ワンピース 声優 2ch。 ONE PIECE

【ワンピース最新話985話ネタバレ確定速報】カイドウが明らかにする新鬼ヶ島計画の全容は?|ワンピースネタバレ漫画考察

ワンピース 声優 2ch

この項目では、尾田栄一郎の漫画について説明しています。 アニメ版については「」を、その他の「ワンピース」については「」をご覧ください。 『』()にて34号より連載中。 略称は「 ワンピ」。 概要 海賊王を夢見る少年 をとする、「 ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る。 夢への冒険・仲間たちとの友情といったテーマを前面に掲げ、バトルやギャグシーン、感動エピソードをメインとする少年漫画の王道を行く物語として人気を博している。 また、長年にわたりながら深く練り込まれた壮大な世界観・巧緻な設定のストーリーも特徴。 4月の時点で単行本は第96巻まで刊行されており、『』歴代作品の中では『』( - )に次ぐ長期連載となっている。 国内累計発行部数は単行本第95巻刊行時点で、日本の漫画では最高となる3億9000万部を突破している。 また、第67巻は初版発行部数405万部 、第66巻は初週売上227万5000部 の国内出版史上最高記録を樹立し、第57巻(2010年3月発売)以降の単行本は初版300万部以上を10年以上続けている など、出版の国内最高記録をいくつも保持している。 2015年6月15日、「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてに認定された。 本作とともに長年ジャンプの看板作品であった『』同様、海外での人気も高い。 海外では翻訳版が42以上の国と地域で販売されており 、海外でのコミックス累計発行部数は2020年4月時点で8000万部を突破。 全世界累計発行部数は2020年4月の時点で4億7000万部を突破している。 よりが系列で放送されており、製作のアニメ作品としては最長のロングラン作品になっている(詳細は を参照)。 1996年、『』と『週刊少年ジャンプ』1996年41号に、本作の原型となる読み切り作品『 』が掲載。 1997年• 、『週刊少年ジャンプ』1997年34号(8月4日号)より連載開始。 12月、単行本第1巻が刊行。 1998年、『』にて初のアニメ作品『』が上映。 1999年10月、が放送開始。 2000年• 3月、劇場版第1作『』が公開。 7月、初の家庭用ゲーム『ONE PIECE 〜めざせ海賊王! 〜』が発売。 2001年7月、初のイラスト集『ONE PIECE 尾田栄一郎画集 COLOR WALK』が発売。 2002年7月、単行本第24巻が初版発行部数コミック最高記録となる 初版252万部を記録(以後更新中)。 2005年2月、単行本国内累計発行部数が史上最速で 1億冊を突破(第36巻)。 2006年12月、『週刊少年ジャンプ』2007年4・5合併号にの『』とのクロスオーバー作品『 』が掲載。 2007年、連載10周年。 で『ワンピース・プレミアショー』が初開催。 2009年12月、劇場版第10作『』が公開。 劇場版シリーズ歴代最高(当時)の興行収入48億円を記録。 2010年• 3月、単行本第57巻が初版発行部数国内出版史上最高記録となる 初版300万部を記録(以後更新中)。 8月、『週刊少年ジャンプ』2010年39号掲載の第597話で原作第1部が終幕し、これまでの物語に「 サバイバルの海 超新星(ルーキー)編」の副題が付けられた。 その後、4週の休載期間を挟み44号(10月4日発売)より新章「 最後の海 新世界編」がスタート。 11月、単行本国内累計発行部数が 2億冊を突破(第60巻)。 2011年• 4月、『週刊少年ジャンプ』2011年17号にの『』とのクロスオーバー作品『 』が掲載。 12月、『』2012年1月号よりスピンオフ漫画『 』が連載開始。 2012年• 9月、に公式グッズショップ『ONE PIECE 麦わらストア』がオープン。 12月、劇場版第12作『』が公開。 劇場版シリーズ歴代最高の興行収入68. 7億円を記録。 2013年• 6月、に『ワンピースレストラン バラティエ』がオープン。 11月、作者公認ポータルサイト『ONE PIECE. com』がオープン。 11月、単行本国内累計発行部数が 3億冊を突破(第72巻)。 2014年12月、『最強ジャンプ』2015年1月号よりスピンオフ漫画『 ワンピースパーティー』が連載開始。 2015年• 3月、「フットタウン」内に大型テーマパーク『』がオープン。 6月15日、「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてに認定。 10月、「 」の公演が開幕。 2016年• 7月、劇場版第13作『』が公開。 10月、「スーパー歌舞伎II ワンピース」が公開。 11月、による被害を支援する『ONE PIECE 熊本復興プロジェクト』を実施。 2017年7月、連載20周年を記念し、連載開始日の7月22日を「 ONE PIECEの日」に制定。 2018年• 6月、『最強ジャンプ』2018年7月号よりスピンオフ漫画『 CHIN PIECE』が連載開始。 2019年8月、劇場版第14作『』が公開。 あらすじ 「」も参照 サバイバルの海 超新星編 【1巻第1話 - 61巻第597話】 かつてこの世の全てを手に入れた男、〝海賊王〟。 彼が遺した「」をめぐり、幾多の達が覇権を賭けて争う「大海賊時代」が到来した。 「」のフーシャ村に住む少年 は、村に滞在していた海賊〝〟と親しくなり、海賊への憧れを募らせる。 ある日ルフィは「ゴムゴムの実」というを食べ、一生泳げない体になる代わりに、全身が伸び縮みするゴム人間となった。 それからしばらくして、ルフィはシャンクスを貶める山賊たちから怒りを買い、海に投げ込まれてしまう。 溺れかけ、巨大魚に食われそうになったルフィを、シャンクスは片腕を犠牲にして助け出した。 ルフィは、村を去る間際のシャンクスからトレードマークの麦わら帽子を託され、将来立派な海賊になって再会することを約束する。 東の海編 【1巻 - 12巻】 冒険の始まり(1巻) シャンクスとの別れから10年後、修行を重ね17歳になったルフィは、海賊王を目指してフーシャ村を旅立つ。 旅立ち直後にいきなり遭難したルフィは、海軍に入ることを夢見る少年と出会う。 ルフィは女海賊を倒し、コビーを海賊船の雑用係から解き放つ。 ルフィとコビーは基地の町「シェルズタウン」に到着する。 「海賊狩り」の異名を持つ悪名高い賞金稼ぎ が海軍に捕らえられていることを知ったルフィは、海軍基地に乗り込み、ゾロを救い出す。 三刀流の剣士ゾロは、圧政を振るう海軍大佐モーガンをルフィと共に倒し、ルフィの最初の仲間となる。 二人はコビーと別れ、世界中の海賊が集まる海「」を目指す。 オレンジの町編(1巻 - 3巻) ゾロを仲間に加えたルフィは、次に訪れた「オレンジの町」で、海賊専門の泥棒 と出会う。 ナミが優れた航海術を持つと知り、ルフィは彼女を仲間に誘う。 ナミは海賊になることを拒絶するが、二人は互いの目的のために手を組むことになる。 ルフィとゾロは、町を荒らす海賊〝〟から「偉大なる航路」の海図を奪うため、バギー海賊団に戦いを挑む。 ルフィは、バラバラの実の能力者であるバギー相手に勝利を収め、町を後にする。 シロップ村編(3巻 - 5巻) 船を求め立ち寄った「シロップ村」で、ルフィはウソつきの少年 と出会う。 ウソップは、シャンクスの部下ヤソップの息子であった。 ルフィ達は村の富豪の娘カヤの屋敷を訪れるが、執事クラハドールに追い返される。 しかしルフィとウソップはしばらくして、クラハドールがかつて処刑されたはずの海賊〝〟であることを知ってしまう。 クロは自分の海賊団に村を襲わせ、カヤを殺して財産を手に入れようと企んでいた。 ルフィ達はウソップと共にクロネコ海賊団を迎え撃ち、クロの計画を阻止する。 ルフィ達は、新たに狙撃手ウソップを仲間に加え、さらにカヤから海賊船「」を譲り受ける。 バラティエ編(5巻 - 8巻) 航海に欠かせない海のコックを仲間に加えるため、ルフィ達は海上レストラン「バラティエ」に向かう。 そこで副料理長にして凄腕の料理人・ と出会い、ルフィは彼を仲間に引きこむことを決意する。 その時、東の海の覇者と言われる海賊艦隊提督〝〟が現われ、バラティエの乗っ取りを宣言する。 さらに、ゾロが目標とする世界最強の剣士〝〟が現れる。 ゾロはミホークに戦いを挑むが、全く歯が立たずに敗れ去ってしまう。 ミホークが去った後もクリーク海賊団との戦いは続く。 ルフィは数々の兵器を繰り出すクリークとの激闘を制し、新たに料理人サンジを仲間に加える。 アーロンパーク編(8巻 - 11巻) ルフィ達は、クリーク海賊団との戦闘の最中行方をくらましたナミを追い、コノミ諸島「ココヤシ村」に上陸する。 そこは、魚人の海賊が支配する土地であった。 さらに、ナミがアーロン一味の幹部であるという事実が判明するが、その裏にはナミの悲壮な決意があった。 ナミの想いを知ったルフィ達は、ナミを救うため、アーロン一味の根城「アーロンパーク」に殴り込む。 ルフィはアーロンと激戦を繰り広げ、怒りの一撃でアーロンパークもろとも彼を倒す。 島はアーロン一味の支配から解放され、航海士ナミが正式に仲間に加わった。 ローグタウン編(11巻 - 12巻) 東の海の大物海賊達を次々に打ち破ったルフィの情報は海軍にも伝わり、ルフィには東の海最高となる3000万ベリーの懸賞金が懸けられる。 「偉大なる航路」入りを目前に控えたルフィ達「麦わらの一味」は、かつて海賊王ロジャーが処刑された町「ローグタウン」に立ち寄る。 そこでは、ルフィへの復讐を狙うバギー、そして悪魔の実を食べ生まれ変わったアルビダが待ち構えていた。 ルフィは海賊王の処刑台でバギーに処刑されそうになるが、奇跡のような落雷に救われる。 ルフィ達は町を治める海軍大佐を振り切り、いよいよ「偉大なる航路」に進出すべく、「リヴァース・マウンテン」を駆け登る。 アラバスタ編 【12巻 - 23巻】 偉大なる航路突入(12巻 - 13巻) 麦わらの一味はついに「偉大なる航路」に突入する。 リヴァース・マウンテンを降りた場所にある「双子岬」で、仲間の帰還を待ち続けるクジラ・と出会う。 ルフィはラブーンと、「偉大なる航路」一周後に再戦する約束を交わす。 ルフィ達は、最初の島「サボテン島」の町「ウイスキーピーク」で大歓迎を受ける。 だがその町は、秘密犯罪会社「」(B・W)の社員である賞金稼ぎ達の巣であった。 そこで一味は、B・Wエージェントの一人の正体が、「偉大なる航路」にある大国「」の王女であると知る。 B・Wに潜入していた彼女から、ルフィ達はB・Wによるアラバスタ王国乗っ取り計画を知る。 ビビを一行に加えた麦わらの一味は、B・Wからの追手を振り切りつつ、計画を阻止すべく一路アラバスタを目指す。 リトルガーデン編(13巻 - 15巻) ウイスキーピークを出港したルフィ達は、ジャングルの中で恐竜達が生きる太古の島「リトルガーデン」に上陸する。 ルフィ達はその島で、巨人族の二人の戦士・ドリーとブロギーに出会う。 彼らは「誇り」を守るため、100年間も決闘を続けてきたという。 だがその決闘が、B・Wからの追手による卑劣な策略で邪魔される。 ルフィ達はB・Wエージェントにして姑息な美術家・Mr. 3らを破り、巨人族の誇りを守る。 ドラム島編(15巻 - 17巻) リトルガーデン出港後、ナミが急病に倒れてしまう。 急遽進路を変更し、雪の島「ドラム島」に立ち寄った麦わらの一味は、悪魔の実を食べ人の能力を持ったトナカイ、 と出会う。 ルフィはチョッパーを仲間に誘うが、彼には悲しき過去があった。 そこへ、かつて島で悪政を敷いた元ドラム王国国王ワポルが帰還する。 ルフィ達はチョッパーと共闘してワポルを撃退し、船医チョッパーを仲間に迎える。 アラバスタ編(17巻 - 23巻) ついにアラバスタに辿り着いたルフィ達は、B・Wの扇動によって間近に迫った大反乱を防ぐため奔走する。 反乱軍を説得するため反乱軍の本拠地がある町ユバに向かうが、すでに反乱軍は本拠地を移していた。 ルフィの提案で反乱軍の制止ではなく、アラバスタの反乱を煽りたてた張本人であるB・W社社長にしての一角がいるレインベースに乗り込む。 しかし、クロコダイルが発動した「ユートピア作戦」によりアラバスタ国民の暴動はさらに加速してしまう。 ルフィはクロコダイルに挑むが、彼の圧倒的な力の前に敗れてしまう。 首都アルバーナにて国王軍と反乱軍が衝突する最中、ゾロ達はオフィサーエージェントを撃破。 そして、復活を遂げたルフィがアルバーナに到着し、動乱を止めるべく再びクロコダイルに挑む。 激闘の末、B・Wの陰謀を阻止したルフィたちは、ビビと別れアラバスタを出発する。 空島編 【24巻 - 32巻】 ジャヤ編(24巻 - 25巻) アラバスタを後にしたルフィ達は、B・W社副社長だった考古学者 を仲間に加える。 次の島に向かう航海中、突如空から巨大なガレオン船が落下し、「」の指す進路が上向きに変更される。 それは伝説とされる空に浮かぶ島「」への指針を意味していた。 ルフィ達は、空島の情報を得るため、海賊が跋扈する無法地帯がある島「ジャヤ」に上陸する。 ジャヤで出会ったら「猿山連合軍」の助けで、空島へと舵を進める。 空島編(26巻 - 32巻) ルフィ達は上空1万mにある空島に辿り着く。 そこには今まで全く見たことがない未知の文化が広がっていた。 ルフィ達は、神の国「スカイピア」で上陸した「神の島(アッパーヤード)」が、かつて地上に存在した伝説の黄金郷であることをつきとめる。 しかし、そこは神の軍団を率いる〝〟が支配する土地であり、空の民と島の先住民シャンディアが400年に渡り争い続けている土地であった。 黄金捜しに乗り出したルフィ達は、神の軍団とシャンディアとの過酷なサバイバルに巻き込まれる。 エネルの圧倒的な力に多くの戦士たちが倒れていき、エネルによって空島は消滅の危機に陥る。 だが、唯一エネルに対抗できるルフィによって空島の危機は防がれ、400年に渡る空の民とシャンディアの争いに終止符が打たれた。 ウォーターセブン編 【32巻 - 46巻】 ロングリングロングランド編(32巻 - 34巻) 空島から帰還したルフィ達は、ロングリングロングランドで、から仲間をかけた海賊のゲーム「デービーバックファイト」を挑まれる。 度重なる妨害に遭い、一時チョッパーを奪われるも、との直接対決を制し勝利を収めた。 その直後、海軍本部大将〝〟が現れ、世界政府最高戦力の実力を見せつけられた。 ウォーターセブン編(34巻 - 39巻) 麦わらの一味は、損傷が激しいゴーイングメリー号を修繕し、さらに船大工を仲間に加えるため、世界一の造船都市「」を訪れる。 だがそこで、造船会社ガレーラカンパニーから、メリー号が航海不能状態であるという衝撃的な宣告を突き付けられてしまう。 ルフィはメリー号から別の船に乗り換える決断を下すが、ウソップが反発し、ルフィとの決闘の末一味を離脱する。 さらに、ロビンが一味脱退を宣言する。 ロビンの宣言の真相を知るべく、ルフィ達はガレーラカンパニー本社に乗り込む。 しかし、政府のに阻まれ、ロビンは連行されてしまう。 ルフィ達はロビンを奪還するため、ガレーラカンパニー社員・フランキー一家らと協力し、司法の島「エニエス・ロビー」に乗り込む。 その中には、仮面を被り謎のヒーロー「そげキング」と名乗るウソップの姿もあった。 エニエス・ロビー編(39巻 - 46巻) ロビンの真意は、「世界政府の強大すぎる力が仲間に向けられるのが怖い」というものだった。 彼女の想いを聞いたルフィは世界政府に宣戦布告し、一味はCP9との全面対決に挑む。 CP9最強の男らとの激戦の末、ロビン奪還に成功した一味は、「バスターコール」による海軍の猛攻が迫る窮地の最中、戦場に現れたメリー号の助けもあり、エニエス・ロビーからの脱出に成功する。 しかし、ついにメリー号が限界に達してしまう。 ルフィ達はメリー号をし、東の海から航海を共にしたメリー号に別れを告げた。 ウォーターセブン帰還後、新たに船大工 を仲間に加え、さらにウソップも一味に復帰する。 そして、メリー号に代わる新たな海賊船「」を手に入れ、次の島「魚人島」へ向け出港する。 スリラーバーク編 【46巻 - 50巻】 魚人島を目指す麦わらの一味は、深い霧の海域「魔の三角地帯(フロリアン・トライアングル)」に入り、謎の喋るガイコツ・ と出会う。 その時、目の前に突如ゴースト島と呼ばれる巨大船「」が出現する。 早速スリラーバークに上陸し探索に乗りだすルフィ達だが、船の主にして七武海の一人の能力で影を奪い取られ、さらにナミも誘拐されてしまう。 ルフィ達は、影とナミを奪還すべく、スリラーバーク四怪人に挑む。 モリア撃破後、七武海が現われルフィ達は全滅寸前に陥るが、ゾロの命懸けの交渉により難を逃れた。 戦闘終結後、音楽家ブルックを仲間に加える。 頂上戦争編 【50巻 - 61巻】 シャボンディ諸島編(50巻 - 53巻) 「偉大なる航路」を半周した麦わらの一味は、「シャボンディ諸島」にたどり着く。 元ロジャー海賊団副船長や、別々のルートでシャボンディ諸島までやってきた同世代のライバル達とも顔を合わせる。 しかしそこで、ルフィが世界貴族を殴り飛ばす事件を起こし、海軍の追撃を受ける。 島には海軍大将〝〟や人間兵器パシフィスタが現れ、ルフィ達は窮地に追いやられる。 その最中、再び現れたバーソロミュー・くまの能力で、一味は全員世界各地に離散してしまう。 女ヶ島編(53巻 - 54巻) ルフィが飛ばされたのは、「凪の帯」にある女ヶ島「アマゾン・リリー」。 そこは、七武海の紅一点が治める、男子禁制の女人国であった。 一時は処刑されそうになるが、器の大きさを見せつけたルフィは、ハンコックに恋心を抱かれるようになる。 そこで、ルフィは兄がマリンフォードの海軍本部で公開処刑されることを知る。 ルフィは兄を救い出すため、彼が幽閉されている大監獄「」に行くことを決意する。 インペルダウン編(54巻 - 56巻) ルフィはハンコックの助力を得て、深海の大監獄・インペルダウンに潜入する。 獄内でかつて敵対したバギーやMr. 3、Mr. 2と再会し脱獄のため共闘。 途中で監獄署長の毒に冒され息絶えかけたところを、革命軍幹部に救われ、その協力を受ける。 ルフィ一行はエースがいるフロアを目指すが、一足遅くエースは処刑場に連行されてしまう。 エースを救うべくマリンフォードへ向かうことを決意したルフィは、さらに七武海や元七武海クロコダイルと共闘し、インペルダウンからの脱獄を図る。 多くの犠牲を払いつつも脱獄に成功する。 マリンフォード編(56巻 - 61巻) エースを奪還すべく、世界最強の海賊〝〟がマリンフォードに現れる。 白ひげ海賊艦隊と、海軍本部・王下七武海との全面戦争が勃発した。 脱獄囚と共に戦場にたどり着いたルフィは、世界を揺るがす戦いの中でエースの救出に挑む。 頂上戦争で白ひげが戦死したことで、世界各地は大きく揺れ動いた。 一方、目の前でエースを失い、自暴自棄に陥ったルフィは幼少時代を思い出す。 エースともう一人の兄・と過ごした、ルフィの過去が明らかになる。 ルフィはジンベエの叱咤を受けて落ち着きを取り戻し、仲間たちとの再会を目指す。 だが自らの弱さを知ったルフィは、レイリーの提案に乗り、立ち止まって力をつけることを決意する。 ルフィは世界中に飛ばされた仲間に向けて「2年後にシャボンディ諸島へ集合」というメッセージを送る。 そのメッセージを受け取った麦わらの一味のメンバーは、それぞれの地で修行を始める。 最後の海 新世界編 【61巻第598話 - 】 「マリンフォード頂上戦争」から2年の月日が流れた。 各々の島で修行を終え成長したルフィたちは、シャボンディ諸島に集結し、最後の海「」を目指し再出発する。 魚人島編 【61巻 - 66巻】 深海1万メートルにある海底の楽園「」に到着した麦わらの一味は、島を治める「リュウグウ王国」の国王の招待を受ける。 王宮でルフィが出会った王女・は、彼女を付け狙う海賊から身を守るため、軟禁状態に置かれていた。 一方、率いる「新魚人海賊団」が、デッケンの一味と手を組み、リュウグウ王国崩壊を目論み動き出す。 新魚人海賊団は、かつてルフィが倒した魚人の海賊アーロンの意志を継ぎ、人間たちへの復讐を企てていた。 ホーディは、魚人島の新たな王となり、人間との友好を望む者を排除するため王国の乗っ取りを宣言する。 ルフィは頂上戦争で共に戦った元七武海ジンベエと再会し、魚人島に長年根付く差別の歴史を知らされる。 そしてジンベエからの頼みを受け、魚人島の危機を救うべく新魚人海賊団と対決。 魚人島の危機を救ったルフィたちは魚人島を出港し、ついに「偉大なる航路」後半の海「新世界」に突入する。 パンクハザード編 【66巻 - 70巻】 ルフィたちが新世界で最初に上陸したのは、灼熱の地と極寒の地に分断された異常な島「」。 そこでルフィは、頂上戦争で命を救われた恩人であると再会する。 ルフィは、新たに七武海の一人となっていたローと同盟を結び、四皇〝〟を倒すための作戦を開始する。 ローの策に従いルフィたちは、パンクハザードを根城にする元政府の科学者の誘拐に乗り出す。 シーザーと手を組む王下七武海は、「SMILE」を製造し、闇の仲買人としてカイドウと取り引きを行なっていた。 スモーカー率いる海軍G-5と一時共闘することになったルフィたちに、シーザーが生み出した大量殺戮兵器「」と、ドフラミンゴが送り込んだ刺客の魔の手が迫る。 シーザーを捕らえることに成功したルフィとローたちは、カイドウの戦力低下を狙い、「SMILE」の製造工場を破壊するため、ドフラミンゴが治める王国「ドレスローザ」へ向かう。 ドレスローザ編 【70巻 - 80巻】 「」に到着したルフィたち一行は3チームに別れ行動する。 そんな中、ルフィは「コリーダコロシアム」で開催される剣闘会で、亡きエースの悪魔の実「メラメラの実」が賞品として出されることを知り、それを手に入れるべく大会に出場する。 一方、海軍は新戦力の大将〝〟を派遣し、世界最強の諜報機関「」も動き出す。 ドレスローザを舞台とした騒動は、ルフィ・ローの海賊同盟、ドフラミンゴ率いる「」、藤虎率いる海軍、コロシアムに集った実力者、ドンキホーテファミリーへの反抗を試みる「リク王軍」、そして革命軍など、様々な勢力が絡み合う大事件に発展していく。 ルフィは死んだと思っていた義兄で、革命軍参謀総長となっていたサボと再会。 ルフィと入れ代わって大会に出場したサボは「メラメラの実」を手に入れ、エースの能力を受け継ぐ。 ルフィはコロシアムの戦士たちからの援護を受け、ドフラミンゴの元へと乗り込み、新技「ギア4」でドフラミンゴを倒しドレスローザを崩壊の危機から救った。 出港時、7つの組織がルフィの傘下に入りたいと申し出、総勢5600人超えの大海賊団「麦わら大船団」が結成された。 四皇編 【80巻 - 】 ゾウ編(80巻 - 82巻) ドレスローザを出発したルフィたちは、サンジやナミたちが待つ次の目的地「」に向かう。 ゾウは1000年も生きている巨大な象であり、その背中の上には獣人の種族「ミンク族」の国「モコモ公国」があった。 だがモコモ公国は、の侍を狙うカイドウの部下〝旱害のジャック〟による襲撃を受け、壊滅状態にあった。 ルフィたちはワノ国の大名の跡取りである光月モモの助、家臣のたちから、ミンク族とワノ国の「」が兄弟分であること、カイドウに制圧されたワノ国の現状を知らされる。 打倒カイドウを目指し、ルフィは光月家・ミンク族と同盟を結ぶ。 一方、「ヴィンスモーク家」の一員であるサンジは、四皇〝〟の娘との政略結婚を強要され、ビッグ・マム海賊団の拠点「」に連れて行かれてしまう。 結婚が成立すればサンジが仲間でなくなることを知ったルフィは、ビッグ・マムの元に乗り込むことを決意する。 ルフィは先にワノ国へ向かうゾロやローたちと一旦別れ、ナミ、チョッパー、ブルックと、ビッグ・マム海賊団のペコムズ、ミンク族のペドロ、キャロットと共にゾウを出発する。 ホールケーキアイランド編(82巻 - 90巻) サンジを奪還するため、ビッグ・マムがいるホールケーキアイランドを目指すルフィたちは、ホールケーキアイランドを取り巻く海域「トットランド」に入り、サンジの結婚相手であると遭遇する。 彼女の手引きで無事ホールケーキアイランドに辿り着いたルフィたちだが、上陸した「誘惑の森」で、ビッグ・マムの家族「シャーロット家」やビッグ・マムの能力で擬人化した「ホーミーズ」の襲撃を受ける。 一方、かつて縁を切ったヴィンスモーク家の家族と再会したサンジは、父親で「ジェルマ66」の総帥から結婚を強要される。 結婚を拒否しようとしていたサンジだが、島から逃げると爆発する腕輪をはめられ、さらに恩人ゼフを人質にとられたことで逃げ場が無い状況に陥る。 苦戦の末ビッグ・マム海賊団の幹部・将星を撃破したルフィはサンジと再会。 だが、サンジは仲間を守るために決別を言い渡し、無抵抗のルフィを痛めつける。 サンジの真意を見抜いたルフィは、サンジを待ち続けると宣言するが、ビッグ・マム海賊団の大軍に敗北し、捕らえられてしまう。 追い詰められたサンジは、仲間や恩人を庇うため、抵抗せずプリンと結婚することを決める。 だがビッグ・マムは、「ジェルマ」の力を手に入れるためヴィンスモーク家を皆殺しにする計画を立てていた。 サンジは偶然にもプリンが自分たちを騙していたことを知り、絶望する。 ジンベエに助け出されたルフィは、サンジを待つと約束した場所で彼と再会し、サンジに本心を言うよう求める。 ルフィは仲間たちの元に戻りたいというサンジの心を受け止め、結婚式をぶち壊してサンジの家族を助け出すことを決める。 そしてジンベエの提案を受けて、ビッグ・マムの傘下に下りながら彼女の暗殺を企んでいると手を組む。 お茶会・結婚式が行われる中、ルフィたちはウェディングケーキの中から登場し、会場は混乱する。 サンジは隙をつき家族を救出するが、ベッジの暗殺作戦は失敗に終わる。 ビッグ・マムと将星らビッグ・マム海賊団幹部に包囲され、ルフィたちは逃げ場がない状況に陥る。 だが、偶然の事故により会場であるホールケーキ城が崩壊し、それに乗じて脱出したルフィたちは、ビッグ・マム海賊団の追撃をかわしながらサニー号にたどり着く。 待ち構えていたカタクリとに行く手を阻まれるが、ペドロの自爆攻撃によりペロスペローは倒れ、サニー号はホールケーキアイランドから出航する。 ルフィはカタクリを異空間「鏡世界(ミロワールド)」に引き込み、退路を断ってカタクリに一騎打ちを挑む。 一方、ウェディングケーキを食べられなかったビッグ・マムは癇癪を起こし、暴走状態で麦わらの一味を追い始める。 サンジはプリンやベッジたちの協力を得て新たなケーキを作り上げ、ビッグ・マムに食べさせることで癇癪を止める。 ルフィはカタクリとの極限の戦いを制し、サニー号に帰還する。 ジェルマ66や、ジンベエ率いる「タイヨウの海賊団」が追っ手を足止めし、ルフィたちはついにビッグ・マムのナワバリから抜け出すことに成功する。 世界会議編(90巻) ルフィたちがホールケーキアイランドから脱出した頃、では世界各国の王たちが集い、様々な思惑が渦巻く「」が開幕する。 一方、天竜人の奴隷にされているバーソロミュー・くまを奪還するため、サボと革命軍の軍隊長たちが密かにマリージョアに潜入する。 ワノ国編(90巻 - ) 第一幕(90巻 - 92巻) ジンベエと再会の約束をして別れたルフィたちは、四皇カイドウと将軍が支配する鎖国国家・ワノ国へと上陸する。 少女・お玉に出会ったルフィは、彼女をカイドウの一味「百獣海賊団」から守ったことで騒ぎの中心となり、敵に追われる身となる。 ルフィは道中でゾロ・ロー・錦えもんと再会。 光月家家臣の錦えもんは、主君・光月おでんの遺志を継ぐため、カイドウとオロチを討つ計画を立てていた。 ルフィは、錦えもんから、モモの助や錦えもんたちが20年前のワノ国から時を超えてやってきたこと、2週間後の火祭りの夜にカイドウの本拠地である鬼ヶ島に討ち入る作戦を立てていることを聞く。 ルフィたちは、カイドウとの決戦に備え、錦えもんの策のもとで様々な任務を行うことになる。 その矢先、ルフィたちの近くに巨大な龍の姿をしたカイドウが現れる。 ルフィはカイドウに挑むが、全く歯が立たず敗れ、捕らえられてしまう。 第二幕(92巻 - 95巻) 麦わらの一味と光月家らの同盟は、情報収集、ルフィ救出、仲間集めを同時に進める。 花の都では、ワノ国一の花魁・小紫がオロチ城での宴に招かれる。 宴の席で、小紫の禿・トコがオロチの発言を笑ったため処刑されそうになる。 おトコを庇い抗議した小紫は、オロチ配下の侍・狂死郎に斬り伏せられてしまう。 兎丼の囚人採掘場に投獄されたルフィは、かつてのワノ国一のヤクザの大親分・ヒョウ五郎と出会う。 ルフィはヒョウ五郎から覇気の一段上の使い方を学ぶが、思うように使いこなせず苦戦する。 兎丼を支配するカイドウの大看板・クイーンによって、2人は命がけの相撲「大相撲インフェルノ」に参加させられてしまう。 同じ頃、ビッグ・マム海賊団がルフィを追ってワノ国に来ていた。 大看板・キングによって海に転落しワノ国に漂着したビッグ・マムは、記憶喪失になっていた。 ビッグ・マムはチョッパーに嘘を吹き込まれ、モモの助らと共に、ルフィが投獄されている兎丼に向かう。 ゾロは小紫に出会い、彼女の正体がモモの助の妹・日和であることを知る。 都では討ち入り計画がカイドウ側にバレるが、元光月家の大名・康イエが処刑される際に芝居を打ったことで白紙に戻される。 ビッグ・マムが囚人採掘場に到着し、大混乱に陥る。 記憶が戻ったビッグ・マムが眠りに落ちたため、クイーンは彼女を連行する。 兎丼はルフィやヒョウ五郎、雷ぞうらの手で完全に制圧される。 鬼ヶ島に連行されたビッグ・マムとカイドウは、壮絶な一騎打ちの末に意気投合し、両者は海賊同盟を締結する。 麦わらの一味や錦えもんら侍たちが集結し、鬼ヶ島討ち入りの作戦会議が行われる。 ゾロは「秋水」をワノ国に返す代わりに、おでんの愛刀「閻魔」を譲り受け、修行を開始。 ルフィも覇気の修行を続け、錦えもんらは作戦の準備を着々と進める。 第三幕(95巻 - ) 討ち入り決行の当日。 都では火祭りが始まり、鬼ヶ島では大宴会が催される。 集合場所に到着した錦えもんら赤鞘の侍たちは、自分たち以外の味方も船もなく、連絡も取れないという状況に困惑する。 オロチが何らかの手段で討ち入り作戦の情報を得ており、策を巡らせていたのだった。 荒れ狂う海を前に絶望に駆られる錦えもんたちは、それでもモモの助の制止を振り切り、小舟で鬼ヶ島へ向かおうとする。 登場人物 詳細は「」を参照 以下は、主人公とその仲間「麦わらの一味」である。 声 - 本作の主人公。。 「ゴムゴムの実」の能力者のゴム人間。 がトレードマーク。 夢は「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を見つけて「海賊王」になること。 声 - 麦わらの一味。 「三刀流」の剣士。 クールでストイックな武士道精神の持ち主。 世界一の大剣豪を目指している。 声 - 麦わらの一味。 元は海賊専門の泥棒。 お金・お宝に目がない。 世界地図を描くのが夢。 声 - 麦わらの一味。 臆病でお調子者ながら、器用で口八丁なパチンコの名手。 父・ヤソップのような勇敢なる海の戦士を目指している。 声 - 麦わらの一味。 コックの命である手を傷つけないように、足技で戦う。 無類の女好き。 伝説の海「オールブルー」を探す。 声 - 麦わらの一味。 「ヒトヒトの実」を食べ人の能力を持った人間。 万能薬(何でも治せる医者)を目指している。 声 - 麦わらの一味。 「ハナハナの実」の能力者。 歴史上の「空白の100年」の謎を解き明かすため旅をしている。 声 - 麦わらの一味。 体中に武器を仕込んだ。 自分の作った船に乗り、その船が海の果てに辿り着くのを見届けることが夢。 声 - 麦わらの一味。 一度死んだが「ヨミヨミの実」でガイコツ姿で蘇った陽気なアフロ剣士。 リヴァース・マウンテンで別れた鯨のラブーンとの再会を誓う。 以下の項目は個別記事を参照。 作中に登場する海賊の一覧。 作中に登場する海兵の一覧。 世界政府公認の7人の大海賊。 およびその傘下の勢力。 理想国家建国を目的とする秘密犯罪会社。 「偉大なる航路」サンディ島にある砂の王国。 幻の存在とされる空に浮かぶ島。 「水の都」と呼ばれる世界一の造船都市。 世界政府直下の諜報機関。 島一つを丸ごと乗せた世界一巨大な海賊船。 世界政府所有の深海の大監獄。 用語・世界観 詳細は「」および「」を参照 本作の舞台となる世界は、世界中に加盟国を持つ国際組織「」により統治されている。 しかし、海賊王ゴールド・ロジャーの処刑をきっかけに「大海賊時代」が到来し、海賊たちが世界各地で勢力を広げており、世界政府直下のと戦いを繰り広げている。 本作では島単位でが存在し、その多くが王国である。 生活様式や科学技術などは、基本的に現実世界における(17世紀から18世紀ごろ)がモデルと思われる [ ]。 しかし、現実世界から大きくかけ離れた、作中世界固有の設定も多々ある(「」と「」、など)。 という食べると特殊な能力が身に付く実が存在し、能力の有無を問わず多くの登場人物は超人的な戦闘力を備えている。 海王類を始めとする特殊な動物や、やのようなもおり、普通の人間でも身長2mを越える人物が多数登場する。 主人公とその一味は海賊団を結成しているが、一般的な「」のように民間から略奪を行うことは基本的になく(所有者不明瞭な物品を拾ったり、同業者である海賊たちから略奪を働くことはある)、主に各島で事件に巻き込まれ、敵を倒した後に次の島へ進んでいく。 戦う敵は同業者である海賊のほか、海軍のような世界政府の組織や一国の元首などの公権力であることもある。 また、作者が本作以前に発表した短編『』と世界観を共有している。 以下の項目は個別記事を参照。 食べると摩訶不思議な能力が身につく果実。 麦わらの一味の初代海賊船。 麦わらの一味の2代目海賊船。 短期集中表紙連載 各話のは通常、本編とは無関係のイラストであるが、毎週1コマずつの短期ストーリーが連載されることがある。 そこでは、本編に登場した人物の「その後」がサイドストーリーとして描かれている。 第18弾までは『ONE PIECE GREEN』にまとめて収録されている。 表紙連載に描かれた後に本編に再登場したキャラ、また本編に先行しての登場となったキャラも多く、ストーリーの伏線・肉付けとなっている。 本編と違い台詞はないが、英語での短い台詞や擬音、? などの記号はある。 これら掲載作品のうち一部の作品はアニメ化されている。 アニメ化の情報は、備考を参照。 「( S)質問を( B)募集( S)するのだ」の略。 本編では語られていない作中のキャラクターや世界観の裏設定が明らかにされるなど、人気の高いコーナー。 時には、読者によってここで作られた設定が作者の了承を経て公式設定になることもある(登場人物のなど)。 次第に読者が勝手にコーナーの開始宣言をしてしまうなど、作者が読者に弄ばれるような内容が毎回盛り込まれるようになり、現在ではそれが半ば当然のことになっている。 題字は巻ごとに差し替えられ、本編に登場したキャラクターにちなんだものになっている。 50巻以降は読者から送られたイラストも使用している。 まれに読者からゲームやクイズが送られてくることがある。 当初は3巻より開始予定であったが、制作時期の都合により4巻からの開始となった。 11巻では、46巻ではの図解が掲載されたため休止。 52巻から64巻までは、アニメで麦わらの一味を演じる声優達への質問コーナーが設けられた(56巻・59巻・62巻・63巻は未掲載)。 ウソップギャラリー海賊団 読者から送られてきたイラストを掲載するコーナー。 第5巻から開始された。 各巻の最優秀作品は「大賞」とされ、受賞者には作者のサイン色紙が贈られる。 審査の良し悪しは、上手さではなく「 心意気」だという。 作者によれば、毎巻作者・コミックス担当者・ウソップ委員長の3人で選考して選ばれる。 過去に掲載された読者の作品でも、気に入れば何度でも載せるが、大賞を2度あげることはしない。 掲載された作品には、ウソップになりきった作者が一つ一つコメントを入れている。 大賞に便乗するイラストを送ってくる者も多い。 基本的に巻末に掲載されるが、各話の間の空きページに設けられることもしばしばある。 単行本のイラストは白黒であるが、公式サイト「ONE PIECE. com」では、最終選考まで残った作品も含めカラーで掲載されている(第73巻以降)。 第46巻ではサウザンドサニー号の図解が掲載されたため休止。 漫画家のやがデビュー前に本コーナーに投稿している。 藤原は第6巻で大賞を受賞しており、ウソップから「OH YEAH!! 大賞もってけ!! 」とコメントされた。 2012年12月から2013年2月にかけて、「ウソップギャラリー海賊団WEB出張版」がで開催された。 人気投票 週刊少年ジャンプの読者応募企画で、キャラクターの人気投票が過去6回行われている。 結果はそれぞれ、7巻・24巻・43巻・55巻・76巻・87巻に掲載されている。 過去6回いずれも1位はルフィ。 第5回は初めてジャンプだけでなくコミックスでも応募が行われた。 39・40巻には必殺技の人気投票が掲載されている。 関連漫画 番外編 総集編などに掲載された番外編。 の『』とのコラボレーション作品。 『週刊少年ジャンプ』2007年4・5合併号に掲載。 『ONE PIECE 10TH TREASURES』に収録。 の『』とのコラボレーション作品。 『週刊少年ジャンプ』2011年17号に掲載。 『トリコ グルメハンティングブック』に収録。 ONE PIECE Special Episode 〝Luff〟 「もしサボが頂上戦争でルフィとエースを助けに現れたなら」という展開を描いた特別編漫画。 ムック「ONE PIECE magazine」Vol. 1からVol. 3まで連載。 スピンオフ パラレルワールドを舞台に、チョッパーを主人公にしたスピンオフ漫画。 作画は。 『』2012年1月号から2014年2月号まで連載。 ワンピースパーティー したキャラたちが繰り広げる、スピンオフギャグ漫画。 作画は。 『最強ジャンプ』2015年1月号より連載中。 CHIN PIECE ルフィに憧れる少年・チンピィを主人公とする、スピンオフギャグ漫画。 作画は。 『最強ジャンプ』2018年7月号より連載中。 恋するワンピース 麦わらの一味と同じ名前の高校生たちを描くスピンオフギャグ漫画。 作画は。 『』および公式サイト「ONE PIECE. com」で2018年6月18日より連載中。 ONE PIECE コビー似の小日山 〜ウリふたつなぎの大秘宝〜 コビーにそっくりな中学生を主人公とするスピンオフギャグ漫画。 作画は。 com」で2018年6月18日から2019年7月1日まで連載。 食戟のサンジ 料理漫画『』の作者たちによる、バラティエ時代のサンジを主人公としたスピンオフ漫画。 ストーリーは、作画は。 『週刊少年ジャンプ』2018年34号に掲載。 作画は、監修はフィッシャーズ。 『最強ジャンプ』2018年9月号より連載中。 ロロノア・ゾロ、海に散る さまざまな作家が『ONE PIECE』を描く「『ONE PIECE』カヴァーコミックプロジェクト」第1弾。 第51話「ロロノア・ゾロ、海に散る」を再現した作品。 著者は。 『週刊少年ジャンプ』2019年34号に掲載。 ONE PIECE学園 「新世界中学校」を舞台とするスピンオフ漫画。 作画は。 『最強ジャンプ』2019年9月号より連載中。 書誌情報 アニメ関連書籍については「」を参照 単行本• 『ONE PIECE』 〈〉、既刊96巻(2020年4月3日現在)• 巻一 ROMANCE DAWN〜冒険の夜明け〜(1997年12月29日発行、)• 巻二〝VERSUS!! バギー海賊団〟(1998年4月8日発行、)• 巻三〝偽れぬもの〟(1998年6月9日発行、)• 巻四〝三日月〟(1998年8月9日発行、)• 巻五〝誰がために鐘は鳴る〟(1998年10月7日発行、)• 巻六〝誓い〟(1998年12月8日発行、)• 巻七〝クソジジイ〟(1999年3月9日発行、)• 巻八〝死なねェよ〟(1999年5月5日発行、)• 巻九〝涙〟(1999年7月7日発行、)• 巻十〝OK, Let's STAND UP! 〟(1999年10月9日発行、)• 巻十一〝東一番の悪〟(1999年12月7日発行、)• 巻十二〝伝説は始まった〟(2000年2月7日発行、)• 巻十三〝大丈夫!!! 〟(2000年5月3日発行、)• 巻十四〝本能〟(2000年7月9日発行、)• 巻十五〝まっすぐ!!! 〟(2000年9月9日発行、)• 巻十六〝受け継がれる意志〟(2000年12月9日発行、)• 巻十七〝ヒルルクの桜〟(2001年2月7日発行、)• 巻十八〝エース登場〟(2001年4月9日発行、)• 巻十九〝 反乱 ( うねり )〟(2001年7月9日発行、)• 巻二十〝決戦はアルバーナ〟(2001年9月9日発行、)• 巻二十一〝理想郷〟(2001年12月9日発行、)• 巻二十二〝HOPE!! 〟(2002年2月9日発行、)• 巻二十三〝ビビの冒険〟(2002年4月9日発行、)• 巻二十四〝人の夢〟(2002年7月9日発行、)• 巻二十五〝一億の男〟(2002年9月9日発行、)• 巻二十六〝神の島の冒険〟(2002年12月9日発行、)• 巻二十七〝 序曲 ( オーバーチュア )〟(2003年2月9日発行、)• 巻二十八〝「戦鬼」ワイパー〟(2003年5月6日発行、)• 巻二十九〝 聖譚曲 ( オラトリオ )〟(2003年7月9日発行、)• 巻三十〝 狂想曲 ( カプリッチオ )〟(2003年10月8日発行、)• 巻三十一〝ここにいる〟(2003年12月24日発行、)• 巻三十二〝 島の歌声 ( ラブ・ソング )〟(2004年3月9日発行、)• 巻三十三〝DAVY BACK FIGHT!! 〟(2004年6月9日発行、)• 巻三十四〝「水の都」ウォーターセブン〟(2004年8月発行、)• 巻三十五〝 船長 ( キャプテン )〟(2004年11月9日発行、)• 巻三十六〝9番目の正義〟(2005年2月9日発行、)• 巻三十七〝トムさん〟(2005年4月30日発行、)• 巻三十八〝ロケットマン!! 〟(2005年7月9日発行、)• 巻三十九〝争奪戦〟(2005年11月9日発行、)• 巻四十〝ギア〟(2005年12月31日発行、)• 巻四十一〝宣戦布告〟(2006年4月9日発行、)• 巻四十二〝海賊vsCP9〟(2006年7月9日発行、)• 巻四十三〝英雄伝説〟(2006年9月9日発行、)• 巻四十四〝帰ろう〟(2006年12月9日発行、)• 巻四十五〝心中お察しする〟(2007年3月7日発行、)• 巻四十六〝ゴースト 島 ( アイランド )の冒険〟(2007年7月9日発行、)• 巻四十七〝くもり時々ホネ〟(2007年9月9日発行、)• 巻四十八〝オーズの冒険〟(2007年12月9日発行、)• 巻四十九〝ナイトメア・ルフィ〟(2008年3月9日発行、)• 巻五十〝再び辿りつく〟(2008年6月9日発行、)• 巻五十一〝11人の超新星〟(2008年9月9日発行、)• 巻五十二〝ロジャーとレイリー〟(2008年12月9日発行、)• 巻五十三〝王の資質〟(2009年3月9日発行、)• 巻五十四〝もう誰にも止められない〟(2009年6月9日発行、)• 巻五十五〝地獄に 仏 ( オカマ )〟(2009年9月9日発行、)• 巻五十六〝ありがとう〟(2009年12月9日発行、)• 巻五十七〝頂上決戦〟(2010年3月9日発行、)• 巻五十八「この時代の名を〝白ひげ〟と呼ぶ」(2010年6月9日発行、)• 巻五十九〝ポートガス・D・エース死す〟(2010年8月9日発行、)• 巻六十〝弟よ〟(2010年11月9日発行、)• 巻六十一〝ROMANCE DAWN for the new world〟-新しい世界への冒険の夜明け- (2011年2月4日発売、)• 巻六十二〝魚人島の冒険〟(2011年5月2日発売、)• 巻六十三〝オトヒメとタイガー〟(2011年8月4日発売、)• 巻六十四〝10万vs. 10〟(2011年11月4日発売、)• 巻六十五〝ゼロに〟(2012年2月3日発売、)• 巻六十六〝タイヨウへと続く道〟(2012年5月2日発売、)• 巻六十七〝COOL FIGHT〟(2012年8月3日発売、)• 巻六十八〝海賊同盟〟(2012年11月2日発売、)• 巻六十九〝SAD〟(2013年3月4日発売、)• 巻七十〝ドフラミンゴ現る〟(2013年6月4日発売、)• 巻七十一〝曲者達のコロシアム〟(2013年8月2日発売、)• 巻七十二〝ドレスローザの忘れ物〟(2013年11月1日発売、)• 巻七十三〝ドレスローザSOP作戦〟(2014年3月4日発売、)• 巻七十四〝いつでもキミのそばにいる〟(2014年6月4日発売、)• 巻七十五〝おれの恩返し〟(2014年9月4日発売、)• 巻七十六〝構わず進め〟(2014年12月27日発売、)• 巻七十七〝スマイル〟(2015年4月3日発売、)• 巻七十八〝悪のカリスマ〟(2015年7月3日発売、)• 巻七十九〝LUCY!! 〟(2015年10月3日発売、)• 巻八十〝開幕宣言〟(2015年12月28日発売、)• 巻八十一〝ネコマムシの旦那に会いに行こう〟(2016年4月4日発売、)• 巻八十二〝ざわつく世界〟(2016年7月4日発売、)• 巻八十三〝海賊「四皇」シャーロット・リンリン〟(2016年11月4日発売、)• 巻八十四〝ルフィvs. サンジ〟(2017年2月3日発売、)• 巻八十五〝ウソつき〟(2017年5月2日発売、)• 巻八十六〝四皇暗殺作戦〟(2017年8月4日発売、)• 巻八十七〝甘くない〟(2017年11月2日発売、)• 巻八十八〝獅子〟(2018年3月2日発売、)• 巻八十九〝BADEND MUSICAL〟(2018年6月4日発売、)• 巻九十〝聖地マリージョア〟(2018年9月4日発売、)• 巻九十一〝侍の国の冒険〟(2018年12月4日発売、)• 巻九十二〝花魁小紫登場〟(2019年3月4日発売、)• 巻九十三〝えびす町の人気者〟(2019年7月4日発売、)• 巻九十四〝兵どもが夢〟(2019年10月4日発売、)• 巻九十五〝おでんの冒険〟(2019年12月28日発売、)• 巻九十六〝煮えてなんぼのおでんに候〟(2020年4月3日発売、)• 非売品• 巻零〝STRONG WORLD〟(2009年12月12日発行、映画『』特典)• 巻千〝Z〟(2012年12月15日発行、映画『』特典)• 巻七七七(2016年7月23日発行、映画『』特典)• 巻三三三(2018年3月9日発行、テーマパーク「」入場者特典)• 巻壱萬八拾九(2019年8月9日発行、映画『』特典) 総集編• THE FIRST LOG(2005年3月発行、)• THE 2ND LOG "SANJI"(2005年11月発行、)• THE 3RD LOG "NAMI"(2005年12月発行、)• THE 4TH LOG "GRAND LINE"(2006年1月発行、)• THE 5TH LOG "CHOPPER"(2006年2月発行、)• THE 6TH LOG "ARABASTA"(2006年3月発行、)• THE 7TH LOG "VIVI"(2006年4月発行、)• THE 8TH LOG "SKYPIEA"(2008年4月発行、)• THE 9TH LOG "GOD"(2008年5月発行、)• THE 10TH LOG "BELL"(2008年6月発行、)• THE 11TH LOG "WATER SEVEN"(2009年4月発行、)• THE 12TH LOG "ROCKET MAN"(2009年5月発行、)• THE 13TH LOG "NICO ROBIN"(2009年7月発行、)• THE 14TH LOG "FRANKY"(2009年8月発行、)• THE 15TH LOG "THRILLER BARK"(2011年2月発行、)• THE 16TH LOG "BROOK"(2011年2月発行、)• THE 18TH LOG "IMPEL DOWN"(2012年10月12日発売、)• THE 19TH LOG "MARINEFORD"(2012年11月9日発売、)• THE 20TH LOG "ACE"(2012年12月14日発売、)• THE 21ST LOG "2 YEARS LATER"(2017年6月23日発売、)• THE 22ND LOG "SHIRAHOSHI"(2017年7月28日発売、)• THE 23RD LOG "PUNK HAZARD"(2017年8月25日発売、)• THE 24TH LOG "SMILE"(2017年9月22日発売、)• THE 25TH LOG "DRESSROSA"(2017年10月27日発売、)• THE 26TH LOG "MEMORIES"(2017年11月24日発売、)• THE 27TH LOG "LAW"(2017年12月21日発売、)• THE 28TH LOG "LUCY"(2018年1月26日発売、)• EXTRA LOG 1 "STRONG WORLD"(2012年12月4日発売、) ファンブック• ONE PIECE RED GRAND CHARACTERS(2002年1月5日発売、)• ONE PIECE BLUE GRAND DATA FILE(2002年8月2日発売、)• ONE PIECE YELLOW GRAND ELEMENTS(2007年4月2日発売、)• ONE PIECE GREEN SECRET PIECES(2010年11月4日発売、)• ONE PIECE BLUE DEEP CHARACTERS WORLD(2012年3月2日発売、)• VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜• STARTER SET Vol. 1(2018年9月4日発売、)• BOOSTER PACK 〝東の海〟の猛者達!! (2018年10月4日発売、)• BOOSTER PACK 集結! 〝超新星〟!! (2018年10月4日発売、)• BOOSTER PACK アーロン一味とココヤシ村の人々(2018年11月2日発売、)• BOOSTER PACK インペルダウンの番人VS囚人達!! (2018年11月2日発売、)• BOOSTER PACK 砂の王国・アラバスタの精鋭!! (2018年12月4日発売、)• BOOSTER PACK 〝四皇〟白ひげ海賊団!! (2018年12月4日発売、)• BOOSTER PACK 結集! 秘密結社バロックワークス(2019年1月4日発売、)• BOOSTER PACK 海底の楽園・魚人島の住人達!! (2019年1月4日発売、)• BOOSTER PACK 秘境・空島の住人達!! (2019年2月4日発売、)• BOOSTER PACK 暴走! 新魚人海賊団!! (2019年2月4日発売、)• STARTER SET Vol. 2(2019年3月4日発売、)• BOOSTER PACK シャンドラの戦士VS神の軍勢!! (2019年4月4日発売、)• BOOSTER PACK パンクハザードの脅威!! (2019年4月4日発売、)• BOOSTER PACK 世界一の船大工! ガレーラカンパニー!! (2019年5月2日発売、)• BOOSTER PACK 恐怖の支配者! ドンキホーテファミリー!! (2019年5月2日発売、)• BOOSTER PACK 〝闇の正義〟の執行人! CP9!! (2019年6月4日発売、)• BOOSTER PACK 激突! コロシアムの闘士達!! (2019年6月4日発売、)• BOOSTER PACK 悪夢! スリラーバークの怪人達!! (2019年7月4日発売、)• BOOSTER PACK 天性の戦士! モコモ公国のミンク族!! (2019年7月4日発売、)• BOOSTER PACK 〝北の海〟の戦争屋・ジェルマ66!! (2019年8月2日発売、)• BOOSTER PACK 〝四皇〟ビッグ・マム海賊団!! (2019年8月2日発売、)• INDEX SET(2019年12月28日発売、) 画集• ONE PIECE 尾田栄一郎画集 COLOR WALK(2001年7月発行、)• ONE PIECE 尾田栄一郎画集 COLOR WALK 2(2003年11月発行、)• ONE PIECE 尾田栄一郎画集 COLOR WALK 3 LION(2006年1月発行、)• ONE PIECE 尾田栄一郎画集 COLOR WALK 4 EAGLE(2010年3月発行、)• ONE PIECE 尾田栄一郎画集 COLOR WALK 5 SHARK(2010年12月発行、)• ONE PIECE 尾田栄一郎画集 COLOR WALK 6 GORILLA(2014年1月発行、)• ONE PIECE 尾田栄一郎画集 COLOR WALK 7 TYRANNOSAURUS(2016年7月発行、)• ONE PIECE 尾田栄一郎画集 COLOR WALK 8 WOLF(2018年3月2日発売、)• ONE PIECE FILM STRONG WORLD EIICHIRO ODA ARTBOOK(2009年12月発行、) ムック 連載20周年を記念し、2017年に3か月連続で刊行された。 2018年発売のVol. 4からは季刊誌として刊行される。 ONE PIECE magazine Vol. 1(2017年7月7日発売、)• ONE PIECE magazine Vol. 2(2017年8月4日発売、)• ONE PIECE magazine Vol. 3(2017年9月1日発売、)• ONE PIECE magazine Vol. 4(2018年10月19日発売、)• ONE PIECE magazine Vol. 5(2019年1月25日発売、)• ONE PIECE magazine Vol. 6(2019年6月17日発売、)• ONE PIECE magazine Vol. 7(2019年8月9日発売、)• ONE PIECE magazine Vol. 8(2019年12月13日発売、)• ONE PIECE magazine Vol. 9(2020年4月24日発売、) スピンオフ(書誌情報) 『チョッパーマン』については「」を参照• 『ワンピースパーティー』 〈〉、既刊6巻(2020年4月3日現在)• 2015年10月3日発売、• 2016年7月4日発売、• 2017年8月4日発売、• 2018年6月4日発売、• 2019年3月4日発売、• 2020年4月3日発売、• 『恋するワンピース』 集英社〈ジャンプ・コミックス〉、既刊4巻(2019年12月28日現在)• 2018年12月4日発売、• 2019年7月4日発売、• 2019年10月4日発売、• 2019年12月28日発売、• 『ONE PIECE コビー似の小日山 〜ウリふたつなぎの大秘宝〜』 集英社〈ジャンプ・コミックス〉、全3巻• 2018年12月4日発売、• 2019年7月4日発売、• 2019年7月4日発売、• 2019年7月4日発売、• 2020年4月3日発売、• 『CHIN PIECE』 集英社〈ジャンプ・コミックス〉、既刊1巻(2019年7月4日現在)• 2019年7月4日発売、• 『ONE PIECE学園』 集英社〈ジャンプ・コミックス〉、既刊1巻(2020年4月3日現在)• 2020年4月3日発売、 その他関連書籍• 著『ONE PIECE STRONG WORDS』 集英社〈〉• ONE PIECE STRONG WORDS 上巻(2011年3月発行、)• ONE PIECE STRONG WORDS 下巻(2011年4月発行、)• ONE PIECE STRONG WORDS 2(2014年3月発行、)• ONE PIECE 10TH TREASURES(2007年7月27日発売、 )• ONE PIECE 海賊キャラ弁当BOOK(2011年9月12日発売、)• ONE PIECE PIRATE RECIPES 海の一流料理人 サンジの満腹ごはん(2012年11月28日発売、)• ONE PIECE PIRATE RECIPES 海の一流料理人 サンジの満腹ごはん 通常版(付録なし)(2020年7月3日発売、)• ONE PIECE Portrait. Pirates 公式ガイドブック POPs! (2012年12月20日発売、)• ONE PIECE 500 QUIZ BOOK(2014年3月4日発売、)• ONE PIECE 500 QUIZ BOOK 2(2014年9月4日発売、)• ONE PIECE 最強でサイコーの名言集 STRONG WORDS みらい文庫版(2014年3月5日発売、)• ファンが選ぶONE PIECE〝涙〟ベスト10!! 〜サバイバルの海 超新星編〜 I(2014年12月1日発売、)• ファンが選ぶONE PIECE〝涙〟ベスト10!! 〜サバイバルの海 超新星編〜 II(2014年12月15日発売、)• ONE PIECE DOORS! 1(2018年6月4日発売、)• ONE PIECE DOORS! 2(2018年7月4日発売、)• ONE PIECE DOORS! 3(2019年10月4日発売、) メディア展開 テレビアニメ 詳細は「」を参照 2000年から2019年までに14作品が公開されている。 1作目から3作目までは「」のメイン作品として上映。 4作目からは単独上映されている。 小説 ノベライズ作品 集英社の新書レーベル「」より発売されている、アニメオリジナルストーリーや劇場版の作品。 一部は児童文学レーベル「」でも刊行されている。 著者は。 みらい文庫版『ONE PIECE STAMPEDE』のみ、著者は。 タイトル 発売年 ISBN JUMP j BOOKS 刊行 1 1999年 2 ONE PIECE ローグタウン編 2000年 3 2001年 4 ONE PIECE 千年竜伝説 2001年 5 2002年 6 2003年 7 2004年 8 2005年 9 2006年 10 2007年 11 2008年 12 2009年 13 2011年 14 2012年 15 2014年 16 2016年 17 2019年 集英社みらい文庫 刊行 1 ONE PIECE ローグタウン編 みらい文庫版 2011年 2 ONE PIECE 千年竜伝説 みらい文庫版 2011年 3 ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国 みらい文庫版 2011年 4 ONE PIECE ねじまき島の冒険 みらい文庫版 2012年 5 ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険 みらい文庫版 2012年 6 ONE PIECE 呪われた聖剣 みらい文庫版 2012年 7 ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵 みらい文庫版 2013年 8 ONE PIECE 麦わらチェイス みらい文庫版 2013年 9 ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 みらい文庫版 2013年 10 ONE PIECE エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち みらい文庫版 2014年 11 ONE PIECE エピソード オブ チョッパー+冬に咲く、奇跡の桜 みらい文庫版 2014年 12 劇場版 ONE PIECE STAMPEDE ノベライズ みらい文庫版 2019年 その他の小説作品 ONE PIECE novel A(エース) エースを主人公とし、スペード海賊団時代の冒険を描く。 ムック「ONE PIECE magazine」Vol. 1からVol. 3まで連載され 、後に第1巻として書籍化された。 著者は。 続編として、エースの白ひげ海賊団加入後のエピソードを描く第2巻が書き下ろしで刊行された。 著者は。 尾田栄一郎(原作)・ひなたしょう(小説) 『ONE PIECE novel A 1 スペード海賊団結成篇』 〈〉、2018年4月4日発売、• 尾田栄一郎(原作)・浜崎達也(小説) 『ONE PIECE novel A 2 新世界篇』 集英社〈JUMP j BOOKS〉、2018年6月4日発売、 ONE PIECE novel 麦わらストーリーズ 普通の人から見た麦わらの一味を描く短編小説集。 『 ONE PIECE novel Straw Hat Crew』のタイトルで「ONE PIECE magazine」Vol. 1からVol. 3まで連載され 、後に書き下ろしを加えて書籍化された。 著者は。 尾田栄一郎(原作)・大崎知仁(小説) 『ONE PIECE novel 麦わらストーリーズ』 集英社〈JUMP j BOOKS〉、2017年11月2日発売、 ONE PIECE novel LAW ローを主人公とし、ハートの海賊団結成に至る過去を描く。 「ONE PIECE magazine」Vol. 4からVol. 7まで連載され 、後に書き下ろしを加えて書籍化された。 著者は。 尾田栄一郎(原作)・坂上秋成(小説) 『ONE PIECE novel LAW』 集英社〈JUMP j BOOKS〉、2020年4月3日発売、 ONE PIECE novel HEROINES ヒロインに焦点を当てた短編小説集。 「ONE PIECE magazine」Vol. 8から連載。 著者は。 絵本 ONE PIECE picture book 光と闇と ルフィとエースとサボの物語 幼少期のルフィ・エース・サボを中心にゴア王国の光と闇を描く。 ムック「ONE PIECE magazine」Vol. 1からVol. 3まで連載され、後に書籍化された。 著者は。 尾田栄一郎(原作)・長田真作(絵本) 『ONE PIECE picture book 光と闇と ルフィとエースとサボの物語』 、2018年3月2日発売、 ONE PIECE picture book ルフィの大冒険 「ONE PIECE magazine」Vol. 4からVol. 6まで連載され、後に書籍化された。 著者は。 尾田栄一郎(原作)・トキタシオン(絵本) 『ONE PIECE picture book ルフィの大冒険』 集英社、2019年12月26日発売、 ONE PIECE picture book クジラのラブーン 「ONE PIECE magazine」Vol. 7からVol. 9まで連載された。 著者は。 ゲーム 家庭用ゲーム 発売年 タイトル ジャンル 機種 発売元 2000年 ONE PIECE 〜めざせ海賊王! 〜 2001年 ONE PIECE 〜夢のルフィ海賊団誕生! 〜 RPG PS バンダイ ONE PIECE 〜虹の島伝説〜 2002年 ONE PIECE 〜トレジャーウォーズ〜 WSC 対戦アクション PS ONE PIECE 幻のグランドライン冒険記! RPG GB GBC バンプレスト ONE PIECE グランドバトル スワンコロシアム 対戦アクション WSC バンダイ ONE PIECE トレジャーバトル! 対戦アクション ONE PIECE ナナツ島の大秘宝 アクションRPG バンプレスト ONE PIECE トレジャーウォーズ2 バギーランドへようこそ ボードゲーム WSC バンダイ 2003年 ONE PIECE めざせ! キングオブベリー GBA バンプレスト ONE PIECE オーシャンズドリーム! RPG PS バンダイ ONE PIECE チョッパーの大冒険 アクションRPG WSC 対戦アクション GC 2004年 ONE PIECE ゴーイングベースボール GBA ONE PIECE ランドランド! PS2 2005年 対戦アクション PS2 GC ONE PIECE ドラゴンドリーム! アクションRPG GBA Fighting For ONE PIECE 対戦アクション PS2 パーティゲーム PS2 GC 2007年 ONE PIECE ギアスピリット 対戦アクション 2008年 アクションアドベンチャー Wii 2009年 アクションアドベンチャー Wii 2010年 対戦アクション DS 2011年 アクションアドベンチャー 対戦アクション DS 2012年 アクション アクションRPG 3DS 2013年 アクション PS3 アクションアドベンチャー 3DS PS3 PS Vita 2014年 ONE PIECE 超グランドバトル! X 対戦アクション 3DS 2015年 アクション PS3 PS Vita 2016年 対戦アクション PS4 PS Vita 対戦アクション 3DS 2017年 ONE PIECE アンリミテッドワールド レッド デラックスエディション アクションアドベンチャー PS4 ワンピース 海賊無双3 デラックスエディション アクション Switch 2018年 ONE PIECE GRAND CRUISE アクション PS4(専用) 2019年 ONE PIECE WORLD SEEKER アクションアドベンチャー PS4 2020年 アクション PS4 Switch モバイルゲーム 発売年 タイトル ジャンル 配信元 開発元 2005年 ONE PIECE モバイルジャック ポータルゲームサイト 2011年 ARカードダス バンダイ 2012年 ONE PIECE グランドコレクション バンダイ 2013年 ONE PIECE アドベンチャーログ バンダイ 2014年 ONE PIECE トレジャークルーズ RPG バンダイナムコゲームス ONE PIECE DANCE BATTLE 2016年 ONE PIECE サウザンドストーム RPG バンダイナムコエンターテインメント 2018年 ONE PIECE バウンティラッシュ チーム対戦 2020年 ONE PIECE ボン!ボン!ジャーニー!! アーケードゲーム 発売年 タイトル ジャンル 発売元 2008年 バンダイ キャラメダルアイランド ONE PIECE 仲間を助けろ! チョッパー 子ども向けコインゲーム バンダイナムコゲームス 2009年 データカードダス バンダイ 2011年 2012年 ワンピートレジャーワールド 2014年 ワンピースキングス アミューズメントマシン 発売年 タイトル ジャンル 発売元 2002年 プチライド ワンピース 乗り物 2002年 ミニカーニバルシリーズ ルフィの大航海!! 玉遊び 舞台 「頂上戦争編」を原作とした作品。 2015年10月7日から11月25日・2017年10月6日から11月25日に 、2016年3月1日から25日・2018年4月1日から25日に、2016年4月2日から26日に、2018年5月3日から27日にで上演。 主演のはルフィ、ハンコック、シャンクスの1人3役。 白ひげ役は、エース役は。 東京での公演は動員10万人を記録した。 スーパー歌舞伎II「ワンピース」の成果に対して、新橋演舞場が平成27年度(第70回)・演劇部門関東参加公演の部で優秀賞を受賞。 2016年10月、全国の映画館で「」として上演。 ONE PIECE LIVE ATTRACTION 2015年3月に開業した「」で開催されている、観客参加型オリジナルエンターテイメントショー。 アニメの声優の声に合わせキャスト陣が演技し、プロジェクションマッピングや照明技術を使った演出なども用いられている。 詳細は「」を参照 実写ドラマ 2017年7月21日の連載20周年記念記者発表会で、で実写ドラマ化されることが発表された。 2020年1月29日、にて独占配信されることが発表された。 全10話構成。 原作者の尾田がエグゼクティブプロデューサーとして参加する。 制作は「トゥモロースタジオ」 Tomorrow Studios。 メイン脚本家はマット・オーウェンズ。 売上・評価 漫画 単行本初版発行部数 24巻 252万部 25巻 254万部 26巻 260万部 27巻、55巻 263万部 56巻 285万部 57巻 300万部 58巻 310万部 59巻 320万部 60巻 340万部 61巻、62巻、77巻、78巻 380万部 63巻 390万部 64巻 - 66巻、68巻 - 76巻 400万部 67巻 405万部 単行本初動週間売上 53巻 119. 4万部(実質4日間) 56巻 136. 4万部(実質3日間) 57巻 169. 1万部(実質4日間) 59巻 185. 3万部(実質5日間) 60巻 209. 4万部(実質4日間) 63巻 211. 9万部(実質4日間) 66巻 227. 5万部(実質5日間) 国内単行本累計発行部数 2003年5月 8200万部 [ ] 2005年2月 1億部 2007年7月 1億4000万部 2009年10月 1億7000万部 2010年11月 2億部 2011年5月 2億3000万部 2011年8月 2億4000万部 2011年11月 2億5000万部 2012年2月 2億6000万部 2012年11月 2億8000万部 2013年6月 2億9000万部 2013年11月 3億部 2014年5月 3億1000万部 2014年12月 3億2000万部 2016年7月 3億4000万部 2017年5月 3億5000万部 2017年10月 3億6000万部 2019年3月 3億8000万部 2019年12月 3億9000万部 全世界単行本累計発行部数 2017年10月 4億3000万部 2018年7月 4億4000万部 2019年3月 4億5000万部 2019年12月 4億6000万部 2020年4月 4億7000万部• 単行本はに24巻が初版252万部を記録し、 初版発行部数コミック最高記録を更新すると(『』21 - 23巻の初版250万部を上回った)、25巻が初版254万部、26巻が 国内出版史上最高となる初版260万部、27巻が初版263万部と、次々と自身の持つ最高記録を更新した。 さらにに55巻が27巻と並ぶ初版263万部を記録。 次の56巻が初版285万部で自身の最高記録を再び更新し、57巻が 国内出版史上最高となる初版300万部を記録する(それまでの最高は本作27巻を抜いて1位となった『』の初版290万部)。 以後も次々と自身の持つ初版発行部数国内出版史上最高記録を更新し続けている。 2018年12月時点での最高記録は67巻の405万部。 国内累計発行部数は2019年12月時点で 3億9000万部を突破しており 、『』『』『SLAM DUNK』などを抜いて「 日本一売れている漫画」となっている。 2015年には「 最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてに認定された。 また、 史上最速1億冊突破【7年・36巻】も達成している。 53巻の初動週間売上は119. 4万部を記録。 これは『』の119. 0万部を上回り、「週間本ランキング」歴代最高の初動週間売上となった。 それ以降も次々と 初動週間売上歴代最高記録を更新している。 また、61巻は「週間本ランキング」史上最速となる3日での200万部突破(208. 6万部)を達成している。 年間漫画売り上げランキングでは、連載開始から2年目()という異例の速さで1位を獲得すると、そこから史上最多となる6年連続1位の快挙を果たす。 では2位に、では3位に落ちたものの、以降再び1位に返り咲いている。 単行本の全巻セットをまとめて購入できるネット書店「漫画全巻ドットコム」では、2009年から4年連続で売上1位を獲得している。 『』の大ヒットを受け、のオリコン「週間本ランキング」のコミック部門で、既存56巻が上位200位以内に全巻ランクインする前代未聞の快挙を果たした。 57巻が発売されたのオリコン「週間本ランキング」のコミック部門でも、再び上位200位以内に全巻ランクインした。 ジャンプ本誌では、連載1話目からアンケート1位を獲り、人気投票では連載開始から不動の1位となっている。 35周年記念・40周年記念・2000号突破記念号時には巻頭カラーを飾った。 アニメ関連• のオリコン「週間DVD・BDランキング」で、DVDは『ONE PIECE FILM STRONG DVD 10th Anniversary LIMITED EDITION(完全初回限定生産)』が12. 1万枚、通常版が3. 5万枚を売り上げ、総合1位・2位を独占した。 同一作品の1位・2位独占は『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション』(2月)以来となる。 また、発売元のがに発売した大ヒット『』の初動売上10万663枚を上回り、同社発売元DVDの歴代最高記録となった。 Blu-rayは同時発売された『ONE PIECE FILM STRONG Blu-ray 10th Anniversary LIMITED EDITION(完全初回限定生産版)』が6. 9万枚を記録したことになる。 発売2週目にはDVD(完全初回限定生産版)が2. 6万枚、通常版が1. 7万枚を売り上げ、1位・2位を独占。 Blu-ray(完全初回限定生産版)も1位を獲得した。 DVD『ONE PIECE Log Collection "FRANKY"』・『"THRILLER BARK"』がのオリコン「DVDディリーランキング」総合部門1位・2位を獲得した。 同一TVアニメシリーズ作品による週間DVDランキングの総合部門1位・2位独占は、1999年4月の『』以来13年4ヵ月ぶり、史上2回目の快挙となった。 劇場版アニメ作品による2度目の2冠は史上初の快挙となる。 初代オープニングテーマ『』が、第5回賞においてAM神戸賞(主題歌賞)を受賞した。 の歴代オープニング・エンディング楽曲の中から28曲を収録したベストアルバム『』が、第22回においてアニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した。 2010年のオリコン「週間アルバムランキング」で、放送10周年記念コレクションアルバム『』が8. 2万枚を売り上げ初登場第1位を獲得し 、発売3ヶ月で30万枚を売り上げた。 日本レコード協会からプラチナディスクに認定され、第25回においてアニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した。 ゲーム・その他• 2002年発売の『From TV animation 』()は初動売上24. 7万本を記録し、週間ランキング初登場第1位を獲得し、『』・『』の新作と重なった年間ゲームソフト販売本数ランキングでTOP10入りを果たした。 また、2002にて、『グランドバトル! 』『グランドバトル! 2』の2作品がゴールドプライズ賞を受賞した。 『グランドバトル! 』シリーズは1シリーズあたり60万本以上を売り上げている。 2009年発売の『』()は35万本を出荷して、Wiiの「」ゴールドランクに認定された。 2011年発売の『』()は初動売上8万本を記録し、ニンテンドー3DS用ソフトとしては初となる週間ランキング1位を獲得した。 2012年発売の『』()は発売初日に『ONE PIECE』歴代ゲームシリーズ最高記録となる出荷本数65万本を突破し 、累計出荷本数は全世界で120万本を記録した。 また、2012において優秀賞、PlayStation Awards2012においてゴールドプライズ賞を受賞した。 2012年1月17日からで配信された『ONE PIECE グランドコレクション』の登録者数が、サービス開始からわずか4日で100万人を突破した。 5カ月後の2012年6月には登録者数が400万人を突破した。 フィギュア『P. P STRONG EDITION』は、12種類の累計売り上げが40万個以上を記録した。 『ONE PIECE LOGBOX』が、日本おもちゃ大賞2011においてキャラクター・トイ部門大賞を受賞した。 DVD『ONE PIECE Log Collection "EAST BLUE"』・『"SANJI"』がのオリコン「DVDディリーランキング」アニメ部門で総合部門1位・2位を獲得したことで、コミックス(2010年オリコンコミックスランキング1位)・(公開初週映画観客動員ランキング1位)・(2010年オリコンアルバムウイークリーランキング1位)と関連商品の首位4冠という史上初の快挙を果たした。 さらにDVD『ONE PIECE FILM STRONG WORLD DVD 10th Anniversary LIMITED EDITION(完全初回限定生産版)』がオリコン「週間DVDランキング」で1位、同作Blu-rayがオリコン「週間Blu-rayランキング」で1位を獲得したことで、コミックス・映画・DVD・Blu-ray・CDの「週間ランキング」首位5冠を達成。 ゲームソフト『ワンピース ギガントバトル! 』()が初動売上13万本を記録して「ゲームソフト週間販売数ランキング」で1位を獲得したことで、コミックス・映画・DVD・Blu-ray・CD・ゲームの「週間ランキング」首位6冠を達成した。 2010年、キャラクター・データバンクが主催する、一般投票・選定委員による投票によってその年の国内最高のライセンスブランド・キャラクターを決める「ライセンシング・オブ・ザ・イヤー」において、長年の人気に加えて、劇場版の大ヒット・アニメの高視聴率・関連商品の販売好調などの大きなムーブメントが評価され、「ライセンシング・オブ・ザ・イヤー グランプリ」を受賞した。 これは前年の『ポケットモンスター』に続く、アニメでもお馴染みの作品が選ばれた形となっている。 2011年には、キャラクター・ライセンス賞とプロモーション・ライセンシー賞を受賞 、2012年には2度目のグランプリを受賞している。 人気 ONE PIECEファンの• 「MYDIRECTORY」が19歳以下 - 60歳以上の男女80728人からアンケートを採った「好きな漫画は?」では、男性部門1位・女性部門2位・総合1位を獲得した。 ネットリサーチ「DIMSDRIVE」が全国の老若男女6399人からアンケートを採った「あなたがこれまでに読んだ漫画本(コミック)の中で、『泣ける漫画』は何ですか?」では、男性部門1位・女性部門1位・総合1位に輝き 、オリコンでも「今までで最も感動した漫画は?」というアンケートを実施したところ、男性部門2位・女性部門1位・総合1位に輝いた。 オリコンの「最も友達になりたいテレビアニメのキャラは? 」では、1位の「」に次ぎ、2位に「モンキー・D・ルフィ」、5位に「トニートニー・チョッパー」がランクインし、同じくオリコンの「漫画の"名脇役"ランキング」では、2位に「ロロノア・ゾロ」、5位に「トニートニー・チョッパー」がランクインした。 どちらもトップ5に同作から2キャラクターランクインしたのは『ONE PIECE』のみとなっている。 TSUTAYA onlineが行った「子供に観せたいアニメ映画ランキング」で、『ONE PIECE』の劇場版シリーズが7位にランクインした。 「全巻読破. COM」が発表した2011-2012年版世代別人気コミックランキングでは、10代から50代までの男女全ての年代で1位を獲得した。 大手ポータルサイト「」の検索ワードランキングでは、エンタメランキングのゲーム・アニメ部門にて2010年から3年連続1位を達成している。 電子書籍販売サイト「」が会員対象者に行った「子どもに読ませたいマンガ」アンケートで第1位に輝いた。 が運営する女性総合サイト「マイナビウーマン」が読者に行った「読んで号泣した漫画」で第1位に輝いた。 」にて10代から30代の各年代でそれぞれ第1位に輝いた。 日本国外 海外での人気も高く、本作の翻訳刊行版は世界42カ国以上での出版がなされ 、40カ国以上でアニメが放映されている。 日本国外での累計発行部数は7000万部を突破している(2019年3月時点)。 ヨーロッパ で開催されたにおいてソンダーマン読者賞の国際マンガ部門ベスト漫画賞を・・と3度の受賞を果たした。 2013年、パリ水族館で『ONE PIECE』の展示会が開催され、水族館の公式サイトではフランスで最も売り上げの高い文化財と紹介された。 アニメーション映画祭としては世界最大規模を誇るフランスのにおいて長編作品部門に日本から『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』と『』の2作品がノミネートされた。 ・所属のバレーボールクラブ『』の用のユニフォームのデザインに採用された。 北アメリカ の2010年において長編作品部門に日本から『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』と『緑子』の2作品がノミネートされた。 『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』は日本のエンタテイメント作品としては異例となる連続出品を果たした。 また、2010年第12回スペイン・バルセロナアジア映画祭において観客賞(オーディエンスアワード)を受賞した。 のホームメディアマガジンが主催する第5回TVDVDアワードの海外作品部門にノミネートされた。 アジア インターネット最大のポータルサイト騰訊(テンセント)のアニメ・漫画チャンネルで「中国の若い世代、必読の漫画」として日本の漫画を中心に10タイトルが紹介され、『ONE PIECE』は第1位で紹介された。 2011年より中国の新聞『銭江晩報』での連載も始まった。 作者である尾田栄一郎の意向で第1話からの連載開始となり、毎週日曜日に「漫画周刊」というコーナーで1話ずつ掲載される。 なお、新聞連載での名称は、『海賊王』から『航海王』に変更されている。 2014年に創刊された中国版少年ジャンプ「漫画行」では、一般の漫画読者からのアンケートによって連載作品の一つに選ばれている。 ではこの作品から「」というが生まれている。 OPJ47 クルーズ」 新聞広告賞 第34回 広告主部門 大賞 広告電通賞 第67回 新聞広告 企画部門 最優秀賞 ブラス・リング・アワード (2014年) ライブ・エンターテイメント・エクセレンス部門 最優秀総合プロダクション賞 ワンピース・プレミアショー 第44回 () 第70回 演劇部門 優秀賞 スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』() デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー 第21回 優秀賞 スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』 第33回 特別貢献賞 ONE PIECE イベント・企画 ONE PIECE メモリアルログ 2010年春に愛知・で開催された『ONE PIECE』の冒険が追体験できる体験型アトラクション。 これが好評となり以後全国各地で開催されている。 特に、2010年の長崎・ハウステンボスはの開業以来、初の黒字を達成した。 2011年7月から2012年4月には初の海外開催として・ ()で開催された。 開催地 所在地 期間 「」 2010年3月20日 - 6月27日 2011年3月19日 - 9月4日 2012年9月15日 - 2013年3月3日 2014年3月15日 - 2015年3月1日 2010年7月17日 - 8月31日 2010年7月15日 - 10月15日 2010年9月15日 - 26日 2010年12月23日 - 2011年1月10日 九族文化村 台湾・ 2011年7月 - 2012年4月 2012年8月 - 2013年6月 2011年8月10日 - 18日 2011年11月10日 - 12月25日 NTTクレドホール 2011年12月23日 - 2012年1月9日 2012年3月7日 - 7月8日 2012年7月7日 - 9月9日 2013年4月27日 - 5月6日 2013年6月29日 - 8月27日 2014年7月5日 - 9月15日 2014年7月12日 - 9月24日 ・ 2014年7月26日 - 9月22日 コンベンションセンター「」 韓国・ 2014年12月20日 - 2015年3月14日 弘益大学路アートセンター 韓国・ソウル市 2015年4月4日 - 2015年8月30日 2015年7月4日 - 9月23日 2016年3月5日 - 6月5日 広島県広島市 2016年7月16日 - 8月15日 ワンピース・プレミア・サマー 大阪・(USJ)で夏の期間限定で開催されているイベント。 園内には『ONE PIECE』の世界を堪能できる「ワンピースエリア」が展開されている。 2011年の初開催以降、年々イベントの規模を拡大し続けており、近年のUSJの入場者数増加に大きく貢献している。 メインイベントのは、2007年夏に初めて開催され、2010年以降は毎年開催されている。 累計動員数は2016年までに100万人を突破している。 毎年違うオリジナルストーリーが展開されており、様々な特殊効果を駆使し迫力あるバトルを表現し、キャラクターのセリフは全てアニメと同じ声優が担当している。 2014年には世界のテーマパークやアミューズメント業界で世界的な権威を誇る「ブラス・リング・アワード ライブ・エンターテイメント・エクセレンス部門 最優秀総合プロダクション賞」を受賞している。 イベント名 期間 備考 ワンピース・プレミア・サマー2011 2011年7月7日 - 9月4日 USJの開業10周年記念企画。 エースと白ひげのモニュメント、サンジの海賊レストラン、アドベンチャーラリーなどを実施。 ワンピース・プレミア・サマー2012 2012年7月7日 - 9月9日 ショーやグッズなどが原作に合わせ新世界編仕様に変更。 ワンピース・プレミア・サマー2013 2013年7月5日 - 9月8日 麦わらの一味の宴レストラン、エリアショー「海賊掃討作戦」などを実施。 ワンピース・プレミア・イヤー 2014年3月8日 - 5月11日 2014年7月4日 - 9月30日 春夏連続開催された拡大イベント。 春のイベントではファン投票で選ばれた過去に開催されたプレミアショーをアンコール開催。 夏のイベント「ワンピース・サマー・アドベンチャー」では、新作ショーやウォーターバトルを開催。 ワンピース・プレミア・サマー2015 2015年7月3日 - 9月6日 ワンピース・プレミア・サマー2016 2016年7月1日 - 9月4日 『』『』とコラボした「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」として開催。 ワンピース・プレミア・サマー2017 2017年6月30日 - 10月1日 『ドラゴンボール』『』『』とコラボした「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」として開催。 ワンピース・プレミア・サマー2018 2018年7月6日 - 9月30日 ワンピース・プレミア・サマー2019 2019年6月26日 - 9月29日 プレミアショーは劇場版『』と連動したストーリー。 ONE PIECE展 2012年、連載15周年を記念し、作者監修のもと行われた初の展覧会。 東京で2012年3月から6月まで、大阪で11月から翌2013年2月まで開催された。 2014年には、初の海外開催として台湾で開催された。 会場には数々の名場面の原画、スペシャルムービーの上映、実物大のフィギュアなどが展示された。 テーマ曲には作者と親交がある作曲家・書き下ろしの「パノラミック・エクスペリエンス」が起用された。 公式サイトでは検定クイズや限定グッズの販売などの連動企画が行われた。 東京の総来場者数は90日の期間中で51万人を突破し、同ギャラリーの開館以来、最高の入場者数を記録した。 大阪の総来場者数は30万人を記録した。 台湾の来場者数は25万人以上を記録した。 開催地 所在地 期間 ・森アーツセンターギャラリー 2012年3月20日 - 6月17日 2012年11月24日 - 2013年2月17日 華山1914文創園区 台湾・ 2014年7月1日 - 9月22日 ワンピース グランドアリーナツアー 2012年8月から2013年9月にかけて、全国各地で開催された東の海から魚人島までの冒険を追体験できる期間限定の大型展示イベント。 開催会場 所在地 期間 2012年8月9日 - 19日 2012年8月22日 - 26日 2012年9月22日・23日・29日・30日 2012年11月16日 - 18日 2013年1月1日 - 6日 2013年5月3日 - 6日 2013年7月27日 - 8月4日 2013年8月10日 - 18日 2013年8月28日 - 9月1日 2013年9月13日 - 9月16日 ONE PIECE 麦わらストア 2012年9月に part1にオープンした公式グッズショップ。 麦わらの一味の誕生日には各キャラのバースデーキャンペーンが行われ、季節ごとのキャンペーンなども実施されている。 2012年11月から2013年2月には大阪で開催された『ONE PIECE展』に合わせ、会場内に期間限定で出店した。 以降、期間限定開催として各地で出張開店している。 2015年には大阪・名古屋・福岡の3都市に姉妹店がオープン。 同年3月、内にオープン。 2016年4月、渋谷に渋谷新本店がオープン。 海外では2014年3月に台湾・台北市、2016年9月にタイ・バンコクにオープンしている。 2013年、コラボグッズ『 ONE PIECE謎箱』が発売され、SCRAPのグッズショップややリアル脱出ゲームの会場にて販売された。 第1弾『海底監獄インペルダウンからの脱出』 2014年夏、ツアー形式で全国ので約2ヶ月に及ぶロングランに渡り開催した。 翌2015年には東京渋谷にある『』にて凱旋開催した。 参加者は海底監獄に投獄された海賊として先にインペルダウンに潜入したルフィと一緒に様々な謎を解きながら1時間以内にエースを救出し、海底監獄インペルダウンから脱獄(脱出)することがクリア条件。 キャッチコピーは「命がけの、脱獄」。 第2弾『頂上戦争からの脱出』 2015年、を皮切りに全国9都市11会場のドーム・スタジアムを巡回する野外ツアー形式で約半年に及ぶロングランで実施した。 SCRAPのリアル脱出ゲームサマーキャンペーン「謎夏2015」の一環として実施。 参加者は白ひげからルフィの救出依頼を受け取った海賊となり様々な謎を解きながら1時間以内に瀕死状態のルフィを救出し、海軍と海賊の頂上戦争から脱出(停戦)することがクリア条件。 キャッチコピーは「この戦争を終わらせろ」。 第3弾『黄金遊園地からの脱出』 2016年夏、劇場版『』とのコラボ企画としてとで開催された。 参加者は麦わら海賊団との友好関係を築いた海賊となり、麦わらの一味と一緒に様々な謎を解きながら各々のペースで世界最大のエンターテインメントシティ、グラン・テゾーロの遊園地にある巨大金庫に眠る10億ベリーの黄金を盗む(脱出する)ことがクリア条件。 キャッチコピーは「10億ベリーを盗み出せ! 第4弾『海賊王(ロジャー)の秘宝眠る遊園地からの脱出』 2019年7月13日から9月23日まで、劇場版『』とのコラボレーション企画として、東京ドームシティアトラクションズで開催。 参加者は海賊となり、謎や暗号を解きながら海賊王ロジャーの秘宝を見つけ出す。 キャッチコピーは「海賊まみれのお宝争奪フェスティバル! Hello, ONE PIECE 〜ルフィが町にやってくる! 〜 「 尾田栄一郎監修 Hello, ONE PIECE 〜ルフィが町にやってくる! 〜」 Eiichiro Oda presents Hello, ONE PIECE Luffy is here! は、2017年にで開催された企画展。 以降、国内外で開催されている。 開催地 所在地 期間 ・ 2017年8月26日 - 10月18日 2018年4月28日 - 5月13日 2018年8月4日 - 9月2日 海上世界文化芸術中心 ・ 2018年11月3日 - 2019年1月15日 2018年11月27日 - 2019年1月1日 四川博物院 中国・ 2019年1月30日 - 5月10日 2019年3月9日 - 4月7日 2019年4月20日 - 5月12日 上海ヒマラヤ美術館 中国・ 2019年6月1日 - 9月1日 2019年8月4日 - 8月27日 DIC帝斯曼購物中心 中国・ 2019年9月21日 - 11月3日 謝子龍影像芸術館 中国・ 2019年12月14日 - 2020年2月4日 2019年12月27日 - 2020年1月14日 浙江世界貿易センター1号館 中国・ 2020年2月22日 - 4月19日 2020年3月20日 - 4月6日 その他のイベント・企画 ONE PIECE グランドラインの冒険 2002年に東京・で上映された初のフルCGアニメ。 ONE PIECE お台場の冒険 劇場版第4作『』の公開を記念し、お台場で開催された期間限定アトラクション。 また、に『ONE PIECE』でラッピングされた『ONE PIECEトレイン』が登場し、で『都営地下鉄 ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険 スタンプラリー』が開催された。 ONE PIECE お台場の迷宮 劇場版第5作『』の公開を記念し、お台場で開催された期間限定アトラクション。 また、2003年から2005年にかけてに実物大のが登場した。 ワンピース渋谷ジャック 2005年、コミック累計1億冊突破を記念し、をポスターなどで『ONE PIECE』一色にしたイベント。 累計2億冊を突破した2011年にも行われた。 ONE PIECE スペースランドの冒険 劇場版第6作『』の公開を記念し、福岡・で期間限定で登場したアトラクション。 同年で『ONE PIECEクリスマスパーティ』が開催された。 ONE PIECE 迷路島の大冒険 2006年、で開催された期間限定アトラクション。 麦わらの一味日本上陸 鎌倉ジャック 連載10周年を記念し、夏にで開催されたイベント。 に『ONE PIECE BEACH HOUSE』が期間限定で出店し、など鎌倉の名所を回るスタンプラリーが行われたほか、『ONE PIECE』キャラクターでラッピングされたを走らせた。 神保町 ONE PIECE カーニバル 2010年からの期間、ワンピースがをジャックしたイベント。 この期間中、「神保町シアター」で歴代の劇場版シリーズと共に『ONE PIECE FILM STRONG WORLD EPISODE:0』が上映された。 ワンピースレストラン〜ゴーイング・メリー号〜 2010年から2011年の期間限定で、にて、ワンピース公式レストランがオープンした。 5つの時間帯に分けて営業する110分予約入替制で、総勢5万人以上の来客を集めた。 ONE PIECE サウザンドサニー号クルーズ 2011年3月、長崎・に全長40mに及ぶ実物大のが登場。 園内にはレストランやグッズショップなども展開されている。 2012年3月には新世界編仕様にリニューアルされている。 乗船者数は100万人を突破した。 2015年愛知・に移転。 ONE PIECE ドームツアー 2011年3月から2012年2月にかけて、全国5カ所のドーム球場(・・・・)で開催されたドーム全体を『ONE PIECE』一色としたテーマパーク型イベント。 ワンピースアスレチック あつまれサウザンド・サニー号に! 2011年7月から8月末に「2011」で開催された展示イベント。 内部がアスレチック仕様となった全長23mのサニー号が登場した。 ONE PIECE アクアワールド in 横浜・八景島シーパラダイス 2011年7月16日から11月6日の期間、で開催されたイベント。 館内には『ONE PIECE』の世界を再現した『ONE PIECE水槽』などが登場した。 ONE PIECE 3D 激走! トラップコースター 2011年12月より、全国のテーマパークやイベント会場で限定上映されたオリジナルストーリーの3Dシアター。 ONE PIECE スプリングフェスタ 2012年3月17日から7月10日の期間にサンリオピューロランドで開催されたイベント。 イベント会場ではとのコラボグッズの販売などが行われた。 同年7月14日から9月2日には「ONE PIECE サマーフェスタ」が開催された。 ONE PIECE ライドクルーズ 〜FOR THE NEW WORLD〜 in ハウステンボス 2012年7月にハウステンボスで誕生した国内初の体験型ライドアトラクション。 しらほしマーメイドパーク 2012年7月から9月に「お台場合衆国2012」で開催された展示イベント。 イベント会場には高さ15mのしらほし姫が登場した。 イルミネーションアイランド お台場2012 ONE PIECE FILM Z 劇場版第12作『』の公開を記念し、2012年11月7日から2013年1月31日の期間にで開催されたイベント。 会場では『ONE PIECE』をモチーフとしたイルミネーションの点灯やイベント演出、展示やスタンプラリーなどが行われた。 池袋ワンピース計画 映画『ONE PIECE FILM Z』の公開を記念し、2012年11月23日から2013年1月14日の期間にで開催されたイベント。 では期間限定ショップが開かれ、周辺でスタンプラリーなどが行われた。 チョッパー夢のわたあめ王国 2013年4月と5月に全国の系ショッピングセンターで開催されたチョッパーをメインとした展示イベント。 ワンピースレストラン バラティエ 2013年6月28日から2016年9月30日の期間、7F屋上庭園で営業されたエンターテインメントレストラン。 作中に登場した「海上レストラン バラティエ」をモチーフにしており、外装はバラティエの船体外観を模したものになっている。 倒せシーザー・クラウン! 炎と氷の島パンクハザード!! 2013年7月13日から9月1日の期間に「お台場合衆国2013」で開催された展示イベント。 会場内では限定ショップや軽食コーナーも展開された。 ONE PIECE THE PLANETARIUM 2013年7月13日から11月17日の期間に全国ので開催されたイベント。 原作の名シーンをプラネタリウムの全天周映像で展開された。 ニッポン縦断! OPJ47 クルーズ 累計発行部数3億冊突破を記念し、2013年11月1日から11月20日の期間に実施されたキャンペーン企画。 期間中、47都道府県のに47人のキャラクターがそれぞれ地域の名産や名所とコラボしたフルカラー広告が掲載された。 また、アメリカのと台湾のにもルフィの描き下ろしフルカラー広告が掲載された。 単行本第73巻が発売された2014年3月には、書店購入特典として読者投票で選ばれた名シーンの「ミニ複製原画」(10種類)が配布された。 2015年1月28日、上記の47組のキャラクターCD『 ONE PIECE ニッポン縦断! 47クルーズCD』が発売された。 また、これに合わせ全国のJR主要駅にCDジャケットのポスターが掲出された。 ONE PIECE 麦わらの一味 vs 海軍 vs 王下七武海 ホログラフィックバトルシアター 2014年7月19日から8月31日に「2014」の「ワンピース15周年サニーサイドハーバー」エリアで上映されたホログラフィックムービー。 2016年11月12日から12月11日に、横浜市の劇場「DMM VR THEATER」において「 麦わらの一味 vs 海軍 vs 王下七武海 ホログラフィックバトルシアター アンコール in YOKOHAMA」として再演された。 ANIMATION 15th ANNIVERSARY ONE PIECE SUPER LIVE〝UTAGE〟 アニメ放送15周年を記念し、2014年8月17日に第二体育館で開催されたのライブイベント。 歴代主題歌を担当した多くのアーティストが出演し、特別再編集された名シーン映像が大型スクリーンで上演された。 2015年3月13日にフットタウン内にオープンした大型テーマパーク。 パーク内には各キャラクターをモチーフにしたアトラクションやグッズショップ・レストランなど、多くの施設がある。 2016年7月16日から7月31日にはで開催。 ONE PIECE RUN in 沖縄 2016年3月20日にで「 ONE PIECE RUN in 沖縄2016」として初めて開催されたランニングイベント。 元は2015年5月に台湾で開催された逆輸入企画。 2017年3月19日に「 ONE PIECE RUN in 沖縄2017」として再開催。 イベント内では『ランラン島のお宝を探せ! 』も開催された。

次の

映画「ワンピース」追加キャストに竹中直人ら 登場キャラ&声優は歴代最多に

ワンピース 声優 2ch

作品解説 [ ] より系列で放送中。 フジテレビ系列のアニメ番組では、『』『』に次ぐ長寿作品となっている。 現在、が制作したアニメ作品としては最も長く続いている。 2007年には、当時最も長期間放送されていた『』(6年10カ月・291話)や『』(6年9カ月・296話)の記録を塗り替え、2009年には単体アニメで初めて放送期間が10年を突破した。 原作に存在する残虐なシーンはカット・変更がなされることがあり 、それ以外にも場面やセリフ、時系列といった細かい部分での相違点がいくつか見られる。 映像形式 [ ]• 放送開始当初からであり、である。 また、を実施している。 放送の第207話からは、地上デジタル放送に対応したハイビジョン映像で制作されている(フジテレビ制作のテレビアニメでは初)。 放送の第379話までは、アナログ放送、資金面でデジタル機器が不足しているテレビ静岡などの一部遅れネット局のデジタル放送、VHS、7thシーズンから11thシーズンまでのレンタルDVD、7thシーズンのセルDVD(Log Collection収録版も同様)において、映像の左右をカットしている。 フジテレビ、および同時ネット局であるサガテレビのアナログ放送 では上下に多少の黒帯があり、完全な4:3ではない(ただしブラウン管テレビなど機種によってはほとんど見えない場合もある)。 このため、第207話から第228話までの16:9版は地上デジタル放送の本放送のみでしか視聴できなかった(映像ソフト版の7thシーズン第4巻では本来の4:3の第205・206話と16:9の第207話が同時収録されている。 それに伴い画面サイズの統一を図ったかは不明だが、当初は16:9で収録される予定であった)。 その後、番外編「麦わらのルフィ親分捕物帖」ではセルDVDのみ16:9で収録され、TVシリーズもウォーターセブン編より16:9での収録が始まった。 なお、2008年に放送された第380話より、アナログ放送ではレターボックスでの放送に移行した。 レンタルDVDでは380話以降も依然として4:3での収録が続いていたが、12thシーズンの1巻(408話)より16:9での収録となった。 北米やフランスなど海外では、日本での放送から日にちをおかず字幕つきの日本語音声で放送する「ニアサイマル放送」が実施されている。 放送枠 [ ]• 放送初期の1999年10月から2001年3月までのは、『』や『』シリーズといった原作のアニメが約18年間に渡って放送されていた枠で、に移動するまで、約20年間本作を含め東映アニメーション製作のアニメが放送されていた。 2006年10月以降の枠はローカルセールス枠のため、関東地方以外の各地域では遅れ放送や打ち切りとなった。 これでフジテレビ系列のゴールデンタイムのアニメ枠は一部を除いて廃止 となり、後にレギュラー枠としてのゴールデンタイムのアニメの放送は完全に消滅した。 2006年10月以降にエンディングを廃止したため、関東圏では実質的には9時31分30秒から 9時59分59秒というギリギリの時間まで放送を行っている。 ただしエンディング廃止のため、オープニングテーマの時間が長くなり、本編が始まるのは 9時35分40秒前後である。 2006年9月まで同時ネットを行っていた系列フルネット26局のうち、7局ではローカル枠移動時に打ち切られた が、随時再開していき、2013年5月までに系列フルネット局における未ネット局はなくなった。 また、ローカル枠移動時にはフジテレビと同時ネットを行う局も消滅したが、徐々に増えていき、現在はフジテレビを含めた16局で同時ネットが行われている。 放送開始当初から2006年9月までは、ナイター中継の延長に伴う放送休止が多く、「2週休止して2話連続スペシャル」「3週休止して2話連続スペシャル」などのスペシャル回を頻繁に放送しており、そのたびにプレゼント企画をしていた。 2005年以降はナイター中継があっても途中で打ち切った上で定時に放送されるようになった。 2006年10月のローカル枠移動後は放送休止になる事例はほとんどなくなった。 粗忽屋 [ ] アニメでは、麦わらの一味のメンバーの声優が他のキャラクターの声を兼任することがある。 別名義 声優 主なキャラクター 粗忽屋 カルー、チュチューン、犬ッペ 、マグラ、偽ルフィ(デマロ・ブラック) 粗忽屋店 オーズ 、偽チョッパー(のらギツネ) 粗忽屋店 クンフージュゴン、ピエール、ジゴロウ 、ヤギゴリラゾンビ、サルデス、偽サンジ(ドリップ) 、ヌストルテ 粗忽屋店 スー、ゴンベ、アフェランドラ、偽ロビン(ココア) 、ヴィンスモーク・ヨンジ(子供) 粗忽屋店 マツゲ、ミノタウロス、ドグラ、偽ゾロ(マンジャロウ) 、バリエテ、ランドルフ、ニトロ、ドスマルシェ、ストローマン、ラビットマン、雷刃 粗忽屋店 エニシダ、偽ナミ(ショコラ) 粗忽屋店 シェリー、ヤガラ 粗忽屋店 キキョウ、エポニー、ジョスカルポーネ、リンリンのママ 粗忽屋店 偽そげキング(マウンブルテン) 、タブレット 粗忽屋店 スフィンクス 粗忽屋店 アウトルック3世、偽フランキー(トルコ) 、マウジイ 主な歴史 [ ] 放送日はフジテレビおよび同時ネット局のもの。 (第1話)、毎週水曜19:00 - 19:30にて放送開始。 4月より、毎週日曜19:30 - 19:58に放送時間を移動(移動後初回放送ののみ19:00 - 19:58)。 (第207話)より、制作に移行した。 1月より、毎週日曜19:00 - 19:28に放送時間を移動(移動後初回放送ののみ19:00 - 19:58)。 より、ローカルセールス枠での放送に変更。 関東地方は放送時間を毎週日曜9:30 - 10:00に移動した。 これに伴いエンディングも廃止。 また徐々に原作に追いつきはじめたため、冒頭に麦わらの一味を紹介する映像と長い回想シーンが挟まれ、途中のCM時間も大幅に長くなった。 放送分のみ、次回予告の形態が通常と異なっていた。 2008年より、地上アナログ放送ではレターボックス(アスペクト比16:9)での放送に移行した。 放送分よりルフィ以外のメインキャラクターの登場回数削減に伴い、次回予告の内容は、登場キャラクターがしゃべる形式から、ナレーションの大場真人によるあらすじを読み上げる形式に変更された。 次回のサブタイトルや、最後に決めゼリフをが言うのは変更なし。 メインキャラクターが再び集結した現在もこの形式を続けている。 1時間スペシャルの内、後半エピソードは『ONE PIECE』扱いで制作された。 2011年(第516話)で、12年続いた『サバイバルの海 超新星編』が終了。 翌週の同年(第517話)より原作第2部に当たる『最後の海 新世界編』が開始。 作中の時系列が本編開始から2年後に変更、次回予告BGM・アイキャッチも刷新された。 、高画質化処理を行った「スペシャルエディション」として、第1話からの再放送が開始。 関東地区で毎週土曜9:55から放送。 映像は上下がカットされている。 で放送を終了した。 より、を実施(一部の放送局を除く)。 2015年より、を実施(同時ネット局のみ)。 2019年(第892話)より「ワノ国編」が開始。 次回予告BGM・アイキャッチが刷新された。 放送事故・放送中断・放送休止 [ ]• (第302話)は、のため、放送時間残り約2 - 5分の所で放送が中断されが組まれた。 同29日深夜に改めて放送された。 なお、当時7日遅れ放送だった(UHB)では放送を中断せず、地震報道は画面上部のテロップで流して対応した。 2007年、テレビ宮崎での放映中に映像が停止する放送事故があった。 詳細はを参照。 (第440話)は、 制作局のフジテレビのみ [ ]、地上アナログ放送において、前日に発生したの津波による大津波警報が発表された影響で、本編開始からしばらく無音状態・緊急警報信号が鳴り、そして復帰するという事態が発生した。 その後地上アナログ放送・地上デジタル放送共に津波警報を知らせる日本地図を放送中常時表示した。 このため、同年3月7日(3月6日深夜)の 27:55 - 28:25に [ ]再放送が実施された(番組中での案内は無し)。 また、同日のBSフジの放送でも津波警報を知らせる日本地図が表示された。 は第490話の放送予定であったが、に伴う報道特番の影響により放送休止とされ、第490話の放送は翌週に延期された。 放送予定分(第729話)は、を受けて、放送開始後まもなく放送が中断され緊急報道特番が組まれた。 その影響で同時ネット局、同時刻で放送の遅れネット局を含め、放送が翌週に延期となり、残りの遅れネット局は遅れ日数が縮小された。 4月26日から6月21日まで、の影響により放送が延期となり、ワノ国編の再放送(第892話から第902話)が行われた。 6月28日に放送が再開され、4月26日に放送予定だった第930話の放送が行われた。 声優の交代 [ ] 声優の一時休業 声優 期間 役名 代役 (産休) 2001年 - (第70話 - 第78話) (体調不良) 2006年 - (第254話 - 第263話) (産休) 2007年 - (第299話 - 第319話) (産休) 10月7日 - 12月2日(第856話 - 第863話) 声優の死去 声優 没年 役名 最後の出演 後任 後任の初出演 2001年 2001年(第79話) 2001年12月23日(第94話) 2007年 2004年(第195話) 2018年8月25日 (TVSP『』) 2010年 他 (第432話) (ジンベエ) 2010年(第442話) 2012年 2010年4月 (OVA『』) 2018年8月25日 (TVSP『エピソードオブ空島』) 2013年 (劇場版『』) (TVSP『』) 2014年 2013年 (TVSP『』) 6月25日(第794話) 2015年 2013年(第590話) 2018年8月12日(第849話) 2016年 、、 他 2016年10月23日(第761話) (BB) 2016年11月20日(第765話) (マンボシ) 2017年2月19日(第777話) (ピサロ) 2020年1月12日(第917話) 2017年 2011年(第518話) 1月27日(第870話) 2018年 他 2016年(第751話) (ボルサリーノ) 2019年4月21日(第881話) 、 他 2015年(第710話) (ミョスガルド) 2019年6月9日(第888話) 声優の交代 声優 役名 最後の出演 後任 後任の初出演 備考 (第4話) 2003年4月20日(第151話) 曽我部は2000年に声優を引退し、2006年に死去。 (第151話) 2010年(第462話) 青野は2012年に死去。 青野は番組降板後も劇場版には第10作目までのゲストキャラの声で多数出演していた。 2007年(第324話) 2011年(第512話) 家弓は2014年に死去。 上田敏也 2011年8月28日(第512話) 2017年(第776話) 2010年5月23日(第452話) 2010年(第461話) いまむらは不祥事のため降板。 降板前のエピソードもDVD化の際に岩田による録り直しが行われた。 2012年(第571話) 2017年(第786話) 藤田は2018年に死去。 2014年(第660話) 2014年(第666話) 広瀬は2014年より長期休業。 2004年 2018年8月25日 (TVSP『』) 八奈見は2015年より長期休業。 2016年4月10日(第736話) 2019年6月9日(第888話) スタッフ [ ]• 原作 - (「」連載)• 音楽 - 、• 美術デザイン - 吉池隆司• 美術監督 - 本間禎章(第892話- )、吉池隆司(第895話-第896話)• キャラクターデザイン補佐 - 髙木雅之(第892話-第894話)、太田朝子、高橋成美• 選曲 - 神保直史(オーディオ・タナカ)• 音響制作 - タバック(第722話-)• 制作協力 - (第1話-第806話)• 制作 - ・・ 主題歌 [ ] オープニングテーマ [ ] 当初は1分50秒。 「Crazy Rainbow」以降はエンディング廃止により2分30秒(「OVER THE TOP」では2分)となり、楽曲は所属のアーティストが担当するようになった。 曲名 歌手 使用期間 備考 1 第1話 - 第47話 オープニングで唯一、効果音が挿入されている。 2 第48話 - 第115話 イントロの一部にCDにはない部分がある。 3 第116話 - 第168話 4 第169話 - 第206話 CD版にはないイントロが使われている。 5 ココロのちず 第207話 - 第263話 6 第264話 - 第278話 7 ウィーアー! 〜7人の麦わら海賊団篇〜 7人の麦わら海賊団 第279話 - 第283話 2006年10月の総集編のみでの放送。 映像は「ウィーアー! 」と同一。 8 第284話 - 第325話 9 Jungle P 第326話 - 第372話 10 第373話 - 第394話 11 第395話 - 第425話 12 第426話 - 第458話 13 第459話 - 第492話 第485話から映像の一部が変更。 14 第493話 - 第516話 15 きただにひろし 第517話 - 第590話 オープニングでは最も長く放送。 16 第591話 - 第628話 17 第629話 - 第686話 第663話、第680話で映像の一部が変更。 18 第687話 - 第746話 19 ウィーキャン! ときただにひろし 第747話 - 第806話 第753話から第756話は劇場版『』の映像を使用。 第783話で映像の一部が変更。 20 安室奈美恵 第807話 - 第855話 第825話では映像の一部がこの回のみの特別版に変更。 第826話で映像の一部が変更。 21 第856話 - 第891話 第878話で映像の一部が変更。 22 OVER THE TOP きただにひろし 第892話 -• 冒頭の約30秒間に(声 - )のセリフがある。 をはじめとするネット配信ではカットされているが、各サイト上にその旨の告知はない。 第383話まではノンクレジット。 『』とのコラボレーションによる企画ユニット。 第429話まではノンクレジット。 中盤に(声 - )とモンキー・D・ルフィ(声 - 田中真弓)のセリフがある。 エンディングテーマ [ ] 全て1分10秒。 放送時間が日曜9時30分に移動した第279話(2006年10月1日)以降は エンディングが廃止され、それまでエンディングで表記されていたスタッフクレジットはすべてオープニングでまとめて表記されるようになった。 また、「しょうちのすけ」までは所属のアーティストが担当していたが(「私がいるよ」のみ)、「BEFORE DAWN」以降はavex所属のアーティストが担当していた。 曲名 歌手 使用期間 備考 1 memories 第1話 - 第30話 2 RUN! RUN! RUN! 第31話 - 第63話、TVSP1 エンディングでは最も長く放送。 テレビオンエア時は「Memories」名義。 テレビオンエア時は「ジャンヌダルク」名義。 テレビオンエア時は「faith」名義。 テレビオンエア時は「A to Z」名義。 をはじめとするネット配信ではカットされている。 こちらは各サイト上に「エンディングがカットされている」旨の告知がある。 テレビ本放送時のみ。 挿入歌 [ ] 曲名 歌手 使用話 memories 大槻真希 第130話、第808話 きただにひろし 第129話、第152話 7人の麦わら海賊団 第166話 そげキング(ヒーロー)のうた () 第258話、第264話 Dear friends TRIPLANE 第312話 チョッパーマンのうた () 第336話 () 第379話、第384話 ウィーアー! for the new world きただにひろし 第516話 (チョー) 第517話、第519話 第520話 きただにひろし 第521話、第522話、第573話 Dancing of Breams, and Plaices 第569話 GENERATIONS from EXILE TRIBE 第745話 ねこまむしの旦那に会いに行こう ブルック(チョー) 第765話 ブラッディ・パーティー ビッグ・マム() 第786話 誘惑の森〜一度入ったら出られない〜 ホーミーズ 第792話 eat me! 彼女は伝説の「千年竜」について知っていたため、海軍提督に捕らえられていたが、嵐に乗じて船から逃げ出していた。 一味はアピスと打ち解け、彼女を故郷である「軍艦島」へ送り届けることになる。 一方、の妙薬である千年竜の骨「」を狙うネルソンは、傭兵にアピスを連れ戻すよう命じる。 軍艦島に到着した一味は、山の洞窟で、リュウ爺という名の年老いた千年竜と遭遇する。 悪魔の実「ヒソヒソの実」の能力で動物と話ができるアピスは、仲間とはぐれたリュウ爺をかくまっていた。 アピスの願いを聞いたルフィは、リュウ爺を住み処である「ロストアイランド」へ連れて行くと約束する。 リュウ爺のわずかな記憶を頼りに、一味は「竜の巣」があるとされる島を発見し上陸するが、跡をつけてきたエリックが襲いかかる。 島からは逃げ延びた一味だが、ネルソン率いる艦隊に包囲されてしまう。 一方、エリックは、自らが不老不死となるためネルソンを裏切り、リュウ爺とアピスを奪う。 アピスを守るため最期の力で吼えるリュウ爺の呼び声により、世界中から千年竜が飛来する。 ルフィは提督の巨大船を叩き割り、ネルソンを倒す。 その時、海底から竜の巣が現れる。 リュウ爺は息を引きとるが、竜の巣では新たな千年竜が誕生する。 エリックはネルソンにとどめを刺し、千年竜たちを殺して竜骨を得ようとする。 ルフィはエリックと戦い、吹き飛ばす。 麦わらの一味はアピスと別れ、軍艦島から出航する。 一味はいよいよ「偉大なる航路」へと突入する。 彼はかつて海賊になる夢を持ち、海賊相手に金貸しをしていたが、無人島に漂着し、20年間島で暮らしていた。 年を取りすぎてしまったため、夢を諦めかけていたゼニィだが、ルフィの言葉でヤギたちと「ゼニィ海賊団」結成を決意する。 その翌日、ゼニィの財宝を狙って海軍が島に上陸し、一味に攻撃を仕掛ける。 海軍軍曹は、ゼニィが金貸し時代に持っていた財宝を手に入れようとしていた。 だが実は、ゼニィが島に流れ着いた際、現金に換えて持っていた紙幣はヤギたちに全部食べられてしまっていた。 ルフィたちはミンチーを倒し、彼の上官である海軍大佐は、ミンチーに部隊を利用されていたことを知る。 ムーアは一味を捕らえようとするが、岩礁地帯に艦隊を誘導されて敗北する。 ルフィたちはゼニィと再会を約束し、別れを告げる。 そこは元海賊の市長が支配する島で、人々に重税を課していた。 ルフィたちは、「虹色の霧」を研究している老人・と出会う。 ヘンゾは、50年前に「虹色の霧」に巻き込まれ行方不明となった友達を救うべく、研究を続けていた。 一方でウェットンは霧に眠る伝説の財宝を狙い、研究を援助していた。 「虹色の霧」の中には、船の墓場「エイプスコンサート」が広がっていた。 ヘンゾと共に霧の中に入ったルフィたちは、5人の子供たちを見つける。 彼らは、ヘンゾの友達・率いる「パンプキン海賊団」で、50年前にウェットン海賊団がルルカ島を襲撃した際、「虹色の霧」に呑みこまれ行方不明になっていた。 時空を捻じ曲げる「虹色の霧」からの脱出方法を求めて、ルフィたちはパンプキン海賊団と合流する。 ウェットンは、税金で建てた「レインボータワー」を使い、エイプスコンサートから財宝を運び出す。 ルフィに追いつめられたウェットンは逃げだし、ルフィたちは元の世界に帰るすべをなくしてしまう。 しかし、パンプキン海賊団の助けで脱出に成功する。 元の世界に戻った麦わらの一味の前に、パスクアたち海軍が現れ、ウェットンたちを逮捕する。 パスクアの正体は、「虹色の霧」から脱出し、50年かけて地位を手に入れたラパヌイだった。 念願がかなったヘンゾだが、「虹色の霧」の脅威を知った島民たちから頼まれ、研究を続けることにする。 TVスペシャル3「 守れ! 最後の大舞台」 麦わらの一味はとある島で、「ランドルフ一座」の芝居を見に行く。 開演直前にメンバーが足りなくなり、困っていた彼らのため、一味は飛び入りで芝居に参加する。 座長のは元海軍少佐で、家族を海賊に殺されたことをきっかけに海軍に入り、退役後は自分と同じく海賊によって家族を失った人々を元気付けるため、芝居を続けていた。 彼は古傷が原因で年々声が出なくなっており、この日は引退芝居の日だった。 そこに海軍が現れる。 ランドルフは、元部下の中佐に濡れ衣を着せられ、逮捕される。 ガバナーはかつて、武器の横流しを行い、さらに協力した友人を口封じのために殺していた。 ランドルフによって軍法会議に送られたガバナーは、最終的に証拠不十分で無罪となったが、これによって出世が遅れたとランドルフを逆恨みし、彼を陥れたのだった。 ルフィはガバナーを吹き飛ばし、海軍を破る。 ランドルフはルフィたちに助けられ、無事に引退芝居を成し遂げる。 緊急事態に陥った一味は、一旦メリー号から離れバラバラに避難する。 何とか合流し要塞からの脱出を図りたい一味だが、ナバロンの司令官である知将・中将の戦略が一味を追い詰める。 変装して食堂へ入ったルフィとサンジは、厨房を仕切る美人料理長ジェシカに遭遇する。 ジェシカから料理勝負を挑まれたサンジは、食材を無駄にしない料理でナバロンのコックたちを圧倒する。 一方、看護婦に変装したナミと、箱に隠れたチョッパーは、医務室へと連れていかれる。 チョッパーは、医務室長代理を務めていた女医・コバトをサポートし、怪我人の治療を手伝う。 その頃、ロビンはナバロンを訪れていた特別監査官・中佐になりすまし、要塞の情報を入手する。 ルフィとサンジは、捕らわれたゾロとウソップを救出し、4人はメリー号のあるドックを目指す。 ナミとチョッパーも、コバトの協力を得てドックに向かう。 そこにはドレイク少佐が待ち受けていたが、コバトと彼女の父親である整備士・メカオが起こした混乱に乗じて、ルフィたちはメリー号に乗り込む。 ロビンもメリー号へと合流し、一路脱出をはかる。 脱出寸前、ナミは船内に空島で手に入れた黄金がないことに気付く。 黄金奪還のため、麦わらの一味は再び要塞へ上陸する。 ジョナサンは、黄金をエサにルフィとナミを自室へおびき寄せるが、ナミが海兵たちを打ち倒し、黄金を奪い返す。 それでもジョナサンは余裕を見せる。 ジョナサンの作戦通り、夜9時になると起こる引き潮のせいで、メリー号は航行不能に陥る。 ジョナサンは完全に包囲し、降伏を勧めてくる。 ナバロン不要論を説き、自分だけの力で一味を捕らえようと画策するシェパードは、投降してしまう前に仕留めようと、バズーカ砲で彼らを狙う。 ルフィたちは「貝(ダイアル)」とタコバルーンを使って空へと逃げる。 ジョナサンはそれを読んでおり、大砲の照準をメリー号に合わさせるが、シェパードが放った砲弾が砲台を破壊してしまう。 そしてルフィたちは無事、要塞から脱出を果たす。 ルフィを取り逃がしてしまったジョナサンだが、この事件によってナバロンの必要性を示すことができ、さらに内部の結束が固まったと考えていた。 朝起きると、ロビンを除く6人が、仲間と出会って以降の記憶を失ってしまっていた。 ルフィたちは、タツノオトシゴのような形の笛を吹く少年・が記憶喪失に関わっていることをつきとめる。 そして少年の行方を追うため島に上陸するが、島の人々も記憶を失っていた。 ゾロは笛を持つ少年に操られ、ルフィと戦う。 一方、少年はただ操られていただけで、記憶を奪ったのはタツノオトシゴだということが判明する。 タツノオトシゴは、濃い記憶を食って千年竜になるため、麦わらの一味の記憶を全て奪う。 だが、ルフィに吹き飛ばされ、一味の記憶は元に戻った。 アイスハンター編(第326話 - 第335話) ウォーターセブンを出港した一味は、新世界から逃げ帰ってきたと遭遇する。 その時、氷山が浮かぶ海域「氷街道(ひょうかいどう)」を拠点とする賞金稼ぎ一家「」の罠にはまり、海賊旗を奪われてしまう。 一味は海賊旗を取り返すため、アッチーノファミリーと対峙する。 ナミたちは捕らえられてしまったが、ロビンの手で救出される。 同じく海賊旗を奪われたフェニックス海賊団と協力し、アッチーノファミリーのアジト「ラブリーランド」に乗り込む。 新世界での戦いで気力を失っていたフェニックス海賊団のパズールであったが、ジローや自分を庇い戦死したビガロのことを思い出し、ルフィたちを援護する。 息子達が倒されたことに怒りが頂点に達したボスのドン・アッチーノは体から高温を発する「アツアツの実」の能力で、ルフィと互角に渡り合ったが、海賊を馬鹿にする発言したことで、ルフィの怒りを買い倒された。 無事に海賊旗を取り戻したルフィたちはフェニックス海賊団と新世界での再会を約束し別れた。 金獅子の野望編(第426話 - 第429話) 劇場版第10作『』と連動したエピソード。 インペルダウン編の途中で、その時点のストーリーとは無関係に挿入された。 「」を参照 シーザー誘拐編(仮称)(第626話 - 第628話) パンクハザード編とドレスローザ編の間に位置するエピソード。 パンクハザードで科学者シーザー・クラウンの捕縛に成功し、シーザー引き渡しのためドレスローザへ向かう一味は、突如現れた海獣にシーザーを誘拐されてしまう。 後を追うルフィ、チョッパー、ローの3人は謎のアジトに潜入し、かつてアラバスタで出会ったクンフージュゴン率いる「」と遭遇。 彼らは人や動物をペットとして服従させられる「ペトペトの実」の能力者に操られていた。 そこへブリードが現われ、ルフィたちもペットにされてしまう。 ルフィたちを支配下に置いたブリードはルフィとローに死ぬまで互いを殴り続けろと命じる。 二人は体の制御がきかずボロボロになるまで殴り合うが、「ペトペトの実」の弱点を見抜いたローの機転で窮地を脱する。 逆上したブリードは自らの肉体を強化し襲いかかるが、ルフィとジュゴンの合体技によって倒される。 ブリードの支配から解放されたジュゴンたちは、新たな旅に出発した。 シルバーマイン編(第747話 - 第750話) 劇場版第13作『』と連動したエピソード。 ドレスローザ編とゾウ編の間に位置する。 「」を参照 番外編スペシャル [ ]• ルフィ落下! 秘境・海のヘソの大冒険(2000年12月20日)• 大海原にひらけ! でっかいでっカイ父の夢(2003年4月6日)• 最後の大舞台(2003年12月14日)• (2005年 - 2009年)• 、(2006年 - 2007年)• (2013年4月7日) - 『』、『』とのコラボレーションアニメ。 ROMANCE DAWN(2019年10月20日) - 読み切り漫画『』のアニメ化作品。 土曜プレミアム [ ] フジテレビ系列の単発特別番組枠「」で放送されたスペシャル番組。 (2012年8月25日)• (2012年12月15日)• (2013年8月24日)• (2014年8月30日)• (2015年8月22日)• (2015年12月19日)• (2016年7月16日)• (2017年8月26日)• (2018年8月25日) ワンピース キャラクターズLog [ ] 『 ワンピース キャラクターズLog』は、映画『』公開記念として放送された、麦わらの一味9人に焦点を当てた総集編(関東ローカル)。 全9話。 ナレーションはバルトロメオ(声 - )。 また2016年7月16日より「」にて2週間限定で無料配信された。 8月26日より2話分(ロビン編・フランキー編・ブルック編は3話収録)を収録したDVDが発売。 話数 キャラクター 放送日 DVD発売日 第1回 ルフィ編 2016年6月20日(19日深夜) 2016年8月26日 第2回 ゾロ編 2016年6月30日(29日深夜) 第3回 ナミ編 2016年7月4日(3日深夜) 第4回 ウソップ編 2016年7月18日(17日深夜) 第5回 サンジ編 2016年7月25日(24日深夜) 2016年9月23日 第6回 チョッパー編 2016年8月8日(7日深夜) 第7回 ロビン編 2016年8月15日(14日深夜) 2016年10月28日 第8回 フランキー編 2016年8月22日(21日深夜) 第9回 ブルック編 2016年9月12日(11日深夜) 放送局 [ ] 全て、2020年6月現在。 最新話は放送当日から1週間「」で無料配信される(2018年4月8日開始 )。 過去の放送話は有料コンテンツとして等で配信されている。 ローカルセールス枠になってからはスポンサーとの有無がバラバラになっていたが、字幕放送に関しては2019年現在、フジテレビ系列局ではクロスネット局・BS含め全局実施している。 長野放送・富山テレビでは、2006年9月末を以って放送が打ち切られた後、2011年春に再開された。 その間の4年半分のエピソードは未放送となっている。 秋田テレビでは、2006年9月末を以って放送が打ち切られた後、2013年5月に再開された。 その間の5年半分のエピソードは未放送となっている。 2017年9月までフジテレビとの同時ネット局では番組終了後、CMをはさまずに『』 に接続していた。 過去に放送されていた局 [ ] 放送地域 放送局 打ち切り時点での放送日時 放送系列 備考 (ATV) 木曜 1:29 - 1:59(水曜深夜) TBS系列 (YBS) 土曜 5:30 - 5:59 日本テレビ系列 大分県 (TOS) 不明 日本テレビ系列 フジテレビ系列 映像ソフト [ ] テレビシリーズのVHS・DVD・Blu-rayはすべて(2014年6月までは)より発売されている。 VHSは、1stシーズンから3rdシーズンまではレンタル・セル共に発売されていたが、4thシーズン以降はレンタル版のみとなり、現在は発売されず15thシーズンまではDVDのみで発売。 16thシーズンからはBlu-ray版も発売された。 Blu-rayはセルのみ、DVDはレンタル・セル共に発売されている。 本作品はソフト化に大幅な遅延が起こっている。 1か月に4 - 5話放送されるのに対し、基本的にソフト1巻に3話収録のため、毎月1話のペースでソフト化が遅れることとなる。 長年テレビ放送とDVDの差は開き、2010年12月の時点では本放送時からDVDの発売までに1年11カ月の遅れが発生した。 のとおり、レンタルDVDではテレビ本放送でアスペクト比16:9で放送された話が4:3サイズにサイドカットして収録されている状態が長らく続いていたが、12thシーズンより16:9での収録となった(セルDVDは8thシーズンより16:9で収録)。 収録話数については「」を参照 ログコレクション [ ] 『 ONE PIECE Log Collection』(ワンピース ログコレクション)は、テレビシリーズをエピソードごとにまとめた。 放送10周年記念としてより発売されている。 発売前にシリーズ合計10万セット以上の予約があり、『EAST BLUE』・『SANJI』は2010年7月22日付DVDデイリーランキングアニメ部門と8月2日付オリコン週間DVDランキングアニメ部門で1位・2位を独占。 オリコン週間DVD総合ランキングでも2位・3位となった。 また、『GOD』・『ROCKET MAN』(初動1. 9万枚売り上げ )・『FRANKY』も、週間DVDランキング総合首位を獲得した。 2013年にはシリーズ累計100万本を突破した。 ONE PIECE Log Collection タイトル 収録話 シーズン 発売日 1 EAST BLUE 第1話 - 第17話 東の海編 2010年7月23日 2 SANJI 第18話 - 第30話 3 NAMI 第31話 - 第44話 2010年8月27日 4 LOGUE TOWN 第45話 - 第61話 5 GRAND LINE 第62話 - 第77話 グランドライン突入編 2010年12月22日 6 CHOPPER 第78話 - 第92話 チョッパー登場・冬島編 7 ARABASTA 第93話 - 第110話 アラバスタ編 2011年1月28日 8 VIVI 第111話 - 第130話 9 SKYPIEA 第144話 - 第159話 空島編 2011年6月24日 10 GOD 第160話 - 第179話 2011年7月22日 11 BELL 第180話 - 第195話 2011年8月26日 12 NAVARON 第196話 - 第206話 脱出! CROWN 第612話 - 第628話 2016年9月23日 36 DRESSROSA 第629話 - 第644話 ドレスローザ編 2017年7月28日 37 COLOSSEUM 第645話 - 第661話 2017年8月25日 38 SOP 第662話 - 第678話 2017年12月22日 39 SABO 第679話 - 第695話 2018年1月26日 40 CORAZON 第696話 - 第708話 2018年7月27日 41 BIRDCAGE 第709話 - 第720話 42 DOFLAMINGO 第721話 - 第733話 2018年8月24日 43 FUJITORA 第734話 - 第746話 2018年9月28日 44 ZOU 第751話 - 第760話 ゾウ編 2019年7月26日 45 MINK 第761話 - 第771話 2019年8月30日 46 JACK 第772話 - 第782話 2019年9月27日 47 WHOLE CAKE ISLAND 第783話 - 第801話 ホールケーキアイランド編 2020年6月26日 SP JIDAIGEKI TVSP4、第291話、 第292話、第303話、 第406話、第407話 番外編() 2015年10月23日 ONE PIECE Log Collection Special タイトル 収録作品 発売日 1 Episode of EASTBLUE 2019年3月29日 2 Episode of GRANDLINE 2019年4月26日 3 Episode of NEWWORLD 2019年5月24日 劇場版 [ ] 劇場版一覧 タイトル 公開日 監督 脚本 興行収入 同時上映短編作品 1 21. 6億円 2 30億円 ジャンゴのダンスカーニバル 3 20億円 夢のサッカー王! 4 20億円 5 18億円 めざせ! 海賊野球王 6 12億円 7 宇田鋼之介 9億円 8 9億円 9 志水淳児 9. 2億円 10 48億円 11 7. 9億円 12 68. 7億円 13 51. 8億円 14 大塚隆史 55. 5億円• 第1作から第3作はの一作として上映。 第4作からは単独上映の長編となった。 8作目はアラバスタ編、9作目はドラム編の原作リメイク作品。 10作目は、原作者・尾田栄一郎が製作総指揮を務める記念的作品となった。 当初は例年通り春休み(3月)に公開予定と告知されていたものの、一時公開見送りとなり、改めて2009年12月公開となった。 11作目はフルCG・デジタル3D映画の短編作品。 12作目は原作者・尾田栄一郎が総合プロデューサーを務めた。 『最後の海 新世界編』初の作品で、長編映画としては10作目以来3年ぶりとなる。 13作目は『FILM Z』以来4年ぶりの劇場映画作品であり、前作に引き続き原作者・尾田栄一郎が総合プロデューサーを務めた。 他媒体作品 [ ] イベント上映作品 [ ]• (1998年) テレビアニメ放映以前の「ジャンプスーパーアニメツアー'98」上映作品。 製作であり、声優やスタッフはテレビアニメ版とは大幅に異なる。 (2008年) 「ジャンプスーパーアニメツアー08」で上映された、読み切り版を原案とした作品。 ONE PIECE グランドラインの冒険 2002年7月にとの「夢のタイムマシン」で上映された3Dシアター。 2002年7月から9月までは限定立体イベントとして「出発! 麦わら海賊団〜君も海賊王を目指せ! 〜」も開催された。 ONE PIECE 3D 激走! トラップコースター 2011年12月より上映開始の3Dシアター。 OVA [ ]• 劇場版第10作連動企画として製作されたOVA。 劇場配布された第0巻のアニメ化作品。 劇場版第11作ととのコラボ企画アニメ。 プラネタリウム [ ]• ONE PIECE 〜宇宙っておっもしれえ! 星空島編〜 2007年5月より上映のプラネタリウム上映映画。 上映時間29分。 星空島という島でのオリジナルエピソード。 全天周対応番組・全天フルCGアニメーション。 コニカミノルタプラネタリウム配給。 関連CD [ ] キャラクターソング [ ] タイトル 発売日 2000年7月20日 2002年3月6日 2003年2月5日 2003年9月18日、12月17日 ONE PIECE Character Song Album Peace. 2 2004年2月25日 2004年9月29日 2004年11月25日 2005年2月2日 2008年2月27日 2009年3月25日 2011年11月25日 ONE PIECE ニッポン縦断! 47クルーズCD 2015年1月28日 ONE PIECE ニッポン縦断! 47クルーズALBUM 2016年2月24日 ONE PIECE キャラソンBEST "FESTIVAL" 2016年7月20日 ONE PIECE CharacterSong AL 2019年1月25日 ONE PIECE Island Song Collection [ ] タイトル 発売日 ドーン島「始まりの宝石」 2017年9月27日 ゴート島「1st Friend Forever」 シェルズタウン「大剣豪への道」 オルガン諸島「バギー's HORROR 大サーカス」 ゲッコー諸島「Lies come true」 バラティエ「バラティエにようこそ」 コノミ諸島「Smile for freedom」 ローグタウン「始まりと終わりの町」 サボテン島「故郷のために」 2017年10月25日 リトルガーデン「リトルガーデンMUSEUM」 ドラム島「前略、あれからお元気ですか? 」 サンディ島「アラバスタ・ゲーム」 ジャヤ「DON'T DREAM! ハイエナジー」 空島「神という名のもとに」 ロングリングロングランド「オヤビンThat's Right! 」 ウォーターセブン「SHOCK人SPIRITS! 」 エニエス・ロビー「I want to be alive」 スリラーバーク「スリラーナイト・スリラーバーク」 シャボンディ諸島「HEADLINERS」 2017年11月22日 女ヶ島「Hurricane My Love」 インペルダウン「この世の地獄」 マリンフォード「Save My Heart」 魚人島「タイヨウの下へ」 パンクハザード「INVISIBLEパンクハザード」 ドレスローザ「悪のカリスマ」 ゾウ「海を歩くズニーシャ」 ONE PIECE Island Song Collection ALBUM 2018年8月24日 ベストアルバム [ ] タイトル 発売日 2001年12月1日 2003年7月20日 ONE PIECE BEST ALBUM 〜ワンピース主題歌集〜 Peace. ワンピース ANIMATION LOGBOOK(2002年2月25日発売、)• ONE PIECE RAINBOW! (2007年5月1日発売、)• ONE PIECE WHITE! (2012年8月3日発売、) 備考 [ ]• の通り、当番組は10月より日曜9:30に移動したが、日曜19時台前半枠のアニメが放送枠を移動したのは、4月に開始して同年7月に日曜18:30に移動した『』以来、39年振りのことだった。 また、それより前の1月には日曜19:30から日曜19:00に移動したが、過去に『』や『』のように別の放送枠から日曜19:30に移動するアニメはあったものの、その逆は唯一となっている。 本作は劇中にが挿入されることがある。 主にの交響曲第9番「新世界より」OP. 95、の交響曲第9番第4楽章OP. 125などが挙げられる。 に東京湾のクルーズ船上で行われた劇場版第四作『デッドエンドの冒険』の製作発表会見では、会見中に当時の週刊少年ジャンプ編集長であるが突然倒れ、そのまま急逝するという悲劇に見舞われた。 の公式サイトでは、2006年2月頃から掲示板の荒れが悪化し、11月には放送時間移動や、投稿者同士の悪口の言い合い、作画監督などへの度の過ぎたが大半になった。 このため、掲示板の会員から抜ける人や、東映アニメーションへの苦情が増加したため、11月に掲示板が閉鎖したがに復帰した。 公式サイトには「ワンピを斬る! 」という、各話の批評をするコーナーも存在したが、同様の理由で2007年2月に閉鎖。 同年10月29日にはコーナー自体が廃止となった。 掲示板は、に再び閉鎖された。 フジテレビの夏のイベントであるでは、第1回(2003年)から第3回(2005年)まではゴーイングメリー号を目玉乗り物の一つとして運行させていたが、原作でゴーイングメリー号が自沈したため2006年の第4回ではゴーイングメリー号は運行されなかった。 アニメで声のみだが、『』のとルフィがたびたび共演している。 両津がルフィのようにゴム人間になるエピソード(『こち亀』第333話「ゴムゴムの両さん」)もあり、その回でのオープニングでは、両津はルフィの格好をしていた。 『』の番組冒頭に「犬! PIECE」というパロディコーナーが設けられ、主人公のルフィもアニメのまま登場した(コーナー内ではが、が「ピピプー」という番組オリジナルキャラクター、が着ぐるみで登場した)。 『』のコーナー「IQミラーまちがい7・IQミラーまちがい9」では、アニメとのコラボレーション企画の第一弾を飾り、その後も何度もコラボした。 『』では「もしもルフィが名古屋弁だったら」という企画が行われ、が実際に名古屋弁で1場面を演じた。 2006年放送の『』の特番として「ダイバスター特別編 ONE PIECEの裏側 本当にちょっとだけ見せますスペシャル」が放送された。 本作のスタッフ、アフレコスタジオなどが登場した。 『』で、2009年 - 2009年までの間、毎週ルフィが冒頭コーナーのナレーションを担当した。 『』では、2010年に放送されたスペシャル番組『トリビアの泉 へぇへぇの種で大満開 久しぶりにやったらギネスまでとっちゃったよSP』のオープニングで、麦わらの一味と出演者の・・が共演するコラボ企画が行なわれた。 初代オープニングテーマ『ウィーアー! 』が使われ、ルフィ役はタモリ、ゾロ役(冒頭のみサンジ役)は八嶋、サンジ役(冒頭のみゾロ役)とゴールド・ロジャー役は高橋に置き換えられ、また、シャンクスはルフィ、ベン・ベックマンはゾロ、ヤソップはナミ、ラッキー・ルウはウソップに置き換えられて登場する特別版となっている。 これは、2年半ぶりの放送ということでこの番組を知らない小さな子ども達のために制作されたものである。 放送の『』の大晦日特番『』では、麦わら一味が着ぐるみ人形で登場し、紅組の応援を担当した(白組は『』のまる子一家とクラスメイトの着ぐるみ)。 に『』で放送された『』では、進行役としてルフィとチョッパーがアニメキャラで登場した(ナレーターは本作の大場真人)。 最後は翌に『』で放送される『』の告知を行った。 放送の元日特番『』では、応援として麦わら一味が登場した。 なお同番組には『ちびまる子ちゃん』のまる子一家とクラスメイト(丸尾・穂波・野口)の着ぐるみが応援として登場、『ものまね紅白』以来4年1日振りの共演となった。 - 同年放送の大型特別番組『』では、『ドラゴンボール超』・『ちびまる子ちゃん』・『こちら葛飾区亀有公園前派出所』と共に麦わら一味が様々な歴史に遭遇するアニメが同番組の通し企画として放送された。 なお『』に麦わら一味が登場したのはこれが初である。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2011年10月から新章「最後の海 新世界編」が開始したが、番組タイトルの変更は行っていない。 例として、ゼフが岩場に打ち上げられた時に、原作では足を食べて生き残ったことになっているが、アニメ版では壊れた船に挟まれて足を失ったと変更されている。 なお、原作者は「幼い視聴者に対しての配慮」だと語っている(コミックス15巻SBS)。 ルフィのセリフは黄色、ゾロのセリフは緑色、ナミのセリフは水色、それ以外の人物は白色で表示される。 2006年9月以前はすべてのネット局• ただし、では2008年3月まで本作が月曜19時から放送されていたので一部の地域では存続されていたとも言える。 単発放送を含めると、夏以降本作品の2時間スペシャルが『』枠で年1回程度放送されており、これが2019年現在フジテレビにおいてゴールデンタイムにアニメが放送される唯一の事例となっている。 当初は10局以上の系列局が打ち切る予定であった。 また、2006年11月から本番組がで放送開始されたため、地上波未ネット地域でもそちらで補完することになっていた。 現在放送休止となる事例は、年末年始・3月第1日曜(2018年までは2月最終週)の中継(2007年以降、と隔年で中継)、毎年3月第2日曜の中継(2012年以降毎年、制作。 このため、東京マラソンをフジテレビが中継する年は2週連続放送休止になることもある)、毎年秋の初め(2016年までは夏休み初め)のの放送のみ。 なお、ブルックの影が入っているリューマはアニメ本編では「チョー」名義だが、公式サイトでは「粗忽屋雑司ヶ谷店」名義でクレジットされている。 本物の一味の担当声優が、ニセ一味では別のメンバーの声を担当している。 劇場版第7作『』(2006年公開)を含む。 クレジットなし。 第196話から第283話までクレジットなし。 第395話-第425話は「製作担当補佐」でのクレジット。 2009年1月から小泉と久田の連名。 2009年11月に小泉の降板に伴い、単独で久田のみがクレジットされるようになった。 第575話から新設。 一部話数を除く。 色彩設定は第115話まではEDで、第116話以降は色彩設計とOPでクレジット。 堀田は色彩設計に昇格する前は、色指定を担当していた。 志水は一時期、宇田と連名でクレジット。 境と宮元は連名でクレジットされた後に境の降板に伴い宮元単独でクレジットされる様になった。 第892話から新設。 第323話-第345話までの「編集」に昇格するまでは「編集助手」という役職でクレジット。 第653話から新設。 第781話は、藤村聡が担当。 第460話までは「TOVIC」、第461話以降は「東映デジタルラボ」とクレジット。 ノンクレジット。 ゲーム『ONE PIECE オーシャンズドリーム! 』を元にしたストーリー。 2017年9月まで本編の開始は9:32頃から。 フジテレビおよび同時ネット局はストロング9後半枠(ただし名称表示はない)として放送。 2013年以降、毎年8月に開催される『』放送日は同日の12:30 - 13:00に放送。 2017年8月27日は同大会中継のため、12:30 - 13:00での放送となったが、同日は13:00 - 13:30にも放送し、同年9月3日から同時ネットに移行。 2010年12月までは木曜 17:24 - 17:54に放送され、2011年1月9日から現在の日時。 さらに、2014年12月28日・2015年1月4日にそれぞれ4話連続放送を行い、2015年1月11日から同時ネットに移行。 2007年3月までは金曜 15:30 - 15:59。 2007年4月から現在の時間に移動。 2017年12月31日に遅れ分の1話を放送し、2018年1月7日より同時ネットに移行。 時差ネット開始当初は木曜 16:24 - 16:53に放送されていたが、2010年4月1日・8日・15日に2話連続放送をした後、4月18日から同時ネットに移行。 また、スペシャルエディションは2012年7月7日に放送している。 2012年8月4日・11日・18日に3話連続放送をした。 2008年3月までは月曜19:00 - 19:30。 また、『トリコ』が未放送になったため、第492話・第542話・第590話 (『トリコ』とのコラボの回)は、未放送。 3月26日は土曜 10:00 - 10:30。 2016年3月21日に遅れ分の4話、4月3日の9:00に遅れ分の1話を放送し9:30から同時ネットに移行。 2011年4月3日より第491話から放送再開。 2011年7月3日までは日曜 5:30 - 6:00で放送され、2011年7月5日から2012年9月30日まで火曜15:30 - 16:00に放送された。 2012年10月7日から2013年4月7日まで再び日曜 5:30 - 6:00で放送し、2013年4月7日より同時ネット。 そのため、4月7日は1日に2話放送となった。 当初は1週遅れだったが、2009年3月22日に『』のためにフジテレビ系列で放送が休止された日に時間を変更して遅れ分を放送し、3月29日から同時ネットに移行。 2011年3月27日に第336話を放送した後、4月3日より第490話から放送再開。 2012年3月17日には『』が遅れ日数調整のため休止になったため、代わりに本作の第291話が放送され、2013年1月5日にも同様に第303話が放送された。 では、2012年10月14日放送の第566話まで本来の話数ではなく再開時を起点とした話数が表示されていたが、その後話数表示はなくなった。 2013年10月6日より同時ネットに移行し、この日のみそれまでの6:30 - 7:00と併せて2話放送。 番組開始から2006年9月まで同時ネット。 ただし休止となる場合があったり、未放送となっている場合がある)での放送再開まで非ネットであった。 当該枠は関西テレビ制作の『』に差し替えていた。 2008年4月改編で、フジテレビ『』に差し替えに変更、同時ネットできないための代替編成となり、この影響で第542話トリコとのコラボの回は放送されず、2013年4月改編で『もしもツアーズ』が土曜 9:55 - 10:25に枠移動したため、再度同時ネットに移行。 2011年9月までは枠で放送(2007年3月までは木曜 16:00 - 16:30。 2011年3月までは金曜 15:59 - 16:30。 2011年9月までは金曜 16:21 - 16:51。 編成上の都合で他の曜日の放送となる場合があり、遅れネット最後の放送は9月28日の水曜。 また、2011年3月11日に(東日本大震災)が起きたため、休止となり翌週の3月18日に放送。 同年の4月1日は『』の再放送が拡大したため翌週の4月8日に放送。 そのため、これらの日は遅れを拡大しないように2話連続放送をした)2011年10月2日より同時ネットになった。 2008年3月までは土曜 16:55 - 17:25であったが、4月20日から日曜 9:28 - 9:56に移動、2009年1月から現在の時間に移動となった。 東日本大震災の影響で内容に配慮し、2011年3月20日から4月10日まで再放送を4話挿入したため、さらに遅れが広がった。 しかし、2012年8月8日 - 10日に5話一拳に放送し、2016年4月3日の9:00 - 9:30に遅れ分の1話を放送し同時ネットに移行。 データ放送は6月12日放送より開始した。 但し、放送のタイミングによってはデータ放送や解説放送を実施しない場合がある。 2007年3月までは月曜 15:25 - 15:55、2012年3月までは月曜 15:30 - 16:00。 2012年8月13日 - 8月17日まで2話連続で放送し、8月19日から同時ネットに移行。 2008年3月までは木曜 16:00 - 16:30、2008年4月から2018年3月25日までは日曜 9:30 - 10:00だった。 第829話を2018年4月1日6:30 - 7:00に放送して遅れを解消し、同日の現在の時間から同時ネットに移行。 2007年4月から放送再開。 ただし、2006年10月 - 2007年3月までの放送分は未放送。 作者の出身地。 2006年9月までは同時ネット、2006年10月から2009年3月までは火曜15:30-16:00、2009年4月から2014年9月までは土曜 10:25 - 10:55に放送。 通常の日曜 9:30 - 10:00の同時刻の遅れネットに加え、2018年9月17日・24日の月曜 10:50 - 11:20に計2話を放送し、同年9月30日から同時ネットに移行。 2011年4月17日までは日曜 9:00 - 9:30。 ただし、毎月第1日曜日は『ぐっとグッドかごしま』(の広報番組)を放送のため休止し、遅れが拡大していた。 東日本大震災の影響で内容に配慮し、2011年3月20日から4月17日まで再放送を4話挿入したため、さらに遅れが広がった。 2011年4月24日より放送時間が9:30 - 10:00に移行。 2011年5月と6月にスペシャルとして各4話の計8話を集中放送したため、遅れが解消された。 2013年4月20日に5話まとめて放送され、翌4月21日より同時ネットが開始された。 2013年5月5日より第588話から放送再開(2006年9月をもって一旦放送を終了した局の中では、最も遅い再開となった)。 2013年8月10日に第312話 - 第315話を集中放送(『エピソードオブメリー』放送に合わせたもの)。 2013年8月14日に第336話を放送(『トリコ』放送休止週の穴埋め)。 2016年3月27日までは日曜 6:30 - 7:00に放送した。 2016年4月4日 - 2017年4月10日の月曜 0:30 - 1:00(日曜深夜)への移動を経て2017年4月17日より現在の時間で放送。 なお、2018年以降は東北地方の系列局で唯一、遅れネットならびに深夜での放送となっている。 2007年3月28日までは火曜 1:49 - 2:19(月曜深夜)。 2019年9月までは新潟総合テレビ。 当初は金曜 15:28 - 15:58だった。 2008年3月までは木曜 16:00 - 16:30。 2019年9月までは日曜 6:30 - 7:00。 岡山放送の放送休止が相次ぎ、遅れ幅が広がった。 2012年8月25日から9月15日にかけて、現行枠だけでなく土曜10:10 - 10:40にも計5回放送されていたため、遅れ幅が縮小。 2006年12月下旬3ヶ月分を集中放送した後、2007年1月から日曜9:00 - 9:30に毎週放送を再開。 2018年4月19日から現在の時間に移動。 2013年3月までは木曜 16:30 - 17:00。 2008年3月までは『こち亀』スペシャルの放送をしなくても特番を入れ、差が開きも縮まりもしないように毎回調整されていたが、2008年4月以降は『こち亀』スペシャルも放送するようになった。 2013年4月から土曜 11:10 - 11:40に移動。 2016年10月から表記の時間に移動。 2006年12月下旬に第279話 - 第288話を集中放送。 2007年1月6日から2009年3月28日まで日曜 5:00 - 5:30で毎週放送再開した。 2009年4月13日より月曜 15:30 - 16:00に移動し、2009年10月4日より日曜6:30 - 7:00に移動し、2011年4月3日より9:30 - 10:00に移動。 また、2012年4月2日から2014年3月28日まで平日午後に再放送を行っていた。 2014年4月5日から2018年3月までは土曜 5:30 - 6:00に、2018年4月から12月までは日曜 6:30 - 7:00に、2019年1月から3月までは日曜 5:30 - 6:00に放送。 2019年4月より現在の時間に移動。 水曜19:00枠時代は同時ネット、日曜の枠に変更以降は時差ネット。 2013年3月までは水曜 15:27 - 15:56(変動あり)に放送。 毎年8月に開催される『』(制作)の放送の日は、放送休止となる。 同時ネット局と同時刻であるが遅れネット。 2006年10月から2007年3月まで日曜 9:00 - 9:30、2007年4月から同年9月まで日曜 6:30 - 7:00に放送。 2007年10月から2012年3月まで月曜 15:00 - 15:29、2012年4月から12月まで土曜 2:10 - 2:40(金曜深夜)での放送を経て、2013年1月から3月まで再び日曜 9:00 - 9:30に移動し、同年4月から現在の時間に移動。 2007年1月24日 - 1月26日に3話連続放送した後、2007年1月31日から放送再開。 2008年9月までは木曜 15:29 - 15:59で、2009年4月11日までは土曜 5:00 - 5:30だった。 また、2010年8月2日 - 12日まで、月曜 - 木曜 14:05 - 14:30に日曜のレギュラー放送と連動して集中放送した。 その結果遅れが短くなった。 第542話 『トリコ』とのコラボの回 は、2012年6月26日に放送。 しかし、『トリコ』は2013年4月16日を以って打ち切られたため、第590話 (『トリコ』とのコラボの回) は未放送となった。 2016年3月までは水曜 16:20 - 16:50。 2008年10月4日より放送開始。 2010年3月までは土曜 6:00 - 6:30、2010年4月15日から2010年6月24日までは木曜 19:00 - 19:30、2018年12月までは日曜 5:15 - 5:45に放送。 なお、大分県では本来の系列局の(日本テレビ系列・フジテレビ系列の)で放送していた時期がある。 SD画質での放送。 2011年3月27日までは日曜 11:00 - 11:30で(4:3画面のアップコンバートでの放送)、2011年10月4日までは火曜 1:29 - 1:59(月曜深夜)で放送していた。 2011年10月31日から2016年3月28日まで月曜 2:20 - 2:50(日曜深夜)を経て現在の時間で再開。 日曜時代は地元スーパーのにより枠で放送。 2006年より放送開始。 2008年9月27日までは土曜 8:30 - 9:00。 2011年1月2日(第216話)に字幕放送開始。 2010年3月で一端打ち切られたが6月より現在の時間に移動して再開。 放送内容は打ち切り前は週替わりだったが現在は隔週変更になっている。 更に暫くして(何十話か遅れた)2話単位の再放送と更に時間を置いた再々放送がある。 基本は毎日1話放送だが、特番などで放送されない日は土曜・月曜の再放送も放送分だけの短縮放送になる。 2014年3月30日までは『』。 なお、2016年9月25日までは『ワイドナショー』を唯一遅れネットしていた関西テレビでは『』。 2011年4月17日より第457話から放送開始。 2011年9月までは日曜 6:00 - 6:30に放送、2011年10月から2015年3月にかけては土曜 9:30 - 10:00、2015年4月から2016年3月にかけては土曜 6:00 - 6:30、2016年4月から6月23日にかけては木曜 16:18 - 16:48、2016年7月7日から9月にかけては木曜 15:20 - 15:50、2016年10月から2017年4月1日にかけては土曜 10:45 - 11:15に放送。 2017年4月6日より木曜 1:29 - 1:59(水曜深夜)に移動し、同年9月6日に第782話をもって打ち切り。 打ち切り後、大分放送で再開。 出典 [ ]• ONE PIECE. com 2014年6月30日. 2014年10月1日閲覧。 文化庁 文化庁月報 平成25年12月号. 2014年10月1日閲覧。 尾田栄一郎『ONE PIECE』27、集英社、2003年、86頁。 ONE PIECE. com. 2020年4月2日閲覧。 ワンピース 公式サイト 東映アニメーション 2012年3月27日. 2012年8月26日閲覧。 MANTANWEB 2020年4月20日. 2020年4月20日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ). 産経デジタル 2020年6月19日. 2020年6月19日閲覧。 日刊スポーツ 2018年12月29日. 2019年2月5日閲覧。 日本アドシステムズ• ONE PIECE. com 2017年4月8日. 2018年2月18日閲覧。 ONE PIECE. com 2018年2月9日. 2018年2月18日閲覧。 ONE PIECE. com 2018年2月16日. 2018年2月18日閲覧。 ONE PIECE. com 2019年7月1日. 2019年7月2日閲覧。 ONE PIECE. com 2013年12月19日. 2017年3月10日閲覧。 ONE PIECE. com 2016年6月6日. 2016年6月8日閲覧。 ONE PIECE. com 2017年3月5日. 2017年3月10日閲覧。 ONE PIECE. com 2019年7月22日. 2019年8月1日閲覧。 フジテレビ 2013年2月6日. 2013年4月7日閲覧。 ONE PIECE. com 2019年3月30日. 2019年10月14日閲覧。 ウォーカープラス 2012年11月21日. 2012年11月25日閲覧。 アニメ!アニメ! 2013年6月17日. 2013年6月18日閲覧。 ONE PIECE. com 2015年6月16日. 2015年6月29日閲覧。 ONE PIECE. com 2015年11月9日. 2015年11月9日閲覧。 ONE PIECE. com 2017年6月26日. 2017年6月30日閲覧。 ONE PIECE. com 2018年5月19日. 2018年5月24日閲覧。 アニメ! アニメ! 2016年6月10日. 2016年7月4日閲覧。 ONE PIECE. com 2016年7月5日. 2016年7月15日閲覧。 ONE PIECE. com 2018年4月8日. 2018年4月24日閲覧。 mu-mo エンタメニュース 2010年7月24日. 2012年2月1日閲覧。 ORICON STYLE 2012年2月1日. 2012年2月1日閲覧。 リスアニ! WEB 2013年6月24日. 2013年9月25日閲覧。 ONE PIECE. com 2015年12月7日. 2015年12月7日閲覧。 ONE PIECE. com 2018年12月12日. 2018年12月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - 尾田栄一郎公認ポータルサイト• - プレイリスト• - プレイリスト• - プレイリスト 前番組 番組名 次番組• (1987年 - )• (1987年)• (1987年 - 1993年・1996年)• (1987年 - 2000年)• (1988年 - 1989年)• (1990年 - 1992年・1996年 - 2003年・2005年 - 2007年・2017年・2020年 - )• (1987年 - 1990年・1992年 - 1996年・1998年 - 2001年・2004年 - 2013年)• (1990年 - 1992年)• (1991年)• (1992年 - 1995年・2019年)• (1992年 - 1994年)• (1996年・1998年 - 1999年)• (1992年 - 1994年)• (1992年)• (1994年)• (1994年)• (1995年・1997年・2009年)• (1995年)• (1995年・1997年・2002年 - 2006年、2011年 - )• (1997年)• (1997年 - 1998年)• (1998年 - 2004年)• (1998年)• (1998年)• (1998年・2001年・2004年 - 2005年・2008年 - 2015年)• (1998年 - 2000年・2007年・2011年 - 2014年)• (2000年・2007年)• (2001年 - 2007年・2011年 - 2012年・2015年)• (2001年 - 2003年・2006年)• (2001年 - 2003年・2005年)• (2001年)• (2002年)• (2003年)• (2004年・2011年 - 2012年・2015年)• (2004年・2008年 - 2012年)• (2005年)• (2005年)• (2005年)• (2006年)• (2006年 - 2012年・2016年)• (2006年 - 2011年)• (2006年 - 2007年)• (2008年・2014年)• (2008年・2019年)• (2008年 - 2010年)• (2009年 - 2010年)• (2009年 - 2012年)• (2009年 - 2010年)• (2011年 - 2013年・2016年 - 2018年)• (2011年 - 2013年)• (2011年)• (2011年)• (2011年・2015年)• (2011年)• (2012年)• (2011年 - 2012年)• (2011年 - )• (2012年・2014年)• (2012年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2014年・2016年)• (2015年)• (2016年 - )• (2016年 - 2018年)• (2016年)• (2016年)• (2016年 - 2017年)• (2016年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年 - )• (2017年 - )• (2018年 - )• (2019年) スピンオフ.

次の

ムッシュールの能力ノコノコの実の詳細は?声優がみのもんたってマジ?|ワンピース ネタバレ考察

ワンピース 声優 2ch

2020年7月20日発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース本誌985話のネタバレ最新確定画バレ速報をお届けします。 その容姿に読者も驚きましたが、ヤマトは光月おでんに憧れ、父カイドウが探している光月おでんの航海日誌を隠し持っていること。 さらには以前ワノ国に訪れていたエースと面識があることが発覚しました。 ヤマトの過去とは、『新鬼ヶ島計画』とは? ワンピース985話の内容もわかりましたので、ネタバレしております。 今回は「【ワンピースネタバレ最新話速報985話ネタバレ】カイドウが明らかにする新鬼ヶ島計画の全容は?」と題しお届けします。 現在ワンピースは次回で985話となっており、ワンピースワノ国編でのルフィたちとカイドウとの戦いも激しさを増していますね。 ワンピース61巻までの無料公開もありましたが、その続きやワンピースの これまでの話を読み返したいとなる人も多いかと思います。 ワンピース最新話985話ネタバレ速報考察 ヤマトめちゃくちゃ可愛いやん!! 強くて可愛い女の子。 こういう子ワンピースで久しぶりかな。 ワンピース最新話984話までのネタバレも含みますのでご注意ください。 ワンピース最新話985話ネタバレ考察 エースとのつながりとは? ワンピース984話でヤマトの話の中で突如 エースがでてきました! ロジャーの息子であり、ルフィの兄でもあるエースの名前が、ヤマトの口から出てくるとは驚きましたね。 話している様子から考えると、どうやらヤマトはエースと出会った経験があるようです。 実際にエースはワノ国に来ており、お玉とワノ国を救うという約束まで交わしていました。 もしかすると エースとヤマトはこの時に接触していたのではないでしょうか。 そして、エースのワノ国を救うという言葉に心を打たれたのかもしれませんね。 またおでんに憧れているヤマトです。 白ひげとおでんの出会いの時のように、いきなりエースに戦いを挑んだのかもしれませんね。 ルフィはヤマトの話を5分だけ聞くと言っていましたが、エースの話ともなると、出会いや、何をしていたかについて詳しく聞きたがるでしょう。 またエースの秘密が明かされるかもしれません! ワンピース最新話985話ネタバレ考察 カイドウの新しい計画! オロチがモモの助の処刑を始めようとしている中、カイドウが予定より早くある発表をしました。 今回でこの計画の内容が明らかになるのではないでしょうか。 新鬼ヶ島計画というほどですから、現在の鬼ヶ島と同じような縄張りを新たに別に作ろうとしているのかもしれません。 または鬼ヶ島を新しく改造するということかもしれませんね。 カイドウが予定を早めたほどですから、もうすでに計画と準備は整っており、兵力と資金も集まっているのでしょう。 ワンピース最新話985話ネタバレ考察 おでんの航海日誌の内容が明らかに? 光月おでんの処刑される姿をみて感動したヤマト。 男としての憧れを持ったヤマトですが、なんとおでんのいた九里でおでんの 航海日誌を手に入れたのでした! ヤマトはこれを大切に持っていたようで、カイドウにさえ日誌の存在はバレていないようです。 おでんは伝説の海賊白ひげとロジャーと共に航海してきましたから、日誌だけでも新たな情報は次々に浮かび上がってくるでしょう。 ラフテルの秘密までも書かれているかもしれません! そして、おでんが思い描く20年後のワノ国についても言及されているはずです。 その夢の実現をヤマトは願い、さらにはルフィに協力を得て託そうとしているのでしょう。 ルフィ側が形勢逆転する大きな一歩となりそうです。 またこのおでんの航海日誌の内容をルフィが知れば、今後の航海にとても有益な情報が入っているかと思います。 これでルフィの海賊王の道もかなり近くなったのではないでしょうか? しかしルフィは航海は自分の決めた道を進みたいと思いそうなので、おでんの航海日誌には興味はありそうでしたが、あえて読まないかもしれませんね。 ワンピース最新話985話ネタバレ考察 ヤマトは仲間になる? ヤマトは突然の登場で、ルフィとうるティが衝突しているところからルフィを救いました。 そしてヤマトは侵入者であるルフィに、 自分が四皇カイドウの息子であることを明かしました。 一体この発言にはどんな意味があるのでしょうか? ルフィと以前に関係を持っていたのか、それともバルトロメオのようにルフィの大ファンなのかもしれません。 ヤマトはカイドウと仲たがいしているようなので、 ルフィに協力する可能性が高いですね。 ヤマトはルフィに対して敵対心が無いようなので、かなり期待していいのではないでしょうか。 さらにこれからヤマトとルフィは行動を共にするようなので、親子喧嘩の原因も明かされるかもしれません。 あわせて読みたい ワンピース最新話ネタバレ985話考察 ヤマトがオロチを討つ?ヤマトのモデルは日本武尊? カイドウの「息子」であり「娘」であるヤマト。 そんな彼(彼女)は古事記や日本書紀に登場する「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)」本作のモデルではないかと言われています。 日本武尊との共通点として、彼の有名なエピソードの一つであるクソマ討伐で「美少女の姿に変装して、敵軍の宴席で敵将二人を討つ」というものがあります。 女性に変装した男性という部分が今のヤマトととても似通っています。 また日本武尊の一番有名なエピソードである『伊吹山の神との戦い』は、一説によれば討伐した伊吹山の神とはヤマタノオロチであるといわれています。 実際ヤマタノオロチは伊吹山に今現在でも祀られているので、この説は有力であるでしょう。 更に、伊吹山の神は古事記では大きな白い猪として書かれており、ワンピースの作中では白い大きな猪の山神はかつて光月おでんが退治しました。 この二つのエピソードでこのワノ国編が日本武尊の神話のオマージュであると考察すれば、「ヤマトがオロチを討つカギになるのでは?」ということになるのではないでしょうか。 ワンピース最新話ネタバレ985話考察 ヤマトはこの戦いで死ぬかもしれない? 上記したとおり、ヤマトのモデルが「日本武尊」で、かつカイドウとオロチの戦いが、クソマ討伐と伊吹山の戦いのオマージュであった場合。 神話をなぞるのであればヤマトはこの戦いで命を落としてしまう可能性があります。 現在カイドウとオロチは宴を行っており、その状況でルフィ達はカイドウらを討とうしています。 カイドウとオロチがクソマの大将であるクソマ兄弟に当てはまり、ヤマトが味方として参戦するのであれば、まさにそのエピソードをなぞることになります。 また伊吹山の神であるヤマタノオロチの討伐の際、日本武尊は重傷を負ってしまいます。 もしもこの一連の流れが日本武尊の神話のオマージュであるのならば、ヤマトが死んでしまう可能性が出てきます。 さらに、もしもヤマトが本当におでんの日誌を読み、おでんが書き残した『真実』を知っているとすれば、世界政府にとって不都合な真実を知る人物となります。 そうなるとヤマトは世界政府に命を狙われる存在となってしまうでしょう。 ワンピース最新話ネタバレ985話考察 マルコが見た「海にいた妙な影」とは? マルコがひとり呟いていた「海にいた妙な影」。 普通に考えればビック・マム海賊団のペロスペロー達のことを指すのでしょうが、ほかの可能性も捨てきれません。 現在ワノ国編で出てきている中で行方が分かっていないのは、ルフィが牢獄で会ったカリブーですが、流石に嵐の中でカリブー単独が進むのは無理でしょう。 となると第三勢力の可能性が出てきます。 嵐の中、マルコが空の上から目視できたということは、そこそこ大きな船の類であると考えられます。 となると、上述した「ほかの四皇の参戦」、または「ルフィの傘下となった海賊団の参戦」、もしくは海軍の戦艦である可能性があります。 一番有力なのは、海軍本部機密特殊部隊SWORDの隊長であり飛び六胞になっているX・ドレークが呼び寄せた海軍でしょう。 どの勢力が参戦するにせよ、ワノ国の戦いはさらに激化すること間違いありません。 ワンピース最新話985話ネタバレ考察 ナミはモモの助を救える? ビッグマムがじりじりと後ろからナミに迫ってきています。 さらにモモの助はすでにオロチの手中にあります。 ここでナミがモモの助の前に現れたとしても、救えるのかと言えばかなり難しいのではないでしょうか。 さらにゼウスにまでも追われており、ルフィ達ですら逃げるのに苦労している場所です。 そしてどうにかビッグマムたちを振り切ったとしても、ライブフロアにはクイーンが残っています。 簡単にモモの助を救えることはなさそうですね。 ワンピース最新話985話ネタバレ考察 磔にされるモモの助? カン十郎はモモの助をとうとうオロチとカイドウの元へと連れていきました。 そしてモモの助を目の前にしたオロチは部下に磔台に乗せるように命令しました。 オロチは光月家の血筋を断とうとしているのです。 ついに最終決戦ともいえるほどの大きな戦闘が始まるかもしれません。 オロチやカイドウもそれを見越して、磔台の周りには大看板や真打ちなどの強力な幹部を磔台を警護させるはずです。 ワンピース最新話985話ネタバレ考察 ビッグマムとの逃走劇 遊郭の部屋で錦えもん一行とチョッパーが遭遇したのはなんとビッグマムでした。 錦えもん達は錦えもんの能力で変装しているため、まだばれていない様子です。 しかし、ブラキオタンクで進んでいたチョッパーはビッグマムと目が合ってしまい、恐怖のあまり固まってしまいました。 当然ビッグマムから全力で逃走する2人ですが、ビッグマムは2人を追いかけてきました。 絶望的な状況に陥ってしまいましたが、2人はビッグマムを撒くことが出来るのでしょうか。 しかし、2人のおかげで錦えもんたちは潜入しやすくなったとも考えられますから、この隙にモモの助奪還を果たしてほしいですね。 最悪の世代が4人そろっていることもあり、戦闘に陥っても戦闘力的には十分ともいえます。 しかしゾロの考えている通り、ここでダメージをためているとカイドウ戦まで身が持ちません。 ただ大量の敵を前にして、走るだけでは敵を撒けるとは考えられないので、4人で手分けして敵を倒しながら逃げるのではないでしょうか。 ワンピース最新話985話ネタバレ考察 マルコとイゾウとネコマムシが参戦でどうなる? ワノ国に関係がある、イゾウ、ネコマムシがついに登場です! イゾウは故郷のワノ国が大変な時に、おそらく鎖国状態だったために情報が届いていなかったのでしょう。 ネコマムシと一緒に来たということは、マルコと会った後に助けを求めに行ったのかもしてませんね。 更には白ひげの故郷を守らないといけないために、動けないと思われていましたが、助けに来てくれたようです! 2人の今までどうしていて、どのような経緯でワノ国に来られたのか語られるのではないでしょうか? この3人の参戦でルフィサイドの参力も大幅アップですね。 これからカイドウとの戦いでこの3人は活躍してくれるのでしょうか? ワンピース最新話985話ネタバレ考察 キッドとアプーの過去が明らかになる? ついにキッドとアプーの対戦が始まりました。 といってもキッドの一方的な攻撃をアプーが食らっただけですけども、さすがにアプーもこれだけではやられないでしょう。 特にこの2人は海賊同盟を結んでいたことがあり、結果的にアプーが同盟を裏切りました。 ということはこの戦いの最中にアプーが言い訳がましく、 アプーが同盟を裏切るまでの経緯が説明されるのではないでしょうか。 キッド、アプー、ホーキンスの同盟は四皇 赤髪のシャンクスを討つという目的でした。 ワノ国で再登場したキッドは左腕を失っており、シャンクスとの抗争の結果だと話しています。 ワンピース981話でアプーはキッドに、カイドウの元にいるのには訳があると話していました。 ということで、アプーが同盟を裏切った理由、そしてキッドが左腕を失った戦いの全貌が少しずつ2人の回想シーンによって明らかになるのではないでしょうか。 ワンピース最新話985話ネタバレ考察 カイドウの息子と家族問題とは? 宴でカイドウに息子がいたことが明らかになり、顔ぐらい見せないかと腹を立てていました。 そして部下たちに息子を探すように命令し、鬼ヶ島の城内は部下たちが探し回っている様子が描かれています。 しかし、ヤマトはルフィのもとに現れましたね。 どうやらルフィを待っていた様子です。 カイドウとビッグマムの関係は? またカイドウとビッグマムとの関係も気になるところです。 鬼ヶ島の宴が盛大に盛り上がっている中、いまだにビッグマムとカイドウが一緒にいるシーンが描かれていません。 ビッグマムはお召し替え中ということでしたが、2人が対面すると色々な話を繰り広げていくのではないでしょうか。 2人は以前に同じ船に乗っていましたが、ネットやSNSの噂によるとビッグマムとカイドウは夫婦なのではないかというのです。 そのため、カイドウの息子ヤマトというのはビッグマムが産んだ子供である可能性があるのです。 四皇2人が宴でどういった話をしていくのかが気になりますね。 カイドウの家族問題とは? またうるティが言っていたカイドウの家族問題とは何なのでしょうか? 過去にもこの家族問題によって飛び六胞が集められてそうですね。 カイドウが息子が顔を出さないことに関して怒ってましが、あまり良好な関係ではないように思えます。 またカイドウとビッグマムの子供の可能性もありますので、ビッグマムとの間の問題なのかもしれません。 そうだとするならば、4皇の2人ですので何があるかわからないために、ある程度強い飛び六胞が招集されたということも納得かもしれませんね。 ビッグマムに飛び六胞を紹介するとカイドウは言っていますので、そのあたりも伏線になっているのではないでしょうか? ワンピース最新話985話ネタバレ考察 オロチは酔っ払い奇襲のチャンス? カイドウ達は宴会で盛り上がっていました。 カン十郎がつかまされた嘘の情報を信じていて、もう手は打ってあるということで油断しているのでしょう。 カン十郎がようやくオロチたちの宴会場に到着。 先に手を打っていたはずでしたが、逆に攻め入られることとなりました。 カン十郎からの報告を受けますが、宴会で酒も飲んでいて酔っ払っている状態です。 日本神話のヤマタノオロチは最後酒を飲んで、酔っ払っているところでスサノオにより首を斬られるという話は知っていますか? このヤマタノオロチのように、宴会で酔っ払ったオロチは殺されるのではないでしょうか? オロチの悪魔の実もヘビヘビの実でモデルが八岐大蛇とありますので、やはり酒に酔って倒されるということになるのではないでしょうか? ワンピース最新話985話ネタバレ考察 飛び六胞が全員登場でどうなる? 飛び六胞のメンバーの正体が明らかになりました。 戦闘力や能力も謎に包まれていますが、それでもルフィたちにはかなわないのではないでしょう。 そもそもルフィやキッド、ローが飛び六胞に負けるようでは話になりません。 ということはウソップやブルック、フランキーといった戦闘員が相手をする可能性が出てきます。 さらに、ページワンは以前にサンジと戦っているため、再戦もあり得るかもしれません。 そして、ササキはカイドウから手配書を渡されていました。 おそらくジンベエのものではないかと思われるので、ササキはジンベエと対戦するのでしょう。 魚人のような見た目をしているササキですが、何か因縁でもあるのでしょうか? 飛び六胞の能力 そして気になるのが残りの飛び六胞の能力ですよね? 現在明らかになっているのはX・ドレークとページワンの2人で、どちらもリュウリュウの実 古代種モデルの能力者です。 ということは、飛び六胞のメンバー全員がリュウリュウの実 古代種モデルの能力者だと考えられます。 ドレークはアロサウルス、ページワンはスピノサウルスがモデルということで、様々な種類の恐竜モデルが現れる可能性が高そうです。 X・ドレークはどう動く? そして飛び六胞の中で気になる人物と言えばX・ドレークです。 X・ドレークは海軍本部機密特殊部隊SWORDの隊長ということが判明しています。 ということで、百獣海賊団の飛び六胞になっているというのはスパイの可能性が高いです。 何かしらワノ国で探っているのでしょう。 それがカイドウのことなのか、光月家のことなのかわかりませんが、海軍としてもカイドウとビッグマムは厄介な存在だと思います。 ですので、今後ルフィたちが不利になった場合や、どこかのタイミングで協力してくれそうな気がします。 このワンピースワノ国編でドレークは重要な役割を担ってくるのではと思います。 今後のドレークの動向にも注目ですね。 ワンピース最新話985話ネタバレ考察 カン十郎は改心しない? でカン十郎はカイドウ側のスパイだったことが明らかになり、かなり驚きましたね。 それでも、本当にスパイなのでしょうか? 黒墨家であることは事実でしょうが、これまで赤鞘九人男の1人として20年以上を赤鞘メンバーと時を共にしてきて情が沸いてきてオロチを裏切ることはないでしょうか? さらに、1度は光月おでんに救ってもらった命ですので、まったく恩を感じていないということはないでしょう。 つまりオロチを裏切って二重スパイをしているという可能性もゼロではないとも考えられます。 おでんは人を魅了する男ですし、情に動かされて赤鞘をかばうという展開があるかもしれません。 正直このままではカン十郎が救われない気がするので、カン十郎がこのまま終わっていくように思えません。 役者は役に入り込みすぎて役が乗り移っていることもあるというのです。 何とかカン十郎の目を覚ますことが出来れば、いざという時に助っ人として登場してくれるかもしれません。 あわせて読みたい ワンピース最新話985話ネタバレ考察 日和の今後は? 日和は傳ジローに小紫として生きていくようにと言われました。 狂死郎に斬られましたが、実は狂死郎の正体は傳ジローということもあり日和は生きていました。 今後日和と傳ジローは行動を共にするのでしょうか? 傳ジローは鬼ヶ島の決戦に向けて錦えもんたちと合流しましたが、そこに日和の姿はありませんでした。 ということは花の都にいるのではないかと考えられます。 現在オロチ側の人間は全員鬼ヶ島に出向いており、狂史郎だけが残ると言っていました。 そこで傳ジローは都の城を奪い、ワノ国の将軍の正当な後継者だったおでんの娘の日和が城に向かっているのかもしれませんね。 キッドの性格上、自分本位で動いて、ルフィたちとは別行動になるはずです。 城にたどり着いたキッドに、酒で酔ったカイドウの部下が馴れ馴れしく絡んでくるはずです。 それにキッドは切れて戦闘をはじめ、キッドの部下たちも便乗して戦闘を開始し騒動を起こすことになるのではないでしょうか。 ワンピース最新話985話ネタバレ考察 ルフィ・キッド・ローが手を組む? で ルフィ・キッド・ローの3人が正式に手を組むのではないでしょうか。 キッドは以前にホーキンスとアプーと共にシャンクスを討とうとした時にカイドウが空から落ちてきて、カイドウと戦うことになりましたがホーキンスとアプーが降伏したのでキッドは捕まりました。 ホーキンスとアプーに裏切られたと思ったキッドは海賊同盟はうんざりしているようでした。 それでも、キッドはカイドウの怖さを知っている分、カイドウを討つというのが困難を極めることは分かっているはずなので、 目的が同じということもあり、ルフィとローと手を組むのではないでしょうか。 あわせて読みたい ワンピース最新話985話ネタバレ考察 ルフィたちはワノ国を開国することができる? おでんの悲願だったワノ国の開国。 その意思はルフィたちが継ぎ、ワノ国を開国するのではないでしょうか? そのためにはカイドウを倒す必要があります。 ルフィまたはゾロの手によってカイドウは倒され無事にワノ国は開国となるのではないでしょうか? 開国についてはラフテルでワノ国が世界と交わっていたことが明らかになりました。 そしてこれまでの鎖国も意味があったと言われています。 これは二人の王が現れるまで、世界政府や海賊たちに目を付けられないようにするためではないでしょうか? ワノ国が開国をすることで、巨大な戦いの準備となり、開国がこれからのワンピースの物語において重要な位置にあるかと思います。 ワノ国、世界政府、空白の100年、Dの一族などの条件が整い最終章へとつながっていくのではないでしょうか? ワンピース最新話985話ネタバレ考察 トキトキの実は誰の手に? トキがおでん同様に銃で撃たれて殺されてしまいました。 ワンピースのおでんの過去編は悲しい結末となってしまいましたが、トキが持っていたトキトキの実がどうなったかが気になるところですね。 過去編ではひぐらしがマネマネの実、セミ丸がバリバリの実の能力者で出てきました。 トキが死んだのが同様に20年前ですので、トキトキの実が誰かにわたっていても不思議ではありません。 未来に行くことができるトキトキの実。 ワンピースの中の悪魔の実でも、とても強力な力になりますが、誰に渡っているのか気になりますね。 シャンクスがトキトキの実の能力者ではないかという噂もありますが、どうなのでしょうか? 何にせよ、トキ同様今後重要な役割を持っている人物がトキトキの実の能力者として現れるのではないでしょうか? 個人的にはシャンクスがトキトキの実の能力者であってほしいですね。 あわせて読みたい ワンピース最新話985話ネタバレ考察 ゾロがカイドウを倒す? ゾロが剣士ということから、ワノ国と関りがあると思われている方も多いかと思います。 ゾロの出身はシモツキ村で、ワノ国の大名霜月家と関係がありそうです。 ワンピースの序盤に出てきたシモツキ村が、まさかここで繋がってくるとは思いませんでした。 実際にワンピース92巻のSBSで霜月家がイーストブルーに流れ着いたということが明らかにされています。 また伝説の侍、霜月リューマとゾロは筋力が同系統で、血液型もXF型と同じなことからゾロはリューマの子孫なのではと言われています。 さらにリューマの愛刀秋水を一時的ではぁりますが、使っていました。 そしてそのあとはおでんの愛刀閻魔を受け取っています。 おでんの愛刀を受け取ったことと、ワノ国と関係があるゾロが最後カイドウを倒すのではないでしょうか? あわせて読みたい ワンピース最新話985話ネタバレ考察 四皇がワノ国に集結? カイドウとビッグマムが海賊同盟を組んだことで四皇のバランスも崩れてくることになります。 そのためどのタイミングかわかりませんが、シャンクス、黒ひげもこの戦いに参戦してくる可能性が高いです。 そうなったらワンピース史上最大の戦いとなりそうですが、どうなるのでしょうか? シャンクスがワノ国に登場? 四皇であるカイドウとビッグマムが手を組んでルフィたちは勝てるのでしょうか? 四皇と言えばシャンクスですが、おでんともロジャー海賊団で交流があり、ワノ国のために動くかもしれませんね。 さらに四皇の2人が手を組んだとなれば、力の均衡も崩れてきます。 そのためワノ国にも縁があるシャンクスが駆けつけるといった展開にもなりそうですね。 ルフィはもう5番目の海の皇帝と言われるほどに成長していますので、シャンクスと会うことのできるくらいまでには上り詰めてきています。 ルフィとシャンクスが共闘といったこともあり得るかもしれません。 ワンピースファンもルフィとシャンクスの2人の再会を早く見たいと思っている方も多いかと思います。 あわせて読みたい 黒ひげがワノ国に来る? 四皇と言えばあとは黒ひげですが、マリンフォード頂上戦争でもあとから来て白ひげの能力を奪っていきました。 今回もあとから来て漁夫の利を得るといったようにワノ国にも登場するかもしれません。 ワンピース無双4ではワノ国編も収録されており、ワンピースの本誌とは違った結末ということで描かれています。 カイドウによって阻止されましたが、黒ひげがビッグマムの能力を奪いに来ました。 黒ひげにとっては四皇の2人がワノ国にいる絶好のチャンスです。 ルフィたちがカイドウ、ビッグマムを倒したところで漁夫の利で能力をもらっていく可能性が高いのではないでしょうか? このことは前からネットでは予想されていましたが、ワンピース無双4で描かれてしまったために、可能性がなくなったとの声もあります。 実際黒ひげは登場するのでしょうか? ワンピース最新話985話ネタバレ考察 麦わらの一味の傘下が駆けつける? ドレスローザで各海賊団がルフィの麦わらの一味の傘下に入り麦わら大船団となりましたが、彼らがワノ国に駆けつけてくるのではないでしょうか? ワンピースでもこの戦いから、一大事件へと発展していきそうな感じです。 ルフィにとっても、これからのワノ国での戦いは大事な一戦となるに違いありません。 カイドウ、ビッグマム四皇2人を相手にしようとしているのです。 ルフィは手を借りたい時に呼ぶとは言っていますが、ルフィの一大事に黙って待っている連中ではないように思います。 またワンピース海賊無双4でもワノ国編に登場していました。 麦わら大船団再集結もあり得るのではないでしょうか? あわせて読みたい ワンピース最新話985話ネタバレ考察 感想・予想ネタバレツイート 以下がワンピース984話を読んでの感想、これからのワンピースの予想をしていたツイートの一部です。 今週号の「ONE PIECE」で「ヤマト」の「素顔」明らかになったがやっぱり「女性キャラ」じゃったね。 まぁ「般若面」で顔隠して「僕」名乗りカイドウの息子にしては「華奢」と思ってたので「女性キャラ」じゃねって密かに思っとったら 笑 そして超可愛い過ぎて久々ONE PIECEで好みな娘やわ。 しかもエースと関わりがあるらしいね。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 ワンピース最新話ネタバレ確定速報985話 先頭カラーでタイトルは新鬼ヶ島計画! 2020年7月20日(月)発売号の週刊少年ジャンプの先頭カラーを飾ることになったワンピース。 連載開始日7月22日で23周年を迎えるそうで、表紙を先頭カラーだそうです。 ルフィ、ロー、キッドの最悪の世代三大トリオが巨大インコの上に乗り、空を飛びながらそれぞれお弁当を食べているイラストになっています。 仲がいいのか悪いのか分からない三人の微笑ましい場面ですが、その本編はイラストとは違いなかなか緊迫したものとなっています。 985話のタイトルは「新鬼ヶ島計画」。 いよいよカイドウが企んでいる『新鬼ヶ島計画』の全貌が明らかになっていきますね。 ワンピース最新話ネタバレ確定速報985話 赤鞘九人男とカン十郎 最初は鬼が島の裏口、ローたちと一緒に裏から侵入した赤鞘九人男は、二つある入り口のうち上の方を進みます。 しかしその前に立ちはだかるカン十郎とカン十郎が描いた首なし武者、そしてSMILE能力者やウェイターズ、プレッシャーズ。 高笑いをするカン十郎はモモの助が抵抗したときの話をとうとうと語り、現在磔となって中のフロアで公開処刑が行われていると、赤鞘九人男の怒りを誘い煽ります。 しかし、しぶとくも息のあるモモの助を、カイドウの部下たちは「光月おでんの血筋は本当だったのか…」と驚き感心する者も。 モモの助の磔を嗤うカン十郎の前に、お菊が前に出て口上を述べ、ついに両者がぶつかり合います。 いよいよ赤鞘九人男の戦いが始まり、前話で出てきたイゾウやネコマムシ&イヌアラシのコンビの戦いっぷりに注目していきたいところです。 ところで送り届けたローたちが戦いの中から消えているのは、別の道を進んでいるからでしょうか。 ローたちの行方も気になります。 ワンピース最新話ネタバレ確定速報985話 明らかとなったヤマトの過去! 場面は変わって屋根裏部屋のルフィとヤマトの二人。 ヤマトは自分は光月おでんであると言いながらも、ルフィの方がおでんであると言います。 さらに8歳のころから鬼ヶ島で幽閉され、今も手錠をつけての生活をしていると告白します。 どうやらヤマトのいう「光月おでん」とは「自由な人間」であるというこのなのかもしれません。 ルフィもつけさせられていた爆弾付きの手錠をつけているヤマトは自由がないと嘆いていますが、本当に爆弾が付いているかどうかも分からないと疑問に思っている節も。 意外にも義理堅いカイドウが本当に実の子供に爆弾付きの手錠をつけさせるかどうか怪しいところですが、そう脅して幽閉しているだけでも残虐な手口だと思います。 幼少期から殴られ、カイドウに怒りを覚えているヤマトの話を聞いたルフィは「カイドウは俺が倒す」とヤマトに宣言し、ヤマトの手錠を取ると約束しました。 ヤマトの「今こそ父を超えたい」という気持ちにルフィも感銘を受けたのでしょう。 これでヤマトがルフィの仲間になりました。 ワンピース最新話ネタバレ確定速報985話 カイドウによる新鬼ヶ島計画があきら そして場面はライブフロアへ。 カイドウが白ひげの頂上決戦以降、大きく変わり始めさらに変わっていくであろう世界情勢と海軍を、「本気で海軍は新勢力を持って海賊すべてを始末するつもりだ」と説きます。 そこでカイドウはビック・マムと同盟を組むことにしたと宣言。 会場に現れたビック・マムとともに目的は強大な力を持つ「古代兵器」、そしてワンピースであることを告白します。 やはりカイドウ、そしてビック・マムは古代兵器を使って大きな戦争を起こし、世界を恐怖と混沌の渦に叩き込むつもりのようです。 現れたビック・マムの足元には倒れこむナミとキャロットの姿があり、ゼウスも奪い返されているので、ナミたちはビック・マムの魔の手から逃れられなかったのでしょう。 モモの助に加え、ナミたちも敵の手に落ちてしまったといえます。 ワンピース最新話ネタバレ確定速報985話 まさかのカイドウがオロチ殺害! オロチはその話を聞いて笑っていました。 しかし、カイドウがオロチの部下たちに自分の傘下につくか敵対するかの選択を話し始めます。 それをオロチは聞いて驚き、カイドウに食って掛かります。 しかしカイドウはキングの刀を手に、オロチの首をはねてしまいました。 カイドウはオロチのやり方を嫌っている描写が今まで所々見られたので、いつかカイドウはオロチを裏切ると思っていましたが、まさかこのタイミングで裏切るとは予想外です。 最初から利用されていたオロチは、あっけなくここで退場を余儀なくされました。 ワンピース最新話ネタバレ速報985話 新国家建国で新鬼ヶ島の新たな将軍はヤマト! カイドウのオロチ殺害に、流石の百獣海賊団もサムライたちと同様に驚きを隠せません。 「なぜ!?」と困惑する侍たちに「光月家も黒炭家も関係ない」と磔にされているモモの助の柱をつかみ、カイドウは侍たちに海賊になるかここで死ぬかを迫ります。 オロチが死んだ今ワノ国は滅び「新鬼ヶ島」に改名。 さらに新将軍にヤマトを新しい指導者に据えて、ここから世界に宣戦布告するのだと宣言します。 この一連こそがカイドウの言う「新鬼ヶ島計画」であったのでしょう。 ワンピース最新話ネタバレ速報985話 ついにカイドウの元にルフィとヤマトが参戦! 天井裏から様子をうかがっていたルフィはついにモモの助を見つけますが、その時大声を出してしまった拍子に、ヤマトとともに落ちてしまいます。 大盛り上がりのライブフロア、磔にされたモモの助は涙を流し震え、外では戦い続けている菊之丞の仮面をつけたお菊もまた涙を流しています。 そんな時、屋根裏から落ちたルフィとヤマトがライブフロアのステージに向かっては走ります。 「将軍なんかになってたまるか!!クソ親父!!」と手錠をつけたまま怒るヤマトと、「モモが殺されちまう!!」と焦るルフィ。 周りの兵士たちはヤマトの姿を見て慌てながら、飛び六胞に連絡するように叫びます。 このままではルフィとヤマトがライブステージにたどり着く前に飛び六胞が集まってしまう可能性が出てきます。 ワンピース最新話985話までのネタバレ ワンピース984話までのネタバレはこちらから見れるので、気になったところはチェックして下さいね。 ワンピース最新話985話ネタバレ確定速報まとめ ワンピース では、ヤマトが女性であると明らかになりました。 エースと面識があり、憧れのおでんが男だったので自身も男になったと明言していました。 そしてワンピース最新話確定速報として985話のネタバレをお届けしました。 ぶつかり合うカン十郎と赤鞘九人男。 明らかになったカイドウとビック・マムの同盟による「新鬼ヶ島計画」。 その目的である古代兵器とワンピース。 そしてまさかのオロチ殺害という衝撃の展開。 オロチは最後は裏切られると予想はされていましたが、まさかこのタイミングでカイドウがオロチを討つとは思ってはいませんでした。 残されたオロチの部下である侍たちは果たしてカイドウにつくのでしょうか? それとも一矢報いんとばかりにカイドウに歯向かうのでしょうか? そして飛び六胞が迫るルフィとヤマトは、無事にステージに辿り着きカイドウの前に立ちはだかることができるのでしょうか。 次回はさらに大きく戦局が動き出し始めるでしょうし、今後のワンピースの展開が楽しみですね。 今後のワンピースは制作陣がコロナ対策を行うとのことで、連載が隔週置きになるとのことで、さらに次回が待ち遠しく感じることでしょう。 以上「【ワンピース ONE PIECE ネタバレ最新話速報985話確定】カイドウが明らかにする新鬼ヶ島計画の全容は?」と題しお届けしました。

次の