライラ… さらに自宅マンションの廊下で転倒

菅田 将 暉 紅白 曲

概要 [ ] 菅田と同事務所に所属する主演の関西テレビ制作・フジテレビ系 「」の主題歌。 作詞、作曲、プロデュースはが務めた。 菅田・米津両名が出演した2019年4月22日放送の「」にて初フルサイズオンエアされた。 5月20日豊洲PITにて行われたイベント「パーフェクトワールド SPECIAL NIGHT」にて初披露。 この楽曲で菅田は歌手として『』に初出場した。 当初の予定より半年以上かかったと言い、2018年11月に行われた菅田のライブ時にMCで『米津玄師が「俺はまだ菅田将暉に歌わせたい曲がある」と言っている(が、菅田将暉のことを考え過ぎて3ヶ月間で1曲も作れなかった!笑)』というエピソードを披露していた。 また米津も公式サイトの2018年12月のブログで「スランプ」というタイトルで投稿した記事がこの曲の制作でのことで「菅田将暉に歌わせるなら気の抜けた曲を作れない」と肩肘を張ってしまった事を認めつつ、最終的には「素晴らしいものになったと思う」語っている。 作曲にあたっては「菅田じゃないと歌えない曲じゃないと意味がない」という考えから 、菅田のボーカルにフォーカスをあてた曲であり、間違いだらけの人生を肯定した前向きなものとなっている。 ミュージック・ビデオ [ ] 2019年6月4日に公開。 監督は。 歌詞を活かすためのシンプルなつくりのMV。 ピアノを演奏しているのは編曲も担当した。 菅田は「生きていくなかでいろいろなものを探していく日々の美しさと孤独の部分が表現されていて、綺麗で美しい作品になりました」、監督の林も「彼を思い作り上げたこの曲と、彼への想いもこめて歌い上げたこの心地の良い関係性から生まれる音楽。 そこには優しくて、力強い映像が映し出されると良いのではと考えました」とコメントしている。 2020年2月22日、再生回数が1億回を達成。 収録曲と規格 [ ] タイトル 作詞・作曲 編曲 時間 1. 「まちがいさがし」 米津玄師 米津玄師、 3:41 カバー [ ] アーティスト 収録先 発売日 備考 アルバム『』 2020年8月5日 本楽曲の作詞作曲を手掛けた米津玄師によるセルフカバーバージョン。 チャート成績 [ ]• iTunesなど各配信サイトにてデイリーチャート1位を獲得し、32冠を達成。 ウィークリーチャートと併せて50冠を達成した。 2019年5月27日付のオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは初動99,164ダウンロードを売り上げ、週間1位にランクインした。 2019年5月27日付のオリコン週間合算シングルランキングでは初動39,666ptを記録し、週間2位にランクインした。 2019年6月3日付のオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは65,335ダウンロードを売り上げ、2週連続1位にランクインした。 2019年6月3日付のオリコン週間合算シングルランキングでは26,134ptを記録し、2週連続2位にランクインした。 2019年6月10日付のオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは40,717ダウンロードを売り上げ、3週連続1位にランクインした。 レコチョク上半期ランキング2019「レコチョクランキング(シングル)」部門で3位を記録。 2019年7月15日付のオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは2万ダウンロードを売り上げ、5週ぶりに1位に返り咲いた。 返り咲き一位は自身初。 YouTubeチャート「週間楽曲ランキング」にて4週連続1位を獲得。 2019年5月27日付・6月3日付・7月8日付・7月15日付のBillboard JAPAN HOT BUZZ SONGで1位を獲得。 脚注 [ ].

次の

カラスは真っ白の【解散理由】と菅田将暉との関係を振り返ります!

菅田 将 暉 紅白 曲

紅白出場決定か?? そしてこれだけ有名になったら当たり前? 俳優で歌手の菅田将暉(26)が、大みそかの第70回「NHK紅白歌合戦」(後7・15)への初出場が内定したことが14日、分かった。 令和初、東京五輪前、節目の70回という記念回に、白組最大の目玉として満を持して登場する。 同局の紅白番組制作チームは今夏、昨年の高視聴率に大きく貢献したチーフプロデューサーと総合演出が留任して発足。 8月から番組作りの準備を進め、すぐに菅田を今年の目玉として挙げた。 関係者によると実は昨年もオファーをしており、念願がかなった格好だ。 同局関係者は「ミュージシャンとしては10~20代の支持が厚くて、中高年には俳優としての知名度が抜群。 (auの)人気CMシリーズでもおなじみで、お茶の間に浸透している」と説明。 同6月に「見たこともない景色」でソロ歌手デビュー。 昨年の紅白に初出場し、今最も若者への影響力を誇る米津玄師(28)に「一瞬で人の心に届く力を持った声」と4月のラジオ番組で絶賛されるなど、歌手としても高く評価されている。 実績も十分だ。 特に若者の間で主流になっているサービス「音楽ストリーミング配信」で人気。 昨年1月リリースの「さよならエレジー」は、ストリーミング最大手「LINE MUSIC」で昨年の年間ランキング1位を記録した。 今年も「まちがいさがし」(5月)が配信チャートで50冠を達成、アルバム「LOVE」(7月)は売り上げが10万枚を突破した。 8~9月の全国ツアーは計1万1000人の動員に対し、倍率18倍以上の約20万人の応募が殺到した。 俳優としては映画賞やドラマ賞の常連で、誰もが認める存在。 歌手としても申し分ない実績を積み重ね、音楽界最大の晴れ舞台に挑む。 俳優デビューは02年だが、16年にauのCM曲「海の声」で初出場を果たした。 反町隆史(45)は俳優デビュー3年後の97年、フジテレビの主演ドラマ「ビーチボーイズ」の主題歌で歌手デビュー曲「Forever」で同年の紅白に初出場した。 sponichi. html.

次の

菅田将暉/人気曲ランキングTOP10!最新2019年おすすめの必聴曲は?

菅田 将 暉 紅白 曲

概要 [ ] 菅田と同事務所に所属する主演の関西テレビ制作・フジテレビ系 「」の主題歌。 作詞、作曲、プロデュースはが務めた。 菅田・米津両名が出演した2019年4月22日放送の「」にて初フルサイズオンエアされた。 5月20日豊洲PITにて行われたイベント「パーフェクトワールド SPECIAL NIGHT」にて初披露。 この楽曲で菅田は歌手として『』に初出場した。 当初の予定より半年以上かかったと言い、2018年11月に行われた菅田のライブ時にMCで『米津玄師が「俺はまだ菅田将暉に歌わせたい曲がある」と言っている(が、菅田将暉のことを考え過ぎて3ヶ月間で1曲も作れなかった!笑)』というエピソードを披露していた。 また米津も公式サイトの2018年12月のブログで「スランプ」というタイトルで投稿した記事がこの曲の制作でのことで「菅田将暉に歌わせるなら気の抜けた曲を作れない」と肩肘を張ってしまった事を認めつつ、最終的には「素晴らしいものになったと思う」語っている。 作曲にあたっては「菅田じゃないと歌えない曲じゃないと意味がない」という考えから 、菅田のボーカルにフォーカスをあてた曲であり、間違いだらけの人生を肯定した前向きなものとなっている。 ミュージック・ビデオ [ ] 2019年6月4日に公開。 監督は。 歌詞を活かすためのシンプルなつくりのMV。 ピアノを演奏しているのは編曲も担当した。 菅田は「生きていくなかでいろいろなものを探していく日々の美しさと孤独の部分が表現されていて、綺麗で美しい作品になりました」、監督の林も「彼を思い作り上げたこの曲と、彼への想いもこめて歌い上げたこの心地の良い関係性から生まれる音楽。 そこには優しくて、力強い映像が映し出されると良いのではと考えました」とコメントしている。 2020年2月22日、再生回数が1億回を達成。 収録曲と規格 [ ] タイトル 作詞・作曲 編曲 時間 1. 「まちがいさがし」 米津玄師 米津玄師、 3:41 カバー [ ] アーティスト 収録先 発売日 備考 アルバム『』 2020年8月5日 本楽曲の作詞作曲を手掛けた米津玄師によるセルフカバーバージョン。 チャート成績 [ ]• iTunesなど各配信サイトにてデイリーチャート1位を獲得し、32冠を達成。 ウィークリーチャートと併せて50冠を達成した。 2019年5月27日付のオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは初動99,164ダウンロードを売り上げ、週間1位にランクインした。 2019年5月27日付のオリコン週間合算シングルランキングでは初動39,666ptを記録し、週間2位にランクインした。 2019年6月3日付のオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは65,335ダウンロードを売り上げ、2週連続1位にランクインした。 2019年6月3日付のオリコン週間合算シングルランキングでは26,134ptを記録し、2週連続2位にランクインした。 2019年6月10日付のオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは40,717ダウンロードを売り上げ、3週連続1位にランクインした。 レコチョク上半期ランキング2019「レコチョクランキング(シングル)」部門で3位を記録。 2019年7月15日付のオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは2万ダウンロードを売り上げ、5週ぶりに1位に返り咲いた。 返り咲き一位は自身初。 YouTubeチャート「週間楽曲ランキング」にて4週連続1位を獲得。 2019年5月27日付・6月3日付・7月8日付・7月15日付のBillboard JAPAN HOT BUZZ SONGで1位を獲得。 脚注 [ ].

次の